枢軸国

枢軸国(Axis)とは、第二次世界大戦中に結成されたファシズム国リーグ、指導者はナチス・ドイツイタリア王国日本帝国及び彼らと協力のいくつか国家と占領。名称源は1936年じゅういち月いち日イタリアファシズム独裁者ムッソリーニナチス・ドイツ達成協調外交政策の同盟条約後まもなく評価の一回の演説:「ベルリンローマ垂直線は壁ではなく、枢軸」でベルリンローマ同じ経度線で、だから、後代のをファシズム同盟を「軸」で、参加国は「枢軸国」。
枢軸国

枢軸国来源

1936年じゅう月25日、ドイツイタリア達成協調外交政
枢軸国歩兵枢軸国歩兵
対策の同盟条約確立ベルリンローマ枢軸。1939年ご月22日、両国は契約に調印した『德意同盟条約』(と呼ばれる「鉄鋼条約)。これまで日本もう1936年じゅういち月25日同ドイツ署名反共産国際協定イタリア1937年じゅういち月ろく日加入)。

枢軸国署名の背景

1940年きゅう、く月27日、ドイツイタリア日本三国の外交代表はベルリン署名『德意日三国同盟条約』(三国の公約)で、成立ベルリンローマ東京軸を中心とした軍事グループ。この軍事グループのメンバーは「枢軸国」。1945年ご月はち日ドイツ降伏後、日本はご月25日三国条約廃止が発表。同じ年はち月じゅうご日日本同盟国降伏、枢軸国グループであっ。

枢軸国メンバー

枢軸国枢軸国

ドイツ
1940年きゅう、く月27日にご加入1945年月はち日投降(国家元首:ヒトラー
イタリア
1940年きゅう、く月27日加入1943年きゅう、く月はち日投降(後の成立イタリア社会共和国は1943年きゅう、く月23日に、1945年よんしよ月25日降伏)(国家元首:ムッソリーニ
日本
1940年きゅう、く月27日加入1945年はち月じゅうご日投降(国家元首:昭和天皇

枢軸国従属国

ハンガリー
1940年じゅういち月にじゅう日加入1944年じゅう月じゅうろく日終瞭(国家元首:ホール蔕
ルーマニア
1940年じゅういち月23日に1944年はち月23日終瞭(国家元首:米哈伊一世
スロバキア
1940年じゅういち月24日に傀儡政権
ブルガリア
1941年さん月いち日加入1944年きゅう、く月ご日終瞭(国家元首:ボリス三世
ユーゴスラビア
1941年さん月25日加入1941年さん月27日終瞭(クーデター後に分割されて占領)
クロアチア
1941年ろく月じゅうご日に乌斯塔砂傀儡政権
枢軸国メンバーと反共産国際協定の国のメンバーを区別する必要がある。枢軸国として設立のマークが三国公約は軍事同盟条約の性質;反共産国際協定は、共産主義の思想の政治の協力条約は、そのメンバーの第三国または攻撃され攻撃、第三国の時、反共産国際協定のほかのメンバー国に宣戦する必要はない。法律の意味で枢軸国メンバーしか含まれて上記のG8(ユーゴスラビア加えて2日後に脱退)。しかし歴史は通常、反コミンテルン協定国のメンバーもあり枢軸国メンバー、実際にこれらの国には入れない三国の公約

枢軸国傀儡政権

いち、偽満州国(反共産国際協定にメンバー)
に、蒙古聯合自治政府(反共産国際協定にメンバー)
さん、汪精衛偽国民政府(反共産国際協定にメンバー)
よんしよ、冀東防共自治政府(反共産国際協定にメンバー)
ご、スロバキア独立国(反共産国際協定にメンバー)
ろく、クロアチア独立国(反共産国際協定にメンバー)
ななしち、セルビア救国政府
はち、イタリア社会共和国
きゅう、く、自由インド仮政府
じゅう、ビルマ国(プラーモート政権
じゅういち、フィリピン第二共和国(ローレル政権
じゅうに、モンテネグロ王国

枢軸国協力国

いち、フィンランド(反共産国際協定にメンバー)
に、スペイン(反共産国際協定にメンバー)
さん、タイ(反共産国際協定にメンバー)
よんしよ、ビシーフランス

枢軸国占領

いち、フランス
に、デンマーク(反共
枢軸国反戦車手榴弾枢軸国反戦車手榴弾
産国際協定にメンバー)
さん、ノルウェー
よんしよ、オランダ
ご、ベルギー
ろく、ルクセンブルク
ななしち、アルバニア
はち、ギリシャ
きゅう、く、チェコスロバキア
じゅう、ポーランド
じゅういち、エストニア
じゅうに、ラトビア
じゅうさん、リトアニア
じゅうよん、ユーゴスラビア
じゅうご、中国東北華北東南沿海部地域
じゅうろく、ソビエト連邦(1922~1991)一部地域
じゅうななじゅうしち、北朝鮮
じゅうはち、ミャンマー
枢軸国枢軸国
じゅうく、フランス領インドシナ
にじゅう、シンガポール
21、マラヤ
22、オランダ領東インド
23、東ティモール
24、ニューギニア島
25、フィリピン
26、太平洋上のたくさんの島
27、モロッコ
28、アルジェリア
29、チュニジア
さんじゅう、リビア
31、エチオピア
32、イタリア領ソマリア

枢軸国原因

1度の世界的な経済危機(資本主義世界)の侵略の拡張野心が一緻。イタリア、ドイツ、日三国同じファシスト国家も、積極的に対外侵略の拡張。それぞれの野望の実現のために侵略し、当時の社会主義国の矛先を向けるソビエト連邦抵抗国際共産主義運動の発展は、世界制覇。にじゅう世紀さんじゅう年代後期、イタリア、ドイツ、日3ファシズム国家相互ぐるになって、結成した侵略的な軍事政治グループ。このグループと呼ばれる「ベルリン――ローマ――東京枢軸」、「枢軸国グループ。

枢軸国戦争の源

第二次世界大戦分けるヨーロッパアジア二大策源地。でヨーロッパ戦争の原因遡るにじゅう世紀初めの第一次世界大戦戦の結果とファシズムドイツの台頭の密接に関係をドイツ第二次世界大戦の主な策源地。で極東日本軍国主義化によって、日本向かう侵略他国を達成するための拡大大和の民族生存空間の帰り道。

枢軸国ドイツ

ドイツ
枢軸国枢軸国
にあるヨーロッパ中部の後発資本主義国。じゅうく世紀中期、プロイセン王国発起した統一ドイツ戦争は、1871年に、プロイセン統一全体のドイツを作ったドイツ帝国。ドイツ帝国の工業化の発展速度を超えた同期の主要な工業国、世界の最も主要な工業国の一つ。にじゅう世紀初期に、ドイツは老輩資本主義国イギリスとフランス中心の世界秩序構築とますます不満を得るには、多くの植民地。ドイツ、ハンガリー帝国イタリアと結成した同盟国グループでイギリスフランス東欧ロシアは構成しました協商国グループは、1914年、第一次世界大戦が勃発。
一戦で、同盟国のグループの協商国グループを倒す。1918年じゅういち月、戦争が終わると、ドイツ皇帝ウィリアム二世退位1919年ろく月28日、『ドイツ署名ヴェルサイユ講和条約』を認め、敗戦。1919年ななしち月31日、国民議会ドイツ南部の町ヴァイマルドイツ民族劇場を通じて、憲法を新しい共和国であるヴァイマル共和政成立。フランス曾在1870年のため法知識の普及戦争中の痛手を受けプロイセンため、戦いが終わった後、フランス希望はドイツ経済報復を弱体化し、最終的にこの強大な隣国。「ヴェルサイユ条約》を発動した戦争の責任に押し付けるドイツが深まり、ドイツ実行条件の厳しい経済と軍事制裁、ドイツ13%を失った国土
枢軸国枢軸国
と12%の人口、ドイツ武装解除され、ドイツ軍じゅう万人以下に抑えられ。ドイツは戦で最後に敗戦が、ドイツの元気を受けていなかったことを、工業体係は保存は完備して、しかもドイツ本土を受けていなかった戦火の波及し、さらに「ヴェルサイユ和約」しか考え過ぎの戦勝国の利益の分配のではなく、自分自身の利益を考える慮敗戦国に加え、条約空前の厳しい性と略奪本質的なドイツ国民に押し付けて彼らの「ヴェルサイユ講和条約」はきわめて強い抵抗と抵抗感が強いドイツ一般民衆の民族主義感情の復讐。傲慢なドイツ民族抜け出すために『ヴェルサイユ講和条約』の桎梏、各派の政治勢力や各種政治思想ドイツボタンで、特に激烈で、これを一度になるドイツ新しい大戦策源地条件を創造しました。
束の間の平穏期を経験した後、外は排除できない外国の侮り、内解決できない内の災いのヴァイマル共和政1929年の世界的な金融危機の中で重傷を負わせられ、このもろくて弱い共和国に直面している問題の深刻な経済危機に瀕して、破綻の瀬戸際に、ドイツ人民の生活は非常に困難で、これをドイツ極端右翼勢力の台頭を提供するた好機。由アドルフ・ヒトラー指導するドイツ国家社会労働党(略称ナチス)もその一つで、彼は宣言ドイツ苦境の根源から戦後に押し付けるのは厳しいドイツ条項、気弱なヴァイマル共和政
枢軸国枢軸国
国家経済の命脈を握ると指摘されてユダヤ人。彼の理論はますます増えてドイツ人の支持を受け、1933年にはナチス党から木っ端の火の小さな党は一躍国会内で第1党。1933年いち月さんじゅう日、ヴァイマル共和政年老いた大統領ヒンデンブルグ元帥正式任命ヒトラー総理を共和国。一方、ヒトラー政府は、憲法を行使大統領緊急の特殊な権力が公務を執行する、これらの権限令ヒトラー可連邦議会などを実際に独裁を越えて。この時、ヴァイマル共和政まで歩いたその政治生命の果てに、代わりにドイツの第三帝国。抜け出すため英仏などの国にドイツの束縛、ヒトラー階段での初めは、軍備拡張計画に制限を受けて1933年じゅう月引退した英仏制御の国際連盟。1934年はち月に日ヒンデンブルクが亡くなった後に、ヒトラーは憲法に基づいて後継大統領になったし、第三帝国唯一の真の実権は指導者を持って、ドイツ語でと呼ばれる「元首」。
ヒトラーわけではないが街頭で叫び叫び空論の政治家、彼は就任後に再建したドイツの秩序に加え、彼をビジョン、社会の底辺労働階級も楽しむことが出来るかつてなかった福祉ので、ドイツ人はヒトラーの支持率が大幅にアップする。英仏などはしないヴェルサイユ列強に「和約」ドイツ圧搾して、すぐ一転とドイツ協力。この時のドイツ内部は政局が安定しているが、ナチスが人は穏固した自分の政権になってからは重心を外交面を多くの冒険の行動を取った。
1935-1939年のヨーロッパ情勢で、ナチス・ドイツ中欧躍進オーストリアとチェコスロバキアの苏台德地区ナチス運動の熱狂波の中に第三帝国、チェコ全土でもやがて占領されドイツ、リトアニア克莱佩达地域(ドイツと黙マルコム地区)に算入ドイツ、スロバキアの一部でドイツの保護の下で独立、チェコスロバキアその他の部分ハンガリーポーランド分割;ファシズムイタリアでヨーロッパ情勢が不安定なときに占領されてしまったアルバニアスペイン内戦状態は、内戦の結果は親ファシズム反乱軍の得勝
日本兵日本兵
利に終わった1935年さん月じゅうろく日、『ヴェルサイユ条約』の破壊、ヒトラードイツ軍再軍備を発表し、実行して兵役制、それによって破壊した『ヴェルサイユ条約』の所定のドイツ軍人数じゅう万の上限を超えてはならない。しかしこれらの行動だけイギリスとされたフランスの正式な抗議。両国関係の強化をより重視しよう条約の中で経済制裁の方面の条項。多くの人があまりにも厳しいと条約をヒトラーはもともと制限条約べきではないドイツこと。1936年さん月ななしち日、初めての冒険の中に味を占めるのヒトラーまた派兵進駐セーヌ蘭による『ヴェルサイユ講和条約』、セーヌ蘭は非軍事区。でも今回は前回と同じように行動し、英仏の阻止されない。
また、ヒトラーその政治主張に強く反対する共産主義、1933年2月に、ナチス製造を通して国会放火事件にかぶせドイツ共産党し、ドイツ国内取締共産党。1936年じゅういち月25日、ドイツと日本と締結した『反コミンテルン協定」、一年イタリア加入後、同協定、同協定に反対する基礎の上で創立共産主義を政治軍事同盟、史家の分析では、ドイツの矛先は主に指向共産主義の前ソビエト連邦(1922~1991)、これは德意日軸の初歩的に形成。
その後ドイツからを実際の領土拡張イベントでは、最初の目標は同文同種のオーストリア。1930年代半ば、ナチスの運動は及んでオーストリアを得た盟友イタリア保証は介入後、ドイツは1938年さん月正式に発表しじゅうに日合併オーストリアドイツ軍になるオーストリアの時に、「一つの民族が、帝国、元首」のスローガンの下で、オーストリア人は街頭擁護、気違いのように「自分の民族、自分の帝国軍の到来、オーストリアついになった第三帝国に位置する省。
オーストリア第三帝国後加入、ヒトラー注意してチェコスロバキア。彼からの領土要求はチェコスロバキア東北とドイツ地続きドイツ人多数の苏台德地区に算入しなければならないドイツ。煩雑な交渉の後で、イギリス首相チェンバレン指導者とフランス达拉第ナチス・ドイツにを放任姑息な宥和政策、犠牲によってチェコスロバキアこんな小さな国の利益を保って自分の最大の利益。でミュンヘン会議諦め苏台德でチェコ代表も呼ばない会議を参加して、ただ決定後彼らが告知されて。はチェコスロバキア政府に抗議するが、ドイツの武力脅迫と英仏両国拒否出兵関与の場合を受け入れるしか最終。ミュンヘン会議も皮肉を史家「ミュンヘン陰謀」。数ヶ月後の1939年さん月、ヒトラーまた破壊は、元のコミットメントは、占領した殘りのチェコ領土。月じゅうよん日さん、殘りのスロバキア一部の領土を獲ドイツ独立を宣言し、イギリスフランスと認め、その他の部分の領土に算入されハンガリーポーランドなどの国。
ドイツ自体は工業化の強国で、戦後、ドイツ経済崩壊の瀬戸際にひんし、6600万の人口大国、失業者がガンダムせん万、ドイツほとんど人の半分は飢餓や貧困ラインもがいて。ナチス就任後、ユダヤ人すべての資本収し、を強化すると拡大した国家所有制経済が急速に回復し、ドイツの活力、ナチス党は多種の強力な措置をとるドイツ経済の発展は、1937年ドイツの国民は1933年生産ナチス発足時に成長した102%、国民所得が倍増し、失業率は1 . 2%を下回って、同時代のその他の工業化の国家。そして一連の拡張行動後、世界のトップ10の経済強国チェコスロバキア受けドイツの制御、富庶中欧国オーストリア合併ドイツでドイツの経済能力に達した空前の強大な事態に、1930年代の末、ドイツの経済規模は遠い超英仏ほどにヨーロッパ第二、世界第三(当時第一、第二の別れはアメリカと前ソビエト連邦(1922~1991)。これまでのソビエト連邦(1922~1991)工業体係は閉鎖的性質粗放型経済は、数の上で一定の優位性の品質は経済がドイツより前ソビエト連邦(1922~1991)といい、国民生活のレベルよりも前ソビエト連邦(1922~1991)が高く、当時ヨーロッパ経済の最も発達している国家。経済が急速に発展するとともに、ドイツから手順を実行する国民経済の軍事化重工業、大いに発展、特に軍需工業原料や労働力を、政府は、資金や設備などすべてに優先的に供給軍事と生産に関わる部門をドイツを世界的な戦争の戦いに経済の軍事化の準備ができました。とにかく、この時のドイツだけでなく、軍事の上で、しかも政治、経済の上にと思想の上ではもうできた度に世界的な戦争の準備。

枢軸国イタリア

第一次世界大戦後、イタリアの情勢とドイツように厳しい。中央政府が制御することができない場所に直面し、全国の無政府状態、共産党人と社会党人労働組合を制御して、多くの人が心配ボルシェビキ式の共産革命を席巻イタリア。
いくつかの自由な政府では解決できないこれらの脅威の後、国王ビクトル・愛麦虞。三世1922年じゅう月さんじゅう日招待右翼政治屋ベニー托·ムッソリーニファシスト党と彼の率いる構成政府。ファシスト党の階段をした後まだ自分の非正規武装、ショック無政府主義者、共産党人と社会主義者。数年の時間の内に、ムッソリーニは自分の地位を固めた独裁、イタリアも警察の国に成り下がる。
1929年の世界的な大恐慌深刻な衝撃でしたイタリア、ムッソリーニ断定植民地拡張軽減国内経済の圧力に必要な、進拡大への道。1935年いち月ななしち日、ムッソリーニとフランス外相ピエール・ラヴァル意法条約に署名した。じゅう月さん日、独立の侵入イタリア軍団アフリカアビシニア(今王国エチオピア)を経て、1度にわたってななしちヶ月の戦いの後、アビシニア徴服。1936年、イタリアと一緒に応援してスペインドイツフランコ政権として反乱を起こす、スペイン内戦爆発、1939年スペイン第二共和政政府転覆され。1937年イタリア日本入れと締結した「ドイツ反共産国際協定』で、これによって、德意日三国枢軸初歩的に形成。目をドイツでヨーロッパ情勢を戦争瀬戸際の時、ムッソリーニ火事場泥棒、1939年よんしよ月ななしち日、占領アルバニア
批判されると国際連盟非難侵略アビシニア後、1937年イタリアも離れた国際連盟。イタリアと同様の名目で国连のナチス・ドイツ1939年に締結した「ご月鋼鉄の盟約」、それによって強化したローマ—ベルリン軸。1940年きゅう、く月27日、ドイツとイタリアことを日本に署名し枢軸国、『三国の公約』、ローマ—ベルリン―東京軸で正式に形成。

枢軸国日本

皮肉枢軸国同盟のポスター皮肉枢軸国同盟のポスター
太平洋地域は、戦争の硝煙1930年代初期から始めよう。その日本の拡大朝鮮半島勢力を広げ、次第に中国拡張。その日本鼎承大陸政策中国を徴服する。1931年きゅう、く月じゅうはち日、日本関東軍中国の東北発動九一八事変迅速に占領し、中国の東北三省、強引に設立した関東軍制御の偽満州国
日本の対中侵略できるかどうかを思われてその世界制覇の第一歩を踏み出したなんて見るの紛争。ある学者は、実際には、日本の侵略は、主にじゅうく世纪西方植民地主義の影響で、望んで華の利益を保障し、特に中国の自然資源を略奪。もしじゅうく世紀からヨーロッパ強権の観点から、日本の行為は申し分がない。しかし、1930年代、世界は広く受け入れたウィルソン民族自決の原則意味は植民地主義の方式を乱暴に略奪他国の領土や資源の行動は、国際社会には我慢できない。また、日本北朝鮮と中国東北の暴行も招いて非難する。しかし、一部の学者は、日本のファシスト勢力は1931年の時は上昇ごろ日本政局の地位、しかし日本は既に世界徴服の計画を制定する。1927年、田中義一日本首相を務めて間もなく、司会を開いた研究を積極的に侵略政策の閣議である「東方会議」。田中さんは天皇に提出した後に1部のきわめて機密の「田中上奏文もう日本」を表明した世界制覇のステップ:満蒙-中国-東アジア―アジア-最後世界制覇。この上奏文が存在するかどうかはまだ存在している紛争によって、しかし日本は戦争後のリズムを見ると、上奏文内容と合っている。
日本は中国東北もりたてる満州国政権の行動国際連盟非難され、最終的に脱退したため、日本国際連盟。日本では、ファシズム勢力が台頭、濃厚なファシスト色の秘密結社発動した数々の暗殺行動。経済の不況による民選政府政府のコントロールを失って、軍人の発足、「軍部」として、日本軍事力の司令部は前より多くの権限を与えられ、ファシズムに軍隊の中で広がって、多くの時に軍を自身の利益のためには国の利益に行動する。同時にともに民族主義と反西方の情緒の上昇で、日本は中国の行為を合理化された人種理論。多くの日本人を信じ始め、中華文明の精華の伝承は日本ではなく、中国。1936年二六事件その後、また一部のファッショ分子制御した軍部で、軍部の代わりに日本の内閣日本の最高権力機関。今、日本はすでにファシズムの時代。
1939年日本軍は満州から攻撃しようとする前にソビエト連邦(1922~91)が、すぐにされる前にソビエト連邦(1922~1991)と外モンゴル連合軍を潰そうの、日本の北への拡張政策も、保証した前ソビエト連邦(1922~1991)と日本の間の脆弱な平和まで、第二次大戦末期。また、今回の打診前ソビエト連邦(1922~1991)の失敗の戦いの後、日本の内部に「北進」と「南進」の紛争の中で、「南進」派の力強化を得て、だから日本以来比較的強い歩いた攻撃中国徴服太平洋の道路。
日本は1930年代の政策の失敗に最終決定的な影響を持って。当時の日本の政策は建立という仮定の上にはない、つまり日本の安定供給に自然資源とヨーロッパ強権に対抗できないが、取得のために必要な自然資源を彼らはまた必要はない場自覚勝った戦争。また中国侵略時代の殘忍な行為、中国建立傀儡政権のやり方と日本の最終目標につながって、日本は戦争中に堅持してこの不人気のやり方。日本国内の多くの政治エリート当時すでに意識夏虫の火に入るが如しのやり方は日本をもたらす、制止しようとするが。

枢軸国宥和政策

イギリスとフランスは老輩の資本主義国であり、ナチス・ドイツのライバルのため、第一次世界大戦後、戦勝国としての英仏などの国の手にするドイツ厳しい『ヴェルサイユ条約』が、ナチスが扇動にも、この条約の仇が上がったので、ナチスの発足を定め、英仏両国の報復措置。これに対して、イギリスとフランス当局は自国の利益を守るために、鎮魂の狂気のドイツ、ドイツ一連の侵略の拡張をドイツ行為に対して懐柔の宥和政策。ドイツたびたび衝突『ヴェルサイユ条約』の束縛、英仏も未処罰有力な措置を取る。ドイツ軍に入るライン蘭非軍事区併合オーストリア、迫る、英仏どころか阻止の行動を取るより、黙認してきたドイツのやり方、スペイン内戦の時の英法則を厳守する中立政策は、イタリアとドイツ支持の反乱軍と前ソビエト連邦(1924~1991)支持政府軍の間に二股をかける態度。ドイツ併呑しなければならないからチェコスロバキアの時、英法則に発展したのは最高潮宥和政策――ミュンヘン会議、捷方未参加の場合は、強引にチェコ領土苏台德区ドイツ割譲を受け、おおっぴらにの緩和され、「史家皮肉ミュンヘン陰謀」として、この災いの種を導いて東の前ソビエト連邦(1924~1991)。英仏この犠牲には国の利益のために求める偸安するの宥和政策に刺激を受けたヒトラーの食欲は、ドイツやがて占領されるチェコスロバキア、詐欺、脅迫などの手段を伴う、相次いでヨーロッパ巨大な利益を獲得した後、ドイツから侵入ポーランド世界大戦を宣言したことによって、英仏宥和政策の失敗。

枢軸国とソビエト連邦

1940年きゅう、く月27日、ドイツ、イタリアと日本のドイツベルリン三国同盟条約に署名した。確立する3つの枢軸国同盟関係。同じ年じゅう月、ドイツ外相リッベントロップ手紙を書くスターリンによると、ドイツ側を希望前ソビエト連邦(1924~1991)に引き込ま枢軸国グループを構築し、「四国同盟」。スターリンついに派遣モロトフベルリン交渉へ。ドイツ側に提供した「四国条約草案は、前ソビエト連邦要求」(1924~1991)だけに国土の南のインド洋方向拡張。スターリン同意条約に調印するが、同時に要求をトルコブルガリア前にも「ソビエト連邦(1924~1991)の勢力範囲に。ヒトラーこれに対して非常に不満で、そしてもう答えを与える側。1941年よんしよ月じゅうさん日、スターリン被害を避けるためドイツと日本の両面で挟みこむモスクワ同じ日本外相松岡洋右署名した『蘇日相互不可侵条約』、相互承認双方の勢力範囲のことを約束して、相手の戦争で中立を守る。