王羲之

王羲之(303年―361年、一作321年―379年)、字逸が少なく、漢族、東晋時代の著名な書道家「書聖」と呼ばれる。琅ヤ(現所属山東省臨沂)人は、後に遷会稽山陰(今浙江紹興)、晩年隠居鋭い県金庭。歴代秘書慕って、寧遠将軍、江州の刺史、後は会稽内史、領右将軍。その書道兼善に所属し、草、楷書、行の各体、精研体势、心摹手追、広い採衆長、備精諸体、冶は炉、抜けた漢魏笔风、独自の世界を作っている、深い影響を与える。風平や自然、筆勢婉曲、力強い美しさ健ショー。代表作「蘭亭序』といわれる「天下一行書」。書道史では、子と王献之併せ「2王」。
王羲之
(概括画像源)

王羲之腹东床はだけ

主词条:东床快婿
じゅうろく歳の時、王羲之され郗鉴選ば东床快婿。郗鉴娘、年上の容貌が、見かけには、まだ結婚、郗鉴愛娘だから女婿選び、丞相王导と厚い、また同じ朝と聞いたのですが、その家の子弟の違いがあり、みなすべて才色セクシー。
王羲之王羲之
一日の早朝に後、郗鉴自分を婿選びの考えを教えてくれました王丞相。王丞相は「それはいいですね、私の家の子弟が多いから、お家に选んだろう、凡あなたの目に留まり、誰も同意。」
郗鉴腹心の執事を持って、重い礼王さんが丞相家。と聞いて太尉王府子弟シーをよく探し婿、お洒落したいて会う。探して探して、数が一人。王府執事が連れて郗府執事に東クロス院の書斎に、すぐ会い東壁のベッドの上で1つのはだけて腹仰臥の靑年、探しに太尉婿について、平気の平左。郗府執事府中に戻り、シー太尉「王府の若い公子二十数人と聞いて、探し郗府婿、我先にと、ただ东床にある公子、はだけて何処吹く風腹。」郗鉴「选のようなことを行って、すぐにでも連れて行って見る。」この人は会いに来て郗鉴王府、闊達もあり上品、才色兼備で結納を選択し、その場で、速く婿。「东床快婿」と言ってはこのき。

王羲之めぞん蘭亭

東晋の穆帝永和9年(西暦5年)、旧暦は三月三日、王羲之と謝安孙绰などの41人紹興蘭亭修褉(一種の祓疾病と不吉な活動)時、みんな飲酒諷詠、為替詩になって集、羲之即興揮毫しそのため詩集序文を書く、これは有名な『蘭亭序』。このスレを草稿、28、324字。当時の情景を記述した文人雅集。作者が当時の日に有利人を発揮できるという効果を極め、その後また書くことはできない。その中に20以上の「の」の字の、書き方はそれぞれ違う。宋代米芾「天下一行書」。

王羲之病気を口実にする捨て官

永和11年(西暦纪元355)年三月に廃棄官王羲之病気を口実にする。「携子操の無錫金庭転居する。建书楼、植田実、教子弟諷詠文、書画を入れてるし、ガチョウ釣を保養。」彼と许询支遁ら、遍歴する鋭いに山水。定住金庭後、書道興る。その末裔な書画作品が多く、いっぱいホール、書斎、人称の「華院画堂」。後世に定村の名は「イトーヨーカ堂」と、これまでに沿って。

王羲之会稽不安は消えて

東晋升平五年(西暦纪元361年)、王羲之になくなる会稽金庭(今浙江紹興)、葬于金庭滝山と藤山)、その五世孙衡舎オタクを金庭観まだ、遺跡。梁大同年間(535-546年)、嗣孙建豆腐と干し豆腐右军祠は墓の前で。

王羲之個人の業績

王羲之書道のスタイル

王羲之の『蘭亭序集』で歴代書家が尊敬と呼ばれて作「天下一行書」。王兼善隷書、草、楷書、行の各体、精研体势、心摹手追、広い採衆長、備精諸体、冶は炉、抜けた漢魏笔风、独自の世界を作っている、深い影響を与える。その書道平や自然、筆勢婉曲、力強い美健ショー、世人常用曹植洛神賦』の中で「翩若惊鸿、婉るるなら、荣曜菊、华茂春松。まるで兮若軽雲のおおう月、風にたなびくものだもし流風の回雪。」一言を褒め王羲之の書道の美。伝説の王羲之小さい時書道の練習、日が経つにつれて、洗浄用毛筆の池に墨水。後代の人にいわく、「漂っ游云なら、矫若惊龙」、「竜跳び天門、虎臥凰閣」、「天の質の自然、豊神を代。彼について成語がある筆力が雄勁东床快婿など、王羲之書風が最も明らか特徴筆にはきめ細かくて、構造の変化。
王羲之の書道の影響世代の书苑。唐代の歐陽詢虞世南诸遂良薛稷、と顔真卿柳公権五代目の杨凝式宋代蘇軾黄庭坚米芾蔡襄は、元の時代に赵孟頫、明代散りばめて董其の盛んなこれらの書道は王羲之心から悦服するので、彼は「書聖”の名誉。(図会資料

王羲之作品

王羲之真筆早く世に存在しなくて、唐代の精模写従来は真筆視されて。年代が古いため、しかも本帖人望を得るのは長くて、と王羲之網墨跡のように、それに対しての模刻本年代異なって推断する。と宋まねる、疑は米芾に似せるの、多くの則定をまねる唐。それを何度も記録は非常に多い刻まれ入各種叢帖の中で、元から公私の蔵印と伝わっ历历可考頼りと、その貴重な性は言うまでもない。
王羲之作品リスト
書体のカテゴリー
作品
草書
十七帖
初月帖
行穰帖
龙保帖
本帖
長風帖
「議論帖」
『飛白帖」
平安帖』(草書体)
 
行書
叔母帖
丧乱帖
平安帖』(行書)
どう帖
奉橘帖
二谢帖
「秋月帖」
『下帖』
 
楷書
黄庭経
乐毅論
曹娥碑 「仏遺風経』  

書体のカテゴリー
作品
草書
十七帖
初月帖
行穰帖
龙保帖
本帖
長風帖
「議論帖」
『飛白帖」
平安帖』(草書体)
行書
叔母帖
快雪晴帖
丧乱帖
蘭亭序集
平安帖』(行書)
どう帖
奉橘帖
穴侍中帖
寒切り帖
遠い官吏帖
二谢帖
雨上がり帖
「秋月帖」
『下帖』
楷書
黄庭経
乐毅論

王羲之造詣

王羲之愛から実習書道は、観ると、叔父。王廙啓蒙。七歳の善書、十二歳は父から枕を盗む前世代で読んで「筆論』。王旷善行、隷書、王廙得意の書画、王僧虔《論書』曾评:「自た江東、右军前に、惟廙最も、絵を晋明帝師、本は右軍法。」小さい頃から受ける王羲之王氏旧家厚い本で勉強薫陶。現代書道の新鋭留美刘铎かつて感嘆「いい字唯之(の、王羲之)」。
王羲之若い頃から卫夫人学の本。卫烁、師承鍾繇妙传、その法。彼女は王羲之に伝授钟繇之法、衛氏数世習書の法と彼女は自分で形成育成の本風と法門。「中華書評』にいわく、「本のよう卫夫人生け花ダンサー、低昂美容。また美女が登場、仙私やって影、紅蓮映る水、碧霞沼に浮かぶ。」現代人沈尹默「羲之分析から卫夫人学の本、おのずと彼女のことをいい、钟法が守られ、姿媚の風習も、のでは、後に博覧秦と漢の時代から篆書所属淳古の跡、と卫夫人が伝え钟法新体が異なるため、家元に不満を持って、これと後代本帖学から入手のが見えると、碑版が起き、趣味、変更し勉強して、これは同様に理解できること。体得することができ羲之の姿媚スタイルとなって古きれない場所は、深く根の。」(『2王法帖管窥』)
王羲之转益多师上手に、彼からの本で勉強に卫夫人垣根脱出時、彼は己に身を置く新たな歴史の層で。彼はかつて自叙この歴史的転換:「羲之少ない学卫夫人書類を謂大や北旅行を渡って、名山、会いにより、曹喜などはこの本の約束が見えて、钟爵、梁鹄本;またの洛下、会って蔡邕「石经』三体本;また兄の面談先から見张昶『華岳碑』、始のお知らせ学卫夫人本、徒費年月の耳。……ついに改本師も、勉強するのは衆碑。」この話から見ることができて、広い視野を開拓王羲之嗅ぎ取り、起源ときの経験と心。(図会資料
王羲之誌を高くして、富む創造。彼は学鍾繇は、溶けます。钟书尚転覆、楷書も具分勢は、筆ほか拓、飛鳥鶱あけの勢いで、いわゆる钟家隼尾波。王羲之敬慕する手に追い、易を曲がひっくり返って、マイナス分勢。筆にはまだ内に、折れないで回転して、いわゆる「搨右军瓘直下」。彼は学张芝も独創的である。唐代张怀耿曾在《书断》の中でこの点を指摘し、「剖析张公之草、濃い繊の折衷は、その精熟恥じる;損益钟君之隷は、運用増華、古雅及ばず.研精体势は、無所は工。」王羲之に张芝草書「剖析」、「折衷”、鍾繇隷書「損益」、「運用」、2位が「本学研精体势」。沈尹默によると揚道:王羲之なかった先人の足元盤泥絵、依样ひょうたんのではなく、自分にあった運用させ、古人は私のサービス、泥は古代、背中に今。彼は平生から博覧所得秦漢篆書隷のさまざまな筆法不思議な効用に溶け込んで、すべて于真行草体にして、あの時代を形成したベスト体势、古きを去って新しきに就く、もっと後代のために新しい天地開闢。これは王羲之の「兼撮衆法、準備に家から人気のある人に尊重のため。

王羲之エピソード故事

王羲之竹扇題字

ある回、王羲之路の山を越える陰城(今の紹興)の橋。あるおばあさんを提げた六角形の竹扇バスケットで集に呼び売り。そんな竹扇のそ、何を飾って、通行人の興味もないそう売れないになって、おばあさんはとても心配して。王羲之その姿を見て、そのおばあさんに同情し、前の彼女と言うこと:“あなたはこの竹扇で描いていない字がない、当然売れない。私はあなたに問題に字は、どうですか?」おばあさんは知らない王羲之、彼を見てもこんなに熱心で、竹扇を彼に渡して書きました。王羲之筆をとり、セクターごとに竜が飛び鳳が舞うを書いて5つの字の、おばあさんに返す。おばあさんは無筆だと彼は書くのがとてもぞんざいには、嬉しくない。王羲之慰め彼女は話す:“焦らないで。うちわの人を教えて、上は王右军字」王羲之一から離れて、おばあさんが彼の話をした写真。集の上の人を本当に王右军の書道にもなる買い。一ざる竹扇すぐ売り切れました。

王羲之本割交換ガチョウ

書聖王羲之好きガチョウは、養ガチョウを陶冶できるだけでなく、観察ガチョウのアクション形態で悟していくつかの書道理論。一度は王羲之外遊びのを見て、1群のきれいな白鵝だっから、買いたい、質問の下で知っているこれらのガチョウは近くにある道士が飼っていると、その道士を彼と相談したいが買って群ガチョウと聞いて、その道士名高い王羲之を買って、言いたい:王右军だけをする。一部の「黄庭経』は、ガチョウを持ってくれて、王羲之快諾し、これが成し遂げた本交換の美談に白鵝だっ。

王羲之巧補春聯

大書家王羲之大晦日も親に春聯を貼って、手書きの門。彼の老舗「天下一行書」は、多くの人がその字でせっかく。だから毎年大晦日の春聯を、夜中まで、人をはがしてこっそり。この一年大晦日まで、また、王羲之も書いた。「福重ねて至らず禍必ず重ねて来る」8つの字の春聯を殘して腰。対聯の人を見るとこの8つの字が不吉と掃興して帰る。着いた寅、王羲之補後半戦になった今、「朔日毎に餅は食えぬから、弱り目に祟り目昨夜行。」翌日の朝、盗みたい春聯人見春聯が変わっても、舌を巻く、拍手喝採する。

王羲之避けないの字

ジェフリーズ松の、刘牢之、寇谦之、司馬孚の、司馬亮の、司馬景の、司馬曇の……王羲之の息子玄の、凝の、徽州の、体操の、献の;孫槇の、静の。上記の者を避けない「どうして家?ここには大きな秘密が隠されていると、前漢张良関係の秘密。王羲之の世代の名前は“の”の字のじゅうに、子侄輩「の」22人、孫の世代じゅうに、ひ孫じゅうさん、玄孫きゅう、く、五世孫よんしよつ……陈寅恪これらの人からはタブーから答え道メンバーが、この「の」は、暗号、バッジ。道で答えボス枚答えは、张良の八世孫。

王羲之道教の縁

東晋の有名な書家王羲之の書道の芸術を「水の出ばな」の高さに達した。その成因、
『蘭亭序」『蘭亭序」
王羲之道教と信奉者、書籍、1が大きく関係。育ちの道教、早く発生
道教符。筆写経書で時には、必ず、淮海書画の経生に精通することで書く経本過程の中に思わず道教文化の影響を受けたぬらり浄土に無理法華。歴史の上で多くの学者の多くは道家の有名な書道家に彼らは、精神修養、イミテーションに精通し、また揮毫落筆成体。王羲之はこの方面の典型的な代表として、彼は修道と書道の芸術を相互に合わせて、表現されたため具大の芸術の魅力。
王羲之の道教信仰に深い家庭の背景。王氏の家族は東晋時最も代表の文化士族。上から下への手紙と黄老学奉。「晋书・巻80・列伝第50』によると、王氏家族「世事張氏は道教最古の一派に精通し、書道。」「道经」に記載された王羲之の始祖王子晋憧れ神仙の霊虚、邁行放达は天台宗北門金庭桐柏山(つまり今日嵊州金庭)第二十七洞天(道界36洞天の一つの物語。「潜夫論」による「氏王氏が、その後の子孫は、神様の術や世喜。」

王羲之歴史の評価

ユイ翼「我昔が伯英章草十紙、江颠狈とは亡失、常叹妙跡永絶。突然会い足下答家兄本ならば、神ゞ、レイトンは古い
明代陈洪绶『王右军像』明代陈洪绶『王右军像』
観。」
蕭衍「①子敬の及ぶ逸が少なく、猶逸が及ぶ元よくない。」「②王羲之書字勢雄逸、竜が如く踊り天門、虎臥鳳休むので、歴代の宝のだと思って、永訓。」
唐の太宗「この人だけで、殘り心慕手追、区など、何足論哉!」
虞龢「羲之本の雲:「頃、諸名の本、鐘、张信を殘して、足りないです。」雲:「私は本よりの鐘、張行に抗张草が、まだ雁行。
孙过庭「かつ元常(鍾繇)専工、隷書、伯英(张芝)尤精通草書、向こうの二美、逸が少ない兼之。」
米芾「謝慰め問スレ、清古字、2王の上に、宜に批判も敬帖子尾。「

王羲之歴史の記録

房玄龄李淳风褚遂良などと共同で書いた『晋书・列伝·第50」は王羲之、王献之らの合伝。丁寧に述べた王羲之はどのように訓练書道、最終的に中国の歴史の上でわずかな「書聖」、王羲之の知的な追求して、書道の深いものがあるには、深いの参考と教育の意味。

王羲之家族の背景

王羲之の家族は晋屈指の名門菩薩族。いくらは王羲之の祖先は、その子孫、親戚や友人は、虔
王羲之家族の係譜王羲之家族の係譜
誠の道教信仰者。また、王氏の家族は名門で、長期の家族を大切に文化的な素養の栽培。王羲之そこに身を置き、やたら禅に無理法華、自然の例外ではない。彼の祖父王正を尚書郎。彼の父王旷淮南の太守の提案を、かつて晋室を渡って、長江下流地域と制を確立し、東晋王朝。王羲之の堂伯父王导更には音に聞こえて世に、は東晋の丞相。彼のもう一人の堂伯父王敦は東晋の軍事統帥。琅ヤ王氏は東晋は権傾いて一時、盛んである隆貴。晋室南渡北民南へ、江南の融合。山東琅ヤ国王氏の名家、経王知覧(206年- 278年)まで、王正王旷(約274年- 328年)には、両晋(266年- 316年)、発生「八王の乱」(290年- 306年)、暦じゅうろく年、死さんじゅう万人。王旷上手に立ち止まり、見習う先祖王展覧、後漢末期で乱南居さんじゅう年。五胡侵略で魯、琅ヤ困って、299年から、両晋の分裂、北の大混戦。
王羲之部分の家族のメンバー
メンバー
氏名
母親
衛氏
叔父
堂伯父
王导(丞相)、王敦
五世祖

メンバー
氏名

王旷
母親
衛氏
叔父
王廙王彬
堂伯父
王导(丞相)、王敦
五世祖
王知覧

王羲之後世に影響

王羲之の書道の影響の末孫。その子たちの、善草書;凝の草に所属し、工、徽州の、
王羲之『草書平安帖」王羲之『草書平安帖」
善が草書;操、善が行書、草書煥の、善行;献、は「小聖」。黄伯思『東観徐論』の雲:「王氏凝、操、徽州、散るの四つ子書、子と敬本クラ伝、全てが家范、体が異なる。凝固のその韻、体操のその体、徽州のその伊勢煥の其貌捧げて、その源の。」その後の子孫と、王氏一門書道を伝えて。武則天を求めて王羲之の本、王羲之の九世曾孫王方庆家の蔵11代祖から曾祖父十八人书跡が十を巻き込み、編『バンザイ通天帖。南朝斉王僧虔、王慈、王志は屋の後、法帖入力。釈智永を羲之七世孫、妙传家法、隋唐書学名家。後戦乱に歩いて、その後世乱、係譜紛失、後世の分布は瀋陽、ヘレンなど。現知其が王庆凯後世、王潇丹ら。
王羲之の書道の影響世代の书苑。王羲之書聖の地位を確立して、その変化の過程。南朝宋泰始年間の書家虞と『論書』には「漢魏に至る、鐘(労役)、張(芝)に米、晋末2王称英。」右军書名をほしいままには当時、宋齐の間で本学地位最高者はツイ王献之。献から父学の本、素質が高い、敏于革新、回転師张芝、創につながる草書、媚妍よりもさらに父であり、貧しいマイクロ入聖、父と同じ「2王」。南朝の梁陶弘景『と梁の武帝論書簡』の雲:「世の尚子敬より本」、「海内非惟する知識は元の常、于逸が少なくても」。この状況を変えるのは、梁の武帝蕭衍王羲之推賞する。彼は当時の本から「学位王献之――――鍾繇王羲之」から「――――鍾繇王羲之王献之」、「観鍾繇書道十二意』で、
黄庭経黄庭経
萧衍云:「子敬の及ぶ逸が少なく、猶逸が及ぶ元よくない。」「いたる」、または「ぬ」の意味がない。蕭衍の地位が彼の品評が特殊な感化力から、世論と定。
歴史上初めて学王羲之クライマックス南朝梁、第二回は唐。唐の太宗極度推尊王羲之だけでなく、王书が網羅、しかも自らを『晋书・王羲之伝』の撰の賛辞評価鍾繇は「論その尽善、またはが疑」論をけなすのはその「翰墨の病気」論など他の書家事王蒙、徐偃輩は全て謂“誉た実は」。との比較を通じ、唐の太宗右军「善を尽くし美を尽くす」、「心慕手追、この人だけで、殘りわずかなど、何足論哉」!これは王羲之本学史上最高の地位を固めて確立されて。宋、元、明、清諸朝学書人も、尊晋宗「2王」。唐代歐陽詢虞世南褚遂良薛稷顔真卿柳公権、五代杨凝式、宋蘇軾、黄庭坚、米芾、蔡襄、元の時代に赵孟頫、明朝に散りばめて董其の盛んな、歴代の本で勉強も王羲之名家に帰依する。清朝は碑学を破る帖学の範囲が、王羲之の地位を揺るぎない書聖。「書聖」、「墨皇」は「聖化」の疑いがあるが、世代名家、以下、比較を通じ、読まないから、礼を尽くして敬う。

王羲之墓の所在地

王羲之後と驃騎将軍王述不和をして、病気を口実にする官職を移転して来て、金庭、晩年は金庭養老、直
王羲之墓王羲之墓
~に亡くなり、そのも安葬。既存の王氏は清朝の跡取りが建ての一家の霊を祭る廟――金庭観観右1基の古風で質樸な石坊、額.横額に刻む「王右军羨道」6字。着石坊上り穀で、1匹のぼんやりと可知石畳の舗装の墓道。の果てでは王羲之墓。
王羲之墓自体は大きくて、墓の方式と謝安の墓も靑石条に囲まれて、土に似て、杭州岳飛の墓。墓の前に大碑に刻まれ、『蘭廷序》の全文は、いくつかの碑体風化し、多くの地方字が滲む漫、ぼんやりと見分けることしかできなくて。論点は関連の墓地はかなり大きい規模、という人が驚いていた。

王羲之映画のイメージ

ドラマ・映画 演じる
1982 筆中情 王伯昭 原型の一つ
2005 侠影仙踪 とディロンさん
  
2016 書聖王羲之 邬立朋