辛醜条約

「辛醜条約』、『辛醜れ各国和約』、『北京議定書」は、清朝とイギリス帝国アメリカ合衆国大日本帝国、ロシア帝国帝政ロシア)、フランス第三共和国ドイツ帝国イタリア王国ハンガリー帝国ベルギー王国、スペイン王国とネーデルラント王国(オランダ)義和団失敗、八国連合軍北京に攻め入っ後の不平等条約を締結。条約締結于光绪二十七年(1901年七月十五日、辛醜年)、だから辛醜条約。条約締結日はグレゴリオ暦できゅう、く月ななしち日のため、「七国恥」と言って。
辛醜条約
「辛醜条約」は中国の近代史の上で最も巨大賠償金数、主権喪失最悪の不平等条約。条約は、中国の賠償金価格:いち息合計9 . 8億両白銀(詳しくは賠償4 . 5億白銀、分39年完済し、元利合計約9 . 8億両)に、劃定北京の東渡し民の坑道大使館界を許され、各国驻兵保護は、中国人が住むさんイン;、清政府保証厳禁人民参加反帝国主義運動よんしよ、清政府取り壊し天津;大沽口北京まで沿線防備を固めるの砲台を許して列強各国派驻兵北京駐留山海関鉄道沿線の要地。同条約のマークになりきって清帝国主義のルールを徹底的に中国のものが、中国には半植民地半封建社会に深刻な中国の主権侵害を人民の大きな負担となり。
この条約は帝国主義列強に押し付けて中国の奴隷性条約。それの調印をさらに強化する帝国主義が中国に対して全面的なコントロールと略奪マークの中国はすでに完全に成り下がる半植民地半封建社会。「辛醜条約で元預金はテキスト中華民国外交部ほか双溪は台北、現存する国立故宮博物館恒温恒湿の倉庫保存。

辛醜条約締結を経て

辛醜条約起因

当時の清朝政府内部には首都移転内地(西安引き続きと連合軍作戦の提案。しかし当時の清朝政府は実際には頼りない軍。義和団敗戦では、山東省の南総督たちが早く義和団期間外国と達成地方の合意は、清政府支持義和団の決定に逆らう。そこで清政府の決定署名するこの条約保全。

辛醜条約過程

光緒26年五月(ろく月下旬に宣戦布告)清国連合軍の後、清に何度も潰乱。六月上旬、西太後に就い両広総督李鴻章を直隷総督兼北洋大臣が、命をその早く上京全権を各国と協議の講和。七月十三日(はち月ななしち日)、八国連合軍が迫る北京、清正式任命李鴻章全権講和大臣は、列強と交渉。21日、北京陥落。皇太後が逃げる途中で命荣禄、徐桐、崇绮(1823―1900)乞和滯京。八月三日、また派慶親王劻;李鴻章と共同協談合や事宜。中国侵略の列強の反応はない。帝政ロシアを認め诱迫清それ侵攻の東北三省合法化は、まず認め李鴻章代表資格、賛同と清講和は、京ロシア公使や軍撤退天津へ。イギリス、ドイツなどの国の利益をもっと希望請求、強烈な反対とは親ロシア傾向の西政権開�拒否、李鴻章の代表資格を認めない。ドイツその公使クリント射殺されさらに忌恨清と約束し、甚だしきに至ってはイギリス拘束妨害清李鴻章、ロシアとの交渉。そのため、李鴻章広州から抵沪後ぐずぐずして北上します勇気がなくて。ロシアは極力を斡旋力劝清、イギリス、ドイツを放棄した李鴻章の拘束するつもり。
八月二十日、ロシアの保護の下で李鴻章に到着塘沽し、すぐに北京へ、各国で公使の間に奔走する。ドイツ提出しで、西太後、端王退治負荷さざ波などとして戦争の張本人講和の条件によって、和平交渉を進めることができない。帝国主義をめぐる協議清と各国かどうか、李鴻章代表資格等についての論争は、実際には各国の中国での选代理人の矛盾が。ロシアの支持は親ロシア傾向の西と李鴻章、イギリス、アメリカなどの国は支持光緒帝明らかイギリス;ドイツ傾向は、時間を稼ぐことを待って、ドイツ元帥、八国連合軍総司令官瓦德西(1832―中国1904)ため、対中侵略戦争拡大。
閏八月中旬、瓦德西北京到着後、執行徳皇の命令で、何度も李鴻章に面会を拒否、指揮連合軍に攻撃発動武装直隷。瓦德西の激しいやり方ようロシア強い不満だけでなく、イギリス、アメリカなどの国も怖いドイツ独その益として、中国を侵略しながら派兵拡大の軍事行動を待つ時、後日分赃ほどのいくつかの利益は侵略しながら、早く戦争を終わらせる。特に八国連合軍高く、山西、触れイギリス山西の侵略の利害に強くアピールイギリス烈停戦。イギリス、アメリカなどの国の態度の変化せざるを得ないドイツで終わり、清乞和開けた生きやすい。西を取得于闰八月三日リリース各国に対し、処罰する事故诸臣の皇帝の命令。刘坤1张之洞、李鴻章などもいを慈禧逃れること、宣戦原因を乗せさざ波。清や封地重臣のこれらの表現を感じ、西は列強に馴服を応援し続けて、この馴服政府は彼らの大を有利に。また、ヨーロッパ各国を捨てても心配慈禧、つながる清朝廷が倒れ、喪失の詐欺中国の機会と可能性。このように、选代理人の問題では、ヨーロッパ列強態度を徐々に一緻、最終決定「保全」西から清と講和。

辛醜条約結果

光緒二十七年七月十五日、主演劻、李鴻章代表清朝廷は北京とイギリス、アメリカ、ドイツ、フランス、ロシア、日本、イタリア、奥、西、オランダ、よりじゅういち国公使『最後議定書』(すなわち「辛醜条約)に署名、共じゅうに項、じゅうく添付ファイル。

辛醜条約歴史の背景

参与する八国連合軍日本、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、イギリス、アメリカ、ハンガリー帝国も中国の領土を分割の考え方。中国清朝政府とイギリス、アメリカ、日本、ロシア、フランス、ドイツ、イタリア、オーストリア・ハンガリー、ベルギーで、スペインとオランダ義和団運動が失敗し、八国連合軍に攻め入っ北京後の平和協定に調印。とされているのは中国では第一次アヘン戦争署名した一連の不平等条約一つ。条約に調印する光緒二十七年(1901年七月十五日)、当時は辛醜年、故名辛醜条約。グレゴリオ暦きゅう、く月ななしち日のため、「七国恥」と言って。

辛醜条約署名の代表

辛醜条約清朝の代表

清国勅命大臣枚と钮孟磊など复华全権行事総理外務部事務員和硕慶親王愛新覚羅劻;、
清国勅使全権大臣太子太傅適宜に処置する文华殿大学士北洋大臣直隷総督部堂など粛毅伯李鴻章
清国代表聯芳

辛醜条約列強代表

ドイツ勅使駐留中華適宜に処置する大臣穆默(Alfons Mumm von Schwarzenstein)、
ハンガリー帝国勅使駐留中華適宜に処置する全権大臣齐干(M . M . Czikann von Wahlborn)、
ベルギー勅使駐留中華適宜に処置する全権大臣姚士登(M . Joostens)、
スペインブルボネー勅使駐留中華全権大臣葛络干(M . B . J . de Cologan)、
アメリカ勅使ッターしよう講和事宜全権大臣柔グラム義(M . W . W . Rockhill)、
フランス勅使全権大臣駐留中国京都総理同国事務適宜に処置する鲍渥(M . Paul Beau)、
イギリス勅使適宜に処置する全権大臣薩道義(Sir Ernest Mason Satow)、
イタリア勅使駐留中華大臣世襲侯爵ザール瓦葛(Marquis Salvago Baggi)、
日本国の勅使全権大臣小村寿太郎(Komura Jutarを防ぐ、
オランダ勅使駐留中華適宜に処置する全権大臣グラムロブ(M . F . M . Knobel)、
ロシア詔全権大臣内廷医者格爾思(M . M . de Giens)。

辛醜条約主な内容

辛醜条約序言

「辛醜条約」は全じゅうに項、そしてじゅうく添付ファイル

辛醜条約内容

いち.賠償金。清政府に賠償金各国(全じゅういち国)シルバー4 . 5億両、分39年完済し、年利よんしよ厘、元利合計約9.82億両、税関税、よく関税と盐税担保。
劃定に大使館区。北京を東渡し民の坑道劃定を大使館区、「国の国」。中国人居住区では、各国は派兵し。
解体砲台・駐軍さん。解体大沽及びを北京から海チャネルのすべての砲台、帝国主義列強は北京からから山海関線路重要な地域のじゅうに個所駐留軍。
よんしよ.脅迫清政府が約束弾圧反帝国主義闘争。中国人民は永遠に参加したりも禁止し「諸国と敵」の組織、違反者に処刑。各省役人を確保しなければならない外国人の安全について、さもなくば立免職、決して採用。凡そが反帝国主義闘争のところ、停止文武各などご年試験。その本は清政府のために完全にマーク帝国主義のツール。
ご.ドイツ、日に「謝罪」。清政府割振る親王や大臣のドイツへ日両国は「惜しむ気持ち」、ドイツ公使クリント殺されるところを石の鳥居。
ろく処罰付き合た。義和団官僚。中央から地方までされて監禁処刑の役人、流刑、合計百人以上も。
ななしち.設立外務省。役所は総理に変更外務部、列車6部の曲となり、清政府の列強と交渉の専門機関。

辛醜条約主要な影響

じゅうく世紀末の帝国主義列強に激しい争いをすると、中国による中国
各国は辛醜条約の署名各国は辛醜条約の署名
空前の深刻な民族危機。そんな危機感を促した人々の覚醒になって、救亡图存当時最も緊急の要求。1898年には資産階級改良派維新運動失败しましたが、1900年が爆発したのは農民を主体のすさまじい反帝愛国の義和団運動。義和団から山東、急速に発展直隷、天津、北京、帝国主義列強のパニックを起こす。それら自ら鎮圧義和団出兵し、イギリス、アメリカ、日本、ロシア、フランス、ドイツ、イタリア、奥八国連合軍を組織して中国に侵入して、はち月北京に攻め入っ。1901年には、清政府を結ばされ不平等条約。この一年は中国の旧暦の辛醜年だから、この条約と呼ばれる「辛醜条約、西太後携帯光緒皇帝および側近大臣尻に帆を掛ける―西安。清王朝帝国主義と迫られにを求めます。
八国連合軍を攻略後中国北京強制的清政府の奴隷性条約に署名した。「辛醜れ各国和約』や『辛醜議定書。1901年(光緒二十七年)きゅう、く月ななしち日、清政府代表劻;、李鴻章とドイツ、ハンガリー帝国、ベルギー、日本、アメリカ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア、スペインとオランダじゅういち国代表が北京で調印。
「辛醜条約の調印にだけではなく、中国国民に負担は、国家の主権を傷つけた。これ、清政府が完全に帝国主義のルールを中国のツール(すなわち「異人の朝廷」)、ロシアは他の条約で獲得中国の東北の領土。英米は商業利益を重んじ、維持を望む中国門戸を開放し、、ロシアの野望感
弾圧義和団弾圧義和団
不安。最後の合意は、要求清政府地を割くだけで、巨額の賠償金を要求。
当時の清朝政府内部には首都移転内地(西安)と続いて連合軍作戦の提案。しかし当時の清朝政府は実際には頼りない軍。義和団敗戦では、山東省の南総督たちが早く義和団期間外国と達成地方の合意は、清政府支持義和団の決定に逆らう。だからこの条約に署名し、清政府が決めて自分を守る。
1900年じゅう月、フランス真っ先に出し、賠償懲罰張本人・撤去大沽砲台など6項目の要求として、清政府交渉の基礎。経各国公使何度も会議を補充して、改正は、じゅうに月24日じゅういち国(G8のほかに加えてベルギーと、スペインオランダ)共同提出に清「講和大綱」じゅうに条。清政府が受け入れ。1901年(光緒二十七年)きゅう、く月ななしち日、劻;李鴻章全権代表清に、このじゅういち国は北京で正式的な「辛醜各国和約」、略して「辛醜条約』(この一年は辛醜年から)。
協定の正式名称はAustria-Hungary Belgium?フランス、、、Germany、グレートBritain、Italy、Japan、Netherland、Russia、Spain、ユナイテッドStates and China—ファイナルProtocolためthe Settlementオブthe Disturbancesオブ1900「(中国とじゅういち国に賠償については1900年動乱義和団の最後の協定。原文はフランス語を準。国際法上、中国と各国が正式に認めない交戦、義和団の暴動事件から。この条約の協定辛醜だけではなく、平和条約。
参与する八国連合軍日本、フランス、ドイツ、イタリアも中国の領土を分割の考え方。そしてロシア誌他条約中国東北の領土を獲得。英米は商業利益を重んじ、維持を望む中国門戸開放し、日、ロシアの野望に不安を感じている。最後の合意を求めていない、清政府の地を割くだけで巨額の賠償金を要求。 
中国側代表は慶親王辛醜条約の署名劻;北洋大臣李鴻章外国に署名し、代表辛醜条約は各国の駐中国大使など(例えば代表イギリスの薩道義など)。条約は1901年きゅう、く月ななしち日調印、計じゅうに項、そしてじゅうく条添付ファイル。

辛醜条約主な危害

いち。巨額の賠償金は、列強に空前の大規模な中国を起こして、賠償金を支払う今度、清政府検索人民、中国人民の生活をもっともっと貧困、社会経済は疲弊。
に.北京に設立された「大使館界」は、実際には「外国」は、帝国主義が中国を侵略した大本営企画。外国からの侵略制御京津地区では、清政府の完全させ、軍のコントロールの下で、中国人民弾圧に直接派兵しやすい侵略者の反帝国主義闘争。
さん.に条約は、清朝の官吏の制圧は中国人民の反帝国主義闘争、さらに帝国主義の共犯者になる。
よんしよ.同施設の外務部の規定は、清政府が容易に外国からの侵略の旨売国外交政策を実行する。
「辛醜条約」は中国の近代史賠償金数に最も巨大で、主権喪失最悪、精神屈辱の最も深いことによって、中国の国民にもたらす空前の災難の不平等条約。マークは西太後をはじめ、清政府は進んで自分を「異人の朝廷」、これ、清政府が完全に資本、帝国主義列強統制は中国のもの。それの調印、中国の完全に成り下がるマーク半植民地半封建社会

辛醜条約条約原文

辛醜条約前文

1901年きゅう、く月ななしち日(光緒二十七年七月十五日)、北京。
右から:慶親王、李鴻章、右士郎聯芳右から:慶親王、李鴻章、右士郎聯芳
勅命大臣首相外務省の事務全権を適宜に処置する和硕慶親王、
清勅使全権大臣適宜に処置する太子太傅文华殿大学士北洋大臣直隷総督部堂1等粛毅伯李鴻章、
大徳勅使駐留大臣穆默中華適宜に処置する、
大奥勅使駐留全権大臣齐干中華適宜に処置する、
大より勅使駐留全権大臣姚士登中華適宜に処置する、
大西勅使駐留中華全権大臣葛络干、
大アメリカ勅使ッターしよう講和事宜全権大臣柔グラム義
大法勅使全権大臣が中国に駐留して京都総理の国の事務鲍渥適宜に処置する、
大英勅使全権大臣薩道義を適宜に処置する、
油断勅使駐留中華大臣世襲侯爵ザール瓦葛、
日本国勅使全権大臣小村寿太郎
大荷勅使駐留全権大臣中華適宜に処置するクロウ伯、
大ロシア詔全権大臣内廷医者格爾思、
今日と共同声明に、査定清国西暦1900年じゅうに月22日、すなわち歴光緒26年十一月に初一日文内の各モデルが経清国大皇帝は西暦1900年じゅうに月27日、すなわちで暦光緒26年十一月初六日、降旨全行照允、足諸国の適用意がまとまるか(添付)。

辛醜条約第一項

(1)大ドイツ勅使男爵グラム大臣くて—ことされ、前は西暦本年六月初九日にあたるで暦四月二十三日、奉谕旨親派醇親王载沣をファースト特使大臣;へ大ドイツ大皇帝の前に、代表清国大皇帝及び国家惜しむ意。遵旨醇親王は、西暦本年七月十二日は五月に暦が27日、北京から出発する。
(2)の清国すでに声明、殺害されたこの場所铭志の碑が立って、グラム大臣品位が似合う、列叙清国大皇帝惜しむ凶事の目的、本、ラテン、ドイツ、漢各文。前は西暦本年七月二十二日にあたるで暦六月七日の日を経て、清国勅使全権大臣文をドイツ勅使が全権大臣(添付3)。現在が殺害されたところを鳥居1基の足の街中大道は西暦本年六月二十五日にあたるで暦五月初十日興工。

辛醜条約第二項

(1)を国家と人民に退治諸国の首の禍诸臣。本年は西暦二月十三、21日にあたるで暦など昨年十二月二十五年正月初三日日本などして、相前後して降旨、所定罪で、後から(添付四、五、六)。端郡王負荷さざ波、輔国公負荷瀾、皆定斬監候で約束しようと思って、皇帝に追加すべきは恩貸その死、すなわち送信新疆永遠に監禁、決して減免;荘親王負荷勲都察院、左にも御史で、刑部尚書赵舒翘皆を賜り、令自刃、山西巡撫育つ賢、礼部启秀刑部尚書、左士郎徐承煜は、はは死刑、協力大学士吏部尚書剛毅、大学士徐桐四川、前総督李秉衡、皆すでに死んだ、追奪元官は、免職。また兵部尚書徐用仪戸部尚書、立山左士郎、吏部许景澄、内閣学士兼礼部士郎を銜えて連元、あまり常寺卿袁昶で、前年力駁特殊に反する諸国義法極悪の罪に被害は、西暦本年二月十三日すなわちで暦昨年十二月二十五日奉皇帝の命令开复元官(添付七)よりたりて。庄亲王载勋は西暦年二月二十日即ち本に、正月の初三日で赵舒翘は24日にあたる六日皆自尽。育てる賢は廿二日にあたる初四日、启秀徐承煜は廿六日すなわち八日は1日平均法。本年は西暦二月十三日にあたる昨年十二月25日皇帝の命令で暦甘粛提督董福よう免職、待つべき退治を名、判決する。西暦年四月廿九、六月初三、八月十九日にあたるで暦など11、三月四月十七、七月初六日前後降旨などは、昨年夏の間に凶惨事にすべて認め獲咎の各他の省の役人が、それぞれ退治。
皇帝の命令を(2)諸国の人々が殺害された被虐の町を文武各などの試験の5年(添付八)。

辛醜条約第3項

日本国の大使館の書記、大生杉山彬被害、清国大皇帝从优荣之典、西暦本年六月十八日にあたるで暦五月初三日降旨ジェーン派戸部士郎あの桐を特使大臣に、日本への大日本国大皇帝の前に、清国皇帝及び国家代表大惜しむ意(添付九)。

辛醜条約第四項

清国は諸国污渎や允かもれ掘削各墓を濯ぐ垢が雪を侮る碑として、諸国の全権大臣契約の約束、その碑は各当該国の大使館督建し、各費給付の試算は中国国家一部キャラ、みやこあたり、一万2、外務省五千两一部キャラ。このお金は、すでに払い。茲は碑を建てるの墓、明細書を書く添付(添付十)。

辛醜条約第五項

国は将軍火及び専門允定制造武器各種器料運に中国国内では西暦千年八月十七日即ちに九百一暦本年七月初四日降旨二年の輸入を禁止する。その後など思いも諸国は続禁ところも降旨は二年の制限(添付11)の更新。

辛醜条約第六項

皇帝の命令清国皇帝允定付諸国に大銀四百五十兆2項の税関償還、この項係西暦千九百年十二月二十二日にあたるで暦光緒26年十一月一日条項で第2項に掲げるの各国がみんなと中国人民の賠償(添付十二)総数。
(甲)はこの四百五十兆係税関金に照らして、市価易為金金、この相場に諸国各金の価格やすいように左:税関銀金2、すなわちドイツ三マーク零五五、すなわち奥国の3グラムレーブリタニア五九五、すなわちアメリカ円零七四二、すなわちフランス三仏郎克五、すなわちイギリス三シリング、すなわち日本円を四零七、すなわちオランダ国弗楽零七九六、つまりロシアルーブル四一二。ロシアルーブルに金平計算は十七多理亜四二四。この四百五十兆によって、年利4厘正、本に中国から分39年に後付けの表(添付十三)各章を完済する。元利用金給付、またはにはまだ日付の時価易金給付。償還千九百零二年正月初一日から千九百四十年終瞭。償還各モデルは、毎回一年付は、初めは千九百零一年正月初一日。払い戻す利息は、千九百零一年七月初一日起算。惟中国国も首を借りて6カ月間千九百零一年十二月三十一日の息、展は千九百零二年正月初一日からは、3年以内に払い戻す。しかし、展息項の利もある年4分の皆済。また金利1回6ヶ月給付、初めは千九百零二年七月初一日を。
(乙)この借金一切は上海で辦理。もし後諸国各派の銀行取締役名ですべて同管の中国の官僚の給付の元利合計預かり分け干渉者、銀行出し付請書。
(丙)中国国家は全助け保証紙交在京諸国勅使筆頭の手で。この保証から分かれて割引切符に中国から、それぞれ各特派の役人捺印。この祭りと、インボイス一切べき上記の各銀行取締役が守られて国に命令する。
(丁)付保証財源は各入金は、毎月銀行取締役預かり。
(ペンタ)所定の財源を保証、開いてから後、新関各入金、待つ前にすでに担保の借金の各元利給付の後、余剰者は輸入品は確実に値税パーセント5を吸って、増加の数に加え。すべての向例免税品輸入各り、外国運の米と各雑色食糧面を金銀や金銀各お金のほか、皆は確実に値にパーセント5品に引く。二、すべてよく関各入金、各貿易港の常関は、帰新関管理。三、すべて盐政各仕入り、返還泰西借金1宗のほか、余剰を一緒に入るから、輸入品は確実に値税パーセント5引く。諸国を現允可能、惟須—二端子:今写真を評価し各税吸い輸入、凡そが改者の変更が急速に件徴税幾何。変更するようにとの試算層後、商品の価格の基礎、千八百九十七べきで、八、93年荷卸時各商品価値を計算は、解雇の輸入や雑費総数の相場。その未改以前、各税は徴収照評価。二北川黄浦二水路の場合は、いずれも改善し、中国国家及び資金協力すべき。増税の層から、待つこの条項捺印2カ月後、また開催り、その捺印日付後から迟十日は途間の貨物のほか、一切を免れない押。

辛醜条約第七項

清国各公館の境界と国家允定と住んでいるところではもっぱら。そして独、大使館の管理。中国民人、一切禁止インに住んで。また、行守備、大使館は添付ファイルの境界線図2002060502など後(添付14):東の線、係崇文門通り、図に10、11、12などの字、北に係図五、六、七、八、九十など、宇の線図に係、西は1、2、3、4、5など宇の線、南図に係十二、一字のラインなど、その線循城壁城垛で絵に南の所在地。西暦に千九百零一年正月16日にあたる昨年十一月に暦26日本語内後付けの条には、中国の国家承諾諸国分は自主、常留兵隊分保大使館。

辛醜条約第八項

清国を大沽砲台と承諾をみやこから海チャネルの各砲台一律切り崩し、現在考えた。

辛醜条約第九項

西暦1901年正月に16日すなわちで昨年十一月から日本語で26暦付きの条項を、中国国家承諾は諸国の分は主催、立会いに数箇所に駐留し兵を保みやこから海チャネル無断絶点。今諸国駐屯防衛点係黄村、郎坊、杨村、天津兵糧城、塘沽は、芦台、唐山、いく、昌黎秦島、山海関

辛醜条約第十項

清国允定2年ぶりで、各府庁州県を後に記載の皇帝の命令を公布施行する布告:
(1)年二月一日すなわち西暦本で暦昨年十二月十三日皇帝の命令は永禁施設や、諸国にと敵の会で、違反者には全て斬(添付15)。
(二)年二月西暦本十三21、四月29、八月十九日にあたるで暦など昨年十二月二十五、本年正月初三、三月の11、七月初六など日皇帝の命令と共に、犯罪の人はどのように退治さ、均一に切り明。
(3)年八月十九日すなわち西暦本で暦七月初六日皇帝の命令で、諸国人民殺害被虐、各町停止文武各試験。
(4)年二月一日すなわち西暦本で暦昨年十二月十三日皇帝の命令、各省撫督文武大官及び各官が司は、所属境内は平安を守るの責任を、例えば複滋ダメージ諸国人民のこと、あるいはまたデフォルトの行は、すぐに弾圧を退治しなければならない、さもなくば同管の員また、免職に、決して叙用も逃れることでない给奖叙(添付十六)。以上谕旨現在中国全土漸次投稿。

辛醜条約第十一項

清国允は通商航行する各条約で、諸国とは行商改ところ、及び関連通商各彼について、いずれも行場外で適切に簡易期。第六項に賠償について、約束する中国国家承諾襄改善北川黄浦2水路、その襄する各車両などの左:
(1)改善北川川、1898年と中国国家が興各工、できるだけ、人員は諸国を興す。一俟治理天津事務の返還後、すぐは中国国家人員と諸国に派の員ができ、中国国家対応で毎年6万税関銀飼ってその工。
(二)現設立黄浦河道局差配整理改善水道各工が、派局各员、皆代中国及び諸国保守上海すべて通商の利益。予想後二十年、同局各工及び管理各費は毎年本税関銀四十六万两で、この数分、半は中国国家給付、半外国から各干渉出資者。局员差を入金の詳細と各節、全ては後に添付されたファイル内に明記されている(添付17)

辛醜条約第十二項

西暦本年七月二十四日、即ち、中国降旨六月初九日を首相が各国事務司外務省に諸国に改め、列車で6部前に。この皇帝の命令では簡派外務部各大臣(添付十八)との王。かつては諸国の勅使朝見礼儀、皆すでに約束に中国から全権大臣はしばしば照会し。この照会後付けの梗概に明(添付19)のように。
茲にわざわざ�明は上記の各語、および後に添付された諸国全権相複の公文書で、いずれも係はフランスの証拠とする。清国によっては以上述べたように、西暦千九百年十二月二十二日、すなわち歴光緒26年十一月に初一日、文内の各モデル、足諸国の意を適切適することは、千九百年中国は夏の間に生まれた情勢変乱完結、諸国も照允随行。は諸国の全権大臣と各同国政府の命令で代は声明を除いて、第七項に記載の守備大使館兵のチームのほか、諸国の兵队は、西暦1901年きゅう、く月じゅうななじゅうしち日すなわちで暦光緒二十七年八月五日日全は都撤退。第九項を除いて前記各所のほか、亦は西暦1901年きゅう、く月22日にあたるで暦光緒二十七年八月初十日は直隷省撤退。今以上の条項を繕う定同文12部は、いずれも諸国全権大臣捺印、諸国全権大臣と各貯金が一件、中国全権大臣預かり1部。

辛醜条約条約の添付ファイル

添付ファイル、光緒帝の承認の勅命条約に調印する。
添付2、光緒帝派醇親王载沣ドイツへの意図。
添付3、光緒帝の命令を殺されて徳を碑を建てるの意図。
添付ファイル4、光緒帝が退治親王命令負荷勲など皇亲の意図。
添付ファイルは5、光緒帝の命令启秀などの大臣の意図を退治する。
添付ファイルは六、光緒帝が上記の罰を強める命令。
添付七、光緒帝の命令徐用仪などの復職を。
添付ファイルの8、光緒帝の命令でいくつかの外国人が殺された県の5年間で行わない科挙試験の意図。
添付九、光緒帝がその桐て命令訪日謝罪の意思。
添付ファイルは10、損外国墓単。
添付ファイルは11、光緒帝が武器を輸入禁止命令。
添付十二、中国は各国の承認戦争賠償の照会。
添付13。
添付ファイルは14、大使館区の境界線。
添付ファイルの15で、光緒帝の行動を禁止する。
添付ファイルに十六同上。
添付ファイルは十七、中国改善水路の川での計画。
添付ファイルの18、光緒帝が設立黄浦川局の意図。
添付ファイルは19、中国は各国を外務部の照会。
第六項の賠償金と庚子賠償金。1900年お前に暦庚子年。

辛醜条約内容の特徴

辛醜条約特徴1

懲罰の対象は主に中国人民。
列強要求賠償金よんしよ億ご千万2、当時中国は人口がよんしよ億ご千万、意図はすべての中国人は彼らに渡していち2白銀の「罰金」、この懲罰、侮辱のすべての中国人が、あった反帝国主義闘争の町では、一律停止科学考察の五年。

辛醜条約特徴2

ない地を割くなどの関連条項。
帝国主義が中国を分け合って、清政府の腐りきっも実行分割の有利な時機が、帝国主義の各国の矛盾が入り組み、彼らより一時を放棄して、中国の領土の割を占める要求。

辛醜条約特徴3

メンテナンスは清政府の反動統治を厳格に制御して、また。
この条約は退治義和団に参加して反帝国主義闘争の官吏は、反帝国主義運動弾圧のお粗末な官吏は、「免職、決して叙用」。しかし少しも未は処理西太後。逆に、引き続き推進「华治华」の策略を確立し、清政府でありつづける彼らは華の代理人。

辛醜条約特徴4

中国の長期受け身の状態
この条約の中で銀の4 . 5億両の数字は法外な値段で、中国は明らかにできないので、使い捨て完済し、これらのお金の合計分39年元利完済し、計9 . 8億両白銀、2倍以上に膨らんで、同じく中国の後の数十年の中での経済スランプ。
せるために清政府すっかり「異人の朝廷から」は、経済、政治、軍事などを強化した清政府の制御。「辛醜条約は、関税や盐税として賠償金の返済で、しかしこの2項税収は清朝政府は最も主要な一つの財政収入。制御税関は基本的に左右される中国財政。列強に北京で強行劃定の「大使館区」から、各国の派兵保護。武力を背景になった清朝の団の公使上皇。は大沽砲台と大沽から北京までの沿線に砲台を「一律切り崩す」。許可各国派兵駐屯して北京と山海関鉄道沿線じゅうにの戦略の要地。その都度清政府軍事制御。これは政治、経済、軍事的にも清政府のコントロールを強化する。
「辛醜条約は列強に加えて中国には空前の深刻な不平等条約、中国にもたらした被害。列強を起こして巨額の賠償金を加速した中国の貧困と経済の長期駐留外国軍衰えて、中国の戦略の要地で、深刻な破壊に中国の主権と国防の安全、設置大使館区、武力を背景の公使団から、政府の于清凌駕;清政府外交機関の地位を変えて、更に列強に起こして、を強化した中国の禁止命令権利;中国人民の闘争を帝国主義に反対し、清政府に帝国主義の「ツール」。「辛醜条約の締結を示し、中国の半植民地半封建社会が完全に形成。
歴史の影響辛醜条約は帝国主義国家中国に押し付ける空前の深刻な不平等条約。列強を起こして巨額の賠償金を加速した中国の経済負担。戦時中の中国の先進的な知識人に対してもあきらめて清政府が抱く幻想、「駆除えびす」を目指したブルジョア革命から全国で勢いの展開は、「辛亥革命」の準備。

辛醜条約賠償額

辛醜条約具体的な内容

「辛醜条約の関与賠償金からは、1900年(庚子年)の義和団で規定も賠償金というので、庚子。賠償金を押し当時中国の人口を計算して、1人1人2、計4 . 5億両、分39年完済し、年利4分の、元利合計ガンダム9.82多亿两、各省「地方賠償金」も0 . 2億両以上。だから、総数は白銀じゅう億両以上。金額はかなり于清政府の財政収入のじゅうに倍。各国の数は、ロシアの賠償金を要求130371120二、ドイツ90070515二、フランス70878240二、イギリス50620545 2、日本34793100二、アメリカ32939055二、イタリア32939055 2、ベルギー8484345二、オーストリア・ハンガリー帝国の4003920二、オランダ782100 2、殘りの43万余两はスペイン、ポルトガル、スウェーデンノルウェーなど、国を分かち合う。年利よんしよ厘と、分39年完済し、利息共532238150 2。元利合計982238150 2、税関税、盐税担保。

辛醜条約割引賠償

条約の調印後、清政府期日どおりに列強賠償金。しかし1904年以降、銀の価格下落し、庚子賠償金は、銀の価格の計算は、そこで、列国は1905年ななしち月2日に、清政府は強制賠償金を変え庚子金貨は、負債は賠償金支払の銀を使って押しゴールド換算約8000000 2、補償。

辛醜条約支払い方式

辛醜条約債券

清政府5種類の債券を出して、割り当て額に渡して各国受取証を関税、盐税とよく関税担保。帝国主義遂将各通商港でのごじゅうによく関税も外国人の管理する税関税務司管理。

辛醜条約超過の項

「ポンド損借金」。「辛醜条約の数によって、賠償金は金計算では、帝国主義の国の通貨では時価換算金、銀货には、損失が大きく、その損失を「ポンド損」(イギリス通貨金ポンドを代表)。清は工面付今度の超過支出、1905年によんしよ月HSBC銀行予約金借り英百万ポンド借入金利五厘と、期限にじゅう年。

辛醜条約庚の運営

この賠償金額が大きすぎて、経当時駐米公使梁诚米側と交渉し、その後アメリカ返納する部分に対処する賠償金、賠償金2444万、アメリカそのファッション未払い足の1078万から1909年いち月から払い戻しが、清政府を確立しなければならない強制を助けるために渡米留学教育システム。中国を精神や文化侵略。最初は「清華大学塾」が、アメリカ留学予備校、つまり後清華大学の基礎となり、その後の中国の最も優秀な高等学府のひとつ。イギリス後還付た部分も賠償金。中国では、商業に従事する宣教さんじゅう余年のスミスで、かつては1906年に提案アメリカ大統領「還付庚モデル」になって育成する中国の学生。1907年アメリカ合衆国議会を通過した「還付金で庚」教育の中国の学生の提案、1909年に実行する。1923年からイギリス、フランス、イタリア、比、荷各帝国主義国家で競うに倣い、この項ばいい大、中、小学校、甚だしきに至っては幼稚園。

辛醜条約返済結果

辛醜条約戦いに影響

まだ終わっていないで、主要な原因がある:
いち.戦影響:第一次世界大戦の間に、中国に協商国参戦、戦勝国を停止し、敗戦の徳、奥賠償金を支払い、十月革命が勝利した後、ロシアの部分の庚の金の殘高は、ソ连ロシヤも1920年放棄、米、英、日、オランダの庚の金殘高は四国の一部改定の支払方法。

辛醜条約抗日戦争の影響

抗日戦争に.影響:1937年ななしち月ななしち日、抗日戦争が本格化し。しかし中国は対日賠償金の支払いを停止して、甚だしきに至っては淞沪抗日戦争が爆発した後、中華民国政府関連部門は指示日本に適時に全額賠償金を支払う。1937年きゅう、く月ななしち日梅乐や指示関務署は「一二八.護戦の時、後始末では日本の部分を借金も、いずれも経按期写真付。」1937年まできゅう、く月国民政府の財政部から命令税関税務司もう日本に賠償金を支払うに置き換え、総税務司「HSBC銀行開設準備付日本庚項専帳」で、月ごとに振り替える記帳、相前後して16ヶ月ぶり、1938年末までに計52 . 5万ポンド。今度は日本の交付され、最後は税関洋员年金方式にのまれた。このように、中国は日本に対しての庚子賠償金は実際にまで支払う1937年はち月末、これで、中国の対日庚金の殘高が1858万両、中国の対日庚の項の実際に支払っ総数計を5736万税関2。日本の中国侵略により、英米などの帝国主義の国と日本は中国の既得利益衝突鋭い化、中国も無力賠償金。そこでイギリス、アメリカなどの国は1938年に次々と停止「庚子賠償金「。そこで、中国共賠償金白銀近く6.532億両、日本じゅう億元近くの銀貨。

辛醜条約条約廃止

辛醜条約廃約交渉

1940年じゅういち月、日本と汪精衛偽政権条約を結んで、「廃止する中華民国すべての治外法権を交換する租界」。日本の中国での特権を、実際には一種の戦略は、政治的に全体の民衆にずっと解約夢をもっと民意は、崩壊は遷都重慶国民政府の抗戦意誌。
したがって、重慶国民政府の地位を高めるために、そしてその日増しに挑戦されての威信を救う、蒋介石も廃止を各国の不平等条約として対中外交の主な内容。
1941年ななしち月、蒋介石はと彼のアメリカ政治顧問拉铁摩尔長話をする時、「中国をまるまる四年の抗日戦争しまいには自分を発見、依然として孤立状態におかれる……に抗戦の第五年、は一つもない同盟国。」同時に、日本はこの状況をあおる、白人はとして中国を一つ植民地を扱い、中国で4年の戦争を行うにもかかわらず、依然として民主国家の平等に扱いされていないため、別の活路を探すべき。
蒋介石は「もしこの現象はを制止し、中国の抗日戦争の力が弱まって」。すぐさま、彼は、ルーズベルト大統領を2つの提案:提案の一つはルーズベルト提案イギリスとソビエト連邦中国との同盟。提案の2は、オーストラリアと中国参加英米オランダ領東インド防御の太平洋会議開催。この二つの提案の中のいかなる1つの実施を保証する、中国と他の民主国家は平等な地位を差別し、中国人の感覚。」
しかし、その後の一時期にもかかわらず、蒋介石に積極的な外交努力が、英ソ欧戦、極東にかまう暇がない、アメリカも極力避け早と日本の衝突ですので、蒋の提案は冷めて。
1941年じゅうに月はち日、日本を攻撃真珠灣アメリカに不意打ちをする。太平洋戦争爆発、蒋介石の運命も次に来る転機。真珠灣攻撃の翌日、中国政府が日本德意三国の宣戦布告を発表しすべて条約、協定、契約は、中日、中独、お気に入りの関係者は、「一律廃止」。
このように、日本と中国、イタリア及び枢軸国同盟のスペインが調印し「辛醜条約」の関連条項で廃止、ドイツ『辛醜条約で獲得したものも早く権益で戦後は中国の回収。
それだけではなく、世界の政治構造の変化に迅速に、中国と他の国の「辛醜条約調印廃約交渉も現れた未曾有のきっかけ。
1942年いち月いち日、中国、アメリカ、イギリス、ソビエト連邦など二十四カ国、ワシントンで締結した『連合国宣言この宣言」マーク世界反ファシズム同盟の形成は、それ以来、中国と正式に英米反ファシズム同盟国の関係。法には、これらの不平等条約で依然として中国同盟国に置く不平等の地位は、冬の雪売りもの。現実から必要と言って、中国の戦場を牽制して百万に日本、中国の国際的地位の向上に役立つ中国軍民の士気を鼓舞する。
そこで、国民政府は全面的に不平等条約を廃棄すると議事日程。1942年じゅう月、蒋介石は会見アメリカのルーズベルト大統領の代表ヴィル基に「中国は今日は国際的に平等な地位を収めることができなかったので、深いことアメリカ民衆に中国を理解して、その援助の被圧迫民族平等、まずそのものを獲得平等な地位を始。」

辛醜条約条約の終わり

1943年いち月じゅういち日、駐米大使魏道明アメリカ国務長官とハルはワシントン締結「取り消しアメリカ在中治外法権及び処理の問題についての条約。条約第2条の規定は大体次の通り:アメリカは1901年きゅう、く月ななしち日の議定書は、行の取り消し。同議定書及び添付しアメリカ政府がすべての権利を与えなければならない終瞭、中国と他アメリカ願い協力関係各国が成立協定は、北平大使館の行政管理とともに、大使館界の官が資産及び官は義務があって、中国に移管。
同じ日、外務大臣宋子文と英大使薛穆も重慶で締結「取り消しイギリス在中治外法権及び関連特権条約。条約第3条内容と米条約第2条の規定は大体同じ。中国と英、米両国間の「辛醜条約」が正式に廃止。
中国と英米の交渉の成功は、他の国には重要な推進作用。1943年じゅう月にじゅう日、中は条約第2条、1945年ご月29日、中荷条約第3条;1946年2月28日に、中仏条約第3条に規定の廃止は同じ、「辛醜条約。「辛醜条約』原調印国、計十国。上記の英米より荷法、5海外で、殘りのような徳、奥、ロシア、日本、イタリア、スペイン6カ国で宣戦や改定新約聖書にも、キャンセル。
スウェーデンに至って、ノルウェー、デンマーク、ポルトガル、何気ない辛醜条約調印国があるため、大使館界などの関係、1945年よんしよ月ご日、1943年じゅういち月じゅう日、1946年ご月にじゅう日、1947年よんしよ月いち日前後で、条約又は交換公文放棄。そこで、「辛醜条約」は中国に押し付けるの制約を基本がクリア、列強を通じて「辛醜条約』が中国の権益獲得だけ殘っていくつかの家屋の財産権だけ大使館界。
当時、アメリカ打ち合わせ軍事援助の外相宋子文アメリカに提出した廃約の問題。じゅう月きゅう、く日、アメリカ政府通知宋子文及び中国米国駐在使節魏道明:米政府準備に中国政府と交渉を廃約問題。同日、イギリス政府も似て声明を発表。双十節後、中国とアメリカ、イギリスは廃約問題を本格展開する交渉。

辛醜条約社会的意義

「辛醜条約て重くなった中国人民の負担に深刻な損害を与えて、中国の主権。清朝政府はすっかり帝国主義のルールは中国のもの。中国は完全に半植民地半封建社会の淵。

辛醜条約歴史の評価

1901年きゅう、く月ななしち日、李鴻章清国じゅういち国代表としてしまった。中国の近代史有名な不平等条約「辛醜条約。ちなみに、この書類に、李鴻章は「李鴻章」の3つの字を取り付けた「粛」の字ぐらいは、この3つの字が混んで、すなわち弱い、またつらい苦しみ。明らかに、李鴻章ときは自分の身分を朝廷を与えられ「粛毅伯」落下という恥の項。悲しみ恸ゼツの李鴻章に調印して帰った後に、もう一度がぶがぶ吐血。医師の診断:胃の血管が破裂する。
李鴻章で病床に奏朝廷:
臣を調べるなど伏ここ数十年で、毎一度構不和、必ず一度は損をする。昨年の事変が急いで、創深い痛みドラマ、薄海心を驚かす。
想像できないから死の李鴻章書いて必ず一度損をする」この字にはどんな気持ち。李鴻章生涯で取り組む「外修仲直りして、内图富強に」と願い、生命のエッジの段階は徹底的な齑粉割れた。
1901年じゅういち月ななしち日北京で、李鴻章才徳兼備寺こと。死を前に、もう着経帷子横たわる病床の上の李鴻章が急に目を大きくし、唇むにゃむにゃ震え、2行の清涙ゆっくりと離れ。急いで駆けつけた老部下周馥泣いている道:“老先生は、何の気持ちを放さず、不忍行くわ?役場取扱ないことができることを、我々になったので、安心して行くのだろう!」李鴻章「突然目口を動かして、涙を流し語」。「手を拭いて周馥その目で、かつ、その目をつけ」というはずが、一瞬の息。享年78歳。