昭和天皇

昭和天皇(1901年よんしよ月29日- 1989年いち月ななしち日)は、日本の第124代天皇(1926年- 1989年在位)、本名裕仁称号迪宮は日本で最も長寿や在位時期の最も長い日本の天皇は、政権に63年。
昭和天皇
裕仁1901年生まれ東京は、大正天皇嘉仁の長男。1914年学習院初等科卒業後、東宮学問所読書。1916年じゅういち月に立って皇太子。大正十年(1921年)の父が大正天皇の病気により就任摂政王。大正15年(1926年)は、大正天皇即位に病気で逝去、裕仁日本新学期天皇とし、「尚書』の中の「百姓昭明、協和万邦」改元昭和。在位期間、指揮者と日本の中国侵略戦争発動と相次いで企画太平洋戦争侵略と踏みにじる、中国や東南アジアや太平洋に十数カ国を招き、数千万の人民の死。1945年はち月リリース「終戦の詔書」代表日本帝国同盟国無条件降伏。アメリカ干渉で、戦後に免除した裁判、天皇制保留を得る。戦後の治世の日本の高度経済成長を促し、神武景気。彼は生物分類学研究発表『相模灣産後鰓類図鑑』、『相模灣産ホヤ類図鑑』や『那須植物誌』などの著作。1989年いち月ななしち日、子宮十二指腸がんで東京、88歳で。翌日に皇太子明仁すなわち日皇位に変わって、元号「平成」は、昭和時代に幕を下ろす。

昭和天皇人物の経験

昭和天皇少年時代

裕仁生まれ明治34年(1901年)よんしよ月29日夜じゅう時じゅう分、父は皇太子明宫嘉仁親王(後大正天皇)。明治天皇この孫かわいがって、本日はすぐ命令宮内の御用文人を皇孙名前と号。最初の名が三人、裕仁雍仁
1902年の裕仁1902年の裕仁
及び穆仁、号は迪宫和谦宮。最後に、古い天皇自らを、選択した裕仁と迪宮、それぞれその名と号。
裕仁の父は大正天皇、小さいときから病気がちで、心身の発達が、生涯は病に困ってい。そして裕仁幼時は父の遺伝の欠点(継承日本の皇室孝明天皇その後、天皇の皇公卿の配偶者でなければならない「五摂家」が选んだ。このあまりにも狭い連れ添う範囲は、多くの場合に劣る性遺伝の可能性。類似の情況が現れたのヨーロッパハプスブルク家)。明治41年(1908年)の裕仁ろく歳入学のとき、見つかった右手の指が活動するのが不便で、疑われるのは遺伝の産物で、その課程の中の美術と音楽の2つを放棄するために追い込まれ。は指の問題のほか、裕仁も先天近視の欠点は、小さいころからずっと補正、効果がない。
としてのが軍国主義思想の国の準皇儲、裕仁小さい頃から意識的に育成され尚武の性格。生まれたばかりななじゅうその日で、裏で海軍中将川村純義の家に四年にわたる。ろく歳の時、裕仁が入った「皇室」学習院の院長は日露戦争の中の「肉弾将軍」乃木希典陆軍大将。明治天皇自ら指示乃木努力は裕仁養成を「質実質実剛健」のやから。この教育の下、裕仁は小さいときから種をあがめ尊んれ武力の禍根、そして自分も乃木極を尊敬し、いつも「院長閣下」。大概はこの頃から、裕仁から脱した人に「病弱」印象を開始に向けて、彼の祖父が見習う。
明治45年(1912年)ななしち月さんじゅう日、明治天皇「崩御」、いわゆる崩御、嘉仁親王となった大正天皇即位になり、裕仁
1919年の裕仁軍服を着て1919年の裕仁軍服を着て
た皇太子。つまり、明治天皇が正式に大葬の2日前、乃木希典突然にお目にかかり裕仁。差し上げる時を陸海少尉の裕仁から山鹿素行著『中朝事実』と『日本帝国史』。二日後、乃木とその妻がそろって自殺する赤坂家には明治天皇殉死。この事件に幼い裕仁に与えた刺激。祖父の死と「先生」の自殺させ、が極めてしまって、よく左右から舎て供に、次第に無言の生物学から興味。それが亡くなったとき、宮内の「生物学御研究所」の中で、まだ殘っている裕仁幼年採集のご大様々な標本箱。大正三年(1914年)、学習院初等科から卒業の裕仁運ばれ、すぐさま「東宮御学問所」の勉強を続けたななしち年。「東宮御学問所」の社長はもう一人が乃木も勝るとも劣らない人物である東郷平八郎海軍大将。そこで裕仁また引き戻された軍国主義の道の上に。
大正7年(1918年)に「御学問院」第4の春秋過ごしたのは、じゅうななじゅうしち歳の裕仁靑年期に入った、彼の結婚の事も犬が西向きや尾は東に提出。久弥宫良子内定皇太子妃この年、計画は完婚。しかし当日権を握ることの元老級の人物山県有朋は、良子の母を色盲として、この門の結婚には反対だと良子の家族遺伝不振。結果をこの場に結婚騒動、互いに譲らないのはまるまる騒ぎ一年半の間に、最終的には、やはり裕仁力排众议めとっ良子を妻(といっても、ヨーロッパ旅の行程を訪問し、緊密だが、裕仁は自ら自分の未来内定の妻良子を选びました真珠のネックレス、つもり帰国とその成婚。しかし、これはまだ本当に結婚は多難。欧行後2ヶ月、大正天皇が病気裕仁始めた摂政大局、司会、結婚式を延期。しかしその後、皇族最年長者東伏見宫依仁親王亡くなった結婚延期、再び1921年末のじゅうに月いち日。しかしその後、また起きた「関東大震災この国難縁談は延期、結果は大正じゅうさん年(1924年いち月26日)に、やっと正式に結婚式を挙げる。そして山県有朋は今回の事件を迫られて下野。しかし、その後裕仁すぐに入った多事多難の時。

昭和天皇東宮行啓

大正じゅう年(1921年)、裕仁剛満にじゅうの時からそのに一年のヨーロッパの旅。これが決まったばかりの裕仁の時、貞明皇後恐れ安全問題に反対し、裕仁苦労が口を説得。今回の訪問は主に訪問イギリス、フランス、オランダ、イタリアより、ご国。さん月さん日、裕仁一行搭乗「香取号」の軍艦启碇、香港経由で、シンガポール(シンガポール彼はまだ、皇室特権歩行探測たイギリス軍の防御工事を突破し、第二次世界大戦の日本軍の要塞の準備)、コロンボアテネ地中海月に到着し、ごななしち日イギリスポーツマス港。戦後のヨーロッパ、何もなかった、選択立憲君主の先輩イギリスを訪問、すこぶる一部裕仁卒業旅行に加えて、実地の味。当日は英王ジョージ五世自らロンドン駅へ迎え皇太子としての裕仁。後日裕仁かつてこんな思い出、「当時イギリス王室で、大部分は私と同世代で、生の中には。まるで僕が「第二の家庭」の感じ。特に英王ジョージ五世、自ら私と語り合う指導に関する立憲君主の下の君主の概念。」
しかし、裕仁の時はパリで騒いでいた笑い話。その当時お忍び、生まれて初めて自分でお金を払って切符を買って、独りでパリ地下鉄に乗って。晩年にその事を話すと、自分もまだまだ失笑を禁じえない、「当時初めて地下鉄に乗って、どんな手続きも知らないで、金がないきつく握っ券、ブレーキの時に改札係は票でパンチ、結果は私に深く彼を恐れて緊張され、切符を握って放さない、双方は繰り返しおしゃべりを数分、結局君に改札員は激怒。この切符もずっと保存している。」
訪問期間中、裕仁は勉強だけではなく、西洋の政治構造、また軍事を表現するのに関心を何度も訪問した戦の時期の歴史の遺伝
1921年に訪問イギリス首相とロイド・ジョージ写真1921年に訪問イギリス首相とロイド・ジョージ写真
跡。当時のフランス将軍たちはこの年近いにじゅう歳の太子の表現では軍事の程度を与えて称賛に精通する。わざわざ行った裕仁自分ナポレオン墓地の所在地荣军院訪問し、持ち帰ったナポレオンの胸像を並べ、その後自分書房内(戦後多くが一つリンカーン像で、後に並べたダーウィン像)。つまり、今回の旅では、ヨーロッパ接見した十数人の日本駐在の武官を獲得し永田铁山小畑敏四郎冈村宁次をはじめとする日本の靑年将校の忠誠を誓い、彼はこれらの人はスタッフに軍が行われた元老権力を奪うの行動。
アクセスヴェルダンの時、裕仁武装した姿に尊大砲の砲管の上に、一枚のぬくぬくとした表情で、その尚武の心が垣間見える。
1923年よんしよ月じゅうろく日は、台灣総督田健治郎皇太子ご身分搭乗軍艦招待「金剛号」台灣訪問じゅうに日間、特制の台鉄
1923年騎兵は台灣総督府前裕仁を迎える1923年騎兵は台灣総督府前裕仁を迎える
山車として交通機関、行程遍及基隆、台北、新竹、台中、台南、高雄、澎湖など。日本の役人を待ちかまえて駐台、歓迎牌楼、南北各地に建設する豪華行馆、例えば「金瓜石太子ホテル」、「山草陽明山行馆」、「菁桐太子ホテル」、「高雄寿山館」、「板山太子ホテル」など、これらの行馆及びその訪れ地、すべてを受け適切な保存及びメンテナンス。惟寿山館は取り壊され、遺跡は今国立中山大学の校内範囲。

昭和天皇軍戎の生涯

大元帥陛下
1926年まで、「病気缶」大正ついに「崩御」、裕仁日本第124世代の天皇、改元昭和。継承大統先生の裕仁良子は先に
1924年と妻の写真1924年と妻の写真
後は産まれた写真宫成子、長く宫佑子などのよんしよ「内親王いわゆる姫。男の子孫がないため相続人となる、朝中始めた天皇をなだめてもう納側室これに対し、裕仁はとても糸瓜の皮とも思わず「朕兄弟でも、たとえ自分は皇子、何の問題もない。」昭和はち年(1933年)じゅうに月23日、裕仁と良子ようやく自分の息子に続いていた明仁、確かにいる皇室の面倒。
昭和さん年(1928年)、張作霖「言うことを聞かない」として受け関東軍暗殺。同じ年ろく月、裕仁旅でもあった「計画暗殺未遂ラジカル」。結局、この二つの事を誘発した当時、野党の日本の政党の中で反発が攻撃田中内閣。この年ななしち月裕仁公開指摘に対し、結果田中義一内閣が辞任に追い込まれ。張作霖爆死事件では、当時の内閣裕仁叱るが、1932年春、溥儀支援をされる満州国偽皇帝後、裕仁はもうないかに「军略」の皇帝、当時自ら攻略の東北三省将勲章授与。彼が知っ関東軍突破万里の長城後、おそらく列強の干渉にならないよう、関東軍越界攻撃命令。関東軍司令武藤信義矛を収めるにしか、侍従長本庄繁陸軍大臣荒木貞夫保証拡大できない戦線後彼が第二次万里の長城承認を越えて。その後、上海事変について「上海で、戦域作をある程度の制限を防ぐため、事件の拡大によって……これは参謀本部奉勅命令のためではなく、私はわざわざ命令白川拡大紛争がない。」1935年きゅう、く月、裕仁事を構えるのうちに陸軍参謀長閑院宮負荷仁親王上奏、軍部勢力膨張業を煮やすすぎ、「伝林铣十郎来!時局の問題については、軍部は、特に陸軍省、陸軍大臣に任せ、もし部下に振り回さじゃない
1934年の靖国神社参拝1934年の靖国神社参拝
下克上いけない?!」彼は宮中で開設命令大学の寮大川周明研修の靑年将校らの思想を図る軍は自分が握って。彼は起用閑院宫载仁親王と伏見宫博恭王マスター陸海空両軍が、皇族の軍人の勢力をつり上げてこれまでになく高さ(負荷親王後罷免陸軍皇道派将校博恭王は洗浄した海軍の軍政派)。昭和じゅういち年(1936年)ろく月、裕仁は更には発表した勲章「勲記」に「日本国の天皇」に変更に「大日本帝国皇帝」、その野心の膨張を覗いてもも。
同様に、1936年のいわゆる皇道派統制派対立する中、も現れた裕仁の、軍部のコントロール能力。二・二六事件皇道派陸軍士官は「打破体制」を呼びかけ、発動した軍事クーデター。1400人以上の反乱に月26日早朝、行動を始めて、占領国会を襲った曲相府など重要な地域。裕仁事件爆発よんじゅう分後に報告を受け、すぐに着替えるの軍服を召す陸軍大臣弾圧、命令。
当時の陸軍大臣川島義の答えは、「ください陛下上司を将校の行為は完全に忠誠報国のご希望の赤誠、陛下。」裕仁が聞いた後に、機を叩いて、情熱は「ほっといて彼らの精神は何、こんなむちゃを早急に弾圧、早く!」翌日になると午後よんしよ時、海軍第1艦隊の「エース」長門号の戦艦裕仁の直接指令を受けて入ってきて東京灣、主炮を向けた反乱軍占領された国会。陸軍の弾圧に直面してぐずぐずして動かないで、結果は裕仁この武官が叫んで、自ら「まさか私を連れて近衛師団彼らを弾圧するか?!」結果として今回反乱ついに29日午後を平定し、反乱軍投降に終わった。
中国侵略戦争発動
1937年ななしち月ななしち日、日本が発動した世界を驚かせた盧溝橋事件にはち年の日中戦争の始まり。が人称裕仁を軍部の奇怪な
1938年視察軍1938年視察軍
儡、理由は彼はこれに反対した軍部の任意の提案が、これは完全にそのことを。実は軍部のいかなる提案で彼を前にして内大臣木戸幸一彼の審査をしたくないの決議を執行不可能に送られて天皇室に来て。しかも彼は掌握した軍部の人事を握って、彼が不可能に陸軍首脳、例えば彼は皇派の嫌いな道本当に何三郎崎少壮将校と接触過密、裕仁彼は会社を辞めた暗示程度、でも本当に崎は抵抗しようとして、結果はでき免職され。裕仁のコメントによると、こいつは少し常識もない。日中戦争が勃発する。日本当時陸軍大臣杉山元自信たっぷりに「中国の裕仁ど一ヶ月内に可能終瞭」が、中国軍が撤退華北のが早くて、決戦未遂後指示、「要塞地区集中大量兵力圧倒的な打撃を実施しないほうが良いのですか?」そこで日本兵力は上海の近くに移動を開始。中国軍の防御を突破した後、彼は放縦朝香宫鳩彦王大量殺戮南京、製造したショッキングな南京大虐殺
1937年じゅうに月じゅうよん日、裕仁直接言いつける:「中支那方面陸海軍の各部隊は上海戦う勇猛果敢に近く続いて、、(中国)の首都南京陥落して、私はとても満足して。このむねに伝える全体は将兵たち。」翌日の『東京日日新聞」の報道によると:「南京攻略に際し、天皇陛下に考えて陸海軍将兵の苦労を与え、特にほめそしての下に詔慰問。天皇専門召見久しぶり(日本軍)の総参謀長閑院軍令部総長、伏見2官。」じゅうよん日午後いち時。大本営陆海軍が告示は天皇の直接言いつける通報全体支那派遣軍将兵。
1938年、冈村宁次東久邇宮稔彦王攻略漢口、中国の奥地深く。中国が泥沼に陥ったさん年後、彼とは思わない
1943年視察軍1943年視察軍
自分の判断ミスどころか、愚痴をこぼし始めみなさん分析を過小評価しては中国を徴服することが難しい。裕仁甚だしきに至ってはひそかに当時の首相批判近衛文麿:近衛在任時、のように少しも用意が戦争になって私たちを、彼は阿部信行組閣の時で、自ら指令陸軍大臣から梅津美治郎あるいは侍従長畑俊六選ぶ。
1939年じゅういち月はち日、中国?期間はど、富士山近くに検閲近衛師団激励の士気、逝く。1940年ご月じゅうななじゅうしち日、裕仁天皇の親の甥、華北5省特務機税関長吉川贞佐少将が河南の開封された特務組織のスパイ暗殺。
太平洋戦争
1941年2月にさん日に直面して、ドイツヨーロッパ大陸での勝利、日本政府に提出した『帝国をインド支那、タイ実施要綱、裕仁説:「私は自分の原則を好きではない足下を見てつけ上がる要求しで、いわゆる火強奪することですが、今日の世界の大変動に直面して、もしに宋襄公の仁の結果も悪い。」
1941年発動太平洋戦争特に対米開戦前夜、彼の本当の考えは「日本一本を持って長年培ってきた陸海軍精鋭部
1943年会議を開催1943年会議を開催
チームは、肝心な時にそれを許すならないが台頭し、そんなに時間が経つにつれて、石油がだんだん枯れ、艦隊が開いていない、もし人造石油に対し補給できるなら、日本の産業がほぼ全てを壊すの。そうすれば、亡国、そうすると、もし理不尽な要求を出して、無条件降伏。国は滅びる。」この説明は彼は鉄心の準備が開戦する。しかし彼はまた心配してもし戦争に失敗し、皇室はまきぞえにする、皇族の海を務める陸軍2総長辞任に置き換え、杉山元と永野修身を海陸軍総長。杉山元保証「百日以内で告捷」。裕仁反問どは「中国はまだ解決されますか?あの太平洋じゃ中国よりもっと大きいですか?」軍令部永野修身横から弁解、重症患者のようにしか対応して手術を受け九死に一生を得る。裕仁やはり気がかりはリスクが大きいから、同意しない皇族内閣準備して万一戦争やって失败すること、実際にも失敗の後でやっと組織東久邇稔彦皇族内閣を収拾。彼に逆転東条英機後任総理は満足して、理由は東条できました戦争準備。東条後に裁判の時に口を滑らせた。東条は彼が知っているし、全体の日本軍がなければ、人は大胆に天皇の意誌に、こうした考えはすべてでたらめな。人は不可能と神に対抗する。天皇も一つ小さな暗示、十分に軍部が苦心して推測聖意どうした。開戦の最後に、裕仁詠ん彼の祖父が日露開戦前の決心の詩「四海全て兄弟、何の縁起の騒ぎ。」対米開戦を承認しました。真珠灣攻撃、裕仁も手がけて海軍軍令部長に永野質問。「海軍いつ出撃しますか?」「じゅうに月はち日。」「それじゃ月曜日」「ハワイ時間はちょうど日曜日。」「あの朕は安心できました。」
1941年裕仁家の写真1941年裕仁家の写真
を経て初戦の重傷をアメリカ海軍真珠灣を横領した東南アジア後の輝かしい勝利した後、日本軍はミッドウェー惨敗のニュースが裕仁だった、その不安については、「現在の戦局楽観にくい、いったん失った制空権が切断される各個撃破危険。私の陸海軍は、負けた、米軍のあまり軽視。」昭和じゅうく年(1944年)の新設軍需省、飛行機での生産量は年間ご万台を目指す。しかし、裕仁時局にもいくらかは比較的に認識し、「陸海軍はいつも協調、万が一何か意外な必然弱みの怨霊。ご口は重宝手は宝万機?たぶん一万台はすべては難しいでしょうか。軍部はこの目標には問題があるかもしれません本当に。」とはいえ、しかしを意味しない裕仁があるような「天使」のように使わない戦争責任。西南太平洋崩壊後、彼は絶えず日本軍は士気を促しした結果は、日本軍が発動した一号作戦を貫通する大陸交通線。フィリピン決戦であり、彼は不明実際、信じる海軍台灣海空戦勝利の偽情報参謀、命令瀬島龙三決戦の場所をフィリピンから変更レイテ島結果、空前の惨敗。海軍にその報告書が「神風攻撃」との報に、すぐによると、「非のようにできないか?でもいい。」1945年よんしよ月沖縄戦期間中、衝気が遠くなった頭の裕仁問海軍軍令部長及川古志郎「ないもの、海軍軍艦ましたか?」追い込ん海軍早くやった「大和」号自殺突撃。

昭和天皇敗戦

どを締めつけるとともに、裕仁はもっと関心からその自分の運命、つまり日本の天皇制得を保留していただけませんか。
1945年さん月じゅうはち日、裕仁見回りを米軍大空襲後の東京の市街地では、と、その惨状尤勝当時の「関東大震災」。米
1946年に署名し日本国憲法1946年に署名し日本国憲法
軍は広島、長崎に原爆を投下した後、裕仁やっと気づいたのに負けているかも。はち月できゅう、く日午後じゅういち時ごじゅう分緊急は防空壕で開かれた御前会議、同意外務大臣の意見:降伏。
裕さん、当時の首相鈴木貫太郎日本の降伏を主張する。委員会で、政治的、軍事的メンバーは降伏しないかどうかの意見が一緻したが、首相は要求天皇最終判断する。
1945年はち月じゅうよん日朝、最後の御前会議で、裕仁特別を着た陸軍元帥服、左胸を帯びている象徴皇室の菊勲章、是非に及ばない;癩者の瘡恨みに降伏を同意ポツダム公告。決意の理由として終戦、天皇は独白録に挙げて以下の2第1、このままでは、日本民族が終わったのであって、私は赤子を保護することができない。第二に、守る国体その点、木戸も私の意見と同じ、もし敵は伊勢灣付近に上陸し、伊勢、熱田神宮すぐに2敵の制御下で間に合わない移転神器にしたら、彼らの希望を確保し、難しい守る国体ました。だから、当時の私は、犠牲にしても、きっと講和。つまり、推定守三種の神器に住んでいる伊勢神宮の八咫の鏡と熱田神宮草剃剣は望めない決意停戦の理由は。中でも「無条件降伏」が掛る条件:廃止しない天皇。彼は断固として反対し降伏の前侍従官、現陸軍大臣アナン惟数と言って、あなたは安心して、私が把握し国体。結果阿南しか自殺。その後、NHKに録音した裕仁降伏の公告。全体の録音をさんじゅう分、場所は皇居の輸入ホール。結果裕仁期間読み誤りや念誤多くの所、第三回までやっと合格。翌日、また起きたシーンを録音過激な茶番。しかしそのいわゆる「御音放送」の降伏詔書やはり録音が放送。このラジオと呼ばれる「玉音放送」、中国語の「文言を大量に使用する終戦の詔書多くの日本の平民》によって具体的に理解できないラジオの内容。彼には触れていない降伏や日本負けますとしてもこの戦争は、彼は、世界情勢に大きな変化が起きた、彼の要求臣民「耐え難きを耐え現実。」初耳で「鶴の音」は、多くの人が大声で泣き出した。

昭和天皇戦後の生活

戦後、ソビエト連邦などを含めた国の要求を安定アメリカ廃止天皇が、戦後東アジアの情勢を築ける必要があり、反共産主義の経済強国で、天皇がなければ、日本国内の秩序は協力が難しいので、前に日本は長期推進神話天皇、効忠天皇の教育、天皇はすでに多くの日本人の心の精神的支柱。だから、アメリカ戦略に必要、ダグラス・マッカーサー将軍や他の閣僚共同によると、裕仁第二次世界大戦はマイナスの主要な責任。この観点は日本人民の大きな歓迎。
1946年の元日、裕仁発布《人間宣言』否定していた天皇の神聖な地位を認め、自分と庶民にも人と同じではなく、神 。アメリカ日本を占領した後、ダグラス・マッカーサーは実際のコントロールが日本統治権の人。彼の介入の下、1947年、新たな「日本国憲法として、国の象徴天皇を提出し、最高統治権帰人民所有、本当に実行立憲民主。しかし実際に日本で「天皇」は日本の政界の影響はまだ巨大な。
1989年いち月ななしち日(昭和64年)午前ななしち時55分、日本政府の正式発表する「天皇崩御」公告。
子宮十二指腸がんで東京、88歳で。亡くなった後は皇太子明仁後任の天皇、定年号「平成」。

昭和天皇人物の年表

1901年よんしよ月29日生まれ、大日本帝国東京府東京市。立を皇太は孫乃木希典東郷平八郎厳しい教育。
1916年、立を皇太子。
1919年、成年礼
1921年、訪問ヨーロッパ(イギリス、ベルギー、ドイツ、オランダ、イタリア)。
1921年じゅういち月25日から摂政
1923年、台灣訪問、史「東宮行啓」。
1924年と、良子女王結婚。
1926年じゅうに月25日、大正天皇即位に病死した後。
1928年じゅういち月じゅう日、京都で即位大。
1933年じゅうに月23日、継宮明仁親王(今に天皇)が生まれて。
1935年じゅういち月28日、義宫正仁親王誕生。
1945年はち月じゅうご日、代表日本国発表したのは第二次世界大戦中無条件降伏
1946年いち月いち日発表され、『人間宣言』公開放棄神権。
1946年じゅういち月さん日、署名『日本国憲法』。
1959年よんしよ月じゅう日、出席する皇太子明仁と下町娘正田美智子の結婚式。
1975年きゅう、く月さんじゅう日、訪問アメリカ。
1976年じゅういち月じゅう日、即位50週年を祝う。
1988年きゅう、く月じゅうく日が、病気、明仁知る裕仁肺がん。
1989年いち月ななしち日午前ろく時33分、子宮十二指腸がん東京では88歳で。
1989年2月24日に、新宿御苑内の葬式。後葬于東京都八王子市本家町武蔵野陵。
1947年広島を訪問する1947年広島を訪問する

昭和天皇政治の罪

昭和天皇全面侵略

1937年ななしち月ななしち日、日本が発動した世界を驚かせ、「盧溝橋事件」にはち年の全面的な侵略戦争の始まり。日本軍の侵略と略奪資源の中国の財産、深刻な、中国の主権侵害を破壊して、深刻に分裂した中国、中国国家の統一の程度抗日戦争時期は大きく弱体化し、3500万人の中国人による民衆の死傷の戦争犯罪。
1936年奉裕仁勅令建立731部隊(化学と細菌戦部隊)。
1940年公布裕仁は新しい勅令、3000人部隊に拡充し、主要基地はアムール川肇东県、黒龍江省の五常で取れる県移しハルビン南郊の平屋町。

昭和天皇靖国神社

1952年~1975年、日本の昭和天皇は8度参拝靖国神社
1975年に参加しアメリカ大統領フォードの国賓1975年に参加しアメリカ大統領フォードの国賓
1978年、靖国神社に合祀A級戦犯の後、もう参拝に行く。
日本経済新聞報道(2006年ななしち月にじゅう日)昔宮内庁長官冨田朝彦の遺品のノートの中で発見して、昭和天皇に冨田は、彼が合祀やり方なので、参拝中止を。
前の宮内庁長官冨田朝彦遺品の中に、発見20ノートを殘して昭和天皇の語録のうち、昭和天皇の逝去前一年、1988年よんしよ月28日ノートに、記載について昭和が靖国神社の見方。
昭和天皇が当時は「靖国神社のつくば宮司(祭司)処理を合祀問題は慎重に着替えて、しかし松平庆民宮内大臣を務める長男・平永芳宮司の後、彼はまったく知らない彼の父親が平和を愛すると思って、すぐさま決定を合祀するので、それからはもう靖国参拝それは私の信念。」
ノートにも記載昭和天皇は当時よんしよ月29日の誕生日の記者会見で、質問され、大戦見方。昭和と、いくら言っても一番よくない思い出は大戦。後の昭和に冨田は、戦争への感想を聞かれた時、私を表現したい一心嫌い戦争の気持ち。
1983年アメリカ大統領レーガン訪日を歓迎する1983年アメリカ大統領レーガン訪日を歓迎する
しかし資料の統計によると、戦争の時期に昭和天皇じゅうはち回靖国神社を参拝。
1944年よんしよ月25日、昭和天皇の軍服を着て東条英機らに靖国神社、軍部の将を迎える行列。

昭和天皇家族

昭和天皇親

父: 大正天皇
母親: 貞明皇後

昭和天皇妻子

皇後(幼い日照宮)に生まれ、盛厚降嫁東久邇。
1927年きゅう、く月じゅう日次女久宫佑子内親王が生まれ、1928年に亡くなった。
1929年きゅう、く月さんじゅう日三女鷹司和子(幼い日孝宮)に生まれ、司平降嫁鷹通。
1931年さん月ななしち日4女池田厚子(幼い日順宮)に生まれ、降嫁池田隆政。
1933年じゅうに月23日の長男明仁天皇(幼い日継宮)に生まれ、結婚が田美智子
1935年じゅういち月28日次男よく陆宫正仁親王(幼い日義宮)に生まれ、尾張華子をめとる。
1939年さん月2日に五女島津貴子(幼い日清宮)に生まれ、島津久永降嫁。

昭和天皇兄弟

弟淳宮雍仁親王-秩父宮
3番目が仕返し光宮宣仁親王-高松宮
四弟澄宮崇仁親王-三笠宮

昭和天皇人物評価

裕仁大正十年(1921年)の父が大正天皇の病気により就任摂政、大正15年(1926年)に即位し、「尚書』
陵墓陵墓
の中で「百姓昭明、協和万邦」の文改元昭和。その在位期間経験第二回日中戦争と第二次世界大戦、戦後に新憲法を政治の実権は、日本の国としての国民との象徴である。は神話の中の天皇の以外、彼は歴代天皇の中で最長寿最高と享受者であり、現在のグローバル在位期間第七長の国家元首。

昭和天皇エピソード故事

昭和天皇ほとんど廃する

日本のメディアの報道によると、1936年に日本で発生した「二・二六事件」では、クーデター軍人と思った支援裕仁の弟である雍仁代わりに裕仁。これより裏づけが当時の日本の実質支配者は「天皇」。
雍仁は日本大正天皇日本の次男、親王。1922年日本陸軍少尉として参加する陸軍。1935年はち月に任命された第八師
1971年アメリカ大統領とニクソン会話1971年アメリカ大統領とニクソン会話
団の少佐大隊長。彼は長い間日本陸軍の中の皇道派(日本軍に熱狂するファシズム派閥の一つ)少壮将校同情態度を持って、皇派を支持と要求民選政府、加速実行国法西斯化と積極的な準備に蘇開戦などの主張。1936年2月に26日未明、東京の駐留1400数名の日本の軍人の突然の襲撃にねじ込み、彼らと呼ばれる「奸臣」の政府の要人住宅、内大臣、教育総監、大蔵大臣ら遭難、裕仁天皇の侍従長鈴木貫太郎もう少しで殺されても反乱軍。
クーデター当日、任第8師団少佐大隊長の雍仁正準備から列車に乗って東京へ向かう駐屯地。この敏感な時、雍仁のこの挙動はとても異常。そして同時に、クーデターを打ち出した軍人公然「わが領袖は秩父宮(つまり雍仁)」の旗。
裕仁上記のニュースの後、事態の深刻さを感じ、まず宮内省派東京大学有名な右翼歴史教授、かつて秩父宮を言った2年『日本政治史』の平泉澄に迎撃雍仁。そして自分の警官隊を忠実にすぐ命令駅へ向かう列車到着――東京上野駅、すぐに列車秩父宮は大批の警官隊は「護送」の下に持ち込まれた皇居、反乱軍と隔離。こんなに会い情勢、秩父宮はないが、同日夜の一つとしての兄、服従の天皇の保証。やがて、「二・二六事件」は収まり、軍事法廷は「未承認を無断で天皇で自動皇軍の罪」をじゅうななじゅうしち名反乱将校に死刑判決。

昭和天皇責任は問わない

アメリカと自分自身の利益のために効果的に考えて同盟国日本を制御するアメリカ決定で日本の天皇の裕仁を問わない戦争の責任で、起訴や逮捕。
最後に、日本の天皇は戦争犯罪を正義の裁判とともに、23名を高級将校の皇族親王保護を受け、全不起訴。