狂草

狂草は草書最も気ままな1種で、丸い筆勢と回転して、字形ロマンチックで変化が、今の基礎の上を描いて連なる書き形成「一筆書き放漫にと気脈を通ずる。
狂草

狂草言葉の概念

狂草基本情報

词目:狂草
ピンイン:クだけはng c o
発音:ㄎㄨㄤˊㄘㄠˇ
英文:highly cursive script in Japanese calligraphy

狂草引証解釈

いち.草書で最も気ままの一種。筆勢連綿と蛇行し、字形多変化。聞くところによると张芝創は漢、唐から張旭、怀素始が流れている。清馮クラス「鈍吟本」:「は狂な旭素、しょっぱい臻霊妙。古人は酔って時には狂草と、無にペンは、細くても平日の工夫。」清高士奇『蔵本当に自序帖>跋」「唐怀素本、奇縦変化、超邁前に古代。そのじじょ巻、とりわけ生涯狂草。」
勝手にぞんざいに。巴金「家」「倩如25からの狂草の筆跡から見て、彼女はどんなに怒り。」
さん.狂草は点描連なりの基礎の上で書き、形成「一筆書き」放漫今と同じひずみ。狂草の成功は、唐代の書道ピークの一方の表現。代表人物は張旭と怀素.張旭史称「草圣」。

狂草由来

古代中国で书论中でもに篆書楷書も、草書論述、多くの自然景観またはいくつかの現象も前作よりも、言い尽くせと説明して、読者によって1種の生活を感じて、生活の経験を理解することを理解してこそ、と。書道は本当に1種のとても幽玄の芸術、特に狂草、書き手こそ情熱ある1種の興奮状態で完成した、読者から墨跡にかすかに感じるある感情。これは1種のエクスプレッショニズム芸術の特徴に生まれ、狂草唐代、当時の絵画は基本的に重彩細密な表現で、范山模水、眉も塗って目も、長い時間に頼りなければならない理性は完成するの。たとえば吴道子そんなめいエクスプレッショニズム成分の画法も、どうせ物形の制限を受け、ではないが完全に放して来た。このような情況の下で、書道の中から現れた狂草は、借りてもいいが十分に情感を表現や情緒。これはおそらくエクスプレッショニズム書道の発生要因。

狂草狂草名家

狂草張旭

張旭字伯高、唐の開元天保年間(713〜756)呉郡(今江蘇蘇州)人は、官長今吾史と呼ばれるので、世間张长史。張旭
尤に狂草尤に狂草
平生酒、性情放达不羁酔うしながら、よく後コールしながら狂走、興に乗ってで揮毫する。の歴史に記載されて、彼はかつて髪で書く墨継ぎ大字当時の人々は彼に、「張が揺れる」。
張旭の狂草左驰右頂き、千変万化、極めて怪しい変幻の限りを尽くす。韩玉涛さんはその三つの特徴をまとめ。一つは「狂」に書いて、一気に一貫して、1種の勢いを維持し、目には「意」、「無惜しむは非」。もう一つは「変」「変態」。例えば「游云千万輪」、山の芋が鰻になる、筆接合体も、推測しにくい。第三の特徴は「恐るべき」。「恐るべき」は「桜」や「媚」、捨てる妍美、ひ弱な病態が生じ一種の岩垂れ込める感、「見る人は字の場合、「剣の切っ先に追い込む」と「粛然と」。張旭の草書は狂草はないが、失法度、一点一画も決まりがあって、彼のための楷書もかなり高い業績。張旭伝世の作品が多くないが、見られるのが『腹痛い貼って》、《古詩四帖」など。

狂草怀素

怀素(725-785字)、本当にお金も隠し、姓、潭州(今湖南長沙)人は、幼い頃から出家僧侶となり。彼は張旭
林散之狂草が「毛沢東詞清平楽6』の局部山県林散之狂草が「毛沢東詞清平楽6』の局部山県
夜の二十年以上、受けた張旭と顔真卿の影響で、幼少学の本、非常に骨身を惜しまない。「笔冢墨池」の故事成語は彼から所得。彼の書道、豪快奔放気まま、例えば「飛鳥出林、惊蛇入草」。当時の詩人の李白、钱起など、賛美彼は書道の詩。韩偓は詩に書い:「どこ一屏風、明らか怀素行方。は多いが塵色染め、まだ会って濃墨痕。奇岩怪石奔秋澗、寒藤掛Gusong。もし教臨水はサイド、字の恐怖ジャッキー・チェン。」彼の字と張旭字と比較して、見ることができる、後者の筆画偏肥で前者やせ、だから、怀素『じじょ帖』には「走って座って蛇毒虫勢い」、「寒猿水飲み揺り動かして枯れ藤」の詩句を、「ダッシュ蛇」と」枯れ藤」前作よりも、非常に適切な。
怀素と張旭並ぶ。後世に「张颠素狂」や「张醉素揺れる」と呼ばれる。言うことができるのは古典浪漫主義の芸術、後世に影響がきわめて深遠である。彼も詩を作ることができ、李白、杜甫苏涣などの詩人も付き合いがある。いい飲酒、飲酒たびに興って、分けない壁、衣類、器、任意を書いて、時の人との“酔僧」。彼の草書から张芝、張旭。唐呂総「読書評価」では「怀素草書、援ミリ掣电、ついでにどのように変わっても、宋朱長文『続书断』列怀素本はすばらしい物。コメント:「勇士剣で、神は彩感動させる。」
怀素幼少から頭がよくて学は、『じじょ帖」に単刀直入に「怀素家長沙、幼仏でことを経て、禪の合間、すこぶる喜筆筆。」彼の精神は非常に驚くべき刻苦勉励する。紙が買えない、怀素は板や円盤を探してきて、白いペンキを塗っ書き。その後、怀素漆パネルとつるつるして、容易に筆を運ぶ、また寺院近所の空き地の荒地だったが、一万株を植えた芭蕉木。芭蕉が成長した後に、彼は外す芭葉、店は機の上に、臨書揮毫する。不眠不休のため怀素習字、古い葉が裸芭蕉、小葉は惜しんでとると思ったから、いっそ持った筆墨芭蕉ツリーの前に立って、新鮮な葉書き、たとえ彼のような太陽炒め煮、身を切るような北風が凍って彼の手は膚あかぎれ、彼はかまわなく続けて、粘り強く習字。彼をか所、また書く別の場所では、絶えない。これは有名な怀素芭蕉習字。
は張旭と怀素以降、歴代草書みんなが現れ、宋、明のよう黄庭坚祝允明、徐謂、王铎、清朝の傅山、現代林散之、毛沢東など。すべての書家継承先人と同時に、自分の個性を融進。

狂草黄东雷

現代書道家黄东雷の狂草書道は一種の時代とともに思潮の解放のため実質的な突破と発展を獲得した芸術。

狂草罗树人

「草仙」罗树人罗振荣1970年生まれ、本名は、広東陽江、1991年卒業曁南大学金融係。嶺南派の代表人物と一、中国画の大家、「梅大王」关山月さんは同郷。陽江が流行して二つのことを「失って行く一草世界、浮気が2マスター」拈花マスターは、「梅王」と呼ばれた关山月「大師は、惹草」が「草仙」罗树人。

狂草高占全

高占全狂草書道形意同源、素早く書き上げる、得意鍼感呈す、その字の中が起こる。筆で、配置、構成、虚実、バランス、矛盾、対称、個性、行ガス、清濁、開閉、話題、濃淡や大きさ、シルエットに形成の独特な芸術書道のスタイル。落収ペンの妙、収を悟りの狂草。