唐の三蔵聖教序

『大唐三蔵聖教序」、略して『聖教序」は唐の太宗執筆。最初は唐初四大書家の一つ褚遂良に本と呼ばれる、「雁塔聖教序』から僧侶懐仁から王羲之書道中集字、刻制割碑文と《唐集右军聖教序を記』や『懐仁集王羲之書聖教序」で初七仏像を刻んだ碑横、別名の「七仏聖教序。集王聖教序立つ石碑唐咸亨三年(六七二)、碑通高校3年生50、幅一零八28センチ、厚さ。碑文の三行行八十三八十八字まで待たない。
唐の三蔵聖教序

唐の三蔵聖教序作者簡介

   
   

王羲之(西暦303~361年)、字逸が少なく、会稽山陰(今浙江省紹興市)。暦官江州の刺史、右军将軍、会稽内史。ある「書聖」と呼ばれる。
王羲之書道、初心者卫夫人後、渡江北遊名山、相前後して見るこの曹喜鍾繇梁鹄蔡邕本の跡などとして、改本師、草書師张芝、本当に書道鍾繇、その妙、そして増減古法、変わる汉魏地味書風をつくって妍美流が今体、于真、行、草三体が高い業績。先に梁の武帝にその本の雲:“羲之書字勢雄逸、竜が如く踊り天門、虎臥鳳あやまりので、歴代の宝のだと思って、永訓。」また唐の太宗李世民の雲:「详察古今、研精篆書素、善を尽くし美を尽くす、その惟王逸少なくない!その時曳の工、切っ煙霞露の妙を結んで、形も切れでさえも、凤翥龙蟠勢いで、斜めからのように、思わず遊びを疲れて、展覧の莫識その端、心摹手追、この人だけで、殘りわずかなど、何足論哉。」帝王の好感が提唱し、群臣の追随し、更にその「気概は平和、激すごい風は遠くない規則」の道に媚ナナリーの本ばかり風、確かに敬い慕う後世、千百年以来と仰がれる「書聖」、書道界の規準として守る、自在道理。

唐の三蔵聖教序作品簡介

この碑を弘福寺僧侶懐仁集晋右将軍王羲之書、唐居酒屋3年(西暦672)年十二月八日都法を確立する!。文園郎諸葛力石に字を刻む、武騎尉朱静蔵字を彫る。行書、三行行八十三八十八字まで待たない。額刻七仏像。陝西省西安碑元弘福寺、移動後西安碑林。集王聖教序記、比較的に雁塔褚遂良確本夜十九年、文王答勅、皇太子箋答、また般若波羅蜜多心経。懐仁集王羲之の本、暦25年は割。
『聖教序」は集字碑の字になって、しかも欠如を切り替えを組み合わせて。が、懐仁できる精のみ、また置かぬ棚をも探せが、最善を尽くすとその勢いは、完全に再現した王羲之書の芸術の特徴は、明人王世贞とにとっては、「備え八法の妙を尽くす」、王になる字の一大宝庫。この碑に宋から中断、伝世未切れ宋拓本を佳、字が少し肥筆鋒を転で瑩糸見える。
筆力雄勁である王羲之筆法入神、行間に溢れて、「端正雑流麗、質実剛健を含む婉然」の趣は、確かに難しい学の本者後世の境界。私たちは臨習このスレ、先には読み返す帖の過程の中で理解すること王字のおきて、本文の際、鍛えなければならない筆の時間があって、骨力に味わえるその「峻骨」、「峻整」は、特に細参唐模写『蘭亭」、すなわちて筆が筋肉、骨、血、脈、肉、その点描出入りの跡に合わなければ筆勢、筆で生の字形、つまり、筆の勢いに着目し意态取り、点描、部首や構造部品占領の空間に位置し、次々に字を臨像、臨熟、書き出して王字清朗が人並みすぐれている、穏やか飄逸な風神来。また、分からなければならない、王羲之の成功は、一方では彼は書道の技法の把握、運用は精熟「善を尽くし美を尽くす」ほど、一方、彼は常に山林や恬淡教養の性質、彼を振る運の際にはない、法度宥或いは追求の書道天趣過程の中で、その技法の束縛を受けない法度。この一般的な学の本者にとって、意味が啓発。したがって、我々に研鑽、学習王字技法の際、じっと社会主義リラックスする心理状態は非常に重要な。どうように把握二者の間の「度」も、私たちが勉強の過程の中で、須視自分自身のことを解決した。
次に、「若切れまで、例えば斜どうせ」、かつ変化の章で構成されても、王羲之の書道の重要な特徴。集字で「聖教序」は、その構成布勢は相当の調節が、結局で一気に書き上げたので、ちょっと殘念ないくつかの、つまり字の勢い一貫して足りないで、いいガス不足。これに対して、私達は気を上下筆勢た一貫し、参考《蘭亭序』、『丧乱帖』、『快雪晴帖」などの王字法帖、中から感性、体得王书谋篇レイアウトの妙に、自然がのぞき王字の真の意味、ひいては王字の全体的なスタイルの把握。

唐の三蔵聖教序図書の情報

作者:江吟、許奔流訳
出版社:西冷印社出版
ISBN:80735361
出版時間:2007-05-01
版度:いち
ページ数:188
装丁:ハードカバー
本:はち開開
所属分類:図書>芸術鑑賞コレクション」

唐の三蔵聖教序原文

蓋をかぐ:二儀まるで、顕覆負荷を含む生、4時無形、暗黙の寒暑を化物。は、日に覗いて鑑、庸愚の識その端;明陰洞陽、ヒョンチョルハンコックに貧しいそれは数。
しかし、天地陰陽苞に易識者は、そのようなことがあっても;陰陽カ所に天地で難しい貧しい者も、その無形。旧知のように、顕は徴は、愚不惑;形潜莫睹るファン、智。状況には、仏道崇虚で、幽控寂、弘済万品御十側、典。威力で無上を抑える力で無下;大之は弥は宇宙、細いのは撮影して毫厘。無滅無生、暦千劫で古;若隐若显、運百福でチャングム。妙道凝玄、その際のための莫知;法流湛寂汲むのよう、その源。旧知、うごめくさま凡愚、取るに足らない庸小投げて、その趣で、克哉疑惑者なし!
しかし、大教の興、基に西土あけて、汉庭皎夢に照らして、東流し慈域。昔者、フラクタル分跡の時、言未馳で化、ときによく現常の世、民仰いで守られ徳のお知らせ。やな、暗い影归真、遷儀ほど世。金容マスクの色、鏡三千の光、ナナリーのように開端. 48図、空の相。そこで、言論がされ、救う含類は三塗り;遺訓あちこち宣導群10に生まれ。しかし、本当に難しいことができて仰いでは、その目的は、曲学易遵、邪はわりとする。だから、空がの論ではなく、や習俗非;サイズの乗って、急に沿って時に隆替。
が玄弉法師者の指導者、法門。幼懐貞敏、早く悟三空心;長い契表情、先に苞四忍の行。松の風水の月それよりは清華大学、未足、仙露明珠が、どこに方其朗潤。したがって、取得、無疲れて、神測未形、超六塵では、大昔にだけではない。凝心内の境で、悲しい死刑の陵迟;栖慮玄門、激怒する深文の讹谬。思欲、分条析理が、彼の前に聞く;截偽続本当に後、開茲。は、アリスの心へ旅行に行けず、西域;5遠邁、杖策孤徴。積雪晨飛び、途閑失地;驚砂夕から、空を好きの日。万裏の山川、電話もやに影で、百重、寒暖蹑霜雨前行方。誠重労を軽く、深い願い達;週遊西宇が、十七年。貧乏暦道邦を求めて、尋ねて正教双林水;8、味の食事風;鹿苑鹫峰、瞻奇仰いで異。承至言は先圣されて、本当に于上贤、探赜妙門、精貧乏奥業。一乗五言律詩の道、心に駆け回る、八蔵三とつづらの文、波は口の海。
そこで自分に暦の国、総は三蔵要文、凡そ六百五十七部、訳布中夏、宣揚勝業。慈云は取引西極注法、雨は東大垂;聖教欠けて複全、蒼生罪では福。濡れた火宅の干焔を抜いて、共迷路、朗愛水のたそがれ波、同臻彼岸。知的でぶら下がって、悪業、善縁リットルで;リットル撃墜の端、惟人に頼まれ。ひゆ夫、桂生高嶺云露方て、泫その華;蓮びっしょり出波、埃汚れないその葉、非蓮的自己洗浄で桂質本貞、良は、添付の者よりは、マイクロ物ばかりで疲れない;者は濁類をつけない。夫は草木無知、猶係善で成善;況には人倫有識、慶で縁を求めて慶。方冀、茲に経流施設、日月で無限;斯福あちこち当てる、と乾坤でダイヤモンドダイニング。
朕が谢珪璋。言葉博达慙悔する、などと内典、尤が未閑。昨日制序文、深く小拙。恐れて、穢翰墨は金ジェーン;標瓦礫于珠林。突然て来書、誤り承受章賛;循おじぎ省慮。弥蓋厚顔、善不足によると、空労のお礼。皇帝がポルノ三蔵聖記のように。
夫!表彰する正教、非智で広い其の文。崇する言論、非賢はそのものがきっと。蓋真如聖教者、諸法の玄宗の軌足跡も、衆経。综括大、奥旨の遠い空が深い、非常の精微、体生滅の機密。詞茂道怠けて、尋の者はその源;文显义幽、その際の者のように。旧知、聖慈れ。業無善を臻;妙化につけて、縁があって悪を断つ。開法網の綱紀、弘6度の正教;救う群の塗炭、啓は三蔵の秘扉。は、名は無翼で长飞、道無根で永固。道セレブ慶暦と古代で町へと身を経て、よく;塵劫で不朽。明けの鐘夕ヴァン、交二音は鹫峰;慧日法に流れ、転二輪は鹿菀;あけ天蓋で飛んで、次の翔云共;庄野春林、天井で合彩。
伏惟皇帝陛下
に玄係福、垂拱而治八荒;徳されて貴州の黎、敛衽朝万国。恩に加えて朽ちる骨、石室帰貝叶之文;沢、昆虫、梵金匮流の機械の潤滑。
と使、阿耨は水、通神旬の8川;耆阇堀山、次の嵩華の翠嶺。わたくしは、徳凝寂性、麋帰服するを通じない;智幽玄感で、懇誠と顕。だけと重たそがれの夜、蝋燭慧トーチの光;火宅の朝、降法雨の沢。
そこで、百川異流、同会は海、万区分義、総割には実。だけと武校その優劣スープ!それより聖徳者哉など!
玄弉法師者、夙懐聡令、誌夷ジェーン、神清龆龀の年、体を抜いてはでの世。凝エーゲ室、姿をくらます幽岩、生息する三十に禪、巡り。超六塵の境、独歩儲維;一乗の目的、ランダム化物。中華の無質、尋インドの真の文。远涉ガンジス川、終瞭文字、週波数登雪嶺、より獲半珠。問道り、十七年;準備通仏経、利物を心。
はZhenguan 19年九月六日、奉勅于弘福寺、翻訳聖教要文、凡そ六百五十七部。海の取引法に流れ、歓迎する労を尽くす;伝智燈の長い炎、皎暗いで恒明。自非久植勝縁、なぜ表彰する斯の主旨!いわゆる、法相常住、斉三光作戦等奪いつくすの明;私は皇福臻、同二儀の固。
伏見御制衆経論序、写真古腾今。かに含まれ、金石の声;文、抱き風雲之潤。治辄塵を軽く足岳、落ち露を流して、略を大綱と斯記。
治素無が大好きで、性がない。内典诸文、実は未観覧;作論序、小拙尤繁。突然会い来書、ほめよう自省賛;おじぎを撫で、交際を恥じる恐れる。劳师など遠臻、甚だ恥じる。
貞観廿二年八月三日。

唐の三蔵聖教序拓本図会

清崇恩秘蔵墨皇本、ほとんどどのページも跋文。帖後さんじゅうページ崇恩跋文と何绍基跋文よんしよページに明らかである崇恩この『聖教序》の大事。同蔵本現蔵天津博物館、元拓本の風貌を殘した。
懐仁和尚を『集王羲之聖教序』(墨皇本)、第二ページから、拓本側に書いて多くのすきまのあとがき。これは誰が書いたのですか。内容は何ですか?
经查、作者は崇恩。崇恩奉職于清光、咸年間、相前後して任山東巡撫、内閣学士など、道、しょっぱい朝重臣。彼は官から二品で、政治の上では多くない活躍、書道文化財は極に興味がある。工書道、収蔵旧拓拓本極めて。清朝末期に有名な書家、コレクター、目利き。崇恩でのコレクションでは、得意のは懐仁『集王羲之聖教序》の宋拓本、彼は7種類の多さに。崇恩「墨皇本」が最も大切にさすって、長年、跋文だらけ。彼は在任山東巡撫時、座って免れ驻藏補佐すること、授大臣。チベットへ勤めた時、この冊持ち歩いて、道は山西省、陝西省、四川省の役人が、受付を借りて観この宋拓模写。彼は沿道の見聞を記録し、も帖後の跋文に。
崇恩『聖教序』(墨皇本)で書いたあとがきではなく、「墨皇本」を評価して、しかもこの宋拓芸術の特徴も正確に評価し、私たちは初心者の認識と把握「聖教序」「墨皇本」の助けになる。では、崇恩のあとがき一体にどんなことを書いたのですか?
第一に、『聖教序』(墨皇本)を高く評価。あとがきまくら第一声:天下法帖表札を第一に、吾の家宋拓書第一。意味は天下の書道名碑で、懐仁『集王羲之聖教序》の碑を第一に、「聖教序》の歴代模写が多くて、私の持っている宋拓本「墨皇本」を第一に。懐仁『集王羲之聖教序》の碑は、いわば筆筆と似て、字の字形の肖、数2が送ることがなくて、歴代書家が大切にしても、王羲之の真筆と多い頼それ伝。清朝杨宾謂唐集王书者は18社、懐仁『聖教』を第一。『聖教序》の宋拓本諸説がある、光は崇恩一人収蔵七種類の多さに。経その鑑別「墨皇本」を第一に、「山の堂本」第二に、「宝严本」第三。だから彼は「墨皇本」が最も大切。
第二に、「墨皇本」の妙で腴润全。彼は、もっと素晴らしい中越古厚ほど、生き生きとして中越ばか論。「墨皇本」を見に行って思わずその肥料で、彼はそれよりも肥宋版です拓者。これからもその足の宝。彼の説明にはさらに、「集書家難しいし、そして高い腴润石刻者。」碑版から槌拓は長くて、書画やせて細くて、日鹿形枯れ、筆意神採存者ですか?
第三、『聖教序」から右军ペン、字の右军から、しかも無策が整然としているように、一から右军。彼の批判の病者とその「構造無别体、偏多仮借」は「カバー集本不得不尔」、此语一見をはだけ懐仁曲、実は未識良工苦心。彼は問い返して、『聖教序」全碑1筆の一画はーのフレーズの者は、波のない一桀類者は?後代の人の集書は無の字が、ついでに造し、全は相類。だから彼はこの冊真は「無上神品無上の至宝。」「右军真筆だけ.この碑」、書道を百代模範聖教。
第四、臨『聖教序」に注意しなければならないその筆の方を見る。彼から、一般に「蘭亭序学行書』、『聖教序」を宗学真書に唐虞世南が本『孔子廟堂碑』と唐歐陽詢書『九成宮醴泉銘』を宗と。「序」はその聖教筆の側は、「醴泉銘』はその筆の丸い。いわゆる側と円は、神を追跡、ガスない力。彼は尊重明人孙月峰評価:この碑点描全て鳥にぶら下がってびっくり石、筆筆全部蘊蔵筋鉄。鳥驚石撃墜、蔵筋ゆん鉄は、筆の方が望ましい注釈。たとえば第4ページの「仏道」の二文字は、彼の評価が筆二画石筋、市賈これ本当にがんさくの熱弁。

唐の三蔵聖教序別に相談する

集字で「聖教序」もばかりではない羲之が本。
封建的な通り、古人は極重視で先祖の名で、その祖「王正」、「王旷」、「王恂」などで「正」の字を書いて、「正月」を「初月」など。
『聖教序」を羲之所と本が、「が」、「普通」という字から。これらの字はきっぱりは王羲之の書いた。