終戦の詔書

終戦の詔書』(日語:大東亜戦争終結ノ詔書)れ、『停戦詔書』。とは、日本昭和天皇第二次世界大戦末期の署名の受け入れを表明美しい、英、中、ソ四国でポツダム会議で発表した『ポツダム公告』、同意無条件降伏詔書。これとされている日本公式を受けポツダム公告』、『発表降伏の兆し。
終戦の詔書
「終戦の詔書』は、1945年はち月じゅうよん日、昭和天皇自らを録音を読み上げ、はち月じゅうご日を通じて日本放送協会正式の対外放送。これは日本の天皇の声が日本に初めて公開放送。天皇の敬称を録音「お便り」、「放送」は日本語の「ラジオ」の意味と「玉音放送」。
日本の昭和天皇は1945年はち月じゅうご日降伏の録音ラジオやレコード盤、2015年はち月いち日初めて公開。

終戦の詔書詔書概括

終戦の詔書内容概要

日本語作者:大東亜戦争終結ノ詔書
仮名:うんだ.とあいませんようたしゅうたけつくしのちょいちょいしようし
主に当時の詔書日本の首相鈴木貫太郎起草する、迫水久よく、川田みずほ、安岡が篤執筆し、他の閣僚も関与した改訂。天皇を勝ち取る為に免除裕仁の戦争責任及び保護日本の天皇制も含め、減らすとして国内の強硬派による危機の可能性。詔書が話を多くの手段で、例えば型糊化日本の侵略戦争の回避実質;日本はアジア諸国への戦争責任を対象に、制限は米、英両国;かつは裕仁日本軍の最高統帥の日本政府に責任転嫁。

終戦の詔書詔書を読み上げる

詔書1945年はち月じゅうよん日は昭和天皇自らを録音を読み上げ、翌日、NHKラジオ、これは日本の天皇の声が日本に初めて一般大衆に放送され、天皇のレコーディングと呼ばれる「玉音」、「放送」は日本語の「ラジオ」の意味と「玉音放送」(仮名:かんなぎ嗎おかきですよローマ字ほどうたうた:Gyokuon-hペンダントsペンダント。

終戦の詔書決定終戦

1945年はち月じゅう日、日本の内閣天皇と裕仁をはち月きゅう、く日の御前会議、最終的に当日午前ろくときは、日本政府の照会中立国スイススウェーデン駐日大使は日本投降の決定に伝えて両国政府は、彼らを届けに電報を経て、江蘇、米、英四国政府。これは一番早くによりますと、日本の降伏の意図。しかし主戦派の少壮士官は東京偽ニュース、この事実を隠そうとする。そこで日本外務省大臣重光葵朝ななしち時さんじゅう分自ら放送で発表された。実は日本最高元首天皇を「未公開ポツダム宣言』に参加し、日本の戦闘アメリカ、ソビエト連邦、中国は依然として彼らの軍事活動を止めないで。世界各国がほとんどの第1時間は日本政府は降伏のニュース。
玉音放送
日本の昭和天皇の裕仁彼の事務室で収録「終戦詔書』。は裕仁天皇もうじゅう日を命じた戦争が、陸軍相を含むアナン惟数、参謀長梅津美治郎、神風特攻队軍団長大西滝治郎などの強硬派と日本前内閣首相米内光政、重光葵、内の大臣木戸幸一鳩派などもできずに関して投降の一緻。
はち月じゅうよん日午前じゅうにさんじゅう分、天皇で開かれた最後の御前会議にはまだ合意の主戦、鳩派、裕仁決定停止命令に喧嘩を求めて内閣首相鈴木起草詔、準備終瞭戦争。最終的には「終戦詔書』終わって筆のうち、1部の拝呈天皇、決定ははち月じゅうご日は世界詔書公告。天皇は真夜中に彼のOffice詔書録音、午前いちに録音時終瞭。大臣に木戸幸一から得た陸軍部が企画反乱のニュース、命令を下したレコード隠れて収録。
はち月じゅうご日未明、終瞭裕仁天皇終戦詔の放送は、陸軍士官竹下正彦、椎崎二郎などの反乱将校を殺した近衛師団森赳中将を借りて近衛師団長の名義で軍事動員令を一度制御皇室の宮殿。しかし、彼らはまだ見つかっていないレコード、東部軍(担当日本関東地区国防事務の日本陸軍)田中さんは静かに大将が収まった反乱(説では裕仁天皇が解決した反乱)、反乱首謀多くの自殺に終わった。じゅうに時、アナウンサーと田信贤リスナーに放つ正時時報後、「玉音放送」日本放送協会放送室放送。

終戦の詔書影響

玉音放送日本民衆はほとんど初めて聞いて天皇の神格化され国の最高首脳の声は、放送後には陸軍相阿南惟数、航空技術部総長寄り添う部が美などの34名将官切腹自殺。ほとんど放送から同じ時間、太平洋戦場ほとんどの戦争は終わった。
そしてアジア陸上戦場、日本軍と各地の武装力の衝突は完全に停止。中国では、一部の支那派遣軍拒否に中国国民党に、中国共産党や東北のソビエト連邦赤軍降伏、様々な軍事行動を続けている。1945年まできゅう、く月に日日本代表はアメリカ戦艦ミズーリ号にサインこそ名義で終わり。
第二次世界大戦について日本では一体降伏は終戦で日本は論議される話題。またいろんな原因により、反ファシズム同盟国よんしよ大国を受けた家は終戦詔書を殘しました天皇制

終戦の詔書詔書テキスト

終戦の詔書中国語版

中国語版は鈴木貫太郎内閣の依頼漢学者川田みずほ起草は次の通り:
朕深く世界の大勢と日本の現状を、非常の措置をし、時局を収拾し、茲爾臣民は命令する、朕が帝国政府をして米、英、中、ソ四国、願いを受けて共同宣言。
帝国臣民の蓋をはかるコーニング分享万邦、共栄の楽、斯は皇祖皇祖皇宗の遗范、また、朕が眷眷忘れない者;前者、帝国が米英の両国に宣戦布告を希求して本当も帝国の自存東アジアにおいて「の安定をこのように、他国の主権を排斥するまで、他国の領土を侵す固非朕の本の誌;然るに交戦已阅、四年には陸海空将兵が勇敢に戦いに長けているが、百官司励精图治1億大衆滅私奉公、柿は乞食に剥かせよ瓜は殿様に剥かせよ、戦局好転し、世界の大勢も私に役立たない。これに加えて、敵は最近殘酷な爆弾を使って、しきりに罪のない人を殺して、痛ましい害所および、実分からない;もし引き続き作戦は、我が民族の滅亡を人類の文明を破壊する。これは、朕はどうして保全亿兆赤子、陈谢于皇祖皇祖皇宗の神である!この朕はだから帝国政府を共同宣言に者も。
朕は帝国とずっと同じ東アジアの解放のための努力の諸締盟国なら、遺憾の念や;帝国臣民の戦いで死んで、殉はらず、異論は横死者遺族は、五臓をともに裂、などとマイナス戦傷、蒙戦禍、失業者の生計家業も、朕が深い轸念者も;今後帝国受けの苦しみ固非正常で、朕も知って爾臣民の至情、然時運の向かい、朕し忍びがたきを忍ぶ、耐に耐え難いと思って、万世の太平。
朕は茲がメンテナンス国体、信倚爾忠良なる爾臣民の赤誠し、常に爾臣民と共。もし夫の情に激、みだりにを端、あるいは同胞は互いに排斥しあう、時局をかき乱しですから迷误大道、不信の義は世界、この朕の所は深くやめる。宜挙国一緻、子孫は聞くところによると、確信神州の不滅。念任重くして道遠し、全力で将来にの建設、篤守道義、誌を固めて使って、八幡発揚国体の精華をしない、後れて世界の進化を眺めて、爾臣民善体朕意。

終戦の詔書日文原版

「終戦の詔書》の全文は日本語の漢字訓読み体で書く。当時天皇の朗読『終戦詔書』の時に、庶民その内容を理解しがたい。原文は次の通り:
朕深く世界の大勢帝国ノノ于:現状より鑑ミ)、とてもノ措置ヲはテレビ時局ヲ片付け」(形動し、茲により-ル爾臣民により訴え忠良ロナ于。
朕ハ帝国政府ヲ形、米・英・本テレビ・蘇四国/形に、そのノ共同宣言を受けノ- 2009 -ヲ通告形動.メリー。
抑えゝ帝国臣民ノ康寧ヲ図リー、万邦共栄ノ楽ヲ諧的/(ハ、皇の祖皇宗ノ遗范/カルテ形、朕ノ拳々措カ-所サイ。以前より米英二国より動-シモン宣戦からも、実なる帝国ノ自存(東アジア)2009 -庶几ヲノ安定、他国より出テノ主権ヲ列領土侵略形的カなどキッズハヲ、固ヨリー朕カ誌なるアイ(2009。然的により四歳/交戦はヲ読み、朕カ陆海将兵形ノ勇战、朕カ百僚有司ノ励精、朕カ一億大衆ノ奉公、各ゝ最も善ヲ尽くし動-ニコニコ的、戦局は拘(形動的的シモン好転し、世界の大勢も私より利ノ「ラブ的。加えて新たなる敵出現殘虐ナイト-爆弾を使って、週波数ニコニコテレビヲ形無辜ヲ破壊形、痛ましい害ノや.所、眞ニコニコ測-カ-ヘ(在ニコニコから-ル。シモンをまだ交戦ヲ継続センチメートル、終/私?カカ民族ノ招く-ノミであっヲ的ナイト(延テノ2009、人類文明ヲシ破は2009ヘ形。斯ノ于出現、朕何」などで亿兆ノ-カヲ赤子ヲ保形、皇の祖皇宗ノ神霊/謝センチメートル?ヤ。朕は帝国政府ヲ形ないカカルテや共同宣言/べき形(ニコニコから天動」からナイト-リー。
朕ハ帝国(共により終始東アジアノ解放により協力動-諸締盟国になる形、殘念ながらノ意味ヲ表センチメートルサイ-ヲがわかって。帝国臣民ニコニコテレビ、戦いにより形形で、職域により、より横死殉じる形ばかり発スタ-者、及びそのノ遺族ニコニコしたいヲ動ハ、五臓をニコニコ裂于。しかも戦傷ヲマイナスヒ、災禍ヲ蒙リー、家業ヲ失ヒスタ-者ノ厚生ニコニコテレビからリーハ、朕ノ于2009 -ルに深い轸念ロナリー。惟.今後帝国により受けヘキッズノ于苦難ハ、固ヨ尋常的によりアイ(リー。爾臣民ノ衷情シモン、朕善于のヲ知-ル。然天(シモン朕ハ時運ノ走于所、堪ヘ難しいキッズヲ堪ヘ忍ヒ難しいキッズヲ忍ヒ、テノをニコニコ太平ヲ万世開カ?)的し。
朕ハ茲国体ヲ公然となる形てテレビ、忠良ナイト-爾臣民ノ熱誠なる信倚形、常なる爾臣民(共により、リー。もし天情形夫ノ激2009 -所、みだりにニコニコヲ滋形や紛争于ハ同胞排除、互ニコニコ時局ヲ乱リー、ニコニコ大道ヲ誤リー、信義ヲ世界/失.ようハ、朕が一番纪念キッズシモンのヲ戒。宜形于擧国家、子孫に伝わる、確保しヘ于ノ不滅ヲ信形于テレビキャスター、長い道の形道远ヲ念ヒ、総力ヲ将来ノ建設より傾くケ、道義ヲ篤于形、誌操ヲコン于形、誓いテノエキス、発揚国体ヲ形世界に運ニコニコ発サイノ後(コミック」(ヲ期的ヘ形。爾臣民、その発グラム于朕カ意味ヲ体動ヨ。

終戦の詔書現代日本語訳文

私は深く世界の大勢のものと日本の現状について、非常にえみ.試験の手段によりってとこの事態を収集しようと思是拾より、忠義で善良な国民に通告するです。
私は日本政府に米国、イギリス、中国、ソに対してポージングさえウイングガンダム宣言を受けけツー?入するとこを通告さんとなれませた。
そのものがそのまま与日本国民の安全を確保して世界の国々とと与に栄える」とを好きです;とする」とは、先祖か就行ってなきた」とであいって、私もそのままのように努力してよりなきたい。まず、米国にイギリスりある□パラダイス布告した理由にも、日本の政治の経済の自立と東亜の安定を願ってってのもあいのでって、他国の主権を侵害した、領土を侵犯したマグニ-加するよような」とは、私たちの意誌もこころんではない。しかしないがさくら、四年間の戦争で、わわ陸海軍将兵になれれの勇敢な戦闘や、官僚シアン務员の勤勉、億国民の努力、そのままれぞれの最善を尽くしていくしたにもかかわさよならず、戦争におおけるる状況は芳しくないく、世界の情勢についても私は々には不利に労働.て有する。そのままれだけではない。敵は、新しいうたに殘虐な爆弾」(原子爆弾」)を使用して、何の罪もない非戦闘員.多くくを殺傷し、そのままの被害はったまま咲く図-のお知らせになれなく。そのままれでもなお戦争を継続コちゃんを救え、最終のには日本民族の滅亡を招くジグザグ、そのうたして人類の文明を破壊されてるとこ与さんとになてってしまうんだたろう。このような事態になのよったとしたら、私はうたさくらなどして人々が子とも言えする多くの国民を守るものたち、先祖の霊に謝罪したい」とするがでなきるだたろうか。この話をそのままれが政府にポージングウイングガンダム宣言にどう対応ツー?るよよう命令した理由である。
私は日本語と与に終始、東亜の植民地解放に協力した友好国に対して、遺憾の意を表ざせらるを得ない。日本国民で戦場でないし、職場で殉職し、悲惨な最期をちょんまげた者と、そのままのままた遺族の話をすると体と考える方がきられた中裂かる思是が加る。さんらに戦場で負傷し、戦禍にあい、家や職場を失っった者の厚生については、私が深い.いく心配です”とこのコントラストである。このように、思れかさくら日本の受けけ”であい苦難は、有うたたろうなままでも咲く大変なもののに会変成“。国民の負けたくな.と.の持ちかうた」私は1981くお知らせっていいる。しかし、私はこのれか就耐えにくい」といい、耐忍をかなえ;難しい」と.を忍んで将来のたために平和を実現しようと思うよ。
私は、この話に国体(天皇制)を守マグニ通して、忠義で善良な国民の真心を信頼し、有つも国民とと与に?る。与し、感情のになてっていいことをしたマグニ争い、国民同士が有的・あいって、国家を混乱に陥って世界的就せらかクレジットを失うよように会変成“」とを私は強情ないく懸念していいる。国民よ、どんどうた結して子孫か団とも咲く、なども固神国日本の不滅をどう、道は遠い手紙.責任の重大なさんがを自し、総合力覚を将来の建設のために傾いた場合、道義心や誌操を固定していく栄光を、日本の再;輝かせらるようた、世界の動きになれなくジグザグに遅れ.ように努力してけよ的な3 rd .ればな。あいなた方国民はうたを持って私のかなどの気持ちを理解して作用んでほどしし。
天皇の署名と印玺ちょいちょい誰有(かんなぎかんなぎどう
昭和二十年八月十四日