石原莞爾

石原莞爾(有しはさくらかんいちどう、1889年月じゅうはち日-1949年はち月じゅうご日)、日本生まれ山形県鶴岡市、日本帝国時代の陸軍中将。日本の侵略の戦略の計画者、理論家。日本の思想家、政治家、軍国主義吹聴者。日本一兵家の称。
石原莞爾

石原莞爾人物の生涯

石原莞爾少年は勉強する

石原莞爾日本生まれ山形県鶴岡市、父の石原啓介は任鹤冈市警察署署長は、「武士道」精神教導石原莞爾勇敢で危険を恐れず、優れた家庭環境(当時の日本の農村、警察署署長は地元の食べ皇粮の大官)も幼い石原養成させない手紙を立仏は居仏を使う邪、権勢のスタイル。石原莞爾信奉「日蓮教え」、田中智学の忠実な信者。
1902年に仙台陸軍地方幼年学校第6期に学んで、第3
石原莞爾陸軍幼年学校に出願して時の申し込みます石原莞爾陸軍幼年学校に出願して時の申し込みます
名の身分を卒業して、その学習過程の中で、石原すべての本を読むには特に歴史、哲学と人物の伝記を読むことが好きで、特にナポレオンの関連書籍、試験の時に彼はいつも最も簡潔な言葉で完成解答(他人と逆で、あまりに多くの衆と違って、石原学友達の目にも一つの別種と呼ばれ、「ななしち号」(精神病患者の意)には、当時の勉強は学科(理論知識と技術科目(スポーツ、馬術、軍事技能など)、石原学科の上では楽で高得点を取って、科目の成績は普通には、彼の体の素質はない抜群の関係。
供幼年学校の卒業生たちの科目を选騎兵、歩兵、砲兵と工兵。実は日本陸軍当時また輜重兵。しかし日本軍内部のことわざに「辎重要も兵は、トンボも計算鷹」だから、幼年学校の卒業生の不当な辎大軍の、日本軍の集団強盗習性が実は来源はこの軽視補給の伝統。は航空兵の時代に、各兵科のなかで最も十代の子供たちは憧れの振るマテガイ縦馬を騎兵ました。石原莞爾を選択していないではありませんが、选択のは歩兵。いろいろな本を読んでから、石原は始まった将来の作戦は中国大陆の考え方。その思いを、まだ、まだ完全に成熟が、石原すでに感じた未来大陸作戦の主力は陸軍、歩兵。
1905年に日本陸軍中央幼年学校。1907年、日本の陸軍士官学校。1909年、第21期歩兵科第ろく名の成績で卒業する。

石原莞爾乗り出す

1907年卒業後、石原に歩兵第32連隊が士官候補生、そして当時じゅうに月進
石原莞爾石原莞爾
日本陸軍士官学校に勉強し、第21期歩兵課第ろく名の成績で卒業する(実は石原は第三名が、先生との関係が悪く、評価され第六、前5手天皇下りの銀懐中時計、その後石原聞かれどうして陸軍大学を第二時まで石原氏は、「陆大は品行分)。。陆士卒業後復帰第32連隊が、連隊長関係悪化、成立第63連隊に推薦され、63連隊に勤める。
1915年日本陸軍大学入学。1918年には2位に成績陆大から第さんじゅう期卒業(実際には第いち名が、勉強するあまり生意気で、先生との関係がよくないため、奪われて首位の資格)。石原人はとても聡明。当時の陸軍大きい学校の宿題はかなり重い、学生は徹夜、宿題は常。石原は永遠にできようにごろごろして、ご飯を食べたら、あちこち歩き回る。石原:侃できるから、彼はみんなにはまた好きなのも嫌いな:好きな彼を聞いて雑談をするが、彼は雑談をすると聞いて、宿題はどうする?しかし石原はこのように気軽には2位の成績で卒業する。
1920年よんしよ月、駐在の日本軍に派遣された漢口華中派遣隊司令部、一年で多くの時間を考察した中国湖南省、四川省、南京、上海、杭州などに、政治、経済、軍事情報収集を形成し、「大陸拡張」侵略戦略思想、まとめていた付中国軍閥の方法「武力により買収合戦、宣伝は、より大きな価値」。

石原莞爾満蒙独立

1922年ななしち月へドイツ留学期間中に撮影を購入したプラント。ナイフやカメラは石原一生の趣味、後にたくさん918事件現存する歴史は石原自ら撮った写真。引退後の石原莞爾彼の故郷に戻った山形県の鶴岡。は東条英機派の憲兵の監視の下、彼の「東アジア同盟」を続け、反東条言論を発表。「満州事変の英雄」と「前に陸軍中将」という二頂環、憲兵たちは監視以外にも、直接石原莞爾ない何かを恭敬する行為。
1929年ななしち月で、1次参謀旅行中、石原莞爾中佐に関東軍の参謀たちを初めて発表した彼の「最終戦争論」と「満州土地無主論」。を聞きながらの板垣高級参謀感心させ、一字漏らさず、全ノートに記録して、回奉日後に再び探して石原莞爾研究。そこで石原莞爾中佐、板垣徴四郎大佐花谷正少佐と今新太郎少佐(陆大37期)は毎週二回頭ぶつけになると、占領統治を専門に研究と満州の問題。石原は人を呼んで準1部の計画、1930年じゅうに月に完瞭する予定で、石原をささげ持って熱っぽく計画「よかった、まだ2年。」
花谷正思い出によると、この計画の「橋本欣太郎中佐中佐、根本博(陆大34期、当時参謀本部は支那課支那班班長)95、建川美次少将重滕千秋大佐(陆大さんじゅう期、当時参謀本部支那課課長90 %、永田铁山大佐85%、小磯国昭少将、二重宮治中将(陆大22期軍刀組当時の参謀本部次長)は50%、で関東軍参謀長三宅光治少将や配下の多くの関東軍参謀幕僚当時論点は知らない。」これは、いわゆる昭和軍閥の三大「下克上」事件を1件:石原莞爾、板垣徴四郎企画の「満州事変」。三大「下克上」事件の別の二つは辻政信が、服部卓四郎の「ノモンハン事件」と冨永恭度、佐藤贤ました「北部フランス領インドシナ進駐事件」。この第1件と第三件ようやく各つかみました1つのA級戦犯に決算して、その第2件は本当に奇怪で、二人の首謀者され蒋介石組織の情報特務組織局に保護されてきた、マッカーサーの情報組織G-2に保護して、どんな事がない。言うべき石原と板垣準備して1度行って豪赌、これはあの有名な「不抵抗将軍”だけはドローアヘンのごろつきの根本原因。知っていて「9 . 18事変」は多くの人とされる軍事学上の奇跡は、あのごろつきを成し遂げた石原莞爾と板垣徴四郎の名声。
石原莞爾今回は公開し、内緒にするつもりはないので誰、賭博がありすぎる。石原氏の「世界最終戦争」の理論、参謀本部と陸軍反対というより、むしろ共鳴がある。しかし葉は反対に移し、理由は恐らくアメリカ、ソ连ロシヤや蒋介石挿手。アメリカは直接介入は、きっとこの石原。蒋介石のでしょうか?もちろん「剿共忙しい」。蒋介石のことには、石原も正確に判断する蒋介石肯定手を拱く。蒋介石のこと好きに異質の程度は、より多くない共産党。紅軍の長徴の時は蒋介石のことを忘れられない共産党の手を借りてなり異分子。像胡宗南帯は10万の大軍と徐海东五千人の後ろに、即かず離れず、あとは半日道。徐海东進保安休みを三日分を土豪畑も、胡宗南市外で休んで三日。その後徐海东午前に城を、胡宗南午後町にも、知らないのは剿共は剿異分子。今回は日本人なりの手伝い奉係軍閥、蒋介石はうれしか。
言うべき石原莞爾と板垣徴四郎打算ほぼ完璧に、唯一の欠点は彼らとは米ソ蒋手を拱くどころか、当事者本人も同じ手を拱く張学良!実は必要ない占領営口、張学良は手伝い修一条現代の高速道路で、あの人は「実家へ帰ります」。
石原の最初の考えは「満洲独立」ではなく、日本の直接軍事占領。彼は1930年ご月の『満蒙問題私見》の中では「私は疑って支那人があるかどうか近代国家の建設能力より、わが国の治安維持の下で彼らに自然な発展」、ここからは見えないから鼓吹する「王道の楽園」、「五族協和」の言葉ではなく、裸の方法を軍事占領統治や当時の満州、朝鮮、台灣のように。だが石原のこの考えはもちろんに軍部が否決されたが、当時の軍はまた知っていて何かを「天下の大悪事」、覚えてる日清戦争後の日本を追いつめて手に入ったのはもう遼東半島「三国共同干渉」を知って、通用しない。こんな石原莞爾が一歩に「満洲独立」をやる。この『満蒙問題解決策」にこんな句:「含涙まで退いて満蒙独立国案」。
石原莞爾心の中で、「満州事変」以降ずっとは軍部にしない軍事占領満州全土でいて、彼の武装占領する計画を忘れない。転勤で石原莞爾関東軍の1932年はち月以降。一般的な見方は、1932年石原莞爾認識後への就任を満州国」監査院院長の于冲漢以降、于冲漢に卸売の「保境人民を安心させる、東北三省分離」の思想。つまり、9 . 18事件時には、石原莞爾主張搞「満洲独立」が、実はは軍事に併合の東北三省。「独立」はただ1種の権益の妥協案。
石原莞爾仕事後直ちに晋を大佐階級、昇進参謀本部戦争指導課長、そして兼任参謀本部は最も核心の課長――1部(作戦部)作戦課長。1937年・参謀本部第1部部長。なぜなら、「満州事変」の成功は、石原莞爾と板垣徴4郎成日本中の英雄。

石原莞爾行動派

1936年の二六事件で、石原職場を守る、整備参謀の任に果敢に指揮厳しく弾圧、統制派好評(石原非統制派メンバー)、1937年さん月に昇格し少将に任命され参謀本部作戦部部長。
石原は26日朝から铃木贞一電話で耳にクーデター情報に駆けつけると、参謀本部に出勤し、任命された警備参謀。27日の戒厳令下達後は戒厳令参謀に就任。石原は明確に定義して2 . 26事件「乱れて朝憲の反乱」。
石原は「行動派」に作戦部長から甚だしきに至っては改造した参謀本部は、元総務部管の「動員、編成」業務も移し作戦部に来て、新しく設立された「戦争指導課」、元総務省所管のみに具体を行使戦案に動員と作成機能拡充に未来の戦争の動員と編成計画させ、を備えた本物の「戦争指導」機能、こんな改造後、作戦部に集中してしまった参謀本部は90 %の権限は、石原部長となった実際の参謀次長(当時の参謀総長は皇族閑宮院負荷仁親王ただ、噛みついて権力を行使し、実際には参謀次長)。
むしろ、この石原莞爾が改定された「国防国策大綱」に一定の現実性と可能性。少なくとも現実からの工業生産や軍事兵器実力とソビエト連邦が、すぐには良い選択。石原から見れば、ソビエト連邦南下ルート3条は、それぞれ、満州、内モンゴル、新疆の。しかし地理の要因、ソビエト連邦人はきっと放棄後二条を満州から、ホッキョクグマの念を南下し、まず経営満州国
アメリカには「努力とアメリカ保持親善関係」は、石原知っている日本や満州も豊富な石炭、鉄の資源が不足して、最も重要な戦略の資源:石油とゴム。その玩具は全アメリカでとイギリス手はいけない人だから、アメリカ人と開き直る。不和英米だけた、石原知事は「英米がデフォルト満州国」の存在があるので、日本人のコントロールの満州、ちょうどを英米が共産主義の懸念を南下する。

石原莞爾盧溝橋事件

二六反乱鎮圧し続けて、きわめて右翼の皇道派これ一度のつまずきで立ち直しができない
石原莞爾石原莞爾
につれて、事件後に「粛軍人事」を行い、統制派が完全に掌握して局面を迎えた石原も人生の中で一番輝いている時間。昇進する第1部(作戦部部長は参謀次長、)は一歩手前、そしてそうこの一歩も大きくなくなりました。石原名を挙げる、後輩たちが崇拝参謀、まねの手本。そして石原のあれらの後輩たちは、出世しようだけの野望は、石原の才能。あなたは石原はひとつやって「満州事変」名を挙げるましたか?あなたは私も、すると大やつが、さまざまな「事変」のような雨の後狗尿苔のように。石原にをやって馬鹿になった。
本当にた石原莞爾の軍人の命は、盧溝橋事変。盧溝橋事件発生後、軍部の中央をどう処理が真っ二つに分かれた、参謀本部作戦部部長の石原莞爾少将と戦争指導課長虎四郎川大佐(陆大33期軍刀組最後まで、参謀次長)や陸軍省軍務課長柴山兼四郎大佐(陆大34期、後任特務機天津税関長、最後まで陸軍次官)をはじめとするが拡大しない事態派と陸相杉山元大将(陆大22期、敗戦後発表されるA級戦犯容疑者をして自殺して、さもなくばがに絞首台)、軍務局兵生活課高級課员田中さんは新しい中佐(陆大35号)、参謀本部作戦課長武藤章大佐をはじめとする主戦派。
騒動の「支那駐屯軍」司令官田代皖一郎中将(陆大25期)当時は二竪におかされる(ななしち月じゅうご日死去)、参謀長橋当群少将(陆大28期軍刀組、後にやり遂げる参謀本部作戦部部長が、ノモンハン事件の巻き添え1939年に転用され、予備役)が倒れても主張が慎重を期し、手伝って自分とは全く関係のないの人々は無比に関心を持って、関東軍司令官植田谦吉(陆大21期)、参謀長東条英機(陆大27号)、朝鮮総督南次郎(陆大じゅうななじゅうしち期、その後のA級戦犯)、北朝鮮軍司令官小磯国昭(陆大22期まで、後に総理大臣、A級戦犯)などが要求を、中央の決断」。関東軍まだ派辻政信と田中隆吉前線に牟田口たちを励ます。
当時の任参謀本部作戦部長の石原に決めた不拡大方針、参謀総長閑院宮にも「支那駐屯軍」を下した不拡大の指示に従い、近衛内閣も閣議決定を拡大しない。しかし、情勢は彼らにコントロールできるました。天津は石原、全面攻撃発動した、そこで、石原氏の「満州国」と「最後の決戦」画餅、全成水の泡。
盧溝橋事件後、石原心配を全面侵略戦争の泥沼に日本に陥って無明の酒に酔う主張し、徐々に占領中
石原莞爾東北石原莞爾東北
国とは、陸相杉山元大将をはじめ、加えて軍務軍事課長田中さんは新しい大佐と参謀本部作戦課長武藤章大佐この二つの要職の主戦派の形成の鋭い矛盾、参謀本部の席が揺らぐ。
1937年きゅう、く月、前任関東軍参謀長兼親友板垣徴四郎の推薦のもとで、石原関東軍へ転任東条英機その参謀次長。石原莞爾と思ってからは「満州国の建国の父」と、彼は準備のためとアメリカを「最終戦争」でこの「満州国」を、彼はこれを「満州国」に建設が自給自足を備え、完全な工業システムの後方基地。しかし、東条英機にとって、いわゆる「満州国」は三つだけ漢字だけ。は東条英機すべてに軍事関連事項を譲る石原莞爾。しかし石原のはこの、石原は「満州国」の政治のコントロール、東条英機はたまたまこの権利を放棄する。いわゆる「満州国」は東条英機のプライベート天下。当時の満州傀儡政権が「二KI三SUKE」っていうのは、実は操縦満州傀儡政権の東条英機(関東軍参謀長)、星野直樹(「満州国」総務庁長官)、松岡洋佑(満鉄総裁)、鲇川义介(満州の重工業開発株式会社社長、後に3人で名前の最後の読み方は「SUKE」でもあるので、この言い方は。前に3人は裁判台A級戦犯が、後に2つのも巢鴨刑務所しばらくでした。

石原莞爾病死と家の中に

1941年じゅうに月はち日東条内閣から太平洋戦争。石原莞爾さんが書き込んだ評論:「この戦争がいち万元と、英米実はひゃく万元で、日本はいち千元、そうした違いしか使って戦略を補って、何で「不可能を可能にする」のスローガンを補う。戦略の上で敵の弱点は探して認識しなければならないほか、当方の持つ条件、戦法、戦士、特定の兵器や他の戦争の手段の利点。頼るこれらの美点が敵の弱点を拡大。軍当局の第一段階の作戦を完成した今の次の段階の戦争計画、この戦争計画含まなければならない必要な生産増強数と実行の手段方法及びその可能性。」しかしこの時にすでにあり得ない人が進石原の話。戦争のプロセスは一歩一歩石原の言い方を形にして、その結果を監視彼の多くの憲兵になって彼の信者。
石原莞爾から関東時かつて自分を配军刀つついに急所によって尿道口裂け、長期血尿が膀胱がん。1949年はち月じゅうご日、石原莞爾が膀胱がんに病死して家の中でろくじゅう歳。

石原莞爾友達と仲が悪くなる

のちにA級戦犯大川周明は石原莞爾の同郷、満州に出張時先に見舞いに来て石原莞爾話を聞いた後、ついでに「東条参謀長室はどこですか。彼と聞いていい。」石原莞爾の答えは:「ああ、あの東条上等兵よ、向こうに」。
と言うわけでは見られないならば石原と東条争いの内容だけで表面から見れば、失礼なは石原莞爾、ともあれ東条英機は彼の長官。特にこので軍隊厳しい上下関係こそ赖之は存在の団体で、石原莞爾の動きは常識に反する。しかし、石原の一貫した人、みんな倒れないとしても新鮮で、問題は東条はそんなに大きい度量ました。
そんな気持ちはとても深い東条、明主は一嚬一笑を愛しむの人。彼は石原は非常に不満で、しかし決して表すように石原のようではなく、彼は一番得意の方法:使用憲兵の問題を解決して。もちろんは東条もまだできません、あの時には公然使用憲兵監視関東軍参謀次長が、石原密接に行き来の人を受けた憲兵のお願いします、石原本人元関東軍司令官あての手紙から本庄繁、新京(長春)が東京まで歩いたよんじゅう日以上。
東条こちらから見て、石原は本人の態度は問題は、東条奥さん勝さんのお金の問題を追及しつこくももちろんですが、最も重要なのはどう見て石原のような共産化分子に十分注意しなければならないので、石原。
実はこれは東条英機利権争いが激しすぎるから生む1種の幻覚。満州国の作用で問題上東条と石の既存ギャップが、満州国の具体的な運営上は2人と変わらず、石原莞爾と共産化の分子はまったく関係がない。二人とも大学校を卒業した陸軍参謀出身、思惟の前提は一緻の――すべて軍国主義の考え方。二人とも関東軍で運営している満州国でさえ関東軍主管満州国事務の人が変わっていない、片倉に、ただ、片倉衷大尉になった片倉衷中佐だけ、二人の衝突が主にその「協和会」との見方が上。
協和会の由来と石原莞爾と密接に関係する。9 . 18事変以後は石原莞爾の指示に下山塩辛いものとして小沢氏を開元の自発的な「満洲靑年連合」の解散代わりの関東軍資金の「協和党」、板垣徴四郎参謀長親陣2万大洋の第1筆の経費。石原莞爾不信政党、すべての政党と最後までされて財閥買収に役立たない軍部の支配から、始めからは代表の軍の「政党」。
しかしこの「協和党法」いつも見えないし、当時はまだ中佐の石原莞爾を呼び出して「満州国総務長官」驹井德三はっきり聞いた経緯後はびっくりして、発表した理由はない溥儀同意しない。
石原莞爾は本当に気を失った:「溥儀はどんなものですか?彼が同意しない同意しない?」
驹井德三是非に及ばない:「道理はそうだが、名は「彼にどう満州国政権”、彼は同意しないのも仕方ない。」
この巻き起こした石原莞爾の好奇心は「溥儀どうして同意の成立協和党?」
驹井德三もなく「溥儀反対「党」と呼ばれ、彼はもとは追い込まれ革命党の皇位継承のため、「党」という字アレルギー、なんでもいいから、党」。
だからこれからものを「協和会」、「協和党」。それは溥儀は日本人に対して唯一の言っていた「でない」字でしょう。
は、政党の見方に、東条英機と石原莞爾と全く同じ。東条英機も支持近衛内閣解散全部政党代わりの「大政翼赞会」の主張の。しかし、ずっと感謝協和会で満州事変手伝ってくれた関東軍大忙しの石原莞爾と違い、東条英機とは一味ない事のやくざのような、は石原莞爾そんなチンピラやっと彼らと好いた水仙好かれた柳。東条という意味で、協和会は共産党よりもっと危ない不安定要因、特に石原この協和会を通して楽屋をずっと北京大学教授鲍明铃たいと中国駐米大使論争連絡を開けよう日蒋交渉の方法。
この見方に石原莞爾持ちの人は実は東条英機一人だけでなく。だから1938年ご月東条英機就任陸軍次官の時、関東軍参謀長職は石原莞爾代理半か月だが、最後には多くの人が推測や心配のように、石原莞爾と後任のではなく、東条英機親交厚く第十何の師団磯谷廉介中将を引き継ぎ、日本陸軍にとって、石原莞爾はもう役に立たない。
1938年ろく月、石原莞爾に谷廉介を強化し、磯協和会、束縛日本官吏と廃止関東軍第四課(その片倉衷に佐為課長の主管満州国事務部門)のこの3つの構想の改革案を拒否し、磯谷廉介、怒りの下、来ないを辞めてくださいを脱ぎ、軍服を殘して1部の辞職の報告は日本に帰って、この影響を減らすため、板垣徴四郎手配の下で、入った東大病院(当時の東条次長は彼をやって行きたいと精神病院か)。退院後任舞鶴要塞司令官(下の兵もない、完全に1つの閑職)。
1939年はち月昇進陸軍中将、支那派遣軍総参謀長板垣徴四郎を推薦する第じゅうろく師団司令官。石原と東条英機など関係が悪化して、何度も公開宣揚東条英機、梅津美治郎輩が日本の敵、彼らは世界の敵は、全員は銃殺。こうした挑発に対し、東条派自然は見て見ぬふりをする。1941年さん月、石原が組み込まれて予備役。

石原莞爾人物評価

石原莞爾は戦犯

裕仁天皇裕仁天皇
裕仁天皇の後も「石原はどんな人だかわかりません。」
戦後つかむ戦犯は、マッカーサーは東横線第一条。と東条するのはよくない、よく罪が軽減され、彼らが立ち上がって希翼做証、東条派の戦争責任は実験をします。石原莞爾と東条英機関係は非常に悪い、戦争反対の拡大。
なお石原なかったことも白鬼子に感情を害する。一般的に言っ関東軍の参謀たちをしたロシア人、しかしこちらの石原ロシア人さえもないと彼は仇。中国人を追及しないならない彼を追及するため、石原は追及を免れた。しかし、石原はとても気がつくまで、半日の「戦犯」でもない。東京で軍事法廷検事彼に調査団を始めた彼は、何かと言っているときに、石原は「言いたいことが山ほど、満州事変の中心人物が私のこの石原氏が、この石原なんで戦犯?これは根本的には論理的ではないので、言いたいことが山ほど。」彼は急いで検察団中断しかない。
場に居合わせたアメリカ記者マーク·蓋恩と当時の情景描写:「石原の目は厳しい、ほとんどしたい、私たちを射抜くよう」。だが石原の証言で触れた人名、板垣徴四郎、土肥の原賢の2、橋本欣五郎全成たA級戦犯は、彼は。
中共にという石原莞爾も重視されて。石原引退後に書かれた本、延安かつて編成1冊の「石原語録』を専門に研究。林彪東北にも進出以降、「協和会」の石原派遣者理解石原の思想。可能性は石原莞爾の「持久戦」と「最終戦争」に興味を持ちましょう。
国民党は異なっていて。1936年じゅういち月西安事変前、当時はまだ参謀本部戦争指導課長の石原華北某所秘密に会って国府人高崇武。あの人の話を聞いた後目から火が出る石原氏が、「日本軍があるあなたのような人は、あなたのこのような見方ですか?」国府人その敵の無知もここまでくると、後で全軍も犬が西向きや尾は東の。

石原莞爾恐怖の天才

言うべき石原莞爾は天才。1941年出版の『戦争史大観」を強調した石原は飛行機で未来の戦争の中での役割、それに指摘した原子核分裂エネルギーは軍事の中の応用。石原は「このエネルギーの破壊力が戦争を一瞬で勝負」、「怪力光線が武器何の突然の登場する可能性もある」。武器を重視する点で石原と日本陸軍と違って、これも石原最後東条英機排斥の原因の一つである。もちろん、たとえ石原にも思わなかった日本はまず原子核分裂エネルギー兵器の試作品で、「瞬間が勝負。
中国にとって、彼は非常に恐ろしい敵が、彼は非常に怖いので、石原の考え方がかなりの勝ち。彼は言った:"もし戦争状態に入るなら長期戦、罰中国、数カ月間の蒋政権が崩壊するので、だけが必要なのは短期決戦を大きなミス。明治維新までまで中国はアジアの先進国では怖いから、日本人は日清戦争で勝って以降と中国は衰えの国家のために軽蔑」「中国古来からの高度文明、物質生活はきわめて元始、それぞれの地方には高度な自給自足の可能性があり、これらは持久戦のきわめて有利な条件。もし戦争が迫り中国決戦をして、しかしになることができますか持久戦は要は中国の意図」。
石原莞爾は陸軍大学校虎の子渡し数十年卒業生にたった一人の戦略家。この意義の上から言って、石原は陸軍の「異形」。異形だからこそ、だからとても敬して遠ざくされ、卒業後に学校に行ってドイツ教官、留学、ドイツ形成した彼の「最終戦争論」、後でまた関東軍へは入れられない参謀本部。今回の進参謀本部は、「満州事変」に功労がある一つの原因が、主な原因陸軍省軍務局長永田铁山のご推薦。だが石原莞爾就任の1935年にはち月じゅうに日、統制派で束の永田铁山少将皇派軍人れ道相沢三郎中佐オフィスで討ち止めるので、皇道パーティー永田だけ皇派大手の道本当に何三郎崎(陆大じゅうく期軍刀組は、2 . 26事件の黒幕)の教育総監の官不満。
その考えを実現させるために、石原も改造した参謀本部は、元総務部管の「動員、編成」業務も移し作戦部に集中させる作戦部、参謀本部が90%の権限。
当時の石原莞爾名は一時、重量一時。その元の傾向と皇道派の朝鮮軍司令官林フライス十郎組閣時も立場を変えて、ステアリング統制派。内閣の者が选タイミングを求めて石原莞爾(当時はまだ大佐)の意見提案、石原は彼の盟友板垣徴4がちゃがちゃ陸軍大臣ため、結果は梅津美治郎(陆大23期最高経営責任者、A級戦犯)容認できない陆大28期の板垣登って彼は上に陸相(梅津当時は陸軍部次長)で極力反対が成功しない。
石原莞爾が改定された「防衛大綱」アメリカ国策には「努力とアメリカ保持親善関係」は、石原知っている日本や満州も豊富な石炭、鉄の資源が不足して、最も重要な戦略の資源:石油とゴム(当時はまだ知らないことがあるから大慶油田もし知っていない、、準石原を見合わせ南進)。その玩具は全アメリカでとイギリス手はいけない人だから、アメリカ人と開き直る。
石原莞爾は思想から行動まですべての矛盾に満ちた怪物。誰かと思ったら石原莞爾本当にこだわって満州という「前進基地」は、本当になんて思ったことは更に拡大戦争は間違い。1932年いち月石原莞爾対応関東軍招待訪問満州の東京帝国大学教授と土方成美さんは「私が言ったことは、満州は日本の生命線と考えることもない。満州はただの手足機、きっとここから出発して山西、陝西省、陝西の豊富な石油と聞いて」。石原まで参謀本部はやがて、2 . 26事件に遭遇しました。

石原莞爾脱出罪

1945年日本の降伏後、石原莞爾自分は東条英機迫害を受けた平和主義者が発表した『私たちの世界観のノート』、『新日本の道」、デビューした「戦争放棄」の概念を建設しないで戦争の文明」などと主張し、同時にに在日軍総司令官マッカーサーの手紙に「超階級の政治」などの観念は、「過去の政治階級の利益の政治」、「超階級の政治」は「理想のために」。

石原莞爾個人の作品

石原莞爾著書

石原は日本軍の中で有名な軍事戦略理論家は、1920年代に著書:
「今と将来の日本の国防』
「戦争史大観」
『ねじれ国運の基本国策――満蒙問題解決案」
「関東軍満蒙領有計画』
「軍事に日米戦争』
『満蒙問題が私を見て」

石原莞爾論文

1929年ななしち月、当時関東軍司令官の畑英太郎がすぐに命令板垣徴四郎司会からななしち月さん日から満州実施参謀旅行。今回の参謀旅行中、石原莞爾参加者に配布した3編の論文:『戦争史大観》、《回転国運の基本国策――満蒙問題解決案」や「関東軍満蒙領有計画』。

石原莞爾戦争理論

石原主張の戦争、地政学の理論:
発祥は中央アジアの人類の文明の分をものの2本、数千年間それぞれ特技と特徴を発揮し、この2つの文明はすでに形成して相互に対峙する局面太平洋越し。この局面ことは必至で戦争、戦争の後は統一に向かう、最終的に“創造最後最高の文明」「黄金の時代」「人類最後の大戦争」は「日米を中心とした世界大戦争」は、まず持久戦争、そして決戦戦争。
そのために主張し、「以战养战」、持久戦勝利を得る決戦、占領しなければならない中国東北日本の戦略的資源供給基地。彼の軍事戦略思想の直接指導した日本関東軍発動九一八事変とする中国東北。
石原氏の著作と強調し「満蒙問題の解決は日本の生存の唯一の道」。引数は、以下の3点:
いち.解除のために国内の不安要素が対外進出。
満蒙問題解決に.積極的にだけでなく、日本のために多く支那国民の利益のためにも、正義のために日本に果敢に行動しなければならない。
さん.歴史から見れば、というより満蒙は漢民族というよりは日本民族。
石原莞爾の3点が非常に簡単明瞭歯に衣を着せぬ;身も蓋もない。石原の最初の時のために本当の話から、当時の経済危機を救って、日本軍閥と軍閥の背後の財閥の選択は戦争は戦争を選択することができます;石原の第二の時は侵略者の常套句すべて、すべての侵略者にされる者の「利益」「せつなし思案」に侵略戦争発動の;注目に値するのはや詳細説明した2つの前に根本的に異なる第三点。この「歴史の観点」は何かを知る人のないは、この一言に加えて、石原は何も説明。
提出満蒙生命線
石原莞爾は陆大さんじゅう期は2位の身分を卒業した、ずいぶん牛。卒業後留学ドイツという、読めクラウゼヴィッツの『戦争論」の数の日本人の中の一つの。それだけでなく、こちらも発展した『戦争論』、全体が出てきた「最終戦争論」。今見える『最終戦争論』は石原1940年京都で一度の講演の原稿を記録、完全に表現した石原思想の『戦争史大観」が最も早くは1929年長春の講演の大綱、その後本人1938年や1940年2度の改正は、1941年正式に出版された。
その「最終戦争論」とはどんなものなのか?石原知事は未来の世界での衝突は東方文明と西洋文明の衝突、東方文明の代表として日本の避けられないと西洋文明を代表するアメリカし場「最終戦争」を決める、人間社会の行方。
石原氏はは、この「最終戦争」の戦いの中で、日本は戦略的に不利な地位に立つ:国土資源戦略物資は奥行きがない。この持久戦の過程の中で、日本はきっと1つの後方基地、この基地は満蒙。
これが「満蒙ライフライン論」の由来。

石原莞爾家族

石原莞爾子、彼が亡くなった後、彼と喪の遺品整理するのは彼の弟の石原六郎取りしきる。石原慎太郎の氏族の係譜がはっきりとしている。彼の父は、石原潔、貧しい家庭の出身で、学童の出身として、自分の努力を通して、やがて大手会社の役員級の人物。この石原潔と石原莞爾もならないことの。
石原莞爾と石原慎太郎まったく関係ない、加藤竑の父の加藤精三や石原莞爾同じ庄内藩の出身で、しかも親戚。
崇拝者:今の日本の有名な音楽指揮者小沢徴爾父の小沢開作は当時の満州日本殘留者という、崇拝、石原は、息子の名前を徴爾、名前から板垣徴四郎と石原莞爾。