清史稿

『清史稿』中華民国初めから北洋政府施設館編修の記載清朝史正史「清史」の未定の原稿。全書五百三十六巻のうち、本紀二十巻、誌一百四十二巻、表の53巻、列伝三百一十六巻、おいを中心に。記載のことで、上から1616年清太祖ヌルハチ赫図アラー建国と汗、下から1912年に清朝二百九十六年の歴史であって、計。
清史稿
『清史稿』編修仕事の十数年にわたってから、1927年、編集長赵尔巽全原稿はすでに一応見成形、心配時局変化や自分余命少ない、という決定稿』『清の名将各巻刊出版する本は未定。伝統的な中国の正史でまだ依体裁清朝の史書編纂に加えて『清稿」自体史料が豊富で、その価値は無視できない。

清史稿沿革

清史稿本になる過程

清の原稿は民国初年に設立された清館編纂の記述清朝歴史の未定の原稿。によって歴代封建「正史」の例も、分けて纪、誌、時計、伝4部分、共五百三十六巻。清の時代の歴史館は赵尔巽任館長、相前後して編纂が参加した柯劭忞などには100人以上。一九一四年仕事から一九二七年ほぼ脱稿、14年にわたって。本は編成は辛亥革命以降、そして編集者は基本的には清王朝の立場に立って書いて清の。になってからは衆手、お互いに配慮が足りない、脱稿後は未よく核改、刊行に校正も本気にしないで体例があるが、繁簡失当、甚だしきに至っては年月日、事実、人名・地名の誤りがちに見える。編集上のこれらの問題について、編集者もある程度理解のため、発刊綴言では、この本は史稿公表するだけとして、「お前大辂椎轮の先導で、としての本も。
このミスや欠点な管が存在して、それによっての大部分の材料、例えば清実録、清代の国史列伝、清会典といくつかのファイルなど、今日も会うことができて、しかし編者大量の資料を集めて、初歩的に整理し、こうして読者を得ることができるシステムの詳細については校清朝歴史の素材。また一部の誌と清朝の人物の列伝は、取材はありふれた史料がまたが本。だから、この本はその参考価値。
本の刊は袁金铠司会、金梁取扱、一九二八年出版、全印千百部。その四百部は金梁東北発行し、この本は「新たに一度本。その後清史館の人に発見金梁原稿に勝手に変えては同意しないし、彼らの添削を金梁ので、北京の存书したいくつかの取り替える、これらの本の通称「関内本。後に東北は印が一度、内容もある程度変えて、私たちは「新たに二次本。この三種類のバージョンの相違、主:一、全編のさじ。関内本削除新たに一度人ある张勋伝、张彪付き伝、康有為伝や、金梁書いた校に刻む。新たに二度しか削除新たに今回の张彪付き伝、引き出してプリンセス表序と暦誌の八缐対数表、増えた陳黉舎を朱筠翁方纲三伝。
二、同一の文章の中の内容変更。関内本取り替えるた新たに今回の艺文誌序、削除誌易類の六十四種で、改正劳乃宣、沈曾植の伝論、改訂した清館職名。新たに二度圧縮した赵尔丰伝。
民国の三年(1914年)を経て、民国国務院上申書、大統領袁世凱施設の清歴史編纂所では、赵尔巽館長、缪荃孙柯劭忞らを総まげ、总领清史修撰の仕事、参加者はまず
清の原稿_巻巻二五十八_清の原稿_巻巻二五十八_
後百人編成、固定していないから、採用者館長。例えば赵尔巽は自らを訪ねる夏孙桐、どうぞそのが任総まげ。
清館内に「宿題帳」、記載館员分担について、例えば柯劭忞撰『天文誌』、『暦誌』。缪荃孙撰『木伝』、『文林伝』、『トースト伝』。吴廷燮撰高宗皇帝、、宣宗、文宗、穆宗五朝『本紀』、『大臣年表。吴士鉴撰の「地理誌貴州、新疆の各1巻、「皇室係譜表』、『プリンセス表』、『皇子世表」や「艺文誌』初稿。章钰撰「忠義伝』、『艺文誌』最終稿。金兆蕃撰の太祖、太宗、順治三朝列伝』や『列女传。秦树声撰の「地理誌』直隷巻、王大钧撰嘉庆朝列伝。夏孙桐撰嘉庆、光朝列伝や「循吏伝』、『芸術伝』。田应璜撰の「地理誌」1巻山西。罗惇曧撰《交通誌」、「国交誌』戴锡章撰。唐邦治撰『軍機大臣年表。王树楠撰咸豊、同治朝大臣伝。叶尔恺撰『宗教誌』の中ラマ教キリスト教回教各1巻。张采田撰の「地理誌』の江蘇巻、《刑法誌』、『楽誌』、『後妃伝』。吴怀清撰の「地理誌』陝西巻『食品誌』徴専売巻。张书云撰の「礼誌』、補う集『輿服誌』、『選挙誌』。俞陛云撰『兵誌」と一部の列伝。马其昶撰の光宣朝臣工列伝修正『文林伝』。靑钰撰の「地理誌』の雲南の巻。朱师辙有言:「列伝撰人が目立ち、館の諸人、何人も。余論では同じで、しょっぱい列伝を主として、康乾以来各朝、全ては補撰。蓋毎朝の手から衆、惟毎朝が主体の撰人、また全体を修築した時、帰誰を中心に、その責任は多い。」
執筆中、往々にしてください抄稿なければならない人は、「初めて抄稿は、みんなは探す本手浄書するによって、千字洋ちゃん役館計算」。1920年編成初稿1926年に一度、改正、1927年ほぼ脱稿する。

清史稿バージョンの歴史

『清稿』の刻印の過程の中で、現れたバージョン問題。袁金铠忙しい彼のことで、转托金梁この本は協力校時。金梁うちにして時局の際、職権を利用して、擅改原稿を印の千百本の中の四百部東北発行し、いわゆる「新たに本」と新たに一度)。もとの編集者から現金梁に改ざん原稿を殘し、北京の元刊本訂正を焼き直す。例えば「削除张勋伝』(添付张彪伝)、『カン伝』や金梁が書いた「校刻記」に改定した「清館職名」、「易類」を削除した目録64種類;取り替える《艺文誌・序」;直した個別の伝記、それはいわゆる「関内本」。以降、金梁堅持して「新たに本」をベースにし、当時の学者は『清稿」提出の批判と関内本のいくつかの重要な訂正して、添削、欠陥、削除した「張馬鹿付き伝』、『プリンセス表・序」と数学の工具書「八線対数表」、増加や圧縮個別略伝する前に2つのバージョンは少ない7巻、わずかに五百二十九巻、いわゆる「重刊本」と新たに二次)。バージョンの違いによる混乱して、その後、市場では「連合書店コピー」と「日本人が鉛刊本」の二種類が伝わる。南京国民政府かつて2度人力を組織。改正『清稿』が、様々な原因で、不毛。『清史稿』のバージョンは比較的に多くて、主に新たに本関内本金梁重い印刷、上海共同書店コピー、日本刊本など、その中は新たに本と関内本一番早く伝わって、大きな影響力を持って。
馮尔康『清史史料学初稿」を挙げた以下:
新たに本(もしくは「新たに一度本」)『清まげ定稿』以降、計536巻は、1928年に北京で
赵尔巽赵尔巽
印刷。当時資金清歴史編纂所のアムール川方面の金梁を校正」を利用して担当刊のプライベートを加え、自分に「いつも読み」の名において、同封の時は自分の『清稿校刻記』を手直ししたいくつかの文字を、そして印の千百部の中で四百東北部に出荷しています。運東北のこの400部『清史稿』と呼ばれる「新たに本」。その後、このバージョン改正再版を経て、だからまた「新たに一度」。
関内本1928年印刷の千百部『清稿』に殘る関内の七百部、清館のいくつか人を発見したの金梁改竄、またそれを変更して、キャンセルした金梁の「校刻記」や「张勋伝』『枚馬鹿付き伝』『カン伝』、いわゆる「関内本」。実は、関内本と新たには同じ度印刷の、ただ関内本は局部に作った時などから。関内本と新たに2度の本のバージョンの異同、大体の関内本削除新たに一度人ある『张勋伝付き枚馬鹿伝』で「張馬鹿伝』、『カン伝付き康广仁伝》の中《康广仁伝』や『校に金梁撰刻記』。そして新たに二度しか削除新たに今回の「張馬鹿付き伝』を吸って『プリンセス表・序』と『暦誌』だけを添付の『八線対数表」7巻、増えた陳黉舎を朱筠翁方纲三伝。押し関内この巻原は『劳乃宣伝』『沈曾植伝』、『张勋伝』『カン伝』。伝後論、その文を「論曰:お前宣、曾植全て学に远识、本その学を獲競その施され、その治療実績が遠者が。は朝局移転、官職を辞する神武は、全て居留海浜、普段に故国の思、無に大胆に忘れ者。卒~やつれて憂え悲しみ、赍志以没。悲夫!」张勋清史館に控え、康有為予定立传は、金梁セッター下書きを刻んで払う。今今回は新たに「张勋伝』後付いて「張馬鹿伝』。
また関内本取り替えるた新たに今回の『艺文誌・序」は、「序」で増入長すぎるので、脱奪自《易》類《易経通注』、『日講解義』、『易経週易折衷》、《週易のように義》、《易図解》、《週易補注》、《易翼』、『読みやすいセンター》、《週易の役に立つ疎し』、『考异》、《週易傳》、《発例》、《週易象解》、《週易外伝』、『学び易く象数論』、『週易象辞』、『尋門.論』、『図書辨惑』、『読みやすいノート》、《週易は略』、『易作用」「易かぐ』、『圃場学び易く』、『大易则通』、『閏》、《易史》、《週易疎し略』、『学び易くする』、『読みやすい緒論』、『易経衷論』、『読みやすい日チケット》、《週易通論》、《週易観彖親指》、《週易観彖》、《週易浅述》、《週易定本』、『易経識解』、『易経筮貞》、《週易明善录》、《易元を』、『週間易通》、《週易辨正』、『綴じ込み削除補大易集義語言』、『週易筮を述べる』、『週易应氏集解』、『仲氏易』、『ツイ易顛末」、「春秋が筮書》、《易小帖』、『太極図説遺伝の』、『ジュエリ洛書元舛編』、『乔氏易しだい》、《大易通解》、《週易の本义蕴》、《週易伝注》、《週易筮考』、『学易初津》、《易翼宗》、《易翼》、《週易えぐる記』、『易経详说》、《易経》、《週易つかか伝義綴じ込み》、《易宮』、『読みやすい管窥』、『読むように易观相互録』、『読むように易观図説』、『太極図説』、『週易原始』、『天水質問に答える』、『Xiは皇易象』『Xiは皇易象新補』、『孔门易緒》、《易図受ける』、『身易実義」、「先天易貫》、《易互》、《週易遊び辞集解》、《と》、《易やすいという』、『週易函書約存』、『約注』、『ている方》、《易箋》、《週易観象補義略』、『索易肊》、《週易穴と義集』、『陸堂学び易く』、『易経基準』、『学び易く啓蒙補』、『易経述べ義』、『易経』などと、《週易本義爻徴》、《週易図説本編》、《手紙》、《週易翼述やすい原始》、《週易浅释』、『学び易く象なら参」など八十八種類の多さに。関内本『赵尔丰伝』の伝文に二千四百字で、新たに2度まで圧縮され九百二十字だけで、マイナスの半分以上を。関内本『趙尔丰伝』の作者は赵尔丰を清館館長赵尔巽の実の弟、このロングパスを、どうしても迎合館長の疑いで、故刪除をは。
金梁重刊本(新たに二次)。1934年に金梁東北刊行、ほとんど依新たに本、ただ取れた誌巻29-34の『暦誌」6巻『プリンセス表・序」などの一部が増えたのは、朱筠など3伝、通巻を529巻。
上海聨合書店コピー。1942年に出版され、関内、新たに2本のあちこちを選択、多くの所を採用した関内本。それは同じ二十四新しい呼び」に合わせて「26史」から、「廿六れ史の本」。
日本の刊本。という二つノートを大本の二冊、小さな本を二冊からは、「新たに一度復刻本」として。
香港文学研究社刊本。1960年に出版され、今回新たに従って上梓する。
中華書局本。中華書局組織史学者に新たに二次本を仕事の本は、『清稿』を作った句読点、分割、彼らに審査しました関内本、新たに今回、新たに二度三種類のノートの編目、内容の違いは、注記、録出异文、できるだけ反映各種ノートの優点に対して史忞脱誤、衍と、倒れて異体古体字について、清朝の校訂する;伏せ字、できるだけ変更、すでに発見のため、段間違って列を行に合わないところとして、監査補正、史実誤りと同音異訳の人名、場所、山梨県、部族名称などは、一般に変わらないが、大も一定の統一の仕事。は1977年に出版され、これはこの本の出版ごじゅう年来最も良いバージョン。(『中国通史第十巻-近代前編の』)
台北新文丰復刻出版社。1981年仙台、2冊。係拠新たに二度刻印で、計529巻、金梁記の学内刋行物。
また、张其昀萧一山彭国栋らは台灣では『清稿』と補充を少し書き換え、その列伝分類を調整して、名は『清』は、六十年代に出版され、計550巻。

清史稿全書体例

『清史稿』の作成体裁「だいたい取り法明史』が、ある程度の革新。例えば本紀年々記載した部分だけでなく皇帝の軍国大事で、しかも前世代遜くんは健在、無谥される時、過去「宣統纪」の新しいパターン;各誌、表に、天文、地理記録、礼楽選挙で、艺文、食品及び皇子、プリンセス、外戚、封臣など各方面の活動のほか、新しい交通誌、国交誌や表中の軍機大臣、理藩院でも、前の史にない。列伝に創立なんと人、藩の部、属国三伝を反映して、清朝の社会の新しい発展。また、反清闘争の重要な人物张煌言など、鄭成功、李定国、洪秀合同稿』、『清も数えた伝。これらは称賛に値する。
しかし、参加することによって歴史を編纂するのが多い人は清朝の遺臣ので、本の中で貫く反対民主革命、たたえる清朝正統な思想。例えば誣いる明代末期の農民蜂起軍を「土賊」と太平軍“粤匪」視辛亥革命を「騒乱を起こす」。帝国主義の侵略に対して罪や清朝統治者の反動行為は多くの所を隠し、傾向性エラー明らか。これに対して、当時の南京国民政府者は極めて不満。1929年じゅうに月じゅうよん日、故宮博物院院長易培基列挙した19条理由を願い出る政府禁止令を『清稿』発売中、反革命烈士、軽蔑と揚、諸遺臣、励ましの復活、反対の漢族、清朝などの内容を忌む。
また、『清史稿』はみんなして編んで、編纂時にお互いがお世話になって、もっと、時局に揺れ動いて、慌ただしい本、未編集長総読み検定が「随随修時、二度と整理の合間、粗末すぎる。だから、体例があるが、繁簡失当、史実にも少なくないミス。実は、このと赵尔巽の主導的思想について。彼のためにこの本を見なして「せっかちでの章」、「は視を本」として、ただこれ「大辂椎轮の先導」で、本の中ですべて疎し略ミスで、「敬乞海内諸君子を確実に直し、匡及ばず、後によってを改正。」明らかに、その真意を押す。『清史稿』は類似現代の1部の意見募集稿。このように、易培基に非難の「体例が合わず、人名前後一緻しない、1人2伝、カタログと本が合わず、紀表伝誌合わないがある日、無月、人名エラー、泥古不化、粗末、見落とし」などの欠点にもなって先天性の問題。に至っては、文理不通などの現象に漏れ、もっと属予想中事。

清史稿編集チーム

清史稿編纂者

館長:赵尔巽
総まげ:郭曾炘沈曾植宝熙樊增祥柯劭忞吴廷燮缪荃孙
纂修兼総まげ:李家驹劳乃宣枚は式金兆蕃吴士鉴李瑞清耆齢陶葆廉が、式、王乃征稜、谢远涵、朱钟琪、温肃杨钟羲袁励準、万本端、邓邦述秦树声王大均章钰王式通顾瑗
協修:宋书升唐晏、宗舜年、李葆恂安维峻张仲炘俞陛云姚永朴罗敦曧、吴广霈、袁金铠、吴怀清、张书云、张采田张启後、韩朴存、陈敬第、陳毅袁嘉谷、靑钰、李岳瑞
その後もご応募者
马其昶、姚永朴、姚永概、唐恩広大な、刘师培かつて、黄翼、夏曾佑王树楠夏孙桐吴昌绶瑞洵、戴锡章、朱师辙邵瑞彭、檀玑、刘树屏、何震彝かつて、陳は、陈田
非常勤未着や館未久者
简朝亮袁克文朱孔彰、王崇烈、陈能怡、側に中商衍瀛秦望澜、史恩浩(培)、唐邦治かつて、陳モーメント、吕钰余嘉锡王以慜
校勘兼協修:王庆平、齐忠甲、吴璆叶尔恺田应璜李景濂、傅增淯、何葆麟(ラクダ)、成昌徐鸿宝赵世骏杨晋金兆丰胡嗣芬朱希祖李哲明、朱方饴
指図する:陈汉第李经畲また、金、周肇祥邵章
収掌:谢绪璠、黄葆奇、尹良王文著、ひたすら程、容浚、曹文燮、文炳、孟昭墉
収掌校正課長:董峻清、周仰公、秦化田、金善、劉景福、赵佰屏、史锡华、曾恕伝、諸は仁、恵澄、胡庆松、刘济、伍元芝、錫蔭、张玉藻、金梁
以上の非常勤者131人で、実際の館者前後117人、その中の執筆者は68人の収掌、指図するなどさんじゅう人余り。
2名誉総まげ、纂修顧問は100人以上、その列。
3前後3期実際の執筆者
第1期:1914 - 1916年体例初定、開館経費は十分で、故ライターが最も多く、合わせて66人が同館のうち、総まげはち人、纂修じゅうご人、協修43人。
第二期:1917~1926年、時局の影響を受けている、経費が不足すると、給料を減らして、停薪行く者は多く、ライターの殘り24人、新規雇用協修に人、合計が執筆者の26人、その総まげはち人、纂修ななしち人、協修じゅういち人。
第3期:1926~1928年、この館の中に殘りじゅうよん人を執筆、その総まげよんしよ人、纂修さん、協修ななしち人。

清史稿者情報

参加清史の原稿の編纂の者によって、当時の基準は、これらの人が「学術文章通史例を選ぶで鬱然兼が潜心撰述者を度」。それだけは執筆者の最低の要求、雇用して執筆者の実際の状況を見て、これを示して次のいくつかの特徴:
いち遺臣が多い。
執筆者の中で、清朝導き出身の宦官が多いが、にも少数の旗人の祖先で、親の簡単位顕蔭及び子孫役職者。
柯劭忞光緒丙戌(1886)科進士、暦官翰林院侍の話、日講起居注官など。
王树楠光緒丙戌(1886)科進士、暦官戸部主事、高知、蘭州の道、新疆布政使、宣統庚戌(1910)だろう任は京都、民国に復帰してない。
吴廷燮光緒甲午(1894)顺日郷試挙人、暦官府知事、巡査部漢方医、民国時任国務院統計局局長。
夏孙桐光緒壬辰(1892)科進士、选翰林院庶チーズ、授編修、と修理「国史会典』、文渊阁校か。暦官府知事、介護宁绍台道。辛亥革命の後に、丁寧に帰。
缪荃孙光緒丙子(1876)恩科進士、改庶チーズ、翌年散館など、授职編修。庚子のたらとり、张之洞湖南推進ニューディール、カミュ積極的赞襄し、日本への考察学務、帰国後の創立江南図書館
秦树声光緒丙戌(1886)科進士、暦官雲南府府知事、调护迤東(西)道を補って、特に-道員で、抜く迤南道、遷雲南検察官庚戌(1910)、変更を変更する表現の仕方、辛亥広東で学を、革命軍ため息をつくことから、時事、では上海は、世の中は話をしない。
吴士鉴壬辰(1892)科進士、授职編修、充会典館漢文本校にして武英殿総まげ、提督江西学政辦署理を湖南で学。武昌武装蜂起後奏請開欠け許可するから、上海の親に仕える起居。
奭良(1851-1930)貴州検察官承齢の孫、光緒の年間で旗人故に、蔭奉天彼を抜く東迤道、山西河東道、湖北省、江蘇省荆宜道徐州の道職を探す。
瑞洵大学士善の孫琦、ウルムチ統恭ボーリングの子、光緒丙戌(1886)科進士、推薦から内閣学士され科布多参事官大臣、やがて人は「赴任嫌がらせ台站」劾官は、具疎し抗弁もふいに意とほったらかすない多重。
執筆者清との経験と背景は、まず彼らは前の王朝存特殊な感情を、清、宣伝忠君は彼らの共同目標とし、「修故国の史、すなわち、恩故国」。次に、彼らは清朝典制を熟知し、政体運行中、また多くの文民、あるものは直接任国歴史編纂所編史修志の職。当事者修王朝史、修中国古史の特例を高めた歴史を編纂する速度や史実の信頼性。役職の背景を彼らの多くは強い組織能力、世事変化で荒れ、の条件の下で、協調関係を尽くし、『清稿』が本になる。
文人を中心に。
主執筆者のほとんどの功名の出身で、博学多闻、国学の詳細は比較的に深い、あるは当代公認の専門家や学者、彼らは『清稿』纂修固体の思想と文化の基礎を打ち立てました。
柯劭忞呼び専門家は、集さんじゅう年心力、徴外国人、試験大典、広く集める散逸し旧聞に呼び、「新撰257巻』。1920年徐世昌出資の刊刻し、大統領令を公布し、「新しい呼び』増入廿4史で、25史。日本東京帝国大学を贈るため特に柯劭忞名誉文学博士。は刻詩集『タデ園集』を著し』などの著書『文選補注。
若い時王树楠蓮池書院に読んで、深く曾国藩李鴻章検定。心を尽くすの著述、古い執筆まで多く、特に小学校特精、常に「尔雅』、『广雅』、『夏小政』諸書を証経文、清朝末期の学界の。著書で53種類、685巻、内容は訓詁、算数、地輿など。
王式通法律家、清任刑部主事、参稽戒め、充法改正の館纂修新しい、よりカスタマイズ律。後抜く刑部員外郎法律学校、指図する。学部設立当初、日本へ考察学務、奏請調査法典、总办法律館。民国時任司法次長代理部务、袁と反発したとして、谢病に官。プリ修『四库目録》、合撰集「清儒学案』『清詩札」など、自著『誌盦诗文集』。
朱孔彰曾国藩督師皖南、延揽人材、詣安慶文字、曾国藩が重視され。後にし曾国藩幕、委襄校江南官書局。自著『文粹』と言って、集『十三経漢注』など。
朱希祖经史学者、清朝末期の蔵書家。学治史は日本早稲田大学、で章炳麟中国語注音字母、創製。任北京大学中国文学係、史学係学部主任、教授。文体文を主張し、治史兼治が政治、経済、法律、社会諸学。主な著述「明期歴史跋文』、『汲冢本考』などじゅういち種、58巻。
司会「刘师培半鐘日報』、『創設天义紙』、『衡報」は、四川国学院大学教授の講義、後任の北京。著述凡群経小学校、学や文章のように、群书校釈、诗文集、読書記などろくじゅう余り種。
労乃萱宣統元年任憲政調べ館編参議官、兼资政院碩学議員、後抜く大学堂総監督、署学部副大臣。著書の多い散散逸、現存する「遺伝安録』、『古つもり考释」などじゅうよん種、43巻。
吴士鉴古代文字学者、翰林院編修、会典館漢文本校には、武英殿総まげ、かつて日本へ考察学務。古文にすこぶる研究、撰『商週酒器、祭器释例』で、著述じゅういち種152巻。
吴廷燮清任民政部右参議、兼憲政編調べ館編集、法制局参議。民国時任国務院統計局局長。近代故実研究が多く、著書『明春秋草』、『万暦百官表」などきゅう、く種ひゃく余巻。
罗敦曧中華民国大統領府秘書だった当時、袁克定先生。後には戯曲創作だった程砚秋編『红拂伝』、『孔雀東南飛」などの芝居。
姚永朴经史学者による経注疏手を出している子、史、小学校、音韻独自の世界を作っている、暦の主な広東鳳書院から、山東大学や安徽省高等学校、北京大学法政学校、東南大学、安徽大学講席。が著書『尚書誼略』、『抜け殻私軒易》等じゅうはち種約百余巻。
袁嘉谷翰林院編修任学部、相前後してコンパイル図書局局長、国史館協修。通音韻の学、尤重『广韵』。自著『雲南の具現』、『臥雪堂詩集』などななしち種の49巻。
缪荃孙翰林院等編修、清朝末期の蔵書みんな、カタログ学者。は江南の図書館やみやこ図書館人の一つもなく。主南菁暦、钟山、泺源、経心など言う席書院、畢生研究歴史文献・、考录金石、校訂旧籍、撰『の質問に答える』編集『顺天府誌」など全25種類、約315巻。
金兆丰歴史文献・学者、書家、翰林院庶チーズ、留学日本。充大学堂教務指図する、前後兼充国歴史編纂所協修、編書で協修、纂修実録館、武英殿校正各職。自著『校補三国境域誌』、『尔雅郭注補」など。○じゅうろく
马其昶学部主事、科学者、で桐城古文派吴挚甫。「易』、『書』、『詩」や「礼」の本じゅうななじゅうしち種、計300巻。
『清稿』の主な執筆者は文人を中心に、彼らを熟読し经史、遠崇孔孟、近い効万(斯同)の多くは、膺任史(文)職、君死臣恥辱根強い封建思想は、『清稿』の纂修した自身の才能の展示機が古い観念を史稿の思想性と学術レベルに影響を及ぼす。
関係が密接さん。
『清稿』執筆者の主要な文人と宦官は、赵尔巽主宰し、主に桐城派文人古文を中心に、いくつか旗籍文人。実際に執筆中桐城派多主文、主に書い汉传、列伝;旗籍文人多主義をいっぱい書いて、主に伝わって、本紀。昔は満宦官間の政治的な対策は根強く、学術上の派閥にとらわれた偏見も久しいが、両派の学術趣は編纂清史時を徐々に一緻。とにかく、両派のメンバーの関係が密接に、例えば同じ門までも、親子兄弟から、相同、乡邻ふ、師弟功名を眺めて、同科、クラスメートに応じては多士済々。
桐城派清朝古文文壇主要な位置を占有し、「天下の文章は、そのため桐城には」。原稿執筆者のほとんどの主要な清出この門の下。柯劭忞帰依する桐城派を古文門の下で、みんな吴挚甫桐城の娘を妻。马其昶、姚永朴、姚永概全て桐城人、3人は同郷同裏また同じ吴挚甫高足、二姚兄弟は細胞、桐城みんな姚鼐末裔、姚永概また马其昶妻弟。夏孙桐之母姚太夫人姚鼐之係は、「小さいころから教わるその下。夏孙桐と缪荃孙は同郷、③結婚缪荃孙と妹。朱孔彰を朱师辙の父、朱家柄習桐城古文朱方饴を朱师辙いとこ、夏孙桐「三女緯リン、適朱方殆”ですので、朱师辙と夏氏「夏闰丈」。秦树声を固始桐城派の後継者は、朱师辙その門下の弟子、しかもその婿。八旗籍文人で、奭良を赵尔巽表侄、瑞洵と(ラクダ)を成昌いとこ。吴廷燮、金梁を赵尔巽幕府の中の人。王树楠、柯劭忞、秦树声、瑞洵を光緒12年同ランキング進士。夏孙桐、吴士鉴を光緒十八年同ランキング進士。秦树声、柯劭忞二人入仕後、漢詩唱和まで、秦終、张尔田曾师秦の木の音。
とにかく、清館人の構成の構造やスタッフの場合は「遠く及ばない人材修明史」が、主に執筆者の中で、特に第3期の編集者で、清朝の遺臣が多いが、前の王朝の文人が主で、しかも相互関係の密接によると、独自の特徴は、『清史稿』でその軍閥経費枯渇の条件の下に本は条件を創造しました、「館の員は、半義務を果たす、全ての人が賛成清史ピル」。
『清稿』についての本や関内本の区別。

清史稿全書目録

・本紀一太祖(ヌルハチ)本紀
・本紀二太宗(ホンタイジ本紀)1
・本紀三太宗(ホンタイジ)本紀2
・本紀四世祖(福临本紀)1
・本紀五世祖(福临)本紀2
・本紀六圣祖(玄烨本紀)1
・本紀七圣祖(玄烨)本紀2
・本紀八圣祖(玄烨)本紀3
・本紀九世宗(胤禛)本紀
・本紀十高宗(弘历本紀)1
・本紀11高宗(弘历)本紀2
・本紀十二高宗(弘历)本紀3
・本紀十三高宗(弘历)本紀4
・本紀14高宗(弘历)本紀5
・本紀高宗(弘历)本紀六十五
・本紀十六皇帝(大きい琰)本紀
・本紀17宣宗(旻ニン本紀)1
・本紀十八宣宗(旻寧)本紀2
・本紀19宣宗(旻寧)本紀3
文宗(20・本紀詝;)本紀
・本紀21穆宗(載淳本紀)1
・本紀22穆宗(載淳)本紀2
・本紀23德宗(負荷湉本紀)1
・本紀二十四德宗(負荷湉)本紀2
・本紀25宣統皇帝溥儀)本紀
・誌1天文1
・誌二天文二
・誌三天文三
・誌4天文4
・誌略五表
・誌六表略
・誌7表略
・誌8表略
・誌9表略
・誌略10表
・誌11天文十
・誌十二天文十二
・誌十三天文十三
・誌14天文十四
・誌15天災地変
・誌二十六天災地変
・誌三十七天災地変
・誌四十八天災地変
一九五・誌天災地変
・誌二十
・誌21時憲2
・誌22暦3
・誌23時憲4
・誌二十四暦5
・誌二十五六時憲
・誌26時憲七
・誌二十七暦8
・誌二十八暦九
・誌29地理1
地理的・誌三十二
・誌31地理3
・誌32地理4
地理的・誌三十五
地理的・誌三十六
・誌35地理(学)の7
・誌三十六地理八
・誌37地理九
・誌38地理十
・誌39地理11
・誌40地理十二
・誌41地理十三
・誌42地理14
・誌43地理15
・誌の44地理十六
・誌45地理17
地理的・誌四十八
・誌47地理19
二十四十八地理・誌
・誌四十九地理21
・誌50地理22
・誌51地理23
・誌52地理24
・誌の53地理25
・誌の54地理26
・誌55地理27
・誌五十六地理十八
・誌(57礼吉礼
・誌五十八礼2(吉礼二)
・誌59礼三(吉礼3)
・誌60礼四(吉礼4)
・誌61礼(吉礼五)5
・誌62礼(吉礼六六)
・誌の63礼七(嘉礼)
・誌64礼八(嘉礼2)
・誌六五九(礼敬礼
・誌九十三礼十(宾礼
・誌11(67礼凶礼
・誌の六十八礼十二(凶礼2)
・誌69楽1
・誌70楽2
・誌71楽3
・誌72楽4
・誌73楽5
すでに六・誌楽
七十七・誌楽
・誌76楽八
・誌77輿服
・誌78輿服2
・誌79輿服3
・誌80輿着付四ハロゲン簿
・誌81選挙
・誌八十二選2
・誌八十三選挙3
・誌84選挙4
・誌85選挙5
・誌86選挙6
・誌87選挙七
・誌八十八選挙八
・誌89职官1
・誌90职官2
・誌91职官三外官
・誌九十二职官四軍職籓部各官トースト
・誌93职官5内務府
・誌94职官六新官制
・誌95食商品は1
・誌96食品2
・誌97食品3
・誌98 4食品
・誌九十九食品五
六百食品・誌
・誌一百一河渠1
・誌120河渠2
・誌130河渠3
・誌一百四河渠4
・誌“寒食節”の別称兵
・誌一百六兵二
・誌一百七兵3
・誌一百八兵4
・誌一百九兵5
・誌一百十兵六
・誌一百十一兵七
・誌一百十二兵が八
・誌一百十三兵九
・誌一百十四兵十
・誌一百十五兵十
・誌一百十六兵十二
・誌一百十七刑法1
・誌一百十八刑法2
・誌一百十九刑法3
・誌120芸文
・誌下落艺文2
・誌一百二十二艺文3
・誌一百二十三艺文4
・誌124交通
・誌125交通2
・誌一百二十六交通3
・誌一百二十七交通4
・誌百二十八国交1
・誌一百二十九国交2
・誌130国交3
・誌一百三十一国交4
・誌一百三十二国交5
・誌一百三十三国交6
・誌一百三十四国交七
・誌一百三十五国交八
・表一皇子世の表
・表二皇子表2世
・表三世表三皇子
・表4皇子世表4
・表5皇子世表5
・表六プリンセス表
・表七外戚表
・表8诸臣爵位を授ける世の表
・表9表略
・表十表略
11・表表略
・表十二表略
・表十三表略
・表14表略
・表15表略
・表十六軍機大臣年表1
二十七軍機大臣・表年表
・表十八部院大臣年表に
19部院・表して大臣年表
・表二部院大臣二に年表
・表21部院大臣年表二次
・表二十二部院大臣年表三上
・表二十三部院大臣3下年表
・表二十四部院大臣4に年表
・表二十五部院大臣年表4下
26部院・表5に大臣年表
・表二十七部院大臣5下年表
・表二十八部院大臣六に年表
・表29部院大臣年表六下
・表三部院大臣七に年表
・表31部院大臣年表七下
・表32部院大臣年表八に
・表三十三部院大臣年表八下
・表三十四部院大臣九に年表
・表35部院大臣年表九下
・表三部院大臣年表十
37・表疆臣年表(各省総督川督漕監督添付)
・表38疆臣年表二(各省総督川督漕監督添付)
・表39疆臣年表三(各省総督川督漕監督添付)
・表40疆臣年表四(各省総督川督漕監督添付)
・表41疆臣年表五(各省巡撫
・表42疆臣年表六(各省巡撫)
・表43疆臣年表七(各省巡撫)
・表44疆臣年表八(各省巡撫)
・表45疆臣年表九(各辺将軍統大臣)
・表46疆臣年表十(各辺将軍統大臣)
・表47疆臣年表十一(各辺将軍統大臣)
・表四十八疆臣年表十二(各辺将軍統大臣)
・表四十九籓部世の表
50籓部・表表2世
・表51籓世表三部
・表52お任せ年表(中国に遣駐在させる)
・表五十三交招聘年表二(各国遣駐在させる)
・列伝一後妃
・列伝2諸王
・列伝三諸王二:広略ベイラー褚英、子安平ベイラー杜度、敬谨荘親王ブリタニア堪、杜度子誠実な厚、ベイラー杜尔祜、贝子ムーアラフ、謹む喜ぶ贝子トールを哀れむ贝子薩弼、ラフ
・列伝四諸王三:阿拝、スープの古代、子聶克塞、莽 u 0026 quot ;泰、塔拝、阿巴泰、子岳乐、博と頼んで、博洛、博子と頼んで彰泰、阿巴泰孙苏布図、ボブ泰、德格類、ボブ海、阿济格、赖慕布
・列伝五諸王四:ドルゴン、多铎(子多尼、手紙郡王董額、輔国謹む喜ぶ公察ブリタニア、多尼子手紙郡王湖北紥)、费扬果
・列伝六諸王五:太宗諸子、豪格(子猛峨、猛峨子延手紙)、叶布舒、修士プラグ、允禄、高プラグ、常舒、あざを冱ってプラグ、博穆博果尔世祖諸子、福全、栄親王や常宁、隆禧
・列伝七諸王六:圣祖諸子、允禔、允礽、允祉、允吉祥、允佑、允禩、允禟、允礻私、允祹、允祥、允昷、允潖、允礼、允祎、允禧、永瑢、允ラフ、允祁、允秘世宗諸子、弘日光、弘昼、福恵
・列伝諸王七八:高宗諸子、永璜、永永遠琏、半圭、永チー、永琮、永璇、永瑆、永璂、永璘皇帝諸子、ムウ郡王、綿良かったら、盛大な誴、綿喜ぶ、綿のでしょ宣宗諸子;緯、盛大な綱、続いて、盛大な主演、盛大な譞、盛大な詥、盛大な譓文の長男で、郡王哀れむ
九:阿はあ・列伝(子釈加奴)、猛アニキない花、釈加奴(子李満と言う住)、李満と言うで孫完者ハゲ、猛アニキ花子、巫哈失ないで、猛アニキチムール、猛アニキチムール弟凡察、子董山、董案山子脱羅、脱罗子脱元保、凡そ察子いいえ花禿
・列伝10:万子扈尔干、孟格布祿、扈尔干子岱善、孟格布祿子吴尔古代、杨吉砮兄清佳砮、杨吉砮子納林布禄、王石、清佳砮子布布布揚古寨、柵、布が泰、拝音達に
11・列伝
・列伝十二
・列伝十三
・列伝14
・列伝15・额尔德尼、gaカバー(ga蓋武善、布善、布善子突き、誇張は海、ブリタニアカンデラ)、クール纏(弟庫拝)、英俄尔岱、满达尔汉(弟马福塔)、明安达礼
・列伝十六
・列伝17
・列伝十八
・列伝19
・列伝20
・列伝21
22・列伝
・列伝23
二十四・列伝
・列伝25
・列伝26
・列伝27
・列伝十八
・列伝29
・列伝30
・列伝31
・列伝32
33・列伝
34・列伝
・列伝35
逃げる・列伝
37・列伝
38・列伝
・列伝39
・列伝40
・列伝41
42・列伝
・列伝43
・列伝44
・列伝45
・列伝46
・列伝47
・列伝四十八
・列伝49
・列伝50
・列伝51
・列伝52
・列伝五十三
・列伝54
・列伝55
・列伝五十六
・列伝百
・列伝五十八
五・列伝
・列伝60
・列伝61
・列伝62
63・列伝
・列伝64
・列伝65
・列伝九十三
・列伝67
・列伝68
69・列伝
・列伝70
・列伝71
72・列伝
・列伝73
すでに・列伝
・列伝75
・列伝76
・列伝77
・列伝78
・列伝79
・列伝80
・列伝81
・列伝振込み
八十三・列伝
・列伝84
・列伝85
・列伝86
・列伝87
・列伝八十八
・列伝89
・列伝90
・列伝91
九十二・列伝
・列伝93
・列伝94
・列伝95
・列伝96
・列伝97
98・列伝
九十九・列伝
・列伝百
一百一・列伝
・列伝120
・列伝130
一百四・列伝
・列伝“寒食節”の別称
一百六・列伝
一百七・列伝
一百八・列伝
一百九・列伝
一百十・列伝
一百十一・列伝
一百十二・列伝
一百十三・列伝
一百十四・列伝
一百十五・列伝
一百十六・列伝
一百十七・列伝
一百十八・列伝
一百十九・列伝
・列伝120
・列伝下落
一百二十二・列伝
一百二十三・列伝
・列伝124
・列伝125
一百二十六・列伝
一百二十七・列伝
・列伝百二十八
一百二十九・列伝
・列伝130
一百三十一・列伝
一百三十二・列伝
一百三十三・列伝
一百三十四・列伝
一百三十五・列伝
一百三十六・列伝
百・列伝
一百三十八・列伝
一百三十九・列伝
・列伝140
一百四十一・列伝
一百四十二・列伝
・列伝143
一百四十四・列伝
・列伝145
一百四十六・列伝
一百四十七・列伝
一百四十八・列伝
一百四十九・列伝
・列伝150
一百五十一・列伝
・列伝152
一百五十三・列伝
一百五十四・列伝
一百五十五・列伝
一百五十六・列伝
一百五十七・列伝
一百五十八・列伝
一百五十九・列伝
160·列伝
・列伝調べ
一百六十二・列伝
一百六十三・列伝
一百六十四・列伝
一百六十五・列伝
一百六十六・列伝
一百六十七・列伝
一百六十八・列伝
一百六十九・列伝
一百七十・列伝
一百七十一・列伝
一百七十二・列伝
一百七十三・列伝
一百七十四・列伝
一百七十五・列伝
一百七十六・列伝
一百七十七・列伝
一百七十八・列伝
一百七十九・列伝
・列伝180
・列伝181
一百八十二・列伝
一百八十三・列伝
・列伝184
一百八十五・列伝
一百八十六・列伝
一百八十七・列伝
一百八十八・列伝
一百八十九・列伝
・列伝百九十
一百九十一・列伝
一百九十二・列伝
一百九十三・列伝
一百九十四・列伝
一百九十五・列伝
・列伝196
一百九十七・列伝
一百九十八・列伝
一百九十九・列伝
・列伝200
・列伝百
二百二・列伝
二百三・列伝
・列伝百八
・列伝間抜け
三・列伝
二百七・列伝
二・列伝
二百九・列伝
二百十・列伝
担保に関する・列伝
二百十二・列伝
二百十三・列伝
二百十四・列伝
二百十五・列伝
二百十六・列伝
二百十七・列伝
二百十八・列伝
二百十九・列伝
・列伝二百二十
二百二十一・列伝
二百二十二・列伝
二百二十三・列伝
・列伝十七条の規定は
二百二十五・列伝
二百二十六・列伝
二百二十七・列伝
二百二十八・列伝
二百二十九・列伝
二百三十・列伝
二百三十一・列伝
二百三十二・列伝
二百三十三・列伝
二百三十四・列伝
二百三十五・列伝
二百三十六・列伝
二百三十七・列伝
二百三十八・列伝
二百三十九・列伝
・列伝240
二百四十一・列伝
二百四十二・列伝
二百四十三・列伝
二百四十四・列伝
二百四十五・列伝
二百四十六・列伝
二百四十七・列伝
二百四十八・列伝
二百四十九・列伝
・列伝250
二百五十一・列伝
二百五十二・列伝
二百五十三・列伝
二百五十四・列伝
二百五十五・列伝
二百五十六・列伝
二百五十七・列伝
二百五十八・列伝
二百五十九・列伝
二百六十・列伝
二百六十一・列伝
二百六十二・列伝
二百六十三・列伝循吏
・列伝264循吏2
二百三循吏・列伝
・列伝二百六十六循吏4
二百六十七・列伝
二百六十八木・列伝2
・列伝二百六十九三木
・列伝二百七十木4
文林一二百七十一・列伝
文林二百七十二・列伝2
文林三二百七十三・列伝
・列伝二百七十四忠義1
・列伝二百七十五忠義2
・列伝二百七十六忠義3
・列伝二百七十七忠義4
・列伝二百七十八忠義5
・列伝二百七十九忠義6
二百八十忠義七・列伝
・列伝二百八十一忠義八
・列伝二百八十二忠義九
・列伝二百八十三忠義十
二百八十四・列伝孝義
・列伝二百八十五孝義2
・列伝二百八十六孝義3
・列伝二百八十七遺伝逸1
・列伝二百八十八遺伝逸2
・列伝二百八十九芸術1
二百九十芸術・列伝2
・列伝二百九十一芸術3
・列伝二百九十二芸術4
・列伝二百九十三疇人
・列伝二百九十四疇人2
二百九十五列ヒロイン・列伝
・列伝二百九十六女2列
・列伝二百九十七女三列
・列伝298列女4
・列伝二百九十九トースト一
二三百トースト・列伝
トースト三三百一・列伝
・列伝三百二トースト4
・列伝三百三トースト5
・列伝三百四トースト6
三百五籓部・列伝
・列伝三百六籓部2
・列伝三百七籓部3
・列伝三百八籓部4
・列伝三百九籓部五
・列伝三百十籓部6
・列伝三百十一籓部7
・列伝三百十二籓部8
三百十三・列伝属国
・列伝三百十四属国2
・列伝三百十五属国3
・列伝三百十六属国4
・清史稿発刊綴言
・清館職名
・清史の原稿の校に刻む

清史稿評価

清史稿価値

『清史稿』が豊富な清史資料を集めた。清朝でであった時、清の書類、自家用の著述と文化の典籍保存するのが比較的に完備し、これを編集稿』『清提供の充実原資料。当時の主な史料が:
「清実録』まで、太祖の宣統凡十二朝、共四千四百巻、
『清史』、紀、伝、誌、表が集積し、清亡前国史館すでに編成七百五十四巻、
清詔、別名『ハディース』で千六百二十四巻、
清典誌四千九百三十八巻;清人物伝記、名人年譜など二千巻、
歴史書『清・クロニクル東華録」などの千巻以上。また、公式にある1の具体的な事件の纪略、プライベート記ある事件の顛末を、更にあげて数うべからず。
とにかく、『清稿』の取材で実録を中心に、兼採国史旧誌と本伝、参さまざまな記載、夫と徴する所得は現在、伝信。」『清史稿』集中したシステム整理が清世代の史料を将来の世代の研究、清朝歴史の積み重ねた豊かな素材で、これは間違いないはずだな。

清史稿局限

1914年設立以来清史館から14年にわたって完成。参加して省略のある柯劭忞などには100人以上。本システムが全く同様で歴代の正史に分け、本紀、誌、時計、列伝4つの部分に、計五百二十九巻。しかし、『清稿』修まげ時、纂修者の多くは清室遺臣、未練は清朝の心理状態は非常に重くて、古典の中で多くの反対の革命、中傷烈士、へつらうヤン清の言葉は、政治的立場にある大きな問題。次に、当時の清朝の書類はまだ片付け、歴史を編纂する者による歴史編纂所でしか原国の原稿と関係史籍原始書類を利用して、直接、だから価値が劣る。また、『清史稿』が本になる時、国民党の北伐軍が北京に入り、急いで、失敗は全書統一改正と真剣に校合するので、史実、人名・地名・年月日の誤りが漏れ。赵尔巽『発刊綴言』によると、本は「史稿披露」の「せっかちでの章」で、「視が本になる」。『清史稿』は出版後の翌年、1929年、故宮博物院院長易培基上申書国民党行政院を提案禁止『清稿』の発行、『清稿』という割禁書。易培基は上申書の中でこの「係亡清遺臣司会そのことで、……彼方を自慢する前の王朝乃以輩に忠実に、民国を誹謗をし、その両方をよそに食周粟之嫌で、それからでたらめだらけで、何千年もの奇を開く……だからその体例で文字の错谬だらけで、数え切れないほど多い尤属。この本はもしそのままに発行で、民国の会稽の恥じ」。
『清史稿』の編集者に立って清に反対しながら、辛亥革命のため、清末の革命活動に書くのか書かないが、例えば険会で、同盟会の成立、民报の出版、辛亥前の蜂起活動は、ほぼすべての記録がない、見られない清朝はどのように倒された。たとえ少しの記載を見くびるも語などを書く武昌武装蜂起「八月甲寅、革命党を乱、武昌、ことで眠り、32人、人の刘汝夔など三人……丙辰で、张彪兵匪構変わって、捨て大隊逐電する……嗣は各兵を擁している行省によると、日の独立をを魁者、全て都督」と、僅か数クロス、歴史を編纂する者革命に反対する立場は鮮明。革命へで犠牲になった烈士、目を「匪党」。過去が当選臨時大統領この重要な歴史、この本は「甲戌各省代表十七人開選挙臨時大統領選挙会は上海を臨時大統領、立政府は南京、定号曰中華民国わざと孫文の名前を書かない、わからない人も臨時大統領は誰。孫文は清朝を革命の指導者、『清史稿」に「孫文」の名前だけを見る。光緒三十年「五月丙戌、命令特赦戊戌党籍り、カン、梁啓超、孫文のほか、免職する者の復元をくわえて、指名手配監禁編管者釈免除の」(『德宗本紀2』)。これは西太後下の主旨赦免戊戌党の人は、特に指名康、梁、孙三人民代表大会逆許さないというのが、孫文の名前と。
逆に、この本は編集者に対抗革命をいろいろ褒め賛美は。『清史稿』巻469、恩銘、方正である松寿、赵尔丰、陆钟琦射殺された革命家などのいくつかの総督と巡撫伝記を書くと「不屈が殺害された」と「ひっきりなしに悪態をつく」と「忠孝节义萃1つ」篇末論曰く「や気前犠牲、または従容として死につく、示が大節、垂絶纲常。庶几たのむは復振う」。これらの言葉を反映したように、歴史を編纂する者擁護清、革命に反対する心理状態の遺臣。
『清史稿』の記述李自成张献忠南明、白蓮教、太平天国歴史などなどに「匪賊」、「逆」、「さ」、「賊」立場もきわめて鮮明。『清史稿』に記載されている民国以降のことではなく、民国紀年、干支紀年。例えば民国元年「壬子年」、民国二年「癸醜に当たる年」、民国三年によると「甲寅年認めない」と中華民国、奉民国兄の彼女。『清史稿』は民国政府を出す撰修、なんと、彼らは中傷辛亥革命、反対民国。だから易培基ください差し押さえる『清稿』の報告の中で歴史を編纂する者「前世代なら、その身は昔、死刑をさしたされ、その本は当然焼き捨てる。今の私はその政府は罪、所属寛仁のから、その本は決して海内で再施行、贻笑后人民国、吾の言いまちがい宜は裏切りの『清稿』の1本の永遠に封印をリリース、禁」。
知ってのとおり、清朝末期の時期、帝国主義が中国を侵略し、清朝的。『清史稿』は清朝のタブーは、あっさりと描写して、言い方が大ざっぱである。例えばアヘン戦争後に署名南京条約「宣宗本紀』では書(光「八月二十三年)戊寅、老人奏広州、福州、アモイ、寧波、上海の各海口、イギリス定の通商」。僅かごじゅう字、としか言って5つの通商に対して、関係に重大な割譲香港、協定関税、賠償軍事煙費などは言及していない。
『清史稿』の編集者が知識構成の制限で、外国に状況を理解しないで、だからこのの記述に間違いも多い。例えば「ロシア界の近い大西洋者、崇カトリック」(『国交誌1』)で、実はロシアに近いバルト海遠く離れて、大西洋、信仰正教そして、カトリック。また清末洋務運動の中で、施設工場、鉱山、鉄道を建てて、船が始動中国の近代化足取り。『清史稿』は立《交通誌』を要約当時の鉱工業交通建設で、当時の大規模の上海製造局、福州船政局、汉冶萍企業、开滦炭鉱基隆炭鉱大生紡績工場と、華盛紡績工場なども見て見ぬふりをする。これらの企業をマーク中国近代化の困難はスタートして、『清史稿』は皆無記載漏れで、重大な。
新疆は光緒九年に建てられ属州台灣于光绪11年建設銀行の省は、ほぼこれ众所共知の。そして『清稿・地理誌」と「穆宗(同)中興以降、台灣、新疆改列行省」、台灣を、新疆省を建てる時間早く着きました時、同治。首相が各国事務司咸豊末期に設立され、『清稿・职官誌」「延及德宗(光緒)、外患蹑跡、訳署始立」。押す「訳署」すなわち総理各国事務司の略称で、ここはまたそれを成立した時間に先送りした時、光緒。
「河渠誌』による全国川の場合だけは覚えた黄河、淮河、運河、永定川四条。私の国で一番長い川長江漏れ失年、他珠江、アムール川、松花江ヤルンツァンポ川大江大河などすべてが消えたら、ジョーク!
天文誌記』だけ乾隆末年、乾隆帝から百年以上無天文をとどめる。原因は外国宣教師勤める钦天监期間中、天文記録、宣教師が離れた後で、天文失年、資料の穴から、半分だけ『天文誌』。
「時憲誌』に編入した三巻八線表は、中学生の数学の教科書の中の対数表と清霞に千鳥。歴史を編纂する者が自然科学の知識を、それを押し込む稿』は『清不様
清朝統治時代、存在南明政権を含め、弘光、隆武、永暦三朝、十八年にわたって。また太平天国にわたって14年政権。『清史稿』だけで簡単に処理、南明政権設立张煌言李定国鄭成功3編の伝記太平天国は施設洪秀全1篇の伝記。列伝の設定も非常に乱れている、一人立セッター者計14人(王照园ウシュトゥルファンハター马三俊安禄周春乐善、兰鼎元、胡承諾ソナ恵倫罗璧アシュタン谢启昆)。また立传べきではない立传者、例えば翁方纲朱筠(後の人が増補)、吕留良谭钟麟いずれも無伝。厳復清朝末期の著名な思想家は、译介西洋文化の中国、影響が大きいもないし、もっぱら伝だけが、下記が林纾之付き伝。『清史稿』の列の女アレイ二三百人、女性は、多くの場合、夫は早死に玉は嫁がせませんまたは夫死ん殉节、まさしく礼儀と宣伝纲常、の三つ封建かす、もっと無取り柄。
『清史稿』の歴史書に記載され、多くの事実と違うところに至っては、人名・地名・年月日の讹误、もっとあげて数うべからず。例えば『皇子表」を載せて延の手紙「雍正元年襲ベイラー、尋は功封郡王。六年が罪革爵」、誤って。延状の最高の爵位を授けるをベイレ未通郡王。雍正三年革爵、非六年。『プリンセス表」を載せ宣宗()第六女寿恩固倫プリンセス「光十年十二月生、咸豊九年四月死ぬ、年に38」、誤って。によって生沒年計算、数え年わずか30歳で非38歳。「世祖本紀一』によると、順治二年六月、「(李)自成型したり九宫山首をつり、死」、誤って。押し:李自成を地主武装に撃を殺して、非縊れる。順治二年十月「故明唐王朱聿钊福建」によると、誤。押し:唐王名朱聿键非聿钊。「圣祖本紀』康煕五年三月「胡拜直隷総督」を、誤って。押し:年を直隷総督朱昌祚非胡拜。康熙十七年七月、「月、呉三桂僭称するは衡州」、誤って。押し:呉三桂僭称すると、康熙十七年三月、非七月。康熙十九年三月「吴丹复重慶、達州、奉郷は、诸州県内で、誤ってません。押し:四川無奉郷県は、は東郷。康熙29年「栄親王常宁を安遠大将軍ジェーン親王しまった手紙郡王、湖北入札副の」、誤って、常宁べき安北大将軍非安遠大将軍喇布で康熙は二十年、その弟雅布袭封ジェーン親王、ここは雅布、非喇布。また『阮元伝』は「集清朝の天文、律と諸家作『疇人伝」は、彰、誤って卓越した学問。押し:阮元に作『疇人伝』を記載わが国の歴代の科学者の伝記非だけが清世代記。「国交誌」を「英裏国が者、嘉应州人の世仰食外洋」、誤って。あまりにも訳:に国李タイは、中国の初代総税務司人は、イギリス、中国係、広東嘉应州とは関係ない。この種の史実、人名・地名や時間のミスが難しい縷述。汪宗衍さん詳細校勘部分に『清稿』、摘出に千のエラー、集積1本、『清史稿ノート』を読む名。彼のコメント「めくって所および、凡そ年次、官爵、人、地、書名、誤って倒れ衍奪ところを、まことに条。史実抵触する体裁でたらめもの多い。」
『清史稿』の記事についての上ヌルハチ汗と、下から宣統三年に清朝であったときまで。その中のいくつかの列伝に及んで辛亥革命以降の张勋復古、溥儀離宮後家出天津、王国維投北京昆明湖自殺事件など。本の大部分に「清実録』『宣統政纪』『清会典」「国史列伝』といくつかの資料が書き、編集者のこれらの史料に集まり、初歩の整理をし、読者を得ることができるシステムに関する詳しい清朝歴史の素材。しかもちょっと誌と清末人物の列伝は、取材はありふれた史料がまたが本。したがって、本も参考価値がある。
『清史稿』の存在にもかかわらず多くの欠陥は、しかし、今日は別の清の代わりに、この部の正史未定の原稿。私たちの研究にもなった清の1部のとても価値のある史書。
1914年さん月され、赵尔巽袁世凱召を清館館長。彼は就任後、非清遺臣、著名な学者、缪荃荪など柯劭忞ひゃく人余りで、スタッフは200人が、名誉職に300人以上を構成して、纂修チームから清史編修。ちょうど軍閥国力衰退、経費は非常に緊迫し、特に1917年後、ほとんど無着陸ほど費用。赵尔巽は、清王朝を懐かしさと、世代国史、「失今修理しなくて、後業益難しい著手」、困難も「诿卸勇気がない」。一方、節約を促す同仁進度を進める、多くの義務を果たす、一方ではその资望各軍閥に募金して言:「できない刊『清』、独ない刊『清稿』である!」ついに1927年編成『清稿』は、清朝歴史研究を提供する権威史料。当時きゅう、く月さん日赵尔巽北京で病死し、当時83歳。翌年、『清稿』正式に出版。

清史稿有名人の評価

赵尔巽:お前大辂椎轮の先導で、本としても。
金梁:史稿本非定本、海に不吝指教うに。当別撰校勘記、将来の修正の資、幸甚幸甚。
孟森:『清稿』は大口の史料を治ので、清朝故実者が非常に重く。即将是正しなおす『清』は、この不満意の旧原稿は史家にも保存し、メッセージの討論。
中華書局:本は編成、辛亥革命以降、編集者は基本的には清王朝の立場に立って書いて清の。になってからは衆手、お互いに配慮が足りない、脱稿後は未よく核改、刊行に校正も本気にしないで体例があるが、繁簡失当、甚だしきに至っては年月日、事実、人名・地名の誤りがちに見える。