日本の中国侵略戦争

14十六世紀侵す略奪する中国北朝鮮沿海地区日本海賊り、沿海劫掠以外は主に中日密輸貿易、通称倭寇。近代資本主義列強侵略日本演じる主要な、1894年ななしち月~1895年じゅう中に中日の日清戦争の中国から略奪大量書籍文化財白銀戦略などの資源、さらに強いと発動の中国侵略戦争の下地をする。1931年、日本軍は東北発動「9?18事変」からの中国侵略戦争を占領して、中国東北3省、1937年盧溝橋事件盧溝橋事変)は全国の幕を開けました日本軍の侵略、1945年まではち月じゅうご日、裕仁日本の無条件降伏を宣言し、きゅう、く月2日に正式降伏調印から、日本の中国侵略戦争は終わり、計14年前後。日本帝国主義侵略者は中国侵攻大片国土、実施「华治华」の悪巧み、助け合って売国奴傀儡売国政権が、殘酷な殺害奴隷、中国人民、狂気に略奪中国の資源と財産、深刻な侵犯、破壊した中国の主権中国、深刻な分裂させ、中国国家の統一の程度抗日戦争時期は大きく低下。日本の中国侵略戦争の中で製造した一連の許しがたい暴行、例えば占領区実行「殺し、焼けて、奪い」三光作戦等奪いつくす方針;製造南京大虐殺中国で行う人;「生体解剖細菌実験」;製造平頂山虐殺事件など、殺害の中国平民が数千万、そして中国の庶民に千万彷徨うことになるわ一家が分散し肉親を失う
日本の中国侵略戦争

日本の中国侵略戦争侵略過程

660年唐は滅百済復興のために、自分の朝貢国百済、日本の朝鮮出兵、新羅連合軍は白村江を倒す。
1592年から、豊臣秀吉は朝鮮侵略の戦争発動の2回、史に併せて文祿・慶長の役(つまり万暦朝鮮戦争と、韓壬辰自衛のための戦争)。
1874年ご月、日本出兵3600人余りが侵入わが国台灣私の国、殘酷な虐殺Gaoshan同胞。
じゅう月、清政府の締結を「北京専条』を認める琉球(現沖縄県)の日本保護国として、賠償の日本兵ごじゅう万両費白銀
1879年手を染める清朝の朝貢国琉球王国設定を変更沖縄県
1894年ななしち月、日本海軍連合艦隊不意打ちで豊島海面実行護衛の任務の中国軍艦、痛手「済遠号」と「广乙号」が、「高升号」が輸送艦撃に700中国将兵が死亡、この爆発で日「日清戦争」。きゅう、く月、日艦隊黄海海面に襲われた中国北洋艦隊、撃瀋よんしよ隻の軍艦。「緻遠」号管帯邓世昌及び全船250人、「経遠」号管帯林永升及び全船270人は壮絶な犠牲にした。
じゅう月、日本軍二手に分かれて侵犯中国遼寧省。
じゅういち月、日本軍の占領大連旅順。日本軍に入る旅順後、人を見るなら殺して、よんしよ日さんの夜の虐殺で、全市に万中国人全が殺戮は、埋尸の36人難を逃れる。
1895年2月に、日本軍の水陸陸路から挟撃する駐威海衛中国海軍。さん月、日本軍に占領遼東半島、日本軍があるから、焼き殺し淫払いのけ、无恶不为だけでグレンジ台一には、私を殺して国軍民は2000人。
よんしよ月を締結し、日本は清政府の地を割く弁償銀の『下関条約』。
日本の中国侵略の歴史日本の中国侵略の歴史
ろく月、日本軍にもう一度上陸台灣
じゅういち月、日占領台灣全島。
同月、日本政府は同日締結《強制清中日遼南条約』、中国が日本に納める3000万両白銀からこそ、日本は返還遼東半島
1898年に日本を強要福建省漕ぎその勢力範囲。1900年ご月、ロシア美しい、イタリア、奥八国連合軍攻撃北京、弾圧義和団など反帝愛国運動。ななしち月、日本軍を陥れる天津天津、強盗白銀200多万两。
はち月、八国連合軍北京に侵攻し、そこで焼き殺し淫をなでる。
1901年きゅう、く月、清政府と日本、ロシアなどじゅういちカ国と『辛醜条約』。条約は4 . 5億両中国賠償金、銀を税務、大使館区管理権を禁止し、中国人に参加したり、反帝・組織。
1905年いち月、日本軍が再び占領旅順。さん月、日本軍の占領奉天(今瀋陽)し、ロシアと中国の領土で私を奪い合う東北大規模な殺し合いを行う。
末、日本は清政府の締結を『中日会議の東北三省事宜条約』を獲得し、わが国では東北南部の特権。
1906年ろく月、日本が成立した我が国の東北の大本営資源略奪「南満州鉄道株式会社」。1907年ななしち月、日本と法、ロ締結秘密協定を満と福建省定日本勢力範囲。
1910年半島を併合し。
1914年はち月、爆発第一次世界大戦後、日本を山東省黄河の南に区画に徳「作戦区」。
じゅう月、日本軍の占領済南と全線。
じゅういち月、日、英軍攻略靑島
1915年ご月、日本は最後通牒方式、強制的に袁世凱日本滅亡の中国の受け入れ「二条」の要求。
1918年に日本軍の開ハルビンせしめ、ハルビンから長春の鉄道の管理権。
1925年ご月、日本人射殺上海日商内外綿糸工場の労働者代表顾正红打撲傷他の労働者、10数名。
後はぐるになってイギリス製造した国内外のショック「五卅惨事」、その場で労働者、学生71人が死亡、負傷して数十人。
1926年さん月、日艦砲撃大沽砲台、中国駐屯死傷じゅう人余り、後日本調軍艦は大沽は中国を脅威。月じゅうはち日さん、北京大衆の抗議集会を行って、弾圧、7人が死亡し、200人が殺傷され、なる「三一八惨事」。
1928年ご月、日本軍の製造「済南事件」で、中国軍民せん人余りで、済南を占領。ろく月、日本は瀋陽皇姑屯駅爆死張作霖陰謀を奪い、東北。
1931年きゅう、く月じゅうはち日、日本に瀋陽で製造「九一八事変」、ごじゅう万の兵を擁している東北国境総司令官張学良戦わずして退、日本軍に占領して我が国の東北、さんヶ月に占領東北全土を実行して、私を殺し、焼けて、奪いの「三光作戦等奪いつくす」政策は、行く先々で横の死体は野原一面を三千多万名同胞には日本軍の蹄鉄の下の奴隷。
1932年いち月、日世間騒がせ、攻撃上海。日本軍と奮起抵抗の駐上海十九八路軍激戦33日、中国軍民の死傷者は1万人に達し、財産の損失にじゅう億元以上。さん月、日本扶植溥儀成立偽「満州国」。
1933年1~5月では、占領した日本軍は相前後して察哈爾二つの省や河北省北部の大部分の土地、接近北平、天津、そしてご月31日、強制的に国民党政府が署名した中国軍が撤退する『よう塘沽協定』。同じ年、日本は成立「関東軍防疫給水部」(つまり731細菌部隊)、後に大規模の拡大の細菌戦部隊。同部隊で中国人をペストやコレラ、梅毒などの細菌やガス、銃弾などの生体実験を大量に製造ペストコレラなど各種の細菌、飛行機で撒き散らす中国各地では、中国人民を殺害する。
1934年ご月、日本軍は天津南開八裏台吉林省伊蘭県民に占領して造るを爆撃し、飛行機の伊蘭県、爆死我が国の民衆に万人。
1935年じゅういち月、日本につついて売国奴殷汝耕通县成立「冀東防共自治委員会」。冀東22県宣告脱中国政府直轄、日本に成り下がる植民地北京の学生の爆発を促す「一二九抗日救国運動」。
1937年ななしち月ななしち日、日本軍は製造「盧溝橋事変」(つまり「盧溝橋事件」)から全面的に中国を侵略し、その後日、大軍攻撃華北三道。
はち月じゅうさん日、日本軍に攻めて、上海で開いた淞沪会戦。
じゅういち月じゅうに日、上海で日本軍に占領、南市放火さえ焼ききゅう、く日、軍民の死傷者が出、上海5255家の中国工場で占められて、損失はち億元を超え。
じゅうに月じゅうさん日、日本軍によって首都南京を行い、悲惨な大虐殺、ろく週間を焼き殺す淫を払いのけ、さんじゅう万無抵抗な中国南京軍民が全焼し、3分の1の家屋により、城内のほとんど無中国人の驚くべき局面。
1938年ご月、日本軍の占領徐州市外で製造し屠村事件数から、中には数名の五歳小女孩生さに驚くほどの心から出たレイプ虐殺され。ろく月、日本軍は攻略開封によって、蒋介石の決定ガーデン口決壊放水、私ですが国内じゅうななじゅうしち県に見渡すかぎり水である、140万人以上、数十万人におぼれる。日本軍はまだ江蘇省決して運河堤防により、江蘇省北部の数になる水郷県。
きゅう、く月、日本軍が集まってご万の兵力、分25番の攻撃八路軍晋察冀抗日根拠地では、連続2ヶ月を焼き殺す淫なでる。
じゅう月日本軍の占領武漢広州
1939年2 - 6月、日本軍が相次いで攻略海南島南沙諸島汕頭など。
ななしち月、日本軍にじゅうよん万の兵力で晋東南抗日根拠地二カ月にわたりのきゅう、く道包囲攻撃、殺傷した私の民衆じゅうご万人余り、食糧が燃やされて脅迫空。日本軍は乗晋察冀辺区長雨で水害になるのを機に、決壊沒いち万の村には300万人を被災者。じゅう月、日本に万人分じゅうに道を包囲攻撃する晋察冀抗日根拠地
じゅういち月、日本軍を陥れる南寧
じゅうに月、日本と汪精衛上海では日本と中国を完全に植民地『日支新興関係調整要綱」が、その主な内容は:日本には東北割譲、绥远察哈爾、山西省の北部、華北、長江下流と華南の島は日本軍の長期占領、中央から地方政府日本は日本人の教官監督;傀儡軍警察訓练;偽政府の経済は日制御;すべて資源日開発;一切禁止抗日活動。
1940年ご月、日本軍に重慶城をにじゅう日余りの爆撃、多くの死傷者が出て、半山城爆破され。
1938年じゅう~1940年じゅう月日本軍を主力に移して徐々に解放区戦場をごじゅう万の兵力は私に対して、華北にひゃくを何度も千人以上の規模掃討、再度実行して殺し、焼け、奪いの「三光作戦等奪いつくす方針」ため、八路軍将兵じゅう万人死傷。
1941年いち月、日本軍に包囲冀東豊潤県潘家峪村、焼却村全部家、集中虐殺や焼き殺し1340数名の村民が、似た虐殺の各抗日根拠地と遊撃区ざらにある。ろく月、日機夜襲重慶、在学場口防空洞内退避爆撃のさん万住民窒息して死ぬ。
はち月、日本軍集じゅう万以上の兵力を採用し「鉄壁合围」、「梳篦式狩り」などの戦術に晋察冀北岳区で空前の大「掃討」、焼失私の家屋じゅうご万間、略奪食糧5800万斤、惨殺虜とするわが同胞に万人。
1941年- 1942年に日本の75%を支那派遣軍私に対処する抗日根拠地では、頻繁に晋察冀などの各抗日根拠地を「掃討」、千人以上の「掃討」は170余り回、計83万の兵力を投入。
1942年春、日本軍は冀熱遼区、古く北口まで山海関約200の中の万里の長城両側、承徳密雲迁安などきゅう、く県内製無人区広い土地をむじん、ごじゅう万人近い人の生活をしている。ご月、日本軍に5万の兵力冀に根拠地行われた殘酷な大掃蕩。
1943年秋、日本軍はよんしよ万の兵力は河北省阜平県(ふへい平陽村あたり87日瘋狂掃討、虐殺中国村民700人、焼失家屋5000間。
1944年よんしよ月、日本発動豫湘戦からはち月前後占領鄭州長沙衡陽など。きゅう、く月、日本軍の発動柳桂戦い。
じゅうに月、日本軍を射止めた大陸交通線。

日本の中国侵略戦争日本の降伏

1945年はち月じゅうご日昼、日本天皇が全国に放送を受け「発表ポツダム公告』、実行の無条件降伏の詔。
1945年きゅう、く月に日午前きゅう、く時、東京灣の係留アメリカ戦艦ミズーリでの同盟国に降伏のくじ降式。日本の新重光葵代表日本天皇と政府、陸軍参謀長梅津美治郎代表帝国大本営の降伏文書に署名し。その後、受け入れて投降の同盟国の代表:同盟軍の最高司令官マッカーサー大将は、アメリカブリタニアメートル茨海軍大将、中国徐永昌将軍、イギリス福莱プラグ海軍大将、ソビエト連邦傑列維亜科中将、やオーストラリアカナダフランスオランダニュージーランドなどの国の代表順次署名。
1937-1945年からはち月じゅうご日、はち年においてチベット新疆靑海のほか、我が国の他の省が日本軍の蹄鉄蹂躙、死傷者の数を3500万で、直接、間接に財産損失計620億ドルで、凍死、餓死者が多く、1874 1945日本の中国侵略時期に、中国の非正常な死累積数は2億に達し、経済損失ごじゅう兆ドル。