国際連盟

国際連盟、略称国連は、『ヴェルサイユ条約」に調印後の構成の国際組織、1934年きゅう、く月28日から1935年2月23日にはピークの時期に、国連は58カ国。
国際連盟
その目的は減少武器数量、収まる国際紛争、民衆の生活レベルを高めると国際協力の促進と国際貿易。その存在の26年の中に、国連は国際紛争調停のいくつかの協力といくつかの国際問題処理。国連軍が乏しい武力に頼るので、大国の援助で、特に制裁のいくつかの国家の時。しかし、国連決議が執行の強制力を発揮できず、そのための役割、国際影響制裁も同じ施行制裁の国連会員(例えばアメリカ及び西洋)。
1945年、第二次大戦の廃墟の上に設立された国連国際連盟の代わりに、現代の最大の主権国家組織、そのファイルを全てに委譲する国連
そのデザインは尽きない完備し、例えば規定は全面的に軍備を縮小するが必ず実現できなかった;制裁侵略者の行動を前に、事前に経理事会全体の投票。アメリカに入っていなかっ国際連盟、さらには国連が失われたとしっかりと支持力最終国連を阻止することができないため、国際紛争、ファシズム侵略行為や第二次世界大戦勃発。終戦後、国際連盟され国連代わって。

国際連盟歴史

国際連盟起源

現場国際連盟大会現場国際連盟大会
和平国際社会の理念にさかのぼる1795年、イマヌエル・カントこの年に出版された『恒久平和論』(Perpetual Peace:A Philosophical Sketch)には、提出の制政府と世界連邦の構想。
そしてヨーロッパ協調(1814年-1870年)も、じゅうく世紀ナポレオン戦争後から発展して、これヨーロッパ維持を助ける安全状況を回避し、戦争が起こる。この時期を含む国際法律もジュネーヴ条約及びハーグ条約)の発展、また、国際法での人道主義を定めた基準。
1889年、イギリス平和主義者ウィリアム・兰德尔・克里默やフランス平和主義者フレデリック・パシ外相成立国連の先駆け-各国議会連盟(Inter-Parliamentaryユニオン、略称IPU、また訳「国際国会連盟」)。当時世界約100余国国会は、三分の一は各国議会連盟会員、
1914年、24を国会のは各国議会連盟会員。その使命は励まし各政府で平和解決手法国際論争は、年度会議は政府国際仲裁の協力を簡素化するプログラム。そのアーキテクチャの議会に含まれ、この議会は国連アーキテクチャの前身となる。
にじゅう世紀の初め、ドイツ、ハンガリー構成同盟国で、イギリス、フランス、ロシアとイタリア構成協商国陣営。ヨーロッパ以来2陣営は、第一次世界大戦後に進化。これは初めての工業国の間の戦争や工業化のもたらす「成果」が、この「工業戦争」とかねないとの死傷や経済的損失。
戦争が終わった後も、衝撃や影響を全ヨーロッパの社会、政治や経済システム。この時、世界戦争反波に高まり、人々は戦形容停止すべて戦争の戦争」(ザwar toエンドオールウォーズ)。一部の人は戦争の原因は軍備競争で、同盟対立、秘密外交、君主国の自由と新しい帝国主義。一方、有識者をつくってほしい国際組織、国際協力の形式で、共同紛争処理。
早く戦の最中、一部の政府とグループはとっくに発展し始め変え国際関係の計画を避けるために、世界大戦再発。イギリス外務大臣エドワード・グレイ(エドワードGrey)と言われる最初の最初に提出する国連の人。アメリカ大統領ウッドロウ・ウィルソンとその顧問エドワード・ハウス(エドワードM .在大佐はこの提案はとても興味を持って、戦争を免れることができると思って、よもや繰り返さ戦の二の舞。国連の構想についても、ウィルソンの『源14 .平和原則」の最後の1点「成立国際連合組織、各国お互いに保証お互いの政治の独立、領土の保全。」
国際連盟開会式国際連盟開会式
戦終瞭後は、1919年いち月28日のパリと会の中で、確立を通じて国際連盟の立案する法案は、英仏両国の操作で、派、ウィルソンをはじめて立案する『起草委员会国際連盟盟約』(Covenantオブthe LeagueオブNations)し、国連をつくる。
1919年ろく月28日、盟約を44カ国締結(44カ国に31の国は戦時支持三国協約又は加入協商国)。
1920年じゅういち月日「ヴェルサイユ条約が発効したこの日、ウィルソンの司会で正式に発足し国際連盟宣告。凡是大戦中の同盟国に宣戦の国と新しく設立された国は国際連盟の創始加盟国。きっかけはウィルソン国連の成立に力を入れ、そのノーベル平和賞が、ルルーシュと英、仏主導権を奪うに失敗して、アメリカ最終未加入国聯。1920年いち月じゅうく日アメリカ合衆国上院拒否ヴェルサイユ承認《条約』及び『国際連盟盟約」、そして否決加入国聯。
国連の初めての議会は1920年のいち月じゅうろく日(ヴェルサイユ条約が発効后六日)で行われパリ。同じ年じゅういち月、国連本部に移すジュネーヴウィルソン宮、じゅういち月じゅうご日、国連本部では、内に行われた第1回総会、41カ国の代表が出席して。
1922年の国連の発行南森パスポート無国籍難民について、ついにカ国を認め。にじゅう世紀にじゅう年代、国連曾成功にいくつかの小さい紛争解決。しかし、さんじゅう年代大きな衝突や第二次世界大戦、国連は有能は心から大幅に。1946年よんしよ月じゅうはち日国連正式に解散し、国連に取って代わられ。

国際連盟成立

国際連盟は第一次世界大戦後まもなくに設立した
万国宫-前国際連盟本部万国宫-前国際連盟本部
国際機関。
第一次世界大戦期間中、アメリカのいくつかの平和団体が積極的主張を国際紛争調停の機関。アメリカ大統領ウィルソン非常にそれに賛成し、彼をを「14時の原則」を強く主張する国際連盟という組織。
1919年いち月じゅうはち日、パリと会開催以来、ウィルソン堅持してまず討論を国際連盟の問題として主張を「国連合約」「徳列和約」の必要構成部分。しかし、英仏両国の操作で、パリと決まって設立国連合約起草委員会は、ウィルソンが議長を務め、ウィルソンまず国際連盟の要求を受け入れられない。「国連合約》起草委员会からたくさん国や団体からの陳述書草案として、敗戦国の植民地や付属に実行する委任統治問題、「モンロー主義」には「盟約」の問題、反対移民問題の上に人種差別問題などで激しい論争。
「国連合約」を26度改正後、1919年のよんしよ月28日パリとで可決。「ヴェルサイユ和約」の第一部は『国際連盟盟約』。
『盟約」に確定した国際連盟の組織機構、機能、原則と加盟国の義務。
1920年じゅういち月講和条約が発効し日のこの日、ウィルソンの司会で正式に発足し国際連盟宣告。凡是大戦中に宣戦德奥グループの国と新しく設立された国は国際連盟の創始加盟国。このように、国联共44人の会員国、次第に増えて63か国に拠点を置くジュネーヴ。中国は1920年ろく月29日に国際連盟。
国際連盟の主要機関総会、理事会、秘書処を併置国際法廷で、国際労働局など、その中の最も主要な機関は理事会。『盟約」の規定では、米国、英国、フランス、イタリア、日の5カ国を常任理事国に加え、4つの非常任理事国。
アメリカは提案国の一つですが、と英、仏主導権を奪う失敗に参加していないため、1926年ドイツ加入国際連盟前は4つの常任理事国。
国際連盟主英仏両国を受け。
「国連合約」、理事会の職責は:草定軍縮計画を提出し審査委任統治の各国の年度報告を保障し、会員国の領土保全の大会に提出し、国際紛争を解決する議案、侵略者Ugと軍事制裁など。
国際連盟は各国の武力衝突を防止し、強化するために普遍的な平和と安全を国際機関の初めての試みが、実踐の中ではない平和を守る作用。『盟約」の規定はドイツは国際連盟実行委任統治、事実上はこれらをに任せ英仏日などの国は支配し、その役割を助けるだけ再分割大国勢力範囲を固めた戦後、世界システム。
第二次世界大戦が終わってから、国際矛盾の発展と激化し、破産の境地に向かって国際連盟避けられない。
1946年よんしよ月国連解散を宣告し、財産と書類はすべて移管国連。

国際連盟解散

国際連盟本部所在地:スイス万国宫国際連盟本部所在地:スイス万国宫
国際連盟成立した時から、イギリス、フランスなどの少数大国にコントロールし、大国となって手のツール。にじゅう世紀に直面してさんじゅう年代はドイツ、イタリア、日ファシスト同盟の形成と対外拡張は、英、仏制御の国連が、犠牲は中小国の領土と主権を代価に推進宥和政策国連に麻痺させる。第二次世界大戦爆発の後で、国連の崩壊となる。につれて第二次世界大戦の終結と国連の成立は、国連は、1946年よんしよ月じゅうはち日決議の解散を宣言した、そのすべての財産と書類移譲国連。

国際連盟職能

国際連盟を保障国際平和と国際協力の促進を目的に。盟約規定によって集団安全、軍縮、平和国際紛争を解決などの措置を保障加盟国の領土の保全と政治独立し、規定違反者に経済制裁を実行する。
にじゅう世紀でにじゅう年代とさんじゅう年代初頭、国連に注力領土紛争解決に関するいくつかのようにスウェーデンとフィンランド関係オレイ諸島争い、リトアニアとポーランド関係ヴィリニュス争い、トルコとイラク関係モースル争い、またボリビアパラグアイの間に斡旋を終瞭時間がかかるチャコ戦争大量の仕事をした。戦争を防止し、国連軍縮会議は組織ジュネーヴし、具体的なスケジュール「委任統治」。
また、国際連盟も注目して協力して国際範囲内の衛生、知的財産交流、奴隷貿易、アヘン貿易、難民や女性権利などの問題。例えば1922年、国際連盟発行南森パスポート無国籍難民を与え、そしてカ国の承認を得る。

国際連盟言語

国連の公式言語は英語、フランス語、スペイン語(1920年から)。国連はも採用世界語作が彼らの仕事の言葉や積極的に奨励使用世界語でも、フランス世界語とフランス語の地位に影響を与えるため、世界語になってない公式言語。
1921年、ロバート・セシル・提出について1部は加盟国の国立学内に導入世界語の建議書及び提案調査報告。二年後、国連じゅういちの代表を通じて、国立学校の教授の世界語の本を起草する。しかし移動などフランス代表加百利・アーノルド托(Gabriel Hanotaux)の強烈な反対しなければならない、守るとは国際言語のフランス語で、その結果世界語に公式言語の議案が否決され。

国際連盟マーク

国連は自分の旗やマーク。1920年に提出し、国連の確立に関する公式マークの議案が、加盟国の間に未で合意に達し、議案に。しかし国際組織は自分の活動に使う別種旗やマーク。1929年、国連で国際についての試合を募集するロゴが確定できなかった。1939年までが半公式バッジ、バッジ中間綴の内の2つの五角の星形の靑い5角形。5角形や五角の星形象徴五大陸と5種。旗の上や下にそれぞれが書いてある国連の英文名称(LeagueオブNations)とフランス語名称(Soci E t E des Nations)。旗は1939~1940年ニューヨーク万博の建物に使われる。

国際連盟理事会

国連理事会を担当した「執行者」として、指導を本会議の事務。国連の理事会の最初の4つの常任理事国:イギリス、フランス、イタリアと日本、及び4つの非常任理事国は、彼らが必要から非常任理事国の選挙で制し、そして任期は3年しか。そして初代非常任理事国をベルギー、ブラジル、ギリシャやスペイン。本来がアメリカ目となる5つの常任理事国が、1919年いち月にじゅう日受け入れを拒否アメリカ合衆国上院『ヴェルサイユ条約を拒否し、加入国连、これをアメリカ国連の参与度。
その後理事会アーキテクチャが変わって、非常任理事国の数は1922年きゅう、く月22日から6月、1926年きゅう、くはち日よりは9、ドイツはこの日加入国连し、常任理事国になる。その後、ドイツ及び日本1933年に国連脱退後、非常任理事国の席は9つの上昇じゅういち。
理事会ごとに一年平均で5回があり、時には特別会議に乗せて。1920~39年間で計107回国民会議開催。

国際連盟機構

国連の主要機関総会、行政院と秘書処。総会は各メンバー国の代表から構成して、すべての国に一票。行政院は9か国の代表から構成して、イギリス、フランス、アメリカ、イタリア、日は常任理事国、他の4つの非常任理事国は全大会に選出され、毎年一回替え。毎年きゅう、く月大会が開かれ、ジュネーヴ。

国際連盟国連総会

国連総会は全加盟国から構成して、凡国連メンバー国も権派が多い3名の代表大会に出席して、すべての国家はすべて一票議決権。大会の決議をり、盟約特別規定者は満場一緻で可決したほか、必要。大会は権処理に属して行動範囲以内に「連合もしくは连絡世界平和のいかなる事件」。

国際連盟行政院

行政院は国際連盟最も重要な機関。最初はごの常任理事国とよんしよの非常任理事国の代表により構成される。1920年に成立した行政院に、イギリスフランスイタリア日本よんしよ国安保理常任理事国、アメリカ未承認条約、常任理事国の座はずっと穴。ドイツは1926年、ソビエト連邦1934年前後、常任理事国になる。そしてドイツ、日1933年、イタリア1937年、また相前後して退常任理事国の座。ソビエト連邦は1939年に除籍され。だから1939年、常任理事国の殘り英、仏両国。非常任理事国は1922年に増加ろく、1926年に増加きゅう、く、1939年に増加じゅういちつ。行政院の決議を除いて盟約特別規定者のほか、均必要一緻で可決する。棄権票と紛争当事国のチケットも不計算を含む。行政院の職権や除名国連加盟国に、分配委任統治、発生時の対処が侵略集団の軍事行動に各加盟国が提案し、任命秘書長などの権力。

国際連盟事務局

事務局は国連の常設事務機関。秘書長の指導の下では、約400人のスタッフら。秘書長は行政院国連総会の同意を経た任命。国際連盟の秘書長の計3位:1920年―1933年エリック・デル蒙德ジャズ(SirジェームズエリックDrummond)イギリス;1933年~1940年ジョセフ・艾フォンノ(ジョセフ・チェンAvenol)フランス;1940年~1946年はまだ・レイス徳(Seだけn Lester)アイルランド

国際連盟国際常設裁判所

国際常設裁判所と国際常設裁判の法廷は、国連システム内の自主的な機関を持って、その職権は各国のすべての事件を審理し、行政院や大会に提出した事項意見発表コンサルティング。裁判所はオランダのハーグは、じゅういち名(後の増加をじゅうご名)裁判官とよんしよ名予備裁判官の構成。官は、国連総会と行政院それぞれ投票選挙は、両機関は多数票獲得当選者。
国際連盟の附属機関国際労働機関かもしれLabour Organization)、世界保健機関(できOrganization)、知的財産権協力委員会(Committee on Intellectual Cooperation)、難民委員会(CommissionためRefugees)など。

国際連盟メンバー国

国連は42の創立メンバー国のうち、24カ国(を含む自由フランス)国連国連解散まで殘る。1920年に国連創設時がろくカ国参加して、中には国に殘って国連から国連解散。その後、計21の非創立メンバーは相前後して加入国聯。1934年きゅう、く月28日からエクアドル加入から1935年2月23日にパラグアイ脱退し、国連加盟国の最多を誇る時の数:58。

国際連盟委任統治

1919年ろく月28日、国連は「国際連盟規約調印』第22条、正式に設立国連委任統治。この「国際連盟規約」条目1945年末受け入れて国連憲章の後、すべての国連委任統治に(南西アフリカを除いて、つまり今日ナミビア)、国連のエスクロー領地に転じ、これまでされてヤルタ会談に同意する。国連委任統治には国連管理委員会(ザMandates Commission)が担当し、すべての委任統治には皆戦敗戦国の植民地には、主にドイツの第2帝国オスマン帝国トルコ

国際連盟土地紛争調停

戦後、戦争殘された多くの問題の解決を含む様々な国、国境の正確な位置及び国家特殊地域の問題。大多数の問題での中にも与え協商国の中でいくつかの組織(例えば協商国最高議会、Allied Supreme Council)するが、協商国傾向は小数解決は難しいの問題について回る介国連。言い換えれば、にじゅう世紀にじゅう年代の頭の3年以内に、国連での混乱をもたらす1戦に参加して一部だけ。国連から解決の問題はパリ平和条約を含むいくつかやらせの国境や特殊地域問題。
国連の発展につれて、そのキャラクターは日に日に拡大。1920年代半ば、国連国際活動の中心。この変更は国連と非会員の関係の上で見て、アメリカとソビエト連邦国連の参画度渐增。1920年代後半、フランス、イギリスやドイツも利用して彼らの国连外交活動に焦点を当てながら、彼女たちの秘書の代表が出席ジュネーヴの会議。彼女たちも国連の機関を利用して関係の改善と解決彼女たちの違い。

国際連盟にシュレジェン

にシュレジェン国民投票のポーランド語ポスター(1921年)、内容は「母親はまだ私を覚えて。ポーランド一票をください。」
協商国で解決できないでシュレジェン(Upper Silesia)土地の論争は、問題を与え国連処理。戦後、当時はポーランドに属するプロイセンの上の要求を提出しシュレジェン主権、ポーランド人とその後のドイツ人はシュレジェン蜂起に衝突。「ヴェルサイユ条約》はかつて提案は同地で行われる国民投票の帰属。経国連調停後にシュレジェン1921年さん月にじゅう日に行われる国民投票は、決定にシュレジェンの帰属、結果59.6%(約ごじゅう万人)の投票ではドイツしシュレジェン管轄が、ポーランドと週辺の条件令投票不公平、結果を1921年の第三回シュレジェン蜂起の爆発。1921年はち月じゅうに日、国連は引き継いで問題を解決する事で、理事会を設立し、ベルギー、ブラジル、中国及びスペイン代表当時情勢研究構成の委員会。委員会の勧告は国民投票によって、ポーランドとドイツの好みでシュレジェン区切りの区域を決めるべきだと思って、双方がこの二つの地区の間の詳細。たとえば、どんな貨物は、この二つの地区の経済と工業の境に自由に出入り。1921年じゅういち月、双方で検討会議が行われてジュネーヴの公約。を五回会議後結局達成解決方法は、多くの地域に入るドイツシュレジェンが、ポーランド部分を持ちながら主鉱物資源や多くの工業。この合意は1922年ご月公開では、多くのドイツ人もの極めて不満が、最終的に両国は正式に承認協定。この問題を解決する事でその区の平和を取り戻すまで、第二次世界大戦。

国際連盟アルバニア

アルバニア(Albania)の国境1919年のパリと会で未劃定の、与え国連するが、国連に至る1921年きゅう、く月もしなかった。ギリシャ軍は当時何度も入っアルバニア越境領土、同国南部の軍事行動や、ユーゴスラビア軍の侵入アルバニア、アルバニア族と衝突なども、にアルバニア不安定な情勢。そこで国連派遣が国代表構成の委員会が同に視察し、1921年じゅういち月はアルバニアは回復1913年の国境。数週間後、ユーゴスラビアの軍队は抗議のもとで撤退を命じられアルバニア。
アルバニアの国境科孚事件国際間の衝突の起因が再び。1923年はち月23日、1名のイタリア将軍恩里科·泰&(Enrico Tellini)や4人の助手ギリシャアルバニアマークとの間の新しい境界の間、待ち伏せと殺害され。当時のイタリアリーダームッソリーニ怒りを求めて設立委員会は、事件を調査し、五日以内に完瞭する必要が。調査の結果いかんにかかわらず、ムッソリーニも要求を堅持してギリシャ政府支給5000万リラ賠償金。ギリシア人が公言しない限り(調査報告書)を証明しました。この事件は、ギリシア人によるなければ、彼らを支払うことはできない。
1923年はち月31日、砲撃ベニト・ムッソリーニ軍艦派遣を占領ギリシャ所属の科孚島。だから違反国連合約」を挙げ、そこに助けを求めギリシャ国連で処理に関する状況。しかし協商国グループ(ムッソリーニの堅持下)同意事件べき大使会議(ConferenceオブAmbassadors)担当解決論争は、この大使会議は、泰&将軍を頼まれる。その後国連理事会審議この論争が、裁決与え理事会大使ラスト断案。そして会議を受けたほとんどの国連メンバーの提案は、強制的にギリシャたとえ犯罪元凶見つかられないにかかわらず、5000万リラ賠償金の支払いを取り戻すイタリア属地。ベニト・ムッソリーニあとで勝利を出て科孚島。

国際連盟オレイ諸島

オレイスウェーデンとフィンランドの間を持つ6500の島の島々、島に通用するが、この年にスウェーデン語、スウェーデンを同時に失っフィンランドやオレイ諸島を切る让予帝政ロシア。1917年じゅうに月、ロシアの十月革命期間中、フィンランド独立を宣言し、大多数のオランが欲しいオレイ諸島に戻れるスウェーデン。しかしフィンランド政府とオレイ諸島は彼らの新国家の一部は、ロシア人はこのようにフィンランド大公国を作る。
1920年、紛争のアップグレードは、これというのは戦争の危険。イギリス政府は問題を転介の国連理事会するが、フィンランドは問題はフィンランド内政として、国连が絡み合い阻止。国連すると創立小型委員会国連かどうか事情で対策調査を行い、獲賛成後創立の中立委員会。1921年ろく月、国連発表決定、オラン諸島を維持するべきフィンランドの一部が、フィンランド須保証を現地島民を含め、実行非軍事化。スウェーデンで反対で、この協議にヨーロッパ最初から直接国連の国際協議を通じて。

国際連盟梅メイヤー

港灣都市梅メル(今リトアニア克莱佩达)とその週辺では、主要な人口はドイツ人なので、戦直後受け協商国ガバナンス。その後、『ヴェルサイユ条約第99条は、同に贈るリトアニア。しかしフランスとポーランド政府も賛成梅メル転部国際都市。梅メルのコントロールから1923年まだ譲渡のリトアニア、さらに促すましたフランス軍は1923年にいち月の侵入や占領。
締約国はないとリトアニア合意後、事件を差し出し国連。1923年じゅうに月、国連理事会派遣調査委員会で調査委員会は、選択梅メル譲渡のリトアニアを現し、地域の自治権。この提案は1924年最後さん月じゅうよん日獲国連理事会を現し、締約国やリトアニアガバナンス。

国際連盟モースル

国連は1926年解決イラクとトルコ間前鄂图マン帝国の領土紛争モースル州。は1920年に獲イラク第一などホスティングに施政権が、代表してイラク外交事務のイギリスとモースルはイラク;一方、トルコ共和国はイラク主張はトルコ省であるし、歴史の心臓部。そこで国連、ベルギー、ハンガリーとスウェーデンの代表をはじめとする委員会は現地に運ばれ、委員会委員も分かったのもいやになっモースル住民モースルトルコやイラクの一部が、もし選択できるのであれば、選択イラク。1925年に、委員会の勧告に入るイギリスガバナンスのイラクホスティング、現地のクルド人自治権を保障。国連理事会はすぐさまを提案し、1925年じゅうに月じゅうろくを贈る日モースルイラク。はトルコは1923年ローザンヌ条約に受けて国連の仲裁が、断られ問い合わせ国連はもう一度モースルの決定。この問題を与え国際法廷処理、しかしイギリス、イラクとトルコ1926年にろく月ご日を承認した1部の単独の条約、条約に大体国連理事会の決定と、モースル配のイラクが、同意イラクは25年以内に申請加に国連、加入後は終瞭その正体を預かる。

国際連盟ヴィリニュス

戦後、ポーランドとリトアニアは独自の地位を回復するが、両国の間には双方の境にある分岐。で波ソ戦争期間中、リトアニア同ソビエト連邦講和条約を締結する、リトアニアの境界を打ち立てました。協議も旧リトアニア首都制御を与えるヴィリニュスにして、その国の政府の所在地。この緊張リトアニア深まったとポーランド間歩戦争への憂慮そこで国連介入事件し、1920年じゅう月ななしち日の話し合いによって令双方は短い休戦協議で、ポーランドは認めヴィリニュス地区はリトアニア。二日後、LucjanŻeligowski率いる軍将軍ポーランド講和条約を破棄、発動奇襲攻撃占領ヴィリニュスと称し中立陶宛政府(GovernmentオブセントラルLithuania)はポーランド軍の保護の下で。
そこでリトアニア国連に助けを求めには国連の成長し、国連理事会も呼びかけポーランドの撤退区。ポーランド政府表明に国連、撤退ヴィリニュスだが、その後は一方的に多くの軍増援派。この国連この決定を促す:未来のヴィリニュス次第では住民の国民投票と思い、ポーランド軍は撤退ヴィリニュスは、国連派遣の1本の国連国際部隊の代わりに。によっては条約にとって、国連が派遣フランスとイギリスの強制ポーランド軍が撤退し、しかしフランスから見れば、ポーランド未来はいいの同盟国に行って一緒に対抗ドイツだから、この問題にフランスしたくないとポーランド衝突。それゆえ、イギリスフランス平気の平左を見て、彼女も独自に軍隊を派遣したくない。だから国連この問題ではない何かが実質意義の行為によってポーランド占領ヴィリニュス任せ。そこで、リトアニア強い不快感を表明し、双方の矛盾のアップグレード。1920年の暮れ、ポーランドとリトアニア間の敵対行動が再び増加が、ポーランド政府は1921年初め平和解決案を求めて。ポーランド同意をサポートする国連に提出した計画を、地元のポーランド軍撤退と協力で国民投票。国連からがされリトアニアとソビエト連邦の反対、令国連は1921年さん月棚上げ上記計画し、双方の協議に再挑戦を促進。1922年さん月、ヴィリニュスや週辺で正式ポーランドに併合され、1923年さん月じゅうよん日、締約国会議を立ててリトアニアとの国境ポーランド、国境はフィンランド国内、離れないヴィリニュス近い所。リトアニア当局に拒否決定、そしてポーランド交戦まで、1927年。
1939年きゅう、く月じゅうく日、ソビエト連邦侵入を併呑ヴィリニュス。じゅう月じゅう日、リトアニア政府ソビエト連邦最後通告を受けたのは、許容ソビエト連邦その全国設立軍事基地、交換条件をヴィリニュスリトアニアに戻る。じゅう月28日、ヴィリニュス復帰リトアニア。

国際連盟コロンビアやペルー

コロンビア軍が反抗ペルーからの攻撃
にじゅう世紀初期、コロンビアとペルーの間にいくつかの国境紛争が起きた。1922年、両国政府が締結しソロモン-羅萨诺条約(Salomón-Lozano Treaty)解決を試みてこれらの衝突。その中の辺境都市莱蒂西亚(Leticia)とその週辺ペルー割から让予コロンビア、コロンビアが使用権アマゾン川。しかし1932年きゅう、く月いち日、ペルーからゴムと制糖业のビジネスリーダーのため、土地譲渡からコロンビアが引き起こすの損失であれ、組織莱蒂西亚武装を引き継ぐ。これを受けペルー認めない軍事行動だが、大統領のルイス・塞羅(Luis Cerro)が決定抵抗コロンビア人の再占領(re-occupation)。ペルー軍その後1度の軍事衝突で占領莱蒂西亚。数月の外交論争の後、両国政府を国連に提出した調停、彼らの代表にも国連理事会報告事件。1933年ご月、双方の臨時和平協議を署名し、二国間の交渉では、紛争の領土を与え国連制御1934年ご月、最後に和平協定締結を正式に、ペルー莱蒂西亚返還のコロンビアし、1932年の侵入事件が正式に謝罪と同に、約束を実行して非軍事化で、コロンビアを与えアマゾン川と普図瑪約川(Putumayo River)の自由航行権、および互いに不可侵。

国際連盟ザール

ザール本はドイツ省であるからプロイセン南西の一部の領土とライン宮中伯構成。戦後、「ヴェルサイユ条約」に区分されてドイツサルから帰国聯管轄、1935年に国連で国民投票を愛しドイツフランスザール未来は、後にこの地域の国民投票を経て、90.3%投票はドイツ。1935年いち月じゅうななじゅうしち日、国連理事会の承認を経て、サルに復帰ドイツ。

国際連盟平和と安全

紛争は土地のほか、国連も試み調停の国の間の他の衝突。の中で成功した例は打撃国際間の試みアヘン貿易は、国连の仕事も改善した難民(特には1926年のトルコ難民)の生活状況。として国連の重大な改革は、ざるを得なかった。南森パスポートの導入、国連難民委員会南森無国籍難民パスポートを発行については、初の獲国際承認無国籍難民身分証。

国際連盟ギリシャやブルガリア

1925年じゅう月ギリシャとブルガリア辺境の歩哨の事件後、双方は戦闘を開始。事件発生後の3日間、ギリシャ軍の侵入ブルガリア。ブルガリア政府をその部隊のみに象徴式抵抗し、国境地帯で約1万5000人いちまんから撤退し、国連が助けて争いを解決する。その後国連やっぱりギリシャの侵入を批判し、ギリシャ軍が撤退を呼びかけブルガリアとブルガリアに賠償に。ギリシャ遵守国连の呼びかけに、撤退ブルガリアだが、政府に文句は1923年科孚事件後、国連にギリシャの待遇イタリアとかけ離れている。

国際連盟リベリア

ファイアストン園内のゴム栽培の強制労働(Forced labor)事件の容疑アメリカから奴隷貿易後、リベリア政府が求める国連調査。国連するとが設立した国連、アメリカとリベリア共同派遣の委员会が事件を捜査して、1930年提出レポートを確認し、同に奴隷や強制労働行為、複数のリベリア政府の役人を販売して労働契約にいずれも巻き込まれ、報告はヨーロッパやアメリカの後任の提案はこれらの事務。リベリア政府から取締強制労働奴隷制度とアメリカ助けを求めて。このリベリア民衆の怒りを引き連れて主導して大統領チャールズ・金Charlesキング)とその副大統領の辞任。

国際連盟九一八事変

日本軍は九一八事変後に瀋陽
主条目:九一八事変
九一八事変は「満州事変」や「極東の危機」(Far Eastern Crisis)、とされ、国連重大な挫折の一つと日本の横暴な名目に国連の触媒。当時中国で日本とのリースを明、満州に中国の領土で、日本政府が派遣軍権、満鉄週囲に進駐した。1931年きゅう、く月じゅうはち日夜約じゅうににじゅう分、奉天府(今瀋陽市)の北約7 . 5キロメートルの所の柳条湖満鉄の短い鉄道で関東軍部隊長官柳条湖分遣隊隊長川本末守中尉をはじめの小隊を侵略して掩護爆破して、日本軍を着せる当該段満鉄は中国兵士の破壊。その後、日本軍を占領満州派兵し、1932年さん月いち日扶植清朝廃帝溥儀成立満州国国家元首、溥儀任。しかし、この政権は発足当初獲得イタリアだけドイツなど一部の国で認めて、他の国は堅持して満州は中国領土の合法。一方、日本軍国主義の野望を満たすためには、日本がごたごたを起こすため、軍事行動が言い訳。満州国で発足前、日本軍による日本華人殴打僧侶や日本品ボイコットを名乗って、派遣空軍、海軍砲撃上海を引き起こし、1ヶ月以上の戦争、史称一二八事変
その後、国連の同意を中国から駐国連代表施肇基博士の要求をしリットンジャズをはじめとする国連調査団遠すぎるので、航続距離が遅れた調査団の中国でのスケジュール。当調査団に満州奉天時、現地の中国人は日本軍は占領満州、日本は国连とその行動の目的はこの区の平和維持。1932年きゅう、く月よんしよ日、調査団北平に署名した調査報告書は、それを返してジュネーヴ。報告書に明記「日本占領行為は間違っている」や「満州は返還の中国人」。投票前、日本の脅威大会を多く侵略行動が、最後には国連総会での投票よんじゅういち票(いちチケットを日本、そしてシャム棄権)を通じて基づくリットン報告書の声明は、満州国の合法的な地位を否定し、日本が中国に返還を要求し満州。そのため、日本は1933年さん月27日引退した国連、中国とは認めないがない満州国も回復満州。
国連条約、国連対応日本実行経済制裁が、動きは推進のため、アメリカは国連のメンバーは、国連に実施された経済制裁はほとんど使っていない。原因はもし国連日本経済制裁を実行して、日本は国連加盟国との貿易を行うが、依然としてこの大国とアメリカ貿易し、日本経済のレベルを維持。また、国連が構成軍の攻撃が満州、いくつかの主要なことをイギリス大国とフランス内政(例えば維持植民地の現状)として拒否で行けない。それゆえに、CGを続ける日本の満州、第二次世界大戦終瞭まで、ソビエト連邦赤軍入ってや中共まで返還。

国際連盟ビルの穀戦争

主条目:ビルの穀戦争
国連止められないこの場ボリビアパラグアイ両国を争奪南アメリカ大陸中部グランチャコ(訳がビル穀北部での戦争。たとえこの地域の土地が広く人口が少ないが、1920年代の後に発見され、同区に秘めている豊か石油資源で、その帰属ボリビアとパラグアイ紛争の間である。1928年からから、両国の間に武力衝突が発生する。ボリビア得たモービル石油会社とチリ支持後、ボリビア利用モービルのローンを与え、米英など大量に購入新式兵器、軍事力をはるかに超えてパラグアイ。ボリビアそこで1932年ろく月じゅうご日出兵占領北チャコ砂漠の中の亜に基づく薩カード塩水湖地区、戦争が本格化し。
パラグアイ自発に国連请援が、国連は「すべてアメリカ州事務が与え氾アメリカ州会議(Pan-Americanカンファレンス)処理」として拒否に行動する。その後の戦争で双方に多大な損失、双方合わせて損失きゅう、く万の兵士が、その方は約57、000人ガラス、パキスタン約36、000人が、当事者の死亡人数が総人口の違いがあり、この二つの国が抱える崩壊の瀬戸際。双方の最後は1935年ろく月じゅうに日アルゼンチン、アメリカ及び他の南米国家の調停で達成停戦合意、ななしち月21日締結し、双方ブエノスアイレス和約』『、パラグアイ獲得北グランチャコ地区をふんだんに土地。

国際連盟イタリア侵入エチオピア

1935年じゅう月、イタリアリーダークーデターを招き、スペイン共和党と民族主義者や保守派の人とを含むいくつかスペイン軍将校を含む反共主義、反政府勢力間の長期の武装衝突、内戦が勃発スペイン。スペイン外相Julioだけlvarez del Vayoすると1936年きゅう、く月国連に助けを求めて、その領土保全を守ると政治独立。しかし国連のメンバーは挿手介入も外国勢力介入衝突阻止。ヒトラームッソリーニその後は全力で援助を続けてフランコ指導下のスペイン反乱軍では、ソビエト連邦支援スペイン共和政府。1937年2月22日に、国連発表禁止外国誌願兵介入戦局。

国際連盟失敗の原因

国際連盟失敗の原因がある:
いち.ない武装部隊、無力阻止侵略事件など、1935年イタリア侵入エチオピア1932年、日本が中国に侵入東北を確立し、「偽満州国」。
すべての加盟国に.決議が一緻し、時間の無駄、効率の低下。
さんはいくつかの強国に加入していない:
大統領はアメリカウッドロウ・ウィルソン努力を促した国連の成立は、アメリカもない加入国聯。1919年じゅういち月じゅうく日、アメリカ合衆国上院受け入れを拒否して『ヴェルサイユ条約』を拒否加入国聯。
ドイツは1926年加入国连、1933年きゅう、く月じゅうく日終瞭。
日本とイタリアは常任理事国は、それぞれ1933年さん月27日及び1937年じゅうに月じゅうに日ためにはさらに実踐軍国主義ファシズム横暴な名目で。
ソビエト連邦1934年きゅう、く月じゅうはち日加入国連が侵入フィンランドでは1939年じゅうに月じゅうよん日から除名籍。
よんしよ. .欠乏常駐組織は、国際事務反応が遅い。
ご.大切な国のメンバーは自分の利益を守る傾向にある。例えば委任統治に制度の確立、敗戦国の植民地や勢力範囲を深めた再瓜分など、各国の間に固有の矛盾、埋めた大国紛争の新禍根。
ろく.英、仏両国の操作国際連盟、推進宥和政策、消極的にファシズム拡張。
ななしち.客観的かつ認可が完備の国際法律支持各種サービスのみに頼る条例。