袁世凱

袁世凱(1859年―1916年)、中国の近代史で有名な政治家、軍事家、北洋軍閥リーダー。慰め亭(作慰め廷)、容庵、心を洗っ亭主人、漢族河南省项城人から、人称「袁项城」。
袁世凱
若い頃は出世袁世凱北朝鮮帰国後、天津小駅訓練新戦力清末新政期間を積極的に推進する近代化改革。辛亥革命期間に追い込む清帝溥儀退位し、平和の方式を覆す清朝になる中華民国臨時大統領。1913年弾圧二次革命同じ年の当選は初代中華民国大統領1914年公布『中華民国アイジー』、1915年じゅうに月発表の自称皇帝、国号を中華帝国、建元洪宪と、史「洪宪帝制」。移動反対されて当事者による護国運動ざるを得ないし、袁世凱は83日皇帝から廃止を発表し帝制。1916年ろく月ろく日で尿毒症治らずに亡くなって、归葬河南省安陽
袁世凱の栄辱功罪に各評し、「独夫民贼」「国を盗み取る大どろぼう」彼は、と思う人がいるの中国近代化貢献は、本当の改革家。とにかく、袁世凱は中国の近代史で最も論争の人物の一つ。