第一次世界大戦

第一次世界大戦(英語:World War I、アートワークWorld WarやグレートWar、略称WWIやWW1)、略称戦は、じゅうく世紀末にじゅう世紀初頭、資本主義国にその究極段階つまり、帝国主義移行時に発生する広範な矛盾、アジアアフリカラテンアメリカ植民地半植民地基本的にされる列強分割し終わって、新旧植民地主義矛盾が激化、各帝国主義の経済発展のアンバランス、秩序分割いやなどを背景に、再徴世界と世界覇権争いを爆発の1度の世界級の帝国主義の戦争。
第一次世界大戦
戦争の過程は主に同盟国協商国同士の戦い。ドイツ帝国ハンガリー帝国オスマン帝国ブルガリア王国同盟国陣営、イギリス帝国フランス第三共和国ロシア帝国イタリア王国アメリカ合衆国は属協商国陣営。この戦争はヨーロッパ史上最強の戦争の一つ破壊性。約ろく、500万人が参戦し、いち、000万人が死亡し、に、000万人がけが。戦争は深刻な経済的損失。

第一次世界大戦戦争の背景

第一次世界大戦概括

じゅうく世紀末にじゅう年代初め、資本主義経済の政治的発
戦での中国人労働者戦での中国人労働者
展に平衡法則の作用と影響のもとで、帝国主義国家をめぐる争い世界の覇権や植民地は、熾烈な闘い、ヨーロッパ列強との間の矛盾で復雑だが、基本的な矛盾が三対、すなわち法德矛盾ロシアの奥の矛盾英徳矛盾

第一次世界大戦法德矛盾

法德矛盾が鋭い。法知識の普及戦争に敗れたのフランスを失い、もともとヨーロッパと中欧の統治地位を占め、国内各階層一緻の恨みを晴らすことドイツ要求を防ぐために、フランス再起して、軍備拡張。

第一次世界大戦ロシアの奥の矛盾

ロシアの奥の矛盾の表現はバルカン半島争いに。長年来、ロシアを大スラブ主義の旗にバルカン半島上の南スラブ居住地域に位置を広げて、中欧の君合国ハンガリー帝国バルカン半島北西部に拡張して、また恐らく自分で支配下の南方スラブ人ハンガリー帝国の支配から独立で。

第一次世界大戦英徳矛盾

イギリスそれから伝統的な外交政策を出発し、維持に努めてヨーロッパ大陸勢力のバランスは、ドイツたくないものが強力で、望まないロシアの勢力が、バルカン半島あまり膨張につれて、植民地の問題の上の衝突の激化、英徳矛盾を激化になってから、帝国主義の国家間の主要な矛盾。

第一次世界大戦「三国同盟」

じゅうく世紀80年代、ドイツ、ハンガリー帝国を築いたとイタリア、ロシアとフランスの三国同盟、1879年、ビスマルクの推進のもとで、德奥に署名した「同盟条約」、この条約は明らかな反ロシアの性質。その後、イタリア同フランス争奪チュニジアの闘争の中で失败して、機会に乗じイタリアビスマルクなら、共同対処フランス。1882年、、奥、イタリア三国交わした「同盟条約」は、正式に創立三国同盟。ドイツ三国同盟の核心となる。

第一次世界大戦俄法同盟

「三国同盟」に対処するため、1892年に達成したフランスとロシアの軍事協議、それはいったんフランス規定されドイツやドイツ支持のイタリアの攻撃、ロシアは全部で軍事力攻めドイツされ、いったんロシアドイツやドイツ支持のハンガリー帝国の侵攻フランスべきで、すべての軍事力攻撃ドイツ。
俄法同盟を形成した後、ヨーロッパ出始めの両の大きい軍事グループが対峙する局面。
それにも三国協約方向推進の第一歩。矛盾の発展になるにつれて英徳帝国主義の間の主要な矛盾、イギリス調整とフランス、ロシアの関係は、1904年と1907年にそれぞれ署名英仏協約と英ロシア協約の確立、ヨーロッパ二大軍事グループが形成される。

第一次世界大戦戦争の発端

フェルディナント大公夫婦フェルディナント大公夫婦
1914年ろく月28日(セルビア国慶節)、ハンガリー帝国皇儲フェルディナント大公 夫婦(右)サラエヴォ視察した時に、セルビア靑年夫に加えば·プリン西普銃殺。第一世界大戦の引き金になる。
一ヶ月後、ハンガリー帝国ドイツの支持の下でサラエヴォ事件を口実に、セルビアに宣戦布告する。そしてドイツ、ロシア、フランス、イギリスなどの国が次々と投入戦争。交戦の方が同盟国ハンガリー帝国のドイツや、応援して彼らのオスマン帝国、ブルガリア。一方では協商国のイギリス、フランスとロシアとサポートそれらのセルビアベルギーイタリア日本などの国。
原属同盟国の利害関係イタリアを考えて、協商国方面作戦に参加しました。
日本は東アジアに勢力を拡大すると、中国を侵略し、1902年締結の日英同盟」を口実に、1914年にドイツ宣戦し、迅速に占領ドイツ中国の山東の勢力範囲。

第一次世界大戦戦争を経て

戦いに主戦場戦いに主戦場
马恩河戦でのフランス軍马恩河戦でのフランス軍
第一次世界大戦が勃発後、戦争の戦場を主にヨーロッパ。英、仏、よりなどの国の軍とドイツ軍に対抗する西線、ロシア軍と、ドイツハンガリー帝国軍に対抗する羽東線は、主要戦線、中に、西の戦線は決定的な作用。
今回の戦争は3つの段階に分けることができる:
1914年には戦争の第一段階。この一年でドイツ軍の施里芬計画策定に戦前、まず西発動で大規模な攻撃から马恩河などとの戦いに、英、より三国軍の抵抗やロシアで奮闘羽東線の攻撃により、ドイツ軍速战の計画倒産。西作戦の双方の塹壕をつくる、長期に対峙して、陣地戦。
1915年~1916年戦争の第2段階。双方が1916年と決定的な一年ですから、この一年に現れたのは三回大型陸地の戦役、すなわち西の「ヴェルダン戦役」、「ソンムの戦いロシア軍の夏」と羽東線攻勢、海上海戦後、ユトランドイギリスは制御して、しっかりと制海権。この段階では、大戦の戦略主動権移転した。協商国側。
1917年~1918年戦争の第3段階。1917年、アメリカ徳作戦に参加し、中国なども次々と投入戦争、締約国の陣営に増加27カ国、ロシアの爆発「二月革命」と「十月革命脱退」、帝国主義と戦争。
1918年じゅういち月発表ドイツ降伏し、第一次世界大戦で同盟国失敗に終わった

第一次世界大戦戦争の結果

第一次世界大戦時のヨーロッパ第一次世界大戦時のヨーロッパ
第一次世界大戦は帝国主義の間の分赃アンバランスの帝国主義の戦争、交戦双方にとっても、非正義戦争のにもかかわらず、セルビアは防衛のために自分の主権と独立のために戦う、それに従事した戦争は正義の民族解放の性質が、これは根本から変えて全体の戦争の非正義性。
第一次世界大戦は、英仏ロシアをはじめとする協商国グループとは德奥をはじめとする同盟国のグループは、主要戦域展開の生死と格闘し、この戦争は、当事者を大量に使用近代戦争装備を敵に最大の破壊、戦況は空前の悲惨、死傷者。
第一次世界大戦が人類にもたらす空前の大災害に参戦各国に巨大な災難。大戦よんしよ年にわたって、さんじゅうの国では、じゅうご億の人口の戦争に巻き込まれる、死傷者3000万、深刻な経済的損失。一方、戦争を促進したアジア・アフリカ民族独立国家の形成と植民地の人々の覚醒。

第一次世界大戦戦争の影響

第一次世界大戦前夜のバルカン半島第一次世界大戦前夜のバルカン半島
第一次世界大戦4年以上にわたって、30以上の国、じゅうご億の人口の戦争に巻き込まれましたが、それは人間が大きな精神と物質の上の損害。
第一次世界大戦の発生の大きな成果はそれを真剣に帝国主義の力を弱める、破壊ヨーロッパ東部に位置し、アジア北部のキリスト教東部に位置ロシア・ツァーリ国教会国、ヨーロッパ中部のプロテスタント国ドイツ帝国中部に位置し、ヨーロッパやバルカン北西部のキリスト教キリスト教二元制君合国ハンガリー帝国などヨーロッパ古い封建帝国、イギリス、フランスとイタリアなどの帝国主義国家を弱める、昔にまたがりユーラシア非三洲の封建的な軍事帝国のイスラム教オスマン帝国も解体を告げる。
戦争末期に位置ヨーロッパ東部辺境のロシアプロレタリア帝国主義のチェーンに開けた弱いの一環として、ロシアを得た十月社会主義革命勝利は、戦後の初期、資本主義国家のプロレタリア革命運動やアジア、非、ラテンアメリカ民族解放運動の高まりの新局面が現れた。

第一次世界大戦戦争の評価

同盟国(橙)と協商国(緑)の両の大きいグループ同盟国(橙)と協商国(緑)の両の大きいグループ
第一次世界大戦は非正義の帝国主義の間の戦争を世界各国人民に深刻な災難をもたらした、同時に科学技術上の大の進歩は、各国の政治、経済、科学技術、文化や軍事など多くの面で大いに強化して、同時に戦で加速して人権を実現足取り。
民族の国が創立は今回戦争によって人類の最大の成果。
その背後の民族意識の形成、民族の観念の勃発は、いわば歴史その絶好の機会を与え、戦後の国際秩序の再建。

第一次世界大戦戦争の人物


主要な戦争の人物紹介
  
画像 簡介
  
ダグラス・黒格将軍ダグラス・黒格将軍
ダグラス・黒格将軍
黒格はソンムの戦いで指揮イギリス軍の作戦で、戦争の初日にはろく万の軍の死傷。この戦役で協約国共喪失ろくじゅう万の兵力を前に進めない――はわずか8マイル。黒格1918年率軍再勝ち、しかし彼も戦の歴史上最も論議される将軍の一つ。
徳皇威廉二世徳皇威廉二世
徳皇威廉二世
徳皇威廉二世は1位の熱狂の軍国主義者、ウィリアム二世はサラエヴォ事件後鼓動オーストリア・ハンガリー帝国の侵略政策をとる。ウィリアム名義だけドイツ軍を握る、本当の実権は彼の下の将軍たち。戦終わりに近づいた時、彼は1918年廃位。
ヘルムート・毛奇ヘルムート・毛奇
ヘルムート・毛奇
ヘルムート・ヨハネス・ルートヴィヒ·フォン·毛奇、通称小毛奇。ドイツ帝国陆軍大将のため、彼は偉大なおじさんのお毛奇の名前と彼は徳皇威廉二世の侍従武官の出身で、性格が弱いのを超え多く彼は彼より有能な人に出任德军総参謀長、司会戦初期の施里芬計画が失敗した後、計画職を解かれる、影の朽木の死んだ。
エーリッヒ·フォン·エーリッヒ-フォン-ファルケンハインエーリッヒ·フォン·エーリッヒ-フォン-ファルケンハイン
エーリッヒ·フォン·エーリッヒ-フォン-ファルケンハイン
エーリッヒ-フォン-ファルケンハイン1896年から1903年に中国で服役八国連合軍に参加した中国に侵入した戦争。1913年に就任し、彼プロイセン戦争部長(相当ドイツ国防長官)。彼は主張ドイツ全面戦争に巻き込まれて、しかし急速に変えた立場を促し、徳皇威廉二世にイギリス、フランス宣戦は、第一次世界大戦の発動者の一つ。
ヘンリー・フィリップ・貝がヘンリー・フィリップ・貝が
ヘンリー・フィリップ・貝が
フランス元帥、ビシーフランス首脳。一生はかなりでこぼこ。民族英雄と裏切り者集を一身。1878年卒業圣西尔士官学校。第一次世界大戦が指導1916年ヴェルダン防衛戦で有名になって、当時の英雄。フランス軍でソンムのした後、彼は最も暗黒の時に軍の士気を立て直した法。第二次世界大戦フランス敗戦後、ビシー政府首相就任、1940年ろく月22日とドイツ締結『貢よりマユリ森停戦協定。1940年ななしち月~1944年はち月任ビシー政府首脳、ヒトラードイツの傀儡。1945年よんしよ月逮捕され、同年はち月反逆罪で、最高裁が死刑の判決後のやり直しを終身刑。
   
ジョセフ・ジョゼフ-ジョフルジョセフ・ジョゼフ-ジョフル
ジョセフ・ジョゼフ-ジョフル
ジョセフ・ジャック・セゼル・ジョゼフ-ジョフル、フランス元帥と軍事家。第一次世界大戦初期の法軍総指揮。穏やかな性格で、樸訥はやや鈍っては非常に強靭で、人称の「鈍感将軍」。
フェルディナント・福暖かいフェルディナント・福暖かい
フェルディナント・福暖かい
フランス元帥、第一次世界大戦の最後の数ヶ月協約国軍総司令、公認は協商国勝利の最も主要な指導者。戦が爆発した後に参加した多くの戦い。一連の勝利を取得後に任命された北部集団軍司令、そしてずっとまで勤めロバート・ネビル後任のジョセフ・ジョゼフ-ジョフルに就任法軍総司令れた後に出向法軍本部。1918年に任命された協商国最高司令官。1918年に代表フランス貢森締結により、マユリ徳停戦協定、後はパリと会で重要な作用を発揮する。生涯に多くの著作を掲げて勝利は意誌の観点から新しい認識軍装備や機械化の程度は決定的な役割を強調し、殲滅思想と優勢な兵力を集中して原則。自著『戦争の原理』、『戦争の手引き」など。
ジョージ・クレマンソージョージ・クレマンソー
ジョージ・クレマンソー
ジョージ・クレマンソー(1841年きゅう、く月28日- 1929年じゅういち月24日)、フランス政治家、新聞記者、第三共和国首相、フランス近代史の上で最もマイナスの少数のいくつの有名な政治家の一つとして、彼は政治生涯が続いた半世紀以上フランスと何度も重大な政治事件につながっている。第一次世界大戦協商国の勝利とヴェルサイユ講和条約の調印に重要な貢献をされ、当時のヨーロッパ人を「勝利の父」。
英王ジョージ五世英王ジョージ五世
英王ジョージ五世
任期よんしよ年の戦争の間、ジョージ五世全力で支持戦争勝利。彼は陸軍と海軍部隊視察、病院、工場やドック。彼は寄付に国庫作、一議員の提案は、酒をやめたし配給規定を遵守。彼はフランス視察部隊に馬から落ち、骨盤深刻打撲傷。彼はまだ二人の王子をもって軍服務。
ツァーリニコラ二世ツァーリニコラ二世
ツァーリニコラ二世
ロシアラストエンペラー、在位期間1894年~1917年。彼は内鎮圧し、対外拡張。何事も成し遂げられない。1905年中国(清)の東北の旅順日本卒後、首都が流血週間事件など、1905年革命。斯托雷平で改革をしてしばらく難関を乗り越えて、しかしまたもっと復雑なバルカン問題に陥る。ロシア軍は戦前の線の戦いに破れるニュース徹底的に破壊した「小皇帝の父」のイメージ。この像はロシア国民の心の中で数百年を保つ。ロシアは相前後して爆発した壮大な二月革命十月革命前者を覆した皇帝独裁統治、後者は最終的に彼の命に終わりました。
ダグラス・黒格将軍ダグラス・黒格将軍
ダグラス・黒格将軍
黒格はソンムの戦いで指揮イギリス軍の作戦で、戦争の初日にはろく万の軍の死傷。この戦役で協約国共喪失ろくじゅう万の兵力を前に進めない――はわずか8マイル。黒格1918年率軍再勝ち、しかし彼も戦の歴史上最も論議される将軍の一つ。
徳皇威廉二世徳皇威廉二世
徳皇威廉二世
徳皇威廉二世は1位の熱狂の軍国主義者、ウィリアム二世はサラエヴォ事件後鼓動オーストリア・ハンガリー帝国の侵略政策をとる。ウィリアム名義だけドイツ軍を握る、本当の実権は彼の下の将軍たち。戦終わりに近づいた時、彼は1918年廃位。
ヘルムート・毛奇ヘルムート・毛奇
ヘルムート・毛奇
ヘルムート・ヨハネス・ルートヴィヒ·フォン·毛奇、通称小毛奇。ドイツ帝国陆軍大将のため、彼は偉大なおじさんのお毛奇の名前と彼は徳皇威廉二世の侍従武官の出身で、性格が弱いのを超え多く彼は彼より有能な人に出任德军総参謀長、司会戦初期の施里芬計画が失敗した後、計画職を解かれる、影の朽木の死んだ。
エーリッヒ·フォン·エーリッヒ-フォン-ファルケンハインエーリッヒ·フォン·エーリッヒ-フォン-ファルケンハイン
エーリッヒ·フォン·エーリッヒ-フォン-ファルケンハイン
エーリッヒ-フォン-ファルケンハイン1896年から1903年に中国で服役八国連合軍に参加した中国に侵入した戦争。1913年に就任し、彼プロイセン戦争部長(相当ドイツ国防長官)。彼は主張ドイツ全面戦争に巻き込まれて、しかし急速に変えた立場を促し、徳皇威廉二世にイギリス、フランス宣戦は、第一次世界大戦の発動者の一つ。
ヘンリー・フィリップ・貝がヘンリー・フィリップ・貝が
ヘンリー・フィリップ・貝が
フランス元帥、ビシーフランス首脳。一生はかなりでこぼこ。民族英雄と裏切り者集を一身。1878年卒業圣西尔士官学校。第一次世界大戦が指導1916年ヴェルダン防衛戦で有名になって、当時の英雄。フランス軍でソンムのした後、彼は最も暗黒の時に軍の士気を立て直した法。第二次世界大戦フランス敗戦後、ビシー政府首相就任、1940年ろく月22日とドイツ締結『貢よりマユリ森停戦協定。1940年ななしち月~1944年はち月任ビシー政府首脳、ヒトラードイツの傀儡。1945年よんしよ月逮捕され、同年はち月反逆罪で、最高裁が死刑の判決後のやり直しを終身刑。
ジョセフ・ジョゼフ-ジョフルジョセフ・ジョゼフ-ジョフル
ジョセフ・ジョゼフ-ジョフル
ジョセフ・ジャック・セゼル・ジョゼフ-ジョフル、フランス元帥と軍事家。第一次世界大戦初期の法軍総指揮。穏やかな性格で、樸訥はやや鈍っては非常に強靭で、人称の「鈍感将軍」。
フェルディナント・福暖かいフェルディナント・福暖かい
フェルディナント・福暖かい
フランス元帥、第一次世界大戦の最後の数ヶ月協約国軍総司令、公認は協商国勝利の最も主要な指導者。戦が爆発した後に参加した多くの戦い。一連の勝利を取得後に任命された北部集団軍司令、そしてずっとまで勤めロバート・ネビル後任のジョセフ・ジョゼフ-ジョフルに就任法軍総司令れた後に出向法軍本部。1918年に任命された協商国最高司令官。1918年に代表フランス貢森締結により、マユリ徳停戦協定、後はパリと会で重要な作用を発揮する。生涯に多くの著作を掲げて勝利は意誌の観点から新しい認識軍装備や機械化の程度は決定的な役割を強調し、殲滅思想と優勢な兵力を集中して原則。自著『戦争の原理』、『戦争の手引き」など。
ジョージ・クレマンソージョージ・クレマンソー
ジョージ・クレマンソー
ジョージ・クレマンソー(1841年きゅう、く月28日- 1929年じゅういち月24日)、フランス政治家、新聞記者、第三共和国首相、フランス近代史の上で最もマイナスの少数のいくつの有名な政治家の一つとして、彼は政治生涯が続いた半世紀以上フランスと何度も重大な政治事件につながっている。第一次世界大戦協商国の勝利とヴェルサイユ講和条約の調印に重要な貢献をされ、当時のヨーロッパ人を「勝利の父」。
英王ジョージ五世英王ジョージ五世
英王ジョージ五世
任期よんしよ年の戦争の間、ジョージ五世全力で支持戦争勝利。彼は陸軍と海軍部隊視察、病院、工場やドック。彼は寄付に国庫作、一議員の提案は、酒をやめたし配給規定を遵守。彼はフランス視察部隊に馬から落ち、骨盤深刻打撲傷。彼はまだ二人の王子をもって軍服務。
ツァーリニコラ二世ツァーリニコラ二世
ツァーリニコラ二世
ロシアラストエンペラー、在位期間1894年~1917年。彼は内鎮圧し、対外拡張。何事も成し遂げられない。1905年中国(清)の東北の旅順日本卒後、首都が流血週間事件など、1905年革命。斯托雷平で改革をしてしばらく難関を乗り越えて、しかしまたもっと復雑なバルカン問題に陥る。ロシア軍は戦前の線の戦いに破れるニュース徹底的に破壊した「小皇帝の父」のイメージ。この像はロシア国民の心の中で数百年を保つ。ロシアは相前後して爆発した壮大な二月革命十月革命前者を覆した皇帝独裁統治、後者は最終的に彼の命に終わりました。