姜绍书

明末、清朝の初期の蔵書家、学者。字二酉、号晏如居士。江蘇省丹陽(今の鎮江)人。崇祯三年(1630)曾参中府軍事、崇祯十五年(1642)は南京工部郎。
姜绍书
姜绍书(?~は約1680)
工絵画、善鑑別、尤喜こだわり画家経緯、得意の芸、史学に精通し、その著『韻石斎筆談」に巻、模倣元代綿密『云烟过眼録』のために作って、見聞記蔵書、書画、古器、奇遊びを記叙諸家損得経緯や古器形型色。その中で沢山の蔵書故実。彼は記明代の蔵書家は「明朝の蔵書の家に集まる時も、散って、できないあなたの試験を、その著述の弁当、類推」。彼は著述繁富の学者は、プッシュを蔵書家、「学海語源、博綜は、その挿入機の多くも明らかになり」。この論は推測するのが嫌で、しかし蔵書家の分類に彼の観点を提出した。また著「無音詩史』ななしち巻、録の明画家プロフィール、前よんしよ卷收201人、第巻収録ご専門の女性の画家は22人、第ろく、ななしち二巻所収、著者は係「丹で調査し、画苑宏属国」、名前、老舗は備考。著2本収集は富、史として「まだ挂漏と当を得ないところ」。一方、「瑶琨譜』、『2筆』、『韻斎石筆談」など。
「紹興メートル帖
宋高宗聴政の合間垂情文藻て自本礼部韻略五巻、例えば千尺文锦、巻舒有馀。本に米元章尤に篤、紹興辛酉集元章墨跡刻の禁中、余が宋搨第3巻に袁寰中(袁枢)、全て擘巢の本、ショーなど伟竒杰、縹増加。」(『韻斎石筆談》)