马宗つと

马宗つと(1897~1976)、湖南衡陽県人。湖南路師範学校卒業。歴代曁南大学、金陵女子大学、上海中国公学、中央大学など校教授、湖南国立師範学院の国文学部教授、学部主任、湖南大学の文学院院長、湖南師範学院(今湖南師範大学)中国語学部教授、中央文歴史編纂所館員、中華書局の編集と審査。司会廿4史点校仕事。生涯で研究文字学をその主力方向、専念する「説文解字』二十年。除《説文解字」についての著述のほかにも、「音韻学通論』、『文字学发凡』、『中国経学史」など。善書、自成型一体。
马宗つと

马宗つと簡介

马宗つと(1897年-1976年)、本名駿馬、字承くん。
「「承くん」が近くて形音場誤作「水坤者、あるいはまた」と「承くん」、すなわちその本名は全て誤。」
自じゅうく世紀さんじゅう年代ごろからすなわち、字、ハンコックのお知らせその本名者亡くなっ。別署霋岳楼、遅く号霋岳老人。
湖南衡陽人。文字訓故学者、歴史家、文学批評家、書家、書道評論家。
授業は少ない王湘绮湖南師範学校を卒業して、南路。じゅうく世紀にじゅう年代に拝章太炎師、入室弟子。
また曾熙学から書道と张大千兄弟は同じだった(熙)李(瑞清)同門の発起人兼理事会。
1920年代から、歴代曁南大学、金陵女子大学、上海中国公学、上海交通大学、中央大学、湖南大学などの学校の教授、院長、学監など。
1958年後を中央歴史文献・研究館館員、中華書局の高級編集と審査に参加し、国務院の古典の整理作業。
自著『书林藻鑑』、『文学概論』、『中国経学史』、『文字学发凡』、『音韻学通論』、『説文解字引経考』、『説文解字引すごい考』、『説文解字取引群书考』、『説文解字よううにと考』、『淮南旧注参正』、『墨子閑を解釈する参正』、『南史補正》、《论衡校付箋識』などを読む。

马宗つと著作

自著『书林藻鑑』、『文学概論』、『中国経学史』、『文字学发凡』、『音韻学通論』、『説文解字引経考』、『説文解字引すごい考』、『説文解字取引群书考』、『説文解字よううにと考』、『淮南旧注参正』、『墨子閑を解釈する参正』、『南史補正》、《论衡校で箋識』、『経学通論』など。

马宗つと『中国経学史』

衡陽马宗つとし、時間通りに分12編のように経学の歴史、カバーは漢以降、述べて経学の源流授受者とは、昔宋章如の愚山堂を考える索、清が朱彝尊の経義試験が、晚世錫瑞の皮経済学の歴史しかし、马宗霍目中、全て未尽善。オバマ氏の余通読む経学史は、甚だ詳しく準備、あっ形、然脈絡のはっきりしないように、くどくすぎて、読みの下、難しいものの概念、いくつかの観点でかなり無理。

马宗つと第一篇、古の六経

马宗つとと皮鹿门「六経全て孔子作」の観点手の裏を返す、「六経先に王の跡」。しかも「伏羲画八卦、神を通しの徳を類、万物の情、易くの始まりでもその観点を証」など、どうしても無理、万事の開始するに必要な、その源は証そのがすでに存在し、神様と造万物が何の区別?「古の六経」についての非かせる六経ので、皮氏の言うより的確。

马宗つと第二篇、孔子の六経

孔子は非史家、孔子作六経は、知礼崩楽悪いは非朝夕は復は、正人を待つ後来者からの。马宗つと曰:「孔子徳ある無位、蓋では教者も六芸。」つまりこの義。

马宗つと第三篇、孔门の経学

马宗つと曰:「承曾子之学者が子思孟子は、宋学之に祖も;承こう続けるの学者が荀卿は、漢学の祖も。博約両派漢宋は分門を経て、学もとははいだし。」宋一代があるため、孟子、しかも大義名分を宗と、この説理。そして漢の経学、果は荀卿を宗のあるべきか

马宗つと第四篇、秦火以前の経学

マルピーギ謂“孟子はアルコールやアルコール、でないと足りない身後、大通り、徒党スピン尽くし;論語功、宜莫と荀卿比隆なり」、孟子の功から、こんな計算するのですか無孟、彰カットもない。論語の功で、一人の力だけ荀卿哉?

马宗つと第五編、秦火以後の経学

篇のようでないようして独立し、必要と「漢の経学」を統合、本当もないと漢経学と2段。しかも始皇焚書の令を公布、三十四年、37年始皇つまり砂丘焚書の令で死亡、一体どうその執行、も一つの疑問。

马宗つと第六篇、漢の経学

漢の経学、「その文字と、は古今の特殊;その地域の言は、齊魯の異;受け授言は師法家法の分、その流布言は官学私学の別」。漢の興官学、立五経博士、通経をはしご荣致显の必要の径は、経学これ大昌。ひいては官学は衰えて、社会の気風は早めに、私学というから、勉強を経て承は伝わる。マルピーギこの編、非常に詳しく論、脈絡も明確に、微瑕者がどうしても繁雑すぎる例、文章のないので。

马宗つと第七篇、魏晋の経学

冒頭以外に郑玄一節からまだ読んで、殘りは本当に史書の一つ大抄も、見るに足らない。

马宗つと第8編、南北の経済学

「南朝諸帝は、ほとんどが短い祚」で与野党がトークショーを経て、学もない;「惟梁武享国一番永、また雅いい儒家の学術”ですので、経学リフレッシュ、然武帝遅く禪にふける悦び、尋かつ乱亡、南学も卒未大昌。北学の昌荣は、官学、効果が漢の崇儒、経入仕。然オバマ氏によると、「経伝人物誌」の名はまだ確かなのは、「経学史」にとって、提灯で鯰抑える。唯最後の一節はかなりのもので、「南北経学、趣は互いには特殊で、诸儒治経の法はだいたい同じだ。蓋漢人治経、本経を主として、所を伝注、全て解経。~魏晋以来、は経注を主として、その申駁に当たり、明注、つまりは家の者を、または集先人の注、少ないに折衷、または隠れ先人の注、跡と退ける善は、その注者は、構想と先人を異者も。から南北朝、は執者より漢魏晋諸家以外にないが、守家の注を述べて解の、または横引き諸説証明の名を経て、勉強して、実すなわち注学。そこで伝注の体日マイクロ、义疏の体の日からなり。」

马宗つと第九篇、隋唐の経済学

隋唐経学の興も官学の興、隋一代、官学大抵操諸南人や南学者の手。唐の天下、儒教聿兴。マルピーギ謂“自五経定本(貞観の七年公布し、曲がっていて勢いの五経かも天下)、そして経籍無异文自五経正義(永徽州四年、『孔颖达撰定长孙无忌などの増減の五経正義義無異説)、そして経。毎年明经、逐次試験、天下士民、規準として守る。カバーは漢以来、経学統一なら、まだ斯の専かつ久も」で、非常に適切である。もう姜亮夫『敦煌――大いなる文化宝』では、言及敦煌所蔵の儒教の古典斯は参証、一緒に録の:
通覧敦煌のすべての儒教の古典の古本六朝以来、各経もあるが、詩、本、論語を一番多く、次は春秋左氏传が最も多く、礼を少なくとも類。各経の中で尚書数はすべて衛バッグ未解前の「隷古定”の正体は六朝以来、も古い本、そして孔传。詩経はすべて毛传、郑笺、斉、魯、韩三家に会わないで、彼の家の注も見えない。三伝が左氏、谷梁二家で、左氏の数は全て杜预注谷梁数は、全范宁注。週易のすべて王弼注、礼記で鄭注で、論語何晏注、この説明は当時の学風、唐家と取り士の政策は、完全に一緻した。

马宗つと第十編、宋之経学

宋は道学によると、オバマ氏が論は当然、“蓋宋之道学、同質于希夷、劉(別:刘牧も、易数フック隠れ図、道家の始と週易聞くところによると、混在儒学であれ、牧之学も盛んに庆历時)には異説、邵(別:邵雍も、後に于牧)別に宗から周子始漸ノール、儒学を近く、张子翼の、二程拡張のから朱子学始まり大。自然にほかならないようなら数と義理両派両派の経学、初めにほかならない週易さ。は週易論は、漢の诸儒、すでに言よう数は、魏晋诸儒、すでに主義か、実非宋儒之新発見。徒で図書の伝伝は、道士、すぐ道学の目か、すなわち図書之からでも讖緯。やがて援道入儒は、儒学の思想統道学者を伝を知らないすべてのことも本儒伝道。宋史必ず分儒学と道を二は、論語と伝道で、しかし儒学の思想が、どこにいない六経に者のあるべきか名のないが、莫此を極なり」。そして南宋陆九渊「六経は全て私脚注」が、経学の歴史も深い影響があって、オバマ氏はこの言い方が大ざっぱである。

马宗つと第十編、元、明の経学

宋学集大成は朱子学は、元人治経、やはり朱とあがめ。明人の経学、引顧炎武一切の一言:「自八股文行のために古学衰えて、大全出(永楽押し:12年、四書五経勅修大全)で経は亡。」

马宗つと第12編、清の経学

清世経学の盛、を私学。まずは明季遗儒黄顧王三氏が、合経学理学、兼採漢宋、その影響は清朝初期経学者は、顧を最も、その後また確実に守る漢師家法如东吴惠栋、皖南戴震者、漢学の鮮やかなさま。時は援宋学は自壮者は桐城方苞姚鼐、漢宋之争いなどとは犬猿の仲。然は経学損漢学の毫末もないまま。「恵戴末流の弊害は、エッセンスを尽くす」、今文の学を乗って、空も丁晏などの調査齐汉宋者。~学制改、新説滋を経て、を無用の廃棄の清室では、未亡経学は大衰え。清世経盛は考証学のは、小学校、小学校で治経、「然小学校に通で精力は尽きて、暇をきょう経学」。オバマ氏が論もまだ読んで、この編。