二条

『二十一条』日本帝国主義滅亡する中国秘密の条項。日本帝国主義のうちに第一次世界大戦期間欧米各国のない東顧のタイミング、1915年いち月じゅうはち日、駐中国日本公使日置益朝見中華民国の大統領袁世凱手渡す二十一条の要求のファイルを政府に要求して「絶対秘密に力を尽くして、速返事」。その後、日本帝国主義の手段を脅しつけたり利益でつったり、5ヶ月にわたって交渉し、政府を締結袁世凱を強制しようと、中国の領土を、政治、軍事、財政などを日本のコントロールの下の二十一条理不尽な要求に、これらのアイテムと日中二十一条」、日中協議を経て、袁世凱を余儀なくされる調印不平等条約「中日『民四条約』」。しかし注意するのは、「二条」と「できない民四条約』。1922年のワシントン会議で廃止され部分条項。その後条約内容が書き換えられてまで、1945年日本は第二次世界大戦中に失败した廃絶。
二条

二条歴史の背景

1914年に正式に大統領の袁世凱『を制定中華民国アイジー」(通称「新アイジー」)、もっぱら国、講和条約を結ぶの宣戦布告とすべての外交力。同じ年欧戦爆発、ヨーロッパ各国はほとんど全体に戦争の渦は、中国政府も同年はち月ろく日中立宣言、日本攫夺は機会に乗じてドイツ中国の勢力は、はち月じゅうご日向ドイツ最後通牒を発するとし、日英同盟を辞めによると、中国政府ドイツ通知:一、日本海側の中国艦隊者、すぐ武装を解除する;2、ドイツ政府は膠州灣租借地全部、これから付中国の目的、1914年きゅう、く月じゅうご日以前に、無償で、無条件の交付と日本、三、以上の2項、ドイツ1914年はち月23日正午にはまだ完全に認めての答えは、日本執必要な行動。
~期、ドイツ非答え、日とははち月23日対独宣戦、然にヨーロッパ出兵が、2万数人、中国海陸軍山東省竜口接岸、横断莱州半島交戦区域を、すべて沿道の中国の町で、できるだけいい占領、敵国辦理と見なす。日本軍は山東の上陸は中国政府の事前通知。それを知った後で、袁世凱の最初の対策は、日本軍の行動の条件の下で無力阻止、採用当年日露戦争時期が使用した方式で、日本軍の劃定通過通路と参戦国戦域、またすぐ中立区防止のため、戦争波及中国。そのときの方策の過程によると、その会議に参加しました顾维钧思い出は次の通り:
「大統領は急きょ、大統領府会議を召集し、すべての閣僚も出席し、参事も誘った会議に出席する。その時私は外交部参事は、招かれた三人の一つとして、また二人は国務院(内閣)参事。一つは伍朝枢かつて、伍入学オックスフォードは、イギリス弁護士、ロンドンリンカーン法学協会の会員で、もう一つは金邦平彼は留学日本も、国務院参事。大統領開会を宣言すると、三人の参事招待出席は、彼らがかつての3つの異なる国に留学した法律を勉強したことが、知って国際法;議題はどのように対処の日本対中国領土侵害にあたる。彼はまず三人の法律家の意見を聞く。大統領が先に私は発言して、私は迷わずに言って、日本軍は国際法違反龍口上陸公然のために行動を発表している中国の対EU戦中立、国際法は、交戦国双方は中国を尊重するの中立。そのため、中国は限りその立国の責任、義務国土の防衛をその立立場。そのため、日本に侵略を防ぎ、理由の極みで明らかに。大統領と伍朝枢発言、聞きたく研究国際法の留英学生の意見。ケンウッドは以前有名な中国駐ワシントン公使伍廷芳の息子。彼はずばりと言った彼の見解を完全に私と同じに、中国はその立の義務を履行しなければならない、才能は国際法保障中立国の権利。もし中国はその中立の防衛、瀋黙は認めないに等しいても、日本の行動は黙認。袁世凱と金邦平意見。日本には金の情勢には通常ほど、彼は実には明確な意見にくい。袁世凱ステアリング陸軍総長段祺瑞、陸軍総長から聞いて国土防衛の為に、中国軍がどれらの行動をとることができる。段と答え、大統領の命令は、部隊が抵抗を深く考えて日本軍山東内地。しかし、武器、弾薬不足、作戦は非常に難しい。大統領歯に衣を着せぬ;身も蓋もないに彼に聞いて維持できるくらい抵抗。すぐに答えて四十八時間帯。大統領は彼に聞いて四十八時間後どうしよう、彼を眺めてみると大統領は、大統領の指示を待つ。大統領はさらに「外交を統括孙宝琦。孫もぐもぐ何を言ったかは知らないが、とにかく彼の意見は成熟していない。大統領左右を見回すことを待って、別の人の総長意見を発表、しかしみんな黙って。深くため息をつい大統領と彼は分かって、国際法によって、法律家たちは我が国の意見はどのようにして、しかし私は少しも用意しない国、中立国の義務を尽くして?
大統領を持っているとして準備したメモ発言の根拠として、彼はみんなに注意して、満州で、中国は似たような事件。1904年~1905年に日露戦争で中国国内において、その時日本軍の行動を止められないので、「交戦区」を画する。では、送金廊下、日本を攻撃中国靑島廊下、干渉しないでを通じて日本区では、その地域以外に中国は依然として中立を守る。明らかに、これは非常に非常に対処する局面の措置。大統領という場の法律家起草劃定と交戦区のファイルや、その外に中立の条例。陸軍総長から説明を用意していない中国を長期的に抵抗し、大統領の主張のソリューション、参加者が一緻してこの案は、現在の中国の唯一の従うべき適切で実行可能な政策。」。
つまり、日本軍は中国軍上陸し、まったく無抵抗の情勢は、袁世凱やむを得ない発表wei県以東を駅日独交戦区域、西を中立地。しかし日本側も不置かに、反を軍进占wei県後、線路に進軍し、済南を占領しただけでなく、膠済鉄道が全線と沿線の各鉱山、すべて路矿サービスの中国人従業員のすべての変更を駆され、日本人全体と称し:山東鉄道はドイツ政府が直接管理の鉄道、ドイツ国有財産、……日本を破壊ドイツの根拠地では、その占領膠や占領済南、特殊所属正当で、中国とは関係雲々。中国側は再三に抗議し、日本側のことを全然無視、靑島に至るまでも、日英連合軍が占め、袁政府は公式覚書日、オンス公使を要求を提出して、この日休暇業を煮やすに提出、袁世凱二条。

二条交渉を経て

を受けて、日本侧が「二十一条」後、袁世凱一国の大統領、日本へ提出過酷なアイテムは、とてもし。彼は1915年いち月きゅう、く日接見その軍事顧問坂西利ハチロー日本人に「日本国は中国を平等の友邦相互付き合うには、なぜややもすれば視中国の犬のようにブタや奴隷?昨日のように置公使出しな要求条件、我が国の固原を譲歩できるだけ、しかしありえない事はできない、仕方がない。」。
明らかに、袁世凱最初は「二十一条」の反感はかなり強い。情といって、袁世凱結局はベテランの政治家として、彼は中国に帰っても日本の貧弱止し、この動きを受けて、険しいので、「二条」に、袁世凱は驚くが、気色ばむ外交辞令はではなく、日本人に教えて、「中日両国の親善を私の夙望が、について交渉するべき外交部担当の辦理。」日ををした後、袁を味読する条約テキストを殘して。
その夜、緊急会議を召集袁、国務長官徐世昌、陸軍総長段祺瑞、秘書長梁士诒、政治堂左丞杨士琦、外相孙宝琦、次官らが出席して曹汝霖。翌日から21日、また三日連続会議、明細の対策。袁氏は彼らに教えて日本の「覚書」(つまり二十一条)の大体の内容の後、日本の「意図を指摘制御我が国、軽視できない。に至っては覚書第5号が朝鮮視我が国、いけない彼と相談。」その後、彼と梁士诒など密商楽な仕事をする方法。「二十一条」は、袁逐条コメント、全体の交渉は袁氏の実指示(例えば、第一条、袁:この本はいくつかの為中ロ協定、東北三省会議にはロシアの年限未満允続け、日本展続満期、今また新たによりカスタマイズが、将来もしことができるならば回収し、この条すぎる必要はない論争。合弁に鉱業、陣:12カ所と承諾しなければならない写真鉱業条例辦理、ますます少なくなり良いが、殘って中国人と自办。建造に鉄道、ロットによると:須他国と借金を行政権は道が同じ、鉄道、中国人が自ら管理、日本だけで借金の会計審査允管理権、惟は慎重に吟味。貿易につけ、ロットと:須用自開発を制限すべきだがないように、日本人が来て、主客転倒する。汉冶萍矿厂ロットについて、称:これは商会社、政府は世代を。は沿海地区の譲渡、陣によると、非常識、でたらめで、領土も譲ら第三国。大陸部雑居、陣によると、治外法権は回収できない前に、允と雑居。第五号、ロットによると、この制限我が国の主権、まるで朝鮮と私、この条件じゃ、国は平等を提出し、実堪怨み、いけない開�、ネットワークアーネットワークアー)。
では袁世凱はどう交渉プロセス制御、その交渉手段は何の特徴がありますか?客観的な評価はどうしますか?によって当事者の思い出や、ファイルに関連している資料、通観その交渉全過程、袁交渉中の外交の運営は大体次の通り:

二条時間をかせぐ

遅延術を発揮、中国側の転機に利益がある。交渉を遵奉する大統領の意図が行われ、袁世凱の交渉がまだ正式開始時、再び応対が上手難局を起用した交渉の陆徵祥は、彼から外交担当総長司会交渉、替えた対外交渉にはそんなに得意である孙宝琦。もうすぐからの交渉、袁の交代は逐条逐条協議、漠然としない者は、「できるだけは遅延」の目的。これに対して、陆徵祥まで、多くの策と考え、日本侧と展開に応対する。
例えば交渉時間の上に、日本公使日置益要求毎日相談、一日中相談、早く終わらないような関与(『加藤外務大臣複日置益電気』(1915年いち月26日)に陸は仕事が忙しい、体によくないとして、日本の相談が毎日堅持して会議は毎週3回、毎回2時午後5時。そして毎回会議の前置き後、命にもお茶を煙、侍従たちは着実に気をつけて、またタバコを点すはお辞儀をして、いちいち手向けるまで終わって、三時間との交渉に時間になった二時間。
交渉中、陸の顔がよくて、時々発いくらか二股膏薬の意見はいくつかの条項に妥協して、しかしいくつかの面にも、態度として譲らない。それの繰り返し、のように、中日「二十一条」の交渉は、1915年2月2日に正式に交渉開始から、1915年よんしよ月26日日本を改正案にわたって最後まで、84日。会議は25度前後、外折衝ないにじゅう余度。交渉に時間の長から、私たちの辛さと交渉する。
然而,一味拖延并不能解决问题,到1915年5月1日,双方已经进行了两个多月谈判,由于中国的最后修正案仍然坚持对日本所提诸多条款的修改和拒绝(如中方1915年5月1日提出的最后修正案中,虽承认日人在南满之居住营业及土地租界权,但不允永租,并要求日人服从中国警章,与华人纳同样之各种税课,且关于土地之争讼,无论中国人与日本人,或日人与日人,均归中国官吏审判;于东部内蒙,则拒绝我合办农业及经营附随工业之提案,且不但要求胶州湾之无条件归还,及参加日德讲和会议,更要求日本政府负担中国因日德战役所生损失之全部,并即时撤废日本因战事之军事设施,先行撤退占领地之守备兵;而对于第五项之各条,则全行拒绝)。日本がやっと負けばらの業煮やし、ご月ななしち日向中国で最後通牒。最後通牒を固めて中国への侮辱だが、立証した中国政府交渉過程の中の「软磨硬拖」は全然無効、せめて日本国際世論に暴露したその狡猾で、横暴と無理なイメージ、それによって世論に陥って不利。

二条漏れ交渉

わざと漏れ交渉内容を発揮、「夷を以て夷を制す」の方策について。袁世凱の経験によって、欧米諸国は日本と中国は決して手を拱く独占し、日本では「二十一条」にも心配を招いて他国の警戒心と干渉で要求中国側の厳しい守秘。袁世凱看破するこの時に、わざと「二十一条」アイテム内容は流出は、その実現を日本の方策を牽制外力。そこで、外交を統括陆徵祥就任早々、帝政ロシアの駐中国公使は訪問は、日本の「二十一条」の情報流出にわざとロシア
日本では「二十一条」半ヶ月後、袁氏の秘密外交の蔡廷干するを通じて、事を明らかに西洋の記者、また、彼ら(イギリス記者端納と袁家の政治顧問莫里循など)を条約内容に関し開示にタイムズとイギリス駐中国公使朱尔典。中国外務省の公電駐英公使施肇基、彼は「個人の名義で、重要な噂として、外交部にイギリス密偵」。袁氏は「毎日英語の秘書顾维钧外交部の会議のあと、例えばは同日午後、至晚第二日に会いに行きアメリカ公使芮恩施とイギリス公使朱尔典」(顾维钧:『顾维钧回想録』、第一冊、第128ページ)。情報流出のため、各国は次々と日本提出質問を迫られ、日を各国に提供する「二十一条」で削除する本に疑問を投げかけるのため、日本は非常に受動ない境地を認めざるを得ない「二十一条第五号の条項の存在。また、「二条条項流出など、各国に注目、中でもアメリカを焼く。たとえ日本で中国との条約締結交渉を余儀なくされました後には、アメリカ北洋政府と日本へ電気さえ2:その一「凡中国政府と日本政府の業経または将来の契約を通じて場所を通じて、そして真面目に允各節、アメリカ政府は当該契約と各車両内允認すべての損害アメリカ人民政府やアメリカ約束ところ毀損し、すべての権利、中国主権や領土権、国政や各国の中国と国交に名称いわゆる門戸開放主義、一概に認められない。」駐中国公使(『アメリカ芮恩施覚え書き』(1915年ご月じゅうさん日)別の電気は提出:「凡今商の条約の契約は、そのような他人について中国では、または中国の一部地方の利益、本公使切に望む)お知らせ本国の政府、本国の政府は中原に条約があることはでき待各国の理を分かち合い、他国の所得の特別な権利」。アメリカの態度、日本独占中国の野望とはびこって気はないが、意味は大きい抑制。

二条日本側を探る

日本側の事情を探る、確定譲歩ボトムライン。敵を知り、側が百戦危うからず。袁世凱交渉過程の中で、何度も人を派遣して日本の各方面に「二十一条」の態度を知っているかもしれないため、彼らはどれらの譲歩することができて、確定する中国はどれらの方面で拒絶するか、どの方面が適度な譲歩する。例えば交渉開始後、袁世凱すなわち派彼の日本が贺长雄顧問に東京和た与日本政府、特に日本外務省が影響を受けた元老連絡、彼は希望から長老たちの個人の意見で知った強制で中国を第5号の条件に日本に行くから。後は派政治堂参議金邦平日本へ訪問活動、再び松方正义(日本元老)、希裏取引を通じて、幻想を利用して日本を元古風と大隈重信内閣は侵華手法のいくつかの意見が分歧し、外交交渉で商人は腹を売り客は下より這う。実際の効果から見れば、もし、袁世凱と日調印後の「中日新約聖書』の中で、日本は値下げせざるを得なかった要求を危害、中国最大の条項を取り除く。日本と最初に掲げた「二十一条」とでは大きな違い。

二条外交パワー

試みは世論を外交のアシスト力。中日「二十一条」交渉中、袁世凱を図るために外交パワーは、意図的には交渉内容からは外に、各国と暗助同情する。同様に、国内の世論や人の心も、袁世凱試みについての利用限度がある。もしいくつかの暗助言する背景のある紙を披露し「中国に関するいくつか日本で条項の報に、いくつかの新聞掲載する愛国反日言論の文章、逝く鼓動各界の発起日本品ボイコットと救国運動で貯金、心の弱体化して日本政府の立場は、政府によって交渉を提供する。では「二十一条」のメッセージに伝播した後、北京、上海、漢口、広州、奉天、吉林、ハルビンなどに相次いで日本品ボイコット運動し、急速に広がりが全国により、日本の対中輸出が激減する。でも、人の心を外交の後援を従来は両面刃から、袁世凱一方で世論を利用して日本側に一定の圧力は多分、一方で心配も日本国内に怒ったり、反対力落下話から、国内各地の「ブーム」がダイナミック極めて関心を持って、発見を離れてその制御の兆しが発表、政令を厳禁。各省将軍は密に公布する「厳束軍令、軍、取り締まる誹謗する」、「警戒「乱党」で保治安」。もちろんこの視認し日本に表象のが、確かに袁世凱の心配を反映した。

二条消極的な抵抗

具体的な実施の過程の中で、消極的抵抗。最後通牒を受けた日本の翌日(ご月はち日)、袁世凱決定と日の契約は、その召集の国務会議で、袁談話を発表し、「今回の日人乗り方殷欧戦、欺我が国の貧しい時、過酷なアイテムを提出する。経外部と日をかけて交渉、三月二十度を過ぎて、会議から、常にひたすら忍耐して、冀达平和解決の目的。しかし日本は諒、団子理つく、結局最後通告を認め、迫私。我が国が弱く、むやみに侵略と私の主権、私を縛る内政、例えば第五号に掲げる者を、私は拒否する力。……我が国の国力未充、現在まだ武力衝突にくい。英朱懸念を中国、情特殊可感を考量して、利害、やむを得ない日本の要求を通告を受け、どんなに胸が痛い!いかに恥!無敵の海外患国恒は亡くなり、経大にくいこの後、ぜひ今回日本の要求を受け入れ認め会稽の恥じ、臥薪嘗胆の精神、発奮して意気込むの事業をとりあげ、軍事、政治、外交、財政更新予定の追求、定年数は、思い切って、群対策群力に達し、期の目的は、朱をいわゆる日本に十年と頭をもたげて会えて、まだ希望や。三年立てば三つになる踏襲するなら、忘れて恥は特に今日の降伏奇恥無報復の時、おそらく10年以降、中国の危険よりも今日、亡国の痛み、すなわち現在。私は、国民にゆだねるの重くて、決して「亡国の民。しかし国の興、諸君と責任があり、国の亡、諸君も責任があるとしても。」以上の話は、自分がテレビを袁と日契約弁解ともみえるが、袁ざるを得ないと日契約時に身の情の排水かもしれない、この両者で併有。でも、と日に調印後、袁合意条約に調印日を「国恥日」とは、後者の成分は前者より。
条約締結後、袁氏は「二十一条ボイコット」の希望は外交交渉を消極的に破壊。許されようが満、東蒙地区中日雑居や、いわゆる雑居地の商借り権問題、日本顧問などの採用は、指定されているアイテムを受け、袁意思が参政院「退治国賊条例」に加わった外国人と契約して、私は厳禁レンタル販売土地鉱山産の条例と中国すべての沿岸港灣岸島割譲は一切租与外国の条文に招かれる日本顧問は同様に暗を排除して、袁世凱秘書曾叔度言う:“购地、借地、私は彼に一寸にも買って手に入らない。雑居する、私は彼に出付属、即ち遇危険。日本人は警察、顧問で、彼は月の間で、彼にいくつかのお金が、顧をよそに、問問わず、権は私。私は見て行政を破壊することができて、条約、法的手段で壊せない。また他の各、私はすべての破壊の法」。移動の効果について務め、袁秘書の曾叔度でことに忆及取引日人の言:"私などの付属の境界内囚われ、一歩出る勇気がない付属地」。「私の名は顧問などない、実は人顧、絶対に人に聞いて。」彼は消極的抵抗は本当を「二十一条」この人が古紙が、ボイコットの日本の対中侵略の面でも一定の作用。

二条アイテムの内容

1915年いち月じゅうはち日、日本の駐中国公使日置益に謁見袁世凱、二十一条の要求を提出した書類を政府に要求して「絶対秘密に力を尽くして、速返事」。その後、日本帝国主義の手段を脅しつけたり利益でつったり、5ヶ月にわたって交渉し、政府を締結袁世凱を強制しようと、中国の領土を、政治、軍事、財政などを日本のコントロールの下の二十一条理不尽な要求に、これらのアイテムと「二十一条」、また「民四条約。

二条条約の全文

第1号
日本国政府と中国政府が、互いに東アジア全体の平和維持をお願いし、期間は現存する両国の友好関係を強固に善隣の転た、茲には定条項は以下のとおり:
初めての中国政府が快諾、後日日本国政府にドイツ政府協定のすべての予定についてドイツ山東省根拠条約、または他の関係は、中国政府がすべての権利を有し、利益移転などの処分を認め、一切行。
第二項中国政府快諾し、凡そ山東省内の土地やその沿海一帯の各島で、何かを次の名目で、一切譲らないや租与他国。
第三項の中国政府の許可する、日本国の建造は煙台や竜口引き続き膠済の鉄道路線。
第四項中国政府を約束し、外国人居住貿易のために、早く咲きから山東省内の主要都市としては別途貿易;その開くところ協定。
第2号
日本国政府及び中国政府は、中国で認めて日に同国は南満州や東部内蒙古享有優位、茲にパス条項は以下のとおり:
初二契約する国同士を約束、旅順、大連の租借期間を南満州鉄道や安奉2、期限は展から九十九年の期限。
第二項日本国の臣民は南満州や東部内蒙古をカバーし、商工業の応用の不動の工場、または耕作が、その土地の租借権や所有権が必要。
第三項の日本国の臣民は南満州や東部内蒙古、随意に住む往来し、経営者が工業などの各種の商売。
第四項中国政府允は南満州や東部内蒙古の各鉱採掘権、許と日本国の臣民。に至っては準開各鉱山は、別途商注文。
第五項中国政府について開くし、左の各項はまず日本国政府の同意を経てから:
一、南満州や東部内蒙古の認可する他国の人を建造建造鉄道、または鉄道他国に金の時でし。
二、南満州や東部内蒙古の各税授業します、国の借金は彼の時。
第六項中国政府承諾するなど、中国政府は南満州や東部内蒙古の採用は、政治、財政、軍事各顧問教習は、必ず日本に国政府の協議。
第七項中国政府は鉄道の管理経営允吉長件、委任日本国政府は、その年数は、この約捺印の日から、九十九年の期限。
第3号
日本国政府及び中国政府、顧は日本国资本家と密接な関係汉冶萍会社は現在、両国の共通の利益で願い、茲に纏めるように左条項:
初二の締約国同士で約束を待つ将来かなりチャンスを汉冶萍両国の合弁事業会社として;そして允など日本国政府の同意を経ていないで、すべては同社のあらゆる権利産業、中国政府は自らもない処分を同社の任意の処分。
中国政府の認可する第2項に属して、すべて汉冶萍会社の各鉱山の近くの鉱山は、同社の同意を経ていない場合、一概には同社以外の者に採掘を允また凡欲措置にも直接間接する同社恐の影響があるとして、同社の同意を経ておく。
第四号
日本政府と中国政府を着実に保全中国領土の目的、茲に打ち立てる専条を次のように:
中国政府の許可するすべての中国沿岸港灣と島、などとの譲渡または租与他国。
第五号
初めての中国中央政府、日本人須採用、充政治財政軍事など各顧問。
第二項のすべての大陸部の日本病院、寺院や学校など、一切允その土地所有権。
第3項に来日中両国に、何度もから警察事件に車、その結果「誤り」「車ホイ」のことは少なくないので、地方の警察を必要として、日中合弁、またはそのなど地方の警察署は、多くの日本人を採用、一面立案改良中国警察機関係。
第四項は中国が日本に購入を一定数の兵器(例えば中国政府の必要の兵器の半数以上)や、中国で設立中日合弁の兵器工場採用する日本人技師として、日本の材料を仕入れる。
第五項を引き続き中国允武昌と九江、南昌の鉄道路線や、南昌、杭州、南昌、潮州の各コース鉄道の建設権許と日本国。
第六項は福建省の籌辦鉄道、鉱山や整頓海口(造船所を含む)が必要な場合、外国資本の時、先に日本国協議。
第7項の中国と日本国の人は中国人が布教の権。
(1)の2国同士を約束しよう、旅順、大連の租借期間として、南満州鉄道や安奉2、期限は広がって九十九年の期限。
(二)日本国の臣民、南満州東モンゴル、カバー造商の工業は応用の工場は、または耕作、その土地の租借権が必要か、所有権。
(3)日本国の臣民、南満州東モンゴル、随意に住む往来し、経営者が工業などの各種の商売。
中国政府は、(4)允は南満州や東モンゴル各鉱採掘権……。

二条条約を簡単に述べます

①日本継承ドイツ認め、山東省のすべての権利、山東省やレンタル他国譲らない。②認め日本人で満と内モンゴル東部の居住して、往来、経営工商業および採鉱するなどの特権。旅順、大連のレンタル期間が満安奉し、2鉄道管理、期限は展延~99年限り。③汉冶萍中日合弁会社に変更し、近くの鉱山会社以外の人は採掘。④すべて中国沿岸港灣、島は一切リースまたは彼に譲る国。中国政府は日本人を雇用する⑤政治、軍事、財政などの顧問。中日合弁警視や兵器工場。武昌~南昌、南昌―杭州、南昌―潮州の間各鉄道建設権譲渡日本。日本は福建省は採鉱する、建築港や造船所及び道普請の優先権など。

二条条約を廃棄する

につれて護国運動のに行われており、袁世凱最後に死んでしまって。同条約の一部に影響するから他の国の中国での利益は、第一次世界大戦後1922年のワシントン会議で廃止され部分条項。その後条約内容が書き換えられてまで、1945年日本は第二次世界大
二十一条――国辱二十一条――国辱
戦での失敗の後で徹底的に廃止。

二条袁世凱と「二条」

ずっと以来、1915年北洋政府の対日「二十一条」交渉も思われ袁世凱「売国外交」や「屈辱外交」の典型的な、そしてどんな教科書では国の歴史の記憶の中で、袁世凱はほとんどが必要とされていると支持を受けて自発的に日本を「二十一条」だから、「国を盗み取る泥棒」の袁世凱は多くて「売国奴」の称号。
しかし、学術研究をますますによると、袁氏在対日「二十一条」交渉でもこめて屈辱だが、その話にならない「売国」。

二条重視する

いち、日本戦の西侧諸国のうちにも東顧、中国には「二十一条」
日本と歴史の恩讐袁世凱からずっと敵対的で、したがってその権力を極力ボイコットの日本、日本の対袁世凱も多い不満。辛亥後、袁世凱権力を握っている、日本と中国で多くの権益を開けない、常に袁氏が、袁氏在外交上はずっと依存抵抗日本欧米、日本を中国で利益はずっと障害。まさにこの背景の下で、戦が爆発したとされていて、袁世凱で日本の英ロシアで均衡」を借りて徳などの国ヨーロッパ戦場深い無力東顧、日本で見たされる中国のチャンス。日本の政界元古井戸にヨーロッパ馨と大戦“日本国運発展は大正年代の天の佑助」、「日本は機会に乗じて確立主張東洋の利権」。日本の駐中国公使日置益は戦は「中国に要求の好機」。1914年きゅう、く月、日本は日英同盟の名を借りて、ドイツ出兵に宣戦布告を占領膠済路と靑島、同時に日本内閣の決定、欧戦が終わる前に山東省靑島や戦域一律軍事管制を実行して、各級の官吏は日本の派遣、山東省では、日本路矿監督、税関も派日本人管理。後、中国は日本から撤退山東問題と日本と展開外交交渉が、日本から撤退の意どころか、かえって希望戦争の有利な機会を利用して中国に多くの権益を求めて。まさにこのような背景の下で、1915年いち月じゅうはち日日本駐中国公使日置益に外交慣例を越えて、外交部に直接提出袁世凱「二十一条」密約に分けて、5日、中国が日本を属国。
に、袁世凱誓い「中国は決してし高麗第二」、積極的に日本との交渉
明らかに、いかなる国会者にとって、「二条」で中国の主権の侵害を超えてこのすでに完全に耐えることができるのボトムライン。対袁世凱にとっても、日本を「二十一条」の密約後、袁氏は怒りにその日本の軍事顧問は「日本が中国を亡国の民視し、中国は高麗第二。」特に第五号の一番不満:「その中の最もばつが悪い者、曰本を確実に保全中国各政採用日なら、曰本人有力顧問、曰合弁必要地方警察、曰兵器定数日本に買い付けるし、合弁(軍)機械工場で、その労働力と材料。この四者…
袁世凱側が「二十一条」の部分の指示。袁世凱側が「二十一条」の部分の指示。
…例えば允その一として、国のない国……それを見て四条について、……誓いは、生きている限り、決して承諾。」は日置益を「二十一条」の夜、袁世凱だけ国務長官徐世昌、外交を統括孙宝琦、外務次官曹汝霖、税務所の監督に対応策を検討梁士诒ら、その後连続召集陸軍総長段祺瑞、司法総長章宗祥らの意見を聞く。これらの人の態度が一緻しない:段琪瑞主張と断固拒否、までして対日作戦;孙宝琦「問題は交渉の余地がない、ただ受け入れる」、外務次官曹汝霖主張も受け入れます;梁士诒は「不談判を受けて、外交でないこの例規。私たちは日本と討論するので、に関して討論してどこまで、後で見。」陆征祥も日本と交渉すべきだと思う。果たして、袁世凱は「慎重に検討した結果、主張と日本側が交渉。」では袁世凱は「二十一条」で日本側が出した具体的な要求の態度はどのようですか?これからその自ら「二十一条」の部分の指示にわかる:
また、中国の主権侵害最多の第五号条約、袁世凱は何度も何度も手の「各内で多くの内政に干渉し、主権侵害実難しいところ、同意」。いくら1915年ご月ななしち日限り袁世凱から48時間以内に満足日本要求の最後の通盤の後、彼は最後に通皿のテキストに手陣:「顧問、兵器兵工場大損主権承認、中国政府决难。中国政府としての影響が殘してください主権のため、全行削除切れ殘しにくくて、この葛藤の時。」したがって、袁世凱堅持して拒否第五号の内容。また、袁世凱は全体の対日交渉主導の全過程によると、顾维钧回顧録で「袁世凱大統領は舞台裏の本当の谈判者……日中交渉ではどちらが受け入れることができるだけではなく、何を拒否すべき問題などの原則は彼が決定、彼はさらに規定に対処した日本公使の戦略。……全体の交渉過程で、毎回会合の記録はすぐに拝呈大統領。彼もチェックし、指示。

二条四大の策略

除交渉中主張以外、袁世凱何とか交渉以外に力を入れて点を探して、追求は中国の利益の被害を最小限に。では、袁世凱の対日交渉過程にどれらの策略をとる、これらの策略にどれほどの効果ですか?
戦略:交換を命令する交渉を外交を統括者牛歩戦術
交渉をできるように、より多くの時間を遅らせる袁世凱なるべく交渉プロセス。日本側が出し袁氏在「二十一条」直後の交換の外交を統括する――陆征祥に任命孙宝琦。袁氏がこのようにして2種類の考えは新官就任処理、多くのことが消耗に多くの時間を、そして日交渉に影響しない。2は袁世凱と陆征祥外交資歴が豊かであるが、日本語がわからないので、会議をする時双方の言葉にかなりの時間を消耗され、さらにから遅延が交渉の役割。
また、袁世凱指示陆征祥できるだけ時間をかせぐ。そのため、陆征祥も一生懸命を出しました、例えば顾维钧記載によると回想録「日本毎日相談、週に5回、陸は毎週1回会議をし、雪も氷も解くるようと日本側に争う。彼はとても忙しくて、たくさんの別の外交問題など彼の処理、彼はまた内閣の会議。日本公使に堅持して、最後に妥協、毎週3回会合
参加の日本との交渉の外交員、左陆征祥2参加の日本との交渉の外交員、左陆征祥2
。……毎回会議は午後3時5時で開かれ、いくつかの手法を使ったが陆征祥遅延。ときに会議を始める時、彼のあいさつが非常に、15分にわたっても20分。世辞後は命献茶にもかかわらず、日本公使の不満、陆征祥はなるべくお茶を飲む時間が長引いて、そして日置益も知っているのは東方接客マナーを拒否できない。その後は討論の中で、すべては日本語を中国語に翻訳、及び中国語を日本語に翻訳。陆征祥習慣は言葉を重んじ、言葉遣いも上品、遅い語通訳、施設に本も聞こえない陆征祥言葉、彼が必要て復唱する。困難に出会う時、陆征祥すなわち日本側に要望:「私はここで報告大統領、次の会議にご返事をします。」これらの手段で、陆征祥はあえて交渉に日から2月2日に引きずられたご月ななしち日日本が中国に出して最後に通皿を前に、日本と応対した三ヶ月以上、袁世凱を日本へ探り出す日本ライン、発動国内新聞攻勢および连合米英ロシアなどを日本に圧力を列強時間。
策略を利用して日本を二:元老院と外交部の矛盾をロビー日本第五号条項
まだ日本へ日本に派遣される袁世凱の真実の要求を利用して、国内の各政治勢力間の矛盾と日本の応対。この策略は主に二つの方面から展開:
日本人と付き合っては暗要人を求めて、軟化日本政府内の強硬な立場。例えば袁世凱派遣彼の日本籍顧問が贺长雄日本と日本の元古風人物連絡。曹汝霖思い出によると、派遣が贺长雄は彼の提案があって「賀明治初年の元老院時彼は元老の幹事と陸奥宗光同僚、故元老の方面で、深い縁。日本政府は元老を尊重して、長老は慎重に先見の明の人の場合、グロスターは第5号の条件不利で両国だけでなくて、人民仇日之心が起きやすい。かつ贺素一種の意見を言う、中国臨の高圧手段として、決して永久の策。」そして日本国内では、長老たちと外相加藤高明対中政見の間に分かれ、長老たちは「対中問題解決武力頼みにならない……えこひいきして支持袁世凱」、加藤は「利用革命勢力の脅威袁世凱、しようとして完全に中国に併合」のため、袁世凱希望有賀連絡生え抜き組遊説日本政府を「二十一条」の中の第五号条項。有賀日本へ行った後に、相前後して日本にお会いした元老井上馨、山県有朋、松方正义。松方は「五号一三四項が邪魔大統領体面地位もなければ、日本の利と山県政府が協力忠告し、武力諫止ない傷感情」。日本の他の元老も不満第五号の条項のため、陆宗輿電話外交部中国外務省が堅持するのは第五号条項上譲れないとか。有賀は元老の活動は日本政府が確実に大きく圧力こと有賀政府派警視護衛、拘束行動、有賀と接触を元老。袁世凱派遣有賀日本へ行って、日本を利用して元老と日本政府との間の矛盾の策略にようやく効果などによると、ロシアの駐東京大使は、「日本が放棄第五号は、長老たちの要求を目指す」。
二派曾叔度連絡、交友関係が相当知識の日本浪人。曾叔度袁世凱は「今は正当瀬戸際、君は必ずよく彼らと連絡して、どんな情報は、本当にうそ、虚は実、小、教えて。そして会った彼らが、何を言うのなら、吟味。あらかじめて私に聞いて、私はあなたに教えて。……私が知りたいのは、特に日本大使館の内部事情を知っていて、私は日本の商民の話題。例えば最近の日本人が多いか、それとも帰国した日本人が多いと、彼らはどうして、なぜ行く。時を一緒に売るかどうかお尽くし、弦を放れた矢の勢い。かどうかを日本公使館や領事館の命令で、彼らが帰国を勧める。」袁世凱なぜいつでも理解して日本人の中国の動向は、明らかに日本の脅威を明らかにするために中国は怖がらせは本当に武力に訴えることによって、把握交渉の加減。
戦略3:日本の秘密をよそに警告を公にする「二十一条」、反日世論
喧々囂々たるを作る為反日世論の増加に交渉する時のチップ、袁世凱は工夫を凝らして秘密の手配流出が「二十一条」を放任国内メディアの報道を日中交渉に関する情報。実は、袁世凱政府によって1914年に公布された『新聞条例」の規定は、新聞などのメディア報道に外交秘密ので、もし袁世凱は本当にを禁止することを中国語の新聞に掲載された日中交渉事宜と関連するべき困難だ。袁氏が強力な国内世論を形成するために日本に圧力を通じて、絶えず情報「流出」の方法は「二十一条」の内容と交渉過程を公開して、たとえば日中会談前に、袁世凱は秘密の手配など、身近な人顾维钧陆征祥、蔡廷干、莫理循などさまざまなレベルを「21条」の関連内容、悪い結果と性質の漏れに米、英、ロシアなどの国の大使館や記者を利用して、紙の伝播の国内外で反日騒動の形成。その後形成愛国民意は確かに中国代表の交渉に役立つように、例えば陆征祥第六回会議の開催期間は日置益の説明が譲れない原因は、本人は中国の「主張」ではなく、「国民の許せない」。日本は袁氏のこの宣伝の駆け引きも心を
袁世凱顧問莫理循(前列で)袁世凱顧問莫理循(前列で)
お知らせ腹明、反日世論が高まったとき、日置益の主張に中国政府は「政府の勢力取締新聞、そして版深刻の新聞律に任せて、今なら勝手に発言を生み出し、おそらく末節は、両国の国交と今回の交渉が不利。」次にまた交渉決裂恫喝「万一、全て係中国政府は取り締まり新聞の故」。交渉の後期に日本に山東省、満増兵、その理由も指向袁氏のニュース政策「毎回会議後、外国人記者が内容通告英米で、他人のニュース政策で、その結果群言尤雑、人の心は揺れ、甚だで政府をとらない。凡そ重要な交渉は密で、利少ない障害が多く、本相非早計催促する、非常に恐この長い漏れ密で、事故の発生を。」中国に厳しい取り締まりをもしばしば新聞言論、袁氏は口頭では約束を与えて、しかしずっと真剣に実行しなかった。
4:策略を米、英、ロシアなどの国の支持と干渉は日本を牽制する
袁世凱を利用して紙を促し民意反日増加交渉力とともに、ロシアなどの国に拍車をかけて米英、支持を求めるさせたいと各国知って「二条」で華の利益の損害があり、日に追い込む日譲歩圧力。袁世凱のまず思い付いたのは米英両国が深い、英仏ロシア戦、アメリカは超然として地位のため、イギリスの中国での利益はその極東の利害の主要な部分。だから、日中首脳会談で、袁世凱指示と接触を続け顾维钧英米公使館。顾维钧毎回会議のあとにも会いに行けるアメリカ公使芮恩施とイギリス公使朱尔典ので、中国政府と英米の大使館の連絡員。また、袁世凱顾维钧に指示を「二十一条」のメッセージも明らかに英米の記者を達成するために日本に借り英米世論圧力の目的。言うべきアメリカを放棄し、日本は第五号の条項は助けがあって、たとえばよんしよ月じゅうご日国務長官ブライアン訓令大使芮恩施非正規の方が、中日双方の表明アメリカやめるつもりはないが中国に何も求めない、権利侵害を受けて他国の主権を中国のいかなる合意又は条項。アメリカな態度で交渉に中国側の態度に傾く強硬。まさに、アメリカや日本国内元古風の反対などで、日本の最終が改正案で一時は第五号を要求する。しかし、いったん「二十一条」に損アメリカ利益の条項放置後、アメリカの態度は完全に逆転から日本を支持して、ご月じゅうご日アメリカ国務長官ブライアン中国中日両国の美を出し訓電気:“今の条約交渉で、中にはいかなる条項に国政府の承認を経てで華外人の地位を変更する者、最恵国待遇の下、政府もまた、その利益を有しアメリカ。」これによって、袁世凱を利用したいアメリカ牽制し日本の期待は裏切られた。
イギリスに支持を求めても失敗に終わっては、イギリスどの新聞も中国を支持する抵抗日本出された要求が、政府にイギリスだけ日本の外相の加藤見解には「もし日本イギリス権益侵害、期待とイギリスが協議。」加藤はまったく気にしないでイギリスの態度:「まさかのイギリス……をすでに中国に提出の項再を取り消しを変えたり、それは難しいの切れ。」なぜ日本にイギリス会が強気ですか?それはイギリスで戦の間に日本が求めて、1914年にはち月、イギリス徳作戦の翌日に日本政府には「もし戦闘に極東、香港及び威海衛が襲われ、イギリス信じて日本政府は政府を支援。」1915年2月にじゅうご日、イギリスの植民地シンガポール暴動が起き、イギリスまだ気づいヨーロッパ戦場、足りないから兵力を鎮圧するため、日本の支援。日本にはイギリスの請求を与えた派遣軍艦を支援し、暴動がおさまった。だから、その時にイギリス全体の利益は、日本と中国の間、イギリス明らかに日本寄り。それだけでなく、日本が中国を最後に通ディスクの後、イギリスよう中国政府に求める日本の要求を受け入れ、イギリス公使朱尔典はご月はち日陆徵祥は「中国の現在の状況の極みで危険、各国が東顧、現在計画は、面目をすぼに包む引き受け要求」。
ロシアに直面して中国の助けを求めて、同情と支持を与えるどころか、かえって利用袁世凱は外交上は極力に助けを求めてこの点、多くの中国の権益を掠め取る。1915年さん月じゅうご日ロシア外務大臣は東京と北京駐在大使を公使の手紙には「もし中国政府に満足あれらの満州、内モンゴルの勢力範囲内の要求にも理由があるよう中国政府に求める私たちをロシア勢力範囲内等分権利と特恵。その時日本政府は追求が満を随意で居住権や不動産所有権。もし日本政府は上述の権利を得る……ロシア人も広がるとすべての外国人。」北京公使はロシア外務大臣に返事は「日本の勢力にドイツ山東の勢力は、いかなる損失をもたらす;日本では満取得の特典は、私たちとして要求を同等の根拠北満。また、我々は中国政府が日本東部内蒙古享有するいくつかの特権を理由として、補充アルタイ地区から撤退の要求条件。」まさにこのような情況の下で、当時の日本を最後に通皿に、ロシアの公使やっと待ちかね中国すぐ同意無条件を受け日本最後通盤。
したがって、袁世凱は列強の間の矛盾で均衡」日本だが、欧米諸国も終始自分の利益の最大化を図り、中国にどのよう歯牙にも掛けない利益は、甚だしきに至っては日本と中国と癒着して担当して。

二条効果が顕著である

いち、袁世凱の対日交渉の効果を得ましたが、日本の脅迫の下を結ばされ「民四条約」
袁世凱運用各種戦略により、中日会談を遅らせた近さんか月もの間、日本は我慢が失ってしまったとして、ご月ななしち日向中国外交部提出最後通枚限ご月きゅう、く日午後ろく時までに返事を「期限を受けない満足の答え、帝国政府は執認必要な手段を」。ご月はち日、対外ヘルプを無効にし、国内には貧弱無力な局面線、袁世凱で「中国の国力未充、現在まだ武力衝突にくい……利害を考量して、己の要求を受け日本通盤」。最終的に、中日双方は1915年ご月25日に調印した『民四条約。日から交渉の結果を見ると、袁世凱は最終的に妥協しても避けられない的の運命が、3ヶ月の努力、確かに己を中国の損失を減らす。私たちは「民四条約」と「二十一条」にはもともと比べてみると、最後に締結したテキスト実際は「十二条:元々」で第五号の七条第4号契約を締結しない、全部削除、第三号の2つの削除一条、第一、二日の中の十一最後の署名の条文は「持ち越す後日協議」とは、制限条件を盛り込んだ。これらのと言わざるを得ない袁世凱外交努力の結果にもかかわらず、最良の結果とは限らない。
むしろ、「民四条約は日本で武力脅迫で締結したから、「二条」から、日本は絶えない脅威袁世凱。例えばさん月はち日、日置益に訪れてお曹汝霖、数日以内に無謂もし満足の承認、恐生不測のこと。同時に、日本もにどんどん山東と満増派を軍事的脅威。その英米ロも袖手隣も冦に兵を藉す時、最後通告に反抗しようと日本側は、中国自身の実力を完全に頼って、しかし当時の日中の実力を見て、対比差が大きい双方。袁世凱に理解段棋瑞「国土防衛のために、中国軍が何のアクション」、段の返事:抵抗する日本が48時間48時間後、「大統領の指示を待つ。」日本で出す最後通皿ご月はち日国務会議で、ほとんどのスピーカーと日本の要求を受け入れるしかない道を、独一の人を動員段棋瑞主張軍。実は、袁氏はこれまでもあったと日本戦の考え方で、早くさん月23日彼は対米を表露したことがある:“私の準備をしなければならないすべての可能な譲歩を弱体化が中国の独立を前提として。日本の動きを強制的に私がまた一種の政策。」しかし日清戦争と八国連合軍の侵入にかんがみてこの2回の敗戦後地を割く賠償金の手痛い教訓、袁世凱確かにない轻启戦端。誠イギリス大使朱尔典が「中国の極みで危険な情勢……私は大統領……彼を知り己を決して敢轻启衅端。と聞いて段祺瑞陸軍総軍民は数週間の準備、私は彼に会いたくない(
は袁世凱サインの『民四条約」は袁世凱サインの『民四条約」
大統領は運に遭った。」繰り返し考量と戦いの軽重利害後、袁世凱最終的に日本の妥協を迫られ。
だからこそ、当時の国際情勢と中日対照状況実力、いくつかの学者は袁世凱などの対日譲歩理解を示してくれた。例えば、ファッションはアメリカ留学の論争は、日記には「我が国が、今回の日交渉は、敵を知り、既知慎み深い、またかいがない、剛柔も、それは昔から外交史にまだ会っていない。」有名な近代史学者蒋廷黻も「二十一条についての交渉、袁世凱、曹汝霖、陆宗輿諸人は愛国者、そして当時情勢の下で、彼らの外交はやり遂げて果て。」袁氏陈恭禄分析譲歩の原因は「国際情勢にとって、中日の強弱とはかけ離れて、不利な中国戦、軽重を銜えてその利害、決定の大計、最終的には迫で恥条約を結んで、何可厚非?」
に、袁世凱は五月九日を「国恥日」
今回の外交的敗北、袁世凱もものを「会稽の恥じ”、彼は警告国人は言います:“この大経ない後、ぜひ今回日本の要求を受け入れ認め会稽の恥じ、臥薪嘗胆の精神とは、発奮して意気込むの事業。……日本に十年、見上げると会えて、まだ希望や。十日の菊六日の菖蒲踏襲するなら、忘れて恥は特に今日の降伏奇恥無報復の時、おそらく10年以降、中国の危険、よりも今日、亡国の痛み、すなわち現在!」まさに、警醒後代の目的を決め、袁世凱五月九日を「国恥記念日」として、教科書を待つ妻書き込み、後来者。
参考資料:曹俊『袁世凱と中日「二十一条」交渉」;「顾维钧回想録』第1分冊、中華書局、1983年版、王芸生『60年中国と日本』第6巻;郭传芹『「二十一条」外交事件で袁世凱政府新聞戦略と伝播的考察」;周晨『中日の「二十一条」交渉期間の国民郭琳外交」;「袁世凱と「二十一条」締結顛末」など。
むしろ、袁世凱の対日「二十一条」交渉の時もできる限りの石源华、袁氏は「初は外交主張、最終的には比較的」は要点を突いて、後代の人のことなら議する、ひたすら叱るその的に外交努力して、確かに公平。  

二条原因を受ける

袁世凱受け入れについて「二十一条」のせいか、今すでに比較的学者客観、公正な分析が一緻する見方は:

二条敌强我弱の力関係

外交はかねてから国の実力と比べ、日本出兵を知った山東後、袁世凱なくもない思抵抗で、大統領府召集の緊急会議で、袁世凱陸軍総長段祺瑞から聞いて、事実上の国力差、中国も長期抵抗の能力も止められないから、日本軍の行動を取って、それで中国国内に送金した「交戦区」を通じて、日本の方法。適用は非難され、しかし客観的にとって、当時の中国「唯一かもしれないと適切な政策」。

二条自身の序列のメンテナンス

袁世凱の権力欲が強く、日本では「二十一条」の前に、袁世凱はすでに集大権を一身の終身大統領が、当時の国内の環境が安定せず、革命党の活動が令袁世凱寝食はつけにくいです。日本は手を差し伸べる袁氏のこの心病を採用し、脅威と迷う並行の手法、「二条」時すぐに袁ヒント:中国革命党「たくさんと野党の日本人の関係は非常に密接に、彼らの方法があり、影響がある、……」同時にまた袁氏に対して放出囮と日本側の条件を受け、限り、日本側は「保証袁世凱大統領と政府の安全、厳しい取り締まりは日本及びその保護の下の革命党員、宗社党員、留学生や不法日本の商と浪人民」。日本人のこの手は、革命党政治の危機に直面して人の活動のために深刻な袁世凱にとっては、明らかに働いている。「二十一条」情報流出後、孫文の革命党をはじめとする人もいる袁発動世論攻勢に、呼びかけ党「力行革命の滅亡、袁氏悪質政府。」この令袁世凱不具合然びくびくする。心配なら袁拒否日条件を利用して、日本の支持革命党政権の目的を達成し、逆に、もし日本人の一部の条件を受け、これと引き換えに、日人がそれを革命勢力の支持が、さらに加担登神位、この袁氏に対しては更に誘惑。史書の記録があり、日置益公使に曹汝霖言い放ち、「救国は万世一係を目的にして、中国のように変更し国体を復古、わが国は必ず賛成の。」

二条無力強い応援

西洋勢力は「二十一条」の問題では、日本の「宥和」態度も明らかに屈し袁世凱最終日本「最後通告」の1つの重要な原因。日本に欧州大戦が勃発すると、中国の独占欲逞図に従って、袁世凱の経験、欧米列強の手を拱くないので、彼を通じて「夷を以て夷を制す」、つまり日本が譲歩を余儀なくさせ列強。然列強日中二十一条交渉では犠牲をとる中国、日本の立場を、甚だしきに至っては中に立って利をむさぼる。アメリカ家だけ与えた中国道義上の株式を支持する。しかしもわずかに立って自国の利益を守る立場に日本に警告だけでは、阻止の力強い措置。だからにもかかわらず、袁世凱は中国の列強存在権益争いは、大体この見積もりはいいが、中国の利用できるかどうか日本を牽制してかなりの不確実性を持つ。そして袁世凱と交渉を中国側に日減少損失の望みは外に強いの介入と干渉して、明らかに賢明のない。
上述したように、袁世凱と日の「二十一条」で交渉中にもかかわらず、日と契約して、責任を罵るされ、さらに「売国奴」と、これが明らかに非客観的評価。要求が国会で重大な対外交渉者で取得保全国権益の大きな成果も無理だろ。民国初期に、中国対外関係では多くの列強共同支配の局面では国力も弱いし、辺境危機など難題や外交として、中国の新しい支配者の袁世凱は、清朝末期の古いを背負って外交の重い負担を背負っている、また民国外交の歴史を新しい政治責任として、強者に対応するため、内外危機、体制で採集権体制、その一定の必要性、実際の運用にも効果があるわけではない。しかし、大統領はもっぱら外交権を握る人、交渉の緩和進退全聞いては袁氏の企画、国の運命で人の手で、その弊害を「二十一条」とその結末が交渉の中にも、非常に明らかで、どうして哉?体制の時も

二条歴史の評価

二条中国人民大学政治学部教授の犯行

「袁世凱政府はいろいろ努力したが、今から見れば、これは最高の結果、私はやっぱりいい争いのため、日本はこんなに横暴、「二条」にすっかり道理がない。」中国人民大学政治学部教授は犯行。
は、映画や教科書によると、袁世凱と夢を実現するために署名し、「二条、犯行は疑問」、「日本は中国に出たくない政治の強者で、を介してことを搞臭袁世凱。その後袁世凱と取り返し威信のためだけに。「二十一条」と袁世凱と間接連絡に直結しない。」
袁氏は後代のこの手紙は公開状、犯行はわかりますが、「彼らは家族、自分の家族を争い争いも。だが、袁世凱「二条」に署名したとも思えない大間違い。実際には全くじが、「二十一条”は1種の習慣が一般の言い方も、成立した。」

二条袁氏は後代の人袁家诚

袁氏は袁世凱のみを後代の人の努力で、袁家诚からは、また歴史の真相、「歴史は真実の記録は、中華民族に殘したい1部の潔白の歴史は、あってはならないどんな観点内部、二分する原則は適用歴史上に一人一人の歴史を原状に任せて公衆で、彼らに測定。映画を撮影する人は多く本を読んだり、歴史を理解して背景。私たちは私たちの意見を申し立て。もし目の黒いうち、私が見ることができるこの歴史が元のテキストが世界を前に、私は非常に感激した。」
袁伟东は、「歴史の評価と解釈し、やはり史家。私達は普通は言わない。もし間違いがありました、私達の家は言うべき人とは。」

二条近代史学者章立凡

近代史学者章立凡の主な研究分野は北洋軍閥の史、中国史、中国近代化の問題を社団党派や知識人の問題など、長期にわたって参与多巻本『中華民国史』の執筆、民国強者袁世凱、彼も注目されている文章を若干。袁氏は後世に今回の公開書簡を、彼はわざわざ多く歴史資料を調べて、ツイッターで多くの评鉴。彼の主要な観点は、「二条」は確かに全くじがないが、それは五十歩百歩の問題と、この基本的な事実を変えることができない主権喪失。

二条論争

「我が国が、今回の日交渉。いわば敵を知り、既知慎み深い、またかいがない、剛柔も、このはかねてから外交史にまだ会っていない。」

二条民国の有名な記者陶菊隐

民国の有名な記者陶菊隐は袁世凱評価は高くはないが、『袁世凱伝』の中で「外部は伝説と日本人を「二十一条」また密約は、本当にそんなことない。袁世凱される「二条」に署名した後、何日意識を落ち着かない。彼は丁佛言書いた1冊の本、「日中交渉失敗史』を印刷したご万冊、密存山東の模範監獄。彼はよく左右に、「勾践忘れない会稽の恥、とうとう負かした呉;あれらの咄咄人に逼るの人肉袒牵羊いつか一つ日、あの時まで、この本が誕生しました。”」

二条ラクダ宝善

ラクダ宝善さんは「中国は世界のいかなる後進国と民族の政治勢力と本国の政治目標実現の自分も、外国の力を頼りにも、どんな看板。政治、経済を求めに支えられたときは、国家の主権、国益しか持てない取引する。」