軍国主義

軍国主義(Militarism)あがめ、つまり、武力と軍事拡張を矢鱈に暴力をふるう侵略の拡張として立国の本で、国が完全に置く軍事コントロールの下に、政治、経済、文化などの各方面はすべてのサービスは軍備拡張及び対外戦争の思想と政治制度。
軍国主義
軍国主義に殘酷性と反動的で、かつて人類に多大な災難。その基本的な理論は平和への否定を堅持し、戦争は避けられない、さらには戦争そのものはすばらしいと説明する。軍国主義の行為の体現をある国の政治、経済と社会生活の各方面での軍事化や対外侵略の拡張、奉行の政策。軍国主義国家で、戦争になる国の主な目的。国家の生存と発展は主要に対外略奪や拡張。近代の表現を主に第二次世界大戦時のナチス・ドイツ日本帝国

軍国主義語源

中国語の「軍国主義」という言葉があるから日本語の漢字「軍国主義(どうぐんとこいくしゅかんなぎ)」は、中国人はよくそれをや第二次世界大戦中の日本思想に繋がる国策。しかし軍国主義の実踐は日本の歴史上、多くの軍事力の強い国や政権も、軍事優先の政策、プロイセン王国ソビエト連邦アメリカ、、、イギリス帝国などは、軍国主義の元素。その中はプロイセン最も、みんな知ってプロイセンは軍隊を持つ国ではなく、国家の軍隊を持つ。プロイセン宰相ビスマルクの鉄血政策も軍国主義の描写。日本の軍国主義Militarismus言葉から、本は、自由主義者や社会主義者などの批判がフランス第二帝国とドイツ帝国生まれたの。

軍国主義代表的な政権

ドイツ帝国ナチス・ドイツ日本帝国イタリア帝国、プロイセンドイツ騎士団サクソン王朝霍亨斯陶芬王朝時期の神聖ローマ帝国モンゴル帝国スパルタアッシリアロシア・ツァーリ国、ソビエト連邦、イラン、、入国前の清朝朝鮮民主主義人民共和国、漢武帝の時代の中国(漢)

軍国主義歴史淵源

以上の各国の軍国主義が形式と縁由で大きな違いは、同項プロイセンを例に。
プロイセン小から大は、弱いから強い、軍国主義政策を推進する。選挙帝侯腓特烈・ウィリアム即位したのは三十年戦争ブランデンブルク州されるスウェーデン軍に占領して。彼は体験軍を立国の本で、だから彼の決定をスウェーデンに勉強して、1本の常備軍。1653年、彼とユンケル貴族許可合意:ユンケル農民警察権の行使と裁判権;ユンケルは同意选帝侯「軍事税を徴収するため、常備軍創設。この協議の中で、选帝侯も同意しユンケル担当常備軍の将校。それ以来、ユンケルと結成プロイセン軍のこと。から腓特烈・ウィリアム以来、プロイセン国になる機強大な軍事機器。腓特烈まで・ウィリアム1世在位時期、プロイセン軍の数はほぼ倍増し、85460人に当たる全国住民の4%。全ヨーロッパで、プロイセン人口で第じゅうさん位を占めるが、その軍の数は第よんしよ位を占め、国家財政収入のさん/よんしよでは軍事上。軍隊の中で実行盲目服従、ユンケル出身の将校は勝手に鞭打つ士卒、一部の兵士は、虐待に堪えない将校の自殺。普段甚严軍紀が、時には、将校は放任兵士を焼き殺す略奪。
プロイセンの軍国主義は、ユンケル階級と結びついて。ユンケル階級を積極的にサポートする軍国主義政策のため、この政策に多くの利益:第一に、軍国主義の侵略の拡張を実行すると、彼らは新たな産。第二に、国家領士の拡大につれて、行政管理機構も拡充して、これはユンケルの子弟のより多くの機会を提供して役人になる。第三、軍事力を強化し、それなりに増えた将校の数はそれによってユンケルの子弟に提供している以上の将校職。
ユンケル階級の豊かな経済力、彼らの経済力は既に農奴制度上の。ドイツの「農奴制第2版」プロイセン表現で最も傑出している。じゅうろく世紀からじゅうななじゅうしち世紀前半、プロイセン、特にエルベ川東地区の農民は農・畜産化。彼らは完全に縛られる土地に迫られ、そして地主に提供する労働地代やアンダー借り。農奴毎週領主の土地に労働よんしよ~ろく日。1710年官僚は報告の中で、「地代、役務、租税、駐屯してと貢賦などでよくが増えて、人民は続きにくい;農奴ずっととても貧しいそれにますます貧しくて、例によって例の如し、最後に彼ら癩者の瘡恨み逃げるしかない……」
プロイセンの官僚システムも軍の力で築いた。本来プロイセン一部地域の徴税権を各領地のレベルの会議の手で、しかし腓特烈、ウィリアムは武力で課税。彼は武力による威嚇に軍隊を派遣し、強制的に克列夫茲とマルクを受けた新しい税。そして、彼がこの新しい税に事実上の永久性の税収を剥奪して、それによってレベル会議の最も主要な職権――徴税権。最後に、各地で税金は主に軍支出は、税収の事務を渡して軍を行くするため、軍事本部、次の軍事財務、各地に派遣士官を担当し、課税。これらの将校で軍事命令の方式での仕事は、すぐに仕事の範囲を拡大して全体の経済の分野で、各地の既存の行政機構を排除し、各領地を含むレベル会議や町自治当局。軍事本部を通じて、腓特烈・ウィリアムつくった統一の官僚行政システム、このシステムの魂は軍。彼は1723年設立直属の国王の「財政、軍事王室と領地最高総の管理所の管理国」としての最高行政機構。こちら「軍曹国王と管理方法で軍管理国は、専制君主が一番知って彼の人民は何が必要。彼は言った:"私は主君のため、だからしかし我がものの顔に振舞う。」彼の統治下に発展プロイセン高度集権の専制国家、兵営式の規律と社会生活の身分制度が支配。いわゆる「プロイセン精神」このは完全に成形し、その公式は独断の主義に軍国主義。
1740年腓特烈二世即位して、彼にじゅう長年の剛腕統制下にあって、かつてのななしち普軍の数万人に急増しにじゅう万を占め、全国の人口の9 . 4%、軍事費を毎年行ってすべて花政府予算のよんしよ/ご。当時のプロイセン面積はヨーロッパだけは第10位、人口は第十三位だが、その軍は列の全欧第四の位置。しかもこの数字は腓特烈二世の後継者ウィリアム二世そこは23 . 5万人に増えました。かつてある人はこのように説明プロイセンの軍国主義:「他の国にとっては、国家を持つ軍;プロイセンには軍隊を持つ国。」
プロイセン軍国主義の性質はこんなに鮮明で、それに貢献した後に直接の好戦性ビスマルク鉄血政策」が導入された、さらにとなった二次世界大戦原因。

軍国主義特徴

について第二次世界大戦前後の表現:
実行軍部独裁と侵略の拡張の思想と政策を全国支配、
国内の鎮圧反戦革命運動、宣伝極端な民族主義ショービニスム
対外的にはみだりに武力を用いることで、国土の拡張を行う、
経済は軍事力の発展を目標にし、政府の補助金を動かして軍需、重工業の急速な発展を戦争実利再軍備拡張、
人民が要求される国に無私な献上、私権、人権、言論の自由抑圧されて、
政治に集権制を実行して、議会や司法機関有効均衡」できない政府、
内閣の要職を務め、軍人、
教育は軍事訓練、仇のほか主義、自己の民族としての教材から優越しましょう、
人民の日常生活を常に受けている軍事上の选手との干渉、建築と公共施設を広く要塞化、
普遍的行徴兵制、役期間が長くなり、軍籍男女問わずなど登録、必要に達していない兵役適齢の少年に徴収軍作戦や任務、
軍人の貢献を、尊崇の軍人の社会的地位も、歴史、考古学、宗教、文学、芸術などの方面の軍人と戦争を美化して、
外交の多くは軍事優位いじめ近隣地区、実利を図ると国際的地位、
政府吹聴する侵略略奪後の利益を奮い立たせる人民戦争への情熱を確保するため、民意の支持は戦争。

軍国主義区別?ミリタリズム

軍国主義と「武断主義」にも対応している英語言葉「Militarism日本語語彙」や「軍国主義(どうぐんとこいくしゅかんなぎ)」が、中国のユーザーは2言葉の違いと理解可能に、以下の何種類の異なった見方:
軍国主義と武断主義は「合同」をコンセプトに、混用。
軍国主義は武断主義の極端な形で。
軍国主義は武断主義は、特定の国(例えばがちに日本帝国)。
日本の軍国主義日本の軍国主義