琅華館帖

『琅華館帖」は1958年に当時のハナム省洛寧県陈吴公社新寨村张鼎延旧家遺跡の発見。帖の石は漢白玉十二側条石を敷いて、長方形、幅0.3m、長い0 . 62――0.98m不等、厚さ約0.12m。帖石侧を約2.5m平方、深さ約0.7mのれんが方池内、二石間が交互にレンガを防ぐため、ように衝突しての二石。石面(ロール縦書き文字)に刻まれ、両面刻者八方片面四方で十二時者、側は、篆刻二面。かつて散逸民間という二つもした底飼い葉おけ槽。
琅華館帖
全帖分、2冊。一冊两千八百余字、2冊三千三百余字。が、行書、草書細字の楷書の3種類の書体。その内容はほとんど王铎とその縁戚张鼎延往来手紙と聚谈唱和作。は张飞卿を刻む。