草書

漢字の草書は1種のフォントを特徴は構造简省、筆画連なる。形成ために、手軽で書く隷書に基づいて進化出てきた。ある章草狂草の分は、狂乱の中で感じて美しい。
草書

草書歴史

解字説文』の中で「汉兴草書がある」。草書が始まったのは漢の初め、その特徴は:存字のあらすじ、損隷のルールは、縦任の逸脱、日本へ速せっかちで、草創の意で、言った草書。
章草筆画省が放漫に従って、代表作のような三国呉皇のように刻印』の松江本。今は構成にこだわらない、筆勢すっきり、晋の代表作のように王羲之初月』、『て示」などの帖。狂草は唐代が現れ、張旭怀素をはじめ、筆勢狂放不羈、完全に実用的な芸術創作を離れて、それがただ書家草書模写に章草、今草、狂草の書道の作品。狂草代表作『腹痛いような唐代張旭」などの書き込みと怀素『じじょ帖』は、現存の珍品。

草書発展

草書の発展から見ると草書体の発展に分けることができます早期草書、章草と今の三大段階。
早期草書とは隷書平行の書体は、一般に隷草、実は篆書草を交えたいくつかの形体。
初期の草書、隷書側を破るルール全体が謹厳で、1種のずさんな書き方。「章草」。章草は早期限草書と汉隶融合の雅化草書、波をフックが鮮明で、画数さえ"波"字の形、独立、字形遍方、筆を持って横勢。章草で汉魏際に最も盛んで、後は元朝方复兴、変わるのは明朝。
漢末、章草さらに「草化」を脱いで、隷書画数の行方、上下字の間筆勢巻き添えを通じ、部首の簡素化として互いに借りを「今」。今は、章草行き尽して波を演じるになって、今草書体魏晋後から盛んに衰えない。唐の時代に、今書くもっと甘筆勢がめぐって、字形奇がだらけで、「狂草」も、名に大文字の筆記体。
今日まで、草書の審美の価値を超えた実用価値。草書は一定の法則を漕ぎ字字の時、構造简省、偏仮借なく、手の曲に回るようの落書き。草書体の記号の主な特徴の一つは画数带钩さえ、上下左右を含むフックフックとさえさえ。隷化筆法の横勢傾向を左右、フックの草化によってさえを提供した。章草筆法で「一」の形で、今の「s形。これは両者の根本的な違い。筆遣いが甘く、点描狼藉というのは大文字の筆記体や狂草。

草書故事

草書も知らないから

枚の丞相素いい草書で工。当時流辈皆嘲笑の、丞相も自在に伸びる。一日の文、索筆を、紙いっぱい龙蛇飞动させ、甥録の。その波難所、甥を呆然とするまで、執に本问曰:「この何字も?」丞相熟視長いのは恥意識も、その甥曰:「汝胡早くないですか?についてのを忘れて!」

草書訳文

枚書く丞相好き草書(崩し書き)が、非常に精通しない。同僚な彼は、彼は気にしない。ある日、彼は急に得たとして、急いで非常にぞんざい要求筆墨ペンを走らせことが出来るなんて、字を書いた紙いっぱい。彼はすぐ甥句を抄録させて。甥抄画数が変な部分まで、感じのハチャメチャで止まって書きを持って、彼の書いた字問い合わせ枚丞相念何字。枚の丞相辨認を繰り返したのはとても長くて、見分けてもない自分に何と書いて字、と甥は言います:“あなたはどのように叱らないので早めに私に聞いて、私も忘れた。何を書いている。」

草書注釈

書家清曲散人「草」の字を書く書家清曲散人「草」の字を書く
張:つまり丞相张商英人、北宋、宋哲宗時官から宰相。
工:はい
流辈:同流の人、この指草書ファンたちは、すなわち同業者。
自由自在に伸びる:は、いつものように、他人の影響を受けない。
録:抄録
  波担保先:、画数曲折偏屈なところ
呆然とする:迷いの様子
執:持って
熟視:繰り返し見て
久の長い時間、語気の助詞「の」は、無実義。
罵る:どなりつける
胡:どうして
緻:結果

草書区分

草書広義の草書

は、草書体の書体。それは二つの場合は、文字は、統一の太古時代、自然は統一規格の草書、そこに現れた雑な字は、広義の草書;2は文字の統一後、緊急の場合、あるいは起草原稿記録文書、他人の話に行笔ショートカット、画数連帯、省略、手当たり次第書きの規範の雑な字で、このような雑な字は難しいに交流、久しぶりに字を書く人さえも認識できない、という雑な字は広義の草書。

草書草書

便利のために書いて、長いの習慣が一般の過程で、特に篆書隷書に転換する時期に、民間の流行をくずし字の数が増え、書き方次第に統一を経て、量的変化は質的な変化の過程まで、がやっと持って法度の草書、それは章草後、さらに発展して今、狭意の草書を指し章草と
自章草起草法は基本的に形成された、もう決められた草法が持つ法度の規範性、また大きな柔軟性、その基本的な内容は、以下の3つの方面では、草書は筆画省略、構造の簡便な書体。2は、草書を点描基本記号としての代わりに偏旁と字のある部分は、最もは符号化の特徴の書体。3は、草書の筆画字字の間との間の相互の連帯に呼応して、持ちやすいショートカットは書くと本者の感情表現書体

草書略史と特徴

張旭「古四帖」張旭「古四帖」
いかなる書体は使用中にも簡単の要求が書きやすく、省草画とぞんざいな傾向。この傾向は文字の変遷の主な原因。いつも社会の変革と文化の大発展の時期に、文字応用頻繁で、個人についでに省ジェーン、異体字の出現をもっと加速するため、文字に応用して、勢いを直す。甲骨文時期が草書体の跡。「周宣王孔殷作籀书」、「この小篆」、「程遙かな作隷書」や蔡邕8分で書く明るい平石经などは、二週間、秦、漢はそれぞれ当時流行の字を規範化して決めた標準文字も公認の形成をされては新たな書体正字の始まり。
しかし要求簡易傾向から停止しない。早く記録王公大事の商代甲骨文、週代金文に簡ペンと乱暴な字、歴史の中で「屈原属草藁」、「董仲舒藁本未上」、説明戦国古文と前漢隷書で急速に書く時も非正体。魏晋人によると記載され、後漢の北海敬王刘睦「善の史書と思って、世の楷则」、刘睦が死ぬ前に、明帝派伝馬「令作草書尺牘10曲」。章帝时、齐相杜度習字の手本章帝曾善作、诏令杜度草書奏こと。可視纪元いち世紀半ば以来、草書でもうないからではなくせわしいばかり書く珍重されや模倣実習のフォントをした。近世から出土した汉简見ることができて、前漢の武帝の時字漕ぎ省ジェーンの隷書は通行。新莽の時期には、より多くの省と中隊の字を漕ぎ。後漢の光武帝建武の二十二年(西暦46年)のジェーンはすっかり草書ました。しかし週代から新莽時期もなかった1種を草書列書体
李志敏草書作品李志敏草書作品
解字説文本は帝」として12年(西暦紀元ひゃく年)、许慎「叙』には、「汉兴が草書」は、草書を一種の書体の始まり。後漢末期、张芝その同時に、少し遅れての鍾繇など名家を輩出し、各流派になって。当時赵壹有『非草書』の文、蔡邕が類似の正体字の地位を反映して、この草書はきわめての1時の盛。漢末から唐代、草書、隷書から筆意の章草発展成韵秀綽の今、甚だしきに至っては自由奔放、勢い万千の狂草。
章草前漢後漢から、盛、フォント具隷書形式、字の区別、ないとする歴代にさえ;章草の名称が異なるのは解。見漢末以来「刻印草書で章草写本」、「刻印」の字の章から、最も無稽。は章帝趣味で奏章草書や怪しげ草書し、甚だしきに至っては章帝創造草書、憶測も属。は放漫の章と本定款章楷同義の章に沿って、早期草書略し八分筆意、字と字に及ぶ、画数省が事実だという、身内手紙たくさんこの説。
いつから、また漢末张芝と東晋王羲之、王洽二つの言い方。世継ぎ表、帖とから出土した汉简、漢れんがを見て、漢末は八分書を正字同時に、すでに現れて近似真書書き方。草書体も次に変異。少し遅れ张芝の草書家崔瑗作『草勢》、草書「状よう連珠、圧倒的ではない」、「絶筆收势、綖縺れリザレクション」、「頭を垂れない尾」、「機マイクロなら妙、臨時から宜」の説明、可視漢末の草書筆勢流暢にこだわらず、すでに構成。本来はまるきりの区分の書体進化。今から言う张芝から新しい体の芽を見て、今から2王は、典型的な形成に着目して。唐代以来真書踏襲今。
怀素草書怀素草書
唐代に現れた張旭草書で、怀素を代表とする狂草完全に離れて、実用的な芸術創作.狂草れ大文字の筆記体、筆意奔放、体势連なり、例えば唐張旭「千文切れ碑』、『古四道』、怀素僧『じじょ帖」などと、張旭史「草圣」、孙过庭书谱」字の区別がないに接続し、そして筆意活発な、秀媚。「大文字の筆記体」と「草」が相対的によると、大文字の筆記体純草で法、暗闇から牛、張旭、怀素善この、その字の1筆のでさえ、偶然でない、血が絶えず。清朝フォンクラス「鈍印本》談学草書法雲:草学献の、大文字の筆記体学羲之、狂草張旭怀素より学。怀素の草書で簡単に識別、字を見てやせ形で、字もはっきり易臨落筆。張旭字形の変化が豊富で、常に1筆の数字は、行の間を隔てて勢いが絶えず、雪に白鷺、独特の風格を形成し、韓愈『送高閑人に序》の中に言及張旭草書「喜怒窘貧乏好きです、散逸、怨み、思慕、酔いしれる、つまらなくて、不平を、心には動いて、必ず草書揮毫発の”ですので、張旭難しい学。

草書派生と発展

近よくある隷書筆法で草筆飄々との体隷草章草、似て、いつもと善書い隷書精熟関係、古本隷草が独のスタイル。演技も書くの手法なの。
破草」は現代書家でおなじみの書家、狂草杜浩平梅湘涵の書道の作品は、その特徴は漕ぎ接合体時、転と筆で、多くは昔から各書家の接合体へと進化自分スタイル、王羲之書体中学いくつか、王铎法帖をいくつか、祝允明孙过庭など、歴代名手にその長所を取り、自分の容貌集で、勝手に使って、自在にして、この書き方と今に似ている。
行草ある「草行」説、書体ついたくさん楷法、すなわち草書の近い行書。筆法が流れ、清刘熙载「本」が一切雲:行書「本当にいい」、「草行」。「真」と近似楷書で縦于真「草行」に近い草書では草を集めて。唐张怀瓘「本�』の雲:本当に言った“本当に兼者」と、帯草者だのが「行草」。だからこのなら
漢字の草書は1種のフォント。それが早くて、から初期、書き隷書場合もあるが「かぶれ」に書いて形成され、漢章帝好き草書、と称され「章草」は、1種の隷書草書。章草字の独立、行草に近いが、難しい字書きの簡素化、書きは変わらない。その後楷書が現れて、また進化して「今」、つまり楷書草書、オフィスに、しばしば上下字を書いて、末筆筆と呼応して、すべての字も簡略化の一般法則だが、なじみのない人は時には雪に白鷺。一般にも王羲之王献之らの草書と呼ばれる今。
今の簡略化の基本的な方法は楷書の部首を簡単な草書符号代用、代入繁体楷書で(ただし草書がより多く、楷書夜)は楷書字書で代用草書記号、便宜上、字の構造も変化。だから、よく知らない人がづらい。草書体の記号の整理が調べて『標準草書』。
唐の時まで、草書1種になって書道の芸術ため、「狂草」に変化し、情報を伝える道具としての機能が衰えて、1種になって芸術作品に注意を払う、組立、紙の白黒の手配、かどうか見極めることができる人はなんて書いてあるのは重要でない。で狂草中に、「言葉が连」記号は、2つの字なフレーズ)に書き記号。当時は上から下へ書く多くに縦行書書いて、詞聯符号の設計にも類似。「敬具」「涅盤」などもあるが草書詞聯記号。
日本語の中の平仮名は、漢字の草書形式をもとにして作った。
現代人は普通は勉強草書原点。一般に受け入れの草書体の書き方が于右任さんが編んだ標準草書(同名手本)。みんなが書道、北京大学教授李志敏賛成しないやっはさん標準草書、依彼の見て、書道芸術のその自身の発展規律は、多彩ななく強要して画一。古今の作品品でも、「最も忌偏にし众美排斥」。

草書章草

于右任本の章草于右任本の章草
草書は中国の文字が最も簡明な書体。草書の起源も行書、または他の書体は、確かに、できない時は。史記が「戦国時代、楚怀王憲令屈原をさせ、下書き未に見て欲夺直属氏の、ふたを草書の祖から。」このため草書があるから草稿の話、見える戦国時すぐすでに草書の形成。下書きのフォントがから、機能を発揮するためにスケッチ、比較的省略できないで、自然整っていて、そこそこで書かれており、文字通り草書。しかしこの草書、わずかとは古篆書(当時のフォントを使用)の草稿、本当草書の発見を始めて、漢は初めから、その変化の過程で、自应はまず「章草」、そして「今」、さらに「狂草」などの草書体ました。
章草は隷書スケッチしてなって、故源から隷。伝説は前漢元帝時黄門令史游記録。宋赵彦卫雲漫チケットは「宣和陜西出して、古人の章草木簡、字は、永初二、夫を裏切ってから羌檄。米元章帖言:章草乃章奏の草。今の試験の両方に檄は、実施章奏理容。小学校の家を流して、古くから降りて、日が手軽大篆傾向から小篆、小篆が所属し、それよりも長く、復は隷を繁。章奏文は、全部で従事して章草も、自然の勢いは、故曰草、隷書ペンは、良労役に所属しても未遠い。」そのために章草通章奏て言うが、そのほうが正しいと思うけどね。「章草」フォントもすでに「隷書」シンプルだが、まだ少し波磔、もし漢初木簡本跡(上)から、初期の「章草」は、実際には、緊急の雑「隷書」変体。だからその筆法と接合体、無きっと規範に従って、ずっと後漢の张芝、章草フォント、やっと臻成熟し、魏晋までで水の出ばな。その中の有名な書家、例えば魏時の韋誕、呉の時のように、皇晋時の索靖、と呼ぶ世代章草の巨匠。
「章草」伝世の法帖、計が史游頌『理』、『淳化閣帖』で张芝書、皇のように書『刻印』、『月索靖帖」など計。今は伝刻んだが、法度端結、体势坚劲、独立性の特は、足を模写し後世研究の最優秀資料。
「章草」の筆画がやや隷書の波磔、字の独立ないにつながって、利用の記号、一筆万とは、汉隶行書の亜種。
宋克刻印宋克刻印
今すぐこのごろ通行の草書、通称草書、伝説は後漢张芝(伯英)に創始。韋誕「芝学杜度、回転精その功と草圣、超前绝后、独歩無双。」张怀『书断」は「自杜度妙に章草、崔瑗、崔实に続いて、親子が。伯英が崔杜之法、旧知の新しいため、が、今になって。字の体势、筆でさえ、偶然でない、血が絶えないとさえ者、筆脈通そのインターレース。惟王子敬深い明その目的ので、行首の字に続いて、往々にしての未、世に言う1筆の本から张伯英、つまりこのも。」そう章草の書、字のない。张芝が今、上下関係や、字の末に、次の字の上に。呼史游草を章草で伯英草でもと今。」からて知っていて、「今」と「章草」の違い:章草独の字、係スケッチ隷書で、「今」は省略して「章草」の波磔に関わって写生「章草」で。于右任さん標準草書自序「その法:重形聯、波磔、記号のカナダを使って、転の運益;大令いわゆる貧乏偽略のか、非常に草の緻者、一番の。」「重形によって、波磔。」二語は、いわば「今」の特徴であり、「今」のプレミアが簡潔な所。

草書草書体の区別

林散之草書林散之草書
章草筆画シンプル、まとう帯に接続し、と今に似ている。しかしその接合体平、渋い筆力、画数に波磔、特に押える絵の筆と抑えの末のペンは、明らかに殘した隷書の筆意、しかも字が独立して相連なり、整然と並ぶと、今、狂草が明確に区別。
今すぐ一般の言う草書、それでは章草に保留した隷書挙措し、章草と楷書の基礎の上で加速行笔増加円環おきて。张怀瓘『书断』の中で「章草の書、字の区別、张芝が今、その流れを加え、拔茅连茹、上下関係や、借りに字の終で下字の始め、奇形のクラッチバッグ、数意兼。」これこそ章草と違うと今体势筆の要約、代表作のように崔瑗「賢女帖。
狂草創始は唐、唐人張旭は狂草の開祖、だから“草圣」と呼ばれる。その後の和尚さんもみんな怀素狂草。今よりもっと簡単に狂草、急速かつ筆勢より続く蛇行し、活発で飛び舞って、ペンティアム気まま、駆け回るず、一瀉千裏の勢い。古人はその形体と「や集め束で抱き合ったり、ひらり4垂、または貯め翥したり、上下にまちまち、または陰嶺に掲げ、または選択は、落ちて。」本当に「衆巧で百態、果てしない奇」。作者は借りてその体現奔放激越の気持ち、またはを寄せて縦横の誌を頼んで、または散鬱結の懐。しかしその省筆が多く、形と楷書、行二体の差が大きいので、比較的に難しい。

草書引碑に草

拓本篭高級形態として、
李志敏引碑に草作品李志敏引碑に草作品
その一番の問題は結合何ですか?何に引いて、何ですか?必要のは明らかに、取引碑に草ではないリガ草書作品少し碑体字、簡単には2種類の書体混じえて一緒にではなく、は2種類の書体は徹底的に融合して、からまで中身を含む技法外在精神の融合を作成するため、新しい本体形式と1種の新しい草書体の風貌。
碑朴厚雄強いこだわり、字形方峻坚削り、古拙力が、草書を重んじて縦追放姿。だから、探索する碑に勇気がなければならない草道に取舎选択と、その原則とは、その本質を特色とともに、殘りの特色を捨てて。碑には引いて草を魏碑と草書高級レベルでは、あらゆる諸、諸メトロも漏れに殘る。さもなくば、取引碑に草を失い退化の可能性を実現するのが、「众美」は「の美を捨てて」。これは探求模索する碑に草の理論の前提と実踐の基礎。
の創造的探求の意味は」の双峰対局。
李志敏草書作品李志敏草書作品
引碑に草の実現、最終的に依存の技法を支える。一は筆法で作品の気迫に満ちているの勢いの恩恵魏碑側ペンと丸い筆の不思議な効用が渾然。同時に、狂草神韻境界を精神カーネルとの交換相互融も、方亦圆、人と流暢に力が失わないのガス。彼は碑の墨法の大文字の筆記体の中で、厚い渋いの間に現誠実、気持ちよいの強さを形成し、濃い枯れ対比をもっと強く、線を描いてもっと張り、視覚官能よりインパクトの墨風特色。彼は注重する「筆で高い約約で本当に」、「化ラインを点」の探索中将「点」の運用を極め、伝統を破る点線補完を配置する固定モード。
いかなる1種の書体や本から風が芽生え始めから成熟し、必要な歳月を経て多重励まし合うと洗礼。李志敏碑に草の先駆者として取引を模索し、現代書道史に殘した特別なページことに値して、書道理論界を真剣に検討する。 启功先生に対しても李志敏さんの書道造詣を賞賛して、彼は言います:“拓本だけ融合こそ、先人の垣根を突破。そして李志敏さんは取引碑に草の探求、代表が中国の書道の方向。」

草書一筆書き

今また「一筆書き张怀瓘」、「(草)字の体势、筆でさえ、偶然でない、血が絶えず、及びそのぶりさえ者、気候は通行……世に言う一筆書き者から张伯英。」
「书断」「1筆の書」は、今の創作過程の中で、字と字の間には、行の間に映带相続く、顾盼多姿、または筆筆のレベル、もしくはペン切れ意连、だから草書も呼ばれ1筆の本、张芝今伝(军帖)はその代表作。王献之までの「中秋帖》、《十二月帖」、「一筆書き」表現は更に明らかになった。なにしろ张芝書道史上の地位はとても高くて、道理ではそれを「草圣」。

草書人物の作品

張旭唐『-三春堂狂草』

草書構成原則

草書の構成は定形にくいが、その原則に従わなければならない。

草書(1)勢い貫通

蔡邕言う:
孙过庭『书谱』孙过庭『书谱』
「伊勢来ないまで、伊勢行くよ押える。」静止の字を生きたば、の話では「勢」。勢いは発展の、流動の、変化するので、蔡邕筆勢は自然と来て、押しとどめることのできない。この「勢」は「血」、「筋脉」放漫勢いの形成の根源も、草書構成が原因の—。
唐张怀瓘『书断』でらしく「字の体势―筆でさえ、偶然でない血が絶えず。」この草は最も適切な使用。時には何を描いてはしないのが必要气脉相貫。一字そう。一行もそう。が上下左右を受け、優柔不断、意気は集まって、神でも散。字と字の間の贯气で、主に字の間の欹侧が斜めに正の変化、�は、互いに持って渡したり、伊勢の露前線で承に引いて、時にで急速な回锋そのガスを含む、静止の紙の上で表現するダイナミック美。
梁同书「ガス須から熟で、ガスは勢いは、大きさや長さ、欹が、随筆から、自然に一部分を傾注する。」
だから必要も筆の勢いから精熟に。もし筆凝滯ロボット、表情、謹直暢、無勢は必要がない、贯气どころではないので、書道芸術の才能の有能力を得、有能な才能がガス、鍼感才能一一、草書作全神馳情縦、思い通りの間を書き出して精神と気質。筆勢変化の多い「浮雲漂っなら、矫若惊龙」、「崩浪雷奔」、「百鈞ボウガン発」で、これらは書道にありふれた形容詞は気まぐれにダイナミックで物も情。からこそ草書放漫無固定不変の叫び声のようだっので、見のが自由に想像、思遊云天。

草書(二)が錯綜変化

草書体の変化は構成が錯綜名状しがたい、字の大きさとが錯綜者錯綜、密度が錯綜、筆の軽重に錯綜、欹が錯綜するなど、怀素『じじょ帖』、張旭「古4曲』の贅の限りを尽くす錯綜変化、その構成が常に「みぞれ」喻之。落ち葉を羽織ってあり、目まぐるしい、然片片落葉は極ルール、ルールに不規則、視覚的には動く。細審の一字は静かに横になって、すべての紙の上で、動いていない、これはその錯綜変化と芸術の効果。草書形成放漫の全体的な効果は:紙いっぱい旋回が舞い、内のガス満ち溢れて、とても情、非常にロマンチックで、情熱を抑止できない。丁文隽『書道精論』で精土地を指摘:"」「観の、本当の構造密で大文字の筆記体過疎の構造、全幅観の、本当の構造を大文字の筆記体の構造密疎し。」人の心を求异からいえば、草書の構成が最も異、最も人々求异心理の必要を満たすことができ、最も人の視線を引き。

草書(3)虚実相生

草書体の章は「虚実相生法理」。「実」と紙に描いて、すなわちインクの黒先;「虚」と紙に描いて以外の空白も、すなわち墨の白に。老子曰:「知白守黑」とは、哲学上の虚実は、世の中の万物は矛盾の一種の理解と調和の方法。書道の上では、うまく調合白黒の間の関係は、黒い墨ガス団、息苦しいで窒息感;太白はしおれて広々として、ガスを怠ってサラサラ感。草書放漫あるべきでは「光の美」、その作品の趣は「白」の不思議な効用、つまり「虚」で表現して書道芸術の趣と上品なの情。邓石如「書画疎しカ所が馬に乗る、密で風通しをよく計白当黒お前さ、奇妙な趣。」草書で放漫な処理の上で、「虚者の実の」、「実際者虚、虚は実の」で、実に虚、相補互生させ、字と字、行の間が一体になって、緻密な無間。だから刘熙载「古人草書、空白が少なくて神遠くて、空白が多くて神秘な。」その空白多すぎるとかえって顕密で、妙線の太さで強弱の交代、筆勢の開閉離合の変化、字形の大きさの高低が入り乱れる、構成虚実相生放漫効果。一文字一文字に挿し込んで、行行が争い、相争って挿し込んで互いに互いに抱き合い、相相ででは磊磊落落、保険、恐れなど、体現草書狂放、瑰奇、縦逸の芸術スタイル。怀素徐渭の草書、最も典型的な。虚と実互いに対立の矛盾体、どちらかの暴走が、矛盾を強調。天はあまり実はつまらなくて。しかし虚実は相対的に、虚は実がないと、逆もまた然り。矛盾の双方とも相手に頼りであるため変化。だから最終的にも調和させるべきで、矛盾の双方の違いを犯して、君子は衿して争わず群して党せずが乱れていない、作品だからこそ渾然一体の調和の美。なら草書構成に処理して対立をまた衝突、調和の中で瀋着に指揮をとる、成竹を胸に得させ、作品を責めないみ、あか抜け暢達、超然として入勝、無彫刻して飾る、変化と自然が、珍しくもを遵守し、斯は言うの達人。