盧溝橋事件

1937年ななしち月ななしち日夜、日本軍北平南西盧溝橋演習の時を口実に近く、兵士1人が「行方不明」と依頼が入る宛平県捜査され、中国守军第29軍严辞拒否。日本軍が中国に守军て銃を撃つ、砲撃宛平城。第29軍奮起抗戦する。これは驚き中外の盧溝橋事件、別名盧溝橋事変。盧溝橋事件は日本帝国主義の全面的な侵略戦争たから、また中華民族の全面抗戦の起点。
盧溝橋事件

盧溝橋事件歴史の背景

1931年きゅう、く月じゅうはち日、日本軍による九一八事変中国の東北、占領し、偽をでっち上げる「満州国」。日本軍東北を占領した後は、魔の手が伸びて華北、陰謀策動「華北自治」。1936年ろく月、日本天皇を承認した新しい『帝国国防方針」や「用兵綱領」と公言し、実現制御東亜大陸とウェストパックは、最後に世界制覇の野望。はち月ななしち日、日本の五相会議で、「国策を定めた基準」に、具体的に中国を侵略し、攻撃ソビエト連邦、待機南進の戦略プロジェクト。また、中国侵略計画によって1936年度、1937年中国侵略計画を制定した。1936年からご月以降、日本が続々と増派華北、絶えずごたごたを起こす、頻繁に軍事演習を行う、華北情勢は日に日に厳しい。当時、守り平津地区の中国守军第29軍司令官宋哲元兼冀察政務委員会委員長。

盧溝橋事件事件の過程

1936年、日本は華北駐屯軍は卑怯な手段を占領豊台、次の目標でした卢沟橋。盧溝橋事件勃発を前に、北京の北、東、南の3つは日本軍に制御:北側には、配置はと察東の関東軍部;北西側の関東軍制御の偽モンゴル軍はち個師団を約よんしよ万人、東には、偽「冀東防共自治政府」及びその統轄の約1万7000の偽保安隊、南、日本軍は中国軍の撤退を強奪する豊迫る。このように、盧溝橋は北平対外の唯一の通路、その戦略地位よりも重要である。この戦略の要地占領するため、カットオフ北平と南方各地の付き合いは、さらに制御冀察当局、華北完全脱中国中央政府、日本軍は絶えず盧溝橋付近で挑発的な軍事演習、もうすぐ暴風雨がやって来る。1937年ななしち月ななしち日午後、日本華北駐屯軍第いち連隊第さん大隊第はち中隊は大隊の清水水祭り郎率いる実弾入りの銃を持って行き、寄り添わ盧溝橋中国守军駐屯地の回龙廟大瓦窑間の地域。遅くななしち時さんじゅう分、日本軍から演習。22時よんじゅう分、日本軍と演習地帯から銃声は、兵士(誌村菊次郎)「行方不明」と、すぐに強要して中国に入って守军駐屯地宛平城捜査、中国第29軍第37師第110旅の第219団けんもほろろに断る。日本軍は戦闘面配備しながら、「銃声言い訳」と兵士「行方不明」と中国側が交渉、わざとらしい。24時ごろ、冀観察を受け日本駐北京当局特務機税関長松井五郎の電話があまりに長い。松井:日本軍が演じると昨日成都盧溝橋郊外実習、突かぐ銃声、即座に収隊点呼、発見が兵、疑撃つ者に係る中国駐盧溝橋の軍と思い、この撃つの兵は入城、要求に入城捜査。中国側が「深夜の日兵が入城恐によるところ不安で、中国側の将兵は熟睡銃声が非中国発、拒絶する。やがて、松井さんに電話して冀察政府当局者によると、中国側が許さないなら、日本軍は武力で強引に入城捜査。また、冀察を中国当局盧溝橋守军の報告によると、日本軍はすでに包囲攻撃態勢を形成しました宛平城。冀察当局事態の拡大を防ぐため、日本側との協議を経て、双方の合意の協同人員に盧溝橋調査。この時、日本側が主張する「行方不明」の兵士は復帰が、隠れて通報しない。ななしち月はち日朝ご時ごろ、日本軍が突然発動砲撃、中国第29軍司令部を命じて前線将兵:「確保盧溝橋と宛平城”、すなわち「盧溝橋爾の墓は、橋と運命を共にするには、後退。」守る盧溝橋と宛平城の第219団第さん大隊の団長吉星文と大隊長金振中の指揮の下で奮起抗戦する。
日本軍の挑発に盧溝橋事件後、全国で強烈な反響を引き起こし。盧溝橋事件の翌日、
事件が発生した一枚の消印事件が発生した一枚の消印
中国共産党中央委員会に電気が全国に呼びかけて、全中国の同胞たちは、平津困っ!華北困っ!中華民族困っ!全民族実行抗戦こそ、私たちの道!」そして「日本帝国主義が中国を占領寸土!」「国土の防衛流最後の血!」のスローガン。蒋介石が提唱した「屈服も拡大」や「求战必要ない、抗日戦争”の方針。蒋介石は電話宋哲元、秦德纯(第29軍副司令官兼北京市市長)らが「宛平城は固守するなかれ退」、「盧溝橋、长辛店万は陥落する」。
1937年ななしち月じゅうななじゅうしち日、蒋介石廬山談話を発表し、「盧溝橋事件は折れ土壇場」、「妥協のない機会を放棄し、もしサイズの土地と主権は、中華民族の永遠の罪人。」戦闘中に盧溝橋勇敢に敵に29軍に対し、全国各界の熱い声援。各地の人民団体が組織して慰問の手紙、差し入れ;平津学生組織戦地サービス団、前線に負傷者を救護する運び、弾薬;盧溝橋地域の住民を部隊を水、出前の軍用物資運搬;长辛店の鉄道労働者を迅速に城壁の上から防空壕、掘っ銃眼な軍隊を固守する宛平城;華僑連合会も電話で励まし第29軍がますます。盧溝橋事件が勃発した後、日本軍の攻撃を受けました中国軍の強い抵抗。日本軍の占領盧溝橋を実現しないと会い、「現地交渉を」の陰謀で、一方で借りたい中国側が交渉圧服従するが、一方では交渉の名を借りて、軍隊を派遣するの時間。
ななしち月きゅう、く日、じゅういち日、じゅうく日、日本の華北駐屯軍と冀察当局に三回の合意は、盧溝橋途切れ途切れの砲声証明はほご。「現地交渉を勝った」日本軍増派華北の時間、しかしそれはごまかして冀察当局の視線が第29軍兵に応戦準備、平津抗戦に大きな害。1937年までななしち月25日、続々と集結平津の日本軍ろく万人以上に達している。日本の華北駐屯軍の作戦配備はほぼ完成後、さらに中国侵略戦争の口実を探して発動する新しい、ななしち月25日、26日に故意に製造した廊坊事件や広安門事件。
26日午後、華北駐屯軍は、第29軍最後通牒を発する、中国守军要求は28日前までに全部撤退平津地区、さもなくば行動を取る。宋哲元けんもほろろに断るし、27日に全国発表自衛領土を守る電気を通して、断固として領土を守る抗戦。同日、日本軍参謀部経天皇の承認は、命令に日本華北駐屯軍第29軍を攻撃增调国内ご個師団を約にじゅう万人の中国、華北駐屯軍司令官に官香月清司から正式に「討伐作戦平津担当地区の中国軍。」血戦平津は避けられない。中国軍が次に奮起抵抗、血平津道、壮士報国恨み。
1937年ななしち月28日午前、日本軍は予定どおりに北平総攻撃。当時香月清司が指揮は北平まで週囲の朝鮮軍第にじゅう師団、関東軍独立混成第いち、第じゅういち旅団、中国駐屯歩兵旅団約いち万人、ひゃく余門の大砲や装甲車が協力し、数十機カバー下にし、北京郊外の南苑、北苑、西苑の中国第29軍第132、37、38師発起全面攻撃。第29軍兵士はそれぞれの駐屯地に奮起して抵抗を1首の不屈の軍歌。南苑は日本軍の攻撃の重点。第29軍部隊の約8000人余りの駐南苑(含む南苑受講の軍事訓练の団の生徒1500人余りが)血に濡れ抵抗、第29軍副司令官佟麟阁第132師さん赵登禹壮烈殉国、多くの軍事教練の団の生徒も戦闘中に若い命を落とした。
28日夜、北京宋哲元撤退、29日、北京の陥落。29日午前、冀東保安隊第いち総隊隊長张庆余と第に総隊隊長张砚田、通县発動蜂起し、どうせ抗日、殺害通县特務機税関長細木繁中佐など数百人、売国奴を生け捕りにする殷汝耕(逃げたた)。
1937年ななしち月29日、第29軍第38師副さん李文田の率いる発起天津の防衛戦。第38師攻撃天津駅、海光寺などで日本軍戦果が衆が、日の猛爆撃機に遭って、死傷者も大と撤退命令を受けて。さんじゅう日、天津陥落。

盧溝橋事件軍隊を指揮する

盧溝橋事件中国

国民革命軍第29軍司令官を宋哲元国民革命軍第29軍司令官を宋哲元
国民革命軍第29軍司令官――宋哲元、副司令官である佟麟阁
第37師師長――冯治安、駐留北平南苑西苑豊台
第38師の師長――張自忠、駐留天津大沽滄県廊坊
第132師の師長――赵登禹、駐留河北省大名河間
第143師の師長――刘汝明、駐留張家口張北懐来
第きゅう、く騎兵師の師長――鄭章、駐留通县南苑

盧溝橋事件日本

中国の駐屯歩兵旅団旅団長正三——川中国の駐屯歩兵旅団旅団長正三——川
中国の駐屯軍司令官官・田代皖一郎中将、月清香司中将(後任)中国駐屯歩兵旅団旅団長――川に正三少将
歩兵第1連隊聯隊長――牟田口廉も大佐
歩兵第3大隊大隊長――一木清直少佐
歩兵第8中隊中隊長――清水節郎大尉
北京の特務機税関長――松井長く郎大佐
陸軍大臣第よんじゅう首相――東条英機大将
大特務――土肥の原賢の2中将

盧溝橋事件事件の影響

「盧溝橋事変」マークの中華全民族の抗日戦争の始まり。中国人民を流血の犠牲を払って、苦しい抗戦、ついに1945年はち月じゅうご日、日本の無条件降伏宣言を勝ち取った民族解放戦争の偉大な勝利。

盧溝橋事件週年記念

盧溝橋事件七七週年

2014年ななしち月ななしち日は「盧溝橋事件」が77週年記念日。党と国家の指導者を2014年ななしち月ななしち日午前、中国人民抗日戦争記念館、同首都各界の代表と一緒に、盛大な記念全民族の抗日戦争が爆発し七週年。
その時、中央人民放送局中央電視台中国国際放送ライブ放送記念式、新華網、人民網は、中国のインターネットテレビ同時生中継。

盧溝橋事件数年来記念

1987年ななしち月ななしち日全民族の抗日戦争が爆発しごじゅう週年に際しては、全民族の抗日戦争が爆発し、北京盧溝橋サイドの宛平城内の中国人民抗日戦争記念館に正式にオープン、鄧小平同誌が自ら書いた馆名。
1997年ななしち月ななしち日、第二期工事が竣工記念館、江沢民直筆:"愛国主義の旗を掲げ、史の中華民族の精神を発揚し、祖国、振興。」
2005年ななしち月ななしち日、記念館で盛大な記念イベント「偉大な勝利を記念中国人民抗日戦争及び世界反ファシズム戦争の勝利ろくじゅう週年」開幕大型テーマ展示。当時、中国共産党中央政治局常務委員の李長春らしく、中央宣伝部部長刘云山など多数の国の指導者が開幕式に出席し、当時北京市党委副書記、王岐山市長が開幕式、開会式が2000人が参加して。現場に伴う「共産党なくなければ新しい中国』の楽曲が、ろくじゅう発赤信号弾発射空に、3000羽のハト空を飛び。
2007年、抗戦館は当時のななしち月ななしち日行われた千人大会、全民族ななじゅう週年記念の抗日戦争が爆発し、同時に開催「忘れられないように平和を大切に」史料展。とのに合わせて、抗日戦争記念館を開始した一枚全民族の抗日戦争が爆発しななじゅう週年記念通。抗日戦争記念館から参加の抗日戦争の歴史書籍――『北京抗戦の遺物』と『抗戦家信」が北京で先発。
2012年、折しも全民族の抗日戦争が爆発し、75週年、中国人民抗日戦争記念館と中国音楽家協会・フィルハーモニー管絃楽団が共同で開催したテーマコンサート。