A級戦犯

A級戦犯を指す第二次世界大戦後。由国際軍事裁判裁判のA級戦犯。彼らは極東国際軍事裁判所条例の第五条の定義(甲)「平和への罪はすなわち、発表宣戦のは公表しない侵略戦争や国際法、条約、協定の再違反誓いの戦争の計画、準備、から、または完成を達成するために、もし右諸行為どちらの共同の計画に参加する共謀。によると極東国際軍事裁判で有罪判決を受け、指名とされ戦争犯罪人。
A級戦犯
日本の帝国主義は7位のA級戦犯(縛り首):東条英機松井石根武藤章坂垣徴四郎広田木村兵太郎土肥の原賢の2

A級戦犯名詞の説明

A級戦犯は、一般的には、第二次世界大戦後、国際軍事裁判のA
東条英機東条英機
級戦犯。彼らは極東国際軍事裁判所条例の第五条の定義(甲)「平和への罪はすなわち、発表宣戦のは公表しない侵略戦争や国際法、条約、協定の再違反誓いの戦争の計画、準備、から、または完成を達成するために、もし右諸行為どちらの共同の計画に参加する共謀。」によって、極東国際軍事裁判有罪判決を受け、指名は戦争犯罪人。
いわゆるA級のAは、同条例の英語arterオブtheインターナショナルMilitary Tribunalためthe Far未来年中(a)ことに由来の単純な分類ではなく、しばしば誤解されるようように指向罪の重さ。のために太平洋戦争審判に完成した軍事作戦と国家政策の指導の作用の人物、制作罪状裁判た時の徹底的にも分類上の。
また、同じような法理される裁判でニュルンベルク裁判ドイツの大きな戦争犯罪人に沿って、いわゆるA級戦犯被告と主、戦争犯罪人(主要war criminals、Hauptkriegsverbrecher)。とでは日本として重大な戦争犯罪人のA級戦犯を専門に追及された「平和の罪」の人に対して、ははドイツ主要と戦争犯罪人専門追及された「人道の罪」の人。ないドイツA級戦犯とニュルンベルク裁判被告の習慣。

A級戦犯戦犯分類

A級戦犯を有罪の「平和を破壊する、侵略戦争発動の戦犯。詳細な罪を指す:
土肥の原賢の2土肥の原賢の2
「リーダーとして、主催者、アジテーターや従犯;企画、実行計画や秘密の計画を侵略戦争発動や国際条約違反の戦争。」極東国際軍事裁判で裁判のA級戦犯容疑で起訴以上も、個別に上乗せ他の国が戦争を発動した罪。A級戦犯を決定を主に権力の軍や政府のトップに。
Bの戦犯、有罪の「戦争犯罪」は、一般には「疑惑を、許可または許容への虐待や庶民」や「わざとあるいは無謀すぎて責任を止めない暴行」。A級戦犯を同時に起訴部分を「戦争犯罪」。
丙種戦犯、有罪の「違反人道の罪」疑惑を殺害したり、多く実行虐待者。

A級戦犯戦犯リスト

A級戦犯四回ノミネート


初めて戦犯指名
1945年きゅう、く月じゅういち日逮捕命令(よんじゅう名)。主要東条内閣の閣僚が逮捕され。
東条英機 東郷茂德 太郎は島の会 贺屋兴宣
小泉親彦(1945年きゅう、く月じゅうさん日に自殺)
井野碩哉 村田省蔵 寺島健 あまり田清1
橋田邦彦(1945年きゅう、く月じゅうよん日に自殺)
飛田时雄 長内茂 三浦宗一 竹内幅 本間雅晴れ(マニラ軍事裁判で死刑判決)
鈴木薫2 岩村通世 徳田久吉 黒田重徳(マニラ軍事法廷終身刑判決)
佐々木薫 上田良武 铃木贞一
  
ナガハマ彰(マニラの軍事裁判で死刑判決)
1945年きゅう、く月21日(逮捕命令に名):土肥の原賢の2阿部信行
1945年じゅう月22日(いち名)逮捕命令:安倍源に基づく

1945年きゅう、く月じゅういち日逮捕命令(よんじゅう名)。主要東条内閣の閣僚が逮捕され。
小泉親彦(1945年きゅう、く月じゅうさん日に自殺)
橋田邦彦(1945年きゅう、く月じゅうよん日に自殺)
第2回ノミネート戦犯
1945年じゅういち月じゅうく日逮捕命令(じゅういち名)
荒木貞夫 小磯国昭 松岡洋右 松井石根 南次郎 本当に何三郎崎
白鸟敏夫 鹿子木員の手紙 久原房之助 葛生が長い 本庄繁(1945年じゅういち月にじゅう日に自殺)

第三次戦犯指名
1945年じゅうに月2日に逮捕命令(59名)
畑俊六 平沼騏一郎 広田 星野直樹 大川周明 佐藤贤ました
鲇川义介 天羽英二 安藤纪三郎 靑木男 有马赖宁 藤原银次郎
郷古洁 後藤文夫 秦彦三郎 本多熊太郎 古野伊愛之助 井田磐楠
池田成彬 池崎忠孝 石田乙五郎 石原広い一郎 川に正三
菊池武夫 木下栄市 小林顺一郎 小林のぼる造 児玉誉士夫氏 松阪広政
水野錬太郎 長友次男 久平は中島のお知らせ 中村明人 牟田口廉も 梨本宫守正王
西尾寿造 岡田部長景 大倉邦彦 大野広一 あまり田耕造 あまり田正孝
桜井兵五郎 笹川良一 下村宏 塩野季彦 高橋三吉
四王日延孝 多田駿 高地茂も 谷正之 徳富蘇峰 松太郎が力
豊田副武 津田信吾 後宮淳 横山雄大 納見敏郎
  

第4回戦犯ノミネート:1945年じゅうに月ろく日逮捕命令(きゅう、く名)。国際検察局(IPS)追加逮捕。
木戸幸一 大島浩 酒井忠が 大河内正敏 近衛文麿(1945年じゅうに月じゅうろく日に自殺)
緒方竹虎 大は茂雄 伍堂卓賀 須磨弥吉郎
  
1946年さん月じゅうろく日逮捕命令(いち名):永野修身
1946年よんしよ月ななしち日逮捕命令(いち名):岡田敬纯
1946年よんしよ月29日(逮捕命令に名):梅津美治郎重光葵

1946年さん月じゅうろく日逮捕命令(いち名):永野修身
1946年よんしよ月ななしち日逮捕命令(いち名):岡田敬纯
1946年よんしよ月29日(逮捕命令に名):梅津美治郎重光葵
他:板垣徴四郎木村兵太郎武藤章外地で逮捕。橋本欣五郎国内では単独で逮捕。

A級戦犯外国のリスト

1945年きゅう、く月じゅういち日に逮捕命令(じゅうご名)
テイオ・シモンと(日本占領中の在日ビルマ国大使)、昂山(ミャンマー大使館陸軍武官ミャンマー独立軍組織者)、ホセ・パシ外相アーノ·ローレル(日本占領中フィリピン大統領)、贝尼尼奥・アキノ1世(フィリピン国民会議議長は、現フィリピン大統領贝尼尼奥・アキノ三世祖父は)、ホ-ルのゲリラ・ヴィルンガァ-ガンダム的(在日フィリピン大使)、ワンダーカとウエノチー・西川様・ライト(在日タイ大使)、チャンドラ・ボース(インド独立運動家、亜裏に安仁義勇軍リーダー)。
アルフレート·フォン·グラム雷奇默尔(在日ドイツ大使)、アルフレッド·フォン·グラム雷奇默尔(ドイツ大使館武官・陸軍中将)、ヨセンターゼ.・タマイジャンプとガンダムセンター(ドイツ大使館付警察武官)ジャンプチョン形アス・パンデビット的的便。(東京)無線オランダ語アナウンサー)、リーリー・アイ·ベル名簿(東京無線ドイツ語アナウンサー)、チャー-ズ・H・ロック·サイ的(東京・オーストラリアとラジオのアナウンサー・少佐、捕虜)、ジャンプチョン・ポニョとローランド(上海ラジオ・オーストラリアアナウンサー)東京のバラ戸栗鬱子(東京放送原稿員・アメリカ人)

A級戦犯最終的には裁判

極東国際軍事裁判裁判のA級戦犯のリスト荒木貞夫板垣徴四郎梅津美治郎大川周明大島浩岡田敬纯贺屋兴宣木戸幸一木村兵太郎小磯国昭佐藤贤ました重光葵太郎は島の会白鸟敏夫铃木贞一東郷茂德東条英機土肥の原賢の2永野修身橋本欣五郎畑俊六平沼騏一郎広田星野直樹松井石根松岡洋右南次郎武藤章上記の28人、1946年よんしよ月29日に起訴される。

A級戦犯最終結果

供え靖国神社の中の日本の戦犯たち供え靖国神社の中の日本の戦犯たち
1948年じゅういち月じゅうに日、東京裁判最終審の判決。
縛り首:
(1948年じゅうに月23日執行):板垣徴四郎木村兵太郎土肥の原賢の2東条英機広田松井石根武藤章
終身刑:
荒木貞夫梅津美治郎大島浩岡田敬纯贺屋兴宣木戸幸一小磯国昭佐藤贤ました太郎は島の会白鸟敏夫铃木贞一南次郎橋本欣五郎畑俊六平沼騏一郎星野直樹
懲役:
重光葵(ななしち年)、東郷茂德(にじゅう年)、
判決前に病死して:
永野修身(1947年いち月ご日)、松岡洋右1946年にろく月27日)、
免除追訴:
大川周明梅毒の引き起こす精神異常で追訴)が免除される
靖国神社に合祀者:
1978年、靖国神社以下のじゅうよん人「昭和時代の殉難者」を合祀する:板垣徴四郎梅津美治郎木村兵太郎小磯国昭白鸟敏夫土肥の原賢の2東郷茂德東条英機永野修身平沼騏一郎広田松井石根松岡洋右武藤章