張作霖

張作霖(1875年さん月じゅうく日-1928年ろく月よんしよ日)、字はそれを、漢族、奉天省広島なぎさ県駕掌寺郷馬家不動村西小窪屯(今の遼寧省広島なぎさ市)の人。有名な愛国将張学良の父。張作霖幼名老しこりが、彼が好きな人は彼に「張大帅」。
張作霖
張作霖から貧しい農家出身で、参加した中日の日清戦争が、後に身を投じる緑林勢力を拡大し、清政府無力徴剿は、その招安。張作霖協力清となり杜立三匪賊勢力など、後の解消にも蒙患って、国家の統一、徐々に向上し、奉天督軍を務める、東北三省巡阅させるなど、「東北王」になると、北洋軍奉係首領。成立の東北三省陸軍整理所。と孫文段祺瑞及び卢永祥同盟を結ぶ。第2回直奉戦争勝利した後、張作霖に打ち込む北京、任陸海空军大元帥、代表中華民国支配権を行使し、国の最高指導者になる。在位期間に何度もボイコット日本人売国条約締結の抱き込み、拒否。1928年、前線に不利に追い込まれど、張作霖東北。
1928年ろく月よんしよ日、張作霖列車に乗って日本関東軍埋め込む爆薬揚げ重傷を負い、史称皇姑屯事件当日、返して瀋陽官邸後にすぐ逝く。