秦祖永

秦祖永、光の5年(1825年)に生まれ、光緒の10年(1884年)梁溪(今卒、江蘇省無錫)人。字字逸フェン、また取るフェン、号桐陰、桐陰生、逸人、同じタバコ、隣の煙煙外史など、隣。光三十年(1850年)を抜いて貢、は河南の開封と、後任者広東碧甲場塩大使。工詩古文を善書に六法力深く研究。山水は王时敏を宗として神か化。補図小品、逸筆を尽くして、すこぶる妙諦に力を尽くして、勝手に勝場。
秦祖永
富収蔵、精鑑賞、尤精画论婦ショー、文章。自著『桐陰論画』、『桐陰画訣』、『絵学者心印」など。本の中には文人画創作が詳しく述べ、逸、神、妙、4品評議画家の法、併列プロフィール、論が多い創見。『清史稿』によると、「桐陰論絵」「評定する比較的に厳しいとされ、やや」;「祖永絵もそして法」。
続いて汤贻汾戴熙その後、秦祖永は清朝末期の時期「娄东を派」の代表的な画家と評論家、その絵は国家文物局『逸品と各時期の代表作品で出国者』リスト。現代人の研究秦祖永の著述豊か、王世襄の『中国画论研究』专章秦祖永もどれ論述と「桐陰論絵。
参考:「桐陰論画序」、谭新嘉集『近代60名家画传』、王世襄著「中国画论研究』。

秦祖永秦祖永画论

秦祖永は1853年始編『絵学心印』。1885年『桐陰論絵』刊行、一時セレブ全ての賀、本の中で序文と跋文だらけで、ほめ過ぎるの言葉が絶えない。
「桐陰論絵」が凡三つ編み、計7巻。全書記明期から光の間三百六十余人画家が、その絵の跡を見て、みんなで、名家や逸、神、妙に4品、画家を評して、深い影響を与える。現代人に言及明清の画家、多く引き秦氏コメント。
王世襄論秦祖永「桐陰論絵』第四十七章王世襄論秦祖永「桐陰論絵』第四十七章
有名な中国文物専門家と鑑コレクター王世襄著『中国画论研究』第47章「秦祖永「桐陰論絵」として専門論述。
「桐陰画訣」2巻は、秦氏を先人の改正で、専講論文山水法は、執筆至点苔の法などが足を論じ、後手引きです。巻末について「論を鑑賞する』について、「書画鑑蔵登竜門」には、精义。
「桐陰論絵」言:「画境が春のように雲が浮いて、流れる水の行にも、自然は本当に文字の山水に。」
「絵は言ない嫩嫩もなく、絵は不老も過ぎることができてお。その中の最も体験。惟渋味がで饶秀嫩の緻し、乃庶の。観前世代本朝各係者が多く、老けて。は柔らかいの一字は未体験。「
また言:「かとガスが、理と気持ちを、理と違うかと性、現在の方が落ちているの筌捨てる、すべてすばらしい境地」。
また言:「筆墨外もある超尘拔俗の一切。人柄の潔、会いたいことができだ」。
「桐陰画訣」言:「作画最も忌湿筆、墨华淹切っ先全を落として力がないと!濡れるの法は、むしろやりやすいで、その力を運用することができて、心から。大馬鹿老人松字訣、惟で干ペン。」
秦氏の主張:「作画須要師古」。此语が今の中国画の弊害弱馬道を急ぐする。

秦祖永秦祖永の絵を选

山水は王时敏を宗として神か化、筆が落ちないいう。補図小品、逸筆を尽くして、すこぶる妙諦に力を尽くして、勝手に勝場。
『清史稿」「祖永絵もそして法」。
秦祖永横断幕秦祖永横断幕

秦祖永秦祖永印鑑选

秦祖永善篆刻も。

秦祖永家族の歴史

秦祖永の子秦颂丹も長い書画。
秦祖永の孫、秦颂丹の子、秦文锦上海に設立され、"芸苑本当に賞社」。
1938年、秦文锦病死し、その子の秦淦(字清だった)と秦涛家業を継ぐ。