近代

じゅうく世紀半ば、これは世界の近代史の段階の基本的到来の歴史時刻。だって、第一に、産業革命欧米主要国に完成や迅速な発展のおかげで、西洋の大工業生産力を世界に広めて、世界市場は基本的に形成。第二に、西洋のメカニズムの工業製品は、世界のほとんどのダンピング後進国と地域、アジア、アフリカ、ラの多くの国から発生や初歩に発展した自分の近代資本主義経済とは、アジア、アフリカの一部の地域のほか、世界はすでに入った資本主義の歴史時代、世界近代史の歴史的段階には、基本的に来る。3.19世紀末、これは完全に世界の近代史段階が歴史時刻。だって、第一を経て第二次産業革命、西洋の大工業生産力は完全に世界各地に伝わるの能力を備えて、欧米の資本主義社会が始まる新しい発展段階に入って質の;第2、資本輸出は重要な意義を持って、それが「加速した最も下位の国で、世界の資本主義の発展とほとんど後進国はすでに近代に入った資本主義の発生、発展の歴史の時期に、第三、じゅうく世紀末、世界分割されて終わって、世界の資本主義経済システムが形成され、全体の世界はすでに資本主義の時代、世界近代史の段階でも、完全に来る。
近代
このような観点は、長いこと、人々はずっと習慣を上限としてヨーロッパ近代世界近代上限が、世界の歴史の発展のバランス、この二つの上限の間には、きっとひとつ「時間差ヨーロッパ近代史」はじゅうご世紀、世界近代史はじゅうく世紀に始まった。世界の近代史到来の根本的な原因は、西洋の産業革命はきわめて大きい工業生産力を世界に伝播能力の形成は、輸出や資本輸出商品。このすべてが世界の人口80%のアジア、アフリカ、ラ各大陸、じゅうく世紀自分の近代史の段階に入った。それ以前に、欧米の範囲の地域性の近代史、じゅうく世紀拡張実世界の近代史。世界の近代史は、そこからの。を持つという観点の学者は、じゅうご世紀の後半、ヨーロッパまでは中世から近代史の転換期に、じゅうろく世紀の初め、ヨーロッパすなわち本格進出の近代史の段階だが、じゅうはち世紀末まで、全体の世界は近代史の段階に入って、この時期に、実際には世界の近代史に備えて期。から、
第一、1640年のイギリス革命として世界近代史の始まりであり、これはマルクスの誤解も欠け、世界的目の表現。マルクスを述べる英仏革命の意味には、明確イギリスとフランス革命といわれる「ヨーロッパ範囲の革命」、
第二に、じゅうななじゅうしち世紀から、世界の近代史に入る段階の地域が拡大され、その拡大は局部のではなく、世界的な、
第3、じゅうろく世紀からじゅうはち世紀は、ヨーロッパのマニュファクチュア時期や資本の原始的蓄積の時期。マニュファクチュア、その労働生産性が低いので、不可能で、されていないヨーロッパ各国その略奪性の国際貿易の中で持って世界各地まで、
第四、じゅうろくからじゅうはち世紀は、世界近代史の到来を欠かせない準備段階。だから、じゅうく世紀初めからじゅうく世紀末まで、これは世界昔資本主義時代から資本主義時代の完全移行期間は、世界近代史の本当の上限。この時期に、一方で欧米ブルジョア革命を続け、その資本主義社会も向上発展の中で、一方で、世界の人口と面積を占めて多くのアジア、アフリカ、ラ各大陸は、すでに資本主義社会革命時代の歴史、したがって、全体の世界は資本主義の時代に入った、つまり近代史の歴史的段階に入った。と思っている学者を世界の近代史に対して上限の概念。いわゆる相対上限は、それらがある程度で新旧2つの時代を分けて、しかしまた完全に分けるの上限。彼らは、じゅうく世紀の範囲内で、世界近代の相対上限が三人。19世紀の初めには、世界近代史の段階の歴史時刻初歩の到来。だって、第一、イギリスのメカニズム工業品からダンピングラテンアメリカ諸国やアジアとアフリカの一部の国によって、上記の広大な地域に自分の近代史フェイズ、第二に、1825年イギリス輸出禁止を解除した機械の禁止を示し、近代工業生産力は大生から次第に備えて直接世界に各地に伝わる能力。この時、近代史の世界的、すでに初歩的に形成。2 . 19世紀半ば、これは世界の近代史の段階の基本的到来の歴史時刻。だって、第一に、産業革命欧米主要国に完成や迅速な発展のおかげで、西洋の大工業生産力を世界に広めて、世界市場は基本的に形成。第二に、西洋のメカニズムの工業製品は、世界のほとんどのダンピング後進国と地域、アジア、アフリカ、ラの多くの国から発生や初歩に発展した自分の近代資本主義経済とは、アジア、アフリカの一部の地域のほか、世界はすでに入った資本主義の歴史時代、世界近代史の歴史的段階には、基本的に来る。3.19世紀末、これは完全に世界の近代史段階が歴史時刻。だって、第一を経て第二次産業革命、西洋の大工業生産力は完全に世界各地に伝わるの能力を備えて、欧米の資本主義社会が始まる新しい発展段階に入って質の;第2、資本輸出は重要な意義を持って、それが「加速した最も下位の国で、世界の資本主義の発展とほとんど後進国はすでに近代に入った資本主義の発生、発展の歴史の時期に、第三、じゅうく世紀末、世界分割されて終わって、世界の資本主義経済システムが形成され、全体の世界はすでに資本主義の時代、世界近代史の段階でも、完全に来る。近代史終瞭第三回科学技術革命人類文明史に継蒸気技術革命と電力技術革命後の科学技術分野の中で再び大きな飛躍を開始。第3回科学技術革命を原子力電子計算機宇宙技術生物工学の発明と応用を主要なシンボルであり、情報技術、新しいエネルギーの技術新材料技術、バイオ技術、宇宙技術と海洋技術などの多い領域の場情報コントロール技術革命。
1945年、アメリカ原爆後試作に成功。
1949年、ソビエト連邦も試して爆原爆成功。
1952年アメリカの試作に成功し、また水爆。
1953年~1964年間、イギリス、フランスと中国が相次いで試作核兵器成功。原子力技術まず応用される軍事分野では、原子力の平和利用工業も一定の発展。
1954年ろく月、初めてソビエト連邦建設原子力発電所
1957年、ソビエト連邦第一隻の核動力破冰船進水。
1977年、世界で22の国と地域で原子炉を持つ229座。
コンピュータ技術の利用と発展はもう一つの重大な突破。よんじゅう年代後期のコンピュータは電子管第一世代コンピューター。1959年、出現トランジスタ・コンピューター演算速度で、毎秒ひゃく万回以上。1964年には300万回。ろくじゅう年代半ば、いろいろ出てくる電子部品電子回路集中してとても小さい面積やボリューム上の集積回路毎秒演算は千万回でそれ相応の一般的データ処理と工業の制御の必要性を、使うのは便利で。ななじゅう年代発展を第四世代大規模集積回路、1978年コンピュータの毎秒は1 . 5億回演算。年代に発展しはちじゅうインテリジェントコンピュータ。年代に登場きゅうじゅう光子コンピュータ、生物コンピュータなど。ほぼごとにご年~はち年、演算速度をじゅう倍、容積じゅう倍、コストダウンじゅう倍。中国が自らデザインの開発「銀河大型コンピューター毎秒」も計算に億回。

近代関連用語

近代中国の近代史

中国の近代史の時間は、1840年のアヘン戦争から1949年までは中華人民共和国が成立する前に、これも中国半植民地半封建社会の歴史。中国の近代史には前後2つの段階で、1840年のアヘン戦争から1919年「五四運動」を前に、旧民主主義革命の段階では、1919年から「五・四」の運動1949年に中華人民共和国が成立前夜、新民主主義革命の段階。
中国の近代史を大事に年表。
1839年に林則徐虎ノ門销烟。
1840年- 1842年アヘン戦争。
1841年ご月広州三元に人民痛撃イギリス侵略者。
1842年『中英南京条約締結、アヘン戦争終瞭。
じゅうく世紀40~50年代中国プロレタリア発生。
1844年《中米望厦条約』、『中仏ポア条約締結。
1851年金田蜂起太平天国の確立。
1853年太平天国都を定める天京『中国田地制度」を発表。
1853-1868年捻軍蜂起。
1856年太平天国指導集団内部殺し合う。
1856-1860第二次アヘン戦争。
1858年清政府それぞれはイギリス、フランス、アメリカ、ロシア「天津条約締結。
1859年洪仁玕洪秀全には「资政新編』。
1860年、清政府がそれぞれ英、仏、ロ締結「北京条約。
1861年北京クーデター。
1861年総理司成立。
1862年みやこ同弘文館成立。
1862-1873年北西「回が」。
1864年天京陥落、太平天国運動失敗。
じゅうく世紀60~70年代中国民族ブルジョア発生。
じゅうく世紀90年代洋務運動。
1883-1885年中仏戦争。
年の日清1894-1895日中戦争。
1895年の中日の下関条約締結。
じゅうく世紀きゅうじゅう年代帝国主義国家中国の嵐を巻き起こし分割。
1898年戊戌の変法。
1900年義和団のクライマックス。
1900年八国連合軍侵華戦争。
1901年に「辛醜条約』締結。
1905年中国同盟会。
1911年黄花岡蜂起
1911年に線路を保守する運動。
1911年じゅう月じゅう日武昌武装蜂起。
1912年(民国元年)中華民国成立。
1912年に清帝退位。
1913年二回革命。
1915年護国運動が始まって。
1915年新文化運動を始め。
1916年袁世凱回復帝制失敗。
1917年张勋復古失敗。
1917年法律を守る運動始め。
1919年ご月よんしよ日五四愛国運動勃発。
1921年ななしち月中国共産党成立。
1922年香港中国船員のストライキ。
1922年、直奉戦争。
1922年ななしち月中国共産党第二回全国代表大会の開催。
1923年の鉄道労働者京汉ゼネスト。
1924年に初めて中国国民党の全国代表大会。
1924年に国共両党の初めての提携を実現。
1925年孫逝く。
1925年五卅惨事、五卅反帝愛国運動勃発。
1926年国民革命軍理の北伐。
1927年さん月上海の労働者の第3回の武装蜂起勝利。
1927年よんしよ月じゅうに日蒋介石発動「四一二」反革命クーデター。
1927年ななしち月じゅうご日汪精衛発動の「七一五」の反革命クーデター。
1927年ななしち月国民革命失敗。
1927年よんしよ月蒋介石は南京国民政府を確立する。
1927年はち月いち日南昌蜂起。
1927年はち月ななしち日87会議。
1927年はち月湘赣ながら収穫蜂起。
1927年はち月の秋の収穫蜂起部隊に到着井岡山。
1927年末に広州蜂起。
1928年よんしよ月井岡山友軍と合流する。
1928年に発表した東北易帜張学良。
1930年中原大戦。
1931年九一八事変。
1931年中華ソビエト共和国臨時中央政府の成立。
1932年一.二八事変、十九陸軍抗戦。
1932年偽満州国成立。
1934年じゅう月中央紅軍の長徴の始め。
1935年いち月遵義会議。
1935年の中国共産党中央八宣言を発表。
1935年じゅう月紅軍第一方面軍の長徴の到着陝北。
1935年一二.九運動。
1936年じゅう月紅軍第2、4方面軍長徴到着甘粛会寧など、長徴の終瞭。
1936年じゅうに月じゅうに日西安事変。
1937年ななしち月ななしち日盧溝橋事変。
1937年八一三事変。
1937年きゅう、く月凇滬会戦。
1937年平型関の勝利。
1937年秋の中国共産党陝北洛川会議。
1937年の南京大虐殺じゅうに月。
1938年春台の村の戦役。
1938年の毛沢東発表《論持久戦』。
1939-1942年に三回長沙会戦。
1940年さん月汪精衛偽国民政府の南京成立。
1940年百団大戦。
1941年皖南事変。
1942年に中国共産党から整風。
1942-1945年中国遠徴軍入ビルマ作戦。
1945年に中国共産党の第7回全国代表大会の開催。
1945年はち月じゅうご日日本の降伏宣言。
1945年中国共産党毛沢東和談代表など「重慶市、重慶交渉開始。
1945年双十協定調印。
1946年に政治協商会議開催。
1946年ろく月国民党発動全面内戦、人民解放戦争を始めて。
1947年ろく月人民解放軍から全国規模の反撃。
1948年きゅう、く月辽沈戦役始め。
1948年じゅういち月淮海の戦役から。
1948年じゅういち月平津戦闘開始。
1948年じゅうに月蒋介石を差し押さえを自らの上海『観察》雑誌や逮捕「観察」スタッフ、これは中国の近代史有名な「『観察》事件」。「観察」のマークが封印され、近代中国の自由主義が鳴くそこで。
1949年春に中国共産党の七回2中で全体会議開催。
1949年よんしよ月21日毛沢東、朱徳発表全国進出の命令。
1949年よんしよ月23日に人民解放軍が解放南京国民政府が滅びる。
1949年きゅう、く月中国人民政治協商会議第1回全体会議に行われており。
1949年じゅう月いち日中華人民共和国の成立。

近代洋務運動

洋務運動、別名自彊運動とは、1861年(咸豊十年末から)から1894年、清朝政府内の洋務派が全国各地で起こっている「師夷長技以制夷」改良運動。二次アヘン戦争の後で、清政府の支配階級はどのように解決する一連の内憂外患分裂を「洋務派」と「守旧派洋務派の主張を取る」を利用して、官督商官営、官製談合合弁方式など新型工業発展、国力を強化、清政府の封建統治。中国は近代国家へも一定の基礎を打ち立てました。

近代辛亥革命

辛亥革命1911年に清朝政府は鉄道建設権を巻き起こし、中国人民の抵抗、四川省などの爆発線路を保守する運動。1911年じゅう月じゅう日、武漢地区の革命団体文学社と共に発動武昌武装蜂起は、次の各省が応答、1911年の辛亥年からは旧暦と称して「辛亥革命」。

近代五四愛国運動

五四運動は1919年ご月よんしよ日北京発の中国人民の徹底的な反帝国主義、封建主義の愛国運動。五四運動は中国旧民主主義革命の終わりと新民主主義革命の始まり。
五四運動も新文化運動継続と発展。1915年に設立され、"陳独秀靑年雑誌』、『翌年に改称新靑年」を「民主」と「科学」の両面で旗を掲げ、封建の古い文化を猛反発し、新しい文化を提唱する。その後、ことも提唱白話文の代わりに、文語文を「文学革命”のスローガンの下で、新しい文学を提唱する。

近代旧民主主義革命

旧民主主義革命は、ブルジョア階級の指導する、を資本主義社会と資産階級の独裁国を目的に、外国の侵略と反対
自国の封建統治の革命。1840年からアヘン戦争1919年まで五四運動前の79年、即ち旧民主主義革命。そのうち辛亥革命は比較的に完備して意味の一回の旧民主主義革命。分を外国資本主義侵略と中国人民反抗二つの時代。五四運動マーク新民主主義革命の始まり。

近代新民主主義革命

が1919年の五四運動は中国とされ現代の歴史の上で多くの重大な事件の思想の源。それを直接起因は第一次世界大戦後中国に押しつけた不平等条項。強烈な愛国主義につながった場をさらに発展に学生が全国の各階層の抗議運動。同時にそれはさまざまな新思潮による中国に入って、その中の最も注目されているのはマルクス主義の中国での伝播。1921年、毛沢東じゅうに人代表など各地の共産主義グループは上海で行われた第1回全国代表大会で、中国共産党の誕生。

近代九一八事変

1931年日本帝国主義が発動九一八事変、中華民族の深刻な民族危機、全国抗日救国運動が高まる。1937年日本帝国主義が発動盧溝橋事件に、中華民族の全面抗戦を始める。中国人民を八年戦い、ついに初めて取得した近代以来反侵略戦争の徹底的勝利。

近代『観察》事件

1948年じゅうに月、蒋介石は自らを差し押さえ、有名人储安平創設の上海『観察》雑誌や逮捕「観察」スタッフ、これは中国近代史の上で有名な「『観察》事件」。その後、わが国の近代民主運動の先駆の一つ、「五四運動の指導者の一つ」、「七君子」の一つの有名な王造時さんに乗り出し、いろいろ奔走で自分の影響力を当局に圧力をかける。し、翌年に月自ら担保と救出を含むアーティスト朱宣咸を含むデジタル「観察」進歩者出獄。「観察」は宣伝「第三道」の代表的な刊行物で、当時の中国の進歩民主運動の重要な旗面。「観察」のマークが封印され、近代中国の自由主義が鳴くそこで。近代中国の民主活動家をマークしていくつかの希望中国で実行西洋ブルジョア民主共和国制度(と呼ばれる第三条道路)を徹底的に崩壊。

近代終瞭

1949年、中国共産党の三大戦争を通じてとを渡って戦争を覆した国民党の統制を構築し、中華人民共和国であり、近代中国の終瞭。