倪灿云

倪灿云男、靑島医学院を卒業し、現在は任丘市病院の内科の主任の副主任医師。
倪灿云

倪灿云人物の生涯

得意心脳血管病の診療。1965年- 1969年の臨床応用阿托類救急毒赤痢300寒い、毒赤痢患者の死亡率は30%下落5 %。1965年を書く「ヒドロコルチゾンアレルギー反応」という一文。1963-1972年感染で毒性ショック200例応用血管拡上がって薬の総括分析を感染で死亡率は20%低下毒性ショック10%以下。1983年- 1991年に110例心病人を全面的に分析してまとめ。1982年- 1992年に老年高血圧の臨床的特徴と予防300例について総括分析。書いたというより多くを研究に関する学術論文の一部では、地市級の学術会議で交流したり、医学の刊行物引用または発表。