日本軍

日本軍は、日本人の自称「皇軍」。で日本の中国侵略戦争中国の民衆と呼ばれる時期「鬼子」。第二次世界大戦支那派遣軍総数は120万衆。
日本軍
1945年、日本は敗戦、軍隊解散され。
1954年ななしち月いち日、日本の自衛隊(ザJapanese Self Defense Force)設立。

日本軍皇軍

日本軍編成


小隊
歩兵小隊所轄の機関銃組(2挺軽機関銃)、一つ擲弾筒組(二擲弾筒)と2つのライフル組。
すべてとても軽機関銃編成四人(指揮官射手、2人の连携弾薬副いて)、すべて具擲弾筒編成二人。小隊の人数はごじゅうななじゅうまでの間。1945年、歩兵小隊わずか1挺軽機関銃と擲弾筒。
歩兵炮ユニット、2つの70 mm歩兵炮
中隊
歩兵中隊管轄の3つの歩兵小隊の人数は194 250人の間。日本軍の標準の180人の歩兵中隊が含まれます:1つのじゅうく人の中の本部:中隊長執行官に、さんの下士官、よんしよつ衛生員、士官の勤務兵ラッパ手、はちつ通信員)さんの前述54人の小隊。
大隊
私と軍類似の作成。
日本軍は標準の1100人編成の大隊が含まれます:さんじゅう人の大隊部、110人の輸送中隊(荷車や骡马)は、ある大隊所属の輸送中隊合併連隊裏。四つの前述の歩兵中隊(しかさんの);ひとつ174人の機関銃中隊(じゅうよん人の中の本部とさんのマシンガン小隊の小隊いち弾薬)、一列によんしよ挺重機関銃じゅうに、総数はとても(ある中隊ははち挺)、55人の砲小隊(いちじゅうの人の小隊部、いちのじゅうご人の弾薬のクラスでは、2つのじゅうご人のクラスの各装備いち門70 mm砲92式歩兵炮)、ほとんどの部隊配備の122人の砲中隊を含む(27人の弾薬小隊は、2つの31人の砲小隊各装備に門歩兵炮)。これらの少量の砲中隊で、非常に幸運のいくつか分から20MM対戦車砲の部隊編成よんしよ、24人の装備にとても対戦車砲のチームで、この場合、弾薬小隊を拡充を39人。
連隊
日本軍の標準の3800人の連隊を含む54人の指揮部、121人の輸送隊(荷車や骡马)、携帯連隊部と直属の各中隊一日分の給養物資や配シェフの可能性野戦台所;81人の弾薬小隊一日分の弾薬携帯。三個歩兵大隊;1つの122人の砲兵中隊を含む、25人の中の本部、いちの観察のクラス、31人の弾薬小隊の3つの31人の砲小隊(それぞれの人にじゅうごの砲クラス、装備いち門70 mm 92歩兵炮)。ごく少数の連隊の367人の砲兵大隊、編の2つの170人の中隊、各よんしよ門砲。連隊属反戦車中隊が122人:にじゅう人の中の本部、21人の弾薬小隊さんの33人の砲小隊(各2ドア37対戦車砲)。通信中隊の電話小隊(よんしよろくまで電話クラス、班ごとに電話さん、スイッチ、無線小隊(ごはち台までラジオ)、戦闘中に電話やラジオ配属が各大隊と各直属隊。連隊の衛生システムを配備が弱くて、連隊には医者に名と衛生員、大隊が医者さんと4つの衛生員、中隊には4つの衛生員。
旅団
甲種師団を含む2つの歩兵旅団のように、すべての旅団を管轄する2つの歩兵連隊。
師団
私と軍集団軍編成に類似して、約25000-30000人ぐらい
日本軍日本軍

日本軍の師所属単位は主にあります:さんの歩兵連隊、野砲兵連隊、偵察連隊、工兵連隊、輸送連隊、通信隊。野砲兵連隊編成2322人、さんの688人の砲兵大隊、各装備じゅうに門75 mm野砲や山砲、少しだけ師団は一つの大隊に置き換える105mm砲。偵察連隊730人編成を含む、130人の連隊部、130人の騎兵中隊(よんしよのさんじゅう人の列)、160人のバイク化中隊、いちのひゃく人のトラック輸送中隊(少なくとも紙面ではその二つのバイクが輸送化中隊)。この偵察連隊もされて人の騎兵連隊の代わりに950。工兵連隊編成900-1000人、ほとんど装備を機械だけ、ごく任務、更に専門の任務は主に配属の独立工兵連隊担当。輸送連隊の規模はほぼ次第で使用可能なトラックの数は、理論上は、によってトラック大隊と骡马荷車大隊の構成。トラック大隊はさんにまで個中隊から構成して、各中隊最多のごじゅう台荷重1 . 5トンのトラックは、多くの師団が欠かせトラック、いくつかなんかない。総合日本軍に一個師団、54門75MMの野砲や山砲、少数師団でじゅうに門105MM砲が入れ替わった75MM砲、トラックの面で日本軍に最大100-150トラック歩兵師団所属騎兵連隊:騎兵中隊の部下に、各中隊有馬ライフル123本、重機関銃にとても。
騎兵連隊
部下の騎兵中隊よんしよ、各中隊有馬ライフル119本、軽機関銃にとても、いちの重機関銃中隊に、部下の小隊が重機関銃よんしよ挺。別紙1945年日本軍の騎兵第よんしよ旅団編成:旅団部、本部じゅうご人、衛兵中隊はちじゅう人、通信班さんじゅう人、極秘者にじゅう人、計145人

日本軍階級

新兵、一等兵、二等を兵兵(以上、我が軍は二等兵と上等兵)、
第二次世界大戦の日本軍の階級第二次世界大戦の日本軍の階級
伍長、軍曹、曹长(以上相当下士官、それぞれ我が軍は99年以前の下士官、軍曹と曹長)、
士官生(これを士官学校インターンシップ学生肩章は、階級)、
特務曹长(かなり卒業しない授衔の学生は、外军の準尉)、
少尉、中尉、大尉(以上相当尉官、それぞれ我が軍の少尉中尉と大尉)、
少佐、中佐、大佐(以上は佐官、それぞれ相当私軍少佐、中佐と大佐)、
少将、中将、大将(以上相当将官、それぞれ我が軍少将中将とで)、
元帥(は実際の階級、日本軍は元帥クラス正式階級、元帥は天皇からシニアで戦功顕著の大将の栄誉称号、正式呼称「陸軍/海軍大将○○元帥」。ちょっとみたいに「軍事参議官」が、しかし更に珍しい。)
軍司令官――大将や中将(大将が少ない);師団長――中将や少将(少将が少ない);旅団長――少将;聯隊長――大佐
他の国の階級レベルは基本的に同じ(はもともと模倣ドイツ)。

日本軍分枝

日本は中国国内の部隊分関東軍支那派遣軍二大グループ。

日本軍日本の自衛隊

日本軍概括

日本軍によると自衛隊は、第二次世界大戦後アメリカ支援の下で
日本軍に武漢日本軍に武漢
復興と発展した。につれて日本経済実力が急速に強化、日本の軍隊の建設を長足な発展は、「質重は量」と「海空優先」の創設方針の指導の下、自衛隊はすでに発展して1本の装備洗练され、仕込み、作戦能力の武装力。
1945年日本败戦降伏後、軍を解散されて、軍事機関に撤回され。1950年朝鮮戦争勃発後、アメリカその自身の必要に基づいて、日本の軍事力の発展を再指令。同じ年、日本は「警察予備軍」を、後に改称保安隊、1952年に成立した「海上警備隊」、1954年に新築航空自衛隊ななしち月に公布し、「防衛庁設置法』と『自衛隊法』は、保安隊、海上警備隊それぞれ陸上自衛隊と改称海上自衛隊は、陸、海、三軍正式に命名した自衛隊、防衛庁や合同参謀本部、健全た統帥指揮機構。
自衛隊の最高統帥は首相最高の軍事政策決定機関は閣議。「安全保障会議」は内閣は軍事上の最高審議機関として、首相、外務大臣財務大臣内閣官房長官、国家公安委員長、防衛庁長官など内閣の主要メンバー構成を担当し、審議国防方針、建軍記念計画及び処理さまざまな突発事件など。防衛庁長官は、国防部に相当し、閣僚。合同参謀本部議長のと陸、海、空軍参謀長から構成して、担当の擬定と調整軍の作戦、訓練や支援計画を研究に軍事情報、実施して2つの軍隊の種類以上の共同作戦、演習の時、実施統一指揮。現職防衛庁長官石破茂(Ishibashigeru)、合同参謀本部議長石川亨(Ishikawa toru)。

日本軍基本政策

平和憲法の下で実行専守防衛を堅持し、日米安保体制;文民統制を確保、非核三原則;控え目に防衛力増強を堅持し品質創設原則を独立して対処する株式の小さい規模の戦争。

日本軍徴兵制

陸上自衛隊の兵役期間は2~3年、海、空自衛隊をさん年。私の希望は、一般に、延長服役いち度(2年)には。締め切り
日本軍日本軍
2002年さん月、日本軍編制兵力28 . 3万人、その軍人約25 . 9パーセント万人、文官の職の2 . 4万人、実が24万人の兵士。その中の陸上自衛隊は約14 . 8万人、編をご方面隊、管轄じゅうさんの師との混成旅に、いち空挺装備の旅、戦車約1050台、装甲車で約680台、各種火砲約6080門;海上自衛隊の約4 . 4万人、担負機動作戦連合艦隊と担当近海警備のご地方隊から構成して、装備の各型艦艇142隻、37万トン、飛行機航空自衛隊207棚、約4 . 5万人、主要な作戦部隊を航空隊、所轄さんの航空方面隊といちの航空混成団、装備の各型機機468余り、その作戦機366機。また各式のミサイルを持つさんじゅう種(以上装備数字2001年さん月時点)。自衛隊や予備役の軍人53000人余りである。防衛庁の機関や直属機関の7000人余りの作成。2000年、在日米軍総兵力約40200人。
2003年度軍事予算約48000億円、その予算総額約817891億円の6 %。
90年代以来、日本は何度も海外へ出て。1991年の灣岸よんしよ月自衛隊派遣へ参加し、多国籍軍の掃海活動。1992年ろく月、日の国会で可決《国連平和維持活動協力法」、略して「PKO法」という法律の上から確定、自衛队出国執行国連司会の国際平和維持活動。1992年以来、日前後にカンボジア、モザンビーク、中東などの国家と地域から軍人の平和維持活動に参与する。2001年じゅういち月さんじゅう日、日に国会に「国連平和維持活動協力法改正案」を解除し、これは自衛隊が参加する国連平和維持主体の行動を制限。2002年さん月に日、690名派遣陸上自衛隊員に参加して東ティモール平和維持活動。
「きゅう、く・じゅういち」事件後、日本国会は2001年じゅう月は29日、「テロ対策特別措置法」を改正し、対応する「自衛隊法》と《海上保安庁法。日自衛隊艦船は2001年じゅうに初めに到着インド洋、美に対対テロ戦争後方支援の実施。2002年よんしよ月、日本政府の正式発売「有事法制」に関連法案を加速し、その立法プロセスを確立し、法律の上からの応戦する国家体制。

日本軍階級

■日本階級分幹部、曹士両の大きい種類。その幹部はは、佐、尉の三等九級が、階級呼称と旧日本軍とは違い、将官分は1、2を補って、それぞれに相当する上、中、少将;佐ほか1佐(大佐)、2佐(中佐)、三佐(少佐);尉官と尉(大尉)、二尉(中尉)、三尉(少尉);曹士と曹(曹長)、二曹(軍曹)、三曹(伍長)、士長(上等兵)、士(一等兵)、二士(二等兵)、三士(三等兵)。1970年増設準尉、1980年また増設曹长(つまり下士官長)。日本軍将兵の階級の合計6など18級。
新旧対照表名称■日本階級
旧日本軍が戦後自衛隊
大将は
日本軍に今の地位にある。日本軍に今の地位にある。
中将は二
少将を補う
大佐一佐
中佐二佐
少佐三佐
大尉一尉
中尉二尉
少尉三尉
準尉
曹长(下士官長)
曹长一曹
軍曹二曹
伍長三曹