朱は校

明熹宗朱は校(1605—1627年)、明朝の第十五人の皇帝、明光宗朱常洛長男、実母选侍王氏は、明思宗朱は検異母兄。じゅうろく歳で即位、在位七年、年号託宣
朱は校
朱は校在位期間、客氏と魏忠贤権勢を制造しました、「乙醜詔獄」、「丙寅詔獄」などの冤罪、殘酷な迫害を明に政治の改良東林党人。魏忠贤去勢党東林党への迫害を絶えずに巻き起こし人民蜂起。其時、国内の様々な社会的矛盾が激化する。主な危機から遼東后金明の脅威に対して。朱は校即位後リコール胆のお知らせ兵の遼東経略熊廷弼后金陥落する瀋陽遼陽遼東情勢はますます厳しい。託宣元年(1621)年三月、安定遼東、再び熊廷弼を起用遼東経略。熊廷弼遼東の実際の情況によって、三者の配置対策を制定した。を握って遼東実際兵権の巡撫王化贞をよそに、当時は、敌强我弱各個撃破されやすい危険、強く主張する兵隊を分けて守備する全面侵攻。で去勢党画策下を堅持し、正しい方略の熊廷弼殺され、遼東戦局幾多の危機に陥る。
託宣七年(1627年)、溺れ病気の朱は校「仙薬」を服用した、年中23歳。諡号は日する道敦孝篤友章文襄武靖穆庄勤悊皇帝、廟号今後は宗。葬于明の十三陵徳陵