下関条約

下関条約』は中国の清朝政府と日本明治政府は1895年よんしよ月じゅうななじゅうしち日(光緒二十年三月二十三日)は、日本で馬関(今山口県下関市)締結した不平等条約で、本名《馬関新約聖書』、『日本と呼ばれる下関条約』や『日清講和条約。「馬関条約署名するマーク日清日中戦争の終わり。中国側の全権代表を李鴻章李经方日本側の全権代表を伊藤博文陸奥宗光
下関条約
条約によって、中国の割譲遼東半島(後三国干渉は遼思いどおりに)した、台灣島及びその付属の各島、澎湖列島日本に日本に賠償億両白銀。中国はまだ増発する沙市重慶、蘇州、杭州貿易をし、日本は中国の許可貿易港投資の工場。
下関条約を日本に莫大な利益を得る、侵略の野望を刺激し、中国の民族危機空前の深刻な、半植民地化の程度は大いに深まり。同条約に適応した帝国主義列強対中資本輸出のため、その後列強を巻き起こした中国の荒波を分割する。

下関条約契約の背景

日本明治維新後、故意に対外拡張、次第に形成した中国侵略を中心に「大陸政策」。その第一歩は攻略台灣併合、第二歩は北朝鮮が第3歩は満蒙進出、第四歩は滅亡の中国、第5歩は徴
甲午の海戦甲午の海戦
服がアジア、世界制覇。1871年、近代中日両国と締結した最初の条約「中日修好置同条約』、第一項:「清国は明記以後、大日本国倍敦や誼、天壌無窮。つまり両国所属邦土も、各礼儀正しく応対して、少しの希望を侵す、永久の安全。」これは平等の条約。日本をよそに「両国が条約で所属邦土……は少し侵す」の規定は1872年に中国に侵入属国琉球1874年に侵入し、中国の領土台灣を通して、まだ「北京专约』を認め、清政府が間接的に琉球を日本の属国し、1879年正式に併合琉球王国改施設を日本の沖縄県。同時に、日本も中国に侵入した別の属国――朝鮮、1875年製造「云扬号事件1876年」、これを口実にした「強制朝鮮平等ではない江華条約』。日本は朝鮮がその後の利用「壬午反乱」と「甲申政変」をさらに拡大する北朝鮮の勢力、排擠朝鮮の元宗主国―中国し、1885年と清政府調印天津会議の条』は、事実上取得した中国とは朝鮮半島対等の地位。その後日本は計画的に投入した全国展開、中国の国力の軍備拡張活動でひとつの「国運に賭け」の戦争。そうで日清日中戦争前に、日本は台灣や朝鮮に手を染めて、一定の進展を取得し、日本では日清戦争勝利や下関条約締結させるのは日本の野望が現実になる。
1894年朝鮮东学党蜂起朝鮮政府が中国にどうぞ兵をきっかけに、日本派の大軍が朝鮮に入るし、日中戦争を仕掛けた日清。日中両軍は陸上の主な戦いが割好きの戦い平壌戦鴨緑江江防戦金の旅の戦い遼東の戦いなど、海上の主な戦いが豊島海戦黄海海戦威海衛の戦いなど、日本軍は基本的に着々と勝利をおさめる。その中で清朝は1894年きゅう、く月平壌戦と黄海海戦で相次いで負け、戦局を崩し、戦場は国外に移転も中国国内で、1895年2月に威海衛戦清朝の失敗、更にさせる北洋艦隊あっさり全滅、清戦い続ける気がない、日本は軍事の圧力を維持し、海陸並行まっしぐらみやこ(今の中国北京)の勢いで、この場合、清はとっくにから1894年じゅう月からを通して日本に求めて欧米列強と、戦争末期、日本も「日清戦争がない無期限を継続し、講和交渉のタイミング朝晩必ず成熟」そのためにも、同意講和。このようにして、中日両国の最終交渉のテーブルに座って、下関プロトコル。

下関条約講和過程

下関条約求と清

朝廷の人物を握って鳩派西太後李鴻章から、戦争を始めさせないつもり
求と主張の皇太後にその拉氏求と主張の皇太後にその拉氏
戦争が続く。平壌戦役黄海での戦いが相次いで失敗した後、1894年きゅう、く月末、西太後新たに起用された彼女は1884年に追放する恭親王盛大な欣司会総理の役所盛大な欣元主張外国屈服じゅう初め;欣乗り出して、請求イギリス連合アメリカロシアと共同調停日中戦争。美しいから、ドイツ、ロシア三国がそれぞれのつもりで、その上日本の拒否、イギリスはじゅう月ろく日に提出の調停提案を得ていないいかなる結果。
1894年じゅういち月初め、日本軍の侵入遼東、戦を中国に火。清大パニックその「龙兴地」に戦災の災いされ、またアメリカ駐回転してください公使田貝調停役を買って出る。その時、アメリカ政府は清政府を詐欺のタイミングは、表示したい仲介「調停」。急いで求めますと、李鴻章恭親王同意の下に派遣したドイツ人つまり、天津を務める税務司徳璀リン自分の代表として日本へとの条件を協議。しかし徳璀琳日本に着いた後、日本人の彼との交渉を拒否し、同時に日本は清政府の派遣要求を通じてアメリカ人を持つ資格の正式全権委員」。

下関条約枚の邵拒否される

日本は
伊藤博文伊藤博文
戦場で連戦連勝が、結局国力有限で、戦争がもたらした消耗をさらに強める日本の普通の人民の負担は、1894年末以来、日本の多くの場所では爆発した農民暴動、社会不安。しかも日本の首相伊藤博文も大切にして西洋彼の態度は、はっきり「西洋列強の腹の中は歓迎しない日本の台頭する日本は清国分食西洋人の利益」。また、伊藤反対を明確にして北京の軍部大本営のまっしぐら「直隷平野作戦計画」は、そうすれば、中国ではなくなる合法政府を起こして対象として、各国の干渉を招いて、しかも冷え込んでの渤海で輸送もとても困難で、彼は1894年じゅうに月よんしよ日建議先攻略する威海衛と台灣として、将来和談のチップ、もし「待春暖時にまだ躊躇しない私に清との意」では、北京に攻めても遅くない。 天皇伊藤の提案を採択しました、少し前までは伊藤の意味によってリコールしている攻撃準備遼東戦場山海関山県有朋。これは年末までの日本が一方的に追求1894もはや軍事勝利ではなく、もとは、清の合意により大きな利益を得る。
この方面の欲望は清朝を強く。当時旅順すでに陥落、西太後日本軍の攻撃を恐れて京津、光緒皇帝らの反対にあって、先にう盛大な欣委託田貝秘密日本に疎通、後は1895年いち月じゅうよん日本格派戸部士郎张荫桓、湖南省巡撫邵友濂その大臣をし、アメリカ招聘国務長官科士达コンサルタント、訪日を。当時の日本は猛攻威海衛ため、軍事上の勝利は、日本の侵略の食欲はとても大きくて、勢いが極めてはびこって、それを感じて、清政府が無条件降伏のチャンスはまだ来ないので、「全権不足」、言い訳広島は清政府の2人を侮辱と代表1番、駆逐帰国。同時に、日本首相伊藤博文が1895年2月2日に駆逐枚、邵二人した時は、清代表団の中で伍廷芳清政府に提出した和談の要求を指名する恭親王あるいは李鴻章充当全権代表。1895年2月にじゅうななじゅうしち日、すなわち日本陥落刘公岛北洋艦隊あっさり全滅の当日、を通じて日本はアメリカ人に清政府に提出しなければならない、賠償金を、地を割く「講和条件」、さもなくば不要派の代表日本へ向かう。

下関条約李鴻章渡日

政府はの為を三回、うち2回派を拒絶され、その時、清政府が非常に恐れのために戦争を継続し、停戦決意を求め、いかなる代価も惜しまない。西太後日本の要求を知った後すぐに召されて直隷総督北洋大臣李鴻章都に入る、任命全権代表訪日講和。李鴻章都に入るから、西太後は病気を口実にするないさ光緒皇帝担当の接見。1895年2月22日にの朝礼で、光緒帝李鴻章とさせる衆臣議論講和のことで、李鴻章に断固反対する地を割く、翁同龢主張できるなら避けて地を割く、巨額の賠償戦费も、面目をすぼに包む。大臣孙毓汶徐用仪現在の状況と迫り、もし日本の領土を裂く?割く条件回避、和平交渉を続けられない。文廷式また主張見習うロシアツァーリアレクサンダー最終的に遷都ナポレオン物語は、要求遷都再戦が、すぐに否決され。李鴻章として「地を割くは駄目、議なく耳は帰!」その後また各国を訪問李鴻章公使、干渉だが、結果は無。李鴻章会って地を割く確実になっているので、さん月2日には地を割くこと上奏皇帝を求め、「直接言いつける訓戒」、非から光緒帝の口の中で明確な地を割くの授権できない。光緒帝と無力、しかない授与李鴻章「商土の権」。そこで1895年さん月じゅうさん日、李鴻章はファースト全権大臣の名義を持って、アメリカ前任国務長官科士达コンサルタント、率ひゃく数名の随員日本へ向かう馬関(今下関)、と日本の首相伊藤博文、外務大臣陸奥宗光交渉。1895年さん月じゅうく日に日本に到着し、李鴻章下関に住んでいる次のお寺(古代を朝鮮通信使の住所)。中日双方にじゅうさん月春の帆階(下関の有名な日本料理旅館、料理フグで知られる会見を開いて)、正式合意。
中国側が交渉に参加した:ファースト全権大臣李鴻章、参議官李经芳(李鴻章養子)
契約時期のシーン契約時期のシーン
、参事官官罗丰禄、参事官官伍廷芳、参事官官马建忠参事官官、盧永铭、参事官官罗庚龄通訳官。日本側の参加交渉が:全権辦理大臣伊藤博文、全権辦理大臣陸奥宗光内閣の書記、官长伊東巳代治、外務書記官井上勝之助、外務大臣秘書官中田敬义、外務省翻訳官陸奥広い吉、外務省翻訳官楢原陈政。1895年からさん月21日から24日中日双方を前に三輪交渉。当時北洋艦隊はあっさり全滅、しかし遼東戦場争いの真っ最中で、しかも日本交渉前のさん月じゅうろく日成立したいわゆる「徴清大都督府」は、参謀総長小松彰仁親王を大都督、準備に進駐した旅順北京、まっしぐら、指揮「直隷平野作戦」。だから李鴻章要求講和前に先行休戦を含む、日本側が出し占領天津などを含めた四つの厳しい条件を撤回を求め、李鴻章一時休戦。李鴻章と決めて条項、日本側で次の交渉で提示条項。伊藤博文第三輪交渉で明らかに割譲台灣島のこと、李鴻章答えはイギリスは伊藤微笑に干渉し、「台灣だけどころか!貴国の版図内のどこにかかわらず、私はもし欲刈り取っての、何国がが拒絶しますか?」とにかく、前三輪の交渉では、伊藤博文に贅の限りを尽くす李鴻章辱め、李鴻章はひたすら忍耐して、ただ和議に・テリア。日本側がクールで過酷な条件を撤回した中国側の自動停戦の提案を達成した停戦和談の目的でない。

下関条約後期交渉

さん月24日第3ラウンド交渉の後、李鴻章次のお寺住所の途中、突然が日本人小山豊太郎銃撃、李鴻章左目に下に傷ついて。今回の事件の発生を日本の交渉力が激減し、令日本政府はきわめて困り果てて、怒りを認め、「今回凶が、帝国甚だ困難の地位に立ってなければならない、逆に、清国は最高の口実を得るために各国、清は、すぐに帰国させたり。そしてそれは各国に哀诉時、各国は彼に同情し、しかもその連合の転じなくない圧力抑制当方」。日本の心配になる第三国干渉の口実で、一方では天皇、皇後親遣医師や看護師は李鴻章現し治療を慰問し、一方で自動発表承諾休戦。李鴻章もない日本が心配のようにすぐに帰国のではなく、交渉を続け。さん月さんじゅう日、双方の締結休戦条約、休戦期21日、休戦範囲に限らず奉天直隷、山東各地。その時日本軍はすでにさん月23日袭占澎湖は、台灣の勢いを脅かし、休戦をこの地域を除く、日本をここでの軍事圧力。
この騒ぎが落ち着いた後、日本代表は勝者の姿を続ける脅威とたかる。アメリカ顧問科士达何とかは。李鴻章早く条件を受け入れるために、中に立って利をむさぼる。1895年よんしよ月いち日に行われた第4ラウンドの交渉の中で、日本側が出し非常に過酷な講和条件、要求は、中国側が3~4日以内に答え、主:
確認朝鮮独立、
中国が日本に賠償軍事費庫平銀三亿两、
中国の割譲台灣島及びその付属の島、澎湖列島遼東半島日本に、
中国が日本に開放北京、沙市、重慶、蘇州、杭州、湘潭七箇所と梧州貿易港
長江西江吴淞江と運河など内陸河川の航行権の範囲、
日本の駐留場所と必要の軍事費。
李鴻章が日本に対してのライオンが大きいことは大いに驚いて、彼は一方奏报朝廷に「確認を除いて、朝鮮独立」以外の条項を逐条はしけはなを取って、牛歩戦術。その後、日本の要求に従い、清改命李经方その大臣は、随李鴻章と一緒にの約。伊藤博文はよんしよ月はち日)李经方、警告彼はいったん交渉の決裂、「北京の安否も忍びない人、早く受け入れ侧の要求条件。よんしよ月きゅう、く日、中国側は条約改正案を日本側に与え、改正の内容は主にを減らして賠償金をいち億両と縮小遼東半島の割譲範囲。翌日(よんしよ月じゅう日)に開催された第5回交渉の中で、伊藤博文を日本側の最後の改正案は、そのうち遼東半島の割譲範囲な収縮、賠償金を低減するために億両、貿易港減をよんしよか所で、これは日本による西洋の態度で作った少し譲歩にもかかわらず、非常に過酷。伊藤は李鴻章「母屋私を見て今回の部屋が、允、許許さない二つの言葉だけ。」李鴻章問:“まさかであり?」伊藤博文回答:「なるべく議論が減らさない。」この間、李鴻章毎日に総理の役所差し戻す大量電文報告会談の進捗状況、往来の電報は日本側が解読されぶんどる。伊藤から完全に掌握して、清政府が決意回避交渉が決裂局面のボトムライン、同時にも意識して交渉に遅延日本不利ので、もっと強硬な立場をとる。清ではずっと日本の要請弦無き弓に羽抜け鳥;足掻きがつかぬ、何番折衝後見事はすでに無含みとはよんしよ月じゅうよん日電諭吉李鴻章「原冀争う「1分1分の益がないなど、商変更のための前、すなわちとリーグ」。
よんしよ月じゅうご日、日中双方で最終回(第6回)交渉から、会談に時半まで続いななしち時半、その間李鴻章しきりに哀願する軽減を起こして、しかしいずれも拒絶される。陸奥宗光これに対して記している。「会見の時間は長くて、解散時は時間に燈し、その結果、彼(李鴻章)は当方の要求を受け入れ。李鴻章までより下関以来、今までにないような会談を今日こんな酸っぱい議論の。彼はもう知っているかもしれない当方決意の主要な部分は変動ので、本日の会談では、枝葉の問題にけちけちしてやまない。例えば最初の賠償を要求二万万两から削減五千万两;見目的に達しない、また二千万两減らすよう要求。甚だしきに至っては最後竟に伊藤全権より、これ少しの減額に贈られるし、帰国の旅費。この挙動、などからの彼の地位にとって、多少失態が、可能性が高い理由は「争う1分分の益」の意味。」1895年よんしよ月じゅうななじゅうしち日午前じゅういち時よんじゅう分、李鴻章代表清政府と日本の下関春帆楼的下関条約締結、主な内容:中国朝鮮独立を認め、割譲台灣島及びその付属の島、澎湖列島遼東半島日本に賠償に日本;億両白銀;開放沙市、重慶、蘇州、杭州を貿易港日本人は、許可通商港開設工場。1895年ご月はち日、日中両国マンネンタケ罘(現在の山東煙台)両国の皇帝の批準書交換、条約が発効し。

下関条約条約の全文

押し:《馬関条約」を含む「講和条約じゅういち項、『もう約」さんの『議注文専条』さん種類と、《停戦日延べ専条』に項。中国語の本"と呼ばれる中国」、日本語のこの「清国」。
大清帝国大皇帝陛下や大日本帝国大皇帝陛下を締結講和条約、~両国及び臣民を修築して平和、幸福を根絶して共有し、しかも将来の端、清帝国大皇帝陛下ッタージェーン清帝国勅使ファースト全権大臣太子太傅文华殿大学士北洋通商相直隷総督1等粛毅伯爵李鴻章、清帝国勅使全権大臣二品の頂を前へ大臣李经方大日本帝国大皇帝陛下ッタージェーン大日本帝国全権辦理大臣内閣総理大臣従二位勲等伯爵伊藤博文大日本帝国全権辦理大臣外務大臣従二位勲等子爵陸奥宗光その大臣を、お互いを見るに奉谕旨、认明は妥实無過失。各条項を開くと通じ、左から:
第一項
中国认明朝鮮国が確かに完全無欠の独立国。だからその凡そ損失独立自主体制、即如国は中国へ修貢献式など、その後全行廃絶。
第二項
中国は管理下に地方の権を開いて当該地方のすべて军器、工場とすべての所属の公共物件、永遠に委譲日本。
第一、左記以内の境界線奉天省南の地方。から鴨緑江江口遡る同江に安平河口、またその河口まで漕ぐフェニックス広島なぎさ及び営口そしてまで描いて折り目の南地方、すべてに各都市邑、全てを含めて境界線線内。
この線営口の抵抗遼河後には、下流から海口まで、お互いを川の中心を境に。東岸や盤黄海北岸で奉天所属島々にも、一緒にせでイン。
第二に、台灣全島とすべての付属の各島。
第三、澎湖列島。つまりイギリスグリムブリタニア度東経百十九度から、至百二十度まで及び北緯23度から、~24度の間島々。
第3項
前項に掲げる及び付着本約の地図に漕ぎ境界、待つ本約承認交換後、両国はそれぞれ2名以上の役人を派遣公同劃定境界委員、現地踏査確定境界線。ので、この約が約境界は地形や地理に関が兼ねる不便などの情、各同委員などを斟酌するよりカスタマイズがまとまる。各同委員などが早く辦理界務を期奉委制限一年終瞭後。
しかし遇各同委員などがよりカスタマイズ画界両国政府が未見定める以前によると、本は約所定画界を正。
第四項
中国は約を庫平銀二万万两交と日本の軍事費として、賠償。同モデル分かれて八回交完:初めて五千万两は、この約承認スワップ6か月内に交清;第2回五千万两は、約承認後、この互換12ヶ月間交清;殘金等分に6回、年を渡し、その法列下:初めてお年等分するの金は2年以内に交清、第二回三年以内に交清、第三四年に次ぐ第4回渡し清、5年以内の交清、第五六年に次ぐ交清、第六七年に次ぐ交清;その年分は本交換後約承認起算。また初めて賠償金交清後、未完の金按年べき渡しプラス1引き出して五の利子;しかしいつは弁償金やべきの全数や何分先行交清は、中国の。などからの条約の批準互換の日から3年で全数完済する以外は利落ちや二年半やない2年半は付本银ボタンべきものほか、余は全て無利子。
第五項
この約承認後2年以内に互換限り、日本準中国地方人民に引っ越すところ譲ら譲ら以外のもの、随意換金全産業一方、退去。しかし限り後まだいっぱい移動者、作用宜とみなさ日本臣民。また、台灣省は本約承認交換後、両国高官から台灣に限らずすぐ各派本約承認後2ヶ月以内にはっきり引継ぎ。
第六項
中日両国はすべて約章、今回仲違いを自属廃絶。中国は約待つ本約承認交換後、速派全権大臣と日本に派大臣と商店の船を締結全権通通商条約や陸路定款その両国の新契約する章では、中国と欧米各国に見る行約章を本。また、本約承認互換の日から、新しい契約する章未実行前に、すべての日本政府の役人臣民と商業、工芸、航行する船、陸路通商など、中国で最も優遇の国と等しい礼遇護一律。中国は約を譲ら左記各号、両国から全権大臣捺印押印日から6か月後にする。
第一、会って今中国が開通し商港以外は、準増設左記の至るところに、立って通商港;日本臣民往来するため侨寓、ビジネスプロセスの制作。すべての増設港で、いずれも照らし開通商海口に開内地镇市定款一体辦理;当然優例や利益なども、一律を楽しむとき:
湖北省荊州府沙市
四川省重慶府
江蘇省蘇州府
浙江省杭州府
日本政府が派遣領事官は、前記各口駐留。
第二に、日本の船が入って左記各口付きといい客、船積貨物:
湖北省から宜昌遡る長江甚だしきに至っては四川省重慶府、
上海から入り吴淞江と運河から蘇州府、杭州府。
中日両国は未商売を航行する定款以前に咲くかも、各口ず務依外国船が中国本土に入って見定款照行行水路。
第三、日本臣民に中国本土での購入品なら経工件自生の物、または輸入品出荷して内地の時は暫定蔵入りし、自ら输纳税を除いてチケット、派徴すべて諸料のほか、借りてしばらく倉庫棚卸資産。
第四、日本臣民が中国で貿易港、城下に従事して各種工芸随意製造;また各種機械を出荷輸入取引所随意だけを進口税。日本臣民は中国製すべて貨物、内陸輸送税、土地税の授業でチケット雑派と中国本土つけ及び預かり倉庫の益の、つまり写真日本臣民運に中国の貨物は一体辦理;まで享優例を除いても同じで、みんな。その後、以上のようなことはさせてプラス増定款置、すなわちマウント本アイテムとの通商条約に航行する。
第七項
日本軍が中国国内に会って駐在者は本約承認互換後3ヶ月以内に撤回;なければならない写真度項所定の辦理。
第八項
中国は明を真剣に実行約内の注文は各モデル、聞いて允日本軍暫が山東省威海市衛守。また、中国は、約注文第1、第2回賠償金交清、通商航行する約章亦承認され交換の後、中国政府と日本政府は週全的に適切な方法を確定し、通商港として殘して息の関税の住宅、日本人の軍隊を引き揚げる。もし中国政府はすなわち確定抵当方法は、未提出清末度賠償金を前に、日本は許してくれない軍隊を引き揚げる;しかし通商店船約章許可互換以前は、清賠償金渡し、日本も軍隊を引き揚げる。
第九項
この約承認交換後、両国はすべて時捕虜ありったけの返還。中国は日本には約捕虜虐待される場合はあるいはを罪;中国が約は軍事スパイされたり、嫌と捕まえる係の日本臣民は、釈放。そして今回のすべて交際約戦関係する日本軍の中国臣民、一切の宽贷;しかも饬が司は、勝手にを捕まえる係。
第十項
この約承認互換の日から、規定に息戦兵。
第十一項
これから約奉清帝国大皇帝陛下や大日本帝国大皇帝陛下承認を得た後は、光緒二十年四月は14日、つまり日本の明治28年五月に8日煙台互換。
そのため、両国全権大臣に署名押印して、以て守る。
大清帝国勅使全権大臣太子太傅文华殿大学士北洋通商相直隷総督等粛毅伯爵李鴻章(押印)。
大清帝国勅使全権大臣二品の頂を前へ大臣李经方(押印)。
大日本帝国全権辦理大臣内閣総理大臣従二位勲等伯爵伊藤博文(押印)。
大日本帝国全権辦理大臣外務大臣従二位勲等子爵陸奥宗光(押印)。
光緒二十年三月二十三日、明治二十八年四月十七日注文の下の関二分浄書する。
もう約
第一項
講和条約第8項のための注文がしばらく滯在する威海衛日本国軍は、越えられない一旅団の多くは、すべての暫定駐留必要費、中国から約承認互換の日から、1週年を渡しが満瞭し、4分の1、庫平銀五十万两。
第二項
威海衛べきで刘公岛及び威海衛口灣沿岸に照らして、日本国に法五裏以内の場所、約40以内に中国で、日本の国連軍の駐留の区。
距離で開いて境界線に照らして、日本国に法五裏以内地方、それにどうして所も、中国軍が駐留する近似や、杜生不和の端。
第3項
日本の国連軍が駐ところ治の事務は、帰中国の官僚の管理。しかし遇日本国軍司令官を飼って、軍衛安寧、軍紀や分布、管理など施行ところなければならない事で、ひとたび提示公布施行するは、中国当局が責任を守にも。
日本の国連軍の駐留の地、凡そ犯かかわる軍務の罪は、日本国の軍務官审断辦理帰。
このもう約所定の条項とその効果を載せた同じ講和条約。そのために署名押印して両国の全権大臣、以て守る。
光緒の21年三月二十三日
明治28年四月十日
注文の下に2件の関浄書する

下関条約後続事件

下関条約三国干渉は遼

下関条約締結ろく日後、ロシア帝国日本での占領遼東半島それを中国に東北伸張勢力、連合フランスとドイツ両国を干渉、結果は日本が1895年ご月よんしよ日遼東半島を放棄することを決めたが、中国では「白銀3000万両その償還」。史によると「三国干渉は遼」。日本は日清日中戦争後は全部で起こして中国两亿三千万两巨額の銀。
しかし、三国干渉は遼日本にとっては依然として意外な事故、それによって日本にし日清戦争勝つ機占領満州(中国東北)の企みを粉砕されても、ロシアを強めるで極東勢力を抑制して、日本は東北や朝鮮の拡張。日本を実現するために「大陸政策」第二歩(併合朝鮮)と第三歩(進軍満蒙)、日本軍の準備に再整、十年後にロシア戦争発動。

下関条約反割台闘争

清朝は《馬関条約」に割譲した台灣島及びその付属の島や澎湖列島日本では、これまで台灣には日本の植民地。台灣省の首府台北、割台のニュースで、「若真夜中暴かぐ惊雷、恐縮で無人色、駆け回って知らせ合う、ポリ
愛国詩人丘逢甲愛国詩人丘逢甲
市では、夜を日に増すに達し、泣き声にあたり、風雲変色、なしには天地」。自分で支配されない場合は、腐敗の清政府に売り渡そ日本、台灣人民の悲憤、しようがない、絶望に、非他人に体得することができます。全台老若男女、市の農商工、物売りと使い走り、銅鑼を鳴らすストライキが怒り、TPG社、抗議朝廷の割台行為、決心する台灣の防衛。台灣の有名な詩人丘逢甲書き血書「抗倭領土を守る」とし、率先して連名電話清、「故郷の地、義として、駐台と忘れたい」「決死守御清」。1895年ろく月2日に、中国の全権代表李经方台灣総督樺山係紀係留で基隆海面の日艦「横浜号」が完成した台灣の受け渡し手続き、台灣人民は「台灣民主国」の名において、「誰が戦死して失を誓うこと台、決して拱手たくないで、台灣島台」で日本軍と展開の数ヶ月の決死の闘争は、台灣人民闘争反割台と「乙未戦争」。
反割台の闘争は近代中国に一度愛国主義の快挙。それにもかかわらず最後は失敗したが、それを充分に表現した台灣軍民メンテナンス祖国の領土保全の強い意誌と高度な愛国主義の精神。国の民族に直面し忘れて生死の瀬戸際、帝国主義に反対する侵攻祖国宝島台灣海峡両岸の闘争の中で、中国人の、運命をともにする、支え合い、を作曲した曲は波乱万丈の壮麗な詩篇。

下関条約歴史の影響

下関条約中国の影響

「馬関条約」に続いて「南京条約』以来最悪の不平等条約。各帝国主義国家を引用する一方的最恵国待遇獲得した《馬関条約」に賠償金を除いて地を割く以外は中国日本のすべての特権を与える。それは近代中国社会に深刻な危害を加速して、大いに中国半植民地化プロセスを深め、民族危機。
下関条約は元々(現蔵は台北故宮)下関条約は元々(現蔵は台北故宮)
台灣などの領土を割譲①れ、さらに破壊した中国の主権の完全に刺激を受け、列強分割する中国の野望を深め、民族危機。しかもに台灣と大陸の補いにくいの溝は、遗患今。
巨額の賠償金を強めた②、中国人民の負担。また、加速した日本軍国主義の発展。清から借り外債により、中国の経済の命脈列強に制御。
貿易港開放させ、帝国主義侵略勢力を深く中国内陸部。
許さ④投資の工場、他の列強引用「総花”のアイテム、我先に中国で工場を開設、深刻な障害になって中国民族資本主義の発展。同時にも反映して中国経済は列強に侵略商品の出力まで資本輸出過程。
下関条約を反映した資本輸出、帝国主義の侵略を求めて世界を分割する。外国資本主義中国への侵略を新たな段階に入る。とにかく、《馬関条約》によって中国が直面して空前の深刻な民族危機、中国社会半植民地化の程度は大いに深まりました。

下関条約アジアの影響

①中国側から見ると、第1、下関条約の締結(甲午日中戦争の中国にわたって失敗)マーク30余年の洋務運動の失败、取得の近代化の成果に破った近代以来、中国人民は民族復興の追求。第二に、地を割く賠償金、主権喪失、便利列強対中大規模出力資本を起こし、分割ブームを示し、列強の侵略が新段階に入った、非常に深まった中国の半植民地化。中国の国際的地位急激に下がる。第三、日清戦争や《馬関条約》は直接による中国人民を救うの民族の滅亡に瀕する運動が高まって、ブルジョア階級を巻き起こした。維新変法運動と民主革命運動、中国人民の闘争が自発的に侵略を抵抗する、例えば義和団
②日本にとって、《馬関条約」は巨額の賠償金や台灣など戦略の要地で、促進した自資本主義の一層の発展、また便利で日本の極東のさらなる侵略させ、日本は一躍アジアの唯一の新興資本主義国。また、日本のために
「馬関条約」の日本語の原本「馬関条約」の日本語の原本
対抗ロシア、そそぐ三国干渉の恥、一方で提出「臥薪嘗胆」のスローガンは、再開十年軍備拡張計画の一方を促した「日英同盟」の形成、東アジア地域の新たな覇権を争う。
③北朝鮮にとって、《馬関条約法上マーク中朝間に千年宗藩関係正式に終わり、東アジアの伝統的な華夷秩序と通貢体制を崩壊されて最後の一撃。朝鮮の名義を獲得した。独立実際には、日本の制御。その後ロシア勢力が朝鮮に入る日本やロシア、北朝鮮の争いが激しくて、最終的に起こして1904年日露戦争
④に極東情勢にとって、《馬関条約」を巻き起こした帝国主義の分割中国の嵐が加速した帝国主義列強の極東での争い、三国干渉は遼事件が明らかに反映した列強は侵華問題では癒着は互いに戦え。

下関条約に関する評論

下関条約その歴史の影響は非常に深い、帝国の滅びる、民国軍閥の形成と中国焦眉の台灣問題釣魚島問題などとの密接な関係にある。下関条約の条項は非常に厳しい、清政府にとって、例えば賠償と財力損失は極めて大きい。賠償の軍事費は億両に加え、贖い遼費3000万両と威海衛日本駐留费150万両、計千億さんに150万両、相当于清政府さん年の財政収入。また、日本軍が中国から奪った大量の船は、兵器、機械、食糧などもいち億両価値。巨額の賠償金をせざるを得ないで、清政府の対応举借外債、列強は中国の経済の命脈融資制御。下関条約の調印は中国の近代史上の大きな転換、この古い帝国にとっては、東アジアの覇者の地位に取って代わって弾丸小国に青天の霹靂。
通り梁啓超「我が国の四千年の夢の目覚め、実は日清戦争敗割台灣、償還を二百兆始。」政治上の半植民地化は、社会全体の代表も落ちぶれ。清末ななじゅう余年、中国は徐々にに陥った一種の侵略される、受奴隷の境地。中国の民衆の苦難を受けているが、もっと落ちぶれは政治に(特に政府の行為)、それはない阻止帝国の官僚開明士大夫と広大な民衆はあきらめない中国富強の道を探る。彼らの努力も中国社会の発展の動力を尽くす。下関条約の調印、人々は自然と今回は本当にやって国将不国、滅亡寸前だのへりました。
1895年以前の皇帝、官僚、名士の生活は伝統的な思想の世界に。西洋資本主義列強の侵略戦争発動過去も、中国での失敗や締結喪権国の不平等条約に終わった。しかし、のろしの仮収まり、朝野上下でひとしきりが1番と受け驚き騒いでた後、すぐ戻って古い様子。まだ文恬武嬉、太平。深刻な内憂外患なかっただけでなく、この昏睡状態に陥った、麻痺の帝国の大多数の支配者たちは目を覚まし、しっかり。彼らはだます「自強中興」や「中外仲直り」夢まぼろしの中で自己陶酔。甲午の惨敗と的下関条約の調印、調子は昔とは違う。一は今回戦争に败が痛ましくて、日本が提出した条項酷。また今回の戦争の相手は中国人がずっと看不上眼の小国――日本。戦後、社会の各階層も大きなインパクトと胸が痛む。惨敗の結末を光緒皇帝不景気の恥辱と刺激に耐えかねてから。彼は国事の痛みが困難で、滅亡に瀕するを目前に控え、「変法图强ないなら、社稷難しい係保守。」前線の将軍、公家と士大夫反対に条陈講和が折れ、じゅうはちじゅうの総督と巡撫に反発して講和条約、朝焼け林院侍读奎華など一百五十五人連判「日本の賠償金を提出して、地を割くの各条項は「中国にないの奇聞、三千年の無の変動」このままだとしても、結果はきっと「法人のぞく粤英人のぞく、雲南、ロシア人西のぞく新疆、東三省(のぞく奉天、吉林、アムール川)四夷侵入、各示欲」。张之洞易顺鼎の上奏文では、「もし承認条約だけでなく、台灣人民反抗騒動、各省軍民も『必緻泣いて深い怨み、切れて悔しくない。」結果させる「民穷财尽、国防を解体して、海軍無目的地は、陸軍無利器を「各国侵凌嘆息、商人怨み、外患絶え間から、内の変わりに出して」「に担保商利、力を尽くして給料兵権、一朝神人共憤。」「行奉(日)に会って、錦の(州)、登(州)、(蓬)莱あたり二度と立錐、江蘇省、浙江省粤各疆、復が安忱、海口、海、私の賃金がなく、機械無済、海運すなわち貧しい。戦争しても貧乏で無能ハイフォンに立。中国の将来はないの洋務しよう。」として赶考の知識人の上京する挙人たちは巻き「バスを」運動、清と要求拒否、練兵、遷都、変法。一方革命分子をはじめ、孫文の革命運動にも展開して、彼は下関条約締結前の1895年2月に指導険会発動広州の蜂起、主張を覆す清朝確立共和政体。
戦後の列強の勢力をさらに広がった中国大陸部、資本輸出となった主な侵略キャリヤーと鋭い武器。中国の内政に干渉して、中国の主権を踏みにじることより深刻。外国の教会勢力の我がものの顔に振舞うと不法宣教師、教民野放図なところを巻き起こし、全体の帝国の広範な抵抗。日清戦後あちこち爆発反洋教、腐敗官污吏闘争など、その勢いは烈火燎原。社会の下層民衆を中心に義和団反帝愛国運動もすさまじい爆発しました。それにもかかわらず、失敗に終わったが、客観的に社会の改革を推進した清末、さらに促す旧式の農民運動にブルジョア民主革命転換。

下関条約交渉の逸話

下関条約秘密の仕事

1895年さん月24日中日第二轮会談後、李鴻章日本の刺客小山豊太郎銃撃緻傷、大騒ぎとなって。既述の通り、今日本の最も恐れたのは李鴻章早めに帰国することを行って、欧米の干渉。日本の自然が待ち受け李鴻章の次の一歩を決定して、だから陸奥宗光公電六川教練をやる彼をしてください広島大本営の陸軍軍医総監石黑忠惪と佐藤進2人は至急送っ馬関は、せしめ李鴻章の治療権、そして考えないで帰国を引き留める。当時の李鴻章の主治医は中国人林联辉とフランス駐中国大使館の医徳バース、石黒の努力の下で、李鴻章さん月25日午後に同意する日本人医師の治療に置き換え。その後石黒と佐藤二人はその優れた医術李鴻章の信頼を得たので、石黒に進言する:現李鴻章言いようが絶対静かで、その大きな動作暗示。李鴻章同意する。石黒見李鴻章無帰国の意、会い陸奥宗光報告は「李鴻章の治療はすでに完全に収める当方、私は彼の帰国を考え。」陸奥宗光じかに手渡す喜色、何度も「お疲れ様」、この項の極秘任務を完成して。李鴻章知るわけがないインサイダーと、かえって二人は非常に感謝して、というより酬唱だけでなく漢詩帰国後、まだ奏請清恩賞石黑忠惪と佐藤進宝の星勲章

下関条約賠償金を減らす

伝説の交渉で日本は中国三万万两白銀賠償要求が、李鴻章銃弾を受けた後、すぐに減少日本一万万2賠償金は、この説がある。歴史の上で第3ラウンド交渉後李鴻章は暗殺される、当時の日本側の根本三万万两清朝賠償金を求めていない。1895年よんしよ月いち日第4ラウンドの交渉する時、日本が三万万两白銀の賠償金を突きつけられた。よんしよ月さん日、陸奥宗光日本駐在使節を各国での電報で明らかに「獲得の偉大な勝利の結果として、当方の要求を提出して決しての条件が高すぎて、比較的に度以下の要求に満足できない場合、日本国民は、彼らが列強の要求」「カメラは当方の要求条件を熱弁護」。したがって、日本最初は言い切る三万万两賠償金支払条件。よんしよ月きゅう、く日まで、中国側が日本側に賠償金を提出した1万2の改正案は、一方の日本人が解読李鴻章電報に「まだ見たら彼方不足意、ずっと固執する……ただだろうなって帰」には恐怖を、日本の最も恐れている状況は李鴻章停止交渉に帰国し、列強の干渉によると伊藤博文などを決めて譲歩する、明治天皇も、万が一交渉決裂して日本軍が北京でも、「かねない外国の干渉を受け、最後に割拠の領土も水の泡になる」で合意されて譲歩案。よんしよ月じゅう日第五輪交渉、日本の最終案を提示、賠償金を二万万两折衷白銀、その後はもはや変更。日本から減少賠償金の過程を見ていると、その主な原因は欧米列強の忌憚で、わけではない小山豊太郎暗殺後を慰める李鴻章の緻すところな。小山豊太郎暗殺による直接的な結果は日本の無条件停戦合意、せいぜいと減少賠償金の間接因子。李鴻章で上奏文では日本をまとめて「力と譲歩を堅持して、いろいろと諭し」結果は、自慢の疑いがあることが、彼も触れられていない日本人が銃撃後が減少した一万二賠償金の。

下関条約日につかない

李鴻章「馬関条約」に心を弾ませて交渉する時費、伊藤博文は強気贅の限りを尽くす、辱め。条約締結前最後の交渉する時、李鴻章に伊藤は「閣下は厳しいと執拗の人!」その後起こって立ち去る。李鴻章乗船帰国し、もはや日本の土地を踏んで一生を誓う。一年後李鴻章訪問に日本アメリカ経由で、やっぱり「肩書き馬関�約の恨み、誓って生涯復に日に、人敦劝多種多様、最終的には」が、いよいよ日本で接岸。

下関条約捨て台という噂

伝説李鴻章かつて、西太後あるいは光緒皇帝「台灣に進言する鳥語の花はない、香、男は非情で、女義なきて、割譲は惜しい」、この言葉が引用され。しかしも関連の研究や論客として、すべてによって見える史料のファイル、発見できなかった李鴻章発表這段コメントの記録。逆に、李鴻章と当時日本の首相伊藤博文下関条約の交渉を行う時かつて声明は「台灣は土地が肥えて、物産勘弁民も多く、服の王化、官庁、置吏员、純然と本土のよう」してください、「準にさせ、もし中国にするよう命じ、両国の子々孫々永成敵に伝えば、無限」「台灣は立てる属州彼にしてできない国」などなど。

下関条約賠償金の用途

日本《馬関条約』を通じて中国から手を2.315億両シルバー(賠償の軍事費に億両、贖い遼費3000万両、威海衛守備料150万両)、分はち返済する、ついて利息、実はよんしよ度完済。が、当時の為替レートこの賠償金さん、相当億6000万円。日本に賠償金の使用状況は以下の表:
日本は使用《馬関条約》は賠償金状況表
プロジェクト
支出額(千円)
比重(%)
軍備拡張
陸軍拡張費
56、799
62.7
海軍拡張費
139、259
軍艦水雷艇補助基金
さんじゅう、000
臨時軍事費
78、957
9
編入帝室御料(皇室内国庫金)
にじゅう、000
5 . 5
台灣の経费補助金
じゅうに、000
3 . 3
教育基金
じゅう、000
2 . 7
災害引当金
じゅう、000
2 . 7
運輸通信費
さん、214
0 . 9
八幡制鉄所設置費
580
0 . 2
合計
360、809
ひゃく

プロジェクト
支出額(千円)
比重(%)
軍備拡張
陸軍拡張費
56、799
62.7
海軍拡張費
139、259
軍艦水雷艇補助基金
さんじゅう、000
臨時軍事費
78、957
9
編入帝室御料(皇室内国庫金)
にじゅう、000
5 . 5
台灣の経费補助金
じゅうに、000
3 . 3
教育基金
じゅう、000
2 . 7
災害引当金
じゅう、000
2 . 7
運輸通信費
さん、214
0 . 9
八幡制鉄所設置費
580
0 . 2
合計
360、809
ひゃく