東方会議

日本で開かれた東方の会議を三度:つまり1921年ご月原敬内閣で開かれた東方の会議1927年、ろく月末から田中義一首相ななしち初め開かれた東方の会議、1927年はち月森謹む大連での大連会議と呼ばれる第2回東方会議)。それぞれの名称については、別の資料にさまざまな呼称、例えば「大本営陸軍部」を著した資料を引用では、森謹むで開かれた会議と呼ばれる第2回大連東方会議で、秦孝仪監修「中華民国重要な史料初編」と田中義一で開かれた東方の会議の第二次東方会議。今私達は普通は1927年によると、ろく月27日からななしち月ななしち日、田中義一の会議を東方会議。
東方会議
東方の会議は1927年日本田中内閣を制定に中国を侵略した総方針として開催された重要な会議。は日本の中国侵略の歴史の中で、東方の会議は一度決め“国策”の重要な会議。「対中政策綱領」を描き出し田中内閣を射止め「満蒙」と武力侵略の「積極的」政策の基本的なシルエットを示し、日本帝国主義が決定せしめ全体の東北、加速大陸政策を実現。「満蒙特殊論」になってから日本は中国とアジアを侵略の理論の根拠。東方の会議を予告している一連の重大な武力侵略行動を繰り広げる。

東方会議東方の会議の開催の背景

にじゅう世紀にじゅう年代、日本は深刻な危機に直面して内外。1920年に次ぐ経済危機以降、1927年に勃発した金融危機は、一方、国内労農運動が盛んに発展して、中国人民は反対日本侵略の闘争の波が日増しに高まっている。危機を脱するため、日本の帝国主義武装勢力を急いで中国を侵略して、さらにアジア大陸徴服。1927年よんしよ月じゅうななじゅうしち日、若槻礼次郎の辞任よんしよ月にじゅう日、政友会総裁田中義一拝命組閣。田中義一就任後は洗う幣元の「弱腰外交」、それは強硬な姿勢を対外交流(特に中国)、そして田中義一本人の外相。田中義一は中国に対しているのは、「強硬外交」を核心の「積極的な政策」、その「積極的な政策」の幕は出兵山東。24日、陸相白川义则閣議で「人」を提案し、出兵後は27日、田中内閣は「その場で保護居留民」を口実に出兵山東省で28日の裕仁天皇を認め。ろく月いち日、日本軍は靑島に上陸する。田中義一本人は大陸拡張主義者は今、登る首相の位置の田中決意を強力に推進するその中国東北拡張に一貫して主張し、だから出兵山東の同時、彼の指示政務次官森謹む準備に一回陸海軍首脳、大使襟、関東軍司令官などが参加した東方会議、準備会議では、交流の情況、理解を統一して、それによって制定された「円と元外交」の中「積極的な政策」。

東方会議開催準備

1927年ご月じゅういち日、田中内閣議題に確認したところ、主に対中国政策の方針に。
ご月じゅうはち日、確認<<会議組織草案>>。
ご月24日、命在北京公使芳沢謙吉・奉天総領事吉田茂、上海総領事矢田七太郎帰国。
ご月さんじゅう日、田中義一向陸相通知の議題をお招きし陸軍の役人など出席。
ろく月ろく日、関東軍遂参謀藤恒提出「満蒙政策についての意見」

東方会議討論議題

中国時局
メンテナンス拡大と日本帝国は中国の経済の利益
山東から撤退と中国の反日問題
対中武器輸出問題
委员の質問に対して政府の対中政策

東方会議会議のファイル

会議が終わったら、田中首相が打ち出した一枚の「対中政策綱領」、「東方の会議のまとめ。綱領合計8条1~5の主の「中国本土」の対策として、6~8条「満蒙」の対策。そして後の史料に現れた1部には田中という天皇が奏でる上戸「帝国満蒙の積極的根本政策」のファイル(通称「田中上奏文」)。

東方会議内容

東方の会議は日本は中国を侵略して特に我が国の東北史上重要な会議。今回の会議には中国を侵略し、特に中国に侵略した東北の策略に2種類の主張:山本条太郎などの内科の方法、つまりは外交の、経済の手段を拡大し、日本帝国主義が中国では特に東北の利益;森謹むなど主張外科方法、つまり軍事手段を侵略する。最後に田中総合2種類の侵略の手段として、発表した「対中政策綱領。
今回の会議が決めた諸般の政策、主に以下の何時:
第一に、この綱領から日本に言及にかんがみて極東での特殊な地位、中国本土と満蒙自然を区別しないわけにはいかない。これは彼の基本方針を表明したのは東北蒙脱中国の政策。
第二に、逞と弾圧ない分子抗日革命者)が秩序維持、帝国の権利利益を中国の日橋の生命と財産を不法侵害を受けた時には、きっぱりと自衛の措置をとる。つまり、日本を守るために中国の侵略の権益のためにも辞さない中国出兵する。
東方会議も検討した張作霖の処置の方法が。会議では、現在の中国の形で張作霖不利で、張は充実の東北三省の基礎、治安維持、人心を安定させるため、動乱の波及を防ぐ。
上記の東方に会議の内容を表明、はワシントン会議以来、日本政府が発表したにもかかわらず、中国の内政に干渉しては偽りのない方針、田中内閣も彼を捨てる。今回の会議で決まった中国の強硬な露骨な侵略方針。この方針によって、その後による九一八事変の勃発と偽満州国の確立。

東方会議参加者

会議委員制を取る。
委员長:首相兼外相田中義一
委员:政務次官森謹む参与し、外務官植原悦二郎、外務次官出淵勝次、アジア局長木村鋭市、通商局長斎藤良衛、欧米、駐中国公使局長堀江田正昭芳沢謙吉・奉天総領事吉田茂、漢口総領事高尾亨、上海総領事矢田七太郎、陸軍省次官煙英太郎、参謀本部次官南次郎、軍務局長阿部信行、参謀本部第二部長の松井石根、海軍次官大角岑生、軍務局長左近司政三、軍令部次長野村吉三郎、関東長官官儿玉秀雄、関東軍司令官武藤信義、朝鮮総督府警察局長淺利三郎、大蔵省か材局長富田勇太郎。
鉄道相小川平吉、陸軍大臣白川义则、内務大臣鈴木喜三郎、大蔵大臣3土忠製などの傍聴。

東方会議基本的な主張

山本条太郎などの内科の方法、つまりは外交の、経済の手段を拡大し、日本帝国主義が中国では特に東北の利益;森謹むなど主張外科方法、つまり軍事手段を侵略する。最後に田中総合2種類の侵略の手段として、発表した「対中政策綱領」。

東方会議過程

注:東方会議の具体的な内容について、一番早くてはじめて『支那時報』(第7巻第2号)が、現にくくて、1943年日本東京高山書院の『森謹む》という本の中にを抜粋ので、参考までに。『森謹む》1本会議の内容についての東方から以下の書籍で探す:秦孝仪監修「中華民国重要な史料初編」 章伯锋、編集長の『中国近代史資料双書――抗日戦争』(第一巻) や、『中国近代史資料双書――北洋軍閥』(第5巻)。上記の内容に係総合書籍で。
全部で5回会議が開かれたが、出席委员がそれぞれ意見陳述対話し、いろいろ議論をして、最後には田中首相訓示関係の対中政策の綱領を期の対中政策の運用と統一。

東方会議1、会議の開始時間:ろく月27日

会議が始まると、先に田中義一読み上げる会議の言葉、そして木村アジア局長の報告議事日程後、散会。
田中義一の会議の言葉(田中義一の挨拶)
中国の時局現在非常に乱れて、私にでの政府の対中国政策を実行し、深い考えを必要とする。だから私は中国の戦局を一時小康状態の頃、準この此际を中国に駐在の各方面で日本を代表する公式の皆さんは中国に対して時局の報告と率直で、告白の意見を参考にし、政府の。同時に準政府の政策の運用上を獲得し、皆さんの理解、さらに、徹底的に統一の政策を実施し。本会議はこの意味によって開催。なお、政府の政策を考えて運用方法の時に、私は、ディテールの事項に関する細則に本会議の進展に適応するために必要で、テロ組織のことを特別委员会は、このような場合にも希望します 。
外務省によっていち(注:秘密档案之記載、末尾には次の数語:本会議に何の新聞の注目を引いて、だから発表のニュースが十分に気をつけて留意者を必要とする。この任務は植原参与官担当、発表の事項については、植原参与官て適当に手配後発表。それ以外に、是非皆さん覚え本会議の内容は絶対に秘密。 )
(注に:田中義一の挨拶も章伯锋などになって編集した「中国近代史資料双書――抗日戦争』、第1巻から918から七七、第ろくページ)。

東方会議二、第一回会議:ろく月29日午前、外相官邸

出席者:上記の者のほか、小川鉄に、山本農相、水土蔵相、白川陸相など、鳩山書記官长などに聞き手の身分に列席する。
会議の後に先に矢田上海总领こと報告。午後、高さだけ尾の漢口総領事、吉田奉天総領事、松井第二部長に報告し、何も行わない議事を散会 。

東方会議三、第2回会議:ろく月さんじゅう日午前

まず武藤司令官が意見陳述、そして児玉長官満鉄沿線申し立てに関東州租借地の行政上の意見、最後は東方会議の中心人物――駐中国公使芳沢中国一般の政治状況、特に中国南北の二大勢力の対立の将来などの問題を提出意見。

東方会議四、第三回会議:ななしち月いち日午前

第2回会議が続けば問題が検討され、特に満鉄問題が検討、しかもいくつかの意見が出た。

東方会議五、第4回会議:ななしち月に日午前

長江一帯は主に日本の経済復興の問題が審議。

東方会議6:第五回会議:ななしち月よんしよ日

昔の中国の投資問題、日中通商条約の改定現行条約違反などの問題の決定。

東方会議七、終瞭:ななしち月ななしち日午後

まず木村局長の報告を経てほぼ会議の状況、そして田中義一は今回の会議は極めて重要な東方の会、外務省の方面の委員会はもちろん、他をいただいて陆海と関係各省(部)を担当して出席し、われわれ親聆告白、率直の高見。私は信じて、それぞれがこの理解できる政府が将来をとるべき政策の徹底的に統一の方針で、実実現。私の願いをこの機会に皆さんに公表政府の対中政策綱領を前提にして「対中政策綱領」。

東方会議八、会議の収穫

一、「対中政策綱領」、対中政策の運用が統一、中央と駐現地支店固言を待たない、つまり各機関の間の嫉妬の目で見るの弊が繋いでもする、
二、外交の継続性が、対中政策が干渉しないは支持して、中国側の誤解を一掃、
三、関係満蒙問題、特に関係の東北三省の治安、素直について、わが国と日本)の立場やその要望。

東方会議意味

東方の会議は日本を侵略政策決定推進の大陸は肝心性の会議。それは日本が中国を侵略し、特に侵略わが国の東北は重要な作用の。後、日本に沿っ会議が決定する方針で、積極的に中国を侵略した政策を推進する。