田中上奏文

『田中上奏文』のオリジナルと『帝国に満蒙の根本方針」を積極的に。この秘密のファイルというのは、愛国の誌士蔡智堪を利用して日本の政党との関係、日本で商売をする長年の友人関係は、命を危険に皇居内の日本皇室書庫で、二つの夜抄録完成した。1929年末、南京「時事月報」を披露して以来、その真偽の問題は半世紀以上論争。今の大部分の歴史学者は「田中上奏文」は嘘だが、面白いのは軍国主義日本の国策ように田中上奏文のルートにして。
田中上奏文

田中上奏文铃木贞一バージョン

田中上奏文簡介

『田中上奏文」とは、日本首相田中義一1927年ななしち月25日には昭和天皇の秘密奏章けど上奏文が数年後には、されて現在多くの学者は虚構では存在しないの。日本語とされている元々の『帝国の積極的に満蒙根本方針。実際には参謀本部铃木贞一少佐は外務次官森謹む書いたのは中国の問題についての覚書。は铃木贞一は昭和軍閥の核心のリーダーの一つを企画、後日貴院総裁、28のA級戦犯の一つ。しかしその時彼はまだない中国人に知る、中国発表の時は田中義一の名前を達成するための宣伝効果。この文書を発表するのは日本の中国侵略の野望立派な宣伝効果を、一部の人は日本に対しての幻想。は1部の宣伝戦の傑作。

田中上奏文第二次世界大戦

山浦貫一編『森謹む》1本の全文を掲載した鈴木は1940年の会話:「東方会議開催の時に、私は参謀本部の仕事。森謹む会う私と、私は彼と会いました。彼に聞いてはどんなことですか。森さんは「政治家と軍部本当打ち解けて、大陸の問題解決するのは難しい。いずれにせよ、切に会談しなければならない。……」そこで、あたしの森で、本当に干。彼は、本当に干。私が言って、本当に私は確かに考えし。森さんは彼自身は東方会議の考え方。とにかく満州の治安は日本の負担は、これを中心に、すべてをして、つまり解決する問題をとりあげ、満州、土地の問題、商賃貸権問題、各種紛争問題も、最初から最後まで、すべて解決する。森さんの意見はこのように。これに対して、私は満州の問題解決はこれでいいんだが、情勢は見にきて、私は私の見方。そこで森という意見を書く。この案は、方針にとって、満州中国本土から分離、別の地域では、日本の政治勢力の土地に入って、この地域の平和を東方の基礎。この点は日本のやるべきすべて内治、外交、軍備やその他のすべての政務の政策センター。……私はこの点を教えてくれました森、森謹むすぐ同意し、「そうやりましょう!」今ちょっと繰り返し――森謹む答えますが、今は突然この案を内閣を討論して、大臣に賛成しない。私は言う:説得大臣は政治家の仕事ですか。森さんは「とにかく、この点は私一人の力ではできない。ちょうど駐奉天総領事吉田(茂)と東京で、吉田相談しましょう。」そこで私は同森、吉田1面を見てました。
しかし吉田:そうさせなければならないアメリカ無可口をちょうど斎藤から東京に戻ってアメリカ博、斎藤と相談したらどうですか。斎藤アメリカの状況はよく知っている。しかし赤裸々に提出のような考えだけでなく、内閣、さすがの元老、重臣承知しないので、この案に包んでなければならない層糖衣、包どんな糖衣?それは、斎藤相談しましょう。そこで、私達の中でまた斎藤を盛り込んだ、パーティー。結果、斎藤執筆を書いた案。つまり、一つの案を包んで糖衣。斎藤の考えによって、日本は満州で仕事をさせないアメリカ雲々の外交の基礎。これらによって、吉田と斎藤外務方面の仕事をして。つまり、いわゆる東方会議はこの政策を実行して包んでの役割は糖衣。
そこで、吉田元老、重臣説く;森内閣と政界の方面を担当する;斎藤外務省としての仕事風に順いて呼ぶアメリカ。こんなことに成功した。」特に指摘:铃木贞一1940年談話は「東方会議の裏面史」(山浦貫一さんのコメント)、そして詳細かつ具体的に明らかにした「満蒙の積極的な根本的政策」を提案した経緯や真相をでっち上げる。

田中上奏文戦後

「当時は参謀本部作戦課の仕事の歩兵少佐铃木贞一森謹むの依頼を受け、と関東軍高級参謀河本大作や当時任陸軍大学教官、やがて転任関東軍作戦参謀歩兵中佐石原莞爾らに相談した後で、帰納する日本が取るべき満蒙政策の積極的な意見について。森と鈴木この意見と日本駐奉天総領事吉田茂の会談を協議する。吉田:この侵略計画を裸すぎると、国内外でも通じない、必要で糖衣包んで;とこの仕事を行うの適切な候補者は当時の賜偽帰国中の日本駐在ニューヨーク総領事斎藤博。だから、吉田紹介した斎藤。こうして、鈴木は陸軍参謀に積極的な政策満蒙少壮の主張をファイルにまとめ、斎藤はそれを手直しし。」
鈴木2編の談話は現存する日本の重要な手元に資料。両者は繁簡さまざまだが、基本的な内容は同じ。と思っている田中上奏文は確かに存在した学者の目にはそれは重要な証拠として、十分に証明:『帝国の積極的な政策」のオリジナル満蒙根本は日本官吏森謹む、铃木贞一と吉田茂などの連中がつくりあげた。

田中上奏文いわゆる訳本の中の主な内容

確立は満蒙を侵略の拡張基地の戦略。
「惟欲徴服支那まず、徴服満蒙。もし世界徴服して、必ずシナ徴服。もし支那完全され中国徴服は、ほかにアジアやインド南洋など、異民族は私服の恐れ敬私は下がって、私は、世界のお知らせ東アジアは我が国の東アジアは、大胆に私に侵犯。」
確定美、ソ連を仮想敵国。
「然欲は鉄と血主義実保中国東北三省は、第三国の利益を受け夷を以て夷を制すアラムコプラスは支那の扇動の私、この時も、私の対米試合を睁開を許さない」「将来欲制支那、必ずアメリカ勢力を打撃、先決問題」「中国を独立計、よりと美戦」「将来が北満の地域に比べてと赤露衝突。」
歴史を歪曲して、中国の主権を否定し、満蒙。
「満蒙者、依歴史、非支那の領土もなければ、支那の特殊地域」「中国の今後チャンスがあればの時、必ずその満蒙領有権真相解明の世界として、機会がある時は、おぶえば抱かりょう方法として内外蒙に入って擁し、新その大陸。」
提出は尽力して日本の権益拡大満蒙。
含む鉄道建設権、土地商賃貸権と交通、貿易、金融権や、満蒙の各部門の日本顧問や教官。
満州鉄道経営体制を変えて、世界の世論。
「満鉄鉄道の一挙一動がちでまきぞえにする内閣は、満鉄鉄道の組織は半分国営、実は权皆操諸内閣の手は、往々にして発展満蒙の時、国際間のすべての不満が満鉄道会社は会社としては経済、政治の純然と機関。」「だから準満鉄鉄道会社の根本的な変更は、満鉄鉄道会社の付属事業では、その好材料選択益大事業悉数提出は独立会社、暗い付き満鉄道会社の勢力で急進満蒙……帝国の使命で猛進する。」

田中上奏文備忘简录

注:『田中上奏文」で中国への蔑称の如く、支那などの言葉は応分改正
~|||||||||||||||||||||||
田中上奏文
1927年ななしち月25日
内閣総理大臣田中義一、率いる群臣恐縮まし帝国に積極的に「満蒙」の根本的な政策奏聞。

田中上奏文いわゆる積極的対策

いわゆる「満蒙」とは、奉天、吉林、アムール川及び内外モンゴルにとって。ここだけでなく、土地が広くて人口が少なくさに羨望する、農鉱森林の豊かな世界でも比類がない。したがって、中国の開発のためにその資源を育成する帝国の永久の繁栄は、特設「南満州鉄道株式会社」は、日中共存共栄の名において、その地の鉄道、海運、森林、鉄鉱石、農業、畜産など各方面の投資四亿四千万円に達して、この企業は実際に中国企業の中で最も巨大な規模の。ワシントン会議9か国条約締結を振り返って以来、中国に「満蒙」の拡張万事制限を受けるため、国内世論を上から下の騒然と。9か国条約本来はアメリカの司会で締結した、と中国に対する各国で満蒙勢力の成長と反対はしないし、国際貿易や投資利益を得ることができるこの保護。
東北三省はアジアの政治に不完全な地方、私は日本のようにして自分を守る、さらに保護他国の住民の安全を使用しなければならない鉄血、このようにようやく突破の現在の困難な局面。しかし、れば鉄血主義の保全の東北三省、第三者のアメリカ中国夷を以て夷を制す必至の扇動、止めて中国。そうすると、わが国は追い込まれアメリカと競い合う。
過去の日露戦争実際には日中戦争例えば、将来中国制御し、まずアメリカ勢力を倒し、日露戦争似たり寄ったり。例えば中国を徴服する徴服しまず満蒙;もし世界徴服して、必ず中国を徴服する。もし中国は完全に中国を徴服し、他のように小アジア、インド、南洋など異服の民族はきっと畏敬中国で私に投降して、全世界を認識アジアは中国の、永遠にできない中国に侵犯。これは明治大帝の遗策も、俺は大日本帝国存立の必要の大事。
中国の現状と将来を考え、確立しなければならない昭和ニューディール、積極的奪取満蒙利権の方針を固め、借り利権発展貿易。このように止められるだけでなく、中国、工業の発展にともない欧米勢の東漸、良策妙計しかない。満蒙利権やっぱり帰私のすべて、それで、満蒙し借りて基地、貿易中国を徴服する4百数州、利用可能満蒙の権利としての司令塔せしめて全体の中国富源中国、再利用が富、政府インド及び南洋諸島さらに、徴服中小アジアやヨーロッパ。私は大和の民族アジア大陸発展するために、最初の大きなコツを満蒙利权。昭和のニューディール政策を築くを実現して帝国の恒久が栄え、積極的奪取満蒙利権の政策は唯一の方法。

田中上奏文中国の領土

一番不幸なのは:日露戦争の時、中国は宣戦布告に明確承認満蒙は中国領土で、ワシントン会議に締結した9か国条約でも中国の領土と満蒙は外交上認めざるを得ないため、中国の主権。以上の3つの誤りで、中国に殘る満蒙権益災い。

田中上奏文中国の権利

中国、これはすべての機会を利用して、全世界を知る関係満蒙主権の真相を機会は漸進方式は内側にうちに外モンゴル拡張を大陸に新入生を得る。
南北に満州の利権を除いて、に応じて二十一条勇往邁進のほか、は下記の利権に付き、拡張中国既得権を享有するために、永久の利益。
1、三十年商借り期限満期後、自由を延期し、経営者が相手を確認し、工、農など業の土地商借り権、
2、日本人は動部内モンゴルが自由に住む往来と経営各種工商業、出入り南北いっぱいに中国側は中国の法律により課税や検査を行う、
三、全ての奉天、吉林省などの19か所の鉄鉱石、石炭の採掘権や森林伐採権、
四、満州でおよび東部モンゴルの鉄道建設や鉄道の借金の優先権、
五、政治、経済、軍事顧問と教官の増加雇用や招聘佣の優先権、
六、管理朝鮮人中国の警察官駐在権、
七、は吉長鉄道経営管理権九十九年延長、
八、特産物の専売権及び欧米貿易商品の運送の優先権、
九、アムール川鉱物の全部の採掘権、
十、吉が、成長の鉄道の建設権、
回収の11、中東鉄道に借金の特権を提供する、
十二、安東、営口の港権及び輸送連絡権、
十三の東北三省中央銀行の設立及び合弁権、
14、畜産権。

田中上奏文内モンゴル

今、図図王府内何業私は退役軍人十九名は、王府取得土地から購入権、ウール買収権、鉱山採掘権など、これらは、すでに中国の先取権。また、すでに多数の退役軍人が秘密を避けるために派遣して、引き起こし奉天政府の疑いで、よく着させる中国の服装分散同王府管内で従事開墾、畜産や買収ウールなどの仕事。このように、いったん時機到来して、内外にモンゴルが中国のすべて。そのため、モンゴル、準今年度から、陸軍の機密費に充当百万元ぐらいで、急速に派遣軍人400名、化化装を教師や中国、潜入内外モンゴル、抱き込みすべて旧王公せしめ、畜産、鉱山などのために国家の樹立を百年の大計。

田中上奏文保護政策

満蒙各地は資源が豊富で、朝鮮人移住に適しているため、朝鮮人移住者が増え、現在東北三省在住の朝鮮人は百万人以上。
をさせることに達し二百五十万移住満蒙の朝鮮人人以上が、いったんは用事があって、たとえ朝鮮人軍事活動とともに、取り締まりを名乗って彼らの行動を援助。
また、「東拓(東洋拓殖株式会社)」と「満鉄」を背景に、経済や金融面では朝鮮人の援助で、朝鮮人の力を借りて開発して掌握して内外モンゴルそのビジネス権。
つまり、朝鮮人の侵入満蒙明らかに帝国への国防、経済は密接な関係のため、今後、政府は強力に希望はその成功を援助と思って、帝国の発展チャンスを新たに作り、特に石井-ランシング協定によって多く取得した中国に満蒙の特特殊地位、ワシントンでの会議ではあきらめて、幸い朝鮮人移住者が増え、その投資も増えて、このように、石井-ランシング協定に規定の特権利用可能と朝鮮移民の新しい問題を回復するのに対して、この場合、法によると、国際間の誰が反対する中国。

田中上奏文鉄道交通

交通は国際交流のツールと戦争の勝利を保証して、また経済上の砦。中国の鉄道建設されてほとんど満が入らないで、物産豊富な北でいっぱいで、これは特別殘念な。満ところがたくさん住んでいる中国人は、この中国の国防と経済は不利な。中国のような開発しその富と国防を固め、強力に北いっぱいの鉄道建設しなければならない。既存の満鉄のルートは、主に経済的な鉄道で、非循環の鉄道は、非常に適さない戦時動員と軍事輸送。
中国では自分の鉄道建設については、吉林省政府の財力にとって、近い将来で建設強力な鉄道輸送能力、もしリサイクル奉天とアムール川の財力を鉄道建設、中国側の鉄道の力で、間もなく凌駕満鉄の上に、必ず然れ激しい競争。しかし、奉天省は現在、経済が乱れない限り、中国の出力救済、さもなくば無力回復。
これを機に中国を利用して、中国の建設完成鉄道の目的は、同時に、もう少しいを扇動し、チケットを奉さらに暴落し、じゃ、奉天政府の財政必然踏ん赤露財政の二の舞に、これはー目かの時に、彼らは能力開発満蒙ました。
ただ中東鉄道の勢力を倒すのは難しい、さらに不幸なのはこの鉄道線と満鉄「丁」の字は、丁字形有利な面もあるが、軍事の進展には確かに非常に不利。幸い赤露の勢力は日衰えて、すでに無力に、満蒙拡張は、間違いなく、今後中国鉄道の建設はきっと日本の指示に従う。赤露は国力日衰えが、満蒙拡張する野心を止めない。その動きは中国の拡張と妨害満鉄の利益。中国は極力赤ロシアの拡大防止しなければならない。
中国はまず赤露防止南下を口実として、北へ満強引に拡張せしめその資源のため、南、中国の勢力を北上し、北、赤ロシア勢力を南下する。赤露のための政治的、経済的闘争を進め、させるべき中国表面に立って、中国を監督し、防御赤ロシア勢力の拡大。同時に、機密手段を取ると赤露と協力して、中国の勢力を防ぐの成長とメンテナンス中国満蒙既得権益。
数年前、中国後藤新平国交回復や主張日露招待越飞来訪の目的を利用するために、主にロシア中国を牽制する。中国が「満蒙ないだけにまかせ満鉄で満たして。中国の現状と将来の拡張にかんがみ、独占しなければならない南北満鉄道。特に巨大な富の北満や東モンゴルでは、中国に言って、発展余地が大きく、しかも有利。満で、中国人は日に日に増えて、政治や経済の上に中国はますます不利な状態なので、もっと迅速に北いっぱいの地盤を謀国家百年の計を繁盛。
中国は最近将来、必ず北満と赤露が衝突し、その際、日露戦争の前例によって、まるで当時回の満鉄と大連ほど、獲得中東鉄道と吉林。北いっぱいの富を得るために、中国にもう一度満の広野の上がロシアと闘争を展開、中国国運発展に勢いは避けられないの。

田中上奏文満蒙鉄道

通遼-ある熱河鉄道
この鉄道はいったん完成し、中国が開発に内モンゴルは大きな貢献、満蒙のすべての鉄道には、それは軍事的、経済的価値の最大の1本。同内外王公取得とモンゴル十分に連絡して、非にこの鉄道は。つまり、私は帝国主義の内外でモンゴルの盛衰、完全に応じて鉄道。
洮南-索伦鉄道
この鉄道はいったん完成し、私が満の駐軍を鉄道線に差し込み赤露の背後には、同時に阻止赤ロシア軍北へ満増援。私たちのモンゴル王公強制を中国人の侵入防止法。ことができるのでさえすればをは侵入の中国人は安心して暮らし、彼らも自然と離れ。それ以外に、中国などに積極的に他の防止方法は、中国人にさせることができないモンゴル。
長春-洮南鉄道
富源から満蒙の集中して北に満ち、もしこの鉄道建設、北満やモンゴルの富を全部帰私のすべてに、沿線の地域は私が二、三十万人収容移民。将来吉林、敦化私と朝鮮会寧線の開通を実現できる後、モンゴルや北満のふげんで直接東京へ運と大阪一朝事ある時、、私から東京に出兵して日本海直通北満とモンゴル、中国の陸軍きっと無力突破北満地区。日本では赤海上、ロシアの潜水艦は不可能脅威朝鮮海峡。このように、食糧や原料については、自給自足を得ることができず、どの国と戦ってもは自由自在な地位。
吉林=会寧鉄道
以前からヨーロッパの人も、大連経由またはウラジオストク。将来この鉄道建設後、はは清津港を会寧、回転はシベリア鉄道に到着ヨーロッパだけでなく、アジアの交通の大動脈を問わず、将来旅客や貨物は、私たちの地域を通じて制御。当方などを身につけて条交通の大動脈、无所忌惮に侵略満蒙、実行する明治大帝併合満蒙の第3期計画を実現し、大和の民族の世界を徴服する。明治大帝遗策徴服の第1期の台灣、第二期朝鮮徴服はすでに実現して、しかし第3期に併合満蒙、中国全土を徴服させる東方及びアジア畏服は私で、私の鼻息の大業を仰いで、実現されていない、これは臣などの罪。

田中上奏文その時国策

羅津は唯一無二の終点のよい港、世界貿易の良港、それは圧倒ウラジオストク赤露、一方では吸収北いっぱいの豊富な物産、満蒙の繁栄を導入我々の国内。もし近い将来において戦争が勃発し、中国大連港から取得しなければならない富と、敵艦は対馬海峡や千島海峡を封鎖し、最後は中国を倒す。知っていて、世界大戦中、アメリカだったとイギリス癒着、一挙一動も牽制したい中国の行動。中国の独立のためにせざるを得ないとアメリカ戦は、警視先中国や世界。
アメリカルソン艦隊が、私と対馬・千島の間の隔ては一衣帯水、朝に立って夕方に着く。もしもう派潜水艦に往来する馬と千島の間、切断満蒙糧と原料の中国への供給。
もし建設吉が線は、満、北満や朝鮮を形成する大循環線だけでなく、私の持ち軍や食糧運送、また確保制御北いっぱいの富。もし北いっぱいの富が輸送敦賀や新潟、敵の潜水艦が侵入しない朝鮮や日本海峡で、中国の戦時交通経済を保持できる独立、これは日本海側を中心に国策。
戦時中の食糧を確保することができるのでさえすればと原料のたっぷり供給するのに関わらず、アメリカ海軍どのように強大で、中国の陸軍と赤露陸軍どうが多くて、最後にもきっと私に癩者の瘡恨み、また弾圧朝鮮人、戦時中の抵抗。

田中上奏文経営方針

満鉄が使命では重いので、と歴代内閣の政治変動が関係での内閣の交代は祸及満鉄、満鉄の一挙一動も時々まきぞえにする内閣は、満鉄組織は半分国営組織で、実は権は掌を手に握って内閣。このため、国際間とは思わない、満鉄は営利会社とは、純粋な政治機関。9か国条約だから私に満鉄の発展を制限する、その原因もここに。
また、内部を見ると、満鉄を進める満蒙の事業で、実行している関係関東軍司令官、大連長官、関東州長官や総領事参加の4頭の政治、大連の検討についてこの方面の機密の東北三省為政者に探知されがちで、それによって極力満鉄の発展を阻害する。また、東京最終解決時にもしばしばから外務、鉄道、財政と陸軍など各高級官僚の意見の相違をし、計画の実行妨害。
この種の不利な状況を避けるために、準に満鉄抜本改革は、満鉄付属事業での機能と利益の大きい単位分を独立した会社は、暗を満鉄勢力を背景に、積極的に満蒙発展。一方、満蒙のすべての事業を吸収し、中国人と欧米人投資、満鉄鉄道輸送業務を担当させる単純、中国独占資本の半数以上、実権を把握で帝国の政策を強力に推進する。

田中上奏文付属事業

(いち)鉄鋼問題
製鉄事業の盛衰は国家の強弱関係が大きく、満蒙の鉄鉱石がじゅうにトン、また、ちょうど25億トンの石炭。この25億トンの石炭が精製じゅうに鋼を保証することができて、七十年間鋼の自給自足、頼りではなく他国の供給が中国を持っているとした世界初の強国の要素。
(に)石油問題
石油は中国の最も欠乏の重要な品の一つであり、国の存在に欠かせない要素。
満蒙の鉄や重油いったん帰私のすべて、中国の海が一挙に陸軍鋼壁鉄壁、だから満蒙は日本の心臓は、決して虚言葉、これは私の長雨皇基まことに幸い。
中国は満蒙経営複雑多端ため、主管官庁の間によくない、という意見が違うことに利益があって、国の事業も急速に進展が得られない。そしてたくさんの中国浪人奉天省政府に買収され、専門の偵察中国満蒙措置のため、1件の事はまだ審議の中で中国側に探知されて、それによって全世界の耳目に入って来て、すぐによる各国の世論は私の抑制、こんな、止まらないで一回満蒙措置の上に、痛い目に遭う。また、野党もよく満蒙面で探知した状況を中央に提出し、反対して与党材料。
特には今後、中国へ満蒙べき方針を変えるために、勇往邁進する必要があるので、指導(者)を中心に集中して東京。このように、第一に、秘密やすい;第2、中国政府を機密を防止することができます;第三、事前に各国の疑惑を避けることができる、第四、とりのぞくに満蒙四頭政治の弊害;第五、内閣との関係が緊密満蒙傾向に専念するため、対中国。準設立拓殖省させ、専管事項を侵略満州、特に台灣、朝鮮をつかさどる、樺太を名目にして、実際には満蒙拡張を目的に、のように、世界の耳目を暴露し、国内の統一を防ぐ。もし設立拓殖省、満蒙事務の中心に集中する東京を早く満蒙の中国の官僚の命令によってしかないが、どこで経営に関与する計画のなら、自然が秘密厳守させない、相手国に知れる私拓殖秘密、国際世論もないに私に対して先んずれば人を制すの素材。
から満鉄に分離独立経営の様々な企業、例えば勧業会社、土地信託会社などの会社、営利会社の監督や経営の権限も位置づける拓殖省統一を実現するため、帝国に満蒙拡張の根本的な政策は、完成建設新大陸の計画

田中上奏文添付ファイル情報

田中義一請求について宮内大臣一木喜徳郎代奏積極的な政策一つ
昭和2年七月十五日
内閣総理大臣田中義一
外務大臣田中義一
鉄道相
大蔵大臣
宮内大臣一木喜徳郎清覧
よろしく奏は満蒙積極的政策こと
ヨーロッパ大戦後、私は大日本帝国の政治、経済は大きな不安を感じ、その原因は、中国の発展はなかった満蒙の特権及び既得権益、道に涜宸襟、無所逃罪。そんな北面など大命拝する際に、特に中国皇帝の命令を受ける:や満蒙の行動は、中国利権を確保しなければならない、研究の進展の機会。聖旨の通り、臣など~から感謝に堪えません。北面野党時代、すなわち主張に満蒙積極的政策は、希望早く実現、茲東方の新局面を開拓し、中国の新大陸を形成する昭和ニューディールは六月から七月二十七日7日凡十一日、招集の文武百官と満蒙関係を行東方会議、満蒙の積極的な政策決議。
以上よろしく転奏
拝啓

田中上奏文露出前後

『田中上奏文』は日本の侵略の黒計画、そこでは日本政府の最高機密。どのようにこの上奏文公を知ら日本政府の腹黒い中国政府になる頭の濡れない思案。本文を披露したこの知る人はまれな過程。
『上奏文』の露出は騒然となる
1929年2月に、南京に出版された『時事月報」に投稿されて1本の人を驚かせたニュース:「はらはらの日本満蒙積極的政策——田中義一に天皇の奏章』。『田中義一に天皇の奏章』には「過去の日露戦争で実際に日中戦争、将来中国ように制御し、まずアメリカ勢力を倒し、日露戦争似たり寄ったり。例えば中国を徴服する徴服しまず満蒙;もし世界徴服して、必ず中国を徴服する。もし中国は完全に中国を徴服して、ほかの小アジア、インド、南洋など異服の民族はきっと畏敬中国で私に投降して、全世界を認識アジアは中国の、永遠にできない中国に侵犯。これは明治大帝の遗策も、俺は大日本帝国存立の必要の大事……」同「奏章》の全文6706字、分ご大章節といち添付ファイル、軍事行動、経済、鉄道、金融、機構の設置などの面で、侵略行動を詳しく配備手配して、字を明らかにすすべて日本帝国主義が武力横領中国やアジアの腹黒い。
『田中義一に天皇の奏章」すなわち歴史上の言う『田中上奏文』。
『田中上奏文」もう披露、すぐによる世界範囲の騒然とと振動が、各国の世論は驚きと非難し、中国各地での大デモ、全国を席巻抗日波。
田中義一と「東方会議」
田中義一、1861年日本生まれ長州藩の士族家庭で、小さいときから深く長州軍閥山県有朋の影響を持っている
東方会議東方会議
狂気の中国侵略の野望。1892年に、彼から日本陸軍大学卒業して、相前後して参加した日清日中戦争その後の日露戦争で、陸軍参謀から徐々にリットルは陸軍省軍務局長、参謀次長、陸軍大臣昇進し、階級陆軍大将に続いて、山県有朋後日本陸軍長州軍閥の統帥と新一任巨魁、彼は長年中国侵略の可能性の研究の仕事を熟読し、『清一統制』と『かつて長祿元公全集』は、「中国通」と呼ばれる。1913年から開始で、彼は公開裸を侵略は、まずと中国の断片を占領する東北地区――日本側を「満州」、「大陸拡張は私の民族の生存の主な条件」を、日本政府は「経営満蒙の大方針を定めなければならない」、「満蒙」に「世界で最も繁栄の植民地」。日本軍の支持のもとで、1927年よんしよ月にじゅう日、田中義一階段を組閣。この回政府の中で、田中義一首相も兼務する外を除いて、外務大臣と拓殖大臣(つまり植民地大臣)、自ら対外拡張事務をつかさどる。彼の任命主張「満蒙第一主義」を、積極的に「外科解決案」「満蒙問題」の強硬派侵略分子森格を外務省政務次官、分掌外交実権;彼らと日本軍のファシスト分子癒着陰謀、企画を侵略と分刈り中国東北の陰謀計画。
1927年、田中義一首相を務めてすぐ司会を開いた研究を積極的に侵略政策の閣議――「東方会議」。会議は田中義一自ら司会者は、森がひときわ事務次官計画と組織で開かれ、日本の駐中国東北、北京、天津、上海、漢口、南京などの日本大使館の要人と駐蒙特務機関リーダー、および駐中国日本東北関東司令官官、満鉄総裁などが会議に参加しました。今回の会議はじゅういち日間にわたって日本の対中関係史に重要な侵略政策決定会合。会議の中心議題を「対中政策の根本方針」。会議では確定する「満蒙」中国から分離を根本方針の日、国策。会議で発表された一枚の「対中政策綱領」、この書類の言葉が婉曲で含蓄が、その基本的な内容と精神本質は「離れ満蒙と中国」。指摘しなければならないのは、分離満蒙と占領満蒙は区別がある。田中義一は主張利用張作霖分離満蒙の政策の実現、ユング派の将校の鈴木と石原と河本大作などは主張張作霖ぬきで自分の管理満蒙。これも埋めました後に田中義一で張作霖爆撃事件後、陸軍と天皇をおびやかして下が辞任に追い込まれた伏線。
手に灸すれば熱すべしの『上奏文」と蔡、王の英雄
『田中上奏文」が後、田中義一つまり投げ首脳宣言は、世界には「中国は内乱浴びせる満蒙、治安の乱れ。帝国が特殊な地位と権益を問わず、乱は何処には適切に処理して帝国の。」
田中義一の首脳宣言に投げた後、直ちに世界範囲内による極度に揺れて。「この宣言に世界各国青天の霹靂のように、日本にも予想を驚かせ、東北を占領し、「以战养战」方式で、中国を徴服すると南洋。各国での情報人員に東京に者、つまりは二千余名の多くを偵察『東方会議」や「大連会議」の真実内容。東京警視庁はこのために増加外事警察3千人を厳しく監視して、郵便局、税関員1000人に迷惑メール、検査し、海軍省内に新設スパイ速成学校、募集学生900名、訓練の実施。この時の上海駐在記者はイギリス探知田中首相はすでに密奏玉音し、武力を東北。世間に田中密奏の内容が非常に関心を持って、だから上奏文を対象になる。その後外電また伝田中密奏はソ连ロシヤ、日本外務省高官が手に取得対価に30万円。当時外相王正廷田中さんは密に奏は、もちろんも早くして知る、秘密人員専へ東北ハルビン、ソ连ロシヤを購入し截の件、準備単価50万一元銀貨。また伝アメリカも願い出金20万ドルは、誌が、結果になってしまっ。」
成功を得て『田中上奏文」というのは2人の英雄:蔡智堪王家槙
蔡智堪、原籍台灣苗粟県人、1888年日本生まれの華僑家庭よんしよ歳の時、姓山口、大人になってから日本では「商売を開設蔡丰源貿易行」で、経営も、日本のビジネスの富豪。しかし彼は異国にあるのに、心を忘れない中華、祖国は、常に中国に関心を持っているの存亡の盛衰、祖国の繁栄の独立が進歩して、尽力。早く清末、彼に加入した同盟会は財力を積極的にサポートし、孫文の指導者の反独裁政府民主革命活動。1915年袁世凱復古帝制彼はお金を惜しまず、日本の警察当局は、掩護蔡锷将軍日本を経由して戻る雲南、発動検討袁護国運動。年代に、彼は親友、革命党元老李烈钧らの依頼を受けて、日本の中国侵略政策の動向を注視し、日本の様々な情報を提供する。彼と東北地方当局は張作霖父子も秘密連絡を創立しました、何度もの日本軍政の情報を密告して彼らに。同時に、蔡智堪「山口」はペンネームで、日本の新聞に何度も書いて、日本泯除忠告与野党侵華思想、修復中日国交。
蔡智堪「する」の主な価値は同王家槇「自叙」相互確認、掲示の基本的事実:『帝国の積極的な根本的政策満蒙』原写しは台灣の蔡智原籍堪を利用して日本の政治の支配グループトップ争いや矛盾では日本は、彼から提出を写本東北警備司令部外交秘書主任王家槙、東北日本政府当局の侵略政策で参考の意図。王家槇を内部刊行の中国語版『田中上奏文」と名付けて。
もちろん、一般の回顧録のように、蔡智堪「自叙」が存在するいくつかの讹误中の考証の場所。その讹误、いくつかの記憶の上のミスなど、時間、呼称と数字の上の誤り、いくつかは個人の習慣の違いによる表現の仕方、蔡「宮廷グループ」と呼ばれる「皇道派」、いくつかは明らかに「する」の整理者のように書き換えた時、抄録『田中上奏文」の時間は、1928年には「暑い時」、整理人趙物差しは短絡に「中華民国17年六月に変えて」。
王家槙、アムール川双城人。北京大学修める。1924年に卒業し、慶応大学経済科。務め張学良外交秘書主任、国民党政府外交部常務次長。1930年を受信威海衛特使、翌年に任国際連盟会議出席中国代表。後任の外務委員会委員、国民参政会参政员。1945年に出席サンフランシスコ国連の設立大会、任中国代表団の顧問。建国した後に、任中国人民外交学会副研究員、第2~6回全国政協委員。
1928年ろく月よんしよ日、日本の駐東北の関東軍製造た中外の「皇姑屯事件」で、張作霖爆死した。田中さんは政府は派遣特使林权助に張学良脅しつけたり利益でつったり、東北を阻む「易帜」と全中国統一。日本の田中政権一年多く中国に侵略を引き起こした野蛮な行為は、東北地方政府の指導者の張学良新階段を深く憂慮と不安。
張学良は愛国心があるの軍人。彼は父の張作霖爆死した後は、1928年ろく月上旬から北京に戻って瀋陽化粧。当時日本東北政局、危急関東軍虎視眈々と、張学良境遇困難。彼はすぐに立ち止まり、基本方針を決めました。彼は一方では父親の葬式を営む、宣言して瀋陽戒厳安定の東北情勢、挫折した日本軍乗乱夺占東北の企みます;一方、彼は派遣と南京国民政府交渉言や、準備改旗易帜、帰順国民政府を実現するために、全国統一の戦うために、日本の圧力と日本の分裂、粉砕併呑東北の陰謀。同時に彼は充当専決処分を派遣して、いろんな人が、それぞれのルート、日本の対中政策の情報収集を強化し、その中の最も重要なのは、手を換え品を換え、一切の代価を惜しまない『田中上奏文」の内容を。
王家槇は張学良処理の対日外交事務や収集日本政情の片腕によると、林久治郎彼は日本の政界の状況に精通して、よく「ようにほぼ無誤な情報を提供し、張学良」。王家槇の「自叙」か「田中上奏文』は彼が「駐東京事務所の人」蔡智堪を取得し、同時に説明した彼が翻訳と内部の刊行がこの「機密文書」の動機。王:私の「東北の担当者を呼びたい知っている日本人の陰謀がいいし、対策の際の参考として、全くその宣伝材料でエキサイティングないで、それを持ってとしてと国際に反対する日本帝国主義の武器」。王家槇「自叙」で発生する訳本をいくつかの誤謬や欠陥の原因。王は「オリジナル抄の非常にぞんざい、誤字が多く、響きもかけて読みにくい」だから、訳出して以降、「脱字を意味不明または脱句の地方一つ一つ研究の後を追加する」、「翻訳を経て整理して一つのファイル」。したがって、翻訳の誤りであるのは翻訳と整理の技術的なミスによるものもいれば、「する」と。
見逃せないのは、蔡智堪、王家槇二篇文章の若干の陳述の思い出に出入り。一つは謄本の出処:蔡は東京から自ら宮内省書庫書き写して;王称蔡智「手紙を書くに堪、……彼の友達である政党が幹事長の家に写すの書記」。2は伝達の方法:蔡とは彼を写し通「新トランク内、自ら携往奉天、瀋陽小西関西王家槇家で自ら渡し王家槇の」。王は「この書類は十数回は分から、毎回離れている時間は2週間ほど」。現在、この2位の物故者矛盾の陳述、判明孰是孰非の証拠も欠け。
取得経
と蔡智堪は台灣出身の日本の豪商、主張の開通を皇居書庫官、扮装補冊労働者は2時間以上遅れて秘密を「東方会議」の纪要ファイル(つまり約4万字のために天皇の秘密上奏文)に渡して、張学良外交秘書の王家槇の手、王家槇本人も曾声とファイルの獲得は、日本では政友会の重要な人物が家に筆生の台灣人蔡智堪秘密の写した。最終的には1929年経時事月報十二月刊及びその他のメディア発表世。依蔡智堪発見したファイル、1927年ななしち月25日、田中義をずっと天皇が秘密上奏文を提出した「満蒙侵略計画を積極的に述べた政策」で、主に中国を侵略した方針政策からの『田中上奏文」を称する。上奏文を日本の「新大陸政策」の総戦略は:「シナ徴服し、中国)に、まず満蒙徴服し、世界を徴服し、まずシナ徴服。」日本を中国の資源の後はさらに「徴服インド、南洋諸島、アジアひいてはヨーロッパ中小。」「大和の民族アジア大陸あらわで活躍し、マスターの権利をメインキーは満蒙。」

田中上奏文東方会議

1927年よんしよ月田中義一構成政友会内閣。彼はその任外務大臣、田中対中外交方針を転換して積極的に。ろく月東京召集外務省、軍人、駐中国公使、総領事館での討論の対中政策会議、約ろく月27日からななしち月ななしち日外相公邸で行われ、名を東方会議。
当時の参加者は、外務政務次官森謹む、大使、満鉄鉄道社長らが、そのうちの戦後首相の駐奉天総領事吉田茂や内閣書記官长鳩山一郎。
外務政務次官森謹むを同会議で実際の主導者、彼はいわゆる「満蒙政策強硬論者」と主張し、中国の東北三省(つまり遼寧、吉林、アムール川省)に中国から分離。
ななしち月ななしち日発表した「支(華)マニフェスト」。はち月じゅうろく日、彼は二度と召集駐中国東北の外交と軍事者会議が行われ、大連東方、検討会議未決定の問題、大連会議終瞭後の数日、田中に昭和天皇が上奏文は、積極的に奏日本満蒙根本方針。れは田中上奏文誣いる。

田中上奏文西洋の反応

『田中上奏文」は、1934年英訳されてて、アメリカ第二次世界大戦として常にこれは日本を敵視するの原因。

田中上奏文事件の過程

1930年、日本の外務省に中国国民政府の抗議によると、田中上奏文は偽造。第二次世界大戦後、同盟国の見つからない田中上奏文原本。
歴史研究者は田中上奏文はソビエト連邦情報部門を偽造し、目的は日本の「南進派」攻撃を抑制する東南アジア、日本の軍事勢力「北進派」ソビエト連邦攻めて、それによって緩和に直面しソビエト連邦もの両面作戦の圧力。

田中上奏文所持観点

多数の日本のいわゆる主流歴史学者はこの上奏文は偽造:
ずっとだけ見つかり上奏文の漢文バージョンで、見えない日本語訳文。
あったとしても「日本を世界徴服の証拠」は、極東国際軍事裁判は提出されて、しかしアメリカ籍弁護士反論「文章の記述矛盾点が多い」、また、連合国の日本のファイルには見られないファイルの存在を発見。結果について、「日本を世界徴服の証拠」が不足しない。
(注目に値するのはたとえ極東国際軍事裁判は未確認を採取し、今はまだ以假当真継続として使用され、反日教育の題材に)。
日本の歴史家が推測して、製造した田中上奏文は、受信上奏文テキストの張学良秘書王家槙。
疑点:上奏天皇経由の大臣にしかなく、宮内大臣の配管。
疑点:記事で田中さんは欧米旅行の帰り道を受け中国人攻撃。→上海で朝鮮人が攻撃され。自分の経験を間違えないかもしれない。
疑点:記事で山県有朋協調を苦境の策略を9か国条約。→しかし当時山県有朋は死んだ。無契約可能。
疑点:記事で中国政府を建てたよしうみ鉄道。→上表文時間は昭和2年に、中国鉄道竣工はよしうみに表後二年後のこと。(よしうみ鉄道確かには1927年に着工、1929年が終わって「いち」
疑点:この年(昭和2年)に開催予定の東京国際工業電気電気大会。→当時はこの大会は、国際工業動力会議昭和よんしよ年じゅう月初しよう。
疑点:この上奏文とは違う日本上奏文のフォーマット。
疑点:この上奏文の言葉で、日本と当時の言葉大相迳庭。
疑点:田中さんは東北事件に適切に処理されて怒って、天皇免職にないチャンスに奏。
疑点:内容、日付表記エラー巨万のように、宮内大臣「一木喜徳郎」という間違った「一木喜徳」(条目付図)。
疑点:は諸国の言語は、日本語版だけは、存在しないどころか、原文、言い伝える版なくって。
疑点:台灣商人に忍び込んだ日本の天皇に皇居、隠れて隠れる書房二日、翻訳を写す。→どのように潜入。

田中上奏文偽装に反対する

日本の降伏まで大量廃棄ファイルや証拠、これから行為を排除していない証拠隠滅この推測その可能性。
重光葵は極東軍事法廷に説明:日本は日中戦争の中の戦略的行為近似『田中上奏文》中的。
同上奏文で敗戦前は機密内容で、この種類の内容は常に一定時間後廃棄、旅に出るだけは間違いの中で出現の問題伝写。
主張『田中上奏文」確かにそのことを大量に手がかりから着手し、立ち入り調査票と、本物の言い方によって断定上奏文非不足。一つの証明は、『田中上奏文』が公開した後、中国の官僚の国連関連会議で明らかにしたファイル抄は日本皇室書庫。日本当局すぐさま書庫役人小下勇を以下に28人全員免職。そして蔡智堪も拘束され、牢獄に入る、財産の損失に対して。日本からいくつかの軍政人の思い出と片言でも見つかる上奏文の存在を否定して手がかりを、例えば公開上奏文真実性の重光葵が自分の回顧録では言及、彼に田中義一上奏文状況調査、田中返事「非出本意」、意思と上奏文に「東方会議」精神に書いて、非出田中自身の意。近年、研究者によって新発見の材料、否定『田中上奏文》が存在する様々な観点を提出した反証。
学者達はさらに指摘し、証明『田中上奏文』は偽りの最も重要な根拠は1927年以降、日本を侵略拡大行動ステップ事実と、『田中上奏文』の中のような出戦略企画辄――どの人がないような神のように、1928年非常に正確に予言して、日本は“徴服満蒙」から中国への全面的な侵略は、中国大部領土占領した後、また始まった奇襲の真珠灣攻撃東南アジア各国のアジア、世界徴服の道?
ななじゅう年、「田中上奏文』の真偽の論争が続いていたとしても、人を出して仕方ないの事実と結論。実は、歴史は雄弁に証明、日本軍国主義者が中国を徴服する、アジアと世界の野望と計画、かどうかは、『田中上奏文』の方式の形も諸文字はすでに彼らの基本的な国策―――が無『田中上奏文」についても、決して変わらない日本軍国主義の罪歴史。