礼部尚書

礼部尚書主管朝廷の中のマナー祭り、宴の食事、学校、科挙と外事活動の大臣、清朝一から品。に相当する今の中央宣伝部部長兼外交や教育、文化部長。
礼部尚書

礼部尚書簡介

礼部尚書の印章礼部尚書の印章
礼部尚書主管朝廷でのマナーや祭りは、食事、貢の大臣を宴。
と《明史」によると、当時の礼部尚書张升は弘治十五年傅瀚で礼部尚書の代わりに。そして张升ずっと礼部とまで刘瑾権力。慣例によって、一つの部門が同時に二つの尚書がないので吴宽の礼部尚書職は多分南京礼部尚書。
引《明孝宗実録』の比較的にはっきり原文:
纂修で『大明会典」、勅吏部プラス総裁が傅兼太子官太傅戸部尚書謹んで身殿大学士刘健少ない師兼太子太师吏部尚書天蓋殿大学士、太子が少ない保礼部尚書兼文渊阁大学士李东阳を太子太保戸部尚書兼謹んで身殿大学士、太子が少ない保兵部尚書兼東閣大学士谢迁を太子太保礼部尚書兼武英殿大学士副総裁兼左士郎吏部翰林院学士吴宽礼部尚書も兼学士掌センこと府ことで、南京吏部右士郎杨守阯を本部左士郎加俸の二級。健や広いクラ疎し辞めて許してくれない。
対照文を見て、谢迁と吴宽均を礼部尚書、明らかにいずれも加くわえ。
同様に、「明孝宗実録』巻一百九十七:総制陝西軍務尚書戸部秦鋐奏寧夏鎮守宦官张僴報虜に回军余り歩き……この戸部尚書べきは加くわえ。
「明孝宗実録』巻一百九十八:礼部尚書枚をこの「を」は「L」の字の誤)などの具疎し:弘治十四年以来南京と天下星が地震の揺れ泰山……まだ2京と各所でください巡撫等官洗心涤虑、同ほどどい省。からの。
これこそ本当の実用的な本当礼部尚書管礼部。
対照以上2か所で発見して、同じ時間、少なくとも3つの礼部尚書が現れた、きっと加くわえと实职の分。
つきましては史传に書い吴宽进礼部尚書なんて、とても正常。何で「進」、「L」、「プラス」は問題がなくて、結局礼部尚書一くわえ乃吴宽獲得した最高レベルなので、その時に記載、その最高レベルでも備え、常識に合う。それを加くわえだけではなく、実を授ける。

礼部尚書礼部

中国の古代の官庁。南北朝の北週始。隋唐を6部一つ。代々受け継ぐ。長官は、礼部尚書。試験吉、嘉、軍、賓、凶五礼の全国学校事務及び管理で;科挙試験及び藩と外国の往来のこと。礼部は四司、明清の全てを:儀制清代官司掌嘉、礼、敬礼及び管理学務、科挙試験こと;祠祭清代官司、掌吉礼、凶礼事務、主客が清代官司宾礼及び受付、掌の事務、精膳清代官司、掌饗宴飼料穀物倉犠牲を牢事務。4社のほか、清に鋳印刷局、掌鋳造皇帝宝印及び内外役人官印。立会い四訳館接待、掌列藩、外国貢や翻訳などのことを。光緒32年(1906)、清政府発表「仿行憲政」は、元の施設のあまりよく寺、光禄寺、鴻胪寺算入礼部。礼部内部機関に増設承政、参議二厅、儀制、いつもあまり、光禄三司や礼器ライブラリ、礼学館。宣統三年(1911)は、礼部変更式院、清政府の専管朝廷壇廟、帝王の陵墓の礼楽及び製造典守事宜を掌修明礼楽、よりカスタマイズ章制の機関。
一般的に礼部:尚書1人、正二品士郎1人、から二品医者四人、員外郎四人、主事若干の人。掌の儀礼、祭享、貢あげ政。その属4:1曰礼部、2曰祠部、三曰膳部4曰、主客。

礼部尚書尚書

官名
尚書官名としては、戦国時代。尚者掌も、顾名見義、尚書すなわち司る文書の意味で、だからまた本と掌。秦は少府下の尚書、殿内の文書を、職位比較的底。前漢の武帝の時、5人分曹治尚書ことを司る文書奏章、群臣奏章通るその手で、後進に帝王ので、重要な地位溶明。後漢時代の皇帝政務を執る尚書プラットフォーム、協力、事実上の行政中枢機関。施設尚書省、始分たり、戸、礼、兵、刑、工6部担当国政。自唐至清、ほぼ踏襲するの、尚書の職権、地位も日に日に顕官。現代の中央政府の膨大な省庁機構を明らかには、古代から6部。六部長ほか尚書、副官名称士郎は、スリム極まりない、無現代省庁諸职数や名目。古代視尚書を帝王の代弁者と手足は朝中「機ことが総、出納朕命」のエリートは、朝廷百官の中堅。
使い分け
古代のある尚書を左仆射(宋代陈靖)も列尚書、実際より尚書の宰相(左相)級高官。同じ尚書、その授职の背景によって、山梨県とも異なる職権。大体以下の何種類の情況がある:
一つはへ特命。極めて外交が必要で、特命使者職名を冠し尚書。身分を尚書へ、外交規格を高める。
2は代理司会。「権」は古代の1種の授官規格、長官不在時の代理、司会その職にも意味が含まれ、試用。南宋刘克庄長くて文名も精通代官こと。一生の官吏になる道でこぼこで、何度も追放する。~74歳の時を除いて兵部士郎で、2年後に権工部尚書、たびたび乞辞。78歳の時を除いて焕章閣学士、守本官官を辞する。
三は都合により与えて贈る。つまり、連休緻、殉職や役人の死んだ賜るで、1種の無实职の名の称号。刘克庄の親友方大琮、お知らせ広州、広東经略使任に実績卓然、卒は任に、朝廷谥「忠恵」を贈る宝計略閣学士、依尚書緻仕。明代に贈られる尚書者の尤多くを与える。
以上の三つの類は、尚書官名、その職に権力と「正統」6部尚書は比べることができない。

礼部尚書設置

各朝礼部の基本セット
唐礼部:礼部尚書の一员で、正三品。士郎の一员、正四品下。尚書、士郎の職掌天下マナー、祭享、貢あげ政令。その属4:1曰礼部、2曰祠部、三曰膳部4曰、主客。総職務、行その制命。その科6:曰秀才で、試験方略対策五条。この科を少し峻人、貞観絶後とは。曰本明经二、三曰進士、4曰曰本明法、五、六曰計算。
礼部:元丰転換後礼部さんの部下が部門祠部、主客が、膳部。尚書、士郎の各1人、医者、金持ち郎四司で各1人。元佑の初め、省祠部郎官一员、主客兼膳部。紹聖改元、主客が、膳部互いに郎官兼領置。建炎後、同。
明礼部:尚書1人が二品、左、右士郎の各1人、ちょうど三品。その属、司務庁、司務二人から九品;器制、祠祭、主客が、精膳4清代官司漢方医は、各1人、五品;員外郎一人、五品;主事1人、正6品。正統六年増設器制、祠祭で各1人2司主事。また増設器制司主事、教習皇女の夫。弘治5年増設主客司主事、提督立会い館。所轄鋳局、印刷、大使の1人、副二人。万暦九年1人革。
清朝礼部:礼部尚書、左、右士郎、ともに満、漢1人。その所属:堂主事、清枠不動満州二人は、漢当部屋満州、漢軍で各1人。司務、満、漢で各1人。筆帖式、宗室1人、満州三四人、モンゴルの二人は、漢軍四人。典制、祠祭、主客が、精膳四清代官司:医者、満州は6人、典制、祠祭、各2人ともに1人、リザレクション。モンゴルの1人、主客司置。漢四人。司で各1人。員外郎、宗室一人、主客司置。満州八人、典制、祠祭司各3人。余るともに1人。モンゴルの1人、祠祭司置。漢二人。典制、祠の神子で各1人。主事、宗室、モンゴルで各1人、精膳司置。満州の3人は、典制、祠祭、精膳司で各1人。漢四人。司で各1人。印鋳局、漢員外郎、満洲署主事、漢大使、未入流。各1人。堂子尉、満州八人。七品二人6人、8品。

礼部尚書名人

牛弘 杨玄感
李道宗 唐俭 薛稷
包靑天 洪皓上官鼎
明朝杨溥 徐光啓 黄锦
清朝孙士毅和珅纪晓岚
シリアルナンバー
氏名
出身
着任時
代前の職務
退任時間
退任原因
いち
郎球
満州
順治元年
(1644年)

  
順治六年七月丙子
(1649年はち月26日)に
兼が蓝旗満州統
満州
順治六年九月戊辰
(1649年じゅう月じゅうななじゅうしち日)
刑部左士郎
順治七年三月癸酉
(1650年よんしよ月にじゅう日)
改左も御史
さん
満州
順治七年三月癸酉
(1650年よんしよ月にじゅう日)
兵部尚書
順治八年十二月
(1652年)
亡くなった
よんしよ
満州
順治九年正月辛巳
(1652年2月にじゅうななじゅうしち日)
起用
順治九年三月乙未
(1652年ご月いち日)
改はめ黄旗満州統
郎球
満州
順治九年三月乙未
(1652年ご月いち日)
元を授ける
順治12年五月乙巳
(1655年ろく月25日)
改戸部尚書
ろく
恩格徳
満州
順治12年五月丁未
(1655年ろく月27日)
礼部左士郎
順治15年十一月甲寅
(1658年じゅうに月じゅうご日)
皮革
ななしち
ひたす赫
満州
順治十五年十二月乙酉
(1659年いち月じゅうご日)
礼部右士郎
正月丁酉康熙元年
(1662年さん月じゅうに日)
連休
はち
祁徹白
満州
康熙元年二月庚戌
(1662年さん月25日)
礼部左士郎
康熙六年三月辛巳
(1667年さん月さんじゅう日)
きゅう、く
覚羅
康熙六年三月乙酉
(1667年よんしよ月さん日)
正紅旗満州副統
康熙七年
(1668年)

  
じゅう
た顔
満州
康熙七年六月癸未
(1668年ななしち月24日)
礼部左士郎
康熙八年九月乙未
(1669年きゅう、く月29日)
じゅういち
うん額徳
満州
康熙八年九月甲寅
(1669年じゅう月じゅうはち日)
工部尚書
康煕10年正月辛未
(1671年2月27日に)
病免
じゅうに
祁徹白
満州
康煕10年正月戊寅
(1671年さん月ろく日)
元を授ける
康煕10年十一月
(1671年)
連休
じゅうさん
ハウル哈斉
満州
康煕10年十一月壬申
(1671年じゅうに月25日)
軍を率いて
康熙16年三月壬寅
(1677年よんしよ月27日)
皮革
じゅうよん
満州
康熙16年三月デ卯
(1677年よんしよ月28日)
刑部尚書
康熙16年八月戊午
(1677年きゅう、く月じゅう日)
改吏部尚書
じゅうご
プラグ色が黒く
満州
康熙16年八月辛未
(1677年きゅう、く月23日)
兵部尚書
康熙は二十年二月丁亥
(118年さん月22日)
連休
じゅうろく
郭四海
満州
康熙は二十年二月己亥
(118年よんしよ月さん日)
兵部尚書
康熙は二十年
(118年)
改吏部尚書
じゅうななじゅうしち
満州
康熙は二十年十二月乙未
(1682年いち月24日)
工部尚書
康熙二十二年正月丁卯
(1683年2月ににじゅう日)
病免
じゅうはち
満州
康熙二十二年二月丁丑
(1683年さん月2日)に
吏部尚書
康熙乙巳十二月二十三年
(1685年にいち月じゅうはち日)
病免
じゅうく
杭艾
満州
康熙乙巳十二月二十三年
(1685年にいち月じゅうはち日)
戸部尚書
康熙二十四年四月戊戌
(1685年にご月じゅういち日)
皮革
にじゅう
満州
康熙二十四年四月辛醜
(1685年にご月じゅうよん日)
兵部尚書
康熙の二十五年
(1686年)
病免
21
諾敏
満州
康熙の二十五年九月庚寅
(1686年じゅう月25日)
刑部尚書
康熙26年正月乙巳
(1687年さん月きゅう、く日)
改正黄旗モンゴル統
22
満州
康熙の26年二月辛亥
(1687年さん月じゅうご日)
兵部尚書
康熙二十七年二月甲寅
(1688年さん月じゅうに日)
遷文华殿大学士
23
麻爾図
満州
康熙二十七年二月丁巳
(1688年さん月じゅうご日)
戸部左士郎
康熙は二十八年五月乙巳
(1689年ろく月26日)に
改戸部尚書
24
満州
康熙は二十八年五月乙巳
(1689年ろく月26日)に
士郎吏部
康熙32年九月己巳
(1693年じゅう月27日)
皮革
25
沙穆哈
満州
康熙32年十月甲戌
(1693年じゅういち月いち日)
工部尚書
康熙三十三年三月丁未
(1694年よんしよ月さん日)
皮革
32
満州
康熙四十八年四月甲辰
(1709年ご月じゅうに日)
左も御史
康熙四十九年九月辛酉
(1710年じゅういち月にじゅう日)
改戸部尚書
33
満州
康熙四十九年九月辛酉
(1710年じゅういち月にじゅう日)
雲貴総督
康煕五十年十月丙辰
(1711年じゅういち月じゅう日)
一級下げ転任
盛京工部士郎
34
満州
康煕五十年十月丁巳
(1711年じゅういち月じゅういち日)
統辦署理盛京将軍
康熙51年四月乙亥
(1712年ご月27日)
遷文华殿大学士
35
赫硕諮る
満州
康熙51年四月乙亥
(1712年ご月27日)
工部尚書
康煕五十五年の六月己丑
(1716年ななしち月じゅうく日)
皮革
43
なんじの図
満州
雍正二年閏四月庚子
(1724年ろく月じゅうはち日)
兵部士郎
雍正二年十月丙申
(1724年じゅうに月じゅういち日)
改刑部尚書
44
頼も
満州
雍正二年十二月辛卯
(1725年2月によんしよ日)
元を授ける
雍正五年八月癸巳
(1728年きゅう、く月24日)
連休
45
満州
雍正五年八月癸巳
(1728年きゅう、く月24日)
戸部左士郎
雍正九年四月乙卯
(1731年ご月28日)
亡くなった
46
満州
雍正九年三月乙酉
(1731年よんしよ月28日)
左も御史
乾隆帝が十年三月己丑
(1745年よんしよ月じゅうはち日)
連休
54
満州
乾隆三十四年十二月丙辰
(1770年いち月よんしよ日)
副将軍
乾隆三十五年八月戊寅
(1770年きゅう、く月23日)
皮革
55
満州
乾隆三十五年八月己卯
(1770年きゅう、く月24日)
左も御史
乾隆三十八年正月戊午
(1773年2月にじゅうく日)
戸部尚書辦署理
56
満州
乾隆三十八年正月戊午
(1773年2月にじゅうく日)
右副将軍
乾隆三十八年七月甲子園
(1773年はち月24日)
改戸部尚書
81
満州
嘉庆二十二年七月丙辰
(1817年はち月26日)に
兵部尚書
嘉庆二十二年十一月乙醜
(1817年いち月2日)に
改兵部尚書
82
穆克登額
満州
嘉庆二十二年十一月乙醜
(1817年いち月2日)に
ここ总兵
嘉庆辛卯十二月二十三年
(1818年いち月23日)
改左も御史
83
モンゴル
嘉庆辛卯十二月二十三年
(1819年いち月23日)
正白旗漢軍統
嘉庆二十四年六月デ卯
(1819年はち月さん日)
改兵部尚書
84
崇禄
満州
嘉庆二十四年六月デ卯
(1819年はち月さん日)
兵部尚書
嘉庆九月二十四年戊子
(1819年じゅういち月じゅうろく日)
降礼部左士郎
85
穆克登額
満州
嘉庆九月二十四年戊子
(1819年じゅういち月じゅうろく日)
工部右士郎
嘉庆二十五年十月戊子
(1820年じゅういち月じゅう日)
改工部尚書
86
普恭
満州
嘉庆二十五年十月戊子
(1820年じゅういち月じゅう日)
左も御史
嘉庆二十五年十一月辛巳
(1821年いち月2日)に
87
満州
光元年正月己未
(1821年2月にきゅう、く日)
左も御史
二年三月庚戌光
(2億4千年さん月27日)
改工部尚書
88
穆克登額
満州
二年三月庚戌光
(2億4千年さん月27日)
工部尚書
二年十一月辛巳光
(2億4千年じゅうに月23日)
降礼部左士郎
89
満州
二年十一月乙酉光
(2億4千年じゅうに月27日)
左も御史
光の三年四月甲辰
(1823年ご月じゅうご日)
改兵部尚書
きゅうじゅう
穆克登額
満州
光の三年四月甲辰
(1823年ご月じゅうご日)
戸部左士郎
光が六年五月乙未
(1826年ろく月じゅうく日)
病免
91
モンゴル
光が六年五月乙未
(1826年ろく月じゅうく日)
左も御史
光九年六月甲戌
(1829年ななしち月じゅうに日)
改兵部尚書
92
傅启图
満州
光九年六月甲戌
(1829年ななしち月じゅうに日)
内大臣
光九年九月己酉
(1829年じゅう月じゅうご日)
皮革、降兵部右士郎
93
宗室
光九年九月己酉
(1829年じゅう月じゅうご日)
戸部右士郎
光十四年七月丙子
(1834年はち月じゅうななじゅうしち日)
改工部尚書
94
満州
光十四年七月丙子
(1834年はち月じゅうななじゅうしち日)
左も御史
光の14年十一月壬申
(1834年じゅうに月じゅういち日)
亡くなった
95
颢;
宗室
光の14年十一月壬申
(1834年じゅうに月じゅういち日)
左も御史
光の14年十一月丙戌
(1834年じゅうに月25日)
兵部尚書
96
宗室
光の14年十一月丙戌
(1834年じゅうに月25日)
領の侍従内大臣
光丁卯六月十五年閏
(1835年はち月さん日)
改工部尚書
97
満州
光丁卯六月十五年閏
(1835年はち月さん日)
左も御史
光16年七月壬寅
(1836年きゅう、く月いち日)
皮革
降授刑部左士郎
98
満州
光16年七月壬寅
(1836年きゅう、く月いち日)
刑部左士郎
光十七年五月戊寅
(1837年ろく月よんしよ日)
病免
99
盛大な紀
宗室
光十七年五月戊寅
(1837年ろく月よんしよ日)
理藩院尚書
光十八年閏四月庚寅
(1838年ろく月じゅういち日)
改戸部尚書
ひゃく
割格
満州
光十八年閏四月庚寅
(1838年ろく月じゅういち日)
兵部尚書
光十八年八月丙戌
(1838年じゅう月ご日)
皮革
101
満州
光十八年八月己丑
(1838年じゅう月はち日)
左も御史
四月二十一年甲辰光
(1841年ろく月きゅう、く日)
病免
102
色グラム精額
満州
光の二十二年
(1842年)

  
二十二年五月己未光
(1842年ろく月じゅうく日)
亡くなった
103
宗室
二十二年五月己未光
(1842年ろく月じゅうく日)
理藩院尚書
二十二年十月乙未光
(1842年じゅういち月22日)
改吏部尚書
104
満州
光が二十三年四月丙子
(1843年ご月2日)に
左士郎吏部
二十四年二月庚戌光
(1844年さん月31日)
皮革
105
わざわざ額
満州
二十四年二月庚戌光
(1844年さん月31日)
左も御史
光の二十五年八月甲寅
(1845年きゅう、く月26日)に
改工部尚書
106
満州
光の二十五年八月甲寅
(1845年きゅう、く月26日)に
正蓝旗漢軍統
光は二十八年二月壬子
(1848年さん月じゅうに日)
改兵部尚書
107
満州
光は二十八年二月壬子
(1848年さん月じゅうに日)
刑部左士郎
光は二十八年十二月乙醜
(1849年いち月じゅうく日)
皮革
108
宗室
光は二十八年十二月乙醜
(1849年いち月じゅうく日)
左も御史
光二十八年六月己丑
(1849年はち月じゅういち日)
亡くなった
109
満州
光二十八年六月己丑
(1849年はち月じゅういち日)
熱河東統
咸豊元年八月戊辰
(1851年きゅう、く月きゅう、く日)
亡くなった
110
宗室
咸豊元年八月戊辰
(1851年きゅう、く月きゅう、く日)
成都将軍
咸豊三年九月丁未
(1853年じゅう月ななしち日)
病免
111
満州
咸豊三年九月丁未
(1853年じゅう月ななしち日)
工部尚書
咸豊五年十一月己卯
(1855年じゅうに月28日)
改刑部尚書
112
満州
咸豊五年十一月己卯
(1855年じゅうに月28日)
咸豊8年九月壬午
(1858年じゅう月じゅうろく日)
改戸部尚書
113
宗室
咸豊8年九月壬午
(1858年じゅう月じゅうろく日)
理藩院尚書
咸豊8年十二月庚午
(1859年2月にいち日)
改戸部尚書
114
満州
咸豊8年十二月庚午
(1859年2月にいち日)
刑部尚書
咸豊十年五月丁酉
(1860年ろく月22日)
降級の転任
刑部右士郎
115
綿の森
宗室
咸豊十年五月丁酉
(1860年ろく月22日)
左も御史
咸豊十年六月乙亥
(1860年ななしち月さんじゅう日)
改工部尚書
122
奎润
宗室
光緒の13年二月戊子
(1887年さん月よんしよ日)
左も御史
光緒16年二月庚辰
1890年2月28日に)
亡くなった
123
宗室
光緒16年二月庚辰
1890年2月28日に)
工部尚書
光緒二十二年四月戊子
(1896年ろく月よんしよ日)
移動体仁閣大学士
124
満州
光緒二十二年四月庚寅
(1896年ろく月ろく日)
工部尚書
光緒二十四年七月庚午
(1898年きゅう、く月よんしよ日)
皮革
125 李端棻 貴陽
光緒二十四年七月庚午
(1898年きゅう、く月さん日)
倉場総督
光緒二十四年七月癸酉
(1898年きゅう、く月21日)
追放新疆
126
満州
光緒二十四年七月癸酉
(1898年きゅう、く月ななしち日)
インサート蓝旗漢軍統
光緒二十四年八月日清
(1898年きゅう、く月28日)
授ける直隷総督
127
満州
光緒二十四年八月乙未
(1898年きゅう、く月29日)
理藩院尚書
光緒26年十二月壬戌
(1901年2月にじゅうさん日)
皮革
シリアルナンバー
氏名
出身
着任時
代前の職務
退任時間
退任原因

シリアルナンバー
氏名
出身
着任時
代前の職務
退任時間
退任原因
いち
郎球
満州
順治元年
(1644年)
順治六年七月丙子
(1649年はち月26日)に
兼が蓝旗満州統

卓羅
満州
順治六年九月戊辰
(1649年じゅう月じゅうななじゅうしち日)
刑部左士郎
順治七年三月癸酉
(1650年よんしよ月にじゅう日)
改左も御史
さん
阿ハニ堪
満州
順治七年三月癸酉
(1650年よんしよ月にじゅう日)
兵部尚書
順治八年十二月
(1652年)
亡くなった
よんしよ
陈泰
満州
順治九年正月辛巳
(1652年2月にじゅうななじゅうしち日)
起用
順治九年三月乙未
(1652年ご月いち日)
改はめ黄旗満州統

郎球
満州
順治九年三月乙未
(1652年ご月いち日)
元を授ける
順治12年五月乙巳
(1655年ろく月25日)
改戸部尚書
ろく
恩格徳
満州
順治12年五月丁未
(1655年ろく月27日)
礼部左士郎
順治15年十一月甲寅
(1658年じゅうに月じゅうご日)
皮革
ななしち
ひたす赫
満州
順治十五年十二月乙酉
(1659年いち月じゅうご日)
礼部右士郎
正月丁酉康熙元年
(1662年さん月じゅうに日)
連休
はち
祁徹白
満州
康熙元年二月庚戌
(1662年さん月25日)
礼部左士郎
康熙六年三月辛巳
(1667年さん月さんじゅう日)

きゅう、く
外庫
覚羅
康熙六年三月乙酉
(1667年よんしよ月さん日)
正紅旗満州副統
康熙七年
(1668年)
じゅう
た顔
満州
康熙七年六月癸未
(1668年ななしち月24日)
礼部左士郎
康熙八年九月乙未
(1669年きゅう、く月29日)

じゅういち
うん額徳
満州
康熙八年九月甲寅
(1669年じゅう月じゅうはち日)
工部尚書
康煕10年正月辛未
(1671年2月27日に)
病免
じゅうに
祁徹白
満州
康煕10年正月戊寅
(1671年さん月ろく日)
元を授ける
康煕10年十一月
(1671年)
連休
じゅうさん
ハウル哈斉
満州
康煕10年十一月壬申
(1671年じゅうに月25日)
軍を率いて
康熙16年三月壬寅
(1677年よんしよ月27日)
皮革
じゅうよん
吴达礼
満州
康熙16年三月デ卯
(1677年よんしよ月28日)
刑部尚書
康熙16年八月戊午
(1677年きゅう、く月じゅう日)
改吏部尚書
じゅうご
プラグ色が黒く
満州
康熙16年八月辛未
(1677年きゅう、く月23日)
兵部尚書
康熙は二十年二月丁亥
(118年さん月22日)
連休
じゅうろく
郭四海
満州
康熙は二十年二月己亥
(118年よんしよ月さん日)
兵部尚書
康熙は二十年
(118年)
改吏部尚書
じゅうななじゅうしち
帅颜保
満州
康熙は二十年十二月乙未
(1682年いち月24日)
工部尚書
康熙二十二年正月丁卯
(1683年2月ににじゅう日)
病免
じゅうはち
介の山
満州
康熙二十二年二月丁丑
(1683年さん月2日)に
吏部尚書
康熙乙巳十二月二十三年
(1685年にいち月じゅうはち日)
病免
じゅうく
杭艾
満州
康熙乙巳十二月二十三年
(1685年にいち月じゅうはち日)
戸部尚書
康熙二十四年四月戊戌
(1685年にご月じゅういち日)
皮革
にじゅう
哈が
満州
康熙二十四年四月辛醜
(1685年にご月じゅうよん日)
兵部尚書
康熙の二十五年
(1686年)
病免
21
諾敏
満州
康熙の二十五年九月庚寅
(1686年じゅう月25日)
刑部尚書
康熙26年正月乙巳
(1687年さん月きゅう、く日)
改正黄旗モンゴル統
22
伊桑阿
満州
康熙の26年二月辛亥
(1687年さん月じゅうご日)
兵部尚書
康熙二十七年二月甲寅
(1688年さん月じゅうに日)
遷文华殿大学士
23
麻爾図
満州
康熙二十七年二月丁巳
(1688年さん月じゅうご日)
戸部左士郎
康熙は二十八年五月乙巳
(1689年ろく月26日)に
改戸部尚書
24
顧八代
満州
康熙は二十八年五月乙巳
(1689年ろく月26日)に
士郎吏部
康熙32年九月己巳
(1693年じゅう月27日)
皮革
25
沙穆哈
満州
康熙32年十月甲戌
(1693年じゅういち月いち日)
工部尚書
康熙三十三年三月丁未
(1694年よんしよ月さん日)
皮革
32
穆和伦
満州
康熙四十八年四月甲辰
(1709年ご月じゅうに日)
左も御史
康熙四十九年九月辛酉
(1710年じゅういち月にじゅう日)
改戸部尚書
33
貝とノ
満州
康熙四十九年九月辛酉
(1710年じゅういち月にじゅう日)
雲貴総督
康煕五十年十月丙辰
(1711年じゅういち月じゅう日)
一級下げ転任
盛京工部士郎
34
嵩祝
満州
康煕五十年十月丁巳
(1711年じゅういち月じゅういち日)
統辦署理盛京将軍
康熙51年四月乙亥
(1712年ご月27日)
遷文华殿大学士
35
赫硕諮る
満州
康熙51年四月乙亥
(1712年ご月27日)
工部尚書
康煕五十五年の六月己丑
(1716年ななしち月じゅうく日)
皮革
43
なんじの図
満州
雍正二年閏四月庚子
(1724年ろく月じゅうはち日)
兵部士郎
雍正二年十月丙申
(1724年じゅうに月じゅういち日)
改刑部尚書
44
頼も
満州
雍正二年十二月辛卯
(1725年2月によんしよ日)
元を授ける
雍正五年八月癸巳
(1728年きゅう、く月24日)
連休
45
常寿
満州
雍正五年八月癸巳
(1728年きゅう、く月24日)
戸部左士郎
雍正九年四月乙卯
(1731年ご月28日)
亡くなった
46
三泰
満州
雍正九年三月乙酉
(1731年よんしよ月28日)
左も御史
乾隆帝が十年三月己丑
(1745年よんしよ月じゅうはち日)
連休
54

満州
乾隆三十四年十二月丙辰
(1770年いち月よんしよ日)
副将軍
乾隆三十五年八月戊寅
(1770年きゅう、く月23日)
皮革
55
永貴
満州
乾隆三十五年八月己卯
(1770年きゅう、く月24日)
左も御史
乾隆三十八年正月戊午
(1773年2月にじゅうく日)
戸部尚書辦署理
56

満州
乾隆三十八年正月戊午
(1773年2月にじゅうく日)
右副将軍
乾隆三十八年七月甲子園
(1773年はち月24日)
改戸部尚書
81
ねじと
満州
嘉庆二十二年七月丙辰
(1817年はち月26日)に
兵部尚書
嘉庆二十二年十一月乙醜
(1817年いち月2日)に
改兵部尚書
82
穆克登額
満州
嘉庆二十二年十一月乙醜
(1817年いち月2日)に
ここ总兵
嘉庆辛卯十二月二十三年
(1818年いち月23日)
改左も御史
83
松筠
モンゴル
嘉庆辛卯十二月二十三年
(1819年いち月23日)
正白旗漢軍統
嘉庆二十四年六月デ卯
(1819年はち月さん日)
改兵部尚書
84
崇禄
満州
嘉庆二十四年六月デ卯
(1819年はち月さん日)
兵部尚書
嘉庆九月二十四年戊子
(1819年じゅういち月じゅうろく日)
降礼部左士郎
85
穆克登額
満州
嘉庆九月二十四年戊子
(1819年じゅういち月じゅうろく日)
工部右士郎
嘉庆二十五年十月戊子
(1820年じゅういち月じゅう日)
改工部尚書
86
普恭
満州
嘉庆二十五年十月戊子
(1820年じゅういち月じゅう日)
左も御史
嘉庆二十五年十一月辛巳
(1821年いち月2日)に
江寧将軍
87
文孚
満州
光元年正月己未
(1821年2月にきゅう、く日)
左も御史
二年三月庚戌光
(2億4千年さん月27日)
改工部尚書
88
穆克登額
満州
二年三月庚戌光
(2億4千年さん月27日)
工部尚書
二年十一月辛巳光
(2億4千年じゅうに月23日)
降礼部左士郎
89
玉麟
満州
二年十一月乙酉光
(2億4千年じゅうに月27日)
左も御史
光の三年四月甲辰
(1823年ご月じゅうご日)
改兵部尚書
きゅうじゅう
穆克登額
満州
光の三年四月甲辰
(1823年ご月じゅうご日)
戸部左士郎
光が六年五月乙未
(1826年ろく月じゅうく日)
病免
91
松筠
モンゴル
光が六年五月乙未
(1826年ろく月じゅうく日)
左も御史
光九年六月甲戌
(1829年ななしち月じゅうに日)
改兵部尚書
92
傅启图
満州
光九年六月甲戌
(1829年ななしち月じゅうに日)
内大臣
光九年九月己酉
(1829年じゅう月じゅうご日)
皮革、降兵部右士郎
93
老人
宗室
光九年九月己酉
(1829年じゅう月じゅうご日)
戸部右士郎
光十四年七月丙子
(1834年はち月じゅうななじゅうしち日)
改工部尚書
94
リットル寅
満州
光十四年七月丙子
(1834年はち月じゅうななじゅうしち日)
左も御史
光の14年十一月壬申
(1834年じゅうに月じゅういち日)
亡くなった
95
颢;
宗室
光の14年十一月壬申
(1834年じゅうに月じゅういち日)
左も御史
光の14年十一月丙戌
(1834年じゅうに月25日)
兵部尚書
96
負荷铨
宗室
光の14年十一月丙戌
(1834年じゅうに月25日)
領の侍従内大臣
光丁卯六月十五年閏
(1835年はち月さん日)
改工部尚書
97
うん銘
満州
光丁卯六月十五年閏
(1835年はち月さん日)
左も御史
光16年七月壬寅
(1836年きゅう、く月いち日)
皮革
降授刑部左士郎
98
貴慶
満州
光16年七月壬寅
(1836年きゅう、く月いち日)
刑部左士郎
光十七年五月戊寅
(1837年ろく月よんしよ日)
病免
99
盛大な紀
宗室
光十七年五月戊寅
(1837年ろく月よんしよ日)
理藩院尚書
光十八年閏四月庚寅
(1838年ろく月じゅういち日)
改戸部尚書
ひゃく
割格
満州
光十八年閏四月庚寅
(1838年ろく月じゅういち日)
兵部尚書
光十八年八月丙戌
(1838年じゅう月ご日)
皮革
101
奎照
満州
光十八年八月己丑
(1838年じゅう月はち日)
左も御史
四月二十一年甲辰光
(1841年ろく月きゅう、く日)
病免
102
色グラム精額
満州
光の二十二年
(1842年)
二十二年五月己未光
(1842年ろく月じゅうく日)
亡くなった
103
うん桂
宗室
二十二年五月己未光
(1842年ろく月じゅうく日)
理藩院尚書
二十二年十月乙未光
(1842年じゅういち月22日)
改吏部尚書
104
麟魁
満州
光が二十三年四月丙子
(1843年ご月2日)に
左士郎吏部
二十四年二月庚戌光
(1844年さん月31日)
皮革
105
わざわざ額
満州
二十四年二月庚戌光
(1844年さん月31日)
左も御史
光の二十五年八月甲寅
(1845年きゅう、く月26日)に
改工部尚書
106
保昌
満州
光の二十五年八月甲寅
(1845年きゅう、く月26日)に
正蓝旗漢軍統
光は二十八年二月壬子
(1848年さん月じゅうに日)
改兵部尚書
107
麟魁
満州
光は二十八年二月壬子
(1848年さん月じゅうに日)
刑部左士郎
光は二十八年十二月乙醜
(1849年いち月じゅうく日)
皮革
108
成刚
宗室
光は二十八年十二月乙醜
(1849年いち月じゅうく日)
左も御史
光二十八年六月己丑
(1849年はち月じゅういち日)
亡くなった
109
恵豊
満州
光二十八年六月己丑
(1849年はち月じゅういち日)
熱河東統
咸豊元年八月戊辰
(1851年きゅう、く月きゅう、く日)
亡くなった
110
湘;
宗室
咸豊元年八月戊辰
(1851年きゅう、く月きゅう、く日)
成都将軍
咸豊三年九月丁未
(1853年じゅう月ななしち日)
病免
111
麟魁
満州
咸豊三年九月丁未
(1853年じゅう月ななしち日)
工部尚書
咸豊五年十一月己卯
(1855年じゅうに月28日)
改刑部尚書
112
瑞麟
満州
咸豊五年十一月己卯
(1855年じゅうに月28日)
西安の将軍
咸豊8年九月壬午
(1858年じゅう月じゅうろく日)
改戸部尚書
113
肃顺
宗室
咸豊8年九月壬午
(1858年じゅう月じゅうろく日)
理藩院尚書
咸豊8年十二月庚午
(1859年2月にいち日)
改戸部尚書
114
麟魁
満州
咸豊8年十二月庚午
(1859年2月にいち日)
刑部尚書
咸豊十年五月丁酉
(1860年ろく月22日)
降級の転任
刑部右士郎
115
綿の森
宗室
咸豊十年五月丁酉
(1860年ろく月22日)
左も御史
咸豊十年六月乙亥
(1860年ななしち月さんじゅう日)
改工部尚書
122
奎润
宗室
光緒の13年二月戊子
(1887年さん月よんしよ日)
左も御史
光緒16年二月庚辰
1890年2月28日に)
亡くなった
123
クイーンズランド州の岡
宗室
光緒16年二月庚辰
1890年2月28日に)
工部尚書
光緒二十二年四月戊子
(1896年ろく月よんしよ日)
移動体仁閣大学士
124
懐タルブ
満州
光緒二十二年四月庚寅
(1896年ろく月ろく日)
工部尚書
光緒二十四年七月庚午
(1898年きゅう、く月よんしよ日)
皮革
光緒二十四年七月庚午
(1898年きゅう、く月さん日)
光緒二十四年七月癸酉
(1898年きゅう、く月21日)
126
裕禄
満州
光緒二十四年七月癸酉
(1898年きゅう、く月ななしち日)
インサート蓝旗漢軍統
光緒二十四年八月日清
(1898年きゅう、く月28日)
授ける直隷総督
127
启秀
満州
光緒二十四年八月乙未
(1898年きゅう、く月29日)
理藩院尚書
光緒26年十二月壬戌
(1901年2月にじゅうさん日)
皮革
シリアルナンバー
氏名
出身
着任時
代前の職務
退任時間
退任原因