倪元璐

倪元璐(1593~1644)、字汝玉、一作玉汝、号鴻宝、浙江上虞(今紹興市本市区)人は、明末の官僚、書家。明日啓二年(1622)進士、暦官から戸、礼2部尚書、本、絵クラ工。
倪元璐
神妙書道秀麗である、行草尤極超逸で、最も王右军颜鲁公蘇東坡三人翰墨愛之助は、筆鋒稜四露に蒼ばか、そして時には雑渴笔濃い墨をなすと、結び目字奇侧が変わりやすい、本風奇伟、後代の人は彼を「筆字、格奇奇奇、」の「三奇」、「足足、伊勢、意韻足」の「三足」と謳われ。彼は明末、穏やかな風を突破した本を持って、強烈な個性の書道と黄道周王铎鼎足而立、そしてと「明末3本の木」と王铎、傅山、黄道周、张瑞图として「明末みんな”になり、および本風の代表。
崇祯十七年(1644年)、李自成陥みやこ、元首をつり殉节事、卒年52。弘光追贈が少ない時、保険、吏部尚書、谥おかげで、清谥文贞。自著『オランダ文贞集』。

倪元璐人物の経験

倪元璐役職

託宣二年になって、倪元璐進士、改庶チーズ、授編修。倪元璐、黄道周劉合理化倶に名臣袁可立門生、死事最も悲壮、天下の公認忠烈。倪元璐、黄道周、王铎皆于天启二年に進士、其時孙承宗試験官、袁可立などを、後二公聯兵抗清築いて辽海障壁、しかも2公は全てを去勢党に喜び、時の人が、その孙党者から始。元だった事袁可立撰『袁节寰大司馬賛』のように、
倪元璐倪元璐
言葉が溢れている間に先師の敬慕。冊封徳府、移疾帰。まだ朝、出典江西郷試。及び復命は、庄烈帝践阼、魏忠贤すでに処刑されるなんと。杨维垣者は、逆かぶせる遺伝孽~にしても、はそしる東林、崔、魏。元事ない平、崇祯正月に疎し曰:臣元年頃読み章奏攻めが見えて、崔、魏者必ずと東林と邪党。夫の東林は邪党を何名崔、魏?崔、魏は邪党なり、撃忠賢、は秀者は邪党である哉!東林、天下が薮も、あるいは木高明ののぼり、縄た時、主張するが濃すぎて、ものの非中は、言った非狂強情なない。しかも天下の議論は、寧を借りて、なくてはならない失名義;士人行己、寧矯正する激、なくてはならない忘れ廉隅。自分では出稼ぎ矯正する激大咎となる虎の徒公然バックサイド名義、決裂廉隅。頌徳冷め、きっと劝进;建祠冷め必要で、かつ嵩。人犹且寛之曰:「是非に及ばない;癩者の瘡恨みば、然耳。」この是非に及ばない充なく然の心は、何所不至哉!お前の者はお人好しの胸中元輩、独持已甚の論呵責吾の徒舛も、いわゆる。今大獄後、わずかに殘汤火、何度も奉明纶~の作用で、当事者はまだ道学封地、持を鉄案もその報復するな、深い防のあるべきか然臣とと思った。年間借り東林媚崔、魏者は、その败、何待東林報復?同封の崔、魏ないなら、また攻去の、人は乔岳とは、百東林烏が報復哉?臣はボルトを読む聖旨、「韩爌清忠さ、朕が鑑のお知らせ」の諭吉。最近闻廷臣の�、実は異同が、大怪。爌相業光偉、彼は備えない論、即如紅丸会議から、国を挙げての沸然、爌独侃侃条あばいて、さもなくば明その。夫孫行状を慎む、君子、爌で他人に付き、況!今推毂ない時は、焼くいたずらにその票準、徒熊廷弼ことに耳。廷弼固に爌ないて、無は封地事故を起こし、だらけが徒は、独一廷弼殺ししてる平論哉?これから爌閣筆も。然廷弼究封地で死んでない局面で法で死んでない吏奸珰は、または後の人が殺し廷弼、爌独殺せないのも。また言葉臣文震孟正学勁骨、古の大臣の品、三月官吏である、正論罪を得て、人は側の罗伦舒芬。今の主旨で起用、谬悠の譚冷め、をするなポータルの二字は男のね?もっと端は相コンで抑えてね?書院生祠と、勝負者はサイドも壊して、生祠、書院に修復してる!

倪元璐文諫

時の権力の座にある者すべて忠賢遺伝党して、入、奏の不当な責任論。そこで維垣複疎し駁元事。元から曰:臣前事して元維垣髪も。明曰:「分别门户陛下の主旨は、非治徴」、「化と異を曰」、「天下為公」、曰維垣は?を孙党、赵党、熊党、邹党説。は陛下は方隅全部化、維垣実未化;陛下は正気を伸ばしても、維垣伸ばしたくない。
維垣怪臣盛と東林、東林食べツイ李三才そして介護熊廷弼も。抑えてお知らせ東林有力撃魏忠贤杨涟首劾崔呈秀膨らむ竜殆ど!忠賢凶悪、維垣猶尊称曰「工場の臣公」、「工場の臣愛しないお金」「工場臣のお知らせ国家国民のためと称して、何か三才の問い合わせ先?五馬鹿五虎の罪は、刑官だけ準削夺、維垣駁はまた何を殺してない、ほぼ廷弼?維垣は怪臣盛によると韩爌。夫は舎ててよかっ爌逆らう珰の正月、それをかくす利でっち上げのこと、失平。~廷弼贈賄
倪元璐渓山雲図軸倪元璐渓山雲図軸
というのは、忠賢逝く讒する清流、楊、左の人たち追赃に耳、天下の誰か、維垣猶守はあるべきか維垣は怪臣盛によると文震孟。夫の震孟逆らう珰削夺、その破帽対策蹇自慢ニシキヘビ玉驰駅語、何可非?維垣試験観の数年破帽対策蹇輩が、比較的超階级の一足飛び同輩かを栄辱。この義不明、恐れ破帽対策蹇者で、連れ立って頌徳建祠、希ニシキヘビ玉驰駅者呼呼九千歳で父、慚愧、可胜嘆哉!維垣は怪臣盛によると邹元标。夫としてもドアポリ話し非は言う、元標講義彼が腸はできない。当日忠賢駆逐諸人、廃する書院者が欲ペンチ学士医者の口、気まま行不義の耳。標的は元は偽学見駆、逆珰遂以本当に儒学を自任して学校の内、まるで先圣�を平面。標的を元諸人とこれじゃ!維垣は駁臣矯正する激にかこつける。夫が崔、魏之世、人は全て任性であること、頌徳建祠。ある人は出稼ぎを矯正する激していないため、一読しないと、頼は人を建てて、克哉!維垣と本当に小人、じっとしていてその貫満が攻去の臣と思っても非計。必ず待その貫でいっぱいで、其败悪いことは言葉では言い尽くせない天下は、攻去の晩、冷めない!即如崔、魏、貫满久なり、不遇如才ない、誰攻去の?維垣終は是非に及ばない;癩者の瘡恨みを頌徳建祠者読解、臣と非訓も。假令は秀一人ダンス屈服する于逆珰诸臣と思っても、是非に及ばない;癩者の瘡恨みからのあるべきかまた令を逆珰兵劫诸臣から反抗、诸臣からも靡然のと、是非に及ばない;癩者の瘡恨みなんですか?維新垣は「今日の忠実で正直な言葉、不当は崔、魏を对案」と、臣を崔、魏を正当对案も。夫人品の崔、魏而定りて、だから東林の人、崔、魏に憎しみその牴ふれて、恐れてその才能と人望も殺しの者をして、その正人も。攻撃東林の人は、崔、魏を借りて力の阿、遠くを逐う者も、正人も。で、魏定崔邪はまだで、美醜を明鏡。維垣ない検証、その不安を検証し哉!

倪元璐論功

とにかく東林を憎むのは逆珰独深く、そのて禍独クール。今日曲原がその抑えの苦され、不適切な毛举そのサイズの瑕。お前は逆珰功を曲、代逆珰でそしる、斯も立論者となす。
まばらに入、権力の座にある者はお互いにそしるそしる二解の。このとき、殺す元凶は、その徒党猶盛、無敢頌言東林者。自元事しで、清议渐明、善類も少し登進り。

倪元璐壊して『三朝より典』

元の事を探して進侍話す。その年四月、壊して『三朝しなければならない。」、「棍棒を言、紅丸3、移宫�、あやし、清流で、『三朝より典》1本、縦に逆。その議を兼ねる行、その書
倪元璐倪元璐
必ず崩れが速。蓋当事から議興、満ち廷互訴訟。主花柄撃者力護東宮、争い花柄撃者計を鎮めて祖。主紅丸義の言争う者、紅丸者原情の論。主移宫者やむが何が先に移宫者で、事後、争い。数者それぞれは、どうしても非。いつも逆珰未使用の先は、何と、怖くはない埙篪、この局も。やがて杨涟二十四罪の疎し発、魏广微輩ポータルの興、そして逆珰殺人は借り3案群を求めて、小さい富貴は借り3案。もうこの2借りて、三案、なり。だから凡ツイ慈帰孝は先の皇帝が、その頌徳と功は義父は、局も。網は密でためらうが遺伝鱗、勢いは重くてあるいは憂その翻局。崔、魏諸奸始創立私編、標題《典」は、いくつかの根の今日は、正の衆党の碑彼の助命を、すぐに公の鉄券。また1局も。ここから観、3案者は、天下の公议;《典》者、魏氏の私が書。3案は3案、《典』は《典」も。今は金石ない刊の論者、誠未熟考。臣とはちがうひっくり返しみに変わって、余計なことをするのも、ただだけ。」帝の命礼部言葉の臣が詳しい。議にして、その焚板。侍の話孙之獬賢党も、忠、聞いて、詣閣泣いて笑って、天下の。

倪元璐官職に栄転する

元暦南京司遷事業、右中允。四年、右に入る諭吉徳、充日講官右に行き、庶子。上制実八対策:曰に挿し部、京都邑曰曰繕う、優守兵、曰靖降人、曰に曰曰に貯蔵さ給料ながらやっと、曰本くれ輦車轂厳しい教育、曰本。また制虚八対策:曰曰本公议端政、伸ばし、曰本宣义聞いて、曰本で教えて、曰慮久遠は、曰本昭が励まして、曰本巻名節、曰仮訳:アスペクト。その端政本、承知しましたゲージ切り温体仁;その伸公议はそしる张捷荐吕纯如逆案をすること。捷は激怒し、過疎力攻事に、元弁護して、皇帝クラ問わず。八年、遷国子祭酒
元の事を雅マイナスの時、人が通显。帝の意向の、を深く体仁が忌。一日、帝手書きその名閣、令は履歴進、体仁益恐。会誠意伯刘孔昭謀掌戎政仁、体孔昭餌を攻元妻の陳なんて見る事、言葉、妾王继配複通ながら、敗礼乱法。詔で吏部核奏は、その同裏尚書姜逢元、士郎王业浩刘宗周その従兄御史元珙、しょっぱい言陳をされることは、結婚王非妾に続いて、体仁意やるせない。会部の行撫で付ける勘奏は、すなわち準-雲:「在籍録二氏が併び、犯跡明らかに、何を待行の勘どころ。」落职閑に住んでいて。孔昭京大隊ないなら、遂以南京操江償還の。

倪元璐兵部右士郎兼侍読んで学士

十五年九月、詔から兵部右士郎兼
倪元璐倪元璐
侍読んで学士。来年春にも、陳制敌ツイラーに帝喜。五月、超拝戸部尚書兼翰林院学士、まだ充日講官。祖制、浙江人は官戸部。元の事をしてはいけない。帝に関心を持つ事何元、五日3おかげでは。奏で「陛下誠用臣してください、臣が参兵部謀。」帝曰:「もう諭吉枢臣令と卿協計。」このとき、冯元陣風は兵部、事と元同誌、フックを考える兵食、国内外に希望する治平。惟帝も2人で遅く、時事益と、左支右に同じ、すでに是非に及ばない。物語は、諸ながら餉司悉で悪い事をお願いし、元大差、兼兵部をくわえて、令清核军伍、適任者は人を派遣代の。まず、何度も遣科臣出督四方借り賦、元事迷惑だろうと思っても、の、選択撫で付ける。戸部士郎庄祖教え導き督剿強盗の賃金、憂を強盗略奪、長沙、衡州遠のけるの。元総督と巡撫事は開催してください令、煩わして朝をするな。自軍興以来、正供のほか、賃金ながら、新しい給料が練餉款目、多く、悪賢い代官易為奸、元事ひとつに合わせてください。帝の報が。時国用益縮む、災傷蠲免も多い。元计无所出事、どうぞ開贖罪例、しかもさ官満歳者、負けるに数える明日も手紙へ、帝からの。

倪元璐数を解任してください

まず、Chongming人沈廷扬者、献海運対策、元事奏聞。命の試みで、乃以廟灣船を聞いて6隻を持ちこむ。月は殘って、廷揚見元事事、元びっくり曰く「私はすでに奏聞に言う、公になり、何これ?」廷揚にいわく、「すでに複てあれ、運は~。」元はサプライズで事を聞いて。に喜び、運命の作用の。お前の歳の食糧隻、漕海と各相半行する。十月の、命を兼撮影吏部事。陈演忌元事、風魏藻德言葉は帝曰:「元書生ない事、習銭穀。」元事も数としてください。

倪元璐大明殉节を

袁可立の門生の中で、黄道周、倪元璐と劉合理化の国に殉じ、殘千秋。その元の事を素マイナスの時、亦漸く重用さ、思宗が欲の深い所に遭って然はそのため小人忌で、蒙讒言だろう帰。元から朝政を知ってない事、それから絶意官吏になる道。崇祯十五年(1642)かぐ入から北京、北京の振動を兵を天下に毅然と、元事だけ鬻ぐ財産は徴兵、募金され死士数百人が、走って北京へ。そして思宗に述べ制敌の法は、思宗拝を戸部尚書、深い恨みでないのは早く。十七年二月、命は元官専直日講。以上の月、李自成北京に陥れる。城を陥の日、元整衣冠礼拝休む事、大書数にいわく、「死に谢国は、分内之事。死後なかれ葬、私は必ず暴尸のほか、雑談表心の悲しみ。」座って南向を取って、絹縊れる死ぬ。

倪元璐書道の特色

倪元璐書道淵源

学んで本の道の上で、倪元璐最も王右军颜鲁公蘇東坡三人の翰墨愛之助は、雄深い高ばか見迫力、本風奇伟。黄道周かつて『書秦貰って彫る諸楷法後』の雲:「同年中倪鸿宝筆法探偵古と兼ねられる撮子瞻、逸が少ないの長、例えば剣客龙天時に、女は、非時に変貌した化粧、何十年としても王苏宝が当代恐れない小くず耳の。」まさに黄道周言倪元璐土壌の伝統ではまた、努力を求めるで変化し、その学古人は、柔軟な勉強をして、3。その受益ソ字を蘇字の扁平結字の特徴、反その本場の化を偏長狭やせの自宅の構字法則;学王字は、本の中で多い方を王氏ペン、自分に腕がランダム生発の丸い筆;晩年を顔(本当に卿)の字、その「屋漏痕」意、本風を徐々に。瀋んで、またをもんで、拭いて、飛白渴笔などの技法を導入する作品中、豊富な内包。そして珍しい危な変わりやすい接合体離合、開閉兵に常勢なしを字距極秘、ピッチ極幅の構成が布の白が妙な画像。その行草立て軸代表作『雨の中を行乐陵道詩軸』、『贈る楽山五律詩軸」など。同時代王季重(つまり王思任芝居に倪书如)は「刺菱宙返り」、言葉その稜までと動感が、最も正確なもなかったからだ黄道周学の本の倪元璐の子瞻、清人倪后より正確に。「倪鸿宝本、1筆の建学古人だけはして新しい、鋒稜四露、狭い追い詰め複重ね、見る者を絶叫見下ろし。側の歴代書家、本当に日叢蚕一線なり。」

倪元璐筆

倪元璐の行草書筆鋒で稜四露に蒼ばか、そして時には雑渴笔濃い墨となす、結字奇侧の変化は、人と「刺菱宙返り」、それまでは生き生きとうねの姿が描かれて。彼は書道のスタイルの形成は、彼が得意王右军颜鲁公蘇東坡古人の経典の中などにより、さらには彼の「新ww異形」は出させるもの。

倪元璐評価

カン広い艺舟双楫』では「明人無ない行書者、倪鸿宝新か異形尤多。」古代の書道の評価では、「異形”の2字と謳われ、見ては宋代の蘇東坡と張旭「異形の草書生き生きとする神逸」、明代項の穆評価顔真卿書道の「独その《じじょ1帖」、ぶっきらぼう妖しい、かつた鬱濁、クールに非日常異形」。康氏の言う「新」と「異」は二重の意味がある:一つは普通の人と違って明書;2は異例の帖学書道、この両者に倪书にとっては統一。倪元璐書道有明人行書流が優雅であるのが特徴で、また渋さ朴茂の姿は、その源から帖書道、また含まれる碑学特に六朝碑学の特徴。両方は気骨も、「異形」高古、清勁ゲテモノ、格調広い特徴、見せて豪快奔放な本、明代勢い風、行書流暢に凌鱼奋尾、反テロ竜拘」を体現している明人行書流が優雅での特徴、しかしまたその求めない本の表面精、超えた明代書道の一般的なスタイル、惟求の勢い盛んで、集形、イタリア、ガスが一体となって、依意を生、率直な天城、明代の本を風を情と美を組み合わせた道には、それによって「通神」の高い境界。これがその1。その2:繊度彼の墨跡、結び目の字が多い右の角を尽くして、傾斜が交錯して、危険絶救援の勢い。もし倪元璐の絵の書道に凝ってキャラのなら、むしろ彼が優れて筆で、彼は筆に通じ直に収めて、きっぱりと、画数恣意に力強い暢達感、その墨濃い厚画数が重くて瀋んで見え方で、全体の力強い婉、篆書、所属するの意味で趣。加えて筆画字型の太さの大きさの変化、墨濃い湿枯れ交代が担保するばかりで古雅なリズム。これは彼の源を超えた帖学碑学書道を込めて、学ん創造させ、「筆らい落無俗っぽい」となり、後代の人は彼を「筆奇、字の三奇奇奇、格」、「足足、伊勢、意韻足」の「三足」と謳われ、正に清代の秦祖永桐陰論画』での「元書道神妙事秀麗である、行草尤極超逸」。彼は明末を突破した。やさしい風の本を持って、強烈な個性の書道、清末民国初年の本風に一定の影響があった。

倪元璐作品抄録

袁节寰大司馬像賛
明倪元璐
試験の刑を観、徳を、その平は額。試験の諫を観ているガス、その鼻。試験の賊を観を、その穴は瞳。試験の権を観の壮強で、その項。試験の多くの困難を観の力、その無理矢理脊髄。試験の先何を観の介、その高い状態。笥経文から胸ライブラリは、武戈止手、探偵驪するしない。足に虎身咥ない、まだ万里の長城を眺め、面の景星。男の謂男子、身なりの精か。嗚呼!そして惟肖よう、曰写真。
(明倪元璐『オランダ文贞集巻十七・賛銘』、『四库全書・編集部に236』)