宥和政策

宥和(スのj。ng)政策で、1種の侵略を加えないボイコット姑息放任する屈服、犠牲は他国を代価と結託し、侵略者と妥協の政策。
宥和政策
第二次世界大戦前、この政策が最も積極的な推進者はイギリス、フランス、アメリカなどの国。にじゅう世紀さんじゅう年代前、宥和主には支援敗戦のドイツ、日本を支持して充当防犯ソビエト連邦の障壁と弾圧人民革命の用心棒。これからヴェルサイユシステムワシントンシステム中に垣間見糸口。で道威斯計画ヤング計画ロカルノ条約中にはもっと具体化した。ミュンヘン陰謀は「宥和」をピーク。「宥和」してすでに1種のやり方には甘い。

宥和政策出現の背景

宥和政策英仏維権政策

英法はその実力は日に日に衰退の場合を維持し、覇権所の対応。
イギリスは、第一次世界大戦でひどい損失、戦後の経済回復が遅い。にじゅう世紀30年代、イギリス歴代政府は主な精力を置いて解決経済問題では、再軍備をと景気回復の障害、入札では実力を後ろ盾の外交政策を目的に達し、統治地位を占めた。
フランスとドイツ隣接しているため、第一次世界大戦後に一度を保つとドイツ強硬な政策を実行して軍備。しかしフランスの経済はずっと衰退していく。相対安定期発展有限、さんじゅう年代の経済危機の持続時間はとても長くて、経済情勢が非常に厳しい。またフランスの政局も不安定、閣僚交代頻繁な対外政策性と連続性を保つことができないと。
とにかく、英仏の劣勢はその推進宥和政策の物質の背景。

宥和政策社会の背景

宥和政策の推進には、当時の2種類の社会制度と共存するという時代背景と関係の深い。
十月革命後、国際関係で始まった資本主義と社会主義の2種類の社会制度の対立と闘争。英仏など西側諸国を阻止ソビエト連邦の影響をとして、ドイツ反ボルシェビキ主義の障壁。ドイツが確立ファシズム政権を破棄し、さらに「ヴェルサイユ講和条約』対外拡張時、英仏極力この株は災いの元を導く東方。

宥和政策社会思潮

宥和政策の推進、同当時西方あまねく流行の社会思潮も大きく関係。
第一次世界大戦の殘酷な光景は欧米各国痛ましい記憶に殘し、そのため、戦後平和主義思想、厭戦めげる戦情緒が盛んに行われ、フランスはとりわけ深刻。英仏などの国の統治者は平和主義思想の影響を受けると制約、またこの思潮の推進者、宥和政策は彼らの実装思潮の産物。

宥和政策対外拡張

英、仏、美の宥和政策の黙認のもとに、ドイツ、イタリア、中日三国を急ぐ
英仏宥和政策をとる英仏宥和政策をとる
対外侵略の拡張、こうして帝国主義の国の間の矛盾が急速に増えて。
(いち)1931年日本に挑発九一八事変。
1935年(に)さん月、ドイツヴェルサイユ条約破棄、公然軍備拡張。
(さん)1935年じゅう月さん日、イタリアファシズムにエチオピア不意打ちをする。
(よんしよ)『ミュンヘン協定』は宥和政策のピーク。
1938年きゅう、く月、英国、フランス、ドイツ、イタリアミュンヘン四国の首脳会議を行って、署名『ミュンヘン協定」を苏台德区ドイツ割譲を受け、そしてこの協定を押し付けるチェコスロバキアと、史「ミュンヘン陰謀「。ミュンヘン協定は宥和政策のピーク。
英仏宥和主義者としてのファッショの共犯者を推し進め、世界戦争の瀬戸際

したがって、我々は英仏推進宥和政策を助長したファシスト国家対外侵略と拡張の野望。
1939年きゅう、く月いち日、ドイツ侵入ポーランド、英仏迫対独宣戦布告に向かって失敗宥和政策。
1940年ご月―ろく月、ドイツ侵入フランス、ろく月22日フランス陥落して、破産宥和政策。

宥和政策歴史の動因

二十世紀30年代と国際政治的な雰囲気、特にイギリス社会背景、宥和政策の推進には偶然ではない、それはさまざまな要素の総和。

宥和政策経済の衰退

経済は1つの国家の政治生命、経済決定;衰微経済は間違いなくイギリスツイ
宥和政策の結果宥和政策の結果
行宥和政策の歴史動機の一つ。
第一次世界大戦後、世界経済の一面の不況も、戦勝国のイギリス、直接の被害は120億ポンド、同時にに大量の労働力の喪失。
1921年から、イギリス失業者の数は毎年120万人くらいの速度うなぎ昇り、
1929年、世界経済危機爆発イギリスだけを占めて、工業生産全体の資本主義世界の9%、金融覇者揺らいで、
1932年、イギリス工業生産指数1929年より下がった23%のうち、銑鉄、鋼の生産半減、造船業は88%減少、機械製造減産いち/さん、対外貿易額の半分以上を縮小、失業者は労働者全体の22%、明らかに、イギリス経済は衰えて、日が落ちる。
深刻な経済的苦境に直面して、イギリス政府より切実な内政問題から出発し、経済回復の仕事に取り組む。しかしながら、それは避けられない見落とした軍備の力の強化。
1919年、イギリス戦時内閣規定:「経済節約運動の一環として、各部門で軍事予算編成に応じてこの仮説は「今後10年以内にブリタニア帝国を行わないいかなる大戦する必要がないから遠徴軍」。「10年無大戦」の規定に一日まで逆算すれば、1932年まだ発効する。統制当局から主張して「財政と経済危険は国家にしなければならないのは最も深刻で、最もせっぱつまった危険、その他をしなければならない、待たなければならない」と、彼らは甚だしきに至ってイギリスで既存の軍備力、特に1本の世界で最も強大な海軍は、十分に払ってどんな規模の戦争。だから、ずっと軍事に満足して「1918年の技術」、軍事費を下げては「深刻な履行できなくイギリス防衛義務の状況」。
推して知るべし、深刻な経済的苦境に軍事力のショックは、この上ない。イギリスの取る重経済、軽い軍事の形を変えた調達だけでなく、経済的苦境からではない「節約」に変わって、甚だしきに至っては起こしました国内政局の動きには、国内の反抗たり、ストライキの波澎湃。また、それはまたに内閣が交代。チェンバレン階段で前のないじゅうご年間、現れた一連の走馬燈式の政権交代の奇怪な現象、これは難しい政府はファッショの前に実行して1種の連続と強い政策。逆に、彼らは拒否任意の方法でまじめに考えて戦争の問題。イギリス公党首アトリーかつて「決して同意を武力行使の手段として政策を実行する。」で、これは間違いないからヒトラードイツの武力による威嚇しか「和解」、「妥協譲る」、さらには宥和に埋め禍根。

宥和政策反戦思潮

もし探究戦が人類にもたらすの最も深いの啓発に対して「反戦求と」の熱い渇望。
イギリスで直接参戦戦で600万人、死傷者の246万、戦争は双方の支出は1800億ドル、無数の町は廃墟と化し、各国の財政の一面の恐慌。「怖い戦争大虐殺はほとんど影響全国すべての家庭」、それはイギリス人伝統の安心、枕を高くして寝る;枕を高くして眠るの社会心理に衝撃。人々は非常に戦争への反感と飽きて、さらに戦争被害をもたらし恐怖の形成は、強大な反戦や社会思潮を求めます。
聞くところによると、戦後イギリスすこぶる影響がたくさん出てきた「不再戦運動連合会」と最大の「平和の誓い協会」などの平和主義組織、平和主義運動急増。彼らは「すべての戦争は誤った、いかなる国家の任意の方法での武力行使に人間の精神の上の調和と理性」、「拒否サポートや効果のいかなる武力の政府に従事した戦争。」さらに「侵略を放棄しないで、私たちはまだ諦めなければ防衛」。
1936年、イギリス平和主義組織に行った世論調査で、90%の人が断って参戦し、反戦思想を求めますと。しかし、平和主義者和議を、太平の呼びかけながら、消極的に宣揚戦争の殘酷さ性と破壊性、戦争を呪い、軍備だけでなく、ぼやけた人々は国際情勢の認識、そして人々を混淆しました戦争の正義性、非正義性、戦争への警戒を解除した人々。ひたすら反戦の社会感情、とても大きい程度の上で参戦を政府が製造した世論の圧力に、政府の決定を制約しました。
「社会に直面して太平」の反戦と思潮を求めて、イギリス政府の対外戦略の調整を行うしかない。「戦争は無意味なこと」で、ミュンヘン悲劇、イギリス首相チェンバレン甚だしきに至っては信じて「ドイツ回復国土を維持できる英徳両国の長期的な友好平和で安定した関係によって、広範な協定を達成し、慰めて満足しない国を取り、末永く安定の平和」、そして「これは私たちの時代の平和」。これだけではなくイギリス民衆を反映した狭い素樸な「オフ戦を隠した心理もチェンバレン戦争に恐れの心理状態、迎合宥和需要。「反戦求と」社会思潮がイギリス統治階級の推進宥和政策温床を、更にイギリス宥和政策推進に見せかけて。

宥和政策特定の政治

イギリス統治階級の政治の手配は対外戦略の中に盲に杖の要因。当時の国際社会の背景に直面して、イギリス当局の政治の手配も胸に一物。
まず:扶徳抑えて法をヨーロッパ均勢。
「ヨーロッパ均勢」政策はイギリス伝統的な外交の核心の一つを通じて、ヨーロッパ大陸ドイツ、フランス、ロシアの相互牽制に達し、「実力均衡」。しかし、1戦の爆発を大いにこの局面を変えた。戦後、「ヴェルサイユ講和条約』での覇権を打ち立てたフランスヨーロッパ。フランス持っヨーロッパ最強の陸軍を確立しましたを中心に囲まれドイツの小协約国体制。したがって、フランスイギリス最も危険なライバルになった。ロイド?ジョージを強調していた「フランスは唯一の可能イギリスの国に迷惑」。
だから、この時のバランスはイギリス政策を強化ドイツの実力と国際的地位を得て、徳法の確立相互衝突は互いに制の関係、メンテナンス及び強化イギリスでヨーロッパ政局上の地位。そのため、イギリス一方の積極的な支持ドイツ軍備拡張、破約を振興ドイツ、大国地位を回復します;一方はまたフランスを強制的に有利ドイツの道威斯計画ヤング計画して、それによって防ぐ「支配ヨーロッパ同時に支配海峡沿岸と低地国大きな軍事強国。」
世界の大国として、「力の均衡」の古い伝統と「光栄孤立」の影をイギリスずっとポジショニングで充当ヨーロッパの抑制均衡者と仲裁人を支えるのは、徳を法になったイギリス当時の対外政策のテーマ。チャーチルも赤裸々に言った:"イギリスの政策は考えを狙っヨーロッパ国は一体どの、その唯一の関心は、誰が一番強いのか、または支配力の暴君。だから、私たちは他の人に私たちを恐れず親徳反法、もし事情が変わって、私たちは同じで亲法反徳」。徳を見抜くことができて、支えてヨーロッパ均勢を維持するだけイギリス法の手段を通じて、バランス、それは大きい程度の上で実現しヨーロッパ覇権を保つ。
次に:徳反蘇、実現する「東災いの種」。
戦後に新入生の社会主義ソビエト連邦の台頭を引き起こした世界資本主義国イギリスの深さ、特に恐怖:無産運動を席巻イギリスいったん、ブルジョア階級は必ず滅亡の境地。そのため、積極的に反ソ反共もイギリス当局の問題を考えざるを得ない。ドイツにかんがみて特殊な地理位置と日に日に反ソ傾向になり、ドイツ東方反ソの第一の防御線、特に1939年ドイツ積極東進攻勢、令イギリス思い上がり「防止共産主義の壁は、ナチスに手伝ってもらったヨーロッパたいへん忙しい。」彼らは信じて:「は災いの元東取引」は摧垮プロレタリアの近道。もしこの株は災いの元へと導くファシストを社会主義ソビエト連邦させ、独ソ間の衝突、お互いを戦争で両虎争う時は一虎其の虚に乗る、そんなにイギリスの覇権と利益が無事で、ヨーロッパ均勢を大きく程度の統合。チェンバレン自慢、「ミュンヘン協定」吹聴する「輝かしい勝利」、「災いの種と東取引」はグロスターの成功、それから「ヒトラーの行動は東方を指して、そしてその場合、我々は完全に巻き込まれたかもしれない」。三国の軸にしイギリスも無警戒のため、彼らにしてみれば、連絡三国のきずなは『反共産国際協定』、反ソ反共こそイギリスが見たい。
はね火子を払うから初心イギリス自然に徳百般放任宥和が「放任」の代名詞。
再び:戦わずしてと、覇王権益を守る。
「反戦求と”は1種の平和な社会思潮、じゃ、「戦わずしてと」は、上部構造の一種の幸運な政治を求めて。戦で、イギリスの損失には比類のない。戦争は、社会の動きには、特に大衆の革命運動の発展。イギリス支配階級も高望みしません戦争彼らに大きなメリットは、かえって心配戦争動揺彼の統治地位を占めない侵略政策とし売言葉に買言葉の闘争。まさにイギリス外交官ストロング言葉が「すべての戦争は、勝っても負けても私たちは、滅びの有閑階級を豊かにして、そこで彼らは一切の代価を惜しまない平和を求める。」したがって、支配階級の自身にとって、「平和」は社会思潮に迎合して、またの安定維持に統治地位を占め、それは一種のきれいな言い訳。
もちろん、「戦わずしてと”は1種の穏便懐柔外交政策を通じて、戦争を免れることを防ぐことができる戦のさらなる破壊。しかし、彼らは、犠牲は弱小国家利益を代価を助長したファシスト国家、特にドイツ咄咄人に逼るの拡張態勢に達して、甚だしきに至っては侵略者の欲望を満足領土拡大を避ける戦の境地に、これが「宥和政策」の主な表現。「ミュンヘン協定の締結を示し、イギリス宥和政策がピークをイギリスも第二次大戦中の重い代価を払うことに埋め禍根。しかし、チェンバレンさて、「今に発生したことは、当然、殘念だが、私たちのために正しい軌道を離れてはいけない、私たちは覚えていて、世界の各国人民の願望は集中平和の希望に。」もし宥和に成功して、「国はないが完全に制御ヨーロッパ、そこにもできないイギリス世界覇権厳重の挑戦。」
明らかに、「戦わずしてと”は1種の政治的に手配して、更に1種のメンテナンスの覇権の手段。それは一方では保持地方は落ち着いて、戦争が消えます;一方は局部の利益と彼は国の利益を犠牲にし、これを条件としてドイツ政治取引で、メンテナンスイギリスヨーロッパの勢力と影響や世界の覇権。
上述したように、それイギリス経済力の悪いと社会思潮のわき返ると当局者の多くの考えをイギリス「宥和政策」と歴史の必然。もちろん、国際環境として無視できない「外部要因」にも極めて重要な作用があり、特にファシズムドイツの躍進と咄咄人に逼る態勢をイギリス深く子馬の朝駆け避け、妥協しなければならない。しかし、まさにこのさまざまな要素を重ねて、歴史が向かった「宥和」の原点。

宥和政策歴史の発展

宥和政策戦

各国人民の革命の台頭と社会主義のソビエト連邦の出現を引き起こし、帝国主義の恐怖と反目。それらは争い世界の覇権闘争の中で、両方の弱体化をライバルとと思って、また社会主義弾圧に反対し、人民革命。宥和政策とは適応このが現れた。異なった場合は、その内容は、形や手法が違う。しかしコアは他国に対外拡張の温存。

宥和政策第二次大戦前

この政策が最も積極的な推進者はイギリス、フランス、アメリカなどの国。にじゅう世紀さんじゅう年代前、主に表現する宥和政策を支持する、日本の敗戦のドイツ防犯ソビエト連邦の障壁と弾圧人民革命の用心棒。これからヴェルサイユシステムワシントンシステム中に垣間見糸口。で道威斯計画ヤング計画ロカルノ条約中にはもっと具体化した。

宥和政策さんじゅう年代

特に二つの戦争策源地を形成した後(会う極東
ミュンヘン会議ミュンヘン会議
戦争の策源地、集団安全保障政策)に直面して、ドイツ、イタリア、日ファシスト国家の深刻な挑戦をイギリス首相A.N。チェンバレン代表のイギリス、フランス、アメリカなどの国の宥和政策者、既得権益を守るために、一時的に偸安するを求めず、他国の利益を代価を犠牲にすることを求めて、侵略者と妥協を導いて、するのは災いの元ソビエト連邦、漁夫の利。
1931年「九一八事変」を容認する、日本は中国を侵略して東北。
1935年さん月容認A .ヒトラーの再軍備。
1935年はち月アメリカ中立法を通じて。
1935年じゅう月イタリア侵略エチオピア容認。
1936年さん月放任ヒトラー武装进占ライン区。
1936年にはち月ドイツ、イタリア武装干渉スペイン「干渉しない」政策をとる。
1937年ななしち月日本の中国侵略戦争発動放任的、その後企画太平洋国際会議、陰謀を中国と日本の妥協。
1938年さん月黙認ヒトラー合併オーストリア。これらはすべて宥和政策の例証。
最も典型的な体現は1938年きゅう、く月のミュンヘン会議と《ミュンヘン協定』。英、法及び舞台裏のそれらのアメリカ支持、を犠牲にするチェコスロバキア代価を実現し、ヨーロッパ「普遍的な宥和」を「世代の平和」、実質的にはドイツ攻撃をソビエト連邦。

宥和政策第二次世界大戦

1939年きゅう、く月いち日、ドイツ軍の奇襲ポーランド;きゅう、く月さん日、英仏対独宣戦し、第二次世界大戦が全面的に爆発。英仏対独宣戦後、西にはドイツ軍の大規模な攻撃で発動することはきゅう、く月末ワルシャワ陥落。これは実際には英仏宥和政策の継続。
攻略ポーランド後、ヒトラーが、西に重心、打撃ドイツ宿敵フランス。ドイツの西線攻撃マーク英仏宥和政策の破産。

宥和政策第二次世界大戦後

宥和政策をアメリカ表現に前ソビエト連邦妥協極東ミュンヘン陰謀)。同じ道を勝ち取るソビエト連邦参加の対日作戦で、アメリカヤルタ会談ソビエト連邦の要求に同意し、中国を表す外モンゴル部分(現モンゴル共和国)の現状維持できる、1904年日本背信攻撃受け侵害の帝政ロシア(日露戦争古い権利回復は次の通り)ができる:樺太南部及び近隣のすべて島返還はソ连ロシヤメンテナンスは、ソ连ロシヤ大連商港の優先権益を同港国際化し、同時に回復旅順港のロシア海軍基地リース権、中ソ共同経営の合弁会社を設立の中で長鉄道満鉄赤露の優先利益を保障、千島群島赤露旋。このように、一連の犠牲には国、特に中国――利益の手段として、アメリカ一時ソビエト連邦に達したなら、避け世界大戦の一層の拡大の目的。しかし間もなくNATO华约との矛盾が、正式に破産宥和政策。
宥和政策は歴史が証明して、1種のための戦争、戦争、戦争の政策拡大挑発。それは満足できない国の侵略の野望はファシズム、励ました冒険を加速した侵略者は、第二次世界大戦の勃発。1940年ドイツ侵入英仏、一度破産宥和政策。

宥和政策歴史の啓示

歴史が証明していないだけではなく、「宥和政策」は第二次世界大戦の勃発を避けるために、かえってファッショ気炎を助長した侵略を受け、イギリスひいては世界人民の災難。今日では、「宥和政策」は国際政治外交特に我が国も深い啓示。

宥和政策総合的な国力

強い国の総合国力を踏まえ世界不敗の林の保障、経済、軍事は測定その国力の主要な指標。さてイギリス推進宥和政策の経済を前提にして、まさに「衰えて、人民の生活の中には水火の苦しみ」に直面して、ドイツ咄咄人に逼る態勢の拡張得穏便、甚だしきに至っては経済の発展を経て、別の形の軍を調達、幻想で無原則の平和と引き換えに、経済の発展は、軍事力低下につながる、国力が。したがって、強固な経済と強力な軍事、国将不国。
世界は今、経済の変革日進月歩。いかなる国家と富を勝ち取るため、国力を充実しなければならない刃を積極的に推進し、経済発展。だが、「富国」を忘れてはならない「强兵」、「オフ戦」「平和と引き換えに」。不思戦、準備にしかない身に酔って、戦争の温床。たとえ今の世界平和発展は時代のテーマは、しかし、強固な軍事力と経済効果的な平和の後押しを受け、「平和」をほごになって。だから、富国強兵は、我々の優先順位。
今、台灣海峡の危機が募って。毎回売言葉に買言葉の軍事演習、外国から特にアメリカ何度も妨害、強大な軍事力がないなら私たちと経済を保障し、「台灣独立」の陰謀はとっくにをとげる。私たちは「決してあきらめ武力行使台灣問題を解決する」。一方、不屈からはアメリカの武力による威嚇を一層強化軍事訓練と軍制改革;一方、軍備競争をせず、引き続き経済建設を中心に、改革開放を深化させることを促進し、総合国力の増加!

宥和政策政治の安定

政治は国の性質の体現;友好と覇道は政治の二重性格。政治の覇道を巻き起こし、きっと世界荒波。政治は実行友好こそ、メンテナンス国際安定!
イギリスは立憲君主制の開明的な君主国で、世界の資本主義の昔の覇権政治根強い。それを無視して弱小国家の利益を、片手に抜擢され、ドイツ、支持ドイツ整軍、小便は、抗法反蘇、甚だしきに至っては脅威フランス「若軍事行動をとるが、自分とイギリス同盟の分裂」「はち」(p.124)、ファシズム気炎を助長したが、結局引火烧身。一定の程度の上で言って、イギリス「宥和政策推進」はその覇権政治の体現とメンテナンスその覇者の権益が必要。
政治は超大国の本能の覇権を表現。彼ら弱き者をともにさす主権を無視して、ややもすれば、武力による威嚇、世界の不安定要因。世界は今、アメリカ処すまで「民主、人権」を旗印に、他国の内政に干渉するため、パレスチナ問題、台灣問題の長期的な解決しにくい。それは放任イスラエル、台灣当局は、製造一連の衝突、国際情勢に?。根本的に言えば、これはアメリカ覇権政治の下ではお天道様に石宥和政策の産物。
中国の従来の国際友好を重視し、「平和共存五原則」というのは、政治の有効な制限は覇権。中国は日に日に発展してきて、国際社会の1本の中堅、が唯覇権国家時の大将日の奉行主張する必要があり、正義、威武不屈、特に台灣問題ではないが、アメリカの干渉をあきらめて統一;当然、「売る学覇王」、突然視弱小国家利益。共同友好を進める政治、国際関係の安定が協調を促進し、世界の平和、発展!

宥和政策外交の発展

外交は国家と世界との交流の必然道;伝統と柔軟は順調な世界を促進交流と発展の鍵。外交方式はとても大きい程度の上で適切であるかどうか、関係国の運命。だから、私たちは必ず実行しなければならない柔軟外交世界を促進する。
イギリスを「宥和政策」期間の戦略的外交戦略の使用をまとめ、すなわち「伝統」を踏襲して「光栄孤立」の伝統的な外交立場、形を変えた「ヨーロッパ勢力均衡」政策を実行する。言うことができて、イギリス宥和政策は「ヨーロッパ均勢」政策の継続と発展、終始突不破伝統的な外交のフレーム。ドイツが拡張態勢に直面して、こだわりなく、伝統的な目で見つめドイツ、無視法、蘇、アメリカなどの国の戦略の意味。一方で表現田舎の国自慢、一方はまたとてもファッショ侵略に恐怖で、戸惑う、外交にはきわめて不利な地位。「宥和政策」に一定の程度の上でも伝統的な外交の結果イギリス推進。
歴史が証明して、伝統的な外交しか遅延国家政策の感度は、「原則に背いて。兵に常勢なしだけ、柔軟外交こそ、国際関係の変化に適応する。今の世界、外交活動が国と国の間の政治活動の中心、特に近段階、パレスチナ問題、米イラン関係、南北関係が入り組み、各国政府は積極的に立ち止まり、柔軟外交になって、1種の必然。中国政府もある程度を基づいて、ある程度の方針を、実力次第「指定席」を実施し、積極的にいわゆる「あいまい外交」、つまり「干渉しない、放置しない、器量によりて荷をば持て、泣く子も口に物食う」は「宥和」の突破は、両方の戦争に巻き込まれ、国内の経済発展を促進するために、また大規模の戦争を抑止するため、戦争は拡大し、一定の程度の上で世界平和発展を促進する。
しかし、「曖昧」外交の自身の存在の思想上の弊害。それを踏襲鄧小平「韜晦」戦略の主張を争わない一時の長は、旗を引き起こしないで、積極的に面倒をかけて、依然として消極的な防御段階にある、慣れない新しい時期の外交の戦略が必要。そして、「放置しない」、「泣く子も口に物食う」も、ただ一匹狂えば千匹の馬が狂うや「厳しく非難する」。国の指導者は求めない所得がある、しかし無失われ、違うアメリカ対抗最高外交綱領。外交部はほぼに対外経済貿易部。中国外交を大所高所から、意気軒昂の再生、万事は「かまけない、知らぬ」として自らを慰める。外交活動は極めて受動。
もちろん、国力の向上や指導者層の変化、中国の外交もますます明らかに向かう。私たちは「手を拱く」、また、力強く、決断には、「自分の利益を守る声。頼りに全世界の正義感と道徳の呼びかけにただ宥和論の形を変えた。我々は徐々に変化が過去のあのは外界の反応を主とする外交を強化に取り組む外交主動性。国家間のリーグシステムの確立を通じて、実行多国間外交外交の重点を、第三世界から先進国で、世界の発展の道をより活発に建設的な役割を更に備えて。
要するに、イギリス宥和政策の推進にその歴史の必然で、それが世界の、特に中国に殘した深い啓示。国際関係の複雑な年代で、私達は更に応よい内から養生、人は盗人、火は焼亡!

宥和政策海外宥和政策研究時評

国際学術界に宥和政策の研究では、主に二つに分かれ。

宥和政策宥和政策実行状況に対しての考察

言うことができて、一般に重大な宥和行為、学術界の研究が関連。如:1931年,日本发动“九一八事变”侵略中国东北,而英法等西方国家却姑息迁就;1934年,英国“政治绥靖”日本政策的提出;1935年,意大利侵略埃塞俄比亚并在英、法、美的实际纵容下最终得手;1936—1937年,英国和日本关于英国是否承认伪满洲国的谈判;1936年,英、法以“不干涉”政策为名而最终使德、意法西斯支持的西班牙佛朗哥独裁政权上台执政;1937年日本发动全面侵华战争后,英、法、美等国拒绝援助中国和制裁日本;1938年,英、法对纳粹德国吞并奥地利的默认,英国与日本签订出卖中国海关利益的非法协定,英法两国进一步助纣为虐,与德、意签订出卖捷克斯洛伐克领土的《慕尼黑协定》;1939年,捷克斯洛伐克最终被肢解而英法无所作为,英日两国签订的英国实际承认日本侵华具有合法性的《有田—克莱琪协定》;1939年希特勒进攻波兰后出现的“奇変な戦争」や、1940年イギリスと日本の達成閉鎖雲南ビルマ道路三ヶ月の協定など、学者たちは異なるレベルの事例検討を行った。中から私たちは順次見た英、仏(時も含めてアメリカ)などの国を、3度と妥協も他の国を売ることを譲るの領土主権の利害ば侵略者の窘相、もっと見て貫くその宥和政策外交ルートの芽を形成し、発展、変化をピークに至るまでの歴史過程。このプロセスのファシスト国家と拡大して侵略を並行して、ついに大戦早めに爆発。

宥和政策宥和政策形成原因の探求に

関連イギリスにナチス・ドイツ実行の宥和政策面では、西洋学者が大体二つの学派を形成しました:“正統派」と「修正派」。「正統派」にじゅう世紀生まれさんじゅう—よんじゅう年代が、現代まで、ずっと新しい成果が出。同派は、政治家はイギリス宥和外交というのはヴェルサイユ条約の道義上の「罪悪感」から生まれた;チェンバレンの宥和政策は一種の「錯覚外交」は、その緻命的な「錯覚」は彼はヒトラーの目標を追求するだけに限られているヴェルサイユ修条約も惜しみなく;チェンバレン平和を保つ代償が、彼は1種の弱い立場(当時の防衛戦略防衛を免れないイギリス空中攻撃)ため、わざと犠牲を実行した小国にヒトラーの宥和政策。「修正派」にじゅう世紀ろくじゅう年代生まれ。当時のイギリス政府が続々とされたさんじゅう年代のファイルを避けるため、多く修正派学者を通じて道義が裁くチェンバレンではなく、書類の文献に基づいて、広く討論したチェンバレン直面した国際、国内、経済、社会、軍事、戦略、意意識形態、世論などの状況を説明し、宥和政策形成原因。彼らの見方は主に:(いちに復雑な国内、国際、軍事力と経済の要因、チェンバレンと彼の閣僚と実行抵抗の独裁者の政策は現実離れしたように、当時の陸海軍参謀長らが次々と警告イギリスを用意していないと同時にドイツ、イタリアと日本の3つの敵と戦うと提案政府宥和政策を実行する。(に)は国際的な視野から観察してにじゅう世紀さんじゅう年代のイギリス外交政策、強調すべきであるヨーロッパ存在の資本主義と社会主義の相互対抗のイデオロギーや、経済体係と社会組織の形成にイギリス宥和外交の影響。(さん)の政策立案者社会と世論に縛られ、世論が反対は急速に再軍備を堅持し、平和と反戦、同時にも賛成しない売り言葉に買い言葉の強硬な立場を取る独裁者。また、一部修正派学者チェンバレン現実主義政治家として認識してイギリスとフランスが維持できないヨーロッパの秩序を保つように、彼はイギリスの世界の覇権を信じて、別の大規模な戦争の中で、イギリスその地位を失う。だからチェンバレンを通じて高いレベルの交渉を武力に訴える場合ヒトラーの不満を解消。しかし、このルートによって増えて国防支出目的がイギリス政府はこれを行う)。だから、彼らは、宥和は「最善を望み、最悪の」の論理的な現実主義政策は、もはやに基づいて投降の恥ずべき政策。明らかに、これは一種のもっと、もっと寛容に同情しチェンバレンと宥和政策の傾向。
西洋学者にじゅう世紀についてさんじゅう年代イギリス日本の政策研究は、よんじゅう年代からのファイル、当時まだ謎解き、史料運用制限を受ける。で大量の研究成果はろくじゅう年代以降生まれ、そしてななじゅう—はちじゅう年代規模を形成しました。この時の研究成果を大量に運用資料、イギリス対日政策について深く事例検討し、主に2種類の基本的な観点を形成した。第1種の観点は、イギリス日本は中国を侵略し、日本のいくつかの行動が宥和、しかし宥和政策。その中の最も重要な宥和行動は1938年イギリス日本と中国について税関の不法協定と1939年の『有田—クラインチー協定。別の1種の観点は、全体の日本の侵略の過程の中で、イギリスだけでなく、日本の宥和行動、そして宥和政策が、この宥和政策には至っていない像《ミュンヘン協定」ほどではないので、「極東ミュンヘン協定」。
なぜこんなと違って、ひとつの重要な原因は宥和政策の内包と外延を異なる見方。第1種の観点を持った学者はファシスト国家領土を割譲する行為こそ宥和政策で、イギリスは日本は中国からのあれらの譲歩していて、中国のある土地に割譲日本、イギリス正式に認めない「満州国」では、この宥和政策、ただ宥和行動ましてイギリスは中国人に対していくつかの援助を提供する。
研究にもイギリスドイツとイタリア実行宥和政策の「正統派」という観点と「修正派」の視点は、研究イギリス日本実行は「宥和行動」や「宥和政策」との見方も、人々は宥和政策形成の原因をどのように深く検討すると分析も否定できないという基本的な事実、それは:宥和政策はにじゅう世紀さんじゅう年代西洋ブルジョア民主国家(特に英法)にはドイツ、イタリア、日ファシスト国家の侵略の拡張と挑戦、実行の一種、犠牲は他の国の利益を手段とファッショと妥協して、それによって自分を既得権益の外交政策。いわゆる犠牲は他の国とは、このような犠牲が経済利益からまで利益を領土;という既得権益を含め、経済、政治的利益など、国内資本主義革命解消危機、安定秩序、など。歴史が証明、宥和政策は平和の維持としてではなく、拡大を促すファシスト国家放任侵略大戦早めに爆発のエラー政策。
宥和政策の評価では、正統派の意見を重視すべきである。例えば、研究この政策の「正統派」の代表人物、故イギリス史家のジョン・ウィーラー-ベネットその1948年出版の『ミュンヘン――悲劇の始まり』では、英仏推進宥和政策は平和を守るために、宥和主義者は「平和の名、宥和の名義を許すドイツの不義と侵略」が、彼も認めて『ミュンヘン協定」では、「西方の民主国家の会稽の恥じ」、「ドイツの徴服の国策で、イギリス宥和国策は、2つの平行の川は流れ」で、それらは交差点、すなわち「ミュンヘン」を重ね、そして第二につながる次世界大戦が勃発の最も重要な要素の一つである。現代の正統派学者宥和政策の指摘も臨界。例えばイギリスオックスフォード大学R.A.C .パーカーその1993年出版の『チェンバレンと宥和政策とイギリス:第二次世界大戦の来る》という本の中には、同じような宗教を信じて信じてチェンバレン宥和か、多種の選択にもかかわらず、含んでフランス負担の明確な義務を一層強化と国連の協調、とソビエト連邦同盟を結ぶなどが、拒否されてチェンバレン;チェンバレン頼りにその高度な政治テクニックと策略能力、人々と宥和政策は唯一で論理的な行動指針を、そしてそのため破壊れた多くの选択肢は移動ルートの支持があります;もしはチェンバレン意固地に信じドイツ宥和利点は、もっと早く作り上げ阻止ヒトラー拡張主義のバリア;が戦争勃発時、イギリスとフランス未熟の同盟、そして、虚弱な軍事的地位。イギリス歴史家アンソニー・弗より、2012年に出版された『第二次世界大戦』でも指摘した1つの重要な事実、それは『ミュンヘン協定締結時も、イギリス人かフランス人も用意してなかっドイツと戦争をする。実はこれも欧州大戦の勃発後わずかじゅうヶ月、ナチス・ドイツはヨーロッパ大陸全土フランスだけ、抵抗して6週間に敗降の要因。