中国共産党

中国共産党は、略称中共に設立され、1921年ななしち月、1949年じゅう月今を代表して労働者階級指導労農同盟と統一戦線、中国大陸で実行人民民主独裁の中華人民共和国唯一与党。中国の労働者階級の前衛部隊、中国の社会主義事業の指導的中核、中国各民族人民の利益の代表者。中国共産党はマルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、「三つの代表」という重要な思想と科学発展観を自分の行動の指針として、最終の目的は、共産主義の社会制度。
中国共産党

中国共産党基本の紹介

中国共産党は中国労働者階級の前衛と同時に、中国人民と中華民族の前衛部隊であり、中国の特色のある社会主義事業の指導的中核で、中国を代表する先進的な生産力の発展の要求を代表し、中国の先進的な文化の前進方向、代表は中国には最も広範な人民の根本的利益。党の最高の理想と最終の実現を目指して共産主義。年経って国共内戦中国共産党は中国大陸と大多数の沿海島を全面的に勝利し、率いる中国人民解放軍倒す中華民国国軍強制的に中華民国政府退守台澎金馬し、1949年北京実行する社会主義制度の中華人民共和国。
基本情報
中国共産党の党旗中国共産党の党旗
創建時間:1921年ななしち月23日
建党記念日:ななしち月いち日
地点:中国上海作成
現総書記:習近平
現中央政治局常務委員:習、李克強张德江兪正声刘云山王岐山张高丽

中国共産党設立過程

中国共産党共産主義グループの確立

中国共産党の一番早い組織は上海でまずの建立。1920年はち月、上海共産党早期組織が正式に発足。参加者陳独秀李汉俊リッター氏が陈望道俞秀松など、陳独秀任書記。上海共産党早期組織設立後、実は各地立党活動の連絡センター、中国共産党による組の重要な役割を。
1920年じゅう月から李大钊张申府张国焘発起設立さん人北京共産党早期組織、李大钊責任者。罗章龙刘仁静邓中夏高君宇何孟雄缪伯英范鸿劼张太雷など先後に参加して、メンバーのほとんどは北京大学マルクスの学説研究会の幹部。
1920年秋、董必武陈潭秋包惠僧など、武昌秘密会議を開き、正式に設立武漢共産党書記を包惠僧早期組織、推選。
1920年秋、施存統周佛海東京などで日本を旅日共産党早期組織、施存統責任者。
1920年秋冬の時に、毛沢東何叔衡などの長沙では新民学会バックボーンを核心に秘密を共産党早期組織。
1920年末から1921年初頭、王尽美邓恩铭済南で共産党早期組織などを。
1921年春、無政府主義者の組織の「共産党」に破局後、陳独秀など新たな組閣広州共産党早期組織、メンバーが谭平山陈公博谭植棠など、陳独秀、谭平山前後の幹事。
1921年、张申府週恩来赵世炎刘清扬などフランスパリも作って、留学生の中に先進的な分子構成の共産党早期組織、张申府責任者。
これらの共産党早期組織の名称でなくて、ある「共産党」であり、「共産党支部」や「共産党グループ」、それらの性質と同じように、構成統一の中国共産党の地方組織、後に通称「共産主義グループ」。
各地に共産主義グループの成立後、組織、計画的に拡大し、マルクス主義の研究と宣伝して、各種の反マルクス主義批判思潮、発起設立社会主義靑年団創設刊行物を労働者、労働者学校指導し、労働者の労働組合は、発展工人運動推進するマルクス主義と労働運動の結合。このように、正式に創立して、中国共産党の基本的な条件を備えた。

中国共産党中国共産党の成立

中国共産党の誕生は中国革命発展の客観的必要性は、マルクス主義中国と労働運動を組み合わせた産物。1840年のアヘン戦争以降、国際資本主義、帝国主義の勢力は中国に侵入して、中国の社会構造、封建社会が徐々に変化を半植民地半封建社会。アヘン戦争からまで五四運動、中国人民に反対するため、帝国主義と封建統治おおしく不屈の闘争は、主のは太平天国農民戦争やブルジョア階級の指導する辛亥革命が、相次いで失敗した。歴史が証明して、中国の農民階級と民族ブルジョア彼らの歴史の局限性と階級の局限性もしないで、リーダーの民主主義革命の勝利。
帝国主義の侵略とともに現代の工業の発展、中国プロレタリア、そして成長を続け、1919年産業の労働者は200万人程度まで発展する。プロレタリア階級の発生と発展は、中国共産党の基礎を築いた階級。1917年十月革命の勝利中国ロシアに届いたマルクスレーニン主義、中国の先進国と国民を救う真理を分子を見つけた。マルクスレーニン主義の中国に広まり、中国共産党の確立思想の基礎を打ち立てました。1919年に勃発した五四運動を促進し、マルクス主義中国と労働運動の結合は、中国共産党の創立した思想や幹部の準備。
1920年初め、李大釗先生、陳独秀などが始まった立党の探索と温めて。よんしよ月、俄共(布)シベリア局派維斯基などを経て一行は中国に来て、中国を理解する場合、考察のではないかと、上海を共産国際東アジア書記処。彼らはまず北京で会談した李大钊、後、李大钊紹介上海共同会見陳独秀、商談結党から問題を検討し、中国共産党の創設。からご月から、陳独秀誘う李汉俊、リッター氏が、何度も話し合い俞秀松ら立党の問題。はち月、陳独秀に上海に設立した中国共産党の発起組。じゅう月、李大钊北京で共産主義グループを創立しました。そして、湖南、湖北省、山東省、広東省などが相次いで創立しました党の早期組織であり、同時にフランスと日本からも留学生の中の先進分子構成した党組織の早期。これらの組織の呼び方があるという当時、共産党、あるものは共産党支部とグループや、それら同じ性質のため、その後を総称してそれらを各地に共産主義グループ。
各地に共産主義グループ樹立以降、多方面の革命活動が行われた。を広めるためにマルクス・レーニン主義、思想統一党、1920年きゅう、く月、上海発起組「新靑年』誌(8巻から一日スタート)に変えては党の公開刊行物;同年じゅういち月、設立した「共産党』誌、全国の主な都市の秘密の発行を、これは中国共産党の歴史の上で第一個の党刊。新靑年出版社は翻訳出版した『共産党宣言』、『国家と革命マルクスレーニン主義の経典」など、多くの宣伝マルクス主義の通俗のパンフレット。各地に共産主義グループは創設したいくつかの労働者向けの通俗の刊行物、上海では『労働界』、『北京労働の音』と『月刊』労働者、済南「済南労働月刊』、『広州労働者』など、労働者階級意識の啓蒙教育を行う。その上で、各地に共産主義グループを積極的に深く大衆で労働者、労働者が夜間を構築し、労働組合。各地で社会主義靑年団を創立して、発展のいくつかのメンバーは、靑年団に党の有力助手と予備軍。
1921年さん月、俄共極東局とコミンテルンの提案と支持のもとで開かれ、各共産主義グループの代表者会議について、発表した党の主旨と原則を宣言して臨時性の綱領を確立する党の仕事の機関や仕事の計画は、党組織は社会主義靑年団、労働組合、行会、文化教育団体や軍態度。今度の会議は党の成立に必要な準備を行いました。維経斯基帰国直後、1921年ろく月、コミンテルン上海まで派マリン。彼らの提案で党の全国代表大会で正式に創立して、中国共産党。上海党の発起組リッター氏が司会で行われた全国代表大会の準備をし、党の組織に手紙を各地に通知を出して、各地で2名派遣要求代表大会に出席し。北京から来て、漢口、広州、長沙、済南と日本の各地の代表ななしち月23日すべて到着上海。
1921年ななしち月23日~31日、上海で開かれた中国共産党の第1回全国代表大会。大会を通過した中国共産党の第一個の綱領と決議。綱領規定:党の名称は「中国共産党」、党の性質はプロレタリア政党、党の奮闘目標を廃止は資産階級、資本所有制を確立し、プロレタリア独裁共産主義、社会主義の実現と、党の基本任務に従事する労働者は運動の各活動、強化し、労働組合や労働運動の研究と指導者。大会が選挙に発生の党の指導機関、中央局書記を、陳独秀、张国焘リッター氏が担当して組織は、宣伝担当。
党の大に宣言した中国共産党の正式に設立。それ以後、中国が誕生したのは、全く新しい共産主義を目的とし、マルクス・レーニン主義の行動指針の、統一労働者階級の政党。中国共産党の成立に灾难深重の中国人民に光明と希望は、中国革命の方向を示しました。まさに毛沢東の言うように、中国共産党の成立は、天地の大変。中国共産党成立後、中国革命の顔は改まった。
党が「大」で開かれ、ななしち月で、戦争の年代の資料がまれ、具体的に開幕日検証できないため、1941年ろく月党創立にじゅう週年には、中国共産党中央が正式に規定する、ななしち月いち日は党の誕生記念日。

中国共産党名前の由来

1920年はち月、陳独秀上海発起設立した中国共産党の第一個の早期組織。1920年きゅう、く月いち日、陳独秀『新靑年』が発表した『、時局の私を見て」と文の中で、かつては「我が党」を「社会党」が、後には、「共産党」。
一番早く提出「中国共産党」の名は蔡和森。1920年はち月じゅうさん日ときゅう、く月じゅうろく日、フランス留学のアルバイトは、毛沢東に書いた手紙で、詳しく検討した共産党問題を提出し、「まず組織党――共産党で、それは、革命運動の発動者、宣伝者、前衛、作戦部。」彼は西欧各国の共産党特にロシア共産党考察の基礎の上に、具体的な措置を提出した党を含め、「あからさまに正式に設立中の中国共産党」。
前後して、陳独秀上海で、李大钊、张申府北京でも手紙を検討しましたを通じて党の名称について、「中国共産党」を採用してプロレタリア政党の名称。

中国共産党指導思想

中国共産党の指導思想は、中国共産党の全活動指導の理論体係は、中国共産党の思想の建設、組織の整備とスタイルの理論の基礎。『中国共産党の定款」と明確に規定して「中国共産党はマルクス・レーニン主義毛沢東思想小平理論と「三つの代表」の重要な思想として自分の行動の指針。」
中国共産党の毎回の代表大会は「中国共産党定款」の改正は、中国共産党の指導思想の変遷を分けて以下のいくつかの段階。
延安整風前にはマルクス・レーニン主義
まで、指導思想は、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、
八大まで九大、指導思想は、マルクス・レーニン主義、
九大十四大まで、指導思想は、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、
十四大から十六大、指導思想は、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、(十四大党則)
十六大十七、指導思想は、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論と「三つの代表」という重要な思想、(16大党則)
十七今、指導思想は依然としてマルクスレーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、「三つの代表」という重要な思想。

中国共産党各方面の政策の公示する

あくまで党の指導思想と基本路線。
思想を解放し、ありのまま、時代に。
堅持して誠心誠意人民にサービス。
堅持する民主集中制
堅持して経済建設を中心に。
堅持する四つの基本原則
堅持する改革開放
堅持する平和共存五原則
あくまで党は人民を指導解放軍その他の力。
党の指導は主として政治思想と組織の指導。

中国共産党信仰の制限

中国共産党は中国共産党に加入しなければならないの人を放棄する宗教信仰もし持っている宗教信仰を含むキリスト教カトリックイスラム教ユダヤ教などと、必要以上のいくつかの宗教決裂こそ「入党」、その規定を受ける影響や宗教濃厚な宗教的な人は中国共産党に加入し、宗教信仰の靑年学生入党を申請する必要がない、は「無神論」者。

中国共産党組織機構

中国共産党中央機関

中国共産党の中央組織は下記の機関の構成:
中央委員会システム(指導機関)
中国共産党中央委員会書記長(以下「中共中央総書記」、中国共産党中央主要責任者)
中国共産党中央政治局(以下「中国共産党中央政治局」や「中央政治局」、メンバーの略称は「中央政治局委員候補メンバー」、略して「中央政治局委員候補)」
中国共産党中央政治局常務委員会(以下「中国共産党中央政治局常務委員会」や「中央政治局常務委員会」のメンバーの略称は「中央政治局常務委員)」
中国共産党中央書記処(中共中央政治局とその常務委員会の事務機構、メンバーの略称は「中央書記処書記)」
中央政治局、中央政治局常務委員会は、中央委員会全体会議の閉会期間その職権行使
中国共産党中央軍事委員会(以下「中共中央軍事委員会」と中華人民共和国中央軍事委員会「機関、2つのブランド)」。
中国共産党中央規律検査委員会(略称の中央紀律検査委員会)」

中国共産党地方組織構造

各地方代表大会
各地のあり方委员会

中国共産党指導体制

中国共産党の定款の規定:
党の最高指導機関は、党の中国共産党の全国代表大会それによると中央委員会(第じゅう条)。現在の「党大会」のように5年ごとに開催され、数日間。
全国代表大会の閉会期間に、中央委員会が行う全国代表大会の決議を指導し、党のすべての仕事、対外中国共産党を代表する(21条)。中央委員会総会一般は毎年1回、任期は2~3日によって、常に全国代表大会の並べ替えの略称は「何回何中全会」。
中央政治局とその常務委員会中央委員会全体会議の閉会中、中央委員会の職権を行使する(22条)。中央政治局会議を定期的に開催し、ただし、20以上のメンバーの中には数名の直轄市市党委員会書記などは北京のスタッフ、非予約定例会の場合は、重大なことはあっても、間に合わない召集政治局の全体会議。
中央政治局未で全体会議の閉会期間、中国共産党中央政治局常務委員会の職権代行、実際に決定日常党と政府の大きさについては、中国共産党と中華人民共和国政府の核心と実際の最高権力の構造。三つの会議、中国共産党の権力が集中してトップに集中し、中共中央政治局常務委員会。理論的には、中国共産党の全国代表大会の権利を却下中央委員会や中央政治局の正しくないし、実際の歴史の上で非動乱期があったことがない。
党の地方各級代表大会の閉会中、上級の党組織は必要と認めた場合、転勤や天下り下級の党組織の責任者(じゅうさん条)。直接人事権を保証した中国共産党は上から下の支配力は、上司と中央のことはいつでも更迭する部下指導者。

中国共産党党員分布

2007年の統計データによると、中国共産党党員最大構成アーキテクチャベスト4顺次を農民、高級知識人や退職者及び労働者。7336万党員にも含め、漁遊牧民広義の農民は2、310万人を占めて、全体の中国共産党党員数は31 . 5%で、研究している高級技術の知識人の党員2134万名を占め、29.1%、退職者1377万名を占め、18.8%、労働党員796万人、総党員数10.8%、また、はが占める割合の警官隊が党員の2 . 2%、2 . 6%の各学校の学生で、その他の職業別の党員約1割。非公有企業党員も300万人。
人数の発展
1973年中国共産党の第十回全国代表大会時には、全国に2800万人の党員。
2007年全国7336万党員。
2010年に中国共産党の党员8026.9万名。

中国共産党歴代リーダー

中央局書記:陳独秀(1921年ななしち月、中国大選出)
中央執行委员会委员長:陳独秀(1922年ななしち月、中共の二大選出)
中央執行委员会委员長:陳独秀(1923年ろく月、中国の三大選出)
中共中央総書記:陳独秀(1925年いち月、中国4大推薦)
中共中央総書記:陳独秀(1927年よんしよ月からご月、中国の五大推薦)
中共中央総書記:向忠发(1928年ろく月からななしち月、中共の六大選出)(注:1931年向忠发逮捕され、国民党を殺害した後、王明代理)
中共中央総書記:博古(秦邦宪)(1934年いち月、中共6回5中全会発生)
中共中央総書記:张闻天(洛甫)(1935年いち月、遵義会議選挙発生)
中国共産党中央氏:毛沢東(1945年ろく月、中共の七回1中全会発生)
中国共産党中央氏:毛沢東(1956年きゅう、く月、中共8回1中全会選出)
中国共産党中央氏:毛沢東(1969年よんしよ月、中国共産党第九期一中全会選出)
中国共産党中央氏:毛沢東(1973年はち月、中共10回1中全会選出)
中国共産党中央主席:華国鋒(1976年じゅう月中央政治局会議を通じて、1977年のななしち月10期三中全会追認)
中国共産党中央氏:華国鋒(1977年はち月、中国共産党の第11回1中全会選出)
中共中央総書記:胡耀邦(1980年2月には、中国共産党の第11回5中全会選出)
中国共産党中央氏:胡耀邦(1981年ろく月、中国共産党の第11十六期六中全会の選出)
中共中央総書記:胡耀邦(1982年きゅう、く月、中共12回1中全会選出)
中共中央総書記:趙氏(1987年じゅういち月、中共13回1中全会発生)
中共中央総書記:江沢民(1989年ろく月13、中国共産党第4回全体会議の発生)
中共中央総書記:江沢民(1992年じゅう月じゅうく日、中国共産党の14回1中全会選出)
中共中央総書記:江沢民(1997年きゅう、く月、中国共産党第15期一中全会選出)
中共中央総書記:胡錦濤(2002年じゅういち月、中国共産党第16回1中全会選出)
中共中央総書記:胡錦濤(2007年じゅう月、中共17回1中全会選出)
中共中央総書記:習近平(2012年じゅういち月、中共十八回1中全会選出)
陳独秀陳独秀
毛沢東毛沢東
江沢民江沢民
胡錦濤胡錦濤
習近平習近平

  
陳独秀陳独秀
毛沢東毛沢東
江沢民江沢民
胡錦濤胡錦濤
習近平習近平

中国共産党毎回の党大会

中国共産党中国大

時間の場所
中国共産党の大きな会場——上海フランス租界を誌道107号中国共産党の大きな会場——上海フランス租界を誌道107号
1921年ななしち月23日~31日、上海→南湖。
主な内容
中国共産党中央局を設置
中国共産党宣言(1920年じゅういち月)
中国共産党のマニフェスト(ロシア語訳稿)
中国共産党のテーゼ(英文の翻訳原稿)
中国共産党の第一個の決議
中央局通告——づくりについてと発展党、団、労働組合や宣伝工作など
北京の共産主義組織の報告
広州の共産党の報告
四川省重慶共産主義組織の報告
陳独秀緻中国代表の手紙

中国共産党中国共産党の二大

時間の場所
中国共産党の二大会場——上海南成都路辅デリー625号中国共産党の二大会場——上海南成都路辅デリー625号
1922年ななしち月じゅうろく日~23日、上海。
主な内容
二選中共新しい指導機関
中国共産党第二回全国代表大会の宣言
共産党の組織については決して議案定款
中国共産党の定款(1922年ななしち月中共の二大より)
中国共産党に加入第三国際決議案
議会の行動を決して案について
「労働組合運動と共産党」の議決を案
「世界の大勢と中国共産党」の議決を案
「帝国主義と国際中国と中国共産党」決議案
「民主の共同戦線」の議決を案
少年問題の決議案について運動
婦人運動の決議について

中国共産党中共の三大

時間の場所
中共の三大会議の場所――広州東山あわれむ孤院31号中共の三大会議の場所――広州東山あわれむ孤院31号
1923年ろく月じゅうに日からにじゅう日、広州。
主な内容
中共の三大選出新しい指導機関
中国共産党の第3回全国代表大会の宣言
中国共産党の党の綱領原案
中国共産党の第1次補正定款
中央執行委員会組織法
第三国際についての第4回大会決議案
党員に政界の決議案について
国民運動と国民党の問題についての議決を案
労働運動の議決を案について
農民問題の決議案について
靑年の運動の決議案について
婦人運動の決議案について

中国共産党中国四大

時間の場所
中国共産党の第4回全国代表大会の決議案及び宣言中国共産党の第4回全国代表大会の決議案及び宣言
1925年いち月じゅういち日~22日、上海。
主な内容
中国四大選出の新しい指導機関
中国共産党第4回全国代表大会の宣言
中国共産党第二次補正定款
中国共産党の第4回大会、レーニン逝世週年記念宣言
中央執行委員会の議決について報告案
対共産国際実行委員会の代表報告世界共産主義運動の状況の議決案
に出席する共産国際第5回大会代表の報告の議決案
トロツキー同誌態度の議決案について
民族革命運動の議決案について
組織の問題の議決案について
宣伝の仕事の議決案について
労働運動の議決案について
靑年に対して運動の議決案
農民運動の議決案について
女性スポーツの議決案について

中国共産党中共の五大

時間の場所
中共の五大会議の場所――武昌高等師範第一付属小学校中共の五大会議の場所――武昌高等師範第一付属小学校
1927年よんしよ月27日からご月きゅう、く日、武漢。
主な内容
中国共産党第5回中央指導機関
中国共産党第五回全国代表大会の宣言
中国共産党第三次改正定款は決して案
はメーデーの記念として世界のプロレタリア階级の本
告中国民衆の本
政治情勢と党の任務を議決案
土地問題議決案について
組織の問題について議決案
労働運動議決案について
仕事に対して共産主義靑年団決議案

中国共産党中共の六大

時間の場所
中共の六大会議会議の場所――モスクワ近郊中共の六大会議会議の場所――モスクワ近郊
1928年ろく月じゅうはち日からななしち月じゅういち日、モスクワソビエト連邦。
主な内容
中国共産党第6回中央指導機関
週恩来が中共6大作組織の問題を報告
中共の六大を中国革命の現段階の十大政綱
国内の電気の原稿作業指示
グロスター全同誌の本
組織の問題についての決議草案
軍事仕事決議案(草案)
農民問題決議案
宣伝工作決議案
共産主義靑年団仕事決議案
ソビエト政権組織の問題決議案
政治の決議案
労働運動決議案
婦人運動決議案
土地問題決議案
中国共産党の組織決議案草案
中国共産党の党規約(1928年ななしち月じゅう日より)
中国共産党第6回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
1928年ななしち月じゅうく日
ソビエト連邦モスクワクレムリン
1929年ろく月25日からさんじゅう日
上海
1930年きゅう、く月24日から28日
上海
1931年いち月ななしち日
上海
1934年いち月じゅうご日からじゅうはち日
江西瑞金
1938年きゅう、く月29日からじゅういち月ろく日
延安桥儿沟
1944年ご月21日~1945年よんしよ月にじゅう日
延安杨家岭

会議
時間
場所
中国共産党第6回中央委員会第1回全体会議
1928年ななしち月じゅうく日
ソビエト連邦モスクワクレムリン
中国共産党第6期中央委員会第2回全体会議
1929年ろく月25日からさんじゅう日
上海
中国共産党第6期中央委員会第3回全体会議(拡大)
1930年きゅう、く月24日から28日
上海
中国共産党第6期中央委員会第4回全体会議(拡大)
1931年いち月ななしち日
上海
中国共産党第6回中央委員会第5回全体会議
1934年いち月じゅうご日からじゅうはち日
江西瑞金
中国共産党第6回中央委員会第6回全体会議(拡大)
1938年きゅう、く月29日からじゅういち月ろく日
延安桥儿沟
中国共産党第6期中央委員会第七回全体会議
1944年ご月21日~1945年よんしよ月にじゅう日
延安杨家岭

中国共産党中共の七

時間の場所
中共の七会場中共の七会場
1945年よんしよ月23日からろく月じゅういち日、延安杨家岭。
主な内容
中国共産党の第7回中央指導機関
毛沢東緻七つの開会のあいさつ――「二つの中国の運命」
毛沢東作の七政治報告――《論連合政府」
中国共産党の中央委員会の選挙新条例
中共の七軍事について問題の決議(草案)
中国共産党の党規約(七1945年ろく月じゅういち日より)
中国共産党第七回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
1945年ろく月じゅうく日
延安杨家岭
1949年さん月ご日からじゅうさん日
西柏坡中央機関の食堂
1950年ろく月ろく日からきゅう、く日
北京
1954年2月にろく日じゅう日まで
北京
1955年よんしよ月よんしよ日
北京の中南海西楼
1955年じゅう月よんしよ日からじゅういち日
北京
1956年はち月22日、きゅう、く月はち日、きゅう、く月じゅうさん日
北京

会議
時間
場所
中国共産党の第7期中央委員会第1回全体会議
1945年ろく月じゅうく日
延安杨家岭
中国共産党の第7期中央委員会第2回全体会議
1949年さん月ご日からじゅうさん日
西柏坡中央機関の食堂
中国共産党の第7期中央委員会第3回全体会議
1950年ろく月ろく日からきゅう、く日
北京
中国共産党の第7期中央委員会第4回全体会議
1954年2月にろく日じゅう日まで
北京
中国共産党の第7期中央委員会第5回全体会議
1955年よんしよ月よんしよ日
北京の中南海西楼
中国共産党の第7期中央委員会第6回全体会議(拡大)
1955年じゅう月よんしよ日からじゅういち日
北京
中国共産党の第7期中央委員会第七回全体会議
1956年はち月22日、きゅう、く月はち日、きゅう、く月じゅうさん日
北京

中国共産党中共八大

時間の場所
中共八大会場――北京人民政治協商会議ホール中共八大会場――北京人民政治協商会議ホール
1956年きゅう、く月じゅうご日~27日、北京。
主な内容
毛沢東作八大開会の辞
劉少奇作政治報告
週恩来について第2次五ヵ年計画の提案の報告
彭徳懐軍事について仕事の発言
政治について報告の決議
トウ小平について党の規約を改正するの報告
中国共産党の定款(1956年きゅう、く月26日より)
中国共産党第8回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
1956年きゅう、く月28日
北京
1956年じゅういち月じゅう日からじゅうご日
北京
1957年きゅう、く月にじゅう日からじゅう月きゅう、く日
北京の中南海
1958年ご月さん日
北京の中南海懐仁堂
1958年ご月25日
北京の中南海懐仁堂
1958年じゅういち月28日からじゅうに月じゅう日
湖北武昌
1959年よんしよ月に日からご日
上海
1959年はち月に日からじゅうろく日
廬山
1961年いち月じゅうよん日からじゅうはち日
北京
1962年きゅう、く月24日から27日
北京
1966年はち月いち日からじゅうに日
北京
1968年じゅう月じゅうさん~31日
北京

会議
時間
場所
中国共産党第8期中央委員会第1回全体会議
1956年きゅう、く月28日
北京
中国共産党第8期中央委員会第2回全体会議
1956年じゅういち月じゅう日からじゅうご日
北京
中国共産党第8期中央委員会第3回全体会議(拡大)
1957年きゅう、く月にじゅう日からじゅう月きゅう、く日
北京の中南海
中国共産党第8期中央委員会第4回全体会議
1958年ご月さん日
北京の中南海懐仁堂
中国共産党第8期中央委員会第5回全体会議
1958年ご月25日
北京の中南海懐仁堂
中国共産党第8期中央委員会第6回全体会議
1958年じゅういち月28日からじゅうに月じゅう日
湖北武昌
中国共産党第8期中央委員会第七回全体会議
1959年よんしよ月に日からご日
上海
中国共産党第8期中央委員会第八回全体会議
1959年はち月に日からじゅうろく日
廬山
中国共産党第8期中央委員会第9回全体会議
1961年いち月じゅうよん日からじゅうはち日
北京
中国共産党第8期中央委員会第十回全体会議
1962年きゅう、く月24日から27日
北京
中国共産党第8期中央委員会第11回全体会議(拡大)
1966年はち月いち日からじゅうに日
北京
中国共産党第8期中央委員会第12回全体会議(拡大)
1968年じゅう月じゅうさん~31日
北京

中国共産党中共九大

時間の場所
1969年よんしよ月いち日~24日、北京。
主な内容
中国共産党第九回全国代表大会の報告
中国共産党第九回全国代表大会の議長団事務局(開幕)新聞公報
中国共産党第九回全国代表大会の議長団事務局プレス
中国共産党第九回全国代表大会の議長団事務局(閉幕)新聞公報
中国共産党の定款(1969年よんしよ月じゅうよん日より)
中国共産党第9回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
1969年よんしよ月28日
北京
1970年はち月23日からきゅう、く月ろく日
廬山

会議
時間
場所
中国共産党第九期中央委員会第1回全体会議
1969年よんしよ月28日
北京
中国共産党第九期中央委員会第2回全体会議
1970年はち月23日からきゅう、く月ろく日
廬山

中国共産党中国の十大

時間の場所
1973年はち月24日から28日、北京。
主な内容
中国共産党の第十回全国代表大会のプレス
週恩来が中国共産党第十回全国代表大会の報告
中国共産党の定款(1973年はち月28日より)
中国共産党第10回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
1973年はち月さんじゅう日
北京
1975年いち月はち日じゅう日まで
北京
1977年ななしち月じゅうろく日から21日まで
北京

会議
時間
場所
中国共産党第10期中央委員会第1回全体会議
1973年はち月さんじゅう日
北京
中国共産党第10期中央委員会第2回全体会議
1975年いち月はち日じゅう日まで
北京
中国共産党第10期中央委員会第3回全体会議
1977年ななしち月じゅうろく日から21日まで
北京

中国共産党中国十大

時間の場所
1977年はち月じゅうに日からじゅうはち日、北京。
主な内容
中国共産党第11回全国代表大会のプレス
十大上の政治報告
党の規約改正についての報告
中国共産党第11回全国代表大会の決議を政治報告について
中国共産党の定款(1977年はち月じゅうはち日より)
中国共産党第11回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
1977年はち月じゅうく日
北京
1978年2月にじゅうはち日23日
北京
1978年じゅうに月じゅうはち日から22日
北京
1979年きゅう、く月25日から28日
北京
1980年に月23日~29日
北京
1981年ろく月27日から29日
北京
1982年はち月ろく日
北京

会議
時間
場所
中国共産党第11期中央委員会第1回全体会議
1977年はち月じゅうく日
北京
中国共産党第11期中央委員会第2回全体会議
1978年2月にじゅうはち日23日
北京
中国共産党第11期中央委員会第3回全体会議
1978年じゅうに月じゅうはち日から22日
北京
中国共産党第11期中央委員会第4回全体会議
1979年きゅう、く月25日から28日
北京
中国共産党第11期中央委員会第5回全体会議
1980年に月23日~29日
北京
中国共産党第11期中央委員会第6回全体会議
1981年ろく月27日から29日
北京
中国共産党第11期中央委員会第七回全体会議
1982年はち月ろく日
北京

中国共産党中共十二大

時間の場所
1982年きゅう、く月いち日からじゅういち日、北京。
主な内容
鄧小平の開会の辞
胡耀邦、中国共産党第12回全国代表大会の報告
11期の中央委員会について報告の決議
中央紀律検査委員会の報告について仕事の決議
「中国共産党定款」(1982年きゅう、く月ろく日より)
確認について第11期第3回、四中全会増補中央委員会の決定の決議
李先念閉幕言葉
中国共産党第12回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
1982年きゅう、く月じゅうに日からじゅうさん日
北京
1983年じゅう月じゅういち日からじゅうに日
北京
1984年じゅう月にじゅう日
北京
1985年きゅう、く月じゅうろく日
北京
1985年きゅう、く月24日
北京
1986年きゅう、く月28日
北京
1987年じゅう月にじゅう日
北京

会議
時間
場所
中国共産党第12期中央委員会第1回全体会議
1982年きゅう、く月じゅうに日からじゅうさん日
北京
中国共産党第12期中央委員会第2回全体会議
1983年じゅう月じゅういち日からじゅうに日
北京
中国共産党第12期中央委員会第3回全体会議
1984年じゅう月にじゅう日
北京
中国共産党第12期中央委員会第4回全体会議
1985年きゅう、く月じゅうろく日
北京
中国共産党第12期中央委員会第5回全体会議
1985年きゅう、く月24日
北京
中国共産党第12期中央委員会第6回全体会議
1986年きゅう、く月28日
北京
中国共産党第12期中央委員会第七回全体会議
1987年じゅう月にじゅう日
北京

中国共産党中国共産党十三大

時間の場所
1987年じゅう月25日からじゅういち月いち日、北京。
主な内容
趙氏が中国共産党第13回全国代表大会の報告
中央規律検査委員会に党の第13回全国代表大会の活動報告
中央顧問委員会に党の第13回全国代表大会の活動報告
中国共産党の定款一部改正案に基づいて
12期の中央委員会について報告の決議
仕事についての中央紀律検査委員会の報告の決議
中顾委活動報告の決議について
中国共産党第13回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
1987年じゅういち月に日
北京
1988年さん月じゅうご日からじゅうく日
北京
1988年きゅう、く月26日からさんじゅう日
北京
1989年ろく月23日から24日
北京
1989年じゅういち月ろく日からきゅう、く日
北京
1990年さん月きゅう、く日からじゅうに日
北京
1990年じゅうに月25日からさんじゅう日
北京
1991年じゅういち月25日から29日
北京
1992年じゅう月ご日からきゅう、く日
北京

会議
時間
場所
中国共産党の第十三期中央委員会第1回全体会議
1987年じゅういち月に日
北京
中国共産党の第十三期中央委員会第2回全体会議
1988年さん月じゅうご日からじゅうく日
北京
中国共産党の第十三期中央委員会第3回全体会議
1988年きゅう、く月26日からさんじゅう日
北京
中国共産党の第十三期中央委員会第4回全体会議
1989年ろく月23日から24日
北京
中国共産党の第十三期中央委員会第5回全体会議
1989年じゅういち月ろく日からきゅう、く日
北京
中国共産党の第十三期中央委員会第6回全体会議
1990年さん月きゅう、く日からじゅうに日
北京
中国共産党の第十三期中央委員会第七回全体会議
1990年じゅうに月25日からさんじゅう日
北京
中国共産党の第十三期中央委員会第八回全体会議
1991年じゅういち月25日から29日
北京
中国共産党の第十三期中央委員会第9回全体会議
1992年じゅう月ご日からきゅう、く日
北京

中国共産党中国共産党十四大

時間の場所
1992年じゅう月じゅうに日からじゅうはち日、北京。
主な内容
江沢民が中国共産党第14回全国代表大会の報告
党の中央紀律検査委員会への第14回全国代表大会の活動報告
中顾委に党の第14回全国代表大会の活動報告
13回中央委員会について報告の決議
仕事についての中央紀律検査委員会の報告の決議
中顾委活動報告の決議について
中国共産党の定款(案)の決議(1992年じゅう月じゅうはち日より)
中国共産党第14回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
1992年じゅう月じゅうく日
北京
1993年さん月ご日からななしち日
北京
1993年じゅういち月じゅういち日からじゅうよん日
北京
1994年きゅう、く月25日から28日
北京
1995年きゅう、く月25日から28日
北京
1996年じゅう月ななしち日じゅう日まで
北京
1997年きゅう、く月ろく日日からきゅう、く日
北京

会議
時間
場所
中国共産党第14回中央委員会第1回全体会議
1992年じゅう月じゅうく日
北京
中国共産党第14回中央委員会第2回全体会議
1993年さん月ご日からななしち日
北京
中国共産党第14回中央委員会第3回全体会議
1993年じゅういち月じゅういち日からじゅうよん日
北京
中国共産党第14回中央委員会第4回全体会議
1994年きゅう、く月25日から28日
北京
中国共産党第14回中央委員会第5回全体会議
1995年きゅう、く月25日から28日
北京
中国共産党第14回中央委員会第6回全体会議
1996年じゅう月ななしち日じゅう日まで
北京
中国共産党第14回中央委員会第七回全体会議
1997年きゅう、く月ろく日日からきゅう、く日
北京

中国共産党中国共産党の第十五回大会

時間の場所
1997年きゅう、く月じゅうに日からじゅうはち日北京
主な内容
中国共産党の第十五回中央委員会
江沢民が中国共産党第十五回全国代表大会の報告
「中国共産党定款の修正案」の決議
中国共産党の定款(大部分改正は、1997年きゅう、く月じゅうはち日より)
14回中央委員会について報告の決議
中央紀律検査委員会の報告について仕事の決議
中国共産党第15回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
1997年きゅう、く月じゅうく日
北京
1998年に月25日から26日
北京
1998年じゅう月じゅうに日からじゅうよん日
北京
1999年きゅう、く月じゅうく日から22日
北京
2000年じゅう月きゅう、く日からじゅういち日
北京
2001年きゅう、く月24日から26日
北京
2002年じゅういち月さん~ご日
北京

会議
時間
場所
中国共産党第15期中央委員会第1回全体会議
1997年きゅう、く月じゅうく日
北京
中国共産党第15期中央委員会第2回全体会議
1998年に月25日から26日
北京
中国共産党第15期中央委員会第3回全体会議
1998年じゅう月じゅうに日からじゅうよん日
北京
中国共産党第15期中央委員会第4回全体会議
1999年きゅう、く月じゅうく日から22日
北京
中国共産党第15期中央委員会第5回全体会議
2000年じゅう月きゅう、く日からじゅういち日
北京
中国共産党第15期中央委員会第6回全体会議
2001年きゅう、く月24日から26日
北京
中国共産党第15期中央委員会第七回全体会議
2002年じゅういち月さん~ご日
北京

中国共産党中共十六大

時間の場所
2002年じゅういち月はち日からじゅうよん日北京
主な内容
中国共産党の第16期中央委員会の構成状況
江沢民が中国共産党第16回全国代表大会の報告
党の中央紀律検査委員会への第16回全国代表大会の活動報告
中国共産党の定款(2002年じゅういち月じゅうよん日より)
十六大について15回中央委員会の報告の決議
十六大について中央紀律検査委員会の活動報告の決議
十六大「中国共産党の定款(案)』の決議
中国共産党第16回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
2002年じゅういち月じゅうご日
北京
2003年に月24日から26日
北京
2003年じゅう月じゅういちからじゅうよん日
北京
2004年きゅう、く月じゅうろく日からじゅうく日
北京
2005年じゅう月はち日からじゅういち日
北京
2006年じゅう月はち日からじゅういち日
北京
2007年じゅう月きゅう、く日からじゅういち日
北京

会議
時間
場所
中国共産党の第16期中央委員会第1回全体会議
2002年じゅういち月じゅうご日
北京
中国共産党の第16期中央委員会第2回全体会議
2003年に月24日から26日
北京
中国共産党の第16期中央委員会第3回全体会議
2003年じゅう月じゅういちからじゅうよん日
北京
中国共産党の第16期中央委員会第4回全体会議
2004年きゅう、く月じゅうろく日からじゅうく日
北京
中国共産党の第16期中央委員会第5回全体会議
2005年じゅう月はち日からじゅういち日
北京
中国共産党の第16期中央委員会第6回全体会議
2006年じゅう月はち日からじゅういち日
北京
中国共産党の第16期中央委員会第七回全体会議
2007年じゅう月きゅう、く日からじゅういち日
北京

中国共産党中共十七

時間の場所
2007年じゅう月じゅうご日~21日、北京。
主な内容
中国共産党第17期中央委員会の構成状況
胡錦涛の党の十七の報告
党の中央紀律検査委員会の報告に十七の仕事
中国共産党の定款(2007年じゅう月21日より)
十七について16期中央委員会の報告の決議
十七について中央紀律検査委員会の活動報告の決議
十七について「中国共産党の定款(案)』の決議
中国共産党第17回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
2007年じゅう月22日
北京
2008年に月25日から27日
北京
2008年じゅう月きゅう、く日からじゅうに日
北京
2009年きゅう、く月じゅうご日からじゅうはち日
北京
2010年じゅう月じゅうご日からじゅうはち日
北京
2011年じゅう月じゅうご日からじゅうはち日
北京
2012年じゅういち月いち日からよんしよ日
北京

会議
時間
場所
中国共産党第17期中央委員会第1回全体会議
2007年じゅう月22日
北京
中国共産党第17期中央委員会第2回全体会議
2008年に月25日から27日
北京
中国共産党第17期中央委員会第3回全体会議
2008年じゅう月きゅう、く日からじゅうに日
北京
中国共産党第17期中央委員会第4回全体会議
2009年きゅう、く月じゅうご日からじゅうはち日
北京
中国共産党第17期中央委員会第5回全体会議
2010年じゅう月じゅうご日からじゅうはち日
北京
中国共産党第17期中央委員会第6回全体会議
2011年じゅう月じゅうご日からじゅうはち日
北京
中国共産党第17期中央委員会第七回全体会議
2012年じゅういち月いち日からよんしよ日
北京

中国共産党中共十八大

時間の場所
2012年じゅういち月はち日からじゅうよん日、北京。
主な内容
胡錦涛の党の十八大上の報告
十八大17回中央委員会について報告の決議
十八大について中央紀律検査委員会の活動報告の決議
十八大「中国共産党の定款(案)』の決議
中国共産党中央委員会が過去18回全体会議
中国共産党第18回中央委員会全体会議の各回
会議
時間
場所
2012年じゅういち月じゅうご日
北京
中国共産党第18回中央委員会第2回全体会議
  
2013年に月26日から28日 北京
中国共産党第18回中央委員会第3回全体会議
  
2013年じゅういち月きゅう、く日からじゅうに日 北京
中国共産党第18回中央委員会第4回全体会議
  
2014年じゅう月にじゅう日23日 北京

  
2015年じゅう月26日から29日 北京

会議
時間
場所
中国共産党第18回中央委員会第1回全体会議
2012年じゅういち月じゅうご日
北京