礼部

中国の古代の官庁。南北朝北週始施設。隋唐6部一つ。代々受け継ぐ。長官は、礼部尚書。試験吉、嘉、軍、賓、凶五礼で、管理全国学校事務及び科挙試験及び藩と外国の往来のこと。礼部は四司、明清全てを:儀制清代官司掌嘉、礼、敬礼及び管理学務、科挙試験事務;祠祭清代官司、掌吉礼、凶礼事務、主客が清代官司宾礼及び受付、掌の事務、精膳清代官司、掌の宴穀物倉家畜犠牲を牢事務。
礼部

礼部歴史の発展

4社のほか、清に鋳印刷局、掌鋳造皇帝宝印及び内外役人官印。立会い四訳館接待、掌列藩、外国貢や翻訳などのことを。光緒の32年(1906)、清政府発表「仿行憲政」は、元の施設のいつもあまり寺光禄寺鴻胪寺算入礼部。礼部内部機関に増設承政、参議二厅、儀制、あまりよく光禄3社と礼器ライブラリ、礼学館。宣統三年(1911)を改め、礼部式院になる清政府専管朝廷壇廟、帝王の陵墓の礼楽及び製造典守事宜を掌修明礼楽、よりカスタマイズ章制の機関。『明熹宗実録』巻四十一:「託宣三年十一月(二十日)丙子、兵部尚書赵彦言:……主旨:これが奏で各項クラ防ながら大事、確実に実行して、監督(孙承宗)撫(袁可立)町道各官が一心に整頓するなて、ぐずぐずして機会を失う、その李倧仮署公式、すなわち適切て礼部の具奏。」

礼部基本セット

礼部唐

礼部尚書一員、正三品士郎メンバーは、正四品で。尚書、士郎の職掌天下マナー、祭享、貢あげ政令。その属4:1曰礼部、2曰祠部三曰膳部4曰、主客。総職務、行その制命。その科6:曰秀才で、試験方略対策五条。この科を少し峻人、貞観は絶後という。2曰明经三曰進士、4曰曰本明法、五、六曰計算。

礼部宋

元丰制度を改める後礼部さんの部下が部門祠部、主客、膳部。尚書、士郎の各1人、医者、員外郎4社で各1人。元佑の初め、省祠部郎官一员、主客兼膳部。紹聖改元、主客が、膳部互いに郎官兼領置。建炎後、同。

礼部明朝

尚書1人、正二品;左、右士郎の各1人、ちょうど三品。その所属し、司務庁、司務二人、九品から;器制、祠祭、主客が、精膳四清代官司、各の漢方医の1人が、五品;員外郎一人、五品;主事1人、ちょうど六品。正統六年増設器制、祠祭で各1人2司主事。また増設器制司主事、教習皇女の夫。弘治5年増設主客司主事、提督立会い館。所轄鋳局、印刷、大使の1人、副二人。万暦九年1人革。

礼部清朝

礼部尚書、左、右士郎、ともに満、漢1人。その所属:堂主事、清枠不動満州二人は、漢当部屋満州、漢軍で各1人。司務、満、漢で各1人。筆帖式、宗室1人、満州三四人、モンゴルの二人は、漢軍四人。典制、祠祭、主客が、精膳四清代官司:医者、満州は6人、典制、祠祭、各2人ともに1人、リザレクション。モンゴルの1人、主客司置。漢四人。司で各1人。員外郎、宗室一人、主客司置。満州八人、典制、祠祭司各3人。余るともに1人。モンゴルの1人、祠祭司置。漢二人。典制、祠の神子で各1人。主事、宗室、モンゴルで各1人、精膳司置。満州の3人は、典制、祠祭、精膳司で各1人。漢四人。司で各1人。印鋳局、漢員外郎、満洲署主事、漢大使、未入流。各1人。堂子尉、満州八人。七品二人6人、8品。

礼部他の国

北朝鮮
朝鮮王朝期、礼曹の本曹設置役人が9人、それぞれ判決書一名(正二品)、参で1名(二品)、参議一人(正三品)、正郎三名(正五品)、铨郎三名(正6品)。礼曹の下に稽制司、典享司、典客司の3つの機関。