反ファシズム同盟

1942年元旦、米英ソなど26カ国でワシントン会議が行われ、署名した『連合国宣言」マークの国際反ファシズム統一戦線を最終的に形成。反ファシズム連盟の構築を第二次世界大戦情勢の変化が発生して、は反ファシズム戦争最後の勝利を取得の決定的な要因の一つとして、を国連成立の基礎を打ち立てました。
反ファシズム同盟
ドイツ、イタリア、日本はファシズム戦争やファシズム暴政を無理に押しつけるユーラシア諸国人民を促し、反ファシズム国同盟の統一戦線の創立と徐々に発展して強化する。1941年ろく月22日独ソ戦爆発の当日、イギリス首相チャーチルラジオ演説に発表したと発表したソビエト連邦できる限りの援助を与え、力を合わせて敵に打撃を与える。アメリカ政府も援ソの声明を発表した。1941年ななしち月さん日、スターリンラジオ演説を発表し、表明ソビエト連邦自衛のための戦争「は各国国民を彼らの独立、民主自由の闘争が合流する」、「統一戦線を結ぶ」。
主要国:アメリカイギリスソビエト連邦中華民国
他の同盟国を含む:フランスポーランドカナダオーストラリアユーゴスラビアエチオピアと呼ばれる衣索比亜)、ギリシャノルウェートルコオランダベルギーなど。

反ファシズム同盟統一戦線

反ファシズム同盟拡大する

『大西洋憲章」と述べ、共同に反対するナチス暴政や復興平和への決意。1941年きゅう、く月29日、モスクワ苏美英三国会議が開催された、英米ソ飛行機への提供に調印した戦車などの軍用物資やローン、ソビエト連邦英米の提供に原料の協議。真珠灣攻撃後、アメリカ参戦、中国にも德意日宣戦。他の国も枢軸国に宣戦布告する。1941年じゅうに月22日、米英のすべての枢軸国首脳提案作戦の一項の同盟国に署名する宣言。アメリカ提出の宣言草案と英ソ協議改正後、至急電報で配って各同盟国。1942年
いち月いち日、ワシントンで26カ国に署名した『連合国宣言』、『宣言賛成し大西洋憲章」の主旨と原則を強調して、共同の敵に打ち勝つの重要性を保証、調印国で自分のすべての軍事と経済資源と德意日ファシズム国と戦って、同盟国と協力で敵と休戦協定を結ぶあるいは講和条約を乗り越えて;ファシズム闘争の中で物質的援助を与え、貢献の他の国に入ってこの宣言。宣言の署名と発表、マーク国際反ファシズム同盟が正式に創立。1945年はち月じゅうご日第二次世界大戦終瞭時に加入し、同盟の計52の国。

反ファシズム同盟評価

それを可能にして団結の力を最大限に孤立したファシズム侵略勢力、最後に勝つファシズム国から決定的な作用。反ファシズム防衛の壁はベルリン壁正式名称は第二次世界大戦と資本主義、社会主義の二大陣営冷戦関係の産物。
同盟国の三巨頭同盟国の三巨頭

反ファシズム同盟ドイツ降伏後

1945年ご月はち日、ナチス・ドイツ降伏。敗戦のドイツ失われた戦前と戦争の間だけでなく他国の領土を併合のほか、1945年に米、英、苏三国クリミア声明とポツダム協定、東プロイセンとオーデル--ニース川東の約11 . 4万平方キロメートルのドイツそれぞれに領土割譲ソビエト連邦ポーランドで、殘りのドイツ領土と首都大ベルリン市は由美苏英法よんしよ国のパーティションを占領、よんしよの占領区、かつ、よんしよ「同盟国の構成管制委員会」を引き受けドイツ最高権力。
にもかかわらず、戦後ドイツについての国際文書では、関係各国はドイツの統一を維持し、ドイツを一掃するナチスや軍国主義後になって平和と民主主義の国、しかし、東西の同盟国の立場によって、異なる目的と利益、各協議して自分に有利な解釈。そこでめぐって実施ポツダム協定、回復ドイツ統一と西ベルリン問題は、よんしよ大国と占領区内の各派の政治力複雑な闘争を繰り広げた。

反ファシズム同盟ドイツ分裂

東西冷戦の進むにつれて、米ソは戦時中の盟友がライバル、ソビエト連邦占領区と西の占領区それぞれ違った発展の道に上がりました、ドイツの分裂も一歩一歩が現実になる。
ベルリン壁ベルリン壁
1947年から1949年の間に、米、英、仏は相前後してそれをドイツ西部の占領区合併が開かれ、西区立憲議会を占め、暫定憲法実行し、通貨改革で、西马克元の代わりに帝国マーク。1949年ご月じゅう日、西区議会の決定を占める立憲ボン首都の確立を連邦国家、ご月23日、「基本法」、すなわち暫定憲法、ドイツ連邦共和国の成立。
ソビエト連邦占領下でのごドイツ東部の州、1946年よんしよ月に行われた郷鎮、区州の選挙を構築し、相応の各級の議会と政府はドイツ共産党と、社会民主党としてのドイツ統一社会党各級の政権機関中居主導的地位。
1949年じゅう月ななしち日、苏占区のドイツ人民発表会が設立ドイツ民主共和国。これで、ドイツ土地で形成した両ドイツ国。
分裂したドイツ、東と西にある政治、軍事勝負の渦の中、ヨーロッパとにらみ合った二つの軍事グループの最前線。1954年じゅう月、連邦ドイツ同米、英、仏などの西侧諸国のパリ協定に署名したが、翌年同協定に発効して、西ドイツ終わり占領状態となり、主権国家を加えたNATO。数日後、ご月じゅうよん日、ソビエト連邦を盟主含め、民主ドイツを含めた東方軍事グループ--ワルシャワ条約機構も成立を宣言した。この後の長い時期で、ドイツの分裂とみなされる戦後ヨーロッパ秩序の不可分の構成部分。
この場合、元ドイツ首都ベルリンの東半分苏占区と西の半分を占めて米英法区形成2セットの体制が二つの市政府、2セットの警察システムは、2つの通貨。1948年じゅうに月また現れた二つの市議会。米、英、仏管制下の西ベルリン得マーシャル・プラン多額の義援金で、急速に回復と発展、建設される西方の世界「ショーウインドー」。それから東独の奥地、孤島。
1945年から1961年、毎年約数十万の民主ドイツ(東独国民ベルリン)を通じて逃げ連邦ドイツさせ、民主ドイツ甚大な損害をこうむる。
反ファシズム同盟(緑区域)反ファシズム同盟(緑区域)