道徳経

『道徳経』は春秋戦国時代老子李耳)の哲学の作品、別名「道徳真経》、《老子》、《五千言》、《老子五千文」は、中国の古代先秦諸子分家前の1部の著作は、其時諸子共に仰いでは、道家の哲学思想の重要な源。道徳経は上下2編、原文下篇『徳経』、『道经上篇」、分章、後には、「道经』37章は前に、第38章からは「徳経』を分は81章。
道徳経
『道徳経』、テキストでは哲学意味の「道徳」を論じて宗、修身、国を治め、用兵、養生の道で、多くは政治目的帰は、いわゆる「内圣外王の学」、文意は深く、ゆるして広いと呼ばれた万経の王。
『道徳経』は中国の歴史上最も偉大な名作の一つで、伝統的な哲学、科学的、政治、宗教などの深刻な影響が発生しました。ユネスコの統計によると、「道徳経』は、『聖書』以外に翻訳されて外国文字発表量最多の文化の名著。

道徳経内容簡介

『道徳経』と『道徳真経》、《老子》、《五千言》、《老子五千文」は、中国の古代先秦諸子分家前の1部の著作は、其時諸子共に仰いで、伝説は春秋戦国時代の俺(李耳)の書き下ろしで、道家の哲学とは思の重要な情報源。道徳経は上下2編、原文下篇『徳経』、『道经上篇」、分章、後には、「道经』37章は前に、第38章からは「徳経』を分は81章。テキストでは哲学意味の「道徳」を論じて宗、修身、国を治め、用兵、養生の道で、多くは政治目的帰は、いわゆる「内圣外王の学」、文意は深く、ゆるして広い。華夏先輩といわれ万経の王。

道徳経創作の背景

文献によると、老子静思勉強、物知り。彼の先生商容知識を教授する過程の中で、俺はいつも非常寻根问底、知識への渇望。自分を解くための疑惑は、彼はいつも見る観日月星辰、思考は天上の日とは何か、よく眠れない。その後、商容先生「わしの学が尽きべし。」推薦老子入週を極める。文献に謁見し:」老子週間、博士、入る太学、天文、地理、人倫、無所勉強しないで、『诗』『書』『易》《歴」「礼」「楽」は無所展覧、文物、法令、歴史のないものはないし、学業の大なる。博士は薦に隠したり室を守。守蔵室は週の典籍収蔵の所、集天下の文、収めて天下の書、汗牛充棟、なんでもある何。」この経験を通じて、老子豊富な学識も彼を遠くまで知られている。
俺は春秋戦国時代、当時の環境は週勢マイクロ、諸侯を争いに統治地位を占め、戦争が続く。過酷な動乱と変遷、老子を目撃し、民衆の苦しみ、週の守チベット史、そこで彼治国安民一連の主張を出しました。
函谷关守ジャニ令尹喜『道徳経』の本にも巨大な役割を果たし、彼が少ない時すぐいい観天文、愛読古典の教養が深い。司馬遷『史記老子伝』に記されている「居周久之老子が見え、週の衰えて、お前と行く。かなり、関(令)尹喜曰:子を隠したり、強い私の本、そして老子言道徳五千言で行って、莫知ずっと」尹喜感動、老子、老子遂以自分の生活体験と王朝盛衰成否、百姓安否を鑑禍福、遡るその源が、上、下2編、計5千言、すなわち『道徳経』。

道徳経歴代注冊

一、戦国時代から六朝
いち。李零:郭店竹簡校で記
に.马王維漢墓帛書老子(文物出版社刊行)
韓非子さん。「解老、たとえ老」
よんしよ.川に公《老子章句』(四部丛刊)本
ご.川に公《老子道徳経』(四部丛刊)本
ろく.严遵『道徳真経指归」(『道蔵』)
ななしち.王弼注』『道徳真経
はち.王弼《老子道徳経注』(『諸子集成』)
きゅう、く.穀子《老子マイクロ目的例略』
じゅう.穀子「道徳指归論注』
じゅういち.王羲之『道徳経貼り」
じゅうに.葛玄《老子節解」
じゅうさん.顾欢真経注疏』『道徳
じゅうよん.名無し『道徳真経度解」(と州龙兴観時经碑木)
じゅうご。『六朝残卷』(敦煌写本庚本)
関係の古典『荘子』、『呂氏春秋』、『史記』などの本。
二、初唐~5世代
いち陆德明《老子音义』。
に.魏徴《老子》治する
さん。傅奕『道徳経古い木編」
よんしよ.曲がっていて勢いが『玄言新記明老部』
ご.成玄英『道徳経オープニング序訣議疎し」
ろく.李荣真経注』『道徳
ななしち.李約《老子道徳真経新注』
はち.景龙经碑』『道徳
きゅう、く.開元『御注道徳経幢』
じゅう.玄宗「御注道徳真経」
じゅういち.玄宗「道徳真経疎し」
じゅうに.広明『道徳経幢』
じゅうさん.景福经碑』『道徳
じゅうよん馬総《老子意林』。
じゅうご.王真『道徳真経論兵のように』の要諦
じゅうろく.陆希声真経伝』『道徳
じゅうななじゅうしち.杜光庭『道徳真経広い聖义疏』
じゅうはち.強思齐『道徳真経玄徳まげ疎し」
じゅうく.ジョー諷刺经疏義祭』『道徳
にじゅう.中華《唐人写本残卷』
三二宋至元代
いち。宋鸾『道徳章玄頌」
に王安石《老子注』。
さん。陈景元『道徳真経蔵室奪い取るマイクロ編」
よんしよ.吕惠卿真経伝』『道徳
ご.司马光『道徳真経論』
ろく.苏辙《老子解」
ななしち.陈象古『道徳真経解」
はち.邵若愚『道徳真経直解」
きゅう、く.程クラ《老子論』
じゅう.葉夢が《老子解」
じゅういち.時雍『道徳真経全解」
じゅうに.程大きな蛙『老いやすく通言』
じゅうさん.員興宗《老子略解」
じゅうよん.李霖『道徳真経を善集』
じゅうご.黄茂材《老子解」
じゅうろく.寇质才『道徳真経四子古道集解」
じゅうななじゅうしち.吕祖谦『音注老子道徳経』
じゅうはち.葛长庚『道徳宝章」
じゅうく.彭耜真経集注』『道徳
にじゅう.赵秉文『道徳真経集解」
21 .董思靖『道徳真経集解」
22 .李嘉谋『道徳真経義解」
23 .林希逸《老子》口義
24 .龚土舞い上がる「まげ図互注老子道徳経』
25 .范应元《老子道徳経古本集注』
26 .刘骥《老子通論語』
27 .曹道冲《老子注』
28 .宋徽宗『御制道徳真経」(『道蔵』)
29 .李荣《栄道徳真経義解」(『道蔵』)
さんじゅう.赵至坚『道徳真経疎し義」
31 .李道純「道徳会元』
32 .刘辰翁《老子道徳経評し』
33 .邓琦『道徳真経三解」
34 .刘惟永『道徳真経集義センター」
35 .杜道坚玄経元むね』『道徳
36 .景礻右『甘粛無邪気観道徳経幢」(『石神本』)
37 .麻沙本《老子道徳経』(『刻本』)
38 .赵孟兆ページ「老子道徳経』
39 .张嗣成『道徳真経章句訓頌」
よんじゅう.陳緻虚『道徳経転語』
41 .吴澄真経注』『道徳
42 .林至坚真経注』『道徳
43 .何道全《老子道徳経』のように注
44 .蒋融庵『道徳真経頌」
45 .陶宗仪《老子》
四、明代
いち.明太祖『御注道徳真経」
危機が『道徳に.大真経集義」
さん薛蕙《老子集注』。
よんしよ.张洪阳注釈』『道徳経
ご.釈徳清《老子道徳経解」
ろく.朱得之《老子通义』
ななしち.王道《老子億』
はち.陆长庚《老子道徳経玄i」
きゅう、く.沈律《老子道徳経類まげ」
じゅう.王樵《老子解」
じゅういち.李贽《老子解」
じゅうに.張登云《老子道徳経参補』
じゅうさん.瀋は一貫して「老子通」
じゅうよん.林兆恩『道徳経釈略』
じゅうご.陈深《老子》品行と節操
じゅうろく.徐学漠《老子解」
じゅうななじゅうしち.王一清『道徳経釈辞」
じゅうはち.彭好古評し』『道徳経
じゅうく.帰有光評し』『道徳経
にじゅう.祝世禄《老子》奇評価
21 .陈继典《老子道徳経参補』
22 .孫《老子》評注
23 .钟惺《老子》文帰
24 .钟惺《老子》文帰
25 .陶望『梅閣を老子解」
26 .赵亮《老子訳注』
27 .洪应绍『道徳経編」
28 .龚修默《老子あるいは聞いて」
29 .潘基庆『道徳経解」
さんじゅう.郭良鞠《老子道徳経斎解」
31 .陈仁湯《老子奇賞』
32 .程は寧『が士道徳宝』
33 .頤汤畴『道徳経解」
34 .吴勉学《老子》校道徳経
35 .方宇惠恵王弼注《南寧老子道徳経』
五、清朝
いち王夫之《老子衍』。
卒業孙承ように.顧、选択『道徳経参補注釈』
さん。张尔ドラム《老子戦略」
よんしよ馬粛《老子》。
ご.徳玉朱』『道徳経顺石
ろく.伝山《老子解」
ななしち.宋常星講義』『道徳経
はち.花は『道徳経眼」
きゅう、く.徐永礻右『道徳経集注』
じゅう.郭乾泗《老子元翼』
じゅういち.徐大椿『道徳経注』
じゅうに.纪昀《老子》道徳経校訂
じゅうさん.黄文运予約注』『道徳経
じゅうよん.卢文绍《老子音义考証」
じゅうご.毕沅《老子道徳経を考える考异』
じゅうろく.姚鼐《老子章義」
じゅうななじゅうしち.郑环《老子》本義
じゅうはち.倪元タン『道徳経参注』
じゅうく.纪大奎《老子》約
にじゅう.任兆麟《老子述记』
21 .吴鼐《老子解」
22 .潘静観『道徳経妙門約」
23 .汪中《老子考异』
王昶《老子》校24。
25 .邓日亘《道徳経集注』
26 .江有诰《老子》韻を読む
27 .严可均《老子唐本考异』
28 .洪颐煊《老子叢録』を読んで
29 .清陽子『道徳経注義」
さんじゅう.王念孙《老子》(雑誌「読書雑誌』内)
31 .李涵虚注釈』『道徳経
32 .魏源《老子》本義
33 .宋翔凤《老子章義」
34 .吴云《老子道徳経幢殘石校記』
35 .陳澧《老子注』
36 .俞桓越《老子において」(『諸子おい』)
37 .高延第《老子証義」
38 .陶鸿庆《老子》を読んで入札冖
39 .易顺鼎『古いノート』を読んで
よんじゅう.吴汝纶「点勘老子読本』
41 .郭谐《老子識ちゃん」
42 .滕云山淺注』『道徳経
43 .厳復《老子道徳経評し』
44 .孙诒让《老子校語』
45 .文廷式《老子校語』
46 .陶邵学《老子》校
47 .疲れ《老子》は校書
48 .邓延桢『硯斎ノート』(巻三)
49 .徐鼎《老子》を読んで雑釈(読書雑釈本巻12)
ごじゅう.易佩紳《老子解」
六、民国になってから
いち。刘鼎と『新解老」
に张之纯『評注老子エキス」。
张其淦《老子約」さん。
よんしよ.故に薇元『道徳経達話』
ご.区大典《老子講義」
ろく.马其昶《老子》だから
ななしち.田潜《老子》篆書の文字
はち.杨树达《老子古義」
きゅう、く.罗振玉《老子道徳経物語異付き補遺』
じゅう.罗振玉《老子》残卷6種類
じゅういち.罗振玉『敦煌本老子義残卷
じゅうに.蔡廷干『老老』解
じゅうさん.吴承仕《老子音义弁証法』
じゅうよん.马叙伦《老子》校を解釈する
じゅうご.江希枚の「道徳経白話解説」
じゅうろく.徐绍祯『道徳経た義」
じゅうななじゅうしち.支伟成《老子道徳経』
じゅうはち.程もどれ金《老子哲学研究や批評』
じゅうく.郎擎霄《老子集解」
にじゅう.奚侗《老子集解」
21 .罗运贤《老子》余よしみ
22 .曹聚仁《老子集注』
23 .高岳岱「新式句読点老子道徳経』
24 .陈柱『老学8編」
25 .陈柱《老子》
26 .陈柱《老子合宿」
27 .丁福保《老子》道徳経箋註
28 .李继煌『新解老」
29 .王重民《老子考』
さんじゅう.钱基博《老子道徳経解くとその読み方」
31 .王《老子研究』
32 .陈登氵解《老子》今見
33 .李翘《老子古注』
34 .高亨《老子》がを解釈する
35 .孙思日本《老子政治思想の概論』
36 .蔡尚思『老墨哲学人生観』
37 .江侠忽然《老子》訳原始
38 .缪尔舒《老子》新注
39 .胡怀琛《老子》学弁
よんじゅう.丁惟鲁『道徳経』
41 .胡哲敷『荘子哲学』
42 .汪桂年《老子通注』
43 .钱穆『荘老通弁」
44 .于省吾《老子新証』(『諸子新言』内)
45 .何士骥道徳経』『古本学内刋行物
46 .余嘉锡『未来』四库摘要老子注
47 .蒋锡昌《老子》校詰
48 .王恩洋《老子学案』
49 .労健《老子古本考』
ごじゅう.张默生《老子章句新釈」
51 .严灵峰《老子》章句新編
52 .严灵峰《老子》に反しているんでカミュ
53 .严灵峰『荘子研究』
54 .严灵峰《老子知見目録』(合『老列荘三子』内)
55 .严灵峰『無求备斎老子集成』
56 .严灵峰《老子は解」
57 .叶玉麟『白話文解老子道徳経』
58 .肖天石《老子哲学するマイクロ』
59 .陆世鸿《老子現代語解」
ろくじゅう.張純一《老子》通釈
61 .許大同《老子の哲学』
62 .张起钧《老子》
63 .谭正璧《老子読本』
64 .朱谦之《老子校釈」
65 .任继愈《老子現代語訳」
66 .吴康《老子の哲学』
67 .饶宗颐《老子想爾注校箋』
68 .杨兴顺「中国古代の哲学者老子や学説』
69 .王寒生《老子道徳経注』
ななじゅう.何钅監宗《老子》新具現
71 .梁容岩《老子の伝播と注釈』
72 .杨柳桥《老子訳話』
73 .ローゲン沢《老子选注』
74 .車載《老子》論
75 .程兆熊《老子講義」
76 .徐复观《老子》の道徳思想の成立
77 .李慈铭《老子》を予約
78 .吴静宇《老子义疏注』
79 .钟应梅《老子》新述べ
はちじゅう.赵文秀《老子研究』
81 .唐子长《老子再編」
82 .田干吾《老子》
83 .吴常がひしめく《老子正義』
84 .肖纯伯《老子道徳経語釈」
85 .葛连祥《老子》が通
86 .纪敦诗《老子正解」
87 .封思毅《老子のように解」
88 .ゴン氏乐群『荘子異同」
89 .王淮《老子》を義
きゅうじゅう.余培林『新訳老子読本』
91 .周绍贤《老子一義」
92 .蔡明田《老子の政治思想』
93 .胡寄窓「道家の経済思想』
94 .童书业《老子思想の研究』
95 .こと王弼注《老子》(「管锥編」内)
96 .金容活《老子自然哲学の無為の機能」
97 .容肇祖《老子注本』王安石集
98 .严灵峰《老子崇宁王注』
99 .严灵峰《老子》を马王堆帛書
ひゃく.严一萍簡』『帛書
101 .郑良树『竹簡帛書論文集』
102 .許抗生『帛書老子注訳と研究』
103 .张松如《老子》学校を読んで
104 .復旦大学哲学係《老子注釈』
105 .哲学研究編集部が《老子の哲学の討論集』
106 .梁啓超《老子の哲学』
107 .上手《老子》帛書補正
108 .冯友兰《中国哲学史論文2集』
109 .論争《老子校」
110 .林语堂《老子の知恵』
111、陈鼓应《老子注釈と評価」
112、朱谦之《老子校釈」

七、外国の学者
いち.大田晴れ軒《老子全解」(日本刊本)
に.東条1堂《老子》王注標識
さん.武内義雄《老子原始』
よんしよ.武内義雄《老子の研究』
ご.武内義雄《老子》訳注
ろく.狩野直喜《老子川に公注あとがき』
ななしち福永光司《老子》。
はち.木村英一《老子の新しい研究』
八、関係資料
いち.銭『人体科学は現代の科学技術体係の中の一部門」(『現代科学の新天地》)
に.李之楠「気功の現状とクエスト」
さん。刘仲宇《中国の道教文化透視人文叢書』
よんしよ.《道教文化面観』
ご.《中国人体科学研究会代表大会論文専泰西人形』
ろく『永楽大典』など。
九、参考資料
いち。『馬王堆漢墓帛書老子』(文物出版社刊行)
に。「六朝残卷』(敦煌写本庚本)
さん。『敦煌古日今週の太上玄元道徳経残卷』
よんしよ。『敦煌写本老子唐残卷』
ご.《唐景竜二年易州龙兴観道徳经碑』(景龙碑)
ろく.《唐景福二年易州龙兴観道徳经碑』(景福碑)
ななしち。『道徳と州经碑』(と州碑)
はち.復旦大学哲学係《老子注釈』
きゅう、く.哲学研究編集部が《老子の哲学の討論集』
じゅう。「中国の道教文化透視人文叢書』
じゅういち.《道教文化面観』
じゅうに『永楽大典』。
じゅうさん.《道教大辞典」
じゅうよん『道蔵』。
じゅうご。四川省楽至県老君山玄妙宮蔵『道徳経』古
じゅうろく。四川省鶴院楽至県『道徳経』の碑文

道徳経学術研究

『道徳経』の主な論述「道」と「徳」「道」は宇宙の道、自然之道も、個体修行すなわち修道方法、「徳」は通常の道徳や徳行とではなく、修道者に必要な特殊な世界観、方法論および人処世の方法。
老子の真意は、人に教える修道方法、徳の基礎で、道は徳の昇華。には徳の基礎を見せ、家庭、治国の可能性も失敗し、能力がない「修道」。だから修「徳」は修道創造の良好な外部環境、この可能性も人が共に必要な;修道者が静かな心境を持って、超脱の人生、これも欠けて「徳」不可。『道徳経』徳経の部分、経文に多い部分、これは修道の基礎。
「道」は全く全の樸「衆妙の門」。「道」を生成した万物、また意味は万物の中に、「道」は物の中で、物は「道」の中で、万事万物殊途相打ちでも、「道へ」。
「道」は有形の「物質」、思慮の「精神」が、理性の「法則」ではなく、すべての無形のように無、至虚から霊の宇宙本根。「物質」、「精神」、「規律」は皆「道」の派生物。「道」は先天一炁、別名無極、「道」はその大無のほか、その小さい無内、至簡から、容易にから精からマイクロ、至玄から妙な自然の始祖、万特殊の大口は、宇宙の万物の源の根本原因。

道徳経テーマ

『道徳経』をテーマに、自然の成り行きに任せる。
「自然の音」は「道徳経』で老子思想の精髄。「道」として「道徳経》の中で最も抽象的な概念のカテゴリーは、天地万物生成の動力源。「徳」は「道」は伦常分野の発展と表現。「道」と「法」のルールや常識レベル共通点が、異なる西洋自然法。「法」に見習うべき自然之道、未来の逆変換に効果を発揮し。
哲学では、「道」は天地万物の始めの母で、陰陽の対立と統一は万物の本質を体現していて、亢竜の悔いありは万物の進化の法則。倫理上、老子の道主張の素樸で、無私、静かな、謙譲、貴柔、守弱い、淡泊などを踏襲する自然の徳性。政治的主張、老子に起きないで无为而治、迷惑し、対外平和共存、反対戦争と暴力。この3つの方面で構成された「道徳経』のテーマ、同時に同じく『道徳経》1本の構造は経由で「物理から哲学から倫理から政治」の論理幾重にも累加、自然之道に入って倫理の徳、最終の落ち着き先は理想政治の構想とガバナンスの道。つまり自然から秩序を理想社会秩序の光明正道へ。
「自然の音」の法哲学思想の内包
一、「道」と「徳」の内包を定義
いち、「道」:俺が『道徳経』の冒頭説明:「道、道、とても道。名、名、とても名。無、名は天地の始めには、が、名は万物の母。だから常に無をして、観其妙;よくをして、その境界。この両者として同じものの異名で、玄。玄妙不可思議衆妙の門。」これは老子の「道」という概念の包括的な描述:道、非当時の社会一般道は人倫、常識の道も、非当時の人が命名の道。「道」そこで俺を超えた世俗社会生活、さらに自然法則の道に近いので、天地万物の始まりを基と母源は「道」から、道から、「道生、一生二、三世二生三、万物」。これによって、老子「玄妙不可思議」で描いて道の特殊性と奥深い性、実はこの「道」は「目で見えない」、「聞いてないのかい」、「捪の弗と言うが、老子の道は远人、ここでただ老子「玄」彼の言を強調する道と当時の社会の言の道の相違性を述べて、そして彼の言の道の超越性と根基的。
だから俺は後ろの論述の中でまた率直に、「吾が言、何も何も易知、薬用、人は知ることができるのも、長くても行ける。」老子感慨:「知者は希と、私が高くなり。聖人は褐色でされて怀玉。」
俺が言うの「道」すなわち「物混成、先天生。尺八を吐いて、潦吐いて、独立してより、天地の母。吾未知はその名字の曰道。強の名は大。」この言葉の意味は、天地を生成する前に、宇宙に混沌の物体が存在し、その静寂無声、広大無辺、またある盲の杖を失う改めないで、それは化育万物の慈母。「私」――老子知らない名前は無理して、それを「道」にちなんで「大」。
これによると、俺の言う道まず物質性、天地万物生成の原始の動力源、しかもその存在独立できない測定、は無限性。「道」この力、老子は与えられないそれは確かに自分の説明のため、彼は、道はただ便宜の称。
道の特性:俺が言うには、「道衝での、弗満ちるも。」道体虚ようで実から、体内に無尽蔵の物質とエネルギーを含んでないで、しかし、自慢で溢れて。俺は、道の体で剛柔、内部は単純に、外部朴素无华、かつ透明、天地の間に存在して。だから道ないところはない、私は、個人的には人間社会を含め、天地万物は見習う道を実行し、自然の音、我に返る。ここの「自然」字面解を自分だけに、しかし道と自然の法則には同一の、すなわち「国でも見習うべき四大」自然老子37章の特性を維持し、それによって自分が「さざれ石の巌となるまで」。
俺を取り巻く社会当時西週、諸侯各国みだりに武力を用いること、戦乱頻仍に、社会のマナー倫理は回復することができなくて、だから俺を人類社会が紛争がやまないから、聖人、礼儀、法令、欲望、知恵など有為措置によるこそ社会に惚れ名利、実力、勝ち気などの名誉、だから天下しか現れ資源の有限性の占有の争い。俺は自然を提出し、適応无为而治、清浄絶智自然の世界の規則、それによって才能守弱勝強に達し、小国寡民平穏、「民から老いて死んでないとの往来。」
に、「徳」「徳」は「道」は伦常領域の発展と表現のため、道に入ってから徳は、自然に秩序と社会秩序の壁に転じて論述、つまり人の行為規範。徳と法も社会人の行為の規範と拘束力が、老子に両者によって地位。俺は、徳の本質と道の徳の本質と、そのために德源から「道」。俺が言うのも普通の人所徳と違って言の徳。第38章载:「徳不徳、徳;ドイツを失わない徳は、無徳。に徳老子37章、徳をのためにだと思い、仁を何でもないと思って、義の上と礼をし、莫のは、攘臂捨てるのでは。だから失道そして失徳、失徳児後失失仁仁、そして失義、失義そして失礼。」
俺は、徳主張にごろごろして、すべての自然に適応し、明らかに付きの「無為」の特徴は、理解を踏襲する自然の行動規範。この踏襲する自然の徳重は生命、軽い名利を守静かだが、貪欲、息心止行、悟り四達、自然無為、同時に、民衆の心を心で、自身を自然と一体になって、最後になる道。上から下徳仁、義と礼から構成して、実際に実行と普及が人を持って、明らかな「有為」の特徴は、重視の人の行為規範。ここから見抜くことができて、俺にとって、孔子の実施の仁義理性の手紙は人に達しない教化の結果、本当の無為に徳を超脱する境界を下から、けなす徳。無為に徳の境界と法を制定し、国自体が国家の介入と公表するの特性を逆なでだから、法律がドイツの範疇にすぎない。しかし下徳の中、法律と仁、義、礼は違う、老子は法をドイツの検討の範囲内で得ることができるよう、老子は、仁義礼は、法律で、法律のただ1種の国を治める器物。
老子の徳と孔子の徳は違いがあって、同時に「礼」とは異なるが、世俗の法と作法密接なつながりがあるとして、ある程度からとって、春秋戦国時代、作法の間は合体。孔子の徳老子からは「ドイツ」の範疇に属して、人は規範の分野で、老子は、徳を無為に表現、つまり考えない徳不徳の問題とは、かえって最大の徳。
二、「自然の音」の本体論の意義
いち、人間の法律は、天、法の道、イミテーション自然
川に公注:「人が静かに柔らかい法も、種のて五穀、掘のて甘泉、労を恨みもない、功労を制。日湛泊不動、施設で求めない紙、生長万物、無所徴収。道を静かに言わずに、陰行精気、万物自成型も。道性自然、無所法も。」王弼注:「法も、法則。人に違いない、お前が全安;法にも。に違いない日は、全乗せて;法の日も。日に違いない道は、ても全覆;法の道も。道に違いない自然、お前がその性;法自然者、側で方で、丸い丸い自然の無所法、違も。自然者と、無の言葉に、窮余の言葉にも。智ない無知で、形がないような魂精、精ない無形、儀ない無計、故転相法も。道に沿って自然、無断係わりには日人;法、故のようだから、一つの者を中心として、主にも。」明らかに、「法」を不法に令制度で、動詞「まね」の意味。『道徳経》第25節で、老子初めて「法」の字によると、帛書記載、すなわち「人間の法律は、天、法の道、イミテーション自然。」通俗の理解を、道は天地創造の万物の原始の母として、そのため人に倣う真似、天、見習う道、道を自然。「自然の音」は、道と自然の対立して、道は究極の絶対的な「外」から、「道」は「自然」。「自然」という概念老子の学説に一般の3方面の構成、すなわちは関与しない、自由に発展して、2は無理しないで、三は「天然でも、人工作者。
ここから見える、老子の言の道、すなわち踏襲する自然の法則は緻「老子37章」の境。ここは、「法」という言葉として動詞句、すなわち、ぐずぐずする、の意を守らず、法律の意味は。
もちろん、法の「道」を超え世俗の法律上の自然法則の意味で、つまり社会常識に従って、常識、常識、これらは「道」の派生義としても、それによって法律の基礎と世俗的合理性の評価。
俺は思って、“国に四大」、すなわち「道大、大、大、日に王大」。日、、王三者も従う道来成就、彼らの間の関係は道は根基、母体の所在。そして王国としての支配者を管理して従うべき国でも、俺の言うの道で、その道を運用する政治治理の中、すなわち法律、倫理、政策、規則などに適応するべき道の発展の法則。
に、法律、法毎日、法の自然、法
普通でない古書句読点と区分から、後代の人はフィリングの時、別の学識にとらわれて、それによってこの言葉の意味を理解して違ってくる。この区別は唐代の李約『道徳真経新注』切れで、彼は「人」「王」に変更して接続上句国で四大の王大。
李約注:「道は大きくて、日に大、大、王亦大」は、謂“域で四大」。王者の「法」「法の日」「法の道」の三自しかしかに天下も。天下の不安を言うのでので、「徳」。凡そ言人属者耳、其义雲「法地」などの無私負荷。「法毎日」など、天の無私覆。「法の道」など、道の無私の生成にすぎない。もし君、臣臣、父親、子も子の例。後の字者たちはみだりに聞くところによると、全て雲「人間の法律は、天、法の道、イミテーション自然」。は域で、五大非4大なり。王者だけじゃ「法」では、「法の日」、「法の道」のあるべきか天地無心でも転相法のあるべきかまた「法況に天、法の道、イミテーション自然」の道は天地の父、自然の子がしどろもどろだ決裂、義理疎遠になり。上手にも『帛書老子校注』には、李氏はくっきりと、歴代学者多く舎や謂“乃小児やあやあと言葉をまね始める」の単語を重ね、非老子の。言葉がないからといって、しかし確かには古いのと言っても、そんな今まだ手紙者。に「人間の法律は、天、法の道」と言うしかない非王者「法」でない「法の日」「法の道」で、人と、地、日の法は道でも。ゆくりなく構文など42章「道生、一生二、三世二生三、万物」は、この謂“三世万物」もさることながら、生万物者が「道」は決して理解を生万物者の「三」に耳。
古棣《老子》の中でこの4校を解釈する説明文は「法の地」とは、地がに者は、法には、が、即ちに載せて無私;「法毎日」は、天が日者、法、日の日すなわち日無私覆;「法の道」は、道が道者、法。
道が道者の資質、すなわち「自然の成り行きに任せる」。「自然」は自分でそう、つまりは、自成型、自本、自本、「自然の音」、つまり道は自分、自成型、自から法ではなく、不当に関与し、すなわち「無為」。ここは「法」の字の法則の意味で、王は大地の無私さ、謙虚無争いを法は、天の無の所持を法は、道の自然を法によって道と自然帰一。
ここの法は道の法に従い、道で天、地、人間界と秩序、がかに治。高定彝と、この言葉は古人のシステム論の観点で、宇宙の万物は一つ全体として、人は、天、地、自然などで構成したのレベル、構造、全体のシステム、相互の連絡、制約し合う。
もちろん、王に、日、最後まで道、自然、叶海烟さんは、この層の中にも超えてノックアウト累加の中には、すなわち「法」を「归向拡充」、「超え」の風格にとどまらず、「従う」、「真似」。
三、「自然の音」の法哲学の意味
いち、「道」と「法」の関係
一つは老子の道は1種の特殊な物が見えない、聞こえない、触れない、人々が確定しないその名は、「道」にふさわしい。この特殊な物が具体的にと抽象の分だけでなく、道を指す「道路」、「旅」、「ルート」などと世代の「方法」、「芸」、「道理」、「ルール」、「常識」、「思想体係」など。特殊な物は主にからの具体的な道の方面において。例えば第25節、「吾未知はその名字の曰道。強の名は大。」
2は精神的範疇の道は、主に老子は自然の作用と抽象化し、進化を「无为而治」の治世。
三はルールや常識レベルの道。例えば第九節、「功遂身退は天の道も」。
はレベル4方法の道。例えば第59祭は、「深根固柢と、长生久视の道でも。」
上述の4階の「道」について義の説明では、第三層のルールや常識レベルの道と法律の法は通じる。法は、常識的な常識の常識一種の規範化、国家によって強制力に必ずこんな剛性ルールが実施。ルールや常識の道としてより多くのは1種の自然法レベルのもの、あるいは道のルールを自然の法則を人の主観的な意誌によって、さもなくば自然の法則の罰を受け。常識の道は社会生活の道は、主に人と人、人と社会の関係の中で、1種の一般に受け入れの社会の規則や習慣習慣、伦常関係の制約を受け。
この2つのレベルにとって、道のルールや常識は法の形成の環境と基礎が、法は正式な形での規範化した自然の法則と常識にため、法と道は2つの異なるレベルの問題、法の源に道で、逆に適応道の運動。
に、「自然の音」思想とは異なる西洋自然法
《老子》の中で体現しているのは中国の自然法と中国道家思想、法律の学説の開始する。古代中国では、俺は最初の「自然の音」の自然法の考え方。老子の「自然の成り行きに任せる」と西洋思想自然法の本質が違う。自然法西洋思想の発源は古代ギリシャ古ローマの自由主義や合理主義の伝統、正義、善、民主などの理念は、基礎として、そしてその人評価法や定法によって然通り性。そして老子の「自然の音」思想に立脚万物の人、つまり「道」として認知「道」を通じて達成する自然の世界と人間社会の究極の把握に「道」として、それによって生。このような「道」は自由、理性、民主や正義などの理念と評価基準ではなくて、1種の「名」の特殊な物、一種の「さざれ石の巌となるまで」の法則性があるものを、物質と精神的、貯蓄は天地の間に自ら循環。
要するに、老子は、統治者は国を治めることは「無為」「無事」などの聖人の治、聖人の治の手段は刑法などの国家制度を制定庶民を規制、聖人に自然で、駄目強制で日本のその支配。法律制度は、国を治める者統治人民のツールは、統治者の保護のために自身の利益と社会秩序を維持し構築国家機器、老子はこれらの法律制度及び国家機器の存在は支配者の有為有為措置、これらの措置は統治者を体現していると、欲望、知恵などによる争い、貧富、盗賊などの惨禍の縁由の要因によって、よくなる人民自然之道来生活から、老子極力反対するこれらの措置と法令制度。だから、老子「自然の音」思想に結論を得ることができるが、法に「道」と「徳」の動きを、自然の法則は、弁証法的な逆変換に治理作用を発揮して。

道徳経文学の特色

音韻美
『道徳経』の文型は整然として、大体押韻、
『道徳経』『道徳経』
体の経文を詩。読みのキャッチーやすく、キャッチー誦する。体現が中国の文字の音韻美。例えば「有無相生、難易性、長短相人、高下傾く」(二章)、「虚心、実その腹、弱その誌は、強いその骨」(三章)、「挫鋭、解そのもの、とその光、同じん」(四章)「その政はとてもむっとして、その民淳淳」(50 8章)。これらの言葉だけでなく、韻を踏んで、しかも平仄に掛け、音韻美、旋律美。朗読経文、1種の美を楽しむ、音韻の米中味わいの深い哲理。
こだわりの修辞
「道徳経』の言葉がとても重んじて芸術性、運用した多様な修辞方式、文句を正確、鮮明で、生き生きとして、富んだと理性や感染力。
いち、双対
例えば:「道、道、とても道;名、名、とても名」、「無、名は天地の始まり、名は万物の母」(章)、「高い安いを本で、高い以下に基づく」(39章)、「禍は、福の所倚;福兮、禍の伏」(五十八章)、「天下で必ず作交換します;世界の事を、必ず作細」(六十三章)。双対文が目立つそうに聞こえる耳と、覚えやすいように、伝えやすい。
に、排比
排比言語の勢いを強めることができて、ドラム動力。『道徳経』で排比文が多い。例えば:「五色、人を盲目;五音さに、難聴、五味、人の口にさわやかで畋猎さに、心に狂ってる;;せっかくの商品、気持ちの邪魔」(十二章)、「曲全、むだでは直、窪田は黒字、弊社は新しい、少なくて、多くは惑星」(二十二章)、「自見者不明者は彰は、自。自伐採者は功、自矜者が長くない」(24章)、「寛大無隅、しいな者の先走り、大音希声、象無形」(41章)。
さん、比喩
『道徳経」に比喩にも多く。例えば:「穀不死、謂玄牝。玄雌の扉は、天地と根。綿々としないなら、勤」(六章)が、玄牝」「道」は、万物を産む。また「上善若水、水善りか万物は争わないで」(8章)、全編を喻人水、水を擬人化し、は悟道者の気高い品質。更に例えば:“もっぱらガス緻柔、赤ちゃんがある」(十章)、「私の独泊兮、未兆、例えば赤ちゃんの未子」(20章)、「復帰は赤ちゃん」(二十八章)、全て赤ちゃんたとえ道者の純粋さ、無邪気で、素樸。また、「ひと抱えの木、毫末に生まれ、九層の塔は、累土;五重塔も下から組む」(六十四章)、连用3つの比喩を明確にして、小さいときからの道理。これらの比喩を言語のイメージ性、読者の印象を深めた。
よんしよ、設問と聞き返す
例えば:「何が宠辱若惊?寵を下のなら、驚かして、失うのはもし驚いたと宠辱若惊」、「何を患うなら貴のせい?吾が大患者、吾懐胎や、吾身、吾何が患」(13章)、「唯のと阿、相去几何?善と悪の、相をどう」(20章)、「人々はもはや死を恐れない」(74章)、これらの設問と問い返して増えたのは、言語の波、心の琴線に触れる、気、思索の効果。
ご、联珠
联珠とまじめで、前の句を後の言葉としての冒頭の言葉を言い続け、言語の連続の一種というレトリック。例えば:「人の法律は、天、法の道、イミテーション自然」(二十五章)、また「道生、一生二、三世二生三、万物」(42章)、联珠語気構造を一貫して、厳密には、より良いものを有機的に連絡を反映。
言語透徹している
『道徳経』のいくつかの言語のきわめて透徹して、は至言、今は成語、格言、座右の銘。例えば:「さざれ石の巌となるまで」(七章)、「上善若水」(8章)、「少私寡欲」(19章)、「弱の勝強、剛柔の勝つ」(78章)、「禍は満たされないより、咎莫してより大きい」(46章)。原句がある今進化警句、広く。例えば:「成功、名と、身退」(9章)、現在は「功を成す者は去る」;「知其白、守その黒」(二十八章)、現在は「知白守黑」;「賢は愚にかえる、大弁は声なし」(45章)、「現進化大智は愚の如し」;「天に網を被さるして、そして失わない」(73章)、現在は「天網恢恢疎にして漏らさず」;「満足の足、常に十分」(46章)、現在は「起きて半畳、寝て一畳」;「宠辱若惊」(13章)、現在は「宠辱不惊」。

道徳経価値の影響

『道徳経』に関する哲学、倫理学、政治学、軍事学などの諸学科、後世に信奉を国を治め、名家、修身、学の宝鑑。それが中国の哲学、科学的、政治、宗教などの深遠な影響を生みましたし、古代中国人の1種の世界観や人生観。先秦諸子、中国人の文化思想の影響を受けない老子などない。その影響も多方面のを含め、政治、文化、科学、宗教などの方面で。元朝時の大まかな統計によると、戦国時代以来、研老注老著作元朝時を超え三千余種、代表的なのは少なくとも千種類、サイドから説明した『道徳経』の巨大な影響。

道徳経歴史の評価

司馬談(前漢の歴史家司馬遷の父)は《論6軒の要旨」で「道家人を精神一心で、動合無形、豊かな足万物。その術でも、陽の順、採儒墨の善、撮名法の、時と移動は、物の変化、立俗せるために使うべきでなくて、無所を指して、約易操ことが少なくて、功が多い。」(『史記孔殷公序』)
司馬遷『史記』は「道家無為、又曰全部を行い、実は、その言葉は難しいのお知らせ。その術は虚無指向で、を踏襲する。無割執、無常形ので、究の万物の情。まずない物ではなく、物を後から、万物の主。法がないこと、土地を業、度が、物と合、故曰:聖人不朽、時変は守。虚者道の常でも、者くんのツナも、群臣をさせてから、明も多い。」
晋の哲学者王弼「老子の本で、そのほとんど一言で言えば。あ!崇元利末だけなり。」
玄宗:『道徳経》その気にするか、国のせいか。
帛書版道徳経画像帛書版道徳経画像
かに国は絶病気尚华薄く、無為言は教えない。かに身は少私寡欲、虚心に実腹を務。
宋太宗:伯阳五千言、読みの非常に役に立って、治のせいて国を治め、そしてその中で。
宋真宗赵恒:「老子「道徳経》、治世のなら」。
欧阳修「俺は本は、行けば虚無に治人の術~なり。」(彭耜『道徳真経集注杂说』巻に)
苏辙「言から道しようがない五千文。」(苏辙『双溪集の遺言』)
明太祖朱元璋「朕は不才、惟お知らせ斯経は万物の~本、王者の上に師、臣民の極宝。」(『御注道徳経』)
清未思想家魏源「老子の書、上の関係を治療することができ、中の身、ツイの治人」、「《老子》救世の本も。だから二章統言趣旨。この遂以太古の治、矯正する終末の弊」。
厳復『老子道徳経評し』では「夫黄老の道、民主の国でも。だから『長を宰」、「老子37章。君主の国でもない黄色の老人。漢の黄老、容貌を耳の襲撃。君主の利器をその惟儒家の学術に!」
魯迅「読まない《老子》1本、中国文化を知らないのか、人生の真の意味。」
林语堂『老子の知能』では「俺の名文集、粉砕の宝石が輝く装飾する必要がない。」彼は「私もめくって『道徳経』の人が最初にきっと笑って、そして笑って彼は己がこのように笑って、最後は今とても必要だとこの学説。少なくともこれは大多数の人は初老子の反応を読んで、私はそんな己。」
毛沢東「『道徳経』は1部の兵書」。
張岱年中国の古典哲学の最高の分野は「道」、「道」の観念は《老子》まず提出された。
郭沫若「中国史稿」第1回の中で、「『道徳経』は1部の政治哲学著作、また1部兵書」。
ニーチェ:老子思想の集大成である『道徳経』のように決して枯れた井戸泉、満載の宝物を汲むバレル、つばを戒めに)手を得ることができます。
カント「スピノザの汎神論と親しく然の思想と中国の老子思想について」。
ヘーゲル「中国人が承認の基本原則はか――「道」」、「道は天地の本、万物の根源。中国人は道を認識の各種の形として最高の学術……。老子の著書で、特に彼の『道徳経』を、最も世間崇反らす」。
ウィル・デュランかもしれないは『道徳経』以外には、すべての本を焼却し、『道徳経』で、知恵の要旨。
シュレーダー各家庭ドイツ一冊買う中国の『道徳経』を解決するため、人々の思想上の困惑。
普利高津:道教の思想、探究宇宙調和の奥秘を探し、社会の公平と平和を追求し、心の自由と道徳の円満な3つの面では、我々はこの時代にも新啓蒙思想の質。道家は2千年前の問題を発見して、歴史の発展とともに、ますますはっきり表現は人間の前に。

道徳経作者簡介

老子李名耳、姓、聃一字字、もしくは谥伯阳。華夏族、楚国のすごいところはもうこれで乡曲仁に苦い県人、春秋時代に偉大な哲学者や思想家、道家学派の創始者。俺は世界の文化人、百人の世界の有名な歴史上の人物の一つ目下、現存している『道徳経》と《老子》)、その作品の精華は素樸の弁証法は、主張无为而治、その説中国哲学の発展に深刻な影響を持っている。道教では、老子道教の始祖と仰がれる。俺と後世の荘子として老荘