李攀龙

李攀龙(1514—15700000年きゅう、く月じゅうはち日)、字は鱗、号滄溟、历城(今の山東省済南)人は、明代の著名な文学家。続いて「前七子その後、」と谢榛王世贞文学などを復古運動を「後七子」のリーダーとして尊重されて、「宗工の巨匠」。主盟文壇にじゅう余年、その影響はきょう。七言近くで体が、後世にも彼の詩「やたらと唐詩批判」。
李攀龙

李攀龙人物の生涯

李攀龙祖先無という名、父親李宝李攀龙死を贈る医者に憲順徳府知事。攀龙きゅう、く歳で孤家無余費用、頼母張氏の紡績暮らす。じゅうはち歳入県学の諸生で、米倉于郡学校。とはまだ幼年時代の殷士儋(後大学士、文名)、许邦才(後の王府長い史、済南の詩人)で約知己。攀龙性情疎放耐えないから、当時书塾で講義の内容や経訓八股文文
李攀龙李攀龙
人の目を狂生。
嘉靖の19年(1540)を取り、攀龙郷試第二位、さん年後賜同進士出身。その後から嘉靖の32年(1553)、暦日に沿って郷試同試験官、刑部広東司主事、刑部員外郎、刑部山西司医者、官凡三遷転々と郎署によると、官職閑散。この間、攀龙と王世贞谢榛宗臣吴国伦梁有誉徐中行などの詩酒唱和、趣が一緻して、結び目を诗社。その论诗主張と「前七子」と提唱してと、新しい文学流派を形成し、史称「後七子」。彼らの文学の主張の基本的な内容、すなわち文主秦漢、唐诗規継「前七子」の文学復古運動を徹底的に変えて「台閣体」統制文壇の局面で闘争。李攀龙集中擬古楽府は、その文学の主張の具体的な実踐。
嘉靖の32年(1553)、李攀龙出守順徳(今の河北ケイ台市)、順徳府知事。さん年の任期中、業績が、いくつかは有利に強固明王朝統制で庶民に一定の利益のこと。例えばお蠲民税負担軽減百姓;政刑宽ジェーン、民無冤情;増設宿場、人民労役に負担軽減など。その間の詩文の創作、一定の成果も。いくら贈答心持ちを言い表すか、描山似せる水、または関心時政の作も、それぞれ特徴がある。『登黄楡、马陵諸山は太行の絶頂に4曲』、『春兴」など、この時期の代表作品。
嘉靖の35年(6)の夏、李攀龙昇格陝西観察司を押す提学副使。着任してまもなく、我慢できない陝西巡撫殷学勢力をたのむ傲岸なスタイルは、古い帰を母として、まばらに乞帰、未下すなわちふい衣退官。在職は不満一年、李攀龙足跡が遍及区、視察府州県学同時に、遊覧には各地の名山の古跡。『綏秋登が華山絶頂4曲』は、この時期の最優秀作。
陜西から帰国して、李攀龙故郷で築雪の階隠居、高臥、杜门谢客、有力者との往来は、いくつかの高官貴人はその接見を
澄んだ泉雪階に露澄んだ泉雪階に露
栄子より、学者はその品評来衡かも、自分の価値。そこで「闻望茂著、自時後、操海はテキスト柄垂二十年」(钱谦益『列朝詩集プロフィール・李に観察攀龙』)。この時期は李攀龙詩文作品の重要な時期に、書いて詩文を占め、殆《滄溟集』の太半から詩文を結集曾名最初「雪の階集』。この間、詩で故郷を詠んだから湖と山の功績最高、『と輸送みなさん登華の不絶頂』、『靑の蘿館2曲』、『抄秋と右史南山眺望」や「酬枚中継鍾乳洞作』や『王八首」を中丞などはその代表的な作品。
隆庆改元(1567)、李攀龙から浙江に就任する観察司副使、隆庆三年(1569)、詔拝河南検察官。浙江、詩人の詩を賛美した「戚家軍」は主体の抗倭将兵を表現した愛国の情が深い。河南サービスよんしよヶ月、老母の病死、詩人の扶柩に帰。元々病弱に加え、悲しみを持って喪甚だしいと病臥しません。第二年(15700000)年八月十九日(きゅう、く月じゅうはち日)暴疾で卒、享年58歳。葬历城郊外の「牛山之元」、移動後药山の麓。後代の人はその少年読書所済南にある泉の名に建てられた雪の階は、詩人の思い出の情に宿る。階が荒廃して、初めから解放され。1996年には再建造跡地に建設されと雪階続けて一体の芝居の大舞台。ここで京劇の長年をはじめ様々なドラマ出演は、全国の有名な演奏活動センター。

李攀龙文学の業績

李攀龙の各体詩で七言律詩と七言絶句より優。その七言律詩声調澄んで、詞採俊爽。彼が「金牛突然会い湖影、鉄騎初回海潮」(『子と旅行保俶塔同じ賦』)保俶塔スケッチの西湖、「浮きあぶく結金麗を龕、飛んで窦双衔甕丸い石」(『酬枚積鍾乳洞山作』)形容鍾乳洞山の金龕と石の甕状況は、嫌体物が停滯して、さらに生き生きしている。彼は「明に病気の風塵の下で、短く褐色論交天地間」(『初春元米席に贈る謝茂秦て関字」)を表現する诗人を南北に奔走した布衣谢榛「自昔風塵駆自慢代官、さらに伏枕に清秋」(『から元米》)を親友王世贞も、比較的イメージ。しかしそのアイデア、同じ言葉少ない。彼のいくつかの七言絶句も書くの自然、さらに注意頓挫変化して、《と聶儀部明妃曲」「天山雪の北を抱いて寒風と寒気、すぐ弾琵琶。曲だろうか靑海月、まだ作バッキンガム宮殿を彷徨う。」意味深長味わいがあって、静韻。沈德潜品評作「ない議論は、すべての論議者のその下で。」
李攀龙詩選.詩集李攀龙詩選.詩集
李攀龙诗文、その友人、「後七子"のリーダーの一つの王世贞整理編集をさんじゅう巻、題『滄溟さん集』が、その後何度復刻百年で、暦の衰えない。李攀龙所編『古今の詩』を选削除、各代の诗、大きな影響力を持って、後は唐代の詩を摘み取る中編『唐詩選』となり、当時の通行の学校に啓蒙読本、明清の時代を超え、「影響三百唐の詩』。書いて「準古詩』、模写甚だしい、指摘され。
论诗より谢榛度量が小さいと、王世贞、先秦古文で古法、後世に作者にすればその华而裁取るそのにになって、琢句を辞めてときに所属編、古代の作者だけ」(王世贞語)。著書の『答冯通本」は「秦漢以後無文なり」。推賞汉魏古詩、盛唐近く体、所編『古今詩削除」、宋元の詩1首の未録とみえて、その论诗趣旨。その文聱牙戟口、成就は大きくない。其诗も多くアナログ盗作の作で、偶然に現実に直面して、心に描く真情のいくつかの良い詩、例えば『送明卿の江西省』、『バーンで丞』。七言律詩と七言絶句が相対的に高い、声調潔い言葉を採取し、俊爽、語が近くの情の深い、然発想で同じ言葉少ない。そして楽府詩は「模写帖」。『滄溟集さんじゅう巻』。

李攀龙詩集粹

登邢台
郡斎北西が邢台、落日登臨酔眼開。
春樹万彰水に、白い雲は千年の太行て。
孤城は古い風塵色、自慢岳牧才吏終慙悔する。
が覚旧游非放浪して、今蓟门サカツラガン。
と聂仪部明妃曲
天山雪の北を抱いて寒風と寒気、すぐ弾琵琶。
曲だろうか靑海月、まだ作バッキンガム宮殿を彷徨う。
プラグに曲送元美
白羽例えばクリームだ胡烽迎えて冷たくて、長安。
城壁の上に一面の西山月、何人を募集してすぐに見て。
于郡城送明卿の江西
青枫さわさわ雨うら悲しい、秋色遥を入楚ファン。
誰に逆らう舟怜を客、白雲見送る大江西。
郡斎
金虎署に誰が大名、私は今出守邢州城。
跼る差自彊意白眼あの堪無宦情。
人生の道が悠々と何の知己風塵落落一狂生。
春が来て病気から少ない小役人ことで、準草『玄経』はまだ割。
平涼
春色不況白昼に傾いて、平涼北西見天涯。
ただ余草王孫道、入の皇帝の子女の家。
宛馬雲開漢苑、二月秦兵歩く胡沙
万裏の封筆を投げたい侯、恥じる私話鬢有華。
雪の階
伏枕空林長雨が開き、回転、発展が登壇する。
清河を孤城転、白頭山誘いが照り映える回。
無その嵇生成懶遅く、分かる陶令赋帰り。
誰が定解浮雲意、片影に揺れて落ちる杯。
送皇甫別駕开州へ
昨日くわえカップた、愁に送っ玉珂燕山。
吴下诗名諸弟が少なく、天涯官吏跡左遷が多い。
人黎阳树夜雨、客渡秋風ユウガオ川。
自己吕虔刀が贈る、开州別駕だけ無駄ですか?
綏秋登太华絶頂(二)
私は探偵白帝の宮、三峰は本日は誰のオス?
蒼竜半掛け秦川雨、漢苑风どの石马長。
中原に敞秋色尽くして、万裏の夕日日空。
平座ってそびえ立って見ない、容爾て造化功。
初春元美席谢茂秦て字に関
凤城柳また堪よじ登って、谢眺西園未準は。
客が長く高吟生白髪で、春来归夢满青山。
明に病気の風塵の下で、短く褐色論交天地間。
道を聞か鹿门妻が、只今詞賦かつ燕関。
年の暮れ上海
著書の字で無に、歳の学校は狂夫道。
劝君高枕で自重、醪は劝君濁で売る。
誰かに言わない官吏アトラクション、例えば君捨て官も悪。
何処に言わないように君がすさん、杜门複いい。
結局然疎し拙非时调、悠々としても所長。
と许殿卿ハルヒ梁园即事
梁园高い花から花はまだ未まで。
春の花て酒酒自美。夫が饮醉すなわち連休。
やっと花ケ前無白頭、美人に忠告するならを殘して。
春風に花が咲く花がない、どこからない、
どこがいい空回花。
エリートの文字を書く五云中、取締役道乗車するとくつわ。
雛が毛殊は鳳、駒無千裏を骢ない。
名烏すでに承家学、犬は命字文国工。
君は人马后蜀揚、同郷;叶播風。
≪A寄兪仲蔚』
太乙賜う汉德、名驹生ひたす窪。
赤汗が引く流砂どの靑雲、長。
飢え龁玉山禾、喉が渇いてはその最果てに飲み。
尾を上げてさまよって、迍を経て夬相。
泳ぎたくない王宮の門、状況は服塩車。
世伯楽てるだけじゃない、垂耳奈私何。
天子発素书、使者出すこと。
今回は今回は十二暇で、駑馬よく苦多し。
は千裏の姿、絆非所加算。
開元の寺』『集
流陰岑ふい層、が照り映える翳深穀。
古寺入不況を抱いて、回岩幽独。
梵鐘影純香台、殷石屋。
絶壁栖禪で弔厓下きこり牧。
秋の花の雨はやせて、老木霜以上禿。
冷泉可瑩心、白雲況极目。
登臨客は良くて、摇落時何の速。
野菜色蕩腥膻、苔光清简牍。
新诗発神ショー、旧游耿初服。
帰還杖わらじが、老い煙霞ボルト。
高城出を睥睨し、燈火通林麓。
言回転多興、後に向かってこの同宿。
輓王中丞
司马台前列柏高風雲を挟んで、なお旄旌。
所属粘は王意、莫作胥山万里涛。
幕府の高い臨碣石開いて、蓟门丹玉飾り重彷徨うことになるわ。
戦場に多い風雨人で見て、親鉄騎!

李攀龙歴史の記録

李攀龙、字は鱗、历城人。孤九歳で、家贫、自奮は学。少し長を諸生、友人と许邦才殷士儋学の詩。すでに、益嫌訓詁学、日の古典を読む、裏人合わせて目を狂生。挙嘉靖の二十三年進士、授刑部主事。暦員外郎、医者、やや遷順徳府知事、善政。上官交荐、陝西で学副を抜く。郷人殷学を巡撫、檄令属文、攀龙怫然たる曰:「文は檄緻邪?」拒否する。その地が数の地震は、攀龙動悸、念母思归と谢病。物語は、外官谢病する、その吏部が重で何景明が、特に予告帰。予告者、例が再起。
攀龙は帰る構雪の階日益高、名。賓客製扉率謝会わないで、大官までもしかり、では简傲声。独故交殷、許輩から壬生間。時徐中行もホーム、座って客恒がいっぱいで、2人を聞いても、国交相。归田十年、隆庆改元、推薦から浙江副使、改参政、抜く河南検察官。攀龙からはどんな亢をと、客も少し進。無何、走って母を帰、哀つぶしてを患い、疾少ない間、一日心痛卒。
攀龙之始官刑曹も、濮州李先芳、临清谢榛、孝豊吴维岳诗社輩?。王世贞初釈ブラウン、先に芳導入社、というかもと攀龙渡し。明先芳出を外小役人。また二年、宗臣梁有誉には、五子。暗い、徐中行吴国伦もからは、七子に改称。諸人何年で、やっと高气锐、互いにちょうちんを持ち合う、視この世は無人で、七才人の名を天下に放送。捨てる先に芳、維岳とハシバミ、今年も捨てるという、攀龙の魁。その主張する謂“文は西京、詩は天宝して、ともに無足観、本朝独ツイ李梦阳」。諸子翕然との非は、は、は宋学そしる。攀龙文才勁激しい、名は最高で、独心重世貞、天下も王になるし、李。また李梦阳、何景明と何、李、王、李。その詩を、務は声調勝、準楽府、あるいは更に古い数字としては、文聱牙戟口読者からは、最終篇。な者仰ぐ一代の巨匠も多受世抉摘雲。号から滄溟。

李攀龙著作と思想

李攀龙所編『古今の詩』を选削除、各代の诗、影響は大きいが、このノートは一つの欠点は、宋元の詩の字を選ばない诗の後に、直接明詩を反映して、彼は宋诗の反発や観点度量が小さい。この思想は後世にいくつかの負の効果を生む。