邱振中

紹興文理学院蘭亭書道の芸術学院院長中央美術学院教授、博士課程指導教官、書道と絵画の比較研究センターの主任、潘天寿研究会の副会長、中国美術館書道の芸術委員会委員。書道理論と芸術創作に取り組む。
邱振中

邱振中簡介

紹興文理学院蘭亭の書道の芸術学院の院長
中央美術学院教授、博士課程指導教官、ポスドク協力指導教官
中央美術学院の書道と絵画の比較研究センターの主任
中国書道家協会理事、学術委員会副主任
全国で書道篆刻靑年作品展審査員
西冷印社社員
潘天寿研究会の副会長
中国美術館の専門家委員会委員
政府の専門家を楽しむ特別手当
国内外の多くの大学客員教授

邱振中履歴

1947年生まれ江西省南昌
1981年浙江省美術学院(今の中国美術学院)の書道研究生の卒業。文学修士。
1981年から、教師は江西師範大学、歴代講師、助教授、教授、校高級職名の審査委員。
1985年、当選中国書道家協会理事、江西省書道家協会副会長。
1995年から1997年・日本文部省の外国人教師、日本の国立奈良教育大学客員教授。
1997年に帰国を務め、中国美術学院(元浙江美術学院)教授。
1998年、転任中央美術学院中国画科(今の中国画院)教授。
2002年務め中国美術学院特任博士課程指導教官。
2004年から務め、中央美術学院中国画学院、人文学部双招聘博士課程指導教官。
2008年から務め、中央美術学院の芸術学级学科ポスドク流動駅ポスドク研究者の協力の指導教官。
2008年北京オリンピック組織委員会に招かれては2008北京のオリンピックの開幕式の視覚顧問
北京ジュネーヴ奈良ロサンゼルス何度も開催など個人展示に参加し、「生活今から29位から中国現代アーティスト」(ドイツ国の現代美術館)などの多種の重要な展示。

邱振中作品

自著『書道の形と解釈』、『神は何を」、「書くと観照》、《中国の書道の練習」:167「現代の西緒フォックス—邱振中の書道、絵画と詩」、「書道」、「愉快な書道』(北京師範大学出版)などじゅうななじゅうしち部。前後して中国美術館スイスジュネーヴ日本奈良アメリカロサンゼルス何度も開催など個人書道芸術展覧会。

邱振中活動

1983「日中書道芸術交流展」日本・東京/中国・北京現代書道展」、「上海・上海美術館。
1985年の当選中国書道家協会第二回理事会理事。
兼中央美術学院教授は、中国書道家協会学術委員会委員、中国靑年・印刻家で書家作品展審査委員、日本国立奈良教育大学客员教授、潘天寿研究会の副会長、西冷印社员。
1987監修中央放送大学教材「書道」;中央テレビコンキ書道基礎訓练、書道美学などの課程。1989出席[散りばめて董其の盛んな国際学術シンポジウム。
1989 [最初の4シリーズ一邱振中書道作品展」が中国・北京中国美術館。
2001 [中独現代芸術作品展。
1991就任中国現代書道展」「審査委員会主任委員(広州・北京)、「中国現代就任書家作品展」の組織委員会主任委員(南京);招待に応じて、講義武漢大学;招待に応じ、深セン書画院作学術講座「伝統と現代との間に。
1994日本成立[邱振中論文読書会。
1995招待に応じて、日本、任日本文部省の外国人教師、国立奈良教育大学客员教授を務め、書道専門研究生、本科生の課程。
1996 [邱振中書道作品展」スイス・ジュネーヴSAINT—LEGAR画廊。
1997 [邱振中作品展」アメリカ・洛杉矾XILAI大学文化センター。
1997 [邱振中作品展から現代まで――書道絵画]日本・奈良文化会館。
1997 [ 1997国際淮海書画の祭典」韓国・全羅北道美術館。
1997へアメリカを芸術考察台灣国際セミナー出席し「本」を招待に応じ、北京大学学術講座『東方の困惑。
1998 [パリ――現代中国の書道の芸術大」フランス・パリソルボン大学、「伝統・再考―中国現代芸術展」「ドイツ北京駐中国大使館。
1998参加中国の書道の代表団フランス出席パリ[中国書道国際シンポジウム」の招待に応じて、韓国大丘芸術大学、大丘書道研究会作学術講演。
1999 [アジア当代文字芸術展」の韓国・ソウル芸術センター、「l999国際淮海書画の祭典」韓国・全羅北道美術館に、「99物波主義――現代書道の芸術展」の韓国・ソウル芸術センター。
1999招待に応じて、韓国後光大学記念講演。
「世紀の扉に任2000――1979-1999中国芸術招待展」書道部分司会者。
2010年に「可能な世界――邱振中書道作品展」
2013年『邱振中書道作品展」、北京恭王府

邱振中名誉

1992年、「高等教育事業に貢献し、獲中国」政府特別手当