準山园帖

「準山园帖」は、全10巻、清朝の個人叢帖。清順治八年~16年(西暦1651-1659年)王铎之子咎無し撰集、古燕吕昌まねる、张翱彫る。帖名行書。この全刻帖王铎家の本、計103種が、その多くは臨古の書。王咎無し伝殘して大量の王铎本跡から、選ぶ全て完璧。刻者も一時の名手、その他の王书刻帖はこの本は良くて、帖後に张缙彦、龚鼎孽や咎無し跋文。张缙彦跋曰:「文安公書道妙天下、その茅孔殷くくるに蔵書や墨苑家に伝わるこの本を集め、ぼやけを求めて缺略必要別本正字を補って、極龙跃虎臥猊さらうように準備するのを尽くし、四十年精力とその文安。近代玄宰、子2さんお願い、鳥二帖芝居鴻、壇の障壁海で、昔卫夫人見右军書を「この子は覆い私名」が、この本に出て、惜しむ2公も見れない。」故に帖も选の帖も模刻本の面でも、極めて精妙、遠勝《琅華』、『银湾』、『詩酒論』、『二十帖」などの帖。
準山园帖
今は江蘇古典出版社1986年09月版。
これは王铎貼る一番有名の代表作で、世に言う「筆王铎」。
王铎の書道散りばめて董其の盛んな並び、明代末期の「南董北王」と呼ばれ、彼は書道の筆、ゲージにモーメント、緩急は度があって、流れが自在に満ち、強さ千鈞の力。王铎得意行草、筆法大気、劲健洒脱、淋漓痛快で、戴明皋『王詩巻あとがき銅鐸草書』では「元章(米芾)狂草尤説、眠り斯は全話勢、魏晋の風軌掃除なり、然风樯阵马、非常に速い人で、迫力の大、非趙、董輩とも。」彼の墨跡伝世が多く、多くの法帖、書簡、碑文が刻石、最も有名なのは「準山园帖』と『琅華館帖。
王铎彼は明亡から降清、気骨が多いところが悪いので、多くの人が彼の人柄がよく言わない。しかしその書道は日本で.韓国.シンガポールなど人気。日本人は王铎の書道のきわめて鑑賞して、それから一派」は、「明清調」。彼の「準山园帖」から日本に伝わって、たいした人気だった。彼らは王铎列第一流書家。提出した後に王(王铎)勝先に王(王羲之)」という見方。