反共産国際協定

第二次世界大戦前に、ドイツ、イタリア、日3ファシズム国家の癒着の協議。1936年、德意秘密と締結した『德意議定書」が、約束を強化する対外侵略する過程の中にの協力、形成された「ベルリン—ローマ軸」。1936年じゅういち月、徳の日に調印した『反共産国際協定。1937年じゅういち月、イタリア加わった《反共産国際協定」、ドイツ、イタリア、中日三国枢軸正式形成。その後にも同協定ハンガリー、スペイン、ブルガリア、フィンランド、ルーマニアデンマークスロバキアクロアチア傀儡政権と中国の満州傀儡政権、汪精衛偽政権
反共産国際協定

反共産国際協定背景

1936年じゅういち月25日、日本とドイツでベルリン「反共産国際協定に調印した」。協定の規定によって、反対コミンテルンについては、両国は「情報交換しなければならない」「緊密に協力する」。これはドイツ、日二つファシズム国家発動第二次世界大戦の1つの重要なステップを通じて、この協定の締結日、ドイツのファッショ反ソ両国で反共の旗の下で作り上げて公開の軍事同盟を再徴連携を実現させるため、世界制覇の野望の世界。発動侵略戦争再徴、世界は、日本とドイツファシスト政権はとっくに決めた方針。1933年いち月、ヒトラー就任後に着手し、侵略戦争の準備をして、「大砲の代わりに、バター」のスローガンの下で、狂気を軍備拡張、急速に経済を押し上げた軍事化の軌道。1933年、ヒトラーが引退したジュネーヴ国際軍縮会議し、1933年きゅう、く月じゅうく日に終瞭した国際連盟国連は、抜けた軍備拡張のすべての制限。1935年、ヒトラーはさらに「国防法」が公布された、規定の実施普遍的な義務兵役制最大限に拡大した彼の兵員額をドイツヨーロッパの戦争になってしまった策源地。東洋では、日本法西斯化のペースも速いから中国の東北を占領した後、1936年さん月、ファシズム分子、前外相広田の組閣、日本の軍事独裁体制を表明したファシズムが完成し、当時彼らは公開対外拡張の要求を提出し、対外侵略戦争発動を図るとして「帝国の生存と発展」の基本的な国策。
反共集会反共集会
東西両ファシスト帝国結成の軍事同盟、目的は等分世界が反ソ反共の旗を掲げて、一方では、彼らは確かに反ソ反共し、一方では人目を忍ぶを避けるために、早期に刺激し他の帝国主義の国、やっぱり、西侧にまかせよ帝国主義が、その軍事力発展の結果养虎为患第二次世界大戦に、世界の人々に1度の深刻な災難。
イタリアとナチス・ドイツで国会議事堂前の反共集会イタリアとナチス・ドイツで国会議事堂前の反共集会

反共産国際協定德意日同盟

ドイツ、イタリア、日三国同盟条約の調印、攻撃ソビエト連邦計画策定の過程の中で、ヒトラーまず必要ドイツ以前より密接に協調ドイツこれと「反共産国際協定」の同盟国に日本とイタリア行動。ヒトラーに統帥部構想が、日本を牽制しなければならないアメリカの力は、彼らヨーロッパ戦場に入るべきソビエト連邦;吸い取ら数十の師とほとんど空軍、彼らを両立させない。徳はイタリア(1939年ご月)締結軍事同盟(「鉄鋼条約)。
鉄鋼条約鉄鋼条約
三国の行動を考えさせるために協調を実現、ヒトラー外交を利用した日本ドイツと分かち合いたいイタリアの「成果」の願望、日本と軍事同盟を締結する。
提携の交渉は1939年中断。今日本の提案を締結軍事同盟、ドイツ有利の反応を得た。徳日交渉は1940年きゅう、く月きゅう、く日に東京で行われ。日本を代表するのは外相松岡、代表ドイツは施設ッター默尔ウルトラ両公使。きゅう、く月じゅうはち日、リッベントロップローマへ、説得ムッソリーニ齐亚诺同意イタリア加入徳日軍事同盟。1940年きゅう、く月27日、ドイツ、日、イタリアの軍事同盟条約東京で署名して、交渉の終わりを告げる。三国条約が発表したテキストを認め、「日本ドイツと尊重をイタリアヨーロッパ「新秩序」事業での主導権は、ドイツとは認めてイタリアし、尊重する日本東アジア「新秩序」事業での主導権。締約国の一つのように関与していない方を受けて欧戦や中日「衝突」の大国が攻撃する時、三国保証は政治、経済、軍事のあらゆる手段で相互支援。交渉の間、徳日両国政府は互換照会の形式は南洋問題の秘密協定に署名した。日独両国の代表は約束で、いったん日本とイギリス武力衝突が発生し、「ドイツを尽くして、持っているあらゆる手段で日本の援助」。ヒトラー一味同意あっ日本委任統治下のドイツ南洋では過去の植民地から日本の管轄が、ドイツ一定補償を条件。ドイツ以前南洋の殘りの植民地、欧戦が終わってからドイツは自ら回収し、そしてまたと日本政府の討論がそれらの問題の世話に分、できるだけ日本の利益のために提供するべきで、日本ドイツ相応の補償。一方で、署名を3つの委員会の協議、つまりいわゆる総委員会設立と2つの技術委員会(軍事委員会と経済委員会)の。総委員会は德意両国の駐日大使参加施設署東京オフィス、日本外相を主席。ベルリンとローマでも同様の委員会を設立する。軍事委員会、東京、日本の陸海空軍の代表と德意両国の大使館の陸、海、三軍武官の構成。德意両国の首都でも同様の委員会を設立。総委員会の目的は三国の政策協調、軍事委員会と経済委員会の任務は解決協同作戦と相互を経済援助の問題。三国の条約に署名し、正式に生じた3つの侵略国の軍事同盟。この条約は、各国の平和を愛する人民は、まず、ソビエト連邦の。

反共産国際協定内容

協定を含むさん条本文、付属議定書と秘密を添付。主な内容は:締約国は約束して交換についてコミンテルンイベントの情報を緊密に協力し、協議と必要な防止対策に「共産国際脅威の第三国」を防止対策、または共同招待して本協定を設け常設委員会、協議反共事宜。秘密の添付ファイルが規定:締約国侧攻撃されソビエト連邦脅威や攻撃時、もう一方を取ってはいけませソビエト連邦いかなる利益の行動を検討し、すぐに保護共通利益」の対策、未合意締結にならないと、ソビエト連邦本協定の精神のいかなる政治条約。この協定の調印はドイツ、日、イタリアのファッショの拡大のために相互に負う対外侵略力の産物であり、ファシズム侵略グループの初歩的に形成。