董源

董源(943-約962)、五代南唐の画家、南派山水画の開祖。董元一作、字のおじさんは、江西钟陵(今の江西进贤県)の人で、董源、李成范宽史上と北宋三みんな、南唐主李璟当時、北苑副使、だからまた“董北苑」。勝手に絵の山水、人物、禽獣兼工。その山水初師荆浩、筆沉雄、後は江南真山実景それでも、奇までの筆。疎林远树、平远深い、皴法状如麻皮、後代の「披麻皹」。山の苔時緻密で、水色江天、雲霧顕みそか、連峰が出沒し、汀渚溪桥、率の多い真意。その絵米芾謂「平板無邪気で、唐無この品」。存世作品は「夏景山口待渡図』『瀟湘図』『夏山图』『渓岸図』など。
董源

董源人物簡介

董源(934-約962年)中国五代目南唐の画家。作董元、字のおじさんは、江西钟陵(
穀川の岸図穀川の岸図
今江西南昌市进贤県)の人で、自称「江南の人」、生沒年不詳で、主に活動中の主な南唐(934~960)時期。南唐の主なこと李璟当時北苑副使、だからまた“董北苑」、南唐亡き後に宋、とされている南派山水絵の山開きをマスター。善山水、兼工禽獣。その山水の多くは江南真山それでもで奇までの筆と記載され、彼の山水画「平板江南景色は無邪気で、唐無この品」。米芾絶賛だったその山水曰:「連峰が出沒し、暗い雲が大幅に、装巧趣、全てが無邪気」。五代の『絵鑑』に記載:「董源山水が2種類:同じ水墨して、林远树、平远深い石作披麻皹同じ文;着色、あかぎれが切れない、色使い濃い古、人物は多くは赤で腰元、人の顔も粉素者。二種類の皆も佳作。「北宋沈括『夢渓筆談』に「董源善画、龙工秋嵐のロング・ショット、多く書き江南真山はなく、奇山までの筆」、「何その筆草草、近視の数は類のイメージが、遠い観は景物鮮やかなさま……「の歴史に董源を、范宽李成と呼ばれる、北宋の初めの三みんな。

董源芸術の業績

董源だけでなく、絵山水大きくなって、も描ける牛、虎、竜や人物。山水画家として、董源ももっぱら一体の。当時宋国の称賛するその大着色の山水景物華麗、宛が李思训スタイル。しかしその最も独創性そして最高の業績は水墨山水。彼は運用披麻皹とちょっと苔法江南一帯の自然の姿を表現し、神妙に伝書き出し連峰夜と昼、洲渚重なり合い、林麓煙が漂うの江南の景色。彼は筆で何もない、近視数種類物象、遠観は景物鮮やかなさま、技巧に富んだ創造性。彼の名作『夏景山口待渡図』と『瀟湘図」では、夏は江南の丘陵、江湖間草木て茂、雲霧滃鬱の特定の景色を見事に表現して。その筆技法は彼と表現した特定の景色を十分に適応する。
宋代沈括と彼は「たくさん書いて江南真山、奇までの筆」。画ヤマガタは、長江中下流の一帯の丘陵、大部分は坂陀起伏、土山戴石、少ない険しい嶄絶の叫び声のようだっ。これとは彼が早い荆浩表現の気勢雄大な北方ヤマガタちょうどに鮮明な対比。董源とても重視さ山水水路時景人物の描写は、しばしばある風俗画のストーリー性で描いた、時には全题旨所係。形は細かく、簡単で実エキス、キャラクターの靑、赤、白などの重色、と水墨皹時に際立たせて、別饶一種秾古の趣。その伝世の作品《竜宿郊民図』など。
董源が創造した水墨山水画新格法、当時を得る巨然和尚の追随、後世遂以董巨として。宋代には米芾沈括十分鑒賞し、董巨派のほかに、元の時代に、取り法董巨の気風インボリュート。汤垕「唐画山水~宋始备、もし(董)元はみなさんの上にある」と、董源新しい理解。4元だけ家と明朝の呉流派、もっと奉董源を手本に、明末「南北宗論者」では理論上尊王維「文人画祖」でも、実際には董源祖述。元代黄公望「作山水者は必ずは董を師法などの学杜も詩を吟ずる」。清朝王鉴「絵の董巨、例えば本の時計王、舎このは外道」。董源後世で生まれるように深遠な影響で中国の山水画史上において。
董源《竜宿郊民図』董源《竜宿郊民図』
記載の歴史によると、董氏善山水人物雲竜、牛虎、全能では、特に山水画が最も有名で、南派山水を切り開く。その山水の多くは江南真山それでもで奇までの筆と記載され、彼の山水画「平板江南景色は無邪気で、唐無この品」。米芾絶賛だったその山水曰:「連峰が出沒し、暗い雲が大幅に、装巧趣、全てが無邪気」。五代の『絵鑑』に記載:「董源山水二種類ある:同じ水墨、林远树疎し、平远深い石作披麻皹;のように着色、垢文でない、濃い赤で靑衣古、人物は多く、人の顔も粉素者。二種類の皆も佳作。」北宋沈括『夢渓筆談』に「董源善画、龙工秋嵐のロング・ショット、多く書き江南真山はなく、奇山までの筆」、「何その筆草草、近視の数は類のイメージが、遠い観は景物鮮やかなさま……」。勝手に絵や淡着色水墨山水、喜状如麻皮の垢筆で山に表現、多明礬頭(山頂石)苔時、画丛树茂って、丘陵から杖、雲霧顕晦日と溪桥渔浦、汀渚などの江南の景色として、後代の人に平板無邪気では唐代にはない。も着色の濃い作山石皹紋が非常に少ない、景物華麗、近い李思训比較的に活発で格調、放縦。兼工竜、牛、虎や人物。

董源伝説のエピソード

董源の山水画を得た南唐中の主な李璟のかけら。李璟という若いころ、廬山別荘を構える、山泉林薗名所と一体化。のために彼が多く目に廬山景色、わざわざ派董源を描いた絵廬山図』『。董源五老峰は、雲煙靑松、和泉流怪石や庭の別荘を巧みに絵入一図。李璟観た後、称賛の絶えないで、愛し、命かけて寝室で、朝な夕なに絵を観賞して、まるで長居廬山で。したがって董源発想の巧妙や風景を描写する芸術の高さ。
また、急に1度の大雪に覆いを呈し、京都、白銀の世界。それを見て李璟興ダイハツ、召集群臣登楼並べ宴、雪見諷詠を呼び寄せる当時の画壇の達人董源、高衝週文モーメント朱澄徐崇嗣ら。彼らあやめにかきつばた、役割分担は絵のような高衝主、週文モーメント絵侍臣や乐工侍従、朱澄画楼閣宮殿、雪董源画竹寒林、徐崇嗣画池魚鳥。やがて一枚の生き生きとした「雪見図』が完成した。董源絵の雪竹寒林はこの絵を描く中に直接雪は冬の景の。彼は成竹を胸に得、臨戦慌てない、手にする景、積雪圧竹、ジャングル寒瑟の光景を描いてし。今度の活動と「雪見図』は北宋の美術評論家郭若虚記述は彼の《図画見聞誌」には、殘念ながらこの図はもう会えないました。

董源伝世の作品

瀟湘図』巻、明末経由河南人袁枢(袁可立子)から浒墅关マンションが身につけて珍蔵よけ戦災、現蔵故宮博物館、
「夏山图』巻、明代末期の経袁枢などの収集、現蔵上海博物館
夏景山口待渡図』巻を隠して遼寧省博物館
『渓岸図』および経睢阳袁枢収蔵、今蔵アメリカメトロポリタン美術館
「竜宿郊民図』及び『洞天山堂」二軸は、故宮の名画「図録は300種』。
五代から北宋の初めは中国山水絵の成熟段階を形成し、異なるスタイル、後代の要約を「北派」と「南派」の2本。董源の『瀟湘図』の歴史としての「南派」の山水の山開きを作。董源現存世作品は「夏景山口待渡』、『瀟湘』、『夏の山』、『竜宿郊民』、『渓岸図』などの図。「瀟湘図』巻、五代、縦ごじゅうセンチ、横141センチ、現蔵北京故宮博物館。明代は散りばめて董其の盛んな後、睢阳袁枢(袁可立さん)に収蔵董源、巨然作品の集大成者、董、巨コレクションの富に勝る散りばめて董其の盛んなため、惜しむ明亡袁枢うつ絶食して死ぬ、コレクション流散。王时敏「煙客跋文・問題自己描画関長官环中」:「環翁袁長官は、工盤礴、また富収蔵。丘を李营士大夫の宗メートル南宮乃精鑑の祖、故を糠味噌・関、董、巨本当にその家名迹帰。」

董源作品を鑑賞する

董源「瀟湘図』

五代董源絹本着色の縦最大50 . 2センチ横140センチ北京故宮博物館蔵
「瀟湘図」の絵は江南の景色。絵には山々が連なり、暗い暗い雲、
瀟湘図瀟湘図
山水の木も覆って石は風土ぼんやりして中に平凡で深い、深い迷って。船が岸に何組人物、遠くの坂の下で網を漁師や船。絵を花に青运は水墨画、あっさりしてしっとり、筆の潤色山石、山の斜面の底披麻垢は重厚で、潤い、江南の山水の草木の繁栄、鬱蒼とともにが表現。董源の山水画は後世の文人画の影響が巨大で、宋代郭若虚《図画見聞誌」によると、董源画法「水墨類王維、着色のよう李思训」は、その評判が高い。

董源「夏山图』

五代董源絹本水墨淡着色の縦49.2センチ横313.2センチ上海博物館蔵
五代宋初に董源の山水画の業績は重視
夏山图夏山图
彼の絵は、北宋米芾に高く評価され、明代に董源散りばめて董其の盛んなのは礼を尽くして敬う、董源山水画をとして発展史の上の正宗扱いを董源同王維、李成、米芾、元前後を貫く4社を構成して、文人画係。「夏山图」構図高遠ロケから、全幅は重い嵐重ね岡田、淵渚煙汀、樹木华滋、牛の放牧、江南山郷への気象派。絵の木、石、全墨で時の群れにあかぎれが切れて、濃い緑生い茂る木が厚く、感、雨で皴法山石、干ペン、濡れた筆、破筆、濃淡干渉は、風が山の芋が鰻になるの奇。絵はかつて明末袁枢収蔵。

董源『渓岸図』

董源『渓岸図』と伝世筆墨五代目作品『高士图』と『江行初雪图卷』に似ていて。单国霖は記者に教えて、「当時、启功さん、傅熹年さんは、この作品を認定北宋初期五代末期。メトロポリタン美術館後にはこの絵を作った赤外線検出し、この枚の絵を表装さん度、さん度補った絹のように。そして、その上また南宋贾似道、明末袁枢らの印章。『渓岸図」は上世紀のよんじゅう年代徐して。张大千知った『渓岸図』が現れ、死後伝え徐、喜んで自分のいかなる収蔵の交換と岸図』『渓。しかし、この絵张大千得させる気に入った古画後若干の年、彼は出国の帯に売却経営者、大コレクター王季迁書画。上世紀まではちじゅう年代、やっと手に王季迁絵華人企業家の唐氏。最後は、唐氏が寄付メトロポリタン美術館。