田中義一

田中義一(1864年ななしち月25日- 1929年きゅう、く月29日)は、日本の山口県人、日本陸軍大学卒業して、続いて山県有朋その後長州藩第二世代の指導者、陆軍大将。政友会第五総裁、日本第26首相、軍人として政治家が抜群の企画能力と良好な視野、長期にわたる日本軍政2界を支配し、国内で実行する高圧政策。破壊の議会政治、海外で推進政策満蒙分離する中国の統一。皇姑屯事件後、昭和天皇張作霖爆死事件を口実に彼の上奏前後が矛盾して、そのリコールは、やがて失意死んだ。名高い『田中上奏文を経て考証」は別のA級戦犯铃木贞一の作品。
田中義一

田中義一情報の天才

田中義一生まれた背景

日本陸軍大将、男爵。生まれ于萩の菊屋横町、父親の田中信佑は藩主と出かけるとき担当を担ぎ輿の低級武士。田中義一は彼の三番目の息子。田中さんは生まれて背が大きくて、甚だしきに至っては彼のお母さんは妊娠する時と勘違いされる双子を妊娠した。少年時代には非常にいたずら、1876年、彼はじゅうよん歳の時に一度参加前原一誠の指導(者)の武士の反乱、事後に自首を免れて、無知は罪。その後はやっ村役場雑役、小学校の教師。
当時の長州、至る所にすべては明治維新英傑遺跡は、想像にかたくないかもしれない、田中さんは夢の中では彼らの足跡を追いかけている。にじゅう歳以降に陸軍教導団、陸軍士官学校(旧はち期)。1886年・陸軍少尉。1892年に29歳の時から田中陸軍大学第8期卒業、佩中尉くつわ。この当時多くの同じ年齢の人より軍人社会、田中義一のスタート時と遅い。しかし「読まないで知られる田中義一自軍人社会に入る後は、過去の侵略戦争や整備軍の中で、いつも笑顔で鬼才に依存し、特有の立ち回るの道で、多くの同じ郷の軍閥の首領山県有朋桂太郎などが認められ、仕官への運が開けるとなり、長州係軍閥の直係の継承者。

田中義一ロシアの通

1894年中日日清戦争爆発。彼は1895年・第1師団中尉参謀、第1師団動员制度を制定した。内容はとても入念で、完成度が高く、ほとんどは原稿案が採用され、他の師団もすべてそれを借りて使って、そのため彼は認められ。あとで参加した金州、大連、旅順などの戦役、昇進大尉。戦後に入る参謀本部第二部搞情報。田中学校のはロシア語、そしてとても悪くない。二部は、到着後、二部派まで彼をロシアに留学に行きました。田中さんはロシアがやってる、毎週引っ張っている認識の毛唐教会に行って礼拝は、帝政ロシア軍に参加した、自らに掌握する最初の手の資料。着きました日露戦争前夜、陸軍屈指のロシア通、ロシア課の課長を務める。
あの時伊藤博文ロシアを訪問して、問題を解決したいとロシアの交渉。田中さんは若い人は気が短い戦い、伊藤の前に極力反対するとロシアの交渉、伊藤を怒る。しかし伊藤怒って帰怒って、田中さんの才能は鑑賞、日露戦争時の勧めに大火山岩の満州軍総司令部が参謀。参加した営口、広島なぎさなどの戦いという認識した、そこでも髭の張作霖。奉天会戦後、断固として主張を追撃するため、戦果。戦後獲得3級金鵄勲章

田中義一陸軍中枢

田中義一仕事として

戦後は戦争の経営改革をまとめ、しようとして軍内部。1907年、田中拝命試行軍教育改革、任第1師団の第三聯のリーダー、改革で導入の個性を尊重し、連隊などの家、将兵協調などの新しい教育方針を補完する体罰、指揮刀操练の単一の教育方法は、军内波紋を広げ。この時、彼はすでに若い者には油断がならぬた人に加え、田中は長州人は、「親は親、故郷の人」、これはリットル1級、主管作戦の1部。
田中さんは義になると書いた1部の後、1部が「随想藻塩草』の意見書、中から国家戦略、軍事戦略までずっと侃軍の組織、制度を通じて儿玉源太郎大将は渡し山県有朋元帥あそこに行った。山県を見ると、うん、いいと明治天皇報告、帰りさんは、「君はやるの帝国国防方針を見てみましょう」。彼は引いている海軍の財部馬鹿大佐一緒に制定した案、規定の陸軍普段25個師団、戦時ごじゅう個師団なければ、海軍の建設八の艦隊
1909年に田中・軍事課長、第二旅団長、陸軍省軍務局長、当地の主宰する「部隊改正内務書』、『歩兵操典』、『輜重兵操典』、『陸軍教育令』、『陸軍補充令」は、在任中の証として彼の実力。1910年じゅういち月、彼はずっと提唱の帝国在郷軍人会成立。同会はもう終わって現役軍人の予備役は組織して、両方の維持費削減国軍、また国家意思を広く国民に(後もその予備役に)。同会は起立の初めだけで陸軍を対象に、1914年から海軍をも加わり、当該組織最終完備させる。また、彼は批判勢力拡大や政界の軍閥大隈重信後援会長を務める帝国軍人だけではなく、そのため大隈止まって軍部の批判に転じ、軍部の支持者からと、当時の桂太郎首相、寺内正毅陸相接近。その後、担任の田中と軍務局長上原勇作陸相一緒に第二次西園寺公望内閣の時を2個師団は自国の防衛を増設、満州朝鮮などの新規開拓の領土、当時政府奉行財政緊縮政策、承知しない彼らの要求。上原陸相辞職を申し出を拒否し、陸軍後任陸出会い人に選ばれ、内閣が総辞職しなければならない。今回の事件は第1次護憲運動の引き金となった。

田中義一その他動作

1913年末、彼は欧米への考察、帰国後に創設された靑年団の組織を通じて対応を試み、官営の組織に第一次世界大戦後の思想の混乱の局面。この組織は、小学校卒業後に徴兵され入隊の間の者の組織ですから、や在郷軍人会国民に伝播を発揮している国家意誌の役割。
1915年はち月として、黒幕、参謀次長田中義一少将に企画した。袁世凱提出悪名高い「二条」されると、中国人民は強い反対で未遂。

田中義一担当陸相

1918年原敬内閣が発足した、山県有朋彼を務める推薦入閣陸相。1920年ろく月を強力に充実国防のじゅうよん年計画。在任中に発生したロシアブリタニアカラットエフ斯克港日本領事館7百数人の日本人が襲われ、殺害された事件。野党攻撃陸軍対応する責任。彼は企画に指導したシベリア出兵事件。期間彼と薩摩派のリーダー上原勇作参謀総長矛盾が絶えず、大蔵大臣高橋さんは清甚だしきに至っては廃止に原敬首相参謀本部の提案。1921年じゅういち月首相暗殺後原敬。高橋さんは清に総理大臣、陸相替えた山梨半造として、日本に初めて軍縮。ななしちヶ月後、彼は第二回山本権兵衛内閣の就任を再び陸相、昇進を大将に、獲男爵爵位に華族。折しも1923年きゅう、く月関東大震災爆発は、陸軍の施設を利用し、人員や物資を関東大震災後の復興再建を尽くした力が、内閣で刺殺事件(虎ノ門摂政太子裕仁)で総辞職。
1924年に創立した彼は全国的な靑年組織「大連立靑年団」、この組織二百五十万メンバーとなり、田中に強力な支持母体。

田中義一献身の政党

1925年ご月で、人になると思われる元帥の田中義一突然名目に現役、行き政界につく。政界の意味はどっちに行きたいだけ総理が、田中義一(当時の地位原敬内閣は、第二回山本権兵衛内閣代陸軍大臣)、この総理はいずれ彼の。彼はなに?政党の代表になりたい。とても簡単で、当時は政党議会制、彼は自分の元帥の称号を犠牲に軍人と引き換えにもっと大きい空間。このまま1925年田中されて現役、立憲政友引き継ぐ高橋は清第五総裁に就任、この「立憲政友会」でもない小さな秘密結社、それは伊藤博文「手を締造」の政党、どう言って彼には田中さんをボス?田中さんも手ぶらで、持って三百日洋の対面式。この三百万日洋当時はどんな概念ですか?300万は陆軍大将500年の賃金。彼はどのように来たのか、今回シベリア出兵、陸軍使って2400万日洋機密費!そのうち寺内正毅内閣で落ち340万、殘りの2000万全は原敬内閣で落ちて、原敬内閣の陸相は田中義一。今知って彼のお金はどこから来るのだろう
当時は加藤高明指導の下で成立した護憲三派内閣が、憲政会第1党政権としては界牛耳って、結果は初めて加藤内閣は政友会の攻撃が揺らぐで総辞職。選挙後の組閣権を再び落ち加藤手に拒否し、彼が加藤高明の入閣を要請、継続する。初めて若槻礼次郎内閣のとき、彼は猛烈な攻撃を利用して政府の対中政策、金融危機の下で出現の整理震災手形問題は、発動枢密院官僚は「違憲」として、政府の救済台否決銀緊急勅令案、強制的に若槻礼次郎内閣総辞職。

田中義一内閣の首相

田中義一首相に就く

1927年よんしよ月にじゅう日、田中義一首相就任政府を掌握した権力で、当時の元老西園寺公望元推薦貴族院の田健次郎に総理大臣によって、結果は初めて「憲政の常識」が政権を渡す野党、田中内閣が成立した。しかし内閣中仏相元嘉道党員は政党、内に鈴木三郎好き務めによる第二次護憲運動の清浦内閣法相。田中さんは私は更に1人の典型的な例は、護憲運動に参加し終わった政党。内閣には多くの政友メンバーが、同内閣は決してを護憲三派内閣の延長線上に、奉行の政策と加藤、若槻二人の推進大正民主主義政策弾を執りて鳥を招く。具体的な政策措置で、たとえば政府はマニフェストを提案した地方分権を設置した田中さんによって自ら会長を務める行政制度審議会、これに対して議論を行い、提出道州制の導入を与え、女性公民権などは今も議論の議題について。しかし実現したただ1の小さい部分の自治権を拡大しただけだ。政友会長期主張の知事公選制も内務官僚や内に阻止。
新内閣の直面する緊急課題は、空前の深刻な金融危機からの脱却。大蔵大臣によって高橋は清の提案は、内閣発足後三日目が緊急勅令を宣言し、全国一律 3週間停止銀行。この期間は日本銀行各銀行へ配布22億円が非常に代金は、政府の補助日銀ご億円、台の銀に億円、助けて独占ブルジョア難関を乗り越えた。その後、政府が改正された『銀行法》規定開業銀行資本を下回ってはならないひゃく万円、強制加速資本集中過程を多くの中小の銀行は金融危機の中で破産、併合され、三井、三菱など五つの銀行の資本は急激に増加して、五行資本総額が一躍全国銀行の総資本の達成三分の一。

田中義一堪えがたい議会

田中内閣金融恐慌以外の問題にはより厳しいので、この内閣は若槻内閣が総辞職後急ぎの成立は、少数与党ベースの政権。1927年ろく月、野党憲政会と政友本党との合弁民政党。この党を「貫徹天皇支配下の議会中心主義」というスローガンは三菱財閥支援の下で、元官僚へのアプローチ老等批判勢力、田中内閣の内外政策、狙いの階段に田中義一政権与党に大きな脅威。田中さんを通じて決定を1928年に行われた総選挙を強力な与党。選挙に勝つために、政府は百人以上の知事は以下のところ官吏を交代、転任。同時に、買収などの手段を通じて贿选選挙活動に関与。一般に言及し「300万円」や「陸軍機密費」の演説は、政府が禁止され。野党の民政党も加わっ贿选戦。選挙の結果は政友会「半数が、より多く獲得だけ民政党の議席。そのためには田中で大量の金や職位に中間派人士を分化抱き込み仕事を求めて、制御議会。最終議席を獲得217、かすかに多数を得た議会で「自然の多数党」の地位。これは日本初の真実の情景を普選。
今回の選挙で暴露する内閣の軟弱性。選挙をしていたため干渉批判の鈴木内に辞任を迫られ、望月圭介配達に任。田中さんは政治資金源を確保するために、空いた配達相席に当選したばかりの、日立製作所の背景久原房之助。これに対し不満の水野錬朗文の相が辞職を申し出る。これらは「田中さんはお金と人事のやり方による以来、メディアは彼を“和制ムッソリーニ」、「ドン?キホーテ」。
与党であると内閣も不安定のため、この内閣が通った政友会を主張してきた地代と営業税地方へ譲渡する法案が、多くの重要法案を審議しなかった。今回の選挙に当選した議員にはち人から無産政党でいつも労農運動の田中は敵を憎む。社会の秩序を苦手で特に経済の混乱を発端として共産主義への思潮、1927年さん月じゅうご日未明、田中内閣に全国の警察が出動命令と同時に、一挙に共産党と同情者逮捕せん人余り、解散した3つの左翼政党、32左翼学生団体、辞めた78人の教授殺害日本共産党書記長渡辺政の輔議員、進歩山本宣治三・一五事件日本共産党と大きな損失を受け労農運動。
労農運動を鎮圧すると同時に、田中はまだ第56回臨時議会に提出して治安警察法改正案が、議会で否決した後、田中無視議会は、緊急勅令の形式が公布されたこの法律の改正は、治安維持法を強化し、治安維持法の罰則が、全国で高い設置ッター警察強化などの思想統制、こんな、明治以来の十数年の努力を経てせっかくの議会政治の確立されるどころか、田中という内閣首相に踏みにじられる。この意味政党内閣議会の作用を否定した。「降り続く雨後の晴天」は護憲三派内閣が発足した美濃部达吉教授は感慨深そうに「最近の日本の政治状況を見て、思わず私達と政治暗黒時代が来る。」

田中義一外交行き詰まり

田中義一済南に出兵

田中義一悪名高い「東方会議開催」田中義一悪名高い「東方会議開催」
田中義一階段を、激しく攻撃する前内閣の外交政策を非難し、前外相幣元喜重郎「中国の共産化と他国のことで、私と関係ないを造り、擂粉木で腹を切る」。「刷新外交」のスローガンの下で、彼はずっと立推進「積極的に対中政策」を兼任し、自ら外相、任命植民地主義前衛森謹む外務省の政務次官は、彼と協力推進の侵略政策を制定。彼は否定した元元協調外交ルートに強硬外交路線を転換。政府が開催「東方会議」、確定した処理満蒙問題の方針。日本の利益を確保するため、満蒙、日本政府は日本人を国民革命軍(北伐軍)侵害を名乗って三回に山東派兵。
東方会議東方会議
第一次出兵1927年ご月28日、兵力を占領した約4000人、山東省済南。第二次出兵は1928年よんしよ月じゅうななじゅうしち日、兵力が約5000人。日本軍によると再び進済南後、故意に挑発日中両軍が衝突し、製造の途方もない「済南事件」。そして、今回の事件を口実に、拡大戦端、ご月きゅう、く日第三次出兵増援に達し、総兵力15000人、3000中国人を殺害した。間違いなくて、田中は国民の関心を国内政局にそらす。

田中義一満蒙分離

「済南事件」後、国民革命軍怒涛の勢いで北上続け、日本の飼っている奉係軍閥敗色が決まった。1927年ろく月27日からななしち月ななしち日、田中義一召集が外務省、軍部、朝鮮総督府関東庁、駐中国公使、及び総領事などの要人が参加する「東方会議」を制定しましたが、「対中政策綱領」、確定した中国本土の「満蒙」を「違い」を確保するため、日本は中国東北特殊な権益の「根本方針」を目的に達し、惜しまないを取って「きっぱり自衛策」。
どのようにこの目標を実現しますか?田中さんと軍部分岐。軍部の主張で関東軍武力解決。田中さんは英米の列強の干渉を避け、覚悟張作霖。田中さんの儲けぬ前の胸算用は、架設索伦、吉会、長は本の鉄道と連絡中東、吉が地方の2本の鉄道、計5条借金鉄道と迫張作霖同意;5レールパス、満蒙と関内分離が実質的に実現して、日本の満州のコントロールも水が流れてくれば用水路も開かれる必要関東軍に兵を動かす。
田中さんと張作霖関係は非常に深く。1904年に日露戦争の間、日本軍はロシアのスパイ馬賊張作霖で捕獲。銃殺された関口、陸軍参謀田中義ずっと福島不安が少将陳情も、張作霖銃口から下の救出。にじゅう数年後、馬賊張作霖中国の東北王、参謀田中義一も日本の首相。田中さんは決して白救命。日本人から逃げた張作霖銃口の下で、彼も知ってこの東北王一天も離れられない日本銃口支持。1922年初めて直奉戦争、奉军の作戦計画は日本人の手による;第2回直奉戦争、日本軍全力サポートで張作霖を奉军直係軍を追い越して江南、張作霖北京の支配者になる。1925年末郭松龄寝返り、率直扑瀋陽軍。当時の東北軍の精鋭のほとんどを郭松龄なしには日本側派遣を手に、在日朝鮮竜山の軍の罠に堕ちた瀋陽緊急増援、恐らく張作霖とっくに死にました。だから」と、田中さんは私の弟のように「張作霖」。彼は信じない張作霖が承知しない彼の条件。
彼とした。張作霖も愛東北、愛国家の人が、彼はもっと愛して張家。国事家事でない両全のその夜、張作霖憂える心多種多様、忧心如焚、近畿心不全。この5レール、一晩こちらも老いをの人物が十歳。翌日の出現は日本人の前で大帅の枚は、完全に崩れた人。彼は手爾波が合わぬ、目をためらうことに、躲躲闪闪も含むが含むと、すべての条件に同意した田中。日本人も「戦わずして曲げて人の兵」は兵法の最高の境界。田中さんは自分がこの最高の境界に達した。満鉄総裁山本条太郎北京回東北の列車の上でビールを飲みながら、満面に笑みをたたえる傲然として「これは購入得満州、必要がないので力で解決した。」彼らは喜ぶのは早すぎる。中国の古い言葉(話)というばい合うものは中から。田中さんの後ろのあの鶸は、関東軍高級参謀河本大作

田中義一板挟み

河本は関東軍司令官武藤信義随員として、参加した田中さんの「東方会議」。田中さんとは思えない、彼は企画が満州の計画、河本も計画。しかもこの会議で発言権のない末輩河本、なんと一気に引っ繰り返す彼の苦心して設計するその船。河本北京駐在の武官のアシスタントを務め、帰国後に出入り大川周明皇居ガス台組織の大学の寮は永田铁山の夕の重要なメンバー。河本大作と関東軍司令官の村岡長太郎(陆大じゅうろく期軍刀組)、参謀長の斎藤恒(陆大じゅうく期)と維持条「満蒙生命線」の最大の障害は曲者張作霖。ただこの条曲者を見込み、田中に張作霖はまったくあてにならないの幻想。
1928年ろく月よんしよ日、瀋陽城皇姑屯方向の音、黒い煙が舞い上がる二百メートルの上空に乗って、張作霖の靑い鉄鋼列車被爆が二つに割れ。田中さんはこのニュースを聞いた後に、涙の手紙が満鉄総裁山本条太郎:「すべてすべて終わって」。彼は張作霖だけ泣いて。自皇姑屯その列車脱線した後、日本の政治が脱退した田中さんの制御。河本大作の1包みの爆薬ました田中義一の古い友人の命を、本人も田中日本政治鞴で板挟みのネズミ。田中義一その後痛罵河本大作「は馬鹿!まるでわからない親の者の心!」
昭和天皇「この事の時、田中義一は一部始終を全と天皇は言った、天皇に保証はきっと粛々と処理するという組織と規律の行為、それを河本送上軍事法廷。田中さんは帰ってから、政友会の中野は剛は国会では異例の攻撃に参加してそれの国政府謀殺大元帥。田中さんはただ今説明したい政府これとは関係なく、陸軍参謀総長宇垣1割ジャンプを出なかったということで、それは中傷陸軍に行き、陸軍の顔に泥を塗る。田中さんは知っていて彼が管理できないこと:本の川
内閣総理大臣の辞職願い内閣総理大臣の辞職願い
楽屋ではない関東軍、、全体の大日本帝国陸軍。これで田中つかみましたよ。田中さんを風がいや、また走って宮裏と天皇は「調べましたと陸軍に関係なく、南方の革命軍がやったのは確か。」これを昭和天皇が怒ってだめ。一気に彼に轟出て行った。まだ侍従長鈴木貫太郎田中さんの話平仄が合わぬなんて要らない、また彼に会って。鈴木さんはこの言葉を元のテキストは卸売に田中。田中さんはこれについては慌てた。天皇の信頼を失った、この内閣が台無しにした。あれやこれやと述べるので、鈴木さんに一言口添えを天皇に機会を、彼は話を過去に円が、鈴木さんに断られた。これについて田中内閣より1929年ななしち月2日に辞任。
下野後の田中さんは故郷に帰って訪問の親友、ある人は彼に聞きますかどうかは政友会総裁を辞任退耕、田中は「彼を左右にとって」、その片腕森謹む論点は歯に衣着せぬ、狂言再起。しかし日は、きゅう、く月28日に田中さんは着物を着て、参加政友会幹部の夕食会を見て、芸妓演技後思わず興ダイハツは、手当たり次第に書いて博紅楼狭美人」の掛け軸。夜には寵妾富子での宿泊、次の日の朝の心臓病のバーストした。

田中義一田中上奏文

「世界徴服して、必ずシナ徴服、シナ徴服して、必ず満蒙徴服」という言葉に悪名高いという彼によると、昭和天皇のある洋洋四万言のレポート、世に言う「田中上奏文」。このものはずっと真偽のほどはわからない。極東軍事法廷で、はやっ民国外交部次長の秦德纯証言だけで出廷する時も、「本当にも嘘も、問題は日本軍閥はこの予言書によって行動を起こす」。確認できていないその真実性。ではこのものをどのように中国人で手に入れたの?一般的に3種の言い方。第1種は張学良の部下王家槙日本から来たの。どのようにまたがある、一説には、当時政友会議員になったが、鉄道相と配達大臣のベッド回知り合った竹二郎内大臣牧野伸顕宮内庁の資料室から盗んだて。こちら牧野伸顕は戦後初の日本首相吉田茂の義父は、今日本の元首相麻生太郎あまりおじいちゃん。別の1種の言い方は、在日華僑蔡智堪ある政治家から家を出た。二つ目は言っ浑名「洋僧」の余日章化したご万米ドルが日本から買ってきた。この日は余り章蒋介石と宋美玲結婚時の婚礼立会人。第三種というのは、ソ連軍の情報機関「グルー烏」日本から得た、後にはトロツキー中国人に翻訳された。
田中上奏文田中上奏文
1930年この文書に発表され、すぐにセンセーションを巻き起こす。アメリカ人はそれは日本の「私の奮闘』から、総理大臣犬養毅急いでこの文章を否定すが、理由は中何カ所も事実いや、例えば死んだ山県有朋どのようにまた生きてきた、田中義一どう愚かにも出来ないと欧米のこと何の間違え訪問。それは一篇偽書。ご注意ください、否定する田中上奏文の真実性というわけではないがその篇物は誰かが偽造のではなく、その篇のものは田中義一に書いた。そのものが確かに日本人の手则編からはA級戦犯の松岡洋佑と重光葵も否定しませんの。どの日本人の手によるのだろうか。今日本の学術界からは、A級戦犯と思われる铃木贞一の手。当時の日本政界の言によると「私は帝国主義者」の政治家と森の経絡、依頼当時参謀本部作戦参謀铃木贞一科書いて1部満蒙政策の秘密報告について。鈴木と関東軍高級参謀河本大作大佐(張作霖謀殺皇姑屯事件の首謀)、石原莞爾大佐(9 . 18事変の首謀者)らと協議してこの書類を起草した。中の主な思想河本大作と石原莞爾し、今後の事態をどう解釈とこのもの疑問にそんなに一緻。

田中義一プロフィール

1863年ろく月22日生まれ、長州(現山口県
1883年に入る陸軍士官学校
1886年、任陸軍少尉
1889年に入る陸軍大学
1894年、任第1師団幕僚
1904年、任满州軍参謀
1909年、任軍務課長
1918年、任原敬内閣陸相
1923年、任第二次山本内閣陸相
1925年に、任立憲法政友会総裁
1926年、任貴族院議員
1927年、任首相兼外相
1929年、総辞職。きゅう、く月29日死去し、66歳

田中義一著作

「社会の国民教育:1名・靑年義勇団』(1915年)
『壮丁読本』(1916年)
『帝国の使命と靑年の覚悟』(1918年)
「ヨーロッパ大戦の教訓と靑年指導』(1918年)