明治維新

明治維新とは、じゅうく世紀ろくじゅう年代末に日本が、西洋の資本主義工業の文明衝撃のもとで、上から下には、資本主義の性質の全面的な西洋化と近代化改革運動。
明治維新
今回の改革は1868年明治天皇新しい政府、日本政府を近代化の政治改革を立憲君主政体。経済上の推進「殖産興業」は、欧米の技術を勉強し、工業化の波を提唱し、そして「文明開化」、社会生活ヨーロッパ化、大いに発展教育など。今回の改革を日本にアジア初の工業化の道を歩いて国が世界のトップの強国の列は、日本近代化の始まりは、日本の近代史の上の重要な分岐点。
しかし日本の明治維新は徹底的に、保留して大量の封建遺制。日本の強大後、歩いた対外侵略の拡張の軍国主義の道を。

明治維新歴史の背景

明治維新幕末の危機

世紀半ばのアジアでじゅうく、日本が最後の幕府――徳川幕府時代。大権を身につける
徳川幕府の対外実行「鎖国政策禁止」、外国の宣教師、商人庶民とは日本に入っても許さない海外の日本人が帰国して、甚だしきに至っては製造禁止遠洋航海の船に適している。この間、中国、朝鮮と同じだけに許さオランダなどの国の通商、しかもだけを長崎である。また徳川幕府も厳禁キリスト教伝播。
日本では明治維新の前に、いくつかの経済が発達している地区の、出始め家内手工業や手作り工房。工場内に現れた「雇用労働者」制で、資本主義の芽が出た。それが出てくる、衝撃封建自然経済根本的に動揺した幕府の統治の基礎。商品経済の急速に広がる形で、商人層、特に金融事業経営者の力がだんだん強くなって。商人たちの古い制度の深刻な感じを制約して彼らの発展と改革、呼びかけ政治体制。色は資産階級の大名(藩に大名)、武士と要求を制度改革の商人たちによる政治性連盟と反対、幕府の末端農民共同形成「倒幕派基礎の実力。

明治維新黒船

1853年、
ペリーが来航ペリーが来航
アメリカ海軍準将マシュー・ペリー(MatthewCalbraithPerry)率いる艦隊に入る江戸(今の東京)岸の浦賀をアメリカ大統領ミラード・フィルモア書く日本の天皇手紙を渡しました徳川幕府、要求と日本の外交関係を樹立すると貿易を行う。史によると「黒船」(れ「黒船開国)。1854年、日本とアメリカしてしまった。神奈川日米和親条約』、別名の『神奈川条約』に同意しアメリカ開放を除いて長崎外の下田と箱館(函館)両港を現し、アメリカ最恵国待遇など。相次いでの一連の不平等条約の締結し、徳川幕府は再び日本社会に討伐の目標。日本の封建陣営が分化、下級武士に要求の改革の分子革新勢力を形成する尊皇攘夷。革新勢力の代表人物吉田松陰高杉晋作大久保利通木戸孝允西郷隆盛横井小楠大村益次郎など、主に集中する長州(今山口県)、薩摩(今鹿児島県)、土佐(今高知県)、肥料の前に(今佐賀県と長崎県)などの南西部に強い藩。これらの歴史の上でと幕府の矛盾は比較的に深い影響を受け、海外入力以前では、近代的な科学技術と抜擢下級武士はすべて比較的に積極的で。

明治維新改革派の確立

幕末、経済の中で発生資本主義の芽同時に、現れたいわゆる豪農豪商層。下級武士の革新勢力や出身豪農豪商の誌士、連合と幕府の矛盾の南西の強い藩と皇室公卿などを提出し「尊皇攘夷「のスローガン、すなわち:信奉天皇を外国からの侵略。刺殺と西洋勢力と癒着した幕府権力者;に襲われた日本での西側諸国の商人や外交官、西洋列強船などの攻撃。その間に、尊攘パーティー幕府なんて見る幻想は、幕府の統治の要求を明確にし、幕府軍を受けて西方列強との厳しい弾圧、失敗してしまう。
尊皇攘夷運動失敗した後、多くの有識者を認識して、変えたい日本の現状を実現しなければならない、富国強兵、幕府の統治を覆す。そこで、尊皇攘夷運動に進化倒幕運動
1864年、高杉晋作は兵を奪取した長州藩政権は、その後、長州は木戸孝允(桂小五郎)の司会で改革が進められ、倒幕運動の発展。
武装倒幕の本拠地とも呼ばれ南西選手権藩:長州薩摩土佐肥料の前に

明治維新歴史の原因

じゅうく世紀半ば、日本は依然として小農経済の封建社会にある、天皇権威を掌握することは、第三の封建的な軍事政権は徳川幕府の手。
徳川幕府日本の推進「鎖国」政策は、日本を世界への扉を閉めてしがみついて。外国人は中国だけとオランダ商人は唯一の開放港――長崎商業活動を従事し、国民は信仰の自由。
社会の生産力の低下、人民の生活は苦しい、幕府の支配者たちは依然としてしぼり上げると搾取する。欧米の侵略者の侵入に従って相次いで、日本はもっと深い民族危機に陥る。
国内外の矛盾が激化し、幾多の危機に直面した日本ある革命から抜け出す。幕府の統治や外国からの侵略が耐え難い圧迫の日本の民衆を次々と要請“富国強兵」。彼らは武器をとって、発展的な「倒幕運動。

倒幕運動

1863年ろく月、幕府発表されて起きた攘夷、米英荷法四国軍艦砲撃下関(下関戦争)、イギリス艦隊攻撃薩摩藩(萨英戦争)の事件。1865年春、長州藩尊皇攘夷派のリーダー高杉晋作提出開港検討幕の戦略、決めた。攘夷倒幕から武装し、薩摩藩と軍事同盟を結ぶ秘密。一方、イギリスも考量利害、変えて策略、援助倒幕派。幕府側はフランスを頼って、1866年ななしち月発動第二次徴討長州藩の戦争。この時人民蜂起に急増し、手痛い打撃幕府。長州藩連合倒幕勢力勇敢に立ち向かう、同年きゅう、く月幕府の撤退を余儀なくさ。
1867年孝明天皇死、太子睦親王(つまり明治天皇)即位倒幕勢力同盟を結んで、積極的に挙兵。じゅういち月はち日、天皇から検討幕密勅。きゅう、く日幕府将軍徳川慶喜に奏請「大政奉還」。1868年(戊辰年)いち月さん日、天皇の発布した「王政復古大号令廃止令」は、幕府、徳川慶喜に「官職を納める」。はち日及びじゅう日、徳川慶喜は大阪発表「王政復古大号令」を不法。いち月27日、長さ、両藩の主力軍の天皇が5000人、京都の近くの1 . 5万人激突(幕府軍鳥羽・伏見の戦い)、徳川慶喜敗走する江戸戊辰戦争ここから始まる。天皇軍が大挙して東徴、強制的に徳川慶喜は1868年ご月さん日を江戸城初めからじゅういち平定東北地方反乱列藩。1869年春、天皇軍出徴北海道は、ろく月27日攻略幕府殘存勢力を占拠して最後の拠点五稜郭(函館)、戊辰戦争が終わって、日本全土を統一する。1877年、西南戦争爆発、この戦争は倒幕運動の終わりも日本ブルジョア革命の余波。西南戦争につれて薩摩軍の失敗、天皇から操縦、主導の政権の封建軍国主義国家を確立し、日本資本主義革命の終わりマーク。
日本資本主義革命:黒船来航(1853)――安政の大獄(1858)――霞ヶ関事変(1860)――文久クーデター(1863)――池田屋事件(1864)――禁門の変(1864)――功山寺蜂起(1864)――四境戦争(1866)——明治天皇即位(1867)――小御所会議(1867)――鳥羽・伏見の戦い(1868)――江戸血開城(1868)――北ベトナム戦争(1868)――「奥羽ほど列藩同盟崩壊(1868)――」箱館戦争「5稜郭之战】(1868――1869)――西南戦争(1877)

明治維新歴史を経て

明治維新維新の内容

天皇をはじめとする新政府は、1868年よんしよ月ろく日発表は政治綱領的な『五条誓書』、ろく月じゅういち日発表《政体書。きゅう、く月さん日天皇詔を江戸改称東京。じゅう月23日は明治改元。1869年ご月きゅう、く日東京都。一連の改革措置を発表:
明治政府が発布し「五条誓紙』明治政府が発布し「五条誓紙』
1869年ろく月、明治政府が強制実行「版籍奉還」、「廃藩置県」政策は、日本を分けてさん府72県を確立する中央集権式の政治体制で、天皇のすべての権力集を一身。
社会体制については、廃止の伝統的な時代の「士農工商という身分制度」は、皇室類縁関係者は、「皇族」は、昔の公卿大名など貴族通称「華族」、幕府の幕僚、大名の食客などに変更「士族他の職業に従事する」と農商工賤民一律に「平民」を実現した、ただ形式上の「四民平等、各レベル」間相互の交流の許可も存在するレベルの分を軽減、「版籍奉還」で連帯の財政負担、政府を通じて公債補償形で、徐々に回収華族や士族の封建祿;またも武士《公布廃刀令』や、戸籍制度の基礎を確立した『戸籍法』。
社会文化面では、西方の社会文化や習慣を提唱し、西洋の著作翻訳。暦制では旧暦を停止、切り返し太陽暦計日(年号を除く)。
西洋の近代工業技術を導入し、設立工部省管理工商業;改革土地制度廃止、元の土地政策、許可土地売買、新しい土地税政策を実施し、諸藩の関所を廃止し、通貨を統合し、1882年設立日本銀行(国の中央銀行)、取り消し商工業界のギルド制度や独占組織、商工業の発展を推進する(殖産興業)。
教育の方面で、設立文部省、公布教育改革法令―『学制』、発展の近代資産階級の性質の義務教育を分けて、全日本はち大学区、各施設いち大学設置その学区、32、それぞれいち間中学、それぞれに設置していち学区210小学校区、それぞれに小学校区のいち小学校では、全国の公立大学はち計、245中学校、53760小学校。教育機関の勅語』『試験を公布し、武士道、忠君愛国思想植え付け(ある人は「意図を強化最高権力集中式の社会システム、軍国主義思想を注入し、後日対外拡張舗装)。またも派遣留学生がイギリス、アメリカ、フランス、ドイツなどの先進国に留学。
軍事面に改革軍編成、陸軍参考ドイツ訓練、海軍参考イギリス海軍作成;は1872年徴兵令を公布、凡そ年齢に達しにじゅう歳以上の成年男子一律須兵役に服する。一般服役さん年、および予備役に年、その後一般役及び予備役はそれぞれさん年やきゅう、く年の計じゅうに年。1873年の時、作戦部隊がよんじゅう万人動員。また明治政府も発展国営軍事産業、明治時代に、後期、軍事予算が急増し、約30~45%の政府の経費を実行し、軍国主義、武士道精神。
交通面を改善し、各地の交通機関は、新しい鉄道、道路を建設する。1872年、最初の鉄道(――東京新橋)から横浜(桜木町)間鉄道開通、1914年、日本全国の鉄道の総延長は7000キロを超える。
司法の方面で、真似西側制度は、1882年締結フレンチ刑法、1898年に締結法、徳ハイブリッド式民事法、商法は1899年に締結式。
宗教において、政治的理由に基づいて、政府は強力に励ましの神の道教のため、その宣伝に忠実に天皇の思想は、天皇の治世の国でも助け。同時にも許容その他の宗教が存在し、1873年日本キリスト教の宣教の禁止を解除。

明治維新開始時間

「明治維新」として歴史時期の時間切れに限りがある。狭義には、明治維新から1868年じゅう月23日(旧暦きゅう、く月はち日発表した明治改元)から。しかし普通の通常の1867年前一年大政奉還王政復古など多くの政治変動が含まれて。その下限はも廃藩置県(1871年)、西南戦争終瞭(1877年)、実施内閣制(1885年)、確立二元制立憲君主制(二元君主制)(1889年)などの多種の主張。

明治維新維新を経て

1871年、明治政府の派遣は右大臣岩倉具視をはじめとする大型の使節団が欧米視察訪問、資本主義国家の制度。富国強兵で、殖産興業、文明開化のスローガンの下で、政府の積極導入西方の科学技術は、高征土地税などの手段を大規模な原始的蓄積設立のいくつかは軍需、鉱山、鉄道、送料を重点の国営企業。一方、製糸、紡績など近代設備を導入して、模範工場を創立して、普及の先進技術;外国人専門家派遣留学生募集、出国、高級科学技術の人材育成。のための財政負担が過重かつてによる財政危機は、はちじゅう年代初頭を政府がいくつかの国営企業と政府から鉱山売り叩く与え癒着特権の資本家(いわゆる政商)、手厚い保護対策の励まし華族、地主、商人や上層士族投資銀行、鉄道や他の企業経営。はちじゅう年代半ばから、紡績業を中心に、出始めには産業革命のクライマックス。
19世紀の日本の明治維新(誰是是どうしん)、薩長土肥選手権藩合兵。伏見・鳥羽戦で勝利幕府軍将軍、末代徳川慶喜に大政奉還を迫られ、明治天皇、それから日本は正式に入ろう資本主義社会
明治維新を奪った封建武士層の特権、中上級武士因由政
倒幕運動倒幕運動
府買い戻しその土地で新たな寄生転化階級下級武士道は破産。1877年、南西士族は西郷隆盛の指導の下で反乱が発生し、西南戦争は戊辰戦争余波。明治維新が壊滅した古い封建的な秩序を新時代のに関わらず、日本の歴史も世界的に深遠な影響。維新の主役は選手権藩の藩主のではなく、広大で下級武士と平民。明治維新は日本の歴史上の政治革命であり、日本の歴史の重要な分岐点。それは徳川幕府を覆す、大政返還天皇、政治、経済と社会などの面で大改革を実行し、日本の西洋化。明治維新の立役者は靑年武士、彼らは“富国強兵”をスローガンを構築と西方の国に肩を並べる。
明治政府がまずを取る「版籍奉還」、「廃藩置県」への対策は、日本の長期以来の終わりました封建割拠局面を築く中央集権資本主義経済国と発展の基礎を打ち立てました。その後、明治政府の実施した富国強兵、殖産興業や文明開化の三大政策。富国強兵は、軍と警察制度改革、創設軍需産業、徴兵制を確立し、新式軍や警察制度で、それは立国の本、殖産興業は、西方先進技術を導入し、設備と管理方法を大いに奨め資本主義文明開化の発展は、西洋の文明を発展して、近代的な教育、知識を国民レベル、近代化の人材育成。

明治維新維新結果

「明治維新」の後に、日本にじゅう長年の発展を経て、国力を廃止し日に日に盛んで、幕府時代と西側諸国との一連の不平等条約を奪還した国家主権に入った、最終的に近代化。「明治維新」は、日本の歴史の転換点。日本それが独立して発展の道を、迅速な成長をアジアの強国で、ひいては世界の強国。
日本での強国の道を歩いて、同時に拡張の道へ。

明治維新歴史の影響

明治維新を日本が急速に台頭して、勉強を通じて西方、「脱亜入欧」、改革に遅れた
日本人観看列車日本人観看列車
封建制度は、資本主義の道に走って発展し、日に日に強大な国力、徐々に廃止西方列強と締結の不平等条約を回収し、国家主権を抜け出して、植民地にの危機は、アジアで唯一維持することができる民族独立国に、そして経済実力の急速に向上、軍事力も急速に強化し、さらに1895年や1904年~1905年、それぞれに中日の日清戦争と日露戦争で昔の強さを二大国—大清帝国(1644?1911)とロシア・ツァーリ国(1721~1917)で、そこで世界のトップ資本主義列強の仲間入りをする。明治維新の徹底性があり、各方面を保留した大量の旧日本時代の封建遺制、例えば天皇権力は大きすぎて、土地の合併は依然として深刻など封建遺制現象、と後に発生した一连の日本社会問題を解決しにくい相互の影響で日本に侵略の拡張の道を行く。
維新の初期、明治政府の政策によって、武士の社会的地位に従って大幅に下がります;祿漸次縮小し、武士の経済上の保障も弱められ。あらゆることは全て、士族は明治政府の不満、武力ため抗争が相次いで。維新の立役者西郷隆盛鹿児島県を中心に、1877年ろく月じゅうはち日年に発動した西南戦争になっても、最後に、最大規模のタクシー族反抗戦役。敗戦後、殘存タクシー族メンバーに地下活動と板垣退助が主導する「民選議員結合を通して設立運動」、「自由民権運動」の展開は政治の上の反対勢力を形成。1889年、『大日本帝国憲法」を発表し、アジアの第1部成文憲法、1890年、日本の国会(帝国議会)が正式に開始する。
についての社会、文化面での変化につれて、洋行知識人(伊藤博文、大隈重信、新渡戸稲造など)を紹介する吸収西方文化と日本の法令制度や多くの近代化に入って、物事の導入、「文明開化」という風潮を徐々に形成、原本に伝統的で保守的な日本社会に大きな影響を与え。だけではなく、物質需要と生活習慣が西洋化に変わって、教育システムと社会組織の幅広い推進のもとで、思想と観念にもだんだん近代化の傾向に(たとえば守時、衛生などの概念と西洋マナー)、文芸上の影響も大きい。
一方、鋭意改革は明治政府が、全体としては比較的偏重を促す国強の結果も、殘された多くの問題:たとえば天皇権力は大きすぎて、出身藩の有力者長期コントロール国政を形成し、勢力の膨大な「藩閥政治体制、土地の合併は深刻で、新興財閥市場を独占経済などの現象。これらの問題が発生してマイナスと後日累積のいくつかの社会問題を解決しにくい相互の影響は、最終的に直接あるいは間接的に日本に侵略の拡張を歩く道。
明治維新の積極的な影響を:
明治維新を推進した日本社会の進歩を脱した民族危機に走って、それから発展の資本主義の道となり、アジアの第1強国。
歴史の局限性:
土地所有制が廃止⒈領主を認め、土地の私有が、工業化の深い
福沢諭吉福沢諭吉
入、地主所有制の消極的な一面が見えてきて、農民の生活の貧困、深刻な影響の国内市場の拡大、工業の発展を制約しました。
⒉が現れた極端な民族主義と対外侵略の拡張の軍国主義、アジア各国に深刻な災害をもたらした。
⒊明治憲法が発布された後、藩閥長期天皇名独占政権は、議会自滅し、人民の民主的権利を得ていません。
⒋推進愚民政策、天皇崇拝思想植え付け、強制民衆には絶対服従天皇、天皇で尽忠。
ご.封建遺制制約した日本の経済建設。
立憲の意味
日本がアジア初の立憲国には、日本の近代天皇制を確立した政治体制。採用立憲君主制(二元制)の形で、実際には実行して独断の主義、藩閥天皇の名が政権を握る。
は、中国の清王朝を変えて政治体制、模倣日本立憲君主制し、1908年はち月27日公布『欽定憲法大綱」、中国「立憲君主」の道。

明治維新専制政治

明治政府の政治に天皇の権威を神格化は絶対に、「華族」制度を旧藩主、公卿の特殊な地位を維新功労者に、財閥華族、栽培特権階層;経済建設に連れて封建的な財閥や寄生地主;意識状態に宣揚形神道、皇の道、儒学を導入ドイツ唯心論哲学。1882年発布《軍人勅諭》する武士道。1890年発布した「教育勅語」で、天皇を中心としての推進に忠誠を軍国主義教育。明治の維新を経て、日本から幕藩領主統制の封建国家から一転して封建的な近代資本主義国。旧財閥と緊密に団結した薩摩と長州藩などの強い出身の軍閥、官僚貴族長期把持政権の確立には、近代天皇制の過程の中で推進する「藩閥政治」。じゅうく世紀ななじゅう~はちじゅう年代、日本で発生した専制政治を反対し、ブルジョア階級の自由民主的権利の自由民権運動。明治政府が暴力鎮圧や政治分裂させて瓦解させるこの動きは、1889年公布『明治憲法、1890年国会開設を確立したことによって、独断の主義の立憲君主制、つまり日本の近代の天皇制。
対外関係の面で、日本の国力がますます充実して交渉し、条約改正要求。1894年から条約改正から、1911年にやっと全部廃止。明治の初め、すなわちでアジアの隣国に侵略の拡張を行う。1874年に出兵して中国を侵略する台灣。1875年武力侵攻北朝鮮逼迫し、翌年『朝鮮江華条約』。1879年にとりこむ琉球変更と沖縄県。~はちじゅう年代末期、中国や朝鮮を侵略を主な目標の大陸政策が基本的に形成され。自きゅうじゅう年代中盤から、どんどん対外侵略戦争発動。
(教育勅語):重朝憲、国法が守られ、一旦緩急は須義勇奉公、扶翼天壌無窮の皇運などは、わざわざは朕の忠臣良民も〓を表出爾祖先の風。

明治維新主な勢力

明治維新重要人物

三傑
前の三傑:吉田松陰坂本竜馬高杉晋作
後の三傑大久保利通木戸孝允、西郷隆盛、伊藤博文
高杉晋作
(1839~1867)
初めて認識高杉は、本当に船一雄の漫画『幕末西洋医外伝』で。当時だけが知っている彼は維新誌士、奇兵隊を創建して、二十七歳で死ぬ肺疾患。
明治維新は三傑(木戸孝允、大久保利通と西郷)が、同時代にも三人の名声がさらに三傑上、すなわち長州の高杉晋作、土佐の坂本龍馬と幕臣勝海舟
高杉晋作初名と介、別名の春風号東行、藩主も曾名を東(東邦第一人)に潜む(深穀潜龙)穀。彼の家は長州譜代重臣、かつて就学大思想家吉田松陰門の下で、と久坂玄瑞一緒に江久、「パナソニック三高足」。
木戸孝允
(1833~1877)
木戸孝允本名桂小五郎(父の姓と田、彼は養子にやる桂家)、後を避けて迫害が幕府に改名して木戸貫度、また改名木戸孝允、号松菊。
桂は維新の三傑一つも出吉田松陰門の下で、そして江戸斎藤弥九郎勉強の道場において剣術(神道無念流)、成績が目立つ、翌年に塾頭。1858年、彼の任命される江戸駐在の長州藩检校作りすぎて。
幕府の大老井伊直弼打撃尊皇攘夷派のために、1858年興って安政の大獄、吉田松陰と橋本左に赖三树三郎などの誌士は処刑され。桂受けた刺激、倒幕思想の熟して、その後の行き来江戸、京都と萩城の間の連絡、同誌、準備一揆を起こす。
伊藤博文
(1841~1909)
本名俊輔、松蔭門の下で、1871年岩倉使節団の訪問は欧米前木戸孝允の忠実なファンで、あとはますます親しく大久保利通。
「俗吏」井上馨
(1835~1915)
長州下級武士の出身、倒幕の誌士。かつて四境戦争で守る芸州口だけでなく、敵を倒して、そして反攻芸州藩を強制的に、維新後も要職、肥前の大隈重信などを積極的に進める資産階級の改革の結果、保守派の西郷隆盛と江藤新平等罵り俗吏」――その然井上遣り返す西郷も「愚かな子」。井上一度放棄するよう助け官、三井財閥の基礎を打ち立てました。1876年に日本代表で北朝鮮への不平等条約「江華条約に調印する。1907年に授与される侯爵。
大村益次郎
(1824~1869)
林田元姓、名永敏、長州医師は、大坂へ緒方洪庵西洋医学とオランダ勉強なら、後に幕府講武に任教授が、翻訳西洋兵書。桂小五郎との接触、という感覚が無口な奇特(顔は鯰)やつは学識才能が豊かである尋ねると、元は本藩人、そして手を尽くして彼を搞回本州、藩校で明伦館教授兵学。
山県有朋
(1838~1922)
号素狂、言雪、別称芽城魯山人、椿山荘主、無隣庵主、小浚う庵主、古希庵主、通称狂介。若い時加盟奇兵隊を任军監。功山寺蜂起し、やがて身を寄せる高杉をチームに参加して、その後また四境戦争と戊辰戦争、功労盛大。
1898年に昇進元帥を首相。また、彼はまた1889、1898年2回の組閣。
長州
長州の尊皇攘夷思想の祖は、もちろん吉田松陰(1830~1859)、彼の門下にり、高杉、桂、伊藤のほか、一門でと高杉と並んで入江久(1837~1864)、久坂玄瑞(1840~1864)、吉田稔麿(1841~1864)や品川弥二郎(1843~1900)、益田右衛門介(1833~1864)なども、維新の事業を作り出した不朽の貢献。
薩摩藩(島津)
萨藩維新に次ぐとして長州が、新政府に掌握する権限は、長州の上に。藩主島津斉彬は大きな野心家で、その実力萨军の最も強力。
西郷隆盛
(1827~1877)
独裁者大久保利通(1830~1878)
名利済、通称は助と、後に隠し、号甲東。維新の三傑一つ、萨藩の重臣。彼は最初推進公武合体政策(公を持つ幕府朝廷、武、公武合体すなわち天皇と将軍共有権力)、後情勢の変化、一転検討幕派。大久保利通
彼と西郷も親交厚く、戊辰戦争時、西郷掌兵、大久保掌民、協力が暗黙の瞭解。でも、その後岩倉使節団に参加して訪問して欧米、大久保は日に日に賛同桂小五郎の内治を先に反対の主張は、西郷と「徴韓論」。西郷辞任に追い込まれる帰省し、大久保は内務卿は、明治政府の実権を制御して、それから二人反目日深い。
当時の内務省は、その権限を除いて行政のほか、治安、工商業および一部の財政、司法権。大久保を大隈重信大蔵卿)と伊藤博文(工部卿)を左右の手を構築し、完全な独裁システム。
西南戦争の翌年(1878)、大久保は行路途中刺され。刺客と西郷の殘党島一郎は。
鹿児島群雄
戦国時代末期、島津氏は、その強力な家臣団を九州。二百余年後、島津久光(島津齐彬之兄、次世代島津忠義の父)統率、また輩出する、南西一強い藩、倒幕の主力。
島津の倒幕派の家老り、西郷のほか、と大久保利通共組誠忠グループの小松帯刀(1835~1870)。他にも、人材は幕府の大老の陰謀井伊直弼が马新七(1825~1862)、足は目が欠陥は得意の兵法の策略の伊地知先生正治(1828~1886)、外交奇才寺は岛忠(1832~1893)、人称「人斬新兵衛」の刺客田中さんは新兵衛(?~1863)、日清海戦に参加したことがある東郷平八郎(1847~1934)、ニックネーム「人斬り」の中村半次郎(1838~1877)など。
また二人の人物小书に値する1筆。一つは黒田清隆(1840~1900)、彼はかつて箱館討伐参謀として攻撃する五稜郭(幕臣榎本武揚など割拠北海道、共和国を創立して、1869年、明治政府による箱館戦争、最後に落とし榎本基地五稜郭)。しかし戦争勝利の後、彼は奔走を榎本陳情もし、ついにリリースさせる。1888年、黒田組閣首相になっても。
あとは関西で知られる一時の大財閥五代友厚(1835~1885)、他の実業家と違い、彼は商人の旧家ではなく、士転商、萨藩の優秀な人材。
坂本竜馬
(1835~1867)
戦国歴史の友達を知って、きっと覚えている明智光秀の領地センターは、坂本城坂本竜馬の――姓の源のこの。
光秀の婿明智光秀がいっぱい(左せず助)、未死亡伝説山崎合戦ではなく、逃げた土佐の長岡郡、四代から八兵衛を開いた「住宅の居酒屋が穀屋」、六代からハチロー兵衛始取得郷士資格。ハチロー兵衛大名直益こそ坂本竜馬(本名直柔)の祖父。
だから、龍馬とその他の大部分の維新誌士によっては、身分の低い、ただの郷士、さらには非常に金持ち(が穀屋は土佐有数の大メーカー。
ストーリの発生龍馬脱藩東に江戸幕臣、暗殺をたくらむ勝海舟前後。竜馬はかつて1位の親友は言います:“私が好きな小太刀、小太刀は柔軟で、より実用的太刀。」友達が深く思い込む、会いたくない龍馬、彼は取り出し一振りの拳銃に「このよりも小さい太刀を更に備えて威力。」
勝海舟は開国論の先駆者、抱き攘夷思想の龍馬として彼を暗殺する目標、必殺の奸党。しかし、勝透徹した思想をついに龍馬認識、開国し経済発展、強い国力もなく、防ぐ列強。その友人さようなら龍馬を取り出し、龍馬は1部の開国論書籍:「拳銃は敵殺傷しかない、この本が日本振興!」
になる勝海舟弟子の龍馬、構想した独自の共和政体論。1864年、長崎亀山を創立した商社「社」の別名「亀山社中つまり、その後名声が高いの「海援隊」。海援隊商務貿易組織だけではなく、それは尊皇誌士たちの総連絡駅と情報ステーション。海援隊」を利用して、大量の金銭龍馬を投入尊皇倒幕運動に奔走し、繰り返し、ついに促した長州と薩摩の同盟、土佐と長州藩の同盟、権を中の3つの有機的に連携。
岡田以蔵
(1838~1865)
以蔵出身で最も下級の郷土佐藩士の家で、小さい誌の大剣豪宮本武蔵のように、しかし、彼の正体、一流の道場を入りにくい学習。彼は隠れて道場を盗んで学を形成したほか、そして別のスタイルの暗殺剣法。
上級郷士で、同時に土佐勤王党のリーダー武市瑞山の道場にオープンしましたが、ついに正式以蔵親方に弟子入りの機会を、その驚異的な素質を瑞山の賞賛。1856年、瑞山に向かう江戸遊学修行し、許され以蔵随行。
江戸三大道場一つの桃井道場で、以蔵苦学は鏡心明智流の秘伝。その後、彼はまた付き添って瑞山は、国防大臣と九州地方遊歴修行剣客以蔵の大名、それから轟天下に伝わる。
瑞山に従って勉強で剣術の同時に、以蔵を受け入れた尊皇思想。遊学が終わった後、彼は京都に入ってから、狙撃を斬殺佐幕派人士を実施し、つまりいわゆる「天誅」から、「人斬り以蔵」(人斬り以蔵)。彼は暗殺した役人、浪人、わずかに案は察の近くの二十人、そしてまだ1863年2月23日に、京都などを持つ院に三代足利将軍の像のフクロウ下首、干す四条河原では、現政権への徳川将軍の威嚇。
1865年、以蔵京都で逮捕され、その後に引き渡しに土佐藩を経て、殘酷な拷問後死刑に首を切り、雁河原に晒し、享年28歳。
板垣は死んでも自由――ない亡板垣退助(1837一1919)山内容堂の重臣に精通し、西洋の兵法になり、土佐勤王党の指導者の一つ。戊辰戦争に任総督府参謀、攻撃奥羽ほど列同盟を中心に津城絶大の勝利。明治の初めに任政府参議、1873年、提出徴韓論、西郷隆盛と一緒に辞任。翌年愛国公党組織設立民選議員、提案を起こし、自由民権運動指導者を誌し、確立社と愛国社などの団体、推進国会開設請願運動。
1881年、板垣創立自由党、选ばれ総理。大隈重信・伊藤博文などの為政者に彼はとても頭が痛くて、ついには1882年に政府からの資金はヨーロッパ各国へ遊歴考察。1883年板垣帰国後解散自由党、脱民権運動、1896年・内務大臣、1898年と大隈重信の共同キャビネット、通称「隈板内閣」、また任内務大臣。
自由民権運動を推進する時、板垣は暗殺され、重傷を負い。当時。彼のあれを言い出した名言:「板垣は死んでも、自由は亡(板垣死死も自由ですとはいえず)!」
土佐之雄傑
論思想の進歩、土佐より長州、論が維新の役割を果たし、土佐より薩摩が、龍馬から板垣「船から八対策」自由民権運動、土も藩群傑は異常は異様な輝きが存在する。
土佐藩論の進歩は、吉田東洋(1816~1862)。東洋長く司会藩政を板垣退助後藤象二郎(1838~1897)倚を左右の手。過激な土佐勤王党成立後、人を派遣し、吉田東洋、かつ、武市瑞山(1829~1865)代政権。
その間、龍馬組織海援隊隊員の大半は土佐人、主要な幹部が長岡謙吉(1834~1872、龍馬死後代掌海援隊)、陸奥宗光(紀伊藩士、別の文で述べ)、近藤長次郎(1840~1886、ニックネーム「饅頭屋長次郎”)、新宮せず助(1836~1886)と池内蔵太(1841~1866)や、龍馬の甥高松太郎(1842~1898)など。
1865年、武市瑞山投獄死、後藤象二郎重執藩政。明治維新後、藩は云四强政権が、土藩はほとんど功労者を排除される下野。後藤はすなわち板垣共組自由党、自由党の元副総裁も土佐藩士出身、多くなって海援隊の中島信行(1846~1869)。
まだ二人ならなければならない。一は一番早く脱藩籍、組織「天誅組」、1863年大和挙兵倒幕の吉村虎太郎(寅太郎、1837~1863)。2は海援隊幹部、その後制覇明治時代の海上輸送の岩崎弥太郎(1834~5)、彼はかつて自分の三階菱紋と山内三つ葉柏紋を結び付けて、作成された有名天下の商社社徽州——三菱。
肥料の前に
(佐賀鍋島藩)
藩主の相前後して鍋島閑臾と鍋島直大。前作よりも三強佐賀藩、何と寄せ集めて、人材の絶頂、水戸、熊本諸藩に遠く及ばない、価値があるといえ、たったの3人だけ。
まず「二大」、つまり最も早く提出遷都江戸(東京)は東京府知事の初代大木ジョー任(1832~1899)、および組織は日本最古政党内閣の大隈重信1838~1922)。
また江藤新平(1834~1874)、主張賀藩連合と公武合体。維新の時は彰義隊の作戦中立で大きな功労。後に主張徴韓論と同時に、西郷隆盛が先に下野が、西郷佐賀発動反乱败、殺された。
幕臣
日領(徳川幕府の直轄領)が全日本土地の3分の1強、幕の下にして倍で、やはり時勢にきびしくて、わずか数藩、根本的に根深い。
龍馬の師・勝海舟
(1823~1899)
元名所義邦、後によると麟太郎生まれ、貧困家庭の旗本。彼は一生懸命に勉強し蘭学(オランダ伝来の学問、後統と洋学)は、元々、日本叩关ノックドアの後、彼はついに幕府に建白書提出海防、それが重用漸、官から安房守。
勝長時間を海軍講習所の教员の監督、軍艦が練習の教授などの要職を航海して、一度アメリカ訪問。彼は神戸開業海軍操練所の時、龍馬と吉村虎太郎を暗殺するが、いずれも説得され、逆に勝の忠誠の弟子。
維新後、勝海舟安芳改名、日、明治新政府に海軍司令官を務め、参議長などの職務。も言うことができて、彼は近代日本海軍の創設者の一つ。
鉄舟と泥舟
いわゆる“幕末三舟」とは、勝海舟と義理の兄弟:山岡鉄舟(1836~1888)、高橋泥舟(1835~03)。
鉄舟は義弟、剣術道場による千葉、所属影流。彼は幕府入社浪士队(新徴組)に任命され、浪士取締役。その後、昇進幕府要職――大目付。戊辰戦争の時、彼の奉将軍、徳川慶喜の命により、西郷隆盛へと江戸無血開城の交渉を行う。交渉の中で、彼は態度がず、時に人称:「朝敵徳川庆喜が家臣山岡鉄舟盛风凛凛。」
泥舟は義兄で枪术、25歳の時になる武场の師匠。同じくかつて浪士队の組織の仕事に幕府を立て汗馬の労し、一時、徳川慶喜の護衛。
大統領榎本武揚
(1836~1908)
幕臣の中で本当の伝奇的な人物。少年時長い時間北海道留学オランダ過ごし、成人した後、勉強の海軍技術。帰幕になる海軍の要人。
検討に入るシーン軍江戸、榎本統率9隻の軍艦発動反乱、北上していき占領北海道共和国、任大統領。検討幕軍を破って奥羽ほど列藩同盟後、その大本営まっしぐら五稜郭。榎本投降に败戦して投獄され、黒田清隆の奔走こそ免れ死。
榎本の左右の手は、兵学の長大鳥圭介(1833~1911)。
式神と作戦の実業家――渋沢栄一(1840~1931)
渋沢は富農出身、靑年に仕え一ッ橋慶喜まで回復し、徳川慶喜姓を後任将軍後、渋沢すなわち幕臣。
維新後彼のサービスは大蔵省(財政部)は、明治6年の辞任、実業界で活躍する。彼は創立第一国立銀行、その他の事業を含む制糸、製紙、鉄道、ホテルなど五百余種として、「財界の大御所」。
忠ではうまくいかない忠顺小粟
(1827~1868)
幕府外国奉行、勘定奉行、歩兵奉行。彼は日本近代陸海の始祖、兵制軍備攻革、武器革新などは超人的な貢献を作り出したし、完成した神奈川県助け横須賀造船所の確立。
小粟自分主張開国論が、幕府に忠実で、と倒幕派の不倶戴天、彼は保守派の大老井伊直弼(倒幕派と言われるとまるでもっくんの人物)の手が抜擢されたのは、戦争を企画した徴長、戊辰戦争時に持って強硬な立場でと勝海舟などの対立は、したがってその後引きこもり上野権田村探しても、処刑した。処刑で彼の場所、立ある石碑に、そこに、「偉人小栗上野介、無罪がここに斬られた」。
英傑天下
除去選手権藩や幕府以外、あの風雲激動の時代に、全日本各地に無数の雄傑が。まず、友達紹介両大宮人(公卿)。
大政大臣の三条实美
(1837~1891)
彼は朝廷に象徴倒幕維新指導者。最初の目的は、回復の権力の復興のために天皇と公卿の地位、公武合体の八・一八クーデターを迫られるに京都、災難に遭う太宰府北九州)、当時一緒に災難に遭う七位公卿、史「七卿災難に遭う」。それ以来、彼の思想から一転倒幕、維新後太政大臣になり、実際に新政府の首脳(最初の新政府の構造を太政大臣をはじめ、诸强藩士に就任参議を補助)。
座を見て皿をねぶれの岩倉具視
(1825~1883)
公卿に倒幕派の実際のリーダー。出身の沒落公卿家庭、反対署名が「日米通商条約の八十八公卿リーグで嶄然として頭角を現す。
幕末倒幕ブームを防ぐため、公武合体論を提出する時、岩倉を企画した「和宮降嫁」(天皇の妹和宮は嫁と将軍家)から、尊攘派責める裏切り者、奸賊。岩倉引退岩倉村反省され、その後何度かと西郷、桂ら接触、確定した倒幕思想、奪玉」(奪取天皇、討幕)闘争中立で殊勲。
維新後の大臣に就任、やがてまた率いる大久保、木戸(桂)ら岩倉使節団を訪問して欧米組織。留守の西郷らを抑えて意見の相違を徴韓論、大久保など急いで帰るとの議論。その内廷の会議で、西郷派に優勢、三条实美同意が要求される徴韓、日発表を遅らせる。その夜、三条病気を口実にするには、岩倉代任太政大臣、岩倉すぐ参内天皇詔書を求め、そして翌日の会議で全部ご破算に三条の決定。西郷など怒下野、大久保独裁政権の原形を形成しました。
からまで尊攘公武合体倒幕後世まで、更には多くの人の議論岩倉具視座を見て皿をねぶれ、狡賢い、「曹操より」。しかし彼を見るべきだ維新運動中の強力推進作用、まして倒幕思想が確定し、岩倉誰よりも断固として。人の思想は、成長させて、これは決して「日和見無定見、内股膏薬」。
その他の誌士、主要な2位――
無念、池田屋・宫部鼎藏
(1820~1864)
熊本藩山鹿流兵学の教師、国学(もちろん日本国とか)と神道もよく研究して、後を侵した弟子藩法でやましい辞任、上洛尊攘運動に参加しになる三条实美側近。池田屋事件で重傷を負い、自殺で終わる。
辛い腕外相、陸奥宗光
(1844~1897)
龍馬の小さい兄弟で、本名は陽の助、紀伊藩士。クーデターで藩に幽閉され、父親で脱藩を流浪し、一度~江戸尊攘運動に参加して。後に入って龍馬に認められ、海軍操練所の学習と、拝勝海舟に加入し、やがて亀山社中海援隊)。
陸奥は善考えの人に、一度岩倉具視開国倒幕思想植え付けた。維新後、回藩任知事(紀伊藩改め和歌山県)、1870年旅欧考察、1875年・元老院幹事。
1878年が、西南戦争で西郷の反逆が巻き添えで投獄、五年後の出所、欧米への。1888年・駐米公使、1892年・伊藤内閣の外相。外相任では、彼は修正した日本と英米の諸列強の不平等条約を日本の資本主義の強国の基礎を打ち立てました。

明治維新各種団体

実はいわゆる党、チーム、組、すべては同じことだ。実はそれらは半政治半軍事性質の戦闘団体。

主:諸生党と天狗党。それらはすべて、水戸藩による。
天狗は党の創設者は武田耕云斋(1804~1865)が、目標は尊皇、そして利用藩兵の政変とうとう藩主処刑を命じた。
諸生党の党首は市川三左衛門(1816~1869)、彼の体は水戸家老この党に成立し、主張佐幕で武田と耕して云斋対立;戊辰戦争後、市川が処刑されて。

最も有名なのはもちろん高杉晋作の奇兵隊。と同時に、奇兵隊台頭長州そして――
鳴城チーム:創建者は吉富藤兵衛(1838~1914)、この組織の維新後に転化鳴城立憲党。
ゲリラ:ボス巨人に右兵衛島で、彼は長州倒幕過激派の領袖(高杉よりも過激!)。腹が池田屋事件で隊を率いるまっしぐら京都、勇気を戦死。
御楯チーム:品川弥次郎(1843~1900)に手が創立――これを桂小五郎の側近。
彰義队:佐幕組織は、天野ハチロー(1831~1866)徳川慶喜に引退後の組織は和結上野新政府軍に攻撃。結果大村益次郎一日間なぎ倒す、天野もついに病死獄中。
北辰隊:新規の田藩重臣遠藤七郎(?~か記録は、戊辰戦争に隷属長州軍に参加会津攻撃する。
遠州報国隊は淡海国玉神社の神主大久保忠尚(1825~1880)をそろえ、目標は尊皇倒幕。
忠勇チーム:久留米藩尊攘派の理論の指導者真木和泉(1813~1864)の記録は、全滅禁門の変久坂玄瑞などの企画の占領京都の軍事クーデターで失敗に終わる)。
尽義队:马藩家老平田大人(1813~1865)為対政敵勝井五八一郎(佐幕派)創立の組織。
突撃隊:創立者中村半次郎(事績。死刑執行人列伝)。
白虎队:悲壮!悲惨!その新国軍討伐奥羽ほど列藩同盟、包囲攻撃同盟センター会津若松城城内に、少年武士は三百人組織白虎隊、頭白テープを巻いて、勇敢に戦う藩主、ほとんど殉国。(一部隊員逃げ~飯盛山の後に会い城の火事と破城、藩主に殺され、一斉に向けて割腹自殺し、最大17歳に、最小の15歳、1人だけ生き殘った。紹介を佳話、多くの作品に由来する)この。
赤新聞队:もっと悲惨!もっと悲壮!は下総国郷士への楽総三(1840~1868)らが組織に入り、関東を新政府軍に道を切り開く、農民に宣伝减租の政策。しかし明治政府戦争終わっていないことにする、遂以なりすまし官軍を罪で解散赤新聞隊を相楽総三処刑などの首領。「るころうたに剣心』の読者たちはこの歴史を知らないでしょう、相楽左之助たとえ多くの年後、まだそのことに明治政府に根深い恨みと拳でと斬撃を粉砕マテガイのだろう!

主に――
諸組の中ではかなり有名なのは「天誅組」(岡田以蔵はまだ覚えているでしょう、彼のスローガンは「天罰」)。天誅組の発起人は公卿出身の中山忠光(1845~1864)、目的は排斥公武合体、幕府の統治に転覆。1863年、公武合体派発動「八・一八クーデター」、天誅組となり、中山され殺され、わずか20歳で亡くなった!
天誅グループの社長はの学者、藤本矢石(1816~1863)、主要メンバーの松本奎堂(1831~1863)や、前述の吉村虎太郎。
諸チームも――
誠忠グループ:は薩摩重臣小松帯刀大山綱良(1825~1877)ら作成。
カラス組:聞いて名称は忍者、実は差が多すぎる。じゅうはち歳から仙台藩士細谷十太夫(1845~1907)を設立、メンバー全員で着て黒いコート戊辰戦争担当の仕事で情報収集。
もちろん、名声は真っ盛りで、やはり「新撰組」!
新选組は日本の幕末の親幕府の武士組織であり、幕府末期浪人の武装集団。主京都イベントは、現地の治安維持を担当し、反幕府の人に対処する。彼らは戊辰戦争中协助幕府側として、1869年敗戦降伏解散。
新撰組」、「选んで日本語」と「作品」と同音)、ニックネーム「壬生狼」は、成立初期当時を得る京都守護職会津藩松平容保を支持し、会津藩の作成。新选組で1864年の池田屋事件の中で、京都で重傷を提唱した尊皇攘夷過激派。新选組が最も知られる特色が「誠」字隊旗、袖に印刷されてヤマガタ図案の独特な羽織(上着)、厳しい「局で法度」(維持のために組織の厳しい規律を採用し规条)など。
新选組は民間と幕府連合の組織、遅すぎる。京都守護職の会津藩主松平容保に支えられ。日本の幕末、反幕府浪士よく京都で、幕府高官や親幕府筋。だから、現れた新选組の内部の主流派の「佐幕派」が絶えず粛清する反対派
別名新撰組、壬生狼
芹沢鴨
新見錦
近藤勇
会津新选組隊長
山口二郎
箱館新选組隊長
大野右の仲
相馬主計

明治維新歴代副長

新見錦
山南敬助
土方歳三
安富才助

明治維新総長

山南敬助

明治維新参謀

伊東甲子園太郎
武田観柳斋

明治維新組長

1865年に編成時組長
1番队組長:衝田総司
二番队組長:永倉新八
三番队組長:斎藤一
4番队組長:松原忠司さん
5番队組長:武田観柳斋
六番隊の組長:井上源三郎
七番队組長:穀三郎
8番队組長:藤堂平助
九番队組長:鈴木三樹三郎
十番隊の組長:原田左之助
1864年行軍録編成時組頭
1番隊組頭:沖田総司
二番隊組頭:伊東甲子園太郎
三番隊組頭:井上源三郎
四番隊首:斎藤一組
五番隊組頭:尾形俊太郎
六番隊組頭:武田観柳斋
七番隊組頭:松原忠司さん
8番隊組頭:穀三郎

明治維新維新対比

明治維新概括

日中にじゅうく世紀後期西洋列強の植民地で、侵略の接近を展開して、さまざまな形式の改革、しかし最終目標と改革として独立したのは日本の富強。もし深く点検改革過程で発見:中国の封建勢力に保有既得権益を提唱し、経済、軍事などだけの改革を極力避け、政治改革に触れ、「中学を主張する体、洋学用」、日本は欧米よりかなり程度を重視し、それに法令制度と思想観念で改革。

明治維新経済面

社会経済面において、じゅうく世紀の日本はすでに現代ビジネス社会の基礎は、当時の中国はまだ欠如。例えば:日本幕府
時代にはすでに選択領地管理の「蔵元」と呼ばれる、「両替屋」の銀行業、その他の様々な現代商業元素。明治維新はただ各種の商業元素を結び付けて、強大な力の影響を全国になる。中国現代ビジネス元素側はほとんど付の欠如、社会でのビジネスは農業をその根本的なものは銀の業界、保険業、会計業、法律業など現代ビジネスシステムに必要なメカニズム。中国で類似する明治維新の改革は、伝統的な社会排斥されやすい。
また、大和民族国家存亡の肝心な時に直面していることができて、団結、組み合わせる株は伝統的な影響力遠守旧派強大な勢力を確立し、排除改革障害の決心に加え、明治維新の過程の中で、西洋にして各方面の学習のパッケージ(洋務運動)の徹底性を変更して政治制度を立憲君主制と、最終的に日本が急速に上昇。中国は中日の日清戦争失敗した後に行う戊戌変法は、制度的についての改革も少し動作が、改革の共通の凝集力不足は明らかに、最終的に逃げる守旧派の扼殺で失敗に終わった。

明治維新中国の啓示

いちも継承.中国の優秀な伝統文化を、防止とその消極的時代遅れの成分を現代社会に適応し、さらなる対外開放、西方の先端技術を学び、分析、選んで、批判の参考と吸収、精華を取って、その糟粕。文化の多様性を尊重し、積極的に世界文化の優れた成果を吸収し、実踐の中で絶えず技術革新、からは、最初の生産性は、革新的な精神は中華民族の精神の重要な内容で、革新進歩は民族の魂は、国家の繁栄の動力を尽くす。技術革新、我々は困難と挫折の道です、
に。改革開放を堅持する、教育を重視して、重視の人材、改革は社会の発展の原動力、
さん.民族団結を強化して、民族文化アイデンティティーのためだけの文化に認めてこそ、感情の上の共感を呼び、才能を民族の凝集力増強民族団結、社会の安定を促進する。祖国を熱愛し、高度な民族の誇り、責任感、源は民族文化の共感。各民族人民に対して民族文化の共感が生まれること血は水よりも濃しの親心と親和力、国内外の華人相互協力、共同に奮闘して、これは実現国家統一と団結の文化の基礎、
よんしよ.改革と経済発展の不適応の体制、
ご.改革は徹底的に、時代の流れに応じて。

明治維新相違点

日本の明治維新と中国の戊戌変法、どうして成功、失敗?理由はさまざまで、その中の可能性があります:
いち)社会背景
①日本の明治維新の前に、様々な社会的矛盾は鋭くて、幕府の統治の矢面に立つ。
②中国封建支配は非常に深刻な危機が、封建支配者と帝国主義と結託して、封建勢力も比較的に強い。
に)指導力
①日本ブルジョア階級はまだ未熟だが、ブルジョア階級の下級武士に転化して機能倒幕運動の指導。彼らは懂得闘争術、軍基地を設立したとして、分けて段階完成した将旧勢力の清掃の任務として、国内の改革を順調に進め。
②中国の維新派力だけをもろくて弱くて、望みを託して実権のない皇帝に加え、封建勢力の強いので、改革の成功できない。
さん)政策措置
①日本幕府の統治に倒された後に、明治政府の命令は、一連の改革措置をさせて、日本で発展した資本主義の道。
②中国戊戌の変法にもかかわらず、光緒帝が発布したシリーズは政治、軍事、経済、文化などの面での変法詔書が、ブルジョア階級の維新勢力は政権を握るや守旧勢力の強い、まったく実施不可能。
よんしよ)国際環境
①日本の明治維新がじゅうく世紀ろくじゅう年代、当時世界はまだ自由競争の資本主義の時期に、日本はすでに連合世界の強国になる、そして奪取植民地のクライマックスもまだ始めていない。そして後期欧米列強に力を集中して中国を侵略して、日本はすでに完成して明治維新、しかし客観的には日本の発展を提供するのが比較的に有利な国際環境を。
②中国戊戌変法はじゅうく世紀のきゅうじゅう年代末、資本主義は世界に帝国主義列強段階に移行する、中国に分割の対象。このとき帝国主義列強は中国になりたくない独立強大な資本主義国家、国際環境は中国維新運動不利。
ご)影響
積極的な影響を日本:明治維新から鎖国の封建国家で、徐々に転換を脱した資本主義国家として、今度は半植民地国の運命は、日本の歴史の大きな分岐点。で日本を変える面貌となり、アジア初の工業化の道を歩いて上の国。
ネガティブ:日本が強く後、すぐに歩んできた対外侵略の拡張の軍国主義の道とファシズムとなり、アジアの平和の新しい脅威。
ろく)作用
いち.日本が急速に台頭し、資本主義の発展の道に上がりました。
確立に.立憲君主形式の資本主義国家体制。
さん.日本近世アジア唯一の保持民主独立の工業強国で、民族危機を脱した。
よんしよ.日本がアジア経済強国の基礎を打ち立てました。