日本の軍国主義

日本帝国主義から1868年の明治維新以降形成して発展して、その思想の淵源は古代、中世の日本武士道精神。軍国主義で意識を支配下に武士道、シガテラ制御と日本国民の思想のツールとして、対外的には狂気の拡張、侵略の道に足を踏み入れアジア諸国と共に、日本民族に導いて災難となり、侵略戦争の悪の源。
日本の軍国主義

日本の軍国主義基本情報

日本では「明治維新」た後に形成の軍隊に対する実行「武士道精神」、対外拡張侵略の一種の反動思潮。

日本の軍国主義簡介

日本の近代帝国主義の発展は3段階分けます:
第1段階は育みの段階の形成、明治政府が成立してから西南戦争終瞭の1877年。この間、日本の確立と固めた天皇中心の中央集権政府は、軍国主義の構築経済の基礎設立の軍国主義の武装警察、刑務所から実行し、対外侵略の拡張。
第二段階は近代日本の軍国主義体制を完全に確立して段階。は陸軍卿山県有朋発表「軍人戒め』と『参謀本部条例」の1878年から日本の発動日清戦争1894年の。この時期に、日本の政治、軍事、経済、文化の思想の各分野にも軍国主義体制が確立されてから。
第3段階は発展と発展の段階。日清戦争から後の1895年からファシズム軍国主義败亡の1945年。日本の近代の軍国主義が確立し、ほぼすべてご年対外用兵一度まで、徹底的に败亡。1936年ファシスト階段は、近代日本軍国主義の極端な表現形式。
今日の日本の軍国主義は依然として殘って、右翼勢力を極力抹殺大戦に犯したとてつもない大罪、侵略の美化、神社にお参りしなど。を招いたアジアや世界の猛反発。

日本の軍国主義根源

日本武士道日本軍国主義の思想淵源、武士道は日本の武士の人生観や世界観は、武士の義務と責任を含め、君主、忠誠をあがめ武と絶対服従など封建道徳規範及び行為準則。武士道は日本政治と社会生活各方面の影響は非常に深いため、日本は軍国主義思想文化伝統。
日本の近代の軍国主義の源は古代日本中世の武士、武家政権や武士道精神。日本の武士はちで生まれ、きゅう、く世紀、経済発展とともに封建階級関係の変化は、じゅういち世紀から政界に打って出る。

日本の軍国主義構成

日本軍国主義の幽霊再現日本軍国主義の幽霊再現
武士は1192年グループリーダー源頼朝が「任命された天皇権力が人の手に渡る」を「徴夷大将軍」を構築し、鎌倉幕府(鎌倉地区を大将軍府)をマーク、武士階級を掌握した地方から中央まで各級の国家政権。鎌倉幕府は日本一の武家政権の政権基盤遠徴して、それから、殺伐とした武士階級に支配階級は(676年。1336年足利尊氏創立する足利将軍家第2の武家政権で徳川家康は1603年に創立した江戸幕府は第三のも最後の武家政権。日本の武士階级は作戦殺伐を職業になって古代、中世の軍国主義の吹聴者にも、自然は軍国主義体制と政策の制定者と推進者。日本の武士階級は近くにわたる700年の幕府時代には、徐々に発展していくと形成された武士道。武士道つまり、武士の精神であり、武士の人生観、世界観、武士の尽くすべき義務と役割など封建道徳規範と行為準則。导源は神道、仏教、儒教の日本武士道を経験しました。江戸時代新型の武士道と明治維新後に転化して近代軍人精神の武士道の三大段階、近世日本軍国主義の重要な構成部分。
また、日本の対外侵略の思想もまさに“歴史が長い」。早く日本では、古くはすでにについて神功皇後伝説の神話や伝説、つまり彼女西暦210年討伐新羅(北朝鮮南部の古国)、三回用兵大勝。その後の統治者はあおる神功皇後开疆拓土の武功を挙げ、尊重して。

日本の軍国主義歴史

日本軍国主義の幽霊再現日本軍国主義の幽霊再現
じゅうろく世紀末まで、日本が実効支配者豊臣秀吉初进占討伐北朝鮮、中国、インド、アジア制覇をの生意気に計画し、1592 1596年、二次出兵朝鮮を侵略。豊臣の拡張思想と侵略の野望の大きさ、集日本の統治者の大成を達成、空前の程度。
豊臣の後、日本の支配者及び多くの思想家を続け、その計画を、その思想宣揚により、日本の対外侵略思想の300年間でますます荒れ狂って延々と続く。じゅうはち世紀から80、90年代から、力を提唱して「海上防衛論」、「開国論」、「海外雄飛論」や「攘夷論」の日本経世学者や維新運動の先駆者たち、例えば林の平、本多利明、佐藤手紙淵、藤田奥深い穀、会沢不安吉田松陰などの代表的な人物は、対外拡張思想大ぶろしきを広げる。これらは近代日本軍国主義の思想の重要な源。
同時に、日本軍国主義がも存在している深い社会の基礎。

日本の軍国主義背景

日本の軍国主義改革を徹底しない

日本の明治維新場ブルジョア革命と改革の徹底性。政治を統制大権が多いのは封建武士の出身者で、武
日本の中国侵略日本の中国侵略
士道精神受け継がれと発展。古武士のレベルが存在しない、いくつかの資産階級化した「新武士」(士族各分野で活躍を主導力。1871年の時、中央きゅう、く省(部)の官吏は士族87%にまで1880年時、中央と地方の官吏の74 %は士族。支配グループの中は武士の出身者が多く、最も有名なの「維新の三傑大久保利通、西郷隆盛、木戸孝允や独占政権ごじゅう年近くの伊藤博文、山県有朋、松方正义などは旧武士の出身。大正時代の首相原敬昭和の時代、加藤高明、軍部ファッショリーダー東条英機1割、宇垣、板垣徴四郎などもは士族出身。士族と士族出身者がごく自然に日本軍国主義の発生の発展を推進する社会の主な力。
経済要因は、土地税改革と士族授産などの改革を農村土地制度(寄生地主制が殘る濃厚封建遺制、農村部では「国内植民地」のため、国内市場の狭隘。を大量に士族生きられないで明治政権に不満、支配階級は対外侵略の拡張の農民は不満を抱く、士族不満の海外遠徴に導くさせようと軍国日本の基本的な社会の力。

日本の軍国主義スタート時刻が遅い

日本資本主義初期の晩に、が迅速に発展して軍事の封建帝国主義。日本民族の独立を実現し、脱植民地に半植民地危機は、東北アジアの隣国で弱い領土拡張と武力侵略を重要な手段の。まさに自分を迅速に転化して圧迫民族が日本の躍進を迎えました。
明治政府が推進する「富国強兵”、“殖産興業」と「文明開化」の三大政策、“富国強兵」は主体は、諸政策の曲。「强兵富国」路線の推進のため、日本の工業化の実現である産業革命完成は侵略と中、朝の日清戦争日露戦争につながっている。日本に滯在の急速な独占資本主義過渡より、侵略戦争の束が一緒に、日本の軍事の封建帝国主義の本質と特徴をされ、日本を軍事、戦争の軌道に入ってから、戦争への悪循環により大戦争。

日本の軍国主義無制約

日本の内外無制約と抑制軍国主義の発展の情勢と力。日本国内であった三回民主運動高潮、つまり自由民権運動大正の民主化運動と護憲三派闘争、反ファシズム闘争が、皆が失敗し、日本の対外侵略時、しばしばは比較的に簡単に冒険はその手が、もっと刺激に軍国主義の道を疾走する。

日本の軍国主義発展

日本軍国主義の発展、あくまでを途切れることのない狂気の侵略戦争で進めた。1894年の挑発中日の日清戦争としては、1900年八国連合軍中国の主力侵害、1904年発動日露戦争に参加し、1914年に第一次世界大戦に、後は出兵するシベリア1931年で発動した九一八事変、1937年横暴にも全面侵略戦争発動、1941年の挑発太平洋戦争。日本の侵略戦争を通して、巨額の賠償金を獲得し、略奪した占領された国の大量の富を射止めました、広い地面、その「大東亜共栄圏夢がかなうように。1931年、日本国内の支配を強化したにファシズム段階。この段階では、日本の軍国主義体制が最も完備して、表現が最狂、日本軍国主義の発展の頂上まで、そして直面するのは淵。中国人民と世界各国人民の共同攻撃で、日本軍国主義は1945年きゅう、く月徹底的に崩壊した。
日本軍国主義の形成、発展と同期の台頭は日本。大きく分けて3段階。
近代日本の軍国主義の第一段階の段階の形成はよう、おおむね1868年の明治政府成立から西南戦争終瞭の1877年。このじゅう年の中で、日本の確立と固めた天皇中心の中央集権の政府は、軍国主義の経済基礎を築いて、軍国主義の武装警察、刑務所から実行し、対外侵略の拡張、マークを初歩的に形成した日本の近代の軍国主義。
第二段階は近代日本の軍国主義体制を完全に確立して段階。おおむね陸軍卿(国防長官)山県有朋発表「軍人戒め』と『参謀本部条例」の締結1878年から『日英新通商航海条約》を発動中、朝鮮を侵略し、侵略の日清戦争の1894年。その間、1881年創立憲兵制度をリリースし「軍人勅諭」、1889年公布『大日本帝国憲法』、1890年発布《教育勅語』、1893年軍部の形成などはすべてその道標。日本の政治、軍事、経済、文化の思想の各分野から軍国主義体制の確立。
第3段階は発展と発展の段階。あたりから日清戦争後の1895年からファッショ軍国主義確立の1936年またはその败亡の1945年まで。日本の近代の軍国主義確立後から絶えず戦争へと戦争は、ほぼ5年ごとに対外用兵一度まで、それを徹底的败亡。1936年「二・二六」クーデターマークファシスト階段は、近代日本軍国主義の極端な表現形式。ファシズム確立は、日本軍国主義の最高の形。

日本の軍国主義特徴

一、軍事の封建帝国主義。日本軍国主義の軍事的や封建的な特徴を貫いている近代日本軍国主義の全体の歴史の時期。
二、世界で最も典型的な軍国主義。プロイセンドイツと日本は二つの典型的な軍国主義国。近代日本の軍国主義は、勉強プロイセンドイツ軍国主義の基礎の上に形成された、集中東西軍国主義の特徴から、世界で最も典型的な軍国主義。
三、近代天皇制軍国主義。近代天皇制自体が日本軍国主義の重要な構成部分。このシステムでは、天皇は「兵馬大元帥」、軍は「皇軍」、兵士の一途を天皇でなければならない。
四、軍統帥権独立を保障し、軍事力の発展を受けない軍のほか勢力ぐらい、軍部は簡単に制約軍のほかの勢力のため、もっと仁王立ち。
五、軍国主義教育のシステム化、体制化、あらゆる措置を強化軍国主義をとるイデオロギー
六、を設立した軍人全体主義統制体制となり、ファシズム。

日本の軍国主義影響

日本軍国主義とドイツファシズムに与えて世界の人民は深刻な災難の1種のイデオロギー。から明治維新第二次世界大戦、日本軍国主義がずっと奉行戦略、あちこち侵略の拡張は特に、第二次世界大戦中、日本のアジア国家と人民に多大なダメージ。それでも終戦後アメリカ占領当局が日本に対して平和を改造して、しかし軍国主義勢力を抜本的に根絶しない。戦後以来、日本軍国主義が日本国内の政治右傾化し思潮で表現する明らかで、これらの右翼勢力として活躍する日本の政界と社会各分野では、日本の侵略戦争を美化して歴史教科書事件と戦後を改正日本国憲法などは軍国主義の招魂。日本の右翼勢力荒れ狂って、軍国主義の魂がこの世に殘るその深い根源それを脅かし、日本庶民の安寧生活は、現代の日本の社会の1粒の下請けを根絶しにくい。
まず、日本軍国主義がその濃厚な歴史の根源。日本は軍事封建色は非常に濃厚な島国で、が脈々と受け継がれてきた伝統皇国の戦略思考。日本では歴代の拡張、侵略中心の理論は軍国主義の形成に提供した理論の基礎で、日本の長期の内戦と対外拡張実踐を育む軍国主義の肥沃な歴史土壌。拡張政策と戦略の組み合わせが日本軍国主義の歴史の実踐の中で絶えず、この軍国主義を深化と向上、固有の歴史の特性はそれに終戦後は不覚にくいが根本から一掃され。
次に、日本軍国主義が深い社会の根源。一方、天皇制の確立を日本軍国主義制度の基礎を提供して、神の道教は日本軍国主義に普及させ、日本人の心の中に浸透し、軍国主義を宣伝の元気なツール。
両者の組み合わせの軍国主義を広める一般日本民衆の認可を得。一方、百年は来て深い日本民族の心の上の武士道は軍国主義になるように極の後押しする力。奇形の発展武士道精神は日本の軍国主義になると一体になって、平和を脅かす危険要素。
最後に、日本の民族の特性が決まった軍国主義の存在。言うことができて、日本の軍国主義と日本民族主義と密接な関係がある。唯我独尊日本人の特徴を発生させる民族優越感と「日本中心論」の観念。このような民族の特性を帯びて拡張の生意気な性質自分ので、極端に向かって、民族主義を招きやすい軍国主義の形成。
このように、日本の軍国主義と言ってもすぎて日本の特色の中に、すでに日本に影響の一種の総合性の歴史の積み重ね、この短期間には消えないと変える。それは漂う靖国神社週囲の幽霊のように、日本の上空をる気!