東条英機

東条英機(1884年じゅうに月さんじゅう日-1948年じゅうに月23日)、中国侵略日本軍A級戦犯日本軍国主義第四の代表人物で、日本の首相は、第二次世界大戦A級戦犯中国、侵略と発動太平洋戦争犯人の一つの重要な。東条英機は昭和の下で、凶暴殘虐独断専行、関東軍に「剃刀将軍」と呼ばれる。
東条英機
1948年じゅういち月じゅうに日東条英機され極東国際軍事裁判戦争で有罪、他国を侵略、反人道的罪などで死刑が執行されじゅうに月23日。縛り首
東条英機は第二次世界大戦で、とヒトラームッソリーニとの三大ファシズム頭目の一つは、日本の軍国主義中国を侵略し、アジア侵略の主戦争犯罪者一つ。

東条英機人物の経験

東条英機少年期

少年期の東条英機を受けた家庭雰囲気の薫陶を受け、彼は早くなりたい
少年東条少年東条
軍人、天皇に忠誠を尽くす。少年時代の東条英機は相前後して学ん東京四穀小学校、学習院初等部、城北中学、東京陸軍地方幼年学校と陸軍中央幼年学校。東条英て息子の武士道精神を育てるために、専門人教てください東条英機学ぶ「神刀流剣舞」。
1899年きゅう、く月、東条英機東京地方陸軍幼年学校に入る。軍事学校に入り、東条英機父を模範として、「忠誠の渇望に天皇の合格士官」、日本の「遠徴して功を立てる」。
陸上幼勉強してから三年、1902年きゅう、く月、じゅうく歳の東条英機陸軍中央幼年学校に入る。当時は八国連合軍は中国を侵略し、清政府を結ばされ「辛醜条約」、さらに刺激が日本軍国主義の対外拡張する野心。東条英機の学習期間を感じ、日本国内の侵略の中国にそれの「狂喜」。日露戦争の勃発前後、日本国内よりは国を挙げての動員、日本政府は積極的に拍車をかける軍備拡張、軍人社会は狂気を叫び、ロシアの“復讐」の準備とロシアの大戦場。育成将校の各級軍事学校に、侵略戦争のサービスは、それなりに実施した「戦時教育方針」をしながら、学制を教育と訓練を極力、一面に学生の軍国主義の侵略思想植え付け。

東条英機初めて出陣

自殺未遂の東条英機自殺未遂の東条英機
1904年に日露戦争(明治37年)、日本軍国主義が政府にとって「命が懸かって」のキー戦。東条英機は陸軍中央幼年学校進学陸軍士官学校。東条英機とよく一群のクラスメート同士、士官学校の後ろの市ケ穀台話をし、東条英機よく飛び出し見せて彼のセットは十分に専門の「神刀流剣舞」。みんなのひとしきりひとしきりの喝採を東条英機忘れないので、極度の興奮が彼を完全に未来に対しての狂詩無明の酒に酔う。

東条英機卒業を前に

1905年(明治38年)よんしよ月、日露戦争もう勝負が、日本軍を奪取した奉天会戦の勝利した後、ロシアは先細りである。日露戦場から日本に戻った後、東条英機重に戻って陸軍第さん師団。
1915年(大正よんしよ年)、東条英機日本から陸軍大学第27号を卒業する時、もう31歳、距離に彼は出てちょうどじゅう年陸軍士官学校。

東条英機ヨーロッパの旅

卒業後、エリート分子の一部が、東条に入った陸軍省のインターンシップ、そして外放任駐在の日本大使館ドイツ武官、ちょうど年末裕仁皇太子遊歴ヨーロッパ、接見駐ヨーロッパ各地で日本武官閑院宫载仁親王ら皇族先輩名将の取引見下で、永田铁山をはじめとする靑年将校に皇太子忠誠を誓う、誓うを军内長州弁元老勢力、クリアする政党勢力に皇帝の権力の干渉。その後バーデンバーデン三羽烏(永田铁山小畑敏四郎冈村宁次)が擬定した計画の大綱。してバーデンバーデンの第4人が、東条英機当時担当の外で哨戒。1921年夏、彼はドイツ遊覧、これは彼の一生の中で唯一次長時間接触非アジア環境年末に見学をしワシントン会議の後、彼は慌ててアメリカの列車に乗って、日本に戻って、彼はドイツより深い印象アメリカかもしれない、彼はドイツ語が分かりで英語が分からないのか。

東条英機浮き瀋みの間

東条英機東条英機
帰国後東条英機また相前後してなった陸軍大学の教官、陸軍省軍務局顧問等の職を探す、軍隊の中で秘密の発展を横に連絡。
1929年はち月任歩兵第いち連隊聯隊長、
1931年はち月任参謀本部整備局動员課大佐課長、「9?18」事変について、日本の各政党は軍部所持放任態度に不満が、東条英機すぐ政党が発表した軍部に役立たない言動を「調査」では、これは「挑発軍民関係の疑惑」。
1933年さん月、東条英機に任命される陸軍少将同年じゅういち月任軍事調査部部長。
1934年さん月、東条英機軍事調査部長のポストが乗っただけ四ヶ月異動、陸軍士官学校、その後また相前後して勤め、歩兵第24旅団と第じゅうに師団司令部。
1935年きゅう、く月、陸軍部人事局長後宮淳、東条英機陸軍幼年学校時代の校友力薦東条に就任関東軍憲兵司令官が、東条英機がこれをバネに開始した日本のファッショの最高権力の中心に衝撃。
日本は武力占領する中国東北後を実現するために偽満州国いわゆる一元化統制、1932年が打ち出した「」決議、そしてまた1934年日本駐偽満州国の再整備機構。この時からは、満州傀儡政権を握っ関東軍実際の政治、軍事、外交や経済力、関東軍司令官にもなった上皇。東条英機が任憲兵司令官に就任、規定に基づいて兼ねて日本駐満行政事務局長の要職。東条英機着任した後、まず最初にすることは自分の翼をもりたてる。その前に、関東軍憲兵隊はただひとつだけで200人ほどのチーム編成。この木っ端の火の力に満足できない、もちろん東条英機の必要。そこで彼は急速に本土から、台灣や朝鮮などを仕入れて有能な腕利き調集し、彼らが憲兵隊手配要職に短い時間の中で育成したそれに忠誠を尽くす側近。

東条英機対ソ連の挑発

盧溝橋事件爆発する前に、日本国内政局」が安定しない。1937年(昭和じゅうに年)ご月31日、林内閣が急し構成も含め、均一中心の右翼勢力を含む新党、それによって皆さんの重臣刺激による既存政党の反発を招き、林内閣の総辞職。
1938年(昭和じゅうさん年)ご月26日、軍部電命東条英機中将は中国東北部に飛び帰っ東京羽田空港。ご月さんじゅう日正式に任命東条英機担当陸軍次官。
1938年じゅういち月28日午前きゅう、く時さんじゅう分で開催中の「陸軍管理事業主に関する懇談会」で、東条英機の集まっている発表した当時はいわゆる爆発的な演説。
東条英機と、本当の意味での確立とドイツにつながっている反ソ軍事同盟なら、実際で行動に蘇を武力で恫喝し、強制的にソビエト連邦放棄対中国抗日勢力の支持。中国モンゴル人民共和国顔が広い地域に接触して、ソビエト連邦モンゴルの支援を通じて中国共産党が指導する華北抗日闘争。そのため、東条英機の決定、中国東北の西部中蒙辺境製造ノ蒙カン事件を起こしたのは、ソビエト連邦より大規模な一回の武力挑発。

東条英機一歩一歩の侵略

1937年、日本は故意に挑発盧溝橋事変後、軍部強硬派と中央形成慎重派の2大派閥、前者は陸軍大臣杉山元課長、軍事田中さんは新しいや参謀本部第さん課長武藤章などを代表として、後者は参謀本部第いち部部長石原莞爾、陸軍省軍務課長柴山兼四郎などを代表。両派に異なる時局の分析。強硬派は、中国は鎧袖一触出兵する限り、日本、棚の物を取って来るようを徴服は、最高のチャンス。そして慎重派は主張して、チャンスはまだ未熟なため、日本は全力で準備ソ作戦開始、軽率に中国の大挙進攻して、足が泥に陥ってないだけではなく、良好な作戦効果と同時にさせる可能性は蘇作戦受け身に位。
はち月じゅうく日東条英機張北に設立した混成旅団司令部が指揮しやすい。東条英機を慣用の「稲妻戦術」で、平平安線に沿って順次攻撃南口居庸関懐来張家口などの軍事要地。この地域の中国国民党軍約さん万人余りで、東条兵団はわずか数千人。しかし、中国の国民党軍の抵抗と不足、守備が弱い。日本軍に頼るだけで機械化武器装備の狂気攻撃、中国国民党軍逐次退却しなければならない。はち月22日、張北守军国民党軍刘汝明部打ち砕き。
29日、張家口陥落する。張家口の陥落は南口の一線で立ち向かう日本軍の中国国民党軍湯恩伯に対し部の危険に直面している腹背に敵を受ける。そこで得収縮の防御線につれて、張家口と南口狙撃戦の失敗、察南地区再無の壁は、日本軍が気軽には全省を察哈爾そのコントロールの下で。
1938年ご月三ヶ月終瞭する中国事変の陸相杉山元中央から追い出され、板垣徴四郎その代わり、東条英機も置換梅津美治郎陸軍次官を務める。
1938年じゅういち月初め、近衛文麿首相提出した建設東亜新秩序」のスローガンは、実際には日本軍とする東アジアの宣言。
1938年じゅういち月28日午前きゅう、く時さんじゅう分、軍人会館で開かれた「陸軍管理事業主に関する懇談会」で彼をし、日本「蘇、中両国ともに作戦も備えると英、米、法だ」。これで、すぐによる日本国内巨大震動。日本だけでなく経済界が強い衝撃により、東京株式市場狂泻、同時に令戦争マニアぞろいの軍部できない感じが非難を受け、そのあまりにも「軽」。陸相板垣徴四郎と東条英機目的は励ましたい日本軍需生産、これは一種の宣伝のための手段にすぎない。圧力の下で、この半年の陸軍次官就任ばかりしかない地下に就いて薄暗い台、航空総監に行った。
しかし東条英機の野望のためにいささかの収束がなかった。1939年ご月、ノモンハン戦爆発、また東条英機ぴょんぴょん跳ね回る。今回の戦の中で、ソビエト連邦赤軍と日本軍が多くの近代化を武器装備、特に飛行機や戦車や装甲車。しかし、戦の結果は東条英機顔面皆無:ソビエト連邦赤軍の強大な攻勢の下で、日本軍は重傷を負わせられ、参戦の主力部隊第23師団はほぼ全滅、関東軍出動の兵力、死傷近いち/さん、重火器損失ガンダム87 %。これについて、関東軍北進の野望を放棄するほかない。しかし東条英機は損をして、彼は此役で陸軍航空兵の戦績無限誇大、自分をすくう政治資本。
1939年はち月、ヒトラーに専念するためヨーロッパ大陸での徴服とスターリン秘密を締結した『独ソ相互不可侵条約』。独ソの「友好」に加えてソビエト連邦赤軍の威力を放棄せざるを得ない、しばらく日本「北進」の野望。
1940年ななしち月じゅうななじゅうしち日、経験した平沼騏一郎阿部信行米内光政馬を走らせる燈のように数代内閣交代以降、近衛文麿出馬する組閣。今回は、近衛の組閣で強硬派、軍国主義分子東条英機の起用は陸相。

東条英機開戦のパイオニア

1940年ななしち月じゅうく日、
東条内閣東条内閣
近衛召集陸相東条、外相松岡洋右など、確立した新内閣発足方針、:強化日、ドイツ、イタリア三国枢軸;日、蘇締結相互不可侵条約;「東亜新秩序」にまで広がり英、仏、ポルトガル、荷が東南アジアの植民地、つまり準備「南進」、全力で排除アメリカ本当の力干渉。
日本の侵入フランス領インドシナ南部、展開する第一歩「南進」、これは極めて大きく傷つけたイギリス、アメリカなどの国は、東南アジアの既得権益、アメリカから日本に圧力、凍結日本美資産と要求を放棄すると太平洋日本中国領土的野心。そして日本に一時的にしたくないアメリカからと正面衝突し、また、深い中国戦場ではなく、軽率に一揆を起こすので、選択したとアメリカ交渉。しかし、実際には、「交渉」だけ東条こんな熱狂を「南進拡大好戦分子たち侵略」を備え、遅延時局の看板にすぎない。交渉のテーブルにない「誠意」の日本側の要求を認め、彼らアメリカ「満州国」、日本が東南アジアから同意資源を得。双方はどちらも譲ろうとしない、矛盾がますます大きな分岐。
東条英機の講演東条英機の講演
はち月いち日、外相松岡洋右公開「当面外交政策の直接の目的は、によって皇道の崇高な精神、建設は日、「満」、華グループを鎖輪の一つの『大東亜共栄圏」。今、日本の侵略の野望はにとらわれない中国ではなく、をより広い範囲のいわゆる「大東亜共栄圏。
1940年きゅう、く月27日、ドイツ、イタリア、日三国同盟条約締結ベルリンファッショ。
配合エスカレートの侵略戦争のために、日本政府は国内で扇動戦争熱狂。首相近衛文組織「大政翼赞運動」、陸相東条英機は武士道精神大ぶろしきを広げる。
1941年の初め、東条英機陸相身分を発行し「戦い訓」、全軍、全体を「皇国臣民」は天皇に忠誠を、すべての人はすべて「献身奉公の精神を実現する」、「大東亜新秩序」。
1941年ろく月22日、ドイツ奇襲ソビエト連邦、独ソ戦の全面爆発。と米交渉にならない日本決定発動太平洋戦争。
ななしち月に日、東条英機御前会議に参加し、その鼓動の下で、最終的に確定した情勢の変化に適応する『帝国国策綱要』、準備を「南進」と英米の開戦を惜しまない。
近衛文麿この貴族臨戦萎縮は、1941年じゅう月じゅうろく日内閣総辞職。近衛内閣が総辞職した翌日、経重臣会議の指名東条組閣を通過。彼は彼のために选孚重望(彼は孚重望、あるいは彼は侵略主義者(彼は侵略主義者)ではなく、彼は軍事規律を献身的に、人々は彼の時機を制御することができて無謀な軍隊に忠実に、そして皇室、精力もルックスも盛り。
1941年じゅういち月じゅうななじゅうしち日午後、天皇を召さ東条英機、昇進を大将、詔.詔命。彼は現役将校と首相が組閣を兼ねる陸相。これは彼の地位は前より数代は強固な、当時の日本の戦時エッジが地雷のおバカさん作看板、日本人が選択した東条英機、東条も自覚的に踏み出した一歩。
1941年じゅういち月じゅうはち日東条内閣が正式に発足、これは戦争を発動した集権「内閣」、東条英機一兼ねる人陸相、内に、後でまた兼任文部相、商工相、軍需等しい職、各種の大権を一身集。就職の声明の中で、この戦争マニア叫び「支那事変を確立し、『大東亜共栄圏」は帝国の国策で、「皇威の下、挙国一緻、完成聖業で邁進する」。

東条英機急転直下

東条英機東条英機
日本1942年は戦争消耗空の国の内部の情勢の変化も東条英機は政治寸前。発足した時、東条英胴体兼首相、陸相と内に3職、集軍政大権を一身。人民のために押し込ん思想、東条英機実行した恐怖の憲兵政治、1943年に軍事参議官の任に西尾寿造関西への視察、記者の質問に答える時ると言った:「この事は私は知らないで、あなたを聞きに行くその毎日朝翻ゴミ箱のやつだろう。」彼は知っていて、これは実際には東条英機。から東条の趣味の一つは検査をごみの箱の中のごみ、ちょっと人が食べても豪華な食事、国が困ったときには贅沢。これを怒らせた東条、すぐ先輩命令を西尾大将に編入した予備役。この水平の弾圧、独裁政治を彼の名声は日に日にハザード。彼の側近を冠する3奸され4愚称号(三奸」とはA級戦犯铃木贞一中将、北支那憲兵司令官加藤泊治郎中将、東京憲兵隊長四方諒2少将;「四愚」は、A級戦犯木村兵太郎大将、佐藤贤ました中将、陸軍省軍務局長真田はめ一郎少将、陸軍省軍務科の課長の赤松本当に雄大佐)。

東条英機自殺罪を恐れる

東条に甘んじない失敗しようと、最後のあがき、天皇に提出し总参自分の職務を長、海軍の友達は海太郎は島の会兼任軍令部長、実施海陸軍指導の一元化を補う、政略や戦略、海軍と陸軍ない現象。天皇の合意の下、彼は明治憲法下の権利の最大の一人、政敵と称される幕府の将軍東条だが、彼がこの地位を維持するだけもないごヶ月。抜け出すため受動、東条英機は1944年いち月危ない橋を渡る地から「一号作戦」計画、命令華日本軍を貫通して大陸を縦断の平汉、粤漢和湘桂鉄道交通線を脱アメリカ海軍の封鎖させ、南洋の日本軍の補給を獲得。豫湘桂戦役自よんしよ月てはちヶ月にわたって、国民党の正規軍ごじゅう万日本軍を潰そうと、140以上の都市に陥落する。これは日本のファッショの亡も前の最後の戦いは、クリアした大陸交通線が、日本軍はすでに無力この路線を固める。
東条英機見ないこの戦役の結果が失脚したから、米軍ろく月じゅうろく日から攻撃マリアナ諸島。攻撃を開始東条所定の絶対国防圏。でマリアナ沖海戦の中で、小沢治三郎指揮者の日本連合艦隊再び惨敗、陸軍航空機の損失を尽くす。絶望の日本太平洋艦隊司令官南云忠1陸上で腹を切開する。
ななしち月きゅう、く日、米軍が占領する軍事要地サイパン島。B-29爆撃機群から直接空襲日本本土。戦場の失敗の連続加速した国内反対勢力の倒閣風潮。
ななしち月じゅうはち日、天皇を失った信頼の東条英機で開かれた最後の閣議後に木戸幸一大臣に提出した首相の辞任の本。同日、辞めて参謀総長の職(梅津美治郎大将同日に)、続々と陸軍大臣を辞任、内務大臣、軍需大臣の職に予備役。22日、彼は全国に正式発表を辞める首相の職務。
1945年はち月、日本の無条件降伏宣言、
1945年きゅう、く月じゅういち日、米英などの国に排出される日本の戦犯で第1陣のA級戦犯手配リストの一番上に東条英機見て庭の外の連合軍警察(M・P)に住所、当時ヒトラーで贈るヴァルター自動拳銃の心臓に発砲(数日前、東条英機がかつて自分の専属医師で木炭画である胸の心臓部をかいた杯の大きさの丸)が、左利きで心臓奇形原因、弾を外れた、肺が通った。アメリカ大兵突入室内時、東条は死に、輸血を救った東条後、東条自分に向かって心臓発砲自殺は「他人のために自分の顔が見えて、それによって知っている彼は死んでいた」。彼にその自殺未遂事件、アメリカ『クリスチャンサイエンスモニター評は「ただを失った信用、振られたやつの最後の恥」だ。三ヶ月後、負傷退院の東条に直接日本東京を巢鴨刑務所

東条英機辞任する

アメリカ潜水艦戦を強化し、日本の艦船の損失が増えて。北にはニミッツ海軍大将指揮の米軍は1943年にはち月が消滅したアリューシャン列島の全日本軍;南に、米軍を攻略したとしてソロモン諸島ニューギニア島;太平洋中部、米軍は前後を攻略したマーシャル諸島、ギルバート諸島やマリアナ諸島。
中国では抗日軍民の戦場、力が絶えず強化と強大になって、人民の武装ベトナム戦争が強く、彼らに反撃している/さん以上の支那派遣軍と90%以上の傀儡軍、彼らは続けて「掃討」粉々に日本軍を始めた局部の反攻を解放区が徐々に回復と拡大。支那派遣軍ますますと中国共産党の指導の八路軍、新四軍はやっと自分の強敵にもなるかもしれません自分の墓掘り人夫。
一連の敗戦によるどんどん人が待ち望ん東条自殺、しかもたい人も暗殺東条。海軍中将高木らと機関銃で待ち伏せ東条;陸軍も一枚岩ではあるまいし、ちょうど中国から戻る大本営の津野田少佐、東アジア連合会長は東京分会牛嶋熊と一緒に、祝田皇居前広場で近くの陰謀に東条の自動車を置いて遅い速度に彼に1枚の特製投げ爆弾の靑酸。

東条英機法廷の上に

日本の大量の戦争犯罪は、東条英機ライセンスの、
1946年じゅういち月きゅう、く日東条英機真剣に読んで起訴状1946年じゅういち月きゅう、く日東条英機真剣に読んで起訴状
だから東条英機普遍的とはアジアで戦争が死亡した千万平民、虐待されている万捕虜連合軍、および研究生物兵器を使用する最高責任を負って。
1946年じゅういち月きゅう、く日A級戦犯元日本首相東条英機(左図の左)は東京裁判の一室で、その関係を読みふける戦争犯罪の起訴状。戦争の間、東条気勢をあげる、しかし裁判を受けるの過程の中で、東条は比較的にその他の戦犯の表現、死を恐れず。
1946~1948年を受け極東国際軍事裁判裁判は、獄中で、他A級戦犯と話し、東条、一人しかに書いて自分の供述と弁護申立て
法廷で、全ての罪で55項、
法廷で裁判の東条英機法廷で裁判の東条英機
東条は、最も多いのが54条の多くが数首魁。1948年じゅういち月じゅうに日東条英機れた極東国際軍事裁判で有罪の戦争を発動し、他国を侵略などの罪で死刑;1948年じゅうに月23日絞首刑執行され。焚尸後アメリカ大兵遺骨トス、海が、担当焚尸の三文字、飛田和市川は、骨を全部入れて箱、米軍。三文字、飛田和市川に来て松井石根建物の興亜観音寺を渡し、伊丹夫婦の殘りの部分の遺骨、伊丹夫婦その秘密を保管する。じゅう年後に堂々と「七士の碑」から、首相吉田茂書い碑名。東条英機位牌祭られて日本で靖国神社内。

東条英機死を認めない

東条英機絞首刑前も未罪を認める。日本の軍国主義の癌は根本クリア、今日まで死灰復燃ゆ勢いがある。慰安婦問題で、労働問題や歴史教科書問題などにも客観的史実に背いた。

東条英機主な犯罪

東条英機剿義勇軍

頭の三脚蹴りの後、東条英機自分に満足を感じです、
東条英機東条英機
彼が実現したいもっと大きな野望を実施しなければならない、彼はさらに第4歩計画:実権をつかむ。は東条英機就任前の月、すなわち1935年はち月、関東軍討伐のために中国共産党東北地方の抗日武装力、かつて制定1部の《治安粛を計画している」、偽りの奉天、安東吉林省間嶋浜江五省区を重点として、私を殺す力を一挙に抗日。東条英機就任時、ちょうど関東軍実施計画の肝心な時に。時機を見拠え、東条英機決定を討伐私抗日武装力を突破口を開け、憲兵隊に新しい局面。そこで、彼は関東軍司令部に報告した彼は就任後初めての施政綱領:いち.日いっぱいで警察機関で「思想」対策専門機関を確立し、これを強化し、中国共産党の政治弾圧。この専門機関関東軍べき憲兵隊司令官を指揮、その監督「満州国」警察機関の権力を変え、従来特に高い授業と司法授業担当管粛と手分けして拘束した「2枚の皮」現象で、渋滯でこの方面の脆弱性、和合のさまざまな矛盾が出てくる可能性。に.は浜江、三江、吉林、間島、安東、奉天6省やハルビン、チチハル、新京奉天大連5大都市を中心に、配置が各地での臨時憲兵機構制度化、憲兵の役割を十分に発揮する、打撃力満抗日反。さん.日いっぱいの各機関「思想対策」に従事する必要経費は関東軍憲兵司令官の統一管理と支配。この「マニフェスト」が露見した東条英機急を独占し関東軍「治安粛正大権の野望。この機会に、彼は朝駆けの駄賃に監督と実行、財務三権はすべて把持手の間。権力を握っている後、東条英機いっそう得意満面。彼は探して当時の満州傀儡政権軍政部最高顧問の佐々木から始め、秘密企画「剿匪」について。
1936年じゅう月いち日、佐々木まで自ら日本の軍事顧問団を数十人、計出動満州傀儡政権じゅういち個旅団、約25、000人。
東大討伐に道を実施し、1937年さん月26日、通化、集安、臨江県境の虎屋根の上、王凤阁率いる抗日助け国軍と敵を展開したじゅうご時間の激戦、最後についに多勢に無勢で、敵軍捕虜。東の道が「独立大討伐」を東条英機一夜有名になる。何千と無実を踏んで抗日将兵庶民のだらけ白骨て、関東軍参謀長の位置の東条英機、もう抑えられないその盛んな野望ました。

東条英機二六事件

1936年2月26日に朝、「反乱の失敗」は結局、「制御派」を獲得した「皇道派」の圧倒的優位。東条英機弾圧中国東北人民の抗日武装「満洲の治安回復」の「成果」や「二・二六事件」で天皇の忠誠心を表現し、彼のために勝った軍部中央の支持とおほめ。
1936年じゅうに月いち日東条英機昇進した陸軍中将。
1937年さん月、東条英機引き継ぐ板垣徴4郎登に関東軍参謀長の座。

東条英機心の侵略

東条英機を参謀長の関東軍姿勢が鮮明に強硬派の立場を支持して、彼らは中国軍に入ってハルは満州国脅威を口実に、強く求め参謀本部をその華北に攻勢をかける。関東軍のこの態度は強硬派にとって、自然は願ってもない。探り出す強硬派内実東条英機、再び「剃刀」スタイルを発揮して、事後報告――彼は未参謀本部許可の場合は、あらかじめ派遣部隊に1本察哈爾方向からして制造偽り事件。はち月中旬まで、中ソ不可侵条約が結ばれ、これで東条英機もっと強硬論の根拠を見つけた。そして、関東軍連日開かれた会議で、東条英機公然攻撃を探してハル理論の根拠として「この攻撃の主な目的は、まとめて3点:第一に、中国の列日政策を変更することができます;第2、防止共産勢力のさらなる壮大;第三に寄与華北の経済開発。もしこの3点の目的を達成することができない、すなわち帝国の安全保障。」
左からプラーモート、张景惠、汪精衛、東条左からプラーモート、张景惠、汪精衛、東条
一方、関東軍独自擬定した「時局処理綱要」を発動し、全面的に武力侵攻を膺懲南京政府殲滅北上する中央軍など5条方針を明記し、「地方政権を図る満州と地続き地区の明らかに備え、準に蘇作戦、前方の安全確保重要そのため、「せめて、河北省、山東省察哈爾を徹底的に独立。」その意図は非常に明確にし、すなわち今回の中日対立を利用して、一挙に華北地域で傀儡政権を、これを中国へと発展の分割を防ぎ、抗日力統一戦線を結ぶ、日本への脅威に影響を与える、そのソ作戦の準備。この情況の下で、日本の参謀本部に同意した関東軍提出の察哈爾作戦の要請。でも、事態の発展につれて、閣議で、外相広田の提出が拡大しない事態の主張、蔵相と述べた贺屋兴宣財政から広がる事態を後に日本が直面しての財政困難。実際の情況は、関東軍はウマたづなから逃れるように行われており、従順時局の発展のほかに方法がない。この時、東条英機ウズウズ。をよそに「中央の指示」を網羅、直ちに漢奸、打ち出した察南自治政権のブランド。日本軍の「宣撫」も仕事するのがとても「直ちに所定の位置につく」。で張家口戦役終瞭後、彼らは迅速に編纂された曲を東条英機頌するの軍歌:熱河東風巻塵砂、モンゴル高原牧草芳、挥师進出で張北、夜襲万里の長城無反対、塹壕散る夜来香。八角台に進水魁、湯淺十二旅団川、真っ直ぐに合わせ、神速攻略張家口。木犀郁香ブドウ甘い、察南自治は立て。

東条英機蒙疆兵団

その後、東条英機乗りかかった船を率いて、彼は基礎が原作の「蒙疆兵団」、引き続き中国に進。
1937年きゅう、く月じゅうさん日、関東軍独立混成第いち旅団攻略大同、24日、攻略集宁包頭。東条英機察哈爾地区指揮の一連の戦いは、「関東軍電撃戦」の典型的な戦役、東条英機の砂漠作戦ルート、神速推進や、延々と続く数百裏の後方連絡補給線、更には日本の陸軍作戦史上の端緒を開くの作。さすがの東条の宿敵石原莞爾もないその表現を与えたが限度に認め、陸軍省次官梅津美治郎も「関東軍の功績は、有能な東アジア条参謀長。」察哈爾の戦いによって東条英機のだけではなく、名声がではなく、その能力の肯定、日本大本営に授与した「東条七七」事変後日本の中国侵略戦争の中の第1枚の二級「金鵄勲章」。それ以来、東条英機が日本のファッショの軍閥の道に向かって一歩一歩ピーク衝撃。

東条英機戦争の拡大

1941年じゅうに月ななしち日、東条を発表後と派野村吉三郎を偽交渉の同時に、日本軍連合艦隊山本五十六派南云忠1奇襲率いる艦隊アメリカ海軍基地真珠灣、重傷をアメリカ太平洋艦隊。翌日、米英荷などの対日宣戦、太平洋戦争爆発。
ほとんど同時に、日本軍の開始に向けてタイマラヤフィリピンなどの東南アジアの国や太平洋諸島は攻撃を全面的に実施する前々からたくらんでいた「南進計画。やがて、シンガポールマレーシア相前後して日本軍の手に、フィリピンも全土陥落。翌年さん月、日本軍が侵攻オランダ領東インド現地の石油、制御及びその他の鉱物物産、オランダ軍は人が多いが、兵力分布、インドネシアの数百の島で、日本軍による個別に包囲攻撃撃破され、アメリカ、イギリス、オランダなどの東南アジアの各地の駐留軍
大東亜共栄圏最大範囲大東亜共栄圏最大範囲
隊などの敗退。で半年の時間内に、日本に侵攻した東南アジア、太平洋諸島近く380万平方キロの広大な土地、陥落地区の人口は1 . 5億衆。
1942年ろく月、ミッドウェイ海戦日本軍は大敗。海軍からの隠し、首相としての東条が知らされて、全然知らない、
1943年初頭に侵入し、瓜島の日本軍が更に重傷を負わせられ。直後に海軍前後2位連合艦隊司令山本五十六と古贺峰一が戦死し、米空母機動部隊が突入で太平洋潜水艦、狼の群れて右往左往するように、あちこち撃瀋日本の商船、日本の戦争大量出血を補充できない機械。日本軍に入ることを止めないでの敗退衰運中、東条英機内閣の戦争もある(情勢が非常に不安定に戦後東条と日本の失敗の三大要素は米軍の狼の群戦術空母機動群として、急速に跳び島戦術)。

東条英機人物紛争

靑年時代、東条言った:"私は賢くない限り、私は特に努力が、私は偉人。高級将校'になった後に、彼はまたそう言った:」の努力と勤勉に仕事は私の一生の友達、私ただ1人の平凡な人で、優れた才能を備えていない。彼のあだ名は「剃刀とは、彼は轻剑ような鋭い頭脳と個性。東条非常に実用的、曖昧なが好きではない、理解しにくいやまわりくどい行為。彼は明確にして、思い切って、率直に、忠誠で単純。はいいの行政官は天才や先見の明がある政治家。彼に批判的な人は偽善、焦り、許さない、鼻先分別、ベテラン、性質が悪い、愛虚栄、ずさん、愛を感動して、ますます専横で自負。それでも、人々はと彼は承諾を守る人。彼の晩年、彼はなくなりそう素直と単純ではなく、もっともっと偏屈な傲慢。にもかかわらず、彼は絶対なしえないことの能力と驚異的な記憶力。しかし彼は決して欧米国家の思っているような独裁者。甚だしきに至っては戦争の時期にもそう。日本の統治方法、彼は更にの委員会の主席。彼の制裁をとることができる方法は監視や強制や人を強制追放入隊、異動職務などの報復行動。
東条英機と妻子東条英機と妻子
普通は東条のは第二次世界大戦3元凶の一つが、東条の権利とヒトラー根本法と比べ、ムッソリーニに比べて、彼もまた後者のファッショの政党と上杉軍が褐色、為政にじゅう年、イタリア国王の職務の時も解除ベニト・ムッソリーニ搞クーデターの形式、東条は天皇が首相になるのを選んで、拝命の直前に彼は自分以外にされ解職務外放、政権も不足さん年、いったん失ったら天皇の信頼、抵抗の能力もない、誰にも思わない一つの退陣を首相が大きな力。主張昭和天皇負って戦争責任者は、によって大日本帝国憲法昭和天皇が本当に持つ実権の最高指導者、東条英機次期総理大臣を前に、日本は中国を侵略してとても長い時間のため、殺害平民、中国とアメリカ軍は事実だが、東条できるわけではないことを侵略行動の人、東条英機は適応昭和天皇意誌の執行命令は、東条英機列をきっての戦犯は連合軍が無能裁判は日本の天皇の情況の下で発売して人の罪を被るの。
知っていて、日本国憲法では、首相は管ない軍事(前の彼と近衛文麿後の小磯国昭すべてを証明している点)、東条が兼任陸軍大臣会議参加大本営才能も、ただ主管軍政は、このひとつの後方勤務の人事。作戦時は軍令システムは、総参謀長の管轄範囲で、東条兼任総参謀長も数カ月しかない、決まったこと、打ち抜き大陸交通線、そして失脚した。一般の人が東条内閣の人気が、東条内閣がこんなに長く政権は、天皇からかなり信頼東条.東条は元来尊皇の心に満ちた人物ではなく、首相を務めた時も、政務を、軍務のポイントをわかりやすく上奏に日皇、誠心誠意の答えも天皇の問題に対して解決するため、三ヶ月中国事変の総参謀長杉山元と何度プラスのおかげで撃瀋サラ軍令部長永野修身東条はひとしお誠実、深い天皇の歓心を買う。は東条には首相がこの職務につながる、彼が倒れるのは彼の訂正の二大弊害は、日本の政治制度の弊害と悪化の戦局。政治家、官僚、工業家競い合い、東条たとえ権利の最大の時に手をかけなくても海軍。もちろん、たとえ彼が天皇の権利も止められないアメリカ潜水艦を撃瀋し日本の輸送船が、戦いに負けますとしても、総は天皇を責任、そこで彼だけ辞任。

東条英機後世に影響

東条英機は死んでも認めない、日本軍国主義が癌で抜本的な粛清。日本だけでなく、多くのより後継首相がブラント
祁連カラカシュ東条英機局部謝罪図祁連カラカシュ東条英機局部謝罪図
のひざまずいて、かえってしきりに「拝鬼」。これで大きな被害を受けた東南アジア諸国、特に中国、韓国が日本に対して謝罪の訴えがますます強くなる。中国海口が東条英機土下座謝罪彫刻、」を研鑑。日本の軍国主義と発動死灰復燃ゆ、人類の歴史上最も悲惨の中国侵略戦争によって、我が国の人を超える3500万沒する非業の血の記憶に加え、各条英機絞首刑を拒否する前と日本政府は拒否謝罪など背景条件、「東条英機謝罪図」登場持ってた民族性と歴史性。有名な歴史学者、南京大虐殺研究所所長张宪文教授は、日本軍国主義の侵略の歴史を改竄どう美化、どんな教科書にも関わらず、日本の軍国主義をを渡して人類の歴史上最も悲惨災難があり、南京大虐殺史実証拠は五万と有る、変わらない!ただ人類はまだこの星に繁派生クーポンは、日本軍国主義が中国の歴史を横領欠けていない。人間永遠忘れない一番血の最も暗い記憶、これはすべての民族の天性良識。この角度から言って、“東条英機謝罪図」を超えた四大の奇石の象形価値、彼女が含まれた民族のコンプレックスと歴史的意義深いで古い。著名な学者刘再复感慨:この図案東条英機謝罪顔よりはまだのようなことは国宝級のコレクションです!「本当に神霊験を現す。日本の軍国主義の生死が認めない、神はこの玉の代わりに罪を認めたように。」専門家は、「東条英機謝罪図」は現在、発見した最も価値ある一枚の奇石、と言われる中国第一の奇石市場価値、超じゅう億。

東条英機家庭環境

東条英機1884年じゅうに月さんじゅう日(明治じゅうななじゅうしち年)生まれ
東条英機東条英機
岩手県武士家庭。その生まれてすぐ、家族が東京に移って。父東条英教日本陸軍中将は大学の第1期のチーフの卒業生で、ドイツ梅克尔少佐の愛弟子。参加した日清戦争と日露戦争を著し兵法「戦術麓の塵』。東条英機家の中には長男だが、事実上、彼は東条英教と妻の徳永千歳に生の三番目の息子の前に生の二人の子供は病気で死んでしまった、東条英機のようになってしまった家の長男。