林散之

林散之(1898.11.20-1989.12.6)、名霖霖、別名の字で、散る、三痴、左耳号・江に老人などが生まれ、江蘇南京市江浦県(今南京市浦口区)、原籍安徽省県烏江町七つの松の村で、詩人、書画家、尤無断草書。1972年日中書道交流の選抜に一里一跳ね、その書道作品『中日友好の詩』と呼ばれて「林散之第草書」。赵朴初启功などによると、本、絵の詩「当代ofRuin」と呼ばれて「草圣」林散之草書、と呼ばれる「林体」。
林散之
林散之は「しいな者の先走り」の典型的な、それだけに大名も出が遅く、数十年寒燈を苦学、その本のガス、韻、イタリア、趣がデザインさせ、抜群の高い境界、現代中国の書道事業に貢献して、まさに「功莫大焉」。
林散之書道の代表作は『許瑶诗论怀素草書』『自作诗论書1首の歌」「李白草書行」など。