宥和政策

宥和政策(appeasement policy)、別名宥和政策。侵略者に対する姑息、他国の利害をねらって、犠牲は一時の平和との妥協偸安する政策。
宥和政策
第二次世界大戦前夜、日本、イタリアとドイツが相次いで対外侵略を行う、イギリス、フランス両国を保護既得権益をとると妥協譲歩の外交政策を推進しファシズム国が攻めソビエト連邦、座って漁夫の利を収める。
1938年さん月、ドイツ併合オーストリア後、提出割譲チェコスロバキア苏台德区理不尽な要求。イギリス首相A.N。チェンバレンとフランス総理达拉第とドイツ妥協を実現、下心が犠牲にチェコスロバキアの利益、満足ドイツ侵略の要求。
1938年きゅう、く月29日、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア四国の首脳ドイツミュンヘン会議が行われ、署名した『ミュンヘン協定』を献上チェコスロバキアヒトラードイツ「奴隷の祭壇」。
「ミュンヘン協定」は宥和政策典型的な表現。
1939年さん月じゅうご日、ファシズムドイツ正式に併合したチェコスロバキア全体。
西の国で宥和政策のため、ファシズムドイツだ第二次世界大戦。英、仏お天道様に石、ファシズムの攻撃を受けました。それから宥和政策に放任侵略、甘いの代名詞。