明季南略

杭州大学図書館蔵は旧抄足本明季南略元张崟(慕骞)氏による発見については、本とその作者の状況、張さんは计六奇明と旬の南北やや支文の中ですでに述べた、この文は同封の新点校出版の明季北略の中で。今は明季南略の仕事をし点校手っ取り早い説明。この本は難しい脱稿するは康煕10年(一六七零年)が、清朝初期の文禁;ずっとなかった出版する。至って嘉庆年間、光、文綱少しゆるめることこそが北京琉璃厂半松居士木の活字本誌行、共に18巻。それから、光緒13年(一八七一年にインバ)、上海図書集成印刷局で刊行石版巾箱本;民国初年、商務印書館鉛が刊行され、復刻「万有文庫」や「国学基本ライブラリー」爾種の名称。1958年、ビジネス本また再版する。以上の通行諸本、文字とほぼ一緻しにくい内容、18巻が、いずれも非完成帙、1篇数は計、行ける本南略削除42篇近く二万字。張さんはかつては杭大蔵写本16巻作底本を惜しむ点校、また完成、つまりは一九六五年春に病死する。
明季南略

明季南略作者簡介

明季南略明季南略
计六奇(1622年―?)人で、江蘇省無錫、字賓、日日節子、別称九峰居士、明日啓二年生まれ、沒年不詳。江蘇省無錫県興道郷(今前州、玉祁あたり)人、および清朝初期の史家。自著『明季北略』と『明季南略」二本。

明季南略南やや簡介

本凡16巻から清順治元年(1644、明弘光元年)五月、止まる康熙四年(1665)二月、記述南明史略と鄭成功の事績。その序文にいわく、「叙度は不倫、見聞が異なり、で筆の所から、雅俗兼収、有明のマイクロ緒余燼、全て卒業となり。」『明期南略』と『明季北略』はほとんど同時に行われるなど、二本資料源広範で、出所を明示した史料に「野乘』、『野記』、『遗闻』、『国難録』、『史略』、『甲乙史」や「生き殘り録』、『無錫記』、『無錫実録』、『江陰外史』、『福建こと纪略』、『安竜・クロニクル』、『粤』』など七十余種。李慈铭は「明期南略』に記を経験、「におうが親に誤りがないので、重要な点」。
「北略』『南略』の2本を編纂の特徴は编年綱、雑誌は紀事本末、伝記形式。各巻年分記述がないこと、编年編月、一部の事は目の中には、多くの事件と題し、伝記、章奏、詩文。毎巻はほとんど「誌異」、もっぱら記ホロスコープ変化や天災异象。梁啓超「計用賓の『明季北略』、『明期南略』で、紀事本末体、組織が善」。
この本は脱稿、康煕10年(1670)が、清朝初期の文禁;ずっと付けなかった。嘉庆まで、光年間、文綱少しゆるめることこそが、北京琉璃厂半松居士木活字本刊行、共に18巻。それから、光緒13年(1887)、上海図書集成印刷局で刊行石版巾箱本:皆非足本。杭州大学図書館蔵は旧抄足本明季南略元张崟(慕骞)氏による発見については、本とその作者の場合、張さんは计六奇明と旬南北やや支文の中ですでに述べた、この文は同封の新点校出版の明季北略で。今は明季南略の仕事をし点校手っ取り早い説明。民国初年、商務印書館刊行鉛、復刻「万有文庫」や「国学基本ライブラリー」爾種の名称。1958年、ビジネス本は再版。以上の通行諸本、文字とほぼ一緻しにくい内容、18巻が、いずれも非完成帙、1篇数は計、行ける本南略削除42篇近く二万字。張さんはかつて杭大蔵写本16巻作底本を惜しむ点校、また完成、つまりは一九六五年春に病死する。