中国人民解放軍

、組織を。現在中国人民解放軍の現役の総人数は約200万人で、世界の現役兵士が一番多い国。中国の国防の軍事費は2011年9230億人民元を占める中国の国内総生産の2 . 0%を占め、世界各国の国防予算総額の8 . 2%、世界第二位。

中国人民解放軍発展の沿革

中国人民解放軍解放前期

中国人民解放軍の誕
南昌の蜂起南昌の蜂起
1927年生まれはち月いち日南昌の蜂起。1927年秋から1928年の春に、中国共産党は相前後して発動した南昌の蜂起秋の収穫蜂起広州の蜂起湘南蜂起ジュート蜂起。これらの地区で武装蜂起して後の部隊は、当時と中国労農革命軍1928年、ご月以降、続々と中国労農赤軍、略称「紅軍」。
1937年ななしち月ななしち日爆発抗日戦争月25日、はち赤軍の主力部隊化国民革命軍第八路軍、略称八路軍、1937年きゅう、く月じゅういち日改称国民革命軍第十八集団軍。活動江西省福建省、広東省、湖南省、湖北省、河南省、浙江省、安徽省8省14地域の紅軍のゲリラが集中する、1937年じゅう月に日化国民革命軍陸軍新編第四軍略称新四軍。抗日戦争の時期に堅持して華南の抗日広東省人民抗日遊撃隊北、撤退後山東隷属中国人民解放軍の華東の野戦軍。1929年きゅう、く月海南島農民蜂起チームをベースにした中国労農赤軍第いち独立師(後によると第に独立師)。この人民武装で土地革命戦争、抗日戦争と解放戦争で長いきわめて苦しい闘争の試練を乗り越え、1947年十月の適応を中国人民解放軍琼崖縦隊
中国の抗日戦争に勝つ
解放軍に登って海南解放軍に登って海南
利後、1945年中国共産党指導下の関内各解放区部隊が大量に入って東北地区月31日と、じゅう東北抗日聯軍などの構成東北人民自治軍1946年、いち月じゅうよん日、東北人民自治軍改称東北民主連合軍。1945年きゅう、く月中国共産党の軍隊が127万、また民兵268万。
1945年はち月じゅうご日、八路軍山東軍司令官兼政治委員罗荣桓等の提出に改称部隊番号「人民解放軍」、山東軍区機関によると山東解放軍本部。
1945年はち月26日、「中国共産党中央の国民党との交渉を平和についての通知》の中で、再びが正式に「解放軍」の言い方をしている。
1946年、解放戦争勃発
一枚の初期の中国人民解放軍の胸の標的一枚の初期の中国人民解放軍の胸の標的
解放区の各部隊は八路軍新四軍、東北民主連合軍などが続々と改称人民解放軍、五つの野戦軍が編成された。数年の解放戦争の滅亡、国民政府の統制、後また進駐チベット中国大陸、統一した。
中国共産党中央と中国共産党中央軍事委員会は1948年じゅういち月いち日に「統一全軍の組織及び部隊番号の規定」と指摘し、人民解放軍は野戦部隊は、地方部隊とゲリラ部隊に三類。野戦部隊「野戦軍現在は四つ、地名に分けて、つまり中国人民解放軍北西の野戦軍(第一野戦軍)、中原の野戦軍(第二野戦軍)、華東の野戦軍(第三野戦軍)、東北の野戦軍(第四野戦軍)」;各歩兵部隊、軍、師、団、各騎兵師、団、各砲兵師、団等は、すべてを冠して中国人民解放軍の呼称として地方
建国式典の解放軍部隊建国式典の解放軍部隊
の部隊編制の軍区の「第一級軍区(つまり大軍区)は、既存の5個、地名に分けて、つまり中国人民解放軍北西軍区中原軍区華東軍区東北軍区華北軍区」、「第二級軍区、既存の3も、地名に分けて、つまり中国人民解放軍晋绥軍区皖苏、豫軍区、冀熱遼軍区」、ゲリラ部隊は、依場合や可能性は各地の軍事機関が自ら組織。
その後、全軍を統一再編。それが、中国人民解放軍呼称今まで使え。

中国人民解放軍解放後期

中華人民共和国
大軍縮殘隊将校送別の戦友大軍縮殘隊将校送別の戦友
立後、人民解放軍の防衛担当国防に参加し、社会主義革命と建設の任務を同時開催の革命化、現代化、正規化の建設、発展させ、陸、海、空三軍やミサイル部隊の構成の诸军、合成の軍兵種。軍隊の建設を打ち出した「政治に合格し、軍事優れ、作風は優良、規律厳正、保障有力」の総要求。
世界情勢の発展に適応するため、1997年きゅう、く月、江沢民党の十六大報告によると、はちじゅう年代削減軍の投稿ひゃく万の基礎の上で、我が国は今
中国人民解放軍のロケット軍の設立大会中国人民解放軍のロケット軍の設立大会
後さん年以内に再削減軍隊員額ごじゅう万。今回の大軍縮、解散した大部分の守備部隊、一部の集団軍編制の乙種師帰武装警察部隊。
2016年のいち月いち日、中央軍事委員会に出された『』。「意見」「しっかり明確に「軍事委員会管総、戦域主戦、軍隊の種類の主な建」の原則」。原作。新築は、主に電子対抗、ネットの攻防を引き受け、衛星管理などの電磁空間やサイバー空間の攻防任務。
中国人民解放軍の儀仗隊中国人民解放軍の儀仗隊
元元元元。4本部改革後際立って隷属中央軍事委員会は、本部制に変更軍事委員会多部門制の結果。また、中国人民解放軍総参謀部から中央軍事委員会合同参謀部、これも共同作戦を指揮体制改革の体現。
2016年2月にいち日、元瀋陽、北京、蘭州、済南、南京、広州、成都軍区の調整を7つの東部、南部、西部、北部、中部の5つの戦域、指揮システムを変え、戦域合同作戦統制機構、統合海軍・空軍とロケット軍全体を合わせて、戦時戦域指導管内での武装警察部隊の実現には、両区域にまたがる兵科の戦域内の垂直と多相の指揮者と共同協同作戦を増加し、機動力と連合指揮作戦能力。

中国人民解放軍組織機構

中国人民解放軍最高機関

中央軍事委員会
中国共産党中央軍事委員会
中華人民共和国中央軍事委員会
主席:習近平12期の全国人民代表大会会議さんは2013年月じゅうよん日決定)
副主席:范长龙 许其亮(12期の全国人民代表大会1回会議は2013年さん月じゅうご日決定)
委員:常万全 房峰辉 张阳 赵克石 张又侠 吴胜利 马晓天 魏凤と(12期の全国人民代表大会1回会議は2013年さん月じゅうご日決定)。

中国人民解放軍指導機関

中央軍事委員会の七部(庁)



中央軍事委員会の三大委員会

五大事務所(署/局)

中国人民解放軍部下機構

司令官:司令官:司令官:司令官:司令官:司令官:司令官:グローイングヒルズ長津田みなみ台政治委員:刘福さえ
直属の機関
中国人民解放軍国防大学校長:张仕波政治委員:刘亚洲
中国人民解放軍の軍事科学院院長:グローイングヒルズ長津田みなみ台政治委員:许耀元
国防科学技術大学校長:杨学军政治委員:王建伟
軍事裁判所
中国人民解放軍の軍事裁判所院長:刘季幸
中国人民解放軍の軍事裁判所中華人民共和国中国人民解放軍の設立の裁判機関、国家に属し裁判システムの専門人民裁判所
軍事検
中国人民解放軍の軍事検検察長:李晓峰
検察は軍事国家中国人民解放軍の設置の専門法律監督機関は、我が国の検察機関の一部として、検察は専門の一種とは、軍事防衛機関、軍事裁判所併の軍隊の中の執行部門。

中国人民解放軍軍隊の種類構成

中国人民解放軍の陸軍中国人民解放軍の陸軍
見項:
中国人民解放軍の陸軍中国人民解放軍の主体力、共有じゅうはち集団軍の機動作戦部隊、分布はななしちの大軍区。現編は約じゅうごの師、120個旅団。今の世界に兵力最も巨大な陸軍。中国の陸軍は朝精兵、軍民合成、高速機動、対テロ作戦、国境防衛、災害救助などの発展。交換は量質になって解放軍の新しい趨勢。
中国人民解放軍の海軍中国人民解放軍の海軍
見項:
中国人民解放軍の海軍中国人民解放軍の海上の武装力は、中国人民解放軍の五大軍兵種の一つで、海軍司令部を設け、海軍政治部、海軍兵站部、海軍装備部、南海艦隊東海艦隊北海艦隊海軍航空兵海兵隊、実験の訓練基地、海軍の各大学等。中国海軍総排水量を持つ世界2位の膨大な艦隊。
中国人民解放軍の空軍中国人民解放軍の空軍
見項:
中国人民解放軍の空軍中国人民解放軍の空中の武装力は、中国人民解放軍の五大軍兵科の一つ。2014年まで、部隊共有398、000名以上のスタッフさんと、300機の軍用機、その中に、ひゃく機を戦闘機や爆撃機、攻撃機。いまさら中国空軍は次第に発展を持っている第5世代戦闘機、長距離爆撃機/輸送機などの先進装備の近代化の武装力。
中国人民解放軍のロケット軍中国人民解放軍のロケット軍
見項:
、前身は「は、陸軍付属兵種と陸、海、三軍併列の第4つの独立軍隊の種類。
中国人民解放軍戦略支援部隊中国人民解放軍戦略支援部隊
見項:
中国人民解放軍が2015年じゅうに月31日に発足した軍隊の種類。戦略支援部隊は「戦略的、基礎的、支え性が強い力の各類の保障機能統合して創立した」という戦略支援部隊の任務は、目標の探査、偵察と目標のリターンを情報;日常のナビゲーション行動や、北斗衛星と宇宙の偵察手段の管理の仕事;引き受け電磁空間やサイバー空間の防衛任務。
中国人民解放軍の予備役部隊中国人民解放軍の予備役部隊
見項:
中国人民解放軍の予備役部隊中国では、普段の退役軍人で、民兵を基礎にして、現役の軍人を骨幹の戦時を迅速に転化して現役部隊の武装力。通常は軍隊の種類や兵種の予備役部隊。予備役は予備役士官と兵士予備役。予備役将兵毎年一般を240時間の軍政訓練。
中国人民解放軍の陸軍中国人民解放軍の陸軍
見項:
中国人民解放軍の陸軍
中国人民解放軍の海軍中国人民解放軍の海軍
見項:
中国人民解放軍の海軍
中国人民解放軍の空軍中国人民解放軍の空軍
見項:
中国人民解放軍の空軍
中国人民解放軍のロケット軍中国人民解放軍のロケット軍
見項:
中国人民解放軍戦略支援部隊中国人民解放軍戦略支援部隊
見項:
中国人民解放軍の予備役部隊中国人民解放軍の予備役部隊
見項:
中国人民解放軍の予備役部隊

中国人民解放軍戦域構成

作戦区域表
東部戦域
その管轄区は中国東部沿海地域を含め、上海、江蘇、浙江、福建省、安徽省、江西省
南部戦域
その管轄区は中国南部の沿海地区を含む、湖南省、広東省、広西、雲南、貴州と海南
西部戦域
その管轄区は中国内陸部の西部地域を含め、甘粛省、寧夏、靑海、ウイグル、チベット、四川と重慶
北部戦域 その管轄区は中国北部地域を含め、アムール川、吉林省、遼寧省、内蒙古と山東
中部戦域 その管轄区を含む中国中部地区では、北京、天津、河北省、河南省、山西省、陝西省、湖北省
駐特別行政区部隊
の香港駐在部隊 香港の繁栄と安定を維持し、国民の生命と財産の安全を守る香港
在澳部隊 マカオ繁栄と安定を維持し、国民の生命と財産の安全を守るマカオ

東部戦域
その管轄区は中国東部沿海地域を含め、上海、江蘇、浙江、福建省、安徽省、江西省
その管轄区は中国南部の沿海地区を含む、湖南省、広東省、広西、雲南、貴州と海南
その管轄区は中国内陸部の西部地域を含め、甘粛省、寧夏、靑海、ウイグル、チベット、四川と重慶
五大戦区見取り図五大戦区見取り図
元南京軍区第いち、じゅうに、31集団軍全部転属東部戦域陸軍、
元成都軍区第じゅうよん集団軍と元広州軍第41、42集団軍転属南部戦域陸軍、
元成都軍区第じゅうさん集団軍と元蘭軍区第21、47集団軍転属西部戦域陸軍、
元瀋陽軍区第じゅうろく、39、よんじゅう集団軍と元済南軍区第26集団軍転属北部戦域陸軍、
元済南軍区第にじゅう、54集団軍と元北京軍区第27、38、65集団軍転属中部戦域陸軍。

中国人民解放軍主なマーク

中国人民解放軍军徽

中国人民解放軍の陸軍つまり中国军徽
中国人民解放軍军徽中国人民解放軍军徽
人民解放軍军徽。中国人民解放軍の海軍军徽、中国人民解放軍の空軍军徽は「八」军徽主体は、海軍・空軍は中国人民解放軍の一部は、陸軍の基礎の上で成長してきた。海軍军徽紺色の底は、広大な海を象徴し、裏地は銀灰色铁锚、代表艦艇;空軍军徽を空色の底に、象徴果てない空、裏地は黄金色の飛鷹両翼代表飛行機。
紅軍の時期、統一規定軍旗制作時に設計して军徽仕様もあったが、当時は戦争の殘酷な、物資不足、全軍を広める。その後、中国人民解放軍がかつて使用した赤い星帽章「八路軍」「新四軍腕章」、「中国人民解放軍」バッジなど、一定の程度の上での役割も果たして军徽。1948年の冬、解放戦争間もなく取得全国勝利の時、中共中央軍事委員会と解放軍本部の指導者は河北西柏坡討論軍隊の正規化の問題を提出した時、また統一軍旗军徽の問題については、確定は軍事委員会副
人民日報軍旗と军徽スタイルの公告について人民日報軍旗と军徽スタイルの公告について
主席週恩来司会、军徽軍旗に勤務し、当時から总政研究室副主任、第一研究室の主任の黄镇リード構成設計グループ。軍旗、军徽スタイルが集まって、総合的でと研の仕事を任せ作戦局引受部会。
1949年ろく月じゅうご日、新しい政治協商会議の準備委員会開幕は、今回の大会で、「中国人民革命軍事委員会主席毛沢東・副主席朱徳劉少奇、週恩来、彭徳懐」名義で発表した「中国人民解放軍の軍旗の公表について军徽スタイル」の命令。命令によると、「中国人民解放軍军徽様式を散りばめながら金黄色の五角紅星、中嵌金黄色の「八」の2字、れ「军徽。」

中国人民解放軍軍旗

中国人民解放軍の軍旗赤ベースの象徴
中国人民解放軍の軍旗中国人民解放軍の軍旗
を赤く、刺繍黄色の五角の星形及び「八」の字は自一九二七年八月一日南昌の誕生以来、長い間に奮闘し、その輝く星は、全国あまねく。旗の顔は赤く、長方形、横直を5は4より。旗竿オートホワイト、幅の旗の顔横長の16分の1。旗竿を赤黄二色のスピン上置黄色縞紋様、矛先。旗の顔の中心から上へ下劃一垂直ラインは、左右劃一レベルラインは、旗の顔つの面積が等しい長チェック。五角の星形及び「八」の2字はすべて黄色は、上に近い旗竿の長チェックの内。
中央の公文書館への決議について毛沢東軍旗中央の公文書館への決議について毛沢東軍旗
1949年、党中央指示解放軍本部を作って中国人民解放軍の軍旗の案。週恩来は自らがこの仕事。研究設計の過程の中で、毛沢東は自らを報告し、指示:軍旗の「八」の二文字は、1927年はち月いち日は中国人民蜂起開催南昌反対国民党反動派の歴史の祝日が星を象徴する;軍隊に対する党の絶対的な指導者。週恩来指示:軍旗は革命の色、広範な人民大衆の伝統的なめでたい色——赤主体として。星と字は黄色で、ポールが赤黄二色スピン紋、上部詰めの赤い房のついた槍の矛先は、飾紅穂を象徴する人民軍の由来。
1949年ろく月じゅうご日、中国人民革命軍事委員会の命令は、公布「中国人民解放軍の軍旗や军徽スタイル」。命令について、「中国人民解放軍の軍旗を赤く、アクセントになって黄色の五角の星形及び「八」の字は中国人民解放軍は1927年はち月いち日南昌蜂起の誕生以来、長い間に奮闘し、その輝く星は、全国あまねく。

中国人民解放軍軍歌

中国人民解放軍の軍歌正式名称は
鄧小平署名命令公布「中国人民解放軍の正体』鄧小平署名命令公布「中国人民解放軍の正体』
中国人民解放軍のマーチ」は公木作詞、郑律成作曲、創作は1939年。本名の「八路軍のマーチ』は、『八路軍の大合唱組み歌」の中の曲。1951年2月にいち日、中央人民政府人民革命軍事委員会総参謀部発行の試みの「中国人民解放軍の内務条令(草案)』は、『人民解放軍行進曲」に改名した『人民解放軍の正体』。1953年ご月いち日、中華人民共和国中央人民政府は人民革命軍事委員会に再発布した「中国人民解放軍の内務条令(草案)』は、その変更「人民解放軍行進曲。1965年改称を「中国人民解放軍のマーチ。1988年ななしち月25日、中央軍事委員会主席鄧小平署名命令:「中央党中央軍事委員会の承認を経て、決定は「中国人民解放軍の行進曲」は中国人民解放軍の軍歌」。
歌詞:
前向き!前向き!前向き!
私たちのチームは太陽に
祖国の大地を踏みしめて、
民族の希望を背負う、
我々は天下無敵の力。

  
私たちは労農の子弟、
私たちは人民の武装、
無恐れず、屈服せず、勇敢に戦う、
反動派を殲滅するまで、毛沢東の旗を高く翻って。
聞く!風が唸るラッパの音で、聞いて!革命歌多嚠喨!

  
同誌たちがペースを解放の戦場へ、
同誌たちのペースに整然と祖国の辺境、
前向き!前向き!私たちのチームは太陽に、
最後の勝利に、全国の解放!

私たちのチームは太陽に
祖国の大地を踏みしめて、
民族の希望を背負う、
我々は天下無敵の力。

  

私たちは労農の子弟、
私たちは人民の武装、
無恐れず、屈服せず、勇敢に戦う、
反動派を殲滅するまで、毛沢東の旗を高く翻って。
聞く!風が唸るラッパの音で、聞いて!革命歌多嚠喨!

  

同誌たちがペースを解放の戦場へ、
同誌たちのペースに整然と祖国の辺境、
前向き!前向き!私たちのチームは太陽に、
最後の勝利に、全国の解放!

中国人民解放軍階級

中国人民解放軍沿革

中国人民解放軍は1955年と
初実行階級制後のパレード初実行階級制後のパレード
1988年に二度実行階級制度は、1965年ご月いち日、第三期全人代常務委員の第9回会議で、「取り消し中国人民解放軍の階級制度の決定」、その後のにじゅう余年に中国人民解放軍はもはや設置階級。にじゅう世紀はちじゅう年代、中国共産党中央から考えて再実施階級制。1987年じゅうに月さんじゅう日、中央軍事委員会常務会の決定は1988年国慶節(じゅう月いち日)の前に新たな階級制を実行する。
現行の中国人民解放軍の階級制度は
1部の授与階級命令状1部の授与階級命令状
1988年に実行し、初のろくなどじゅうななじゅうしち級、1993年には兵士階級由さんなどろく級増設をさんなどきゅう、く級、1994年キャンセル一級に1999年にくわえ、兵士は階級はさんなどきゅう、く級に簡素化などをはち級、2009年にきゅう、く変更等級。また、実行する新しい階級制となり、1988年ななしち月いち日、第7回全人代常務委員会第2回会議が審議、採択した中央軍事委員会は「確認1955年から1965年までの期間の授与の将校階級」の議案は、1955年から1965年までの期間に授与される軍官の階級者で、その階級を確認し、「55式階級」の個人として今も有効栄誉。現行の階分をごなどじゅうく級:

中国人民解放軍階級の識別

将官(金色オリーブの枝に加え、金星)
大将大将
中将中将
少将少将
大将大将
中将中将
少将少将
大佐(2傍線、挟み星)
大佐大佐
大佐大佐
中佐中佐
少佐少佐
大佐大佐
大佐大佐
中佐中佐
少佐少佐
尉官(傍線、串星)
大尉大尉
中尉中尉
少尉少尉
学生学生
大尉大尉
中尉中尉
少尉少尉
学生学生
士官(オフ傍線、金色の麦交差ライフル)
  
一級下士官長(7期士官)一級下士官長(7期士官)
2級の下士官長(6期士官)2級の下士官長(6期士官)
三級下士官長(5期士官)三級下士官長(5期士官)
四級の下士官長(4期士官)四級の下士官長(4期士官)
一級下士官長(7期士官)一級下士官長(7期士官)
2級の下士官長(6期士官)2級の下士官長(6期士官)
三級下士官長(5期士官)三級下士官長(5期士官)
四級の下士官長(4期士官)四級の下士官長(4期士官)
曹長(三期士官)曹長(三期士官)
軍曹(2期士官)軍曹(2期士官)
伍長(一期士官)伍長(一期士官)
曹長(三期士官)曹長(三期士官)
軍曹(2期士官)軍曹(2期士官)
伍長(一期士官)伍長(一期士官)
兵士(オフ傍線)
上等兵上等兵
端武者端武者
上等兵上等兵
端武者端武者

中国人民解放軍軍服

07式軍服
07式軍服マークから87式軍服服装服飾
07式軍の軍服07式軍の軍服
品種が少ない、アパレルと服装のトータルコーディネートが足りない協調、胸が空、服飾表現力、表現力が強くないなどの不足。士官増加名札資歴章、ひも、レベル、将兵増加胸標的、腕章装着し、兵士国防兵役の章半袖夏常服上着、領先、胸部それぞれ増加蝶ネクタイや胸に標を認識機能を強化した美しさ、軍服を体現した軍人、栄誉。礼、よく服アパレルは黄金色を基調に民族の伝統は、軍の威厳を体現できる。加工を採用して金属鋳造と静電気植绒などの多種の技術、制作精密、綴釘便利。マーク服飾主体の図案、「八」军徽、万里の長城、シールド、钢枪、飛ぶ翼、铁锚を主として、象徴人民軍は国家の主権と安全の鉄鋼万里の長城具現し、全軍将兵献身国防の強い意誌と一直線の戦闘の精神。
97式軍服
1993年初め、中国人民解放
97式軍服97式軍服
軍から開発は21世紀に向けての新世代の軍服。新世代の軍服を保留した87式軍服の長所を取り入れ、国際的先進国軍服の長所、87式軍服に比べ、構造、素材、色、服飾及び関連面が大きい改善。特にスタイル、色より美しく、気前と協調を形成し、陸軍、海軍はシュロの緑を基調には白を基調と紺色、空軍は靑い色を基調の軍の体係、新たにひも、軍隊の種類の胸の標的、名札、腕章等のアパレルマーク。97式の軍服は1997年にご月いち日からまず試着の正体部隊、1999年装備駐マカオ部隊は、海外に駐在して武官を配った97式ドレス、全軍その他単位未装備。
87式軍服
改革開放後、わが国の総合的国力を高め、改革
ている87式軍服の儀仗隊ている87式軍服の儀仗隊
わが軍の体制の単一で、スタイル、生地が遅れた服装賽は投げられたりロボット。1984年いち月、中央軍事委員会で承認85式軍服定型生産とともに、我が軍は徐々に指示服装実行ドレス、普段着、作訓服シリーズ。1985年じゅういち月ななしち日れ、全軍全体の論証会で、ドレス、普段着、作訓服のデザインで、材料、色や冬服をセットし、供給の標準と供給方法などを全面的に改革案を提出した。1987年ななしち月、党と国家の指導者たちを審査した服装見本。1987年はち月中央軍事委員会の承認を定型化して、1988年じゅう月いち日から順次装備部隊。
85式軍服
1980年月にじゅう日さん、中央軍事委拡
85式軍服85式軍服
大会は明確に提出し、回復する階級制。に合わせて階級制の実施、1981年から、私は軍が新たに軍服を改革の仕事。今回の改革の軍服を準備して回復階級制と装備、だから最初からものを「階級の服装」。1985年ご月いち日、新式軍服正式装備全軍、命名85式軍服。1985年式軍服基本起さ1955年式軍服スタイル。キャンセル赤襟章、红五角帽章、幹部、戦士を大檐帽、女戦士だけ装備キャップ、装着八军徽帽章と軍隊の種類、肩章襟章、増発した長、半袖シャツ方式。

中国人民解放軍毎回の軍縮

初めて:計画の軍隊を総数は550万400万圧縮
新中国成立の時、解放軍の総投稿550万人に達し、基本的には「小銃」の歩兵主体の陸軍、空軍、海軍技術もない、兵種も少ない。1950年よんしよ月、中央は決定は全軍総の投稿は550万~400万人減。
韓国戦争から戦争が勃発し、簡素化仕事続けなかった、軍に扩编、1951年じゅうに月の総人数が627万、解放軍史上最多の時期に兵力。
第2回:627万まで減少すると400万
1951年末までに、国内の大規模な剿匪作戦は決定的な勝利を収めた戦争は、韓国戦争に陣地防衛作戦が段階、比較的安定した情勢、中央軍事委決定は1952年に再び解放軍再編について、大規模化。
1952年仕事を簡素化する全面展開、からの終わりに、全軍の総人数ダウン400万人。
第三次:減~320万
朝鮮休戦と国内の大規模な剿匪作戦基本終瞭後、1953年はち月28日、中国共産党中央、中央軍事委員会に直面して、国民経済の一五全面展開など絶好の情勢を計画、決定、人民解放軍の再編成を簡素化する。
今回は1955年末まで仕事を無事に終えを簡素化する。全軍兵力を簡素化する約320万人まで。
第4回:ダウン240万
1956年きゅう、く月、中国共産党第8回全国代表大会を決め、軍政费用が国家財政支出に占める割合。中央軍事委員会は1957年いち月開催拡大会合を確定し、全軍の総人数再削減いち/さん。
今回の簡素化から仕事の1957年から1958年末で終瞭し、全軍の総人数のため下がっ240万。、歩兵の減少と同時に、海、空軍と特殊兵強化を得て、全軍の総人数の32%を占めて。
第5回:軍縮計画流産
世纪の60、70年代の軍队の数を大幅に上昇し、再び。1975年、解放軍総人数ガンダム610万。解決のために比の不均衡と部隊の肥大問題は、1975年ろく月からななしち月、中央軍事委決定さんは年内に軍ろくじゅう万人減少。
しかし、「反撃右傾翻案風」運動を全国展開、今回軍縮次に若死に。
第6回:引き続き完成第5回再編任務を簡素化する
1980年さん月、中央軍事委決定強力に機構を簡素化する、圧縮非戦闘員と保障部隊。はち月じゅうご日、中国共産党中央合理化案を公布し実施し、機構を簡素化する、圧縮軍部隊隊員額減少保障と非戦闘員。今回の簡素化は裁并た各機関の重ね機構、撤回した省軍独立師、一部の野戦軍歩兵師団に変更简编師。
第7回:軍総投稿から400万人減
1982年きゅう、く月、中央軍事委員会に出して合理化案、将軍委砲兵、装甲兵、工兵機関に変更总参-く)炮兵部、装甲兵部、工事の兵部;軍区直属の砲兵、戦車や野戦工兵部隊、大部位置づける陸軍の军内編制;鉄道兵に算入鉄道部、インフラ整備兵集団に鞍替え国務院関係部門と駐省、自治区、直轄市。
これで、中国軍総から400万人減の投稿。
第8回:削減の投稿百万
1985年ななしち月じゅういち日、中共中央、中央軍事委員会の承認を転送した軍の簡素化案。今回の再編案要求によって、合理化の主要な任務の1つは圧縮軍総投稿、全軍の総人数が減ってひゃく万。1987年まで、百万大軍縮の浩大な工事はほぼ完瞭し、解放軍総の投稿は300万人。
と軍縮同期、陸軍航空兵队、電子対抗部隊など新兵種や、予備役部隊が次々と成立し。陸軍に技術兵種の割合を初めて上回る歩兵、人民の軍隊はモータリゼーションに踏み出して機械化への転換の重要な一歩。
第9回:削減の投稿ごじゅう万
1997年きゅう、く月、党の大報告書を提出して、はちじゅう年代軍縮ひゃく万の基礎の上で、今後さんごじゅう万年以内に再軍縮。1999年末まで、軍縮ごじゅう万の任務はすでに完成。
第10回:削減の投稿にじゅう万
2003年、中国が発表した、「五」期間削減軍隊員額ごじゅう万の基礎の上で、2005年前にもう削減にじゅう万、軍総規模の230万。
第11回:削減の投稿さんじゅう万
2015年きゅう、く月さん日、習近平氏は中国はさんじゅう万軍縮宣言。
もしこの計画を完成して、軍の規模を200万人ぐらい。